• ホーム
  • 子供
  • 保育園の生活発表会 目立つポジションは同じ子 駄

保育園の生活発表会 目立つポジションは同じ子 駄

レス45
(トピ主1
お気に入り86

妊娠・出産・育児

まみこ

レス

レス数45

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 50年前の話しで恐縮ですが

    自分が保育園年長の時は、ベテラン担任の意向によって催し物は常にセンターポジションにいました。戦前より政令指定都市内の区ではあるものの文教地区ではなく、昭和一桁の親たちの教育水準が高い所ではなかったので(旧制中学、女学校にさえ行ってない人が多数いるような環境)、おそらくその集団の中ではうちの家庭は利発であると認識されていたのだと思います。当時は親がクレームをいうなんてことありえないしね。母に聞くと大昔は担任が級長を勝手に決めてたっていうらしいし。年中のときは若い保育士が担任で、その人には冷遇されましたよ。人によって色々だなと子供心に思いましたけど。

    その後引っ越した所で小学四年の時、学年の半数の人が音楽(楽器演奏)半数の人が劇に参加する文化祭?的なものがあったのですが、劇を選んだ私は当然のごとく目立たない後ろの方で歌を歌うという役を仰せつかりました。同じ境遇の児童たちと「どうせ勝手に目立たたい、おとなしいって思われてるもんね」となぐさめあっていたのですが、そのポジションすら外され最終的には私を含め十人近い人が「舞台で歌う人も多すぎるから、あんたたちは舞台の袖で歌ってなさい。」と言われたのでありました。

    その劇が評判がよく区の賞だがなんだかを取ったらしくある会館で講演をしたのです。私たちももちろん袖で一生懸命歌いましたとも。劇が終わった時に司会進行の方(学校関係者ではない司会を生業としてる人だと思う)が会場に向かって「見えないところで一生懸命歌を歌ってくれていた子供たちがいます。」と言って一人ずつ舞台の真ん中へ導いてくれたのです。 輝かしい光のなかで生きることだけがすべてではない、どの場所にも大切な価値がある、そしてその価値を大切にできる大人にならなければと思った出来事でした。 いまでも忘れえない思い出です。 

    ユーザーID:8349887442

  • 最終的には子どもがどう思うか…ってところだと思うけどね

     子どもがまだ幼児期だった頃は確かにそういうのはありましたけどね…

     うちの子は、諸事情にて小学生2〜4年生まで目立つポジションに立たざるを得ない局面が多々ありました。5年生になり、その役割から開放されました。2〜4年生までは表情こそ苦しそうではなかったものの、役割を必死でこなしていました。5年生になり、役割から開放されたうちの子は、今のほうがよほど輝いていますし、笑顔もとても増えました。

     役割が彼を成長させた部分も確かにありますが、今思えば、それは大変な負担だったのだと思います。目立つポジションが向いている子もいれば、うちのように不向きな子もいる。そういうつもりはなかったのですが、親もどこかしら目立つポジションの役割を嬉しく思っていた部分もあったので、今思えばとても彼には気の毒だったなと反省しています。


     子どもが本当にやりたいと思えば、そういう役割はいずれ回ってくるだろうし、そうじゃなければ、縁の下の力持ちして力量を発揮していくでしょう。最終的には子どもがどう思うかってところだと思うのですが。

    ユーザーID:1904978716

  • 乾燥肌さま

     良いお話をありがとうございます。感動しました。

    上手く言えませんが、良い経験をなさいました。

    ユーザーID:6276090707

  • 気持ちはわかるけど・・・

    能力の差ってどうしてもありますからね、大事な役は同じ子になっちゃうことが多いと思います。特に保育園や幼稚園なんて出来る子と出来ない子の差が大きかったりするし。

    トピ主さんのお子さん、かぐや姫だったのでしょう?あの子がかぐや姫なんてモヤモヤと、トピ主さんがそのママ友さんの娘さんに思っているのと同じ感情を思っている親御さんもいるかもよ?その他大勢の役もあったでしょうし。

    ユーザーID:6874847463

  • うちの保育園は

    一人一人きめ細かく役が決められてるわけではなく、3パターンあって、体が大きくってお姉さんっぽいグループ、踊りが上手なグループ、その他、みたいな感じで劇とかやってましたね。

    いつも同じ子というよりは、やっぱり4月とか5月生まれの女の子で体が大きい子は何をやっても人より上手だから役割は多いかもしれませんね。

    でも保育園のお遊戯会なんてどうでもいいです。見られればみんな満足ですよ。
    見えないポジションにずっと立ってる子もいないですからね。

    ユーザーID:5206814451

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • しょうがないかな

    上の子は目立つポジションで、下の子は主さんのお子さんのように目立たないポジションでした。
    仕方ないと思います。

    下の子が目立つポジションをしてもセリフはろくに覚えないし、本番では緊張して歌なんて途中で止まりそうだし。

    何人かが言っていますが、小学校中学校はもっと差が歴然としますよ。

    とくに音楽会は難度の高い楽器、花形のピアノ伴奏は6年間同じメンバーと言っても過言ではありません。
    選ばれるのは器用で才覚がある、集中力がある、そして先生の話をちゃんと聞く。
    上の子はかろうじてそのメンバーに入っていましたが、下の子は6年間リコーダーかピアニカでした。

    でもね、その方が難易度の高い曲を選べるので盛り上がるんです。

    ただし小学校の運動会は違いました。
    皆、平等に重役をするという感じです。

    選抜リレーの選手に選ばれたら、応援団に立候補することができません。
    応援団のメンバーは、騎馬戦などの大将はできません。

    私が小学校の時は6年生で2人ほどヒーローがいて、リレーのアンカーと応援団長と騎馬戦の大将もして、下級生たちは憧れの目で一丸となった記憶があるのですが。

    皆がまんべんなく主役になれるよう配慮された結果、とっても平坦な盛り上がりです。

    ユーザーID:9070351443

  • 目立つのが苦手な子の母です。

    トピ主さんのお子さんは、どういうタイプですか。親は皆、我が子をなるべく見やすいポジションで見たいのは、同じかもしれませんね。特に小さいうちは。
    でも、子ども自身は様々ですよ。うちの子は、本当に目立つのが苦手な子でした。保育園や学校の劇では、セリフが少ない脇役が本人の希望。合奏や合唱では、後ろの方が落ち着くらしいです。前列は緊張して歌えないと。

    無理のない配役、安心できるポジションだからこそ、発表会や音楽会を楽しめたようです。脇役でも、その他大勢でも、本人が楽しいのが一番ですよ。

    そんな我が子ですが、小学校高学年であるスポーツに出会いました。そのスポーツでは、目立ちたい欲が出てきたようです。カッコいいプレーをしようとしたり、花形ポジションを狙ったり。あまり才能はないようですが、競技中はキラキラしてます。
    ただ、試合に出られて嬉しい反面、大事な試合で大事なところで失敗する我が子を見ることもあります。居たたまれないです!ハラハラ、ドキドキです。
    発表会で目立つお子さんの保護者も、ハラハラ、ドキドキしているかもしれません。

    トピ主さんのお子さんも、いつか何か輝けるものに出会えるのではないでしょうか。その時には、目立つゆえのハラハラ、ドキドキをトピ主さんも味わうかもしれません。

    ユーザーID:6462774199

  • トピ主です

    今までお返事せず申し訳ありません。

    ママ友自体は先生方や保護者とフランクに話せるタイプです。

    皆さんの仰る通り、ママ友の娘さんは年長さんの演目全てを覚えているタイプ。他の学年のダンスも粗方記憶しており、踊れるようです。私の娘は目立つポジションに行きたい気持ちはあるものの、緊張して動きぐぎこちなくなるタイプです。適材適所、その通りですね。

    保育園外でのママ友の娘さんは、甘えん坊でママにべったり。スキンシップ過剰じゃないかと思うくらいベタベタしていて、クラスで中心にいるタイプには見えません。うちの娘の方が自立しているくらいなのに、内と外でキャラを使い分けているのですね。

    先日、保育参観がありました。ママ友の娘さんはお当番さんでした。偶然なんでしょうが、3人のお当番さんの真ん中でした。

    ユーザーID:2056818586

  • トピ主さん、ちょっと怖いです

    > うちの娘の方が自立しているくらいなのに、内と外でキャラを使い分けているのですね。

    保育園児が「キャラを使い分ける」とか器用なことを考えます?
    園で目いっぱい頑張るから疲れちゃって、その分、園外でお母さんにベタベタ甘えて
    エネルギー補給してるだけでしょうに。

    保育園児の発表会でそこまでモヤモヤして、幼児の他愛ない行動さえ先入観で
    見てしまうようだと、学校に入ってからはさらに辛くなりかねませんが大丈夫?

    自分の学年の演目をすべて覚え、他の学年のダンスも踊れるような記憶力のいい
    お子さんだと、学校に入ったらお勉強で目立つようになる可能性が高いです。

    その時に「良い成績を取って目立とうと家でビシビシ勉強させてるんだろう」
    とか余計な妄想を抱きませんように。

    ユーザーID:6982179877

  • どっぷり甘えてるから、自信がつくんですよ

    子供がいない立場なのですが、仕事柄多くの幼児と触れ合うので発言いたします。

    >保育園外でのママ友の娘さんは、甘えん坊でママにべったり。スキンシップ過剰じゃないかと思うくらいベタベタしていて、クラスで中心にいるタイプには見えません。うちの娘の方が自立しているくらいなのに、内と外でキャラを使い分けているのですね。

    公の場で自信を持って堂々と振る舞えるお子さんは、そのほとんどが家庭ではどっぷりと甘えています。
    十分に甘えられ、認められ、受け入れられる場所があるから、社会の荒波で揉まれても平気なんです。

    キャラの使い分けなんて必要ない、それが自然なんです。

    それだけは世のお母様方に知っておいていただきたいです。

    ユーザーID:4188201327

  • 保育士も色々

    前に勤めていた幼稚園での後輩は
    気に入った子を主役にしたり
    「先生、先生〜」と良くしてくれる親の子を主役にしたりと
    酷い贔屓をする人でした。
    主任や園長も
    その後輩の親と繋がりがあるようで、黙認していました。

    発表会の当日に失敗があり
    学年が違う先輩が「いくら可愛くてもセリフや踊りが中々覚えれず、本番に間違えてあたふたし、他の子に迷惑がかかったり
    せっかく我が子のビデオを撮っているのに、その子のせいで中断したりと、保護者ががっかりしてお帰りになったでしょう。
    そんなのダメだよ」といっても
    次の年にまた、劇が中断…となり
    苦情の雨嵐でした。
    主任、園長は対応せず…
    大変でした。

    贔屓する先生
    平等な先生。

    トピ主さんのお子さんの先生は
    きっと贔屓する先生なのでしょうね。

    ユーザーID:9762404284

  • 自分の世界を持ってね

    子供と自分の境界線があいまいだと、
    子供の評価が自分への評価だと勘違いしてもやもやしちゃいますよ。

    保育園児に対して「キャラを使い分けている」なんて、
    大人が大人を見る視線ですよね。
    相手はキャラをつかいわけられるほど発達していませんよ。

    駄といいつつ、かなり本気なのではないでしょか?
    自分を怖いと思いませんか?

    えらそなこといいつつ、私もこういう気分になることありますよ。
    でもね、そうなったら自分にいいます。
    それは違う。
    そして我が子の顔を見ます。
    我が子ががんばっている、楽しんでいればOK!
    他人と比べるのは地獄のはじまり〜。

    子の劇の配役などで一喜一憂している人を見るたびに、
    私は自分の世界を大事にしようって思う。

    ユーザーID:3858905790

  • セリフも踊りも覚えてるから、贔屓じゃない

    雪うさぎさんのレスを読みました。雪うさぎさんが遭遇した保育士は贔屓する保育士かもしれませんね。
    >セリフや踊りが中々覚えれず、本番も間違えて
    こういう子に何度も大役を与えてしまうのだから。
    一方このトピの子は、セリフも踊りも覚えが早く、本番も立派にやり遂げています。このトピの保育士は、贔屓ではなく実力主義なのでしょう。あまりに実力主義すぎると、保育園の行事としては少し違和感があるな…とは思いますが。

    話しは変わりますが、トピ主さん。子どもが親にスキンシップを求めるのは、自立とは関係ないと思います。登園の時にママ友の離れないとか、ママとしか遊べないなら困りますが、そうではありませんよね。
    ママと離れても幼稚園では甘えずしっかり活動している。いい意味で内と外を使い分けるのは、社会性が発達しているからです。

    使い分けでも、逆は困ります。ママの前ではいい子で、幼稚園では我儘。家ではできる事も、幼稚園ではやらない。これでは自立には時間がかかりそうですし、良い子のうちの子がどうしてセンターじゃないの?と親は不満でしょう。

    トピ主さん親子はそうではなく、発表会でいつも目立つママ友の子が、ちょっと羨ましくなってしまっただけでしょう。トピ主さんのお子さんも、良い所や出来る事が色々とあるでしょうが、それが幼稚園の発表会向きではなかっただけ。
    小学校になったら、もっと色々なことに出会います。作文が上手とか、授業中に発言できるとか、マラソン大会で上位に入るとか、幼稚園までにはなかった活躍の場があります。お子さんが活躍できる事がきっとあるはず。低学年ではまだ発揮できなくても、高学年で、中学校で発揮できる子もいます。うちの息子も、ちょっと注目され始めたのは高学年からです。
    焦らず、我が子の良いところも、お友達の良いところも、受け入れて見守れたら良いですね。

    ユーザーID:6462774199

  • 見るところは舞台の上じゃない。

    我が家の娘が通う園は劇などはやらず、皆が同じことを発表するといったスタイルです。
    それでもと言いますか、だからこそと言うべきか、一人一人の能力がよく見えてきます。

    娘はできる方ではありません。
    というか、いちばん出来ない方です。
    ですが、見ていた親達は以前より大分成長した娘にいちばん感動させられ、涙まで流してくれたのです。

    私が娘を見て学んだことは、なにが出来るとか出来ないとか そんなことじゃないんだ…ということです。
    今の時代、子どもに小さい頃から ひらがなが書けた、英語ができる、足し算ができる…
    『できる』『できない』そればかりを求めすぎているように思えます。
    それより、頑張ろうとしている姿勢、練習している姿、楽しんで取り組む姿勢をもっと見てあげませんか?

    そこを親が見てあげられているなら、舞台の上の子どもの姿を見る 親の姿勢も変わるはずだと思いますよ。
    そして、そういう時は我が子じゃない子も大人の温かい目で見てあげてください。

    これから小学校に行くようになると、嫌でも結果で評価される事ばかりになっていくと思います。
    だから、園にいる間は子どもが楽しんでいた、頑張っていたという過程に目を向けてあげて欲しいなと思いました。

    ユーザーID:6347281131

  • もう、妬みが入ってて、危険

    >保育園外でのママ友の娘さんは、甘えん坊でママにべったり
    聞いたことありませんか?幼少期にシッカリ甘えられた子ほど上手に自立するんですって

    >うちの娘の方が自立しているくらいなのに・・・
    実際の発表会では
    >緊張して動きぐぎこちなくなるタイプ
    なんでしょ?先生の選択に間違いなかったですね。

    >内と外でキャラを使い分けているのですね
    妬みもここまで来ると酷いね。娘さんの実力不足を認めなよ。

    >ママ友の娘さんはお当番さんでした。偶然なんでしょうが、3人のお当番さんの真ん中でした。
    お友達に頼られてると、自然と真ん中にはなりますよね。
    幼稚園児を相手に温かい目で見られない保護者って・・・怖いですね。

    ユーザーID:7379070924

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧