今の婚姻制度って・・・。

レス50
(トピ主3
お気に入り45

男性から発信するトピ

おっさん

結婚すると、親の籍から抜けて家族ではなくなるとか聞きましたが、たとえ妻子共に親と同居していても家族にはならないんですか?戸籍とかどうなっているんでしょう?

ユーザーID:1726255964

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数50

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 結婚すれば独立した戸籍になる!

     子供は結婚すれば親の戸籍から離れ、独立した別の戸籍が作られます。
     同居しているかどうかとは関係ありません!
     また、別戸籍になったからと言って、家族でなくなるわけでもありません。

    ユーザーID:5831624411

  • 戸籍の単位が、夫婦と未婚の子である

    戸籍だけで言えば、子が婚姻届けを出した時点で、自動的に「分籍」になります。
    その分れた独立戸籍に、妻が改姓して入るのが大多数だと思います。

    家族の定義は、戸籍とは別物です。
    戸籍の単位で言えば、結婚した子は同じ戸籍には居ません。
    未婚の子でも、親から分籍可能です。

    同居していれば家族同然とは思いますが、元々が他人の上、義の関係ですから、
    妻から見たら夫の両親は家族の意識は薄いかもしれませんね。
    戸籍単位を意識して家族を見るなら、家族は夫婦と未婚の子だけになります。

    トピ主の疑問は、検索でも分りますし、実際に戸籍謄本取れば一発で分かります。

    婚姻制度の在り方はそれとして、家族の意識なんて、各家庭で違うのでは?
    今の時代、何の相互努力もしなければ、すぐ「仮面家族」になりかねません。

    ユーザーID:1337743428

  • 戸籍謄本で確認

    一度、ご自分の戸籍謄本を取り寄せてみたらいかがでしょうか。
    結婚する二人がそれぞれの親からの戸籍から抜けて新しい戸籍を作るんですよ。

    戸籍には夫婦とその子どもまでしか入れません。
    家族は自分がどこまでを家族と思うか人それぞれではないですか。

    同じ家に住んでる人を家族ととらえる人もいれば、同じ戸籍のみ家族ととらえる人もいます。

    ユーザーID:7921730576

  • レスします

    「家族」は法律上の概念ではないので、どう考えるかは個人の自由です。
    おっさん様が「自分の家族は、(一緒に住んでいる)妻と子供と自分の両親」と考えるのは自由ですし、
    奥様はご自分の親兄弟と一緒に住んでいなくても、奥様の家族とお考えかもしれません。

    戸籍は、おっさん様の姓で婚姻届を出されたなら、
    おっさん様が筆頭者、配偶者の奥様と、お子様がいらっしゃるならお子様が一緒です。
    結婚したら親の戸籍とは別の戸籍になるんです。

    おっさん様のご両親は、ご両親のみ、
    またはおっさん様の未婚のご兄弟がいらっしゃるなら一緒かもしれません(成人なら、親の戸籍から離れることができます)。

    ユーザーID:4287088547

  • 結婚したら 夫婦だけの所帯になるんです。

    結婚したら、親の籍から抜けて、夫婦だけの1つの所帯(家庭)を持ちます。だから [妻子共に親と同居しても家族にはならないんですか?]→はい、なりません。最初に書いたように、夫婦で1つの世帯ですから、親とは別世帯になります。もう家族ではありません。それは二世帯同居でも同じだと私は思いますが。

    ユーザーID:2812657432

  • 昭和22年からそういう制度なんだけどなあ

    言いたいことは何となくわかりますが、トピ主様に親がいるのと同じに奥様にも親はいますからね。
    結婚しても親の戸籍から抜けないって話になると大家族とか重複家族になってしまう。「今の」婚姻制度っておっしゃいますが、民法で家制度が廃止されたのは昭和22年の話。
    ハンドルネームが「おっさん」ってことは30代〜50代の間だとは思うんですが、生まれる前から施行されている制度に今更疑問を持たれても…。
    日本の方ですよね。

    「家族」ってのも割とあいまいな概念なんですよ。
    一緒に住んでいれば家族なんですが、血がつながってない場合は固定的な家族ではない。
    例えば、親元を離れて下宿している大学生も親兄弟からすれば家族ですから、「同居」は家族の概念じゃない。では、都会で就職している未婚の子供はどうか、というとやっぱり家族だから、経済を共有していなくても家族には違いない。

    では結婚した子供はどうか、ってあたりになると、このあたりから「家族」「親族」の分かれ目なんでしょう。

    法律で決まっているのは、結婚したら親の戸籍から分かれて夫婦で戸籍を作成するってことだけです。結婚しなくても成人していれば親の戸籍から抜けるのは可能です。
    昔ながらの家制度を守って、嫁を貰うって感覚の人も一定数はいますから、夫婦そろってその方がやりやすい、と言うならそれも良いですが、相続等は実子のみ、兄弟均等ですので、良く調べたほうが良いと思います。
    「嫁に行った妹には相続権はない」とか、「弟は早死してしまって遺児である甥っ子には相続権はない」ってのは誤解ですから。
    また、「自分が早く死んだとしても残された老親の介護は嫁が世話してくれる」ってのもあまり期待はできません。

    ユーザーID:9912376847

  • 親の戸籍に入るわけではないです。

    男性側の実家に住もうと女性側の実家に住もうと、戸籍は親とは別になります。
    名字が一緒になっても。

    たまに「名字が一緒になって俺の実家に住んでるんだから、嫁が俺の実家のやり方に従うべき」と本気で思っている方がいます。
    ご注意を。

    ユーザーID:7601901035

  • 日常生活で戸籍を意識することは無いでしょう

    何か不都合なことがあったのですか?

    結婚後は家族は夫婦と子供達だけで、親兄弟は親族と言います。
    でも普通は、うちの家族はと言う時には祖父母や兄弟なども含めた同居している全員でしょう。
    反対に、単身赴任や進学就職で別居し住民票を移しても家族ですね。

    ユーザーID:3403456482

  • いくら同居しても、同居親の名が戸籍の中に入ったりはしない。

    戸籍は、夫婦とその子だけです。

    いくら同居してもお互いの親は夫婦の戸籍には入りません。

    そしてその夫婦の子供が結婚したら
    戸籍は独立して別にできるので、夫婦の戸籍に入っている子は独身の子だけです。

    だから、いくら同居しても、夫の親は、戸籍上の家族ではありません。
    他人ですから。

    夫とは夫婦という戸籍上の関係になりますが、
    夫親は死ぬまで他人です。

    ただ、夫の親や妻の親は、姻族関係という関係になりますが、家族ではないです。

    夫親が戸籍上で家族だったのは

    明治時代に定められた明治民法の時だけです。

    明治民法は昭和22年に廃止されました。今から70年以上前です。

    そして新しい昭和の民法になり、それからは

    現在のように
    結婚で夫婦だけに、新しい戸籍ができるようになっています。

    従って、夫親は、戸籍上や法律上の家族ではありません。

    ただ姻族(いんぞく)という親戚関係の括(くくり)になりますが、それは妻親も同じです。

    同居・別居に関わらず、結婚後のお互いの相手の親は、姻族(いんぞく)という言葉で表されるゆるやかな関係です。

    最近は、夫死後に、この「姻族関係」を断ち切ってしまう妻の数が増えています。妻が自分の意志で一方的に切ることができます。

    「今後一切、無関係です。」という手続きです。

    基本的に、
    夫の親は、妻にとっては他人です。家族ではありません。
    その人が、勝手に「家族」という言い方をしているだけです。

    ユーザーID:1441679457

  • 結婚に、夫親は関係ない。他人です。錯覚しないように。

    ただ、個人的な感覚で、「家族」という言い方をする人もあるかもしれませんが、

    それは法的や制度的に関係があるものではありません。ただの気持ちです。

    男性には
    この明治民法時代の夫婦や親関係を、未だに錯覚して

    妻を自分(夫)の親と同居させようとか近居させて介護させよう丘などと考えている人がいるようですが

    女性にはそんなことする義務も何もありません。

    結婚したのは夫だけであって、夫親は関係ないんです。

    また、生まれた子は夫家の人間でも家族でもありません。

    夫家の孫だとか、夫家中心だとか言う考えは
    明治民法時代の話で、現代では存在しません。

    また何でも夫家中心戸か優先とか言うようなことも、現代の民法では存在しません。
    だから

    夫実家に優先的に帰省するとか、
    夫実家に帰省する回数が多い

    とか言うようなことも、時代錯誤です。

    現代では、もう70年前以上前から

    「結婚は夫婦2人がするもの」になったんです。

    夫親は関係ありません。

    男性は肝に銘じないと、この点の錯覚「妻発」の離婚が起こります。

    女性の結婚に、夫親は関係ないんです。他人です。

    ユーザーID:1441679457

  • 戸籍と住民登録と家族は、すべて別物です

    戸籍は夫婦と未婚の子だけで構成された血縁を基本に編纂された資料。親子孫にわたる三代戸籍は法律で禁止されています。
    住民登録は住所と家計の同一性を基に編纂された資料。
    家族は気持ちの問題で、裏付けはとくにありません。しいて言うなら社会通念です。

    戸籍が別だから、住民登録が別だから、という理由で「家族じゃない」というのは浅はかです。だって別物なのだから。

    世の中には、両親、子供、子供の配偶者、子供の子供、という構成の世帯もあります。戸籍はもちろん別々ですよ。でも住所一緒なら、住民登録は一つにすることも可能。別世帯も可能。
    収入を持ち寄って生活し、朝御飯、晩御飯、一緒に食べていれば家族の感覚は生まれるでしょうねえ。

    また、別に住む独身の子供も、家族の感覚はあるでしょう。

    家族と思うか思わないかと、友達と思うか思わないかは、似たもんだと思います。
    一方だけが家族と思ってて他方は家族じゃなくてただの親族と思ってることもあるわね。そして他人から見て、家族か家族じゃないかもあるわ。

    まあ、そんなに戸籍が〜戸籍が〜というなら、事実婚の夫婦なんてただの同棲カップルですよね。そのくせ夫婦としての権利は主張するので、まあ女性の家族観ってのはご都合主義ですよね。

    ユーザーID:0802886881

  • どの年代の方ですか?

    まさか・・・20代とか30代とか言いませんよね?


    その疑問が湧いてきた理由はなんですか?

    1.奥さんまたは別の人に「家族の定義」が間違っていると指摘された
    2.自分の親や自分の兄弟も含めて「俺の家族だろ!?」と言って間違いを指摘された

    どっちでもいいんですが、どうしてこんな基本的なことをご存知ないのか?百歩譲って独身というのならまだ・・・でも、既婚者だとしたら婚姻届を出す時に気づきませんでしたか?
    住民票と勘違いしていませんか?それともあなたの続柄はまだ「長男(とか次男)」ままだと思ってますか?

    親と同居でも同一の家計で生活を営んでいれば「世帯数」は1になります。
    生活諸費を別々に負担しているのなら「同じ住所に2世帯」になります。

    皆さんの言っているように一度あなたの戸籍謄本(全部記載されているもの)と住民票を取ってきてくださいよ。

    百聞は一見にしかずですよ

    ユーザーID:1529529182

  • 旧民法で行きたいんだったら相続等も旧民法にしないとね

    夫親は他人だから家族じゃない、ってわけでもないんです。

    同居していれば夫親も「家族」のうちですよ?
    前レスでも書きましたが「家族」の概念って曖昧って言うかファジーなので、
    ・血がつながっている
    ・同居している
    ・経済を共有している
    のいずれか1つに引っ掛かれば「家族」と呼ぶのは差し支えありません。

    ただ、「家族」にも関係の強弱があって
    ・親→未成年の子 
    ・夫婦
    は強い扶養義務があり、自分の食べ物を半分っこしてでも助けなきゃなりません。

    一方
    ・成人した子と親
    の関係は自分の生活が第一で、余力があるなら助ける、くらいです。

    よく問題になる、嫁→義親の「介護義務」ですけれど、
    同居していれば家族ですので介護義務は生じます。
    ただ、実子のほうが義務の順位が高いので
    実子が親の介護を嫁に丸投げ、という事態は既に通用しなくなってきています。

    トピ主様の質問の真意がよくわかりませんが、現在トピ主親子とトピ主両親が同居しているのであれば、戸籍上は2つの家族が同居している形になりますが、奥様とご両親も家族といっても間違いではありません。

    ただ、今後、老親の介護とか相続という話になってきますと、義務と権利の整合性をとる必要があります。
    嫁に義親の介護を任せたいのであれば、義親から月々嫁にお金を支払うとか、孫に学費援助する、嫁と養子縁組する、家屋敷を長男夫婦に生前贈与する等、旧民法並みに長男を優遇する必要があるでしょう。
    相続は平等、義務は長男夫婦、なんてことをする人が多かったから、
    「義親は他人。介護の義務なし」
    なんて極端な意見が出てきたんです。だって長男嫁なんて損するだけになっちゃうし。

    ユーザーID:9912376847

  • 家族の定義

    税制上、同一住居で起居を共にしている親族は生計を一にしているとみなされます。
    そういった意味では「家族」です。
    ちなみに親族は6親等以内の血族、配偶者、および3親等以内の姻族です。

    戸籍が別れれば家族でないという考えであれば、離婚して親元に戻った子供は家族ではないということになります。

    ユーザーID:1284971546

  • 波平とマスオは家族ですよね。

    一緒の家に住んでいれば家族じゃないですかね。戸籍は戸籍でしょ。

    飼っている犬猫だって家族ですよね。

    ユーザーID:5436174259

  • 決まりはなさそう

    一緒に住んでたら友達と住んでても、その友達が家族。 でも家族じゃないって言いたくなる時がありますよ それは姻族に言われた時ですね… あなたは家族と。 おっかないです!

    ユーザーID:1487084802

  • 家族・・・。

    結婚したら親の戸籍から独立するというのはわかりました。これに関しては、いい歳をしてそんな事も知らないのか?と言われそうで恥ずかしいです。ただ、家族って何だろう・・・?と考えると、うーん・・・となってしまいます。                      たとえ実の親と同居していても戸籍上は親族。妻にとっては姻族。しかし、血が繋がっていて同居していれば家族という意識は普通にあると思います。まあ、別居していれば家族とは思わない人が多いかと思いますが。                  よく、奥さんが姑を赤の他人と言いますが、義理でも関係があれば赤の他人なんてのはおかしいんじゃないですかね?嫌っていてそう言いたくなる気持ちはわかりますが。                  家族の定義が法律上無くて気持ちの面だとなると、人によって家族なるものが違ってくるのも当然かと。                      ところで、妻が夫の親と同居していたら、その親の介護をする義務があるというご意見がありましたが、本当なんですか?介護は実子の義務、つまり実子だけの義務というのが常識とされていますが。

    ユーザーID:1726255964

  • マスオさん一家って…

    どうでもいい話ですけれど

    サザエさんは18歳位でマスオさんと結婚して夫婦でアパートを借りました。
    ところが引っ越しせざるを得ない事態がおこり、いろいろ探したけれどいいアパートがないので、一時的に実家である磯野家に間借りしている状態です。
    サザエさんの世界では、時間がループしていますので、誰も年を取らずカツオ君とワカメちゃんは永遠の小学生で兄妹で同じ部屋です。

    もし、サザエさんの世界で時間が普通に経過していたら、マスオさん一家の緊急間借り状態はせいぜい1年程度なんじゃないでしょうか。
    なお、マスオさんは商社勤務の長男です。案外転勤族かもしれません。

    波平とマスオさんは期間限定の暫定家族で、いずれは親族なんでしょうね。

    なお、我が家にも猫がおり家族だと思っていますが、戸籍だの嫁姑だのって話の時に犬猫だって家族、って話は的はずれなんじゃないかしら。

    ユーザーID:9912376847

  • 介護は実子

    戸籍云々ではなく「同居なら家族かどうか」というのは
    互いに家族だと思うほどの良好な関係を築いていれば家族なんだと思いますよ。

    例えば私の祖母は嫁いびりをする人でした、私たち子供もそれを知っていましたので
    祖母が「年取って弱ってきたから仲良くして、家族なんだから」と言い
    父が「嫁いびりなんて悪気はない、僕の母なんだから妻子にとっても家族だ」と言っても
    私たち子供と母にとっては祖母は家族ではありませんでした。

    介護については実子だけの義務であってもなかなかそうはいきません。
    特に夫親の場合は夫が介護離職をすると家計が成り立たなくなるので
    妻が夫親の介護をするというパターンは多いと思います。

    ユーザーID:7173255026

  • 波平ピンチの時、マスオは躊躇わずに言う「家族じゃないですか」

    『戸籍が別なら、それはもう家族ではないのか』という疑問に対して
    戸籍は戸籍で語れば良いし、家族は家族で語るものじゃないですかという
    回答をしたつもりなんですけどね。

    ふざけたわけではないのですが、あまりにも的外れに感じたのなら申し訳ないです。

    もう少し気の利いたことを書けばよかったと反省しています。

    ユーザーID:5436174259

  • 協力

    同居の家族は(同居人は)協力し合う必要があるって事ですよね… 義務とまでは言ってなかったと思います。 介護義務は誰にもないと聞いた事があります。

    ユーザーID:1487084802

  • なにが最善かは家族によって違います 

    トピ主様のスタンスが良くわからないんですよね。

    どの立場で何が疑問なのか、って話です。

    法的には皆さま書いてらっしゃるように家族ってのは親と未婚の子供です。
    扶養義務となると、生活保護が適用されますが、3親等までの親族姻族が対象です。この場合は嫁の親も扶養義務の対象です。
    介護義務となると、たとえば特別養護老人ホームの入所優先順位で判断ができます。同居の嫁が専業主婦であれば、入所の緊急度はぐんと下がります。
    相続になると、同居だろうが別居だろうが嫁に相続権は生じません。

    上記のような、法律、慣習、常識等をそれぞれの場面に当てはめて最善を判断することに なるわけですが、

    >ところで、妻が夫の親と同居していたら、その親の介護をする義務があるとい
    >うご意見がありましたが、本当なんですか?
    >介護は実子の義務、つまり実子だけの義務というのが常識とされていますが。

    まず「常識」の話ですが、夫の親の介護を一切したくない、って嫁は同居は致しません。
    「介護」と言っても、食事をつくる、洗濯・掃除は義親の分もやってあげる、程度の「介護」もあれば、寝たきりに下の世話から痰取りまでやらなきゃならない24時間介護や徘徊老人を見張らなきゃならない介護もあります。

    どこまで嫁にやってもらっていいのかはそれぞれの家庭によって違うでしょう。
    嫁と義親の仲が良好であったかどうか、嫁の仕事や趣味等の時間を犠牲にしないかどうかとか。
    思うに、夫婦仲が良く、夫も家事・介護に積極的に参加するような家庭は嫁も介護してますよ。後、婆の介護より爺の介護のほうが嫌だ、って嫁は多いです。
    理由は異性であることもありますが、大きくて重いから。

    ユーザーID:9912376847

  • 赤の他人は言い過ぎだと思いますが

    >嫌っていてそう言いたくなる気持ちはわかりますが。

    「嫌う」以外に、そう言いたくなる背景にも目を向けて頂きたいですね。

    結婚したと言うだけで「実親と同じがそれ以上」の関係性を求める舅姑もいます。そういう人は「義理でも親なので、赤の他人様以上には気を配ります」では満足しません。

    私もよく、姑に「嫁は実のお母さんと私を差別する」と言われましたが、世帯としてならともかく、私個人として考えた場合、お金も手間もかけて育ててくれた実母と、紙切れ1枚で縁ができただけの姑を全く同じに扱えるわけがないでしょう。

    それに姑さんだって、殆どは「同居嫁<結婚等で家を出た他の実子」でしょ?同居孫(産んだのは嫁)より、別居でも娘が産んだ孫が可愛いというのはよく聞く話ですよね。

    「赤の他人とは言わないけれど、一緒に住んでるというだけで実の親子と同じ関係性になる訳じゃないよ」

    というところでしょうか。

    ユーザーID:7038535188

  • 奥さんにも親がいます

    他の方もおっしゃっていますが、家族の定義は曖昧だと思います。
    戸籍で言えばトピ主さんの家族はトピ主さんと奥さん、その子供になります。

    「義理でも関係があれば赤の他人なんてのはおかしい」と言うのであれば、トピ主さんから見て奥さんの親御さんに対しても同じことが言えます。
    まさか苗字が違うからとは言いませんよね。
    苗字は夫か妻のどちらかを選べばいいだけなので、トピ主さんが奥さんの苗字にしても良かったんです。
    なので義理の関係では苗字は関係ありません。

    同居の話だって、トピ主さんの親御さんとしなければいけないわけではありません。
    奥さんの親御さんとしてもいいんですよ。

    親御さんの介護については、トピ主さんの言うように実子に義務があります。
    ただ、一緒に住んでいてトピ主さんが仕事で家に居ない場合など、家にいる時間の多い可能性がある奥さんが、何もしなくても文句は言いませんか?
    トピ主さんが言わなくても、周りが言う可能性があります。
    それに介護は実子と頭で分かっていたも、実際に困っているのを目の前にしたら、何もしないわけにはいかないでしょう。

    親がいるのはトピ主さんだけではありません。
    奥さんにも親御さんがいることをお忘れなく。

    ユーザーID:6733901846

  • 「家族」を強調するのって他人だと、与える立場でしか言えない

    実はアニメのサザエさんはあまり見てないんですよね。
    小学校の図書室にあったサザエさん全巻は読みましたけれど。

    ただ、「波平のピンチ」にマスオさんが「家族じゃないですか」っていう、ってのはこのトピの本質をついてるかもしれません。

    例えば嫁が若い頃いびり倒した姑が、「昔のことは水に流して仲良くしましょう」って言ったら大多数の嫁は「ふざけるな。やらかしたほうが言うセリフじゃないよ」って怒るでしょ?

    同じ意味で、
    「夫親と同居している嫁」に、夫(トピ主)が、「ボクの両親も家族だよねー」って言ったらそりゃ違うんじゃないか。
    一方、嫁自身が同居の夫親に、「もう私も〇〇家のの人間で家族ですから」っていうなら心温まる話ですよね。

    また、立場によっても違うかな。

    義母が倒れて寝たきりの時に
    「〇子さん(嫁)は家族なんだから身の回りの世話をお願い」

    長男夫婦が経済的ピンチの時に嫁が義親に
    「家族なんだから援助してよ」

    血のつながった家族だったら、どの立場になっても「家族だからお願い」が通用するけれど、姻族となると、与える立場に立った時しか「家族じゃないですか」って言っちゃいけないような気がするわ。

    後、私の義母は良い人で宅配便でいろいろ送ってくれるんだけれど、いらないものも結構多い。多くの嫁が経験している「イヤゲモノ」なんだけれど、好意でくれるものだから、はっきり言えない。でも実の親だと「送ってくれてなんだけれど私あれは嫌いだからもういらない。それより〇〇を送って頂戴」って言えちゃうんだよね。私にとっての「家族」ってそういう遠慮の無さが基準なのかもしれない。

    ユーザーID:9912376847

  • 心の繋がり

    同居してると互いに助け合わないといけないんですよね…。
    配偶者と死別しても、配偶者の親族(姻族)と同居の場合、姻族関係終了届を出したとしても、 同居の姻族が要介護状態で他に面倒見る人がいないとか、 自分が援助を受けて生活していた、など特別な事情があれば、引き続き面倒みなければならない場合があるんですよね…

    家族って心の繋がりなのでは? 一緒に住んでいても、助け合う気がないのなら、同居の姻族でも家族と思えないのかも知れません。
    家族に定義がないのなら、家族と思えないと言う人の気持ちも自由なのでは?

    ただ思えないなら、それにはちゃんと理由があるでしょうから、それに耳を傾けてみてはいかがでしょうか… 家族だからと一方的に、何かを強制しよう、させようとしているなら、家族じゃないと逃げたくなるのも仕方ないと思います。

    男女二人の意志で結婚も離婚も自由にできますので、それに付随する姻族関係は、ある意味不安定な訳ですから、 義務とか何とか言って、姻族には強制しない方がいいような気がします。

    ユーザーID:1487084802

  • 無視はできないでしょう

    >妻が夫の親と同居していたら、その親の介護をする義務があるというご意見がありましたが、本当なんですか?

    義務の有る無しに関わらず、同居者の体が弱っているのに何の手助けもしないというのは人道的に不可能では?

    ユーザーID:4647679307

  • 家族はそんな簡単になれるものでもないと思います

    >よく、奥さんが姑を赤の他人と言いますが、義理でも関係があれば赤の他人なんてのはおかしいんじゃないですかね?

    家族って戸籍一つでなったり、同居しているだけでなったりするものでもないと思いますよ。そういった状況から徐々に作り上げていくものだと思います。

    というのも私は30代後半になって介護等の理由から父方の伯父の養女になりました。
    子供の居なかった伯父にとっては娘が出来たと喜んでいたようですけど、やはり30年間育ててくれた人から数年過ごしただけの親族に、親の立場を挿げ替えることはできませんでしたし、お父さんと呼ぶこともありませんでした。
    ただ、結婚するまでの6年間一緒に過ごすことで、伯父と姪の関係ではないし親子でもない、不思議な家族関係はできましたけれどもね。

    それと同じように、嫁と姑の関係もどう築くかで家族になったり他人になったりするのではないかと思います。それほど家族になるのは簡単なことではないですし、同居した当初にはわからないものなんだと思います。
    と同時に、別居していても生死が分かれても関係を作り上げれば家族は家族です。

    トピ主さんは家族というものを一人に一つしかない形のように思われている気が私はするのですが、結婚したり戸籍を一つにして作り上げるのはあくまで新しい家族であって、血の繋がりからくる親子というのはまた別の家族、それが私の考える家族というものです。

    ユーザーID:5265894632

  • 家族とか介護とか。

    家族のはっきりした定義が無ければいくら考えても答えが出ず、結局、人によって意識が違うという訳ですね。それはともかく、核家族という言葉が在る様に、例え別居していても家族には違いないんじゃないか?とも思います。少々理屈っぽくなりますが、家族の家というのは英語のハウスとかじゃなくて、何々家とかの家を言うんじゃないですか?結婚式でご両家とか言うように。となると、結婚して親の籍から抜け、別居しても息子は家族の一員なのかもしれません。妻の方は実家から見てどうなんでしょうね?実家に入り浸って独身娘気分が抜けない人とか、嫌になったら帰っておいでという親が少なくないので、やっぱり家族なんですかね?                                                   介護については、同居していながらいっさい手伝わないのは問題ありと思います。必ずしも法律通りには行かないし、苦しんでいる人を見ても無視するのは冷たい印象です。「介護は実子」という法律を掲げて、夫が別居している親の面倒で苦しんでいても、自分はテレビを見ながらせんべいポリポリじゃあね・・・。

    ユーザーID:1726255964

  • 家族じゃないと言えないこと

    トピ主様の気になっているのが、親に何かあったときに嫁はトピ主親を「家族」として支えてくれるのか、ってことであれば、奥様と十分話し合っておくことじゃないですかね。

    前レスでも書きましたけれど、一口に「介護」と言っても介護度によって負担の度合いも違いますし、自宅で介護するのか、施設にお願いするのかでも違います。

    私の父親は下半身麻痺で車いすになったため、施設を探して入所しましたが、最初に手術をしてくれた病院の医師は
    「家族が介護しないのだったら、手術しても無駄だ」
    と言ってました。
    「リハビリしてくれる良い施設を探すのも「介護」です。別に在宅で家族が世話をすることだけが介護じゃない。」
    そのような意味のことを医師に言って手術はしてもらいましたが、実娘だから強く出られたのであって、嫁だったらかなり言いにくい。
    それが赤の他人ってものです。

    もし、トピ主母親が車いすになり介護が必要になったらどうしますか?
    自宅で介護するのであれば、家の改築も必要になりますが、その費用はトピ主が出すのですか。親の貯蓄を充てるんでしょうか。
    同居介護していたとしても、家屋敷が親の名義であれば、相続は兄弟平等です。
    家を相続する代わりに貯蓄等の現金資産はすべて兄弟姉妹が持っていく可能性もあります。
    私の知り合いは、親と同居で介護しましたが家が都内だったため資産価値が高く、親の貯蓄だけではなく、自分の貯蓄も全部相続で持っていかれました。

    介護って時間と労力の問題もありますが結構お金の問題でもあるんです。
    奥様としっかり話し合い、夫婦の考えをすり合わせ、親兄弟と交渉するのがトピ主様のお仕事。いい機会なので、相続とか扶養義務についても調べてください。

    ユーザーID:9912376847

レス求!トピ一覧