叱らない育児に変更しようかな

レス44
(トピ主2
お気に入り147

妊娠・出産・育児

毎日かあさん

言うことを聞かない年長男児に手を焼いています
私は私で真面目な性格なので、きちんとやらないと次へ進めない性格です
例えば、食事のマナーや朝の準備、物のやりっぱなしなど本人にちゃんと自分で出来るようになってもらいたいので
出来ていなければ注意をして、きちんとできるまで見守っています
この長男、6年の付き合いで分かったのですがやってはいけないと言われるとやりたくなる
やめなさいと言われるとやめたくなくなる性格のようで、ここ最近は何度も言い聞かせているうちにこちらの気持ちがかき乱されて声が大きくなることもあります
それを見た母や義理の母が、子供が辛いのではないかと言ってきます

私もだんだんと冷静でいられなくなる自分が嫌で、子供と話し合いを重ねてきましたが男児というものは約束などあってないようなもので
このまま行けば私と子どもの仲が悪くなっていくのではないかと懸念があります。子供にも伝わり母は僕を信用していないからという思いも抱かせそうです。私はそんなのは親として不甲斐なさすぎます。

ここで思い切って、叱らない育児に変えようかと思っています
今まで叱ってきたこと全て、正解を言うだけ言ってあとは本人の好きにさせたいと思っています
失敗を経験させて、本人が反省するのか、それともこのままでいいと切り捨てるのか取捨選択を子供自身に任せてみようかと
恐らく、痛い目にも合うでしょうし、世間に迷惑を掛けることも増えるのかもしれませんが
一番の目的は、私が子供を信じて、認めること、子供扱いせず、強制しないこと
自分のエゴで子供を理想通りの人間にしようとしないこと、自分自身の意識改革の為です

叱らない育児に関してのアドバイスや、私のように途中から変えたことの成功例、失敗例などもしお持ちでしたら教えていただけると有難いです。

ユーザーID:7174151961

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数44

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ぶれるのが一番良くないような・・・

    子供が困惑しそう?

    ユーザーID:6444526343

  • トピ主さんの叱らない育児は

    トピ主さんの叱らない育児は、ただの放任、放置なのでやめてください。
    周りが迷惑です。
    叱らない育児、教育は子供の好きさせてやりたい放題を見守るものではありません。
    いきなり、方針転換したら、息子さんも戸惑うけど、うるさく言われなくなり現在より酷い状態になった時に修正がききませんよ?
    人間は楽ほうに流されますからね。
    下手したら息子さんは友達からも嫌われる可能性が高いですよ?借りたものを返さないとかでね。
    親子で周りから嫌われる可能性もあります。

    実践したいなら、
    ちゃんと叱らない育児の書籍を何冊か読んで、叱らない育児とは、どんなものかを学んでから実行してください。
    正直、叱らない育児は正解を言って放任する育児じゃないです。
    トピ主さんは真面目なら勉強してから実践してください。そのほうが、トピ主さんも迷わなくてすみますよ。
    書籍は一冊ではなく数冊読んで、息子さんに合った言葉かけを見つけてください。
    押してダメなら引いてみろといいますが、今のトピ主さんの言葉かけが息子さんに響かないんだから、本を読んでヒントを得てからやらないと効果ないですよ。

    ユーザーID:2064154161

  • 100か0か、極端な思考であるのは同じ

    100か0かという極端さ、両極端に走る思考であって全く変わらないでしょう。
    意識改革になっていませんよ。

    >恐らく、痛い目にも合うでしょうし、世間に迷惑を掛けることも増えるのかもしれません

    痛い目で済むでしょうか。もし交通ルールを守らなければ、最悪亡くなったり、大きな障害を負うかもしれません。
    やはり全面的に叱らない育児をすれば、お子さんのみならずトピ主さん自身も痛い思いをするでしょう。

    意識改革というのなら、両極端に走りがちな感覚を自覚して気をつけることでは?

    ユーザーID:5569496304

  • 急な方針転換は子供を迷わせるだけでは?

    子どもは子ども扱いすべきかと思います。大人とは違うんですから。

    また、世間に迷惑をかける前提なのが些か厚かましい姿勢かと感じます。

    ユーザーID:0241435344

  • 参考にはならないと思いますが・・・

    長女を叱らない育児で何でも見守ってきました。
    あまり手を煩わせない子でしたので、叱らないでもすんだところが
    あります。
    妹はやんちゃなところもあり、
    親にもそんな余裕がなく適当に叱っていました。
    妹のほうが育児が大変だったと記憶しています。
    結果、長女は優秀ですが
    人に叱られた経験が少なくて、かなりな臆病者に。
    社会人になってから、パワハラ上司にすぐやられて心療内科の
    お世話になりました。
    妹はスルーする力、言い返す力ともにあり、放っておいても
    大丈夫な雑草のようなところがあります。
    生まれながらの性格もありますが、環境は親が与えます。
    叱らない育児でいくなら、子供が傍若無人で周りに迷惑をかけたり、
    万能感が強くて独りよがりにならないように
    注意してあげればいいのかもしれません。
    個人的には適度に叱られる経験は子供には必要だと
    思います。

    ユーザーID:2492084833

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • あなたの問題

    必要な単位をとれば誰でもなれる認定心理士ですが、

    実母や姑がつい口を挟みたくなるんですよね。

    子供の問題というよりあなたの問題ではないでしょうか。
    躾として必要事を必要な形として叱ることと、自分のきちんとやらなければ次へ進めないことの押し付けは、あなた自身の中で分けなければなりません。

    具体例がないので、想像でということになりますが、看過してもよいやってはいけないことと、絶対にやってはいけないことをちゃんと分けていますか。

    言うだけ言ってあとは放置するのは、育児放棄です。言うだけ言ってあとは任せることと、絶対に力づく手も止めらせることは明確に分けなければいけません。

    いずれにせよ、子供の発達としては書いてある範囲では異常は感じません。むしろ問題はあなたが、親としては未熟、親になり切れていないと感じざるを得ません。
    まず、母、姑に自分の育児がどう問題なのかできうる限り言語化してもらい、それについてあなたの反省も含めて議論してください。
    繰り返しになりますが、書いてある範囲では子供はカウンセリングの必要はないと思います。

    ユーザーID:7704305393

  • レスします

    >自分のエゴで子供を理想通りの人間にしようとしないこと、自分自身の意識改革の為です。

    なんか、大袈裟だなあ…。
    ちょっと色々、様子見して、臨機応変にすればいいじゃないですか。
    なんでいちいち、これから一生こうする!みたいな宣言書で、ガチガチに自分や子供を縛ろうとするのかよくわかりません。
    あなたの想像する理想の世界なんて、小さなものです。子供は未知です。
    子供がもたらす外部の世界ももっと広いです。
    学ぶ姿勢でいた方が、良い事が広がると思います。

    ユーザーID:0067988928

  • 親の言うことを聞く子

    叱らない育児、トピ主さんには無理じゃないかなぁ。
    息子さん、確かに苦しそうですね。
    こまごまとルールを教えたり躾をするより、「親の言うことを聞く子」に育てることに重点を置いた方が楽ですよ。
    私は自分がきちんとするのが面倒だったので、小さい頃にとりあえず親の言うこと、先生の言うことは聞きなさいで育ててきました。
    結果手のかからない子に育ちました。
    中学生の今は放置で安心出来る子です。
    こちらが指示するようなことはほぼないです。
    小学生ぐらいから「自分で考えなさい」という機会をどんどん増やしていったので、自分で考えたり、自ら行動することも出来ていると思います。
    いろいろ夢があるようなので、あとは応援するだけです。
    ちなみに犬の躾も面倒で、「ダメ」だけわかるようにしたら、すべて「ダメ」で制御できる犬に育ちました。

    ユーザーID:3019529653

  • いまやってます

    叱らないっていうと、表現がちょっと違うかも。
    いままでのところ、さんざん注意し見守り指導し、
    そして限界突破で声を荒げてしまうところ、私も同じです。
    四歳半まではそんな感じできて、
    5歳になったところのいまは方向転換です。
    というか、子を信じて、上からの目線をできるだけやめるようにしたところです。
    まず絶対に絶対にしてはならないことは、いままでの経験で子供は知っているはずです。
    そして絶対に、な事柄については、今でもがっと制止を入れます。

    できてほしい、できた方がこどものため
    と、
    親の私が思ってたこと
    については、もうさんざんさんざん言ってますので本人もわかってるはずなのでまずみまもり
    脱線してたら声かけします。
    でも、声をあらげるとこまで行かなくなりました。
    そう、ほんとにわかるためには、本人がいたい思いをする他なく、それもだいじな経験ですもん。
    声かけはする、考えさせる、そして本人の選択行動に任せる。
    そうした結果、
    意外に、良くはなっても悪くなってないです。


    これはしちゃいけなかったこと
    でも興味や気分のノリが勝ってしまってやっちゃったり
    (ものすごい真面目と言われる私自身の性質上、そんなのべつに全然大したことじゃない、なにが問題なのかと、周囲には言われるような事柄ですが)
    そういうことだってありますが
    ちゃんと本人が振り返り反省を自らするようにもなりました。

    叱らないのと、誉めないのもしています。
    なにかできたときに誉めない、共に喜び、努力を称え、感心、感動します。
    良くできたねえ、偉いね
    などの誉めた時よりも100倍嬉しい笑顔が見られますよ。

    ユーザーID:2247848661

  • 叱らない育児は、別の大変さが待ってる

    叱らない育児でも
    >世間に迷惑を掛けることも増えるのかもしれませんが
    これはNGです。
    だから、行けない場所も増えますし、家族みんなで我慢することが多くなります。
    外食がNG、大人しくしないといけない映画などは断る事になりますし、習い事もものによっては辞めないといけません。
    叱らない育児は、決して楽じゃありませんよ。
    気まぐれで始めないで、本当に、叱らない育児とはどういうものかを調べてからにして下さい。
    今のまま、ただ叱らなければ良いんじゃありません、家族そろって制限が増えます。

    叱る状況を作らないということが大事なんです。
    朝は時間がかかるので、今まで以上に早起きして、出かける時にはかなりの余裕を持って準備時間を取るんです。
    1日に入れる予定も少な目で、後半は実現できないかも知れない覚悟も必要です。
    幼稚園に行く準備を自分でさせる、一緒にチェックする、年長さんでも、入学しても、ずーーっと付き合う覚悟がいる
    叱らないけど、優しく教え続ける必要はあって、友達より早く出来るようにはならないので、焦ってもいけません

    叱らない育児じゃなくても、親が感情的になって怒鳴るのは、躾じゃありません
    ビシッと言う必要はありますが、感情的にガンガン怒鳴っても身になりません
    端的に分かり易く、ビシッと叱るのは良いと思います。
    急に叱らない育児を始めても、もう年長では意味が分からない可能性があると思うし
    母親のキャラが向いていない場合もあると思います。
    散々、叱り飛ばして置いて、急な叱らない育児に、子供が付いて行けると思いますか?
    私は難しいと思います

    感情的になりそうな時、一呼吸置く工夫を考えた方が良いとは思いますが
    今の延長上で良いと思います。

    ユーザーID:5974111027

  • 叱られる=構って貰える なのかも

    出来ていないときは注意して見守るって、見方を変えると出来ていないと構ってくれて出来たらほっとかれる、って事ですよね。
    ダメって言われた事をすれば、構って貰える、そう学習すればやりたくなりませんか?

    私は問題行動には短く叱って、後はほっとく。
    好ましい行動にときは大いに構う、がいいと思いますがね。

    それに正解を教えているばかりでは本人は考えないのではないですか?
    時には質問して考えさせないと。
    理屈が理解できれば改善する事も多いと思います。

    そして、子供は言う事聞かなくて当たり前だと思います。
    人格のある人間だから。
    言いなりになっている様では先が思いやられると思いますよ。

    ユーザーID:2193060976

  • まさに試し中

    トピ主さんと同じような感じです。
    私も根っからの真面目、きちんとマナーなども含め躾けてきました。

    でも思春期も始まり難しくなり自分の対応に悩みました。
    それで最近、接し方をいい意味での放任主義に変えているところです。
    自分の判断に任せて責任も伴わせ経験させるような。

    それでも同じことを繰り返した際に子供に言われたこと、
    『厳しく煩いのも怖いけど、何も言わないのが逆に妙に怖い。』

    親って難しいですね…
    それならどう対応すればいいわけ??
    でもしばらくはこのまま様子をみてみるつもりです。
    勿論、目は離しません、口は抑えるように頑張るけど。苦笑
    まさに見守る、です。

    ユーザーID:1003549904

  • この本をお勧めします。

    かつて私も悩み、変更しました。
    その時読んだ本です。

    子どもを叱る前に読む本―やる気のある子に育てるには (PHP文庫)

    子どもの心のコーチング―一人で考え、一人でできる子の育て方 (PHP文庫)

    ユーザーID:3955630633

  • 人に迷惑かける場合は叱らないと・・・

    痛い目を見るのは本人の問題だけど、人様に迷惑かけるのを「叱らずにすきにさせる、黙ってる」のは親としてどうかと思いますよ。

    親の言うことにとりあえず何でも反抗したい子もそういう時期もあるでしょうけど・・・叱るのがダメなら目を見て懇々とお子さんが「わかった」というまで説明したらどうでしょう。やめなさいではなく「どうしてそうしたのかな」「○君がやられたらどう思うかな」とか、どうしてなんで?とお子さんがどうしてそういう行動をしたか、どういう気持ちなのか、お子さんの言動によって周囲がどう感じるか、というのを説明する。

    夫の叔母が叱らない子育てしましたが、いつまで経っても親離れしなくて、病気の叔母を気遣うことすら「分からない」子に育ったようです。夫の妹もあまり叱らない教育方針のようですが、家庭外で叱られるとすぐに萎縮する子になりました(元々繊細みたいだけど)。

    世間には迷惑かけないようにしましょう。家庭外で子どもが学ぶことも多いですが、最低限の躾けは家庭内でしましょう。そんなことも知らないの、普通親が言わない?とか、少し大きくなって言われたらお子さんもご両親であるあなた達夫婦も相当恥かしい思いをすることになります。成人してからは子どもの恥は本人のものですけど、それ以前は子どもの恥=親の恥、子どもがしたことに対して頭を下げるのは親じゃないでしょうか。

    ユーザーID:1411911698

  • 私も男の子と女の子を育てました

    とても人様にアドバイスなんて出来ないくらい悪戦苦闘と自問自答の日々でした。時には感情的になり怒鳴って、自己嫌悪に陥ったり。

    自分の感想を言うと男の子より女の子の方が育てやすかったです。もっとも女の子の方はオマセで口が立つので「可愛くないなあ」と思う事もしばしば。

    その上で言うなら叱らない子育ては間違いですね。人を傷つけたりする言動や差別的な事を言ったりした場合は厳しく叱らなければならないでしょう。

    食事のマナーは淡々としつこく教えた方がいいんじゃないかなあ。私自身は小学校の間は食事中は常に父親から「姿勢が悪い」「よそ見をするな」「肘をつくな」と言われ続けましたが今では感謝しています。根気が要りますよね。

    要するに行動を叱って、人格否定はしないのが良いんだろうけれど、口で言うのは簡単ですが行うは難しで、これは育児に限らず何事もそうだと思います。ウィニコットという医者の有名な言葉があります。「グッド・イナフ・マザー」直訳すればほどほどにいいお母さんですが、恐らく育児中に「やっていられるか〜」と思った時でも、まあまあお母さん業をそれなりにこなせるお母さんのことじゃないかなと思います。

    ユーザーID:1701540862

  • 男の子のしつけに悩んだら読む本

    子供が3歳です。
    靴を揃えたり、おもちゃの片付け、服を畳んだり着替えやトイレなど出来る事が増えてきました。
    基本的には冷静に言い聞かせ、誘導したり競争したり面白がらせたりして、促しています。

    でも急いでいる時や、何度も繰り返し言ってもしない時、
    本人が抑えられない事(とにかく外を歩くのが大変、スーパーの中でも大変)
    カッとなって怒ってしまう事があります。
    私自身口うるさく育てられ、かなり神経質なので、危険な事や家の中でのイタズラなども制止してきました。

    毎日毎日毎日、繰り返し何かしらで注意しなくてはいけないのって、
    親にとっても本当に本当にストレスですよね。
    でも集団生活に入るのだし、落ち着きの無い子だから本人がつまづかないように教えなくてはと煮詰まっていました。

    基本的には、子供の人格を尊重していたつもりでしたが
    最近、子供が私の顔色を伺うようになってきて(もともと繊細な子です)
    怒られる事にもショックを受けているようで、
    しつけの延長だとしても、キツく言い過ぎる事・怒鳴る事は悪影響だと良く分かりました。
    とにかく周りに迷惑をかけてはいけないと言う自分のプレッシャーを子供に押し付けていたと思います。

    厳しく言う、叱る事は必要ですが、それが本当に必要な場面って自分で思っているより少なかったのかなと。
    あとカッとなると怒っちゃうし、怒ってもあまり効果ない事が多いですし。

    私は叱らない育児をするつもりはありませんが、子供を抑えつける事はやめようと思います。

    どこまで変えるべきか(夫はそもそも放任主義)
    どう変えていくべきなど、まだ考え始めたばかりなのですが
    この前読んだ本が私にはすごくしっくりきました。
    原坂一郎さんの『男の子のしつけに悩んだら読む本』という本です。
    先輩ママさんなので、いまさら育児書という感じかもしれませんが
    私は読んで心の余裕が少し出来ました。

    ユーザーID:6019714558

  • 賛成です

    2歳女児を持つ男性ですが、子供は小さいながらも「これはダメな事なんだな」という事は認識していると思います。子供がそれを認識しつつ、それに従うか従わないかは子供次第だと思います。
    子供に世間の価値観を教えるのは親の義務だと思いますけど、それから先は子供の領域ですので、親は踏む込んじゃいけないような気がします。親は子供に正しい事を無理やりさせる事は可能ですが、そこまでしなくても子供が世間の価値観を持っているだけで十分な気がします。
    子供が成人して自立した時に最低限の世間の価値観が頭に入っていれば苦労なく生きていけるかなと言う気はしています。逆に世間の価値観を全く知らずに社会で生きていくのは不幸だと思います。

    ユーザーID:7847820559

  • 自分の欠点を直すつもりはないの?

    >私は私で真面目な性格なので、きちんとやらないと次へ進めない性格です

    これは大きな欠点ですね。
    真面目という割に、子供の発達や理解度についての勉強が不足しています。
    きちんと子供について理解していないのに、自分の要求を押し通そうとしています。
    他人をどうこうする前に、自分の欠点を見直さねばならないと思います。


    >例えば、食事のマナーや朝の準備、物のやりっぱなしなど

    こういうのは、お子さんが独立するまでに徐々にできるようになっていくものです。
    独立する年齢で100%できるようになっていると仮定して、グラフを書いてみるのはどうでしょう?
    0%をいつに設定するかですが、これは6歳です。
    子供が話を聞けるので言うことを聞くと思いがちですが、しつけが定着するには記憶力も必要です。
    男の子は特に記憶の定着は女児よりも遅く、5歳以前の記憶はないという男性は多いです。

    年齢に従ってトピ主さんの設定した目標のナンパーセントできているのかで判断したらいいんじゃないでしょうか?
    大学卒業の22歳を独立と設定するなら、残りの16年間で徐々にできるように。
    だから、8年後に50%できるようになっているのが目標。
    つまり、14歳で半分できていれば大成功。

    今は、「自分でできる」のは0パーセントでよくて、一緒にやればいいというところだと思います。
    一緒にできたら、たくさん褒めてあげればいいんじゃないでしょうか?

    一人目って、親の期待と目標が高くて叱られてばかりでかわいそうですね。
    次の子の時は違うんですよ。諦めがつくから。
    一人目の子が親にやられたのと同じように下の子を叱っても「小さいんだから仕方ないでしょ」「やさしくしなさい」ってかばってもらえるんですよー。

    お母さんは、小さい頃のあなたができなかったのを知ってるから、息子さんをかばってくれてるんですね。

    ユーザーID:8586143068

  • 何とも無責任な話ですね

    子ども自身に任せようかって、まだ6歳なんでしょう?
    そのまま暴走しちゃうのが関の山でしょう?

    信じて、認めて、云々かんぬんって、
    叱らない育児でも出来るでしょう?
    極端すぎますよ。
    無責任で空いた口が塞がりません。

    ユーザーID:0198363288

  • やめて

    「世間に迷惑をかけることも増えるかも」を
    前提とした「叱らない育児」はやめて下さい。

    「何でも経験させて覚えさせるの。叱ってやめさせたら
    自分で理解できないでしょ〜」と、子供が公共の場で人に迷惑を
    かけていても平気な顔をしている親がいます。
    「叱らない育児」を勘違いしている人です。
    このままだとトピ主さんもそうなりそうですね。

    トピを読んでいると、お子さんのためというより
    「叱っている自分のストレス」
    「叱っている自分と叱られる息子との関係の悪化」
    「叱っている自分への母や義母の批判」
    が理由のようにみえます。

    「叱らない育児」は「叱らなくていい育児」
    ではありません。親が楽になるためでも
    子供に好かれるためでもありません。

    叱る方が楽だけれど、あえて叱らない。
    理解させ、それとなく道筋をつけてやり、
    でも口や手は出さず、かといって目は離さず
    叱るべき時はびしっと叱る。
    必要なのはそういうことです。

    ただの「放任」とは違うんですよ。

    ユーザーID:0114723481

  • 親が叱らなくて誰が叱るのやら

    うちの子のピアノの先生が、
    「お宅の姉妹は、けっこう厳しくびしばしレッスンしても、全然へこたれなくていいね」と
    おっしゃってくださいました。
    「最近の子は、ちょっと注意しただけで、しゅんとしてやりにくいの」とも。

    そりゃあねえ、日常、わたしのほうが、はるかにビシバシ言ってるから・・・。
    でも、いっぱいはぐして、なでくりまわして、子どもたちは「お母さんと寝る!」って、布団の取り合いしてくれます。

    叱らない子育てって、家庭内有効?かもしれませんが、社会に出たら使えなさそう・・・ってお思います。

    ユーザーID:2135234710

  • 育児ではありませんが

    私の高校のときの担任が全く怒らない先生でした

    聞くところによるとその数年前まではきちんと生徒を叱ったり注意をしたりしていたのに、無力感に襲われて、ある時から授業をする以外は生徒に対して何も言わない、感情を表さない宣言をしたのだそうです

    生徒である私が感じたのは漫然とした不信感と不安感と親しみの無さ、やる気のなさ

    その先生の教科は興味も持てず内容も面白く感じませんでした

    叱らないことをその方が子どもの良いところを伸ばす、というのであればいいのですが、トピ主さんの場合は自分がこれ以上精神的負担を強いられたくないから

    つい、この先生を思い出してしまいました

    叱らないことが、本当に息子さんのためになると思いますか?

    息子さんに完璧を求めすぎてはいませんか?

    ユーザーID:1855712574

  • トピ主です

    色々とご意見ありがとうございます

    人様に迷惑をかけることは増えるとは思いますが、外で私のいる前で迷惑をかけそうな時はちゃんと阻止するつもりです
    ただ、これまでの躾も厳しかったので普段外で迷惑をかけることが殆ど無く、今後どうなるのかなという感じです。
    息子は弱い者に優しく手を貸したり、悪口やいじめなどしないのは私の躾関係なく持ってる性格だと思います。

    あとは子供は幼い頃から態度が大きく、メンタルが強いです
    人の顔色を伺う子供になるのではとよく言われますが、それが全くなく少しは顔色をを伺ってほしいものです
    怒られ泣いたあと、1分もしないうちに日常会話をして笑っているので、五分もするとどうして怒られたのかも忘れ同じ間違いを繰り返すほどです
    口調も大人びていてドライなので、たまにこの子は大人なんじゃないかと思うこともあります
    叱られるとものすごく反発しますが、逆に褒めたりおだてると何でもやってくれるので、大人と同じ扱いにしようかと思うのはこのためです

    ただ朝の準備は二時間半、夕飯も何も言わないと二時間を越えます
    ぼーっとしたり、遊び始めてしまいます
    1日になんどもそれで怒られてきましたが小学生を機に好きにさせようかと思い始めています
    ただこちらもなにも言わない訳ではありません
    相手が大人でもマナー違反は注意するのと同じで、言うと思います。ただ強制はしないと言うことです

    小学生になってからの躾ってこれまでより難しくなるんでしょうか
    もう言うこと全部言ってきた感じがしていて、それより言いすぎて耳にタコでまったく聞いてないなと感じるので、
    大きな声を出すとからなず聞きますが、親としては疲れますし周りから言われると虚しいですし
    もう今まで通りはやめようかと思っています

    ユーザーID:7174151961

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 賛成です

    「子どもが気付くまで言い続けるのが"しつけ"。やる時期は子どもが決める」と言っていたのは佐々木正美先生でした。(子どもへのまなざし著者として有名な精神科医)
    「しつけ第一になりすぎて子どもの自己肯定感をつぶさないで」と言っているのは親野智可等さんです。(元小学校教師の教育評論家)
    尾木ママも似たような事言ってますよね。(教育評論家として著作多数)
    教育の専門家が皆口を揃えて「叱るな」と言うのですから、間違いないと思います。
    "しつけるな"ではないですよ"叱るな"ですよ。
    親はしつけを放棄するのでなく、「怒ってしつけること」を放棄すべきです。
    私も母親ですから感情的になることがありますし、感情的になる気持ちとてもよくわかります。
    でも子どもに接する基本的スタンスとして「怒らない」というのは覚えておいた方がいいです。
    この先どんどん大きくなって、親子の会話がなくなってくる。
    その時に愚痴を言ってくれるような関係性になっている事こそが大事であって、またこんなこと言うと叱られるかなーと思われては親の存在意義がないと思いませんか?
    きっとよかれと思って叱っているのでしょうけど、ちょっとだけ方法を変えてみましょう。
    先に挙げた方たちの本もとても参考になりますよ。
    具体的な手法なども書かれているので育児書を手にとってみてください。
    (例:走るな!と禁止せず、歩いて!とお願いする)

    ユーザーID:0024033455

  • 方針を変えると、しばらく大変ですよ

    保育士ですが、入園する子は家庭の育児から保育園の方針へ「育児変更」をするようなもので、何度も経験しています。保育士は優しい人が多く、厳しい家庭から来る子は、ほとんどが園でやりたい放題。園の方針に慣れるまでかなりの時間がかかります。

    でも、子供がその新しい育児に慣れれば、違う結果になる可能性はあります。今の育児法で効果がないなら、変える価値はあるでしょう。ただし、親はかなりの忍耐力が試されます。躾の変更で大事なのは、親がブレない強さを持つことです。
    園でも、あまりのひどさに厳しい先生に変更したり、親の方から厳しい先生に変えてくださいって言われることがあります。それほど、躾の変更は難しいです。でも、それを乗り越えた子は、確かに何かが変わります。トピ主さんの目的を子供にもしっかり伝えて、親子で頑張ってください。保育園等に通っているなら、園と方針を統一するのもいいと思います。家の外で何も問題がないなら、悪いことはちゃんと分かっていて、家では甘えたいだけだと思います。大人も一日中気を張っていたら疲れますよね。大人も子供も家ではダラーっとしたいものです。

    ユーザーID:6248951787

  • いいと思います

    子供時代に大声で叱られると脳に影響出る説もありますからね。
    主さん自身も大らかになった方が、精神衛生上いいのでは。

    ユーザーID:0636531893

  • 頑張っていますね

    わんぱく君の育児を頑張っていますね。

    >怒られ泣いたあと、1分もしないうちに日常会話をして笑っているので、五分もするとどうして怒られたのかも忘れ同じ間違いを繰り返すほどです

    これはどうして怒られたかを本人が理解していないから。
    息子さんにしたらナゼか分からないけれどお母さんが怒っているから泣いて謝っているだけです。
    しっかりと怒った理由を説明して本人にも確認してみて。

    >ただ朝の準備は二時間半、夕飯も何も言わないと二時間を越えます

    これはこれでいいじゃない?
    幼稚園に遅刻しないように早く起きてやればいいし、夕飯は遊び食べでなければユックリさんなのかと。

    それからお母さんの自己分析が
    >私は私で真面目な性格なので、きちんとやらないと次へ進めない性格です
    とありますが、いささか疑問を感じます。
    トピ主さん、ご自分の書いた文章を読み直しましたか?
    句点があったり無かったりで非常に気持ちの悪い、落ち着かない文章です。
    文の終わりには「。」をつける、これは当たり前の事です。
    本当に真面目できちんとした人ならば、きちんと句点を使うはず。
    トピ主さんの自己評価はもう一度見直した方がいいです、トピ主さんの「きちんと」は世間のきちんとと合致していますか?

    ユーザーID:5444902164

  • レス見たけど

    >ただ、これまでの躾も厳しかったので普段外で迷惑をかけることが殆ど無く

    最初と言ってること全然違うじゃん。

    ユーザーID:9542690378

  • コーチングは?

    最近コーチングという育児方法の講演会を聞きました。
    とても具体的な例をあげていて、トラブル時にどうしてダメなのか、どうやって伝えるか、子供に丁寧に説明する方法でした。

    例えば宿題をさっぱりしようもしない時、朝の準備をしない時、兄弟喧嘩をした時、などなど。

    子供が問題行動した時に子供自身にそれは損する行動だよと気づかせる方法、かな。
    良いことした時の褒め方などもありました。
    ただ放置したり、むやみに誉めたりおだてたりするのではなく、親も言い方を替えたり子供に丁寧に何故いけにいかを説明したり、手間はかかりますが、確実に子供自身のためになる方法だなと私は思いました。

    将来子供にどんな大人になってほしいかを想像して、そのための土台作りだと思って、今はすぐに効果がなくても諦めないことが肝心だと思います。

    詳しくはネットで調べてみてください。
    主さんの性格にあっていると思います。

    ユーザーID:1660623773

  • 遅刻前提?

    >朝の準備は二時間半、夕飯も何も言わないと二時間を越えます
    >小学生を機に好きにさせようかと思い始めています

    例えば朝7時半に家を出れば間に合う場合、準備に2時間半掛ることを見越して朝5時に起こすのですか?それとも通常ならば準備が間に合うであろう6時半くらいに起こして遅刻しても好きにさせるのですか?

    小1の最初から遅刻続きだと小学校生活に馴染みづらかったりお友達ができづらかったりしそう。

    ユーザーID:5677568386

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧