発達障害の息子学習法

レス8
(トピ主0
お気に入り70

妊娠・出産・育児

とうもろこし

初めまして現在中1の発達障害(アスペルガー自閉LD)の息子、現在は普通学級在籍しています。
専門医から診断を受けたのはつい最近です。
勉強も難しくなり、点数は殆ど取れない、先日発達障害WISC4を受けまして、見て理解する視覚情報処理が難しい、なので授業中の勉強はほぼ理解していないと思います。
IQは知的障害よりではない。
本当ならもっと早い段階で小学校や就学前の中1から支援学級へ移籍するべきだとは思いますが、今年の就学支援相談での支援級審査は終わり、中2は普通級へ在籍になります。現在公文塾に小5から通っています。
国、算、英をやっていますが、未だ小6の問題で、親としては「この子に合っている学習なのか?」悩んでしまいます。
一般の学習塾は無理なので、他の塾を考えるとしたら、発達障害の子専門塾や家庭教師がいいのかなと思っていますが、本人は公文がいいみたいで、続けさせています。
そこまで発達障害の子供さんをお持ちの親御さんに聞きます?お子さんはどんな学習支援を受けていますか?

ユーザーID:1353260463

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • あまり参考にはならないかもしれませんが

    うちは公立中で田舎だった事もあり、特別な支援を受ける事が出来ませんでした。(症状により受ける事が出来ているお子さんもいらっしゃいます)
    ただ、授業中に好きな勉強をしていても良い、夏休みや冬休みの課題も自由で良い、という配慮だけして頂けました。
    あと…うちの子は先生からあまり好かれてはいなかったので、どちらかと言えば放置されていました。

    ユーザーID:5490635520

  • お住まいの地域で

    発達障害の保護者に対しての勉強会はありませんか?
    診断を受けたという事ですから、病院に聞いてみても良いでしょう。

    トピ主様お一人で右往左往しても仕方がない。
    お一人でモンモンとしていても仕方がないです。

    肝心なのは「親としていま、発達障害を持つわが子になにができるのか」を知ることでしょう。

    小町も一つのツールではありますが、やはりここは「生の声」「現実の把握」が重要です。

    >本当ならもっと早い段階で小学校や就学前の中1から支援学級へ移籍するべきだとは思いますが

    うん、そうですね
    もうずいぶんと前から「あれ?」と思うところは気づいておられましたよね。
    でももう過ぎたことを指摘しても仕方がない。

    東京・神奈川では発達障害についての講習会や勉強会が年に数回開催されています。
    そこで学ぶ保護者も多いです。

    私は東京在住なので、他府県の状況は解りませんが、どうか積極的に勉強会に参加してみてください。

    ユーザーID:7248896745

  • マンツーマンの受験指導塾一択

     地域によるかもしれませんが…支援級見学されましたか?

     中学の支援級は、進路が特別支援高等学校に進路を向ける子向けの勉強をしている場合が圧倒的多数です。普通高校受験に対応した学習支援はほぼない状態だと先輩ママが嘆いていました。
     なので、手帳がIQでひっかかり、非該当の子の場合は、ほとんどの場合、高校受験のためにマンツーマンの受験指導塾に通っているとのことでした。

     なお、支援級の定期テストを受けた場合、評定不能とされて、入試の際は、通常の場合、入学試験+内申点(おもに定期テストの評定)で合否が判定されるところを、入学試験×1.5〜1.8で合否が判定される…という状態だそうです。


     というわけで、トピ主さんのお子さんが療育手帳をとれないならば、支援学級に所属することは現実的ではないと思います。

     最終的には、トピ主さんがどうこう言うのではなく、現状を知った上で、お子さんがどうしたいかです。その先を生きていくのはトピ主さんじゃなくてお子さんなので。中学の進路指導の先生とどうしたいかを本人が相談すべきかと思います。

    ユーザーID:3820342063

  • 公文は発達障害に対応した先生がいると聞いたことがある

    公文の本部というかそういう所に連絡すると、発達障害に対応できる先生を紹介して貰えると聞いたことがあります。
    トピ主さんが送り迎えできる範囲で見つかれば、通えるんじゃありませんか?
    対応した家庭教師もいますよね?半年くらい並行して受けて、息子さんと、どっちが良いか話し合う手もあると思います。
    子供によりますが、変化が苦手な子もいますので、ソフトに変化できると良いですよね

    ユーザーID:3398447942

  • 勉強だけが道じゃない

    世の中には勉強で勝負する人もいれば、体力勝負の人もいます。
    勉強も体力もだめだったら、料理の道で人生進む人だっています。

    相談者様の場合、既に勉強勝負のお子さんでないことはわかっているのでしょ。
    やれ、因数分解だの関係代名詞だのといったことにこだわるより、本当にお子さんが熱中できるなにかを一緒になって探してあげたらいかが?

    むだなことに時間を割くのはいかがかと思います。

    世の中には、いろんな勝負の方法がありますよ。

    ユーザーID:8188698649

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • いろいろ試してます

    うちは5年ですが3年の終わり頃に指摘されてはじめてウィスクを受けました。
    数値は視覚優位で聴覚が苦手、ワーキングメモリが一番低い凸凹でしたが、通級も必要なく、支援をする数値でもない、今まで通り丁寧に対応していくしかないという、うっすいグレーの報告でした。

    ただ、勉強面は親がつきっきりのフォローをしてようやく平均点弱、という感じだったので試行錯誤しました。
    簡単なドリル、教科書ワーク、マス計算、反復形式などの手書き勉強はもちろん、無料動画サイトの算数解説や有料動画の授業、タブレット学習、塾と少しずつステップアップしてきました。
    そうすると向き不向きなどが分かってきて、うちの子には動画を見て理解するのは無理と判断できました。
    ドリルも量より質、漢字や計算はOKでも文章が苦手、自分の持っている知識を応用して広げるのはとても不得意です。
    性格は真面目なので宿題や課題は辛くてもやり抜く子のため、泣きながら勉強することも多く、親子でダウンしそうでした。

    今は大手個別塾で国語を習ってます。
    集団はとても無理だし、優しい先生が良かったので教師を目指している女子学生にお世話になってます。
    塾には検査結果は話していませんが得手不得手の特徴を話したら、学習障害の子も来ているというので決めました。
    最初は発達障害の専門も視野に入れましたが、大手の個別でも教室を体験すると意外と通える場合もあるかと思います。
    他の教科のフォローは大手のタブレット学習をしています。
    お金も時間も掛かりますが、親子のバトルも減り塾に行くようになって国語の読み取り問題も上手になってきました。

    公文以外のいろいろな塾の無料体験をしてみてもいいかもしれません。
    同じ個別でも教室によって全く違うのでそこの塾長と話すといろいろ参考になるかもしれません。

    お互いいい方向に向かうといいですね。

    ユーザーID:4746639637

  • 識字障害って事ですかね?

    視覚情報処理が難しいって、いわゆる識字障害って事ですかね?

    聴覚の方は問題ないのなら、その様な子向けに教科書を音声化しているNPOがあります。
    確か同じ様に教科書をワードに置き換えて支援しているところもあったはず。
    ワードにしてあると、大きくしたりフォントや色を変えたり読み上げソフトを使えたりするので、その子にあった形で学ぶ事が出来ると思います。
    キーワードを入れて検索すれば引っかかると思いますよ。

    ゆっくり時間をかければ読めるのであれば、黒板をタブレットで撮影する許可をもらっている人もいます。
    この場合、専門の所で具体的にどの程度困難であるかを測ってもらって提示しないと難しいみたいですね。
    しかるべき根拠を提示する事によって合理的配慮が受けられるんですね。
    識字障害・書字障害は発達障害の中でも数値化出来る障害なので合理的配慮を受けやすいみたいですよ。
    その様な本も出てるんですが‥。すみません。本の名前を記憶してません。
    たどり着けるといいのですが。

    ユーザーID:9772290841

  • どのような進路を考えていますか?

    在籍校の支援級に在籍した場合にどのような支援を受けられるか、卒業後の進路はどのような選択肢があるかなど、すでに学校の担当者から情報収集されていますか?
    公立の支援級在籍の子の支援内容は、学校によってかなり異なると思います。
    私の知っている例をいくつか挙げます。
    ・数学と国語や英語は別室で個別学習し、他の教科は通常級の一斉授業に参加(加配職員が支援することあり)。定期テストは通常級在籍の子と全く同じ。この場合進路は、公立私立高校や通信制高校、サポート校など。
    ・ほとんど全ての教科を別室で個別学習し、内容も本人に合ったレベルの課題を行う。定期テストも個別の課題。この場合、進路は支援学校や福祉的就労など。
    ・学校生活のほぼ全てを通常級で過ごし、教科学習では加配教員が支援する。
    どのような支援が受けられるかは、その学校の雰囲気(管理職の考え方)や支援教育担当者の裁量に寄るところも大きいのではないか、という印象を持っています。
    学校のシステムによっては、3年からの支援級在籍がお子さんの進路に合っていない場合もあると思いますので、慎重な判断が必要だと思います。

    主様や本人が進路や将来をどのように考えているのかが一番重要だと思います。
    特に発達障害系の特性がある子にとって、小学校の6年間と比べると中学校の3年間はあまりに短いのです。本人が新しい学習システムや環境に慣れる前に成績が付き、3年生になれば1学期から進路決定のための課題(各種テストや志望校選定など)がメジロ押しです。3年経って本人が学校にようやく慣れた頃には卒業です。

    今の学力向上も大事ですが、卒業後の進路について、お住まいの地域の情報収集を早急にする必要があると思います。例えば、公立高校進学のために必要な条件や内申点の取り扱いや近隣のサポート校についてなど、学校は多くの情報を持っていると思うので、一度相談してみては?

    ユーザーID:6957090319

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧