喪中ハガキからのお香典について

レス23
(トピ主2
お気に入り65

家族・友人・人間関係

みかん

現在30才のものです。
先日専門学校のころの友人のお母様が夏に亡くなられたため年賀状は控えます、と喪中ハガキが届き初めてのその事実をしりました。

学生時代よくその友達からお母様の話をきいていたので(訳はしりませんがひとり親)とても驚き友達の悲しさを思うと胸がいたくなりました。お母様には一度たまたま友人といるところに会ったことがあります。

友人とは毎年年賀状をかわしお互いの結婚式に出席した中ですが遠方ということもありお互い出産祝いはしていません。


喪中ハガキもらってすぐは何か力になれないかとその日にコンビニに駆け込みお香典袋と便箋を買いました。

なにぶん初めてのことでどうすることが一番その子にとっていいのかわからずその晩は香典袋等を買ってからですが色々調べていたら、『そっとしていてほしい』『香典返しが大変』『もらったら相手の親が亡くなったら同じことをしないといけなくなる』等を目にし寒中見舞いだけのほうがいいのかと思ってきました。

こちらの気持ちが逆に負担になるようなことは避けたいと思っていますが最愛のお母さんを亡くした悲しさが癒えることはなくも何かできたら...と思うのですが。。

まだ自分自身が喪中ハガキを出したことがないためこの場合自分がされて嬉しかったことができたらと思うのですが...差し支えなければ体験談など頂けたら嬉しいです。

ユーザーID:3893503817

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数23

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 年々増えます

    年末ですので年が明けてから、手紙を書いて封筒に入れ封はしないで下さい。お線香を売っている店に行って5000円位のお線香に手紙を添えて贈ると良いでしょう。贈る品物に附ける手紙を『添え状』と言います。添え状に貴女の気持ちや慰めの言葉を綴って下さい。歳を重ねていくと段々年の瀬に喪中葉書が増えます。寂しいですが…

    ユーザーID:7397486915

  • 何もしない

    その通りですよ。

    香典返しが大変です。
    何もしない これでいいです。

    気持ちが落ち着いたら 連絡してくると思いますよ。
    それまで そっとしておいて。

    ユーザーID:2224063154

  • ありがたいけど

    そっとしておいて、せいぜいお悔やみのはがき程度にして。

    ユーザーID:2614444443

  • 簡単な事です

    直ぐに電話をしてお悔みを言えばいいことです。

    ユーザーID:3202733991

  • お気持ちはうれしいけれど

    今年の夏に義母を亡くしました。
    トピ主さんよりひと世代上で義母も高齢だったため、ごく内輪で葬儀を済ませました。
    そして、喪中はがきの時期となり、ぽつぽつと届く香典やお線香、お花に少々困惑しています。お気持ちは本当にうれしいのですが・・・。
    いい年をして、こうなる事態を想定していなかった自分のうかつさを反省しているところです。

    亡くなった時に連絡が来なかったということは香典などは遠慮したいということとお考えになってよろしいかと思います。

    ただ、喪中はがきに対しメールや手紙を頂いたのはありがたく思いました。
    ほんの1、2行でも義母の思い出に触れられている葉書はうれしかったです。

    トピ主さんの年代の方のお母さまであれば、ご本人もまだお若く、まだご友人のご無念や寂しさはいかばかりかと想像します。
    寒中見舞いを待つことなく、すぐにお手紙を差し上げてはいかがでしょう。
    その中で、お友達から聞いたお母さまのエピソードなど書いて差し上げれば、亡きお母さまが思い出の中で生きていることを感じられ、お友達も喜ばれると思います。

    ユーザーID:9652815129

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • ここはもう

    夏ですから、もう納骨も終わっていますよね。

    今からお香典を送るよりも、寒中見舞いやお手紙を添えてお線香などを贈ったりの方がいいと思います。

    お気持ちはきっと、伝わりますよ。

    ユーザーID:7725760080

  • うちの場合

    頂いた側なのですが・・・

    義父が亡くなった翌年、義父のお付き合いのあった方からの年賀状をいただきました。

    それぞれに義父が亡くなったことを記した寒中見舞いを送ったところ、2人ほど「お供え」と書いたのしをつけてお線香を送ってくださいました。

    あらためてお香典として頂くとお返しが煩わしかったりするので、お返しのいらないお供え物に手紙を添えて送られてはどうですか?

    ユーザーID:8488159573

  • 正直、ありがたxxxxな場合もあります

    夏に亡くなったとのこと。もうお葬式なども済み四十九日にはお香典返しも済んでいることでしょう。
    今さらお香典を送ってもらっても、また、と思います。

    寒中見舞いでも良いし今すぐにでも良いし、心を込めたお便りは喜ばれるかもしれません。

    相手の負担になりそうなことを自己満足でしない、これは私が大人になってから学んだことです

    ユーザーID:2796586247

  • たぶん

    >なにぶん初めてのことでどうすることが一番その子にとっていいのかわからずその晩は香典袋等を買ってからですが色々調べていたら、『そっとしていてほしい』『香典返しが大変』『もらったら相手の親が亡くなったら同じことをしないといけなくなる』等を目にし寒中見舞いだけのほうがいいのかと思ってきました。

    そっとしておいてあげるのが一番かと。
    私も喪中ハガキを出して、友人がお線香を送ってくれたのですが、
    嬉しかったですが、お返しをするのがちょっとめんどくさかったです。
    上記のように、相手の親が亡くなったら同じことをしないといけないと
    今でも思っていますよ。ちょっと負担かなぁ…。

    若いうちはそういう気づかいもできてすごいなあと思うのですが、
    40代50代になってくると、そういうことも増えてきて、みんなにみんな
    喪中ハガキをもらって香典を送るなんてできないですね。

    なので、そっとしておくほうがいいかと思います。
    会うことがあれば、話を聞いてあげるのもいいかと思うけど。

    亡くなった直後のお知らせでなければ、何もしないほうがいいと思います。

    ユーザーID:7243481526

  •  寒中見舞いを

     ここの所 相次いで、大切な家族を亡くしました。亡くなるまでの不眠不休の介護で疲れた身に点滴を受けながらの葬儀、失礼がないようにと、ひやひやしながらこなしました。(何を怒り出すかわからない親戚がいたため)
     その後も49日、お彼岸、初盆、1周忌、・・・その都度、お香典お返しの手配、気の休まる暇もない日々でした。
    哀悼の心に満ちたお電話、お手紙を頂き、感涙にむせびつつ返信・・それほどまでに故人を大事に思っていただいたと感謝しつつも、あらゆることに対応しなければならないのは、喪主である私ひとりのみ。誰も代われる人はおりません。

     貴方の場合、友人のお母様と縁も距離も近いとはいえないと思います。胸を痛めていることを、お手紙にしたため、何かを送るのはできれば控えてください。いくらお返しなしでいいからと言葉を添えても、そうはいかないと、喪主の手をわずらわせることになります。

     お線香は法要の度に、親族からおくられていますので、十分過ぎるほどです。誰かにまわしてあげることもできません。

     お友達でしたら、いたわりのメールをしてあげたら、それが一番いいと思います。

     

    ユーザーID:2987312085

  • 電話してお菓子

    喪中はがきで友人のご主人がなくなったと知り、いてもたってもいられなくなり、まず電話しました。
    その後、お悔みにお供えのお菓子を送りました。
    友人からはお返しのお品を頂いてしまい、よかったのかどうか、今も不安です。

    一方、私の父が亡くなり喪中はがきを出したら、「気にしない程度に」と気遣って2000円を送ってくれた友人がいました。
    普通にお香典を送ってくれた友人もいました。
    いずれも、気にかけてくれたこと、心配りがうれしかったです。
    般若心経を書いて送ってくれた友人も、うれしかったです。

    ユーザーID:9185173664

  • 正にその通りです。

    >『そっとしていてほしい』『香典返しが大変』『もらったら相手の親が亡くなったら同じことをしないといけなくなる』

    本当にそうなんです。人が亡くなると、傷心なのに、葬儀やお返しや相続手続きや・・・・と、気が狂わんばかりの雑務に追われて、それでもまだまだ年末の事務的作業が続いて、精根尽き果てています。

    喪中葉書を貰ったからと、お香典を贈る人は少ないですが、お線香を贈ろうと言う人はチョコチョコ出てくるかも知れません。

    でも私は、(お線香の臭いが苦手なのもあって)お線香を貰ったときも困りました。

    本当に勘弁して!と思いましたよ。寒中葉書で充分だと思います。

    ユーザーID:7911024579

  • お線香は・・・

    交友の広かったお父さまを亡くされた友人の家ではいろいろな方からお線香を頂いたそうですが、家の宗教が神道のため困惑しているそうです。

    私の義実家も種々の事情により仏壇がなく、今後も用意する予定がありません。
    墓も遠いため、そう頻繁にお参りすることもできません。

    核家族化、非婚化など、家族の形が大きく変わってきています。
    仏壇を代々お守りして、毎日お線香をあげるのが当たり前という家庭は減ってきているのではないでしょうか。
    かつてはゆかしいご挨拶だったのかもしれませんが、お線香を贈るときは一呼吸待って考えてみた方がよろしいかと。

    ユーザーID:9652815129

  • お返しが大変でした

    地域によって違うのかもしれませんが、
    うちのほうではお金でもお供えでも頂いたらお返しするのが礼儀となっています。

    年の瀬に何度もデパートまで足を運んでお返しの品選び、母など風邪をひいてしまいました。

    ユーザーID:5898022283

  • 供養の気持ちを表してもらえるのはありがたい

    そっとしておくとか、迷惑、みたいな意見も多いですし
    ネットでも見るのですが、
    私は、供養の気持ちや私への心遣いを頂くとありがたいし
    心が和らぎます。

    親を亡くすのは本当につらいですし
    ひとりぼっちになった気持ちがしますから
    それを和らげてくれる思いやりは大事だと思います。

    しかし、世の中にはいろんな人がいるようで、
    自分はしてもらって嬉しかったと言っていたのに知らんぷりの人、
    お悔みの言葉も述べられない人、
    こちらは喪中なのに、自分の話題ばかり嬉々として話す人が
    いることに驚きました。

    そっとしたほうがいい、という意味なのか
    お悔みも言わず何カ月も連絡なし、の長年の友人もいましたが
    私はその友人とのお付き合いは今後遠慮するつもりです。

    つらいときに力になりたいと伝えたり、表したりしないのは
    友人ではないと思うからです。

    人それぞれ考え方がありますが、普段お互いを気遣ったり
    楽しいお付き合いをしていた友人ならば
    きちんとお悔みや気遣いの言葉を述べ、
    友人にとっては大事な家族である亡くなった方にご供養の気持ちとして
    お返しはいらないお供え菓子等をお送りしたほうが
    気持ちが伝えられると思います。

    その時はできるだけきちんとしたものを送ったほうが
    気持ちが伝わります。

    ユーザーID:6266789226

  • 思うに。

    お返しは不要と書いてあっても、例えばお線香やお菓子等が10も20も届いたら、うんざりするのでは?
    少なくとも私は嬉しくないです。

    やはり喪中葉書には、寒中葉書がスマートで、相手にも負担にならないと思います。

    ユーザーID:7911024579

  • 心あたたまったこと

    私の場合、同居の母が亡くなり、何をする気もなくなりました。

    人にはそう言いませんでしたし、元気にふるまっていましたが、
    心配してくれ、食事にさそってくれたり、
    話を聞いてくれた方にはとても感謝しています。

    大事な人を亡くしたつらさは○ヶ月たったから元気だとか
    ○年たっているから昔のことになっているわけではありません。

    いつになっても、母の思い出話をしてくれたり、
    母への思いやりとして、お供え物等どけていただくと
    とても心温まりますし、母も喜んでいるだろうなと思います。

    一度に沢山届いても、という方がいますが、特別な日にちでなければ
    沢山届くことはありません。
    届けば、亡くなった家族を思ってくれると心が温まります。

    でも小さな思いやりというものを、迷惑とかお返しが面倒とか言って
    嫌がる人達もいますから、相手を見て決めればいいんではないでしょうか。

    言いたいのは、ここで面倒、迷惑という人が多いから
    しないほうがいい、とは言えないという事です。

    半面、相手の気持ちがわからない人もいます。
    気軽に無神経な事をいってしまい、
    あとあとまで、「あんな事を言われた」と思われる事があります。

    それを避けるために、そっとしておいたほうがいい、
    という事になるんだと思いますが
    それは何もしないほうがいい、というのとは違うと思います。

    私は、相手を考えて、お一人住まいなら少量でもおいしい物、
    ご高齢なら栄養のある、食事になるものなどを送っています。
    お菓子にはこだわらず、相手の好きそうなものを送ります。

    お線香なら香りが全然違うので上質なものを送ります。

    大事なのは思いやりの気持ちを伝えたいか、故人に敬意を表したいか、
    どうでもいいと思っているかですよね。
    その気持ちは相手に伝わりますから。

    ユーザーID:3497863288

  • う〜ん

    >コンビニに駆け込みお香典袋と便箋を買いました

    夏に亡くなられているのなら四十九日は過ぎているので、
    「御香典」ではなく「御仏前」です。
    御友人の宗派を確認した方が良いですが。

    贈ってお返しをしてもらうのも相手にご迷惑をかけますし、
    寒中見舞いを送るので良いのではないかと。

    ユーザーID:4092223385

  • 私は嬉しかった

    面倒だ、お返しが大変などの意見もありますが、往々にしてそれは葬儀直後の話。
    また自分と面識の無い故人の関係者やいかにもお義理で出席したような人から頂いて、手紙を書くにも何を書けばいいのか迷うし、マナー的な事も気になり、数は沢山あるし困る。
    というケースが多いのではないでしょうか。

    私も親を亡くしています。お香典は辞退し家族葬でしたが、やはり母のお友達、父の親しい人からお花やお香典が届きました。
    家族葬でしたが参列してもいいかと聞いて来てくれた私の友人もいました。
    私は多少お返しやお礼状の手間はあったとしても嬉しかったです。

    母や父をそれだけ親しく思ってくださっているのだと思えたし、私を心配してくれる友人の心遣いも嬉しかった。


    迷惑だと言う意見も分からなくもないですが、でもそれを言い訳にして気が重い事を避けているというケースもあるのではないでしょうか。

    そうやって気遣ってくれた友達だからこそ、逆の立場になった時は力になりたい、私も参列したいと思う物であって、やってもらったからお返しにしなくちゃという義務感ではありません。

    会社関係のお義理の参列であれば面倒くさい気持ちになるでしょうが、友人関係でそれは無いと思いますよ。


    お線香もご自宅にお仏壇が無かったり宗派が違うと使えませんし、お香典も今さらな感じがします。

    何よりトピ主さんが心配しているのはお友達の事だと思います。
    お友達をいたわる手紙と、お菓子を贈るのが良いのではないでしょうか。

    私がお友達であればすごくうれしいと思います。

    ユーザーID:0954115689

  • 取りあえず、電話してみる

    アラフィフです。
    付き合いの濃い地域に住んでます。
    私の周りで「〜〜だから面倒」というのは、身内の葬式を何回か出した人に多いです。
    50歳以上の人がよく言います。
    30歳なら、どうでしょうか。

    大切な人を送った時は…
    たくさん声を掛けて欲しい人、慰めは要らないけど近くに居て欲しい人、しばらくは誰とも会いたくない人。
    色々ですので、お友達が何を求めているかは想像できません。

    私ならば…
    取りあえず、電話してみます。
    お母さんの話をよく聞いていたので驚いた、貴方を思うと胸が痛い、何か力になれないかと思った、トピ文に書いてある気持ちを言ってみますね。
    何かしなくちゃ!という張り切った声ではなく、静かに言ってみます。
    この時、トピ主ママは御健在なので「お気持ち解ります」とは言わない方がいいと思います。

    嫌そうだったら短く話して終わる。
    寒中見舞いを出す。
    大丈夫そうだったら、遅くなったけど香典(花)を送らせてもらっていいかを聞く。
    電話の時の様子次第ですね。
    言葉に気をつけて手紙でもいいと思います。

    うちは香典を辞退したら御線香や花や果物が大量に送られて困りました。
    品物でもお返しする地域なので、これなら辞退しなきゃヨカッタ…と思いました。
    御線香は仏教で家に御仏壇があると判ってからですね。

    ユーザーID:6553325308

  • ありがとうございます。

    たくさんのご意見ありがとうございます。

    まとめての返信で失礼します。

    やはり受け取り手がどういう気持ちになるから受け取り手にしかわからないのだな、というのが感想です。

    みなさんの意見をじっくり読ませて頂いて一旦落ち着いて考えることができました。

    寒中はがきにだいぶ片寄っていたのですが寒中はがきの返事も必要なのか...など考えたらやはり気持ちが届いたらと簡単な手紙とお供えのお菓子、紅茶専門店の紅茶を取り寄せて送ることにしました。

    正解がないものだと思いますが少しでも気持ちが伝わればと思います。

    ユーザーID:3893503817

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • お花券を送りました

    私の経験を書きます。

    11月末頃に、大学時代の友人から、喪中欠礼の葉書が届きました。
    家族を亡くした旨は書いてあったのですが、詳細の記載がないものでした。
    すぐにお悔やみを述べた葉書を、返信致しました。

    その後、年が明け、松の内を過ぎた頃、その友人からメールが届きました。
    そのメールに、実父が亡くなったこと、それも昨年の1月だったことが書いてありました。

    タイミングとして法要前だったので
    お花屋さんで「お花券(正式名称ではなく通称)」を調達して
    「故人のお好きだったお花をお供え下さい」とメッセージを書いて、郵送しました。

    一応、友人の自宅や職場、ご実家近くのお花屋さんで
    券を使える店舗があるか? 確認した上で、郵送しました。

    後日、友人からは、実家のご仏前にお供えするお花に使った旨のメールがありました。

    お花券を選択したのは、現金を送るとお返しが大変、
    お線香は結構送られてきて消費しきれない(むしろ、ろうそくの方が欲しいと言ってる方もいらした)

    世帯人数が少ないと、食べ物も消費しきれない、らしいです。
    それに何より、そもそも宅配の受取自体が面倒だとも聞いたことがあったからです。

    ユーザーID:4217708275

  • その後

    喪中欠礼はお早めにさんまで読ませていただきました。ありがとうございます。

    あれから友人から電話があり、ここでかかれていたことを頭の片隅におき友人から話がでるまではなんで?どうして?と聞かずただ辛かったことを言葉かけることにとどめました。友人から実は...と話をしてくれそこからお互いの近況について学生時代に戻ったように話しました。まだまだお母さんも一緒にいたかったし友人もいたかったよな、という気持ちから友人の前ではこらえようと思っていたのに私の方が声を震わせてしまいました。亡きお母さんの思いで話をすることもできました。

    電話口では手紙をみて、懐かしい字に涙がとまらなかった、喪中はがきをだしていいのか迷っていたこと、荷物を開けてびっくりしたけど気持ちがすごく嬉しかった、また気持ちが嬉しくて年末で家にいないってことをわすれてお返しおくっちゃった、と後で連絡が入り、迷いに迷ったけど送ってよかったなと思いました。

    正解はないですが相手との関係性によるのだろうな、と身をもって学べた気がします。

    ユーザーID:3893503817

  • トピ主のコメント(2件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧