私のミスじゃないのに…

レス34
(トピ主0
お気に入り35

キャリア・職場

事務員

トピ開いて下さりありがとうございます。愚痴ですが付き合ってください。

私の職場は解体業で、社長と私と現場員です。事務関係の事は社長と私だけです。

先日社長から「俺も口頭で伝えたけど念のため○○さんにメールで12/22から12/28の日・祝除く日にお願いしますと送っておいて」と言われたので、
その場でメモをとりメールを送りました。
先ほど社長から電話で「22日からってメール送ったべ!確認して」と言われたのでメールを確認して、確かに22日からと送っていました。
すると「21日からって言ったじゃん!ちゃんと確認しないと駄目だよ!大人が何人も動く事なんだから大問題だよ」と…。
メールを送るように言われたのが数日前だった為私も記憶としては確実ではなく、メモした紙が手元になかった為ごめんなさいと謝り電話を切りました。
その後メモを探し再び確認したところ、22日〜28日としっかりメモしてありました。
つまり社長が間違えて私に日付を伝えていて自分のミスなのに私のせいになっているという事です。
電話中にメモをすぐ確認できていれば「社長が22日からと言っていました」とすぐ言えたのにと思うとイライラが収まりません。

今までにもこのような事は何度もあり、その度に状況によっては社長が言っていましたと言い返す事もあったのですが、
私と決めつけられて、社長自ら言った事を覚えてない事が多いのです。
働いていると、こういう事って少なからずありますよね?
皆さんはこういう時どうしてますか?
私の職場は社長か私しかいないので、上司や部下、同僚のミスという状況とは少し違うかもしれませんが教えてください。

社長が事務所に戻ってきたらまた怒られるんだろうな…
今更言い返しても仕方ないので、我慢するしかないですよね。
辞められるなら今すぐにでも辞めたいです。

ユーザーID:5829002302

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数34

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 復唱しないんですか

    聞き間違いという事もあるので、確認で復唱するのが普通だと思います

    メモしたのならメモを見せて確認とりましょう 社会人でしょ

    ユーザーID:5542452517

  • 日にちの間違いなら曜日をすぐ確認する

    22日から28日と言われたら
    22日の金曜日から28日の木曜までですね? とすぐ曜日を確認すると間違いを防げます。

    社長はあなたにミスを押し付けたいだけなのか、
    勘違いなのか、思っていることと口が違ってしまったのかわかりませんが
    辞められるなら辞めたらいいんじゃないですか。

    ユーザーID:2646897852

  • そういう上司いますよね

    頭に来ますよね〜。
    最初の指示を受けた時に、その場でメモを読み上げて
    確認してもらいましょう。
    これを必ずやっていれば、メモを見なくても
    『社長にもその場で内容を確認していただきましよね?
    私は指示通りに書いていますが・・・』
    と言えるのではないでしょうか。
    あと、出来れば書いたメモはまとめてすぐに
    取り出せるようにファイリングしておくのも
    いいですよ。
    自分で防衛するしかないです。がんばってください。

    ユーザーID:0265920409

  • その気持ちわかります。

    すっごい腹立つ気持ちよくわかります。
    私も今の会社に入社当時に同じようなことが何度もありました…(見積り品番が間違えてる、金額が違う等)
    なので私は、必ずメモ・メールなんでも形に残る様に変えていきました。

    ”「12/22から12/28の日・祝除く日にお願いします」これで送ります。確認してください。”
    と相手先に送る前に確認してもらいます。(メール・LINE・メモ(紙の場合確認をとった日付とOKサインもらいます))
    たぶん初めはめんどくさがったり適当に確認したりしますが、証拠が確実に残るので。(自分がメモ取っただけでは意味ありません。聞き間違えてメモ取ったんだろうと言われたらそれまでなので)

    それを続けていたら確実に変わってきました。
    そして99%の確率で間違えているのは自分だと回数を重ねるごとに立証できて今では何かあれば自分が間違えているかもって前提で話してくれるようになりました。(もちろん自分がミスした場合はきちんと謝ります)

    やめられるならやめたいけど辞められないなら自分で働きやすい環境にすることです。

    ユーザーID:3017802525

  • レスします

    メモを取って、その場で復唱はしていますか?
    復唱した段階でで「21日の間違いだった」となってくれればいいんですけどね・・・

    メモもしばらくはとっておく。
    すぐに見つけられるように「ノート」にメモをする。

    特におじさんおばさんは、こういうこと多いと思うので
    ちょっとでも予防線を張っておくしかないと思います。

    ユーザーID:4792540977

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 再確認を挟む

    社長さん、忙しくて記憶がどんどん抜けて行くんでしょうね〜


    例えば、今回の場合だとメールを送って業者さんから返信があったかと思います。
    そしたら、社長の机に「○○業者さんより、22日からで了解しましたとのメールが入りました」てな感じで付箋にでも書いて貼っておけばいいでしょう。

    そうすれば社長も「あれ。違うぞ」ってなりますし、その時点で修正できますよね。

    しつこいくらいに確認と報告をとるようにすれば、間違えることはなくなりますし、トピ主さんが理不尽に怒られることもなくなると思います。

    誰の責任かは置いといて、ミスによって問題が発生したのは事実です。

    理不尽に怒られて嫌な気分になったかとは思いますが、「ミスを誰のせいにするか」ではなく、「自分にも防ぎようがあったのではないか」ということを常に考えるようにすれば、こういったことミスはなくなりますよ!

    頑張ってくださいね。

    ユーザーID:0774607245

  • どうしてあなたのミスではないと言えるのかな…

    >「社長が22日からと言っていました」
    >ごめんなさいと謝り電話を切りました。
    社長に対して「ごめんなさい」はいけませんね。
    「社長が22日からとおっしゃいました。」「申し訳ないです。」が正しいのですよ。

    「私のミスじゃないのに!」=「社長のミスだ!」と決めつけていますが。
    その場でとったメモは、トピ主さんが正しいという証拠にはならないのですよ。
    トピ主さんが聞き間違えて、勘違いしたままメモをとり、取引先の担当者に伝えた証拠にも成り得るのです。

    日付は聞き間違いが生じやすいので、確認作業を怠ってはいけません。
    11(じゅういち)、12(じゅうに)、14(じゅうし)、17(じゅうしち)、
    21(にじゅういち)、22(にじゅうに)、24(にじゅうし)、27(にじゅうしち)。
    数字を見れば一目瞭然ですが、口頭では間違いが起こりやすいのです。

    ・カレンダーを指差しながら社長に確認をとる。
    ・日付だけでなく曜日もあわせて確認する。
    ・そのうえでメモをとり、社長に見せて再確認。
    これらを実践すれば、今回のような「(双方のミス)」は防ぐ事が出来ます。

    (例)トピ主:「(カレンダーを指差しながら」今月12月の22日金曜日から12月28日木曜日。日曜祝日は除く日。」
       社長:「そうではなくて、21日木曜日から28日木曜日です。」
       トピ主:「すみません。“12月21日木曜日から、12月28日木曜日まで。日曜祝日は除く日”ですね。」
           「この日程を○○会社の○○様にメールで連絡いたします。(宛先の再確認)」
       社長:「そうです。宜しく。」

    ミスや行き違いを防ぐために、確認作業はしつこい位で良いのです。

    ユーザーID:0316879743

  • 復唱する

    仕事に限らず友人との約束でも何でも日時場所などは必ず確認しませんか?

    「22日から〜」と指示が出た時にメモを取り
    「22日から〜〜ですね?」とメモを見ながら相手に確認する。
    それをするだけで言った言わないの誤解はずいぶん解消すると思いますが。
    「あの時確認したらOKでしたよね?」と言えます。
    勘違いが多い社長ならなおさらその場で確認は大事だと思います。

    ついでに「22日〇曜日から〜」と曜日まで入れれば
    相手が勘違いしていた場合気付く機会もあるかもしれません。

    カレンダーを一緒に見ながら確認するとかそのまま書き込んでしまうとか
    相手に送ったメールと同じものを社長にも送って間違いがあればすぐ気づくようにするとか
    できるだけ誤解がないような方法を考えてみるといいと思います。

    ユーザーID:1883041817

  • その場で確認

    メモを取ったら「22日から28日ですね?」とオウム返しして確認する。
    これでほとんど解決すると思いますよ。メモを見せてやるともっと確実です。
    それとメールをするときは社長もccに入れると良いと思います。

    社長さんが21日からと言ったつもりなんですから、社長さんにとってはそれが真実です。トピ主さんが聞き間違えたメモを取り間違えた可能姓だって0%じゃないでしょう?

    社長が間違ったのにって言ってもどうしようもないことだし、無駄に生意気なやつと思われるだけじゃないですか?
    その時の会話が録画(録音)でもされていない限り、どこでどう間違ったかは証明できませんよ?

    ユーザーID:7685752520

  • 復唱しないの?

    仕事上で言った言わないなんてなんの役にも立たない無駄なことです。
    責任のなすりつけ合いをするよりもそういった勘違い事故が起こらない状況を作ることの方が大事。

    指示を受けたら復唱しましょう。
    「22日金曜日から28日木曜日までの一週間ですね?」
    と確認を取っていたのならその時に訂正できていたんじゃないですか?
    肉体労働系の社長ならうっとうしがるかもしれませんけど
    メールをするのであればCCで社長にも同じメールを流して連絡した内容を共有していたら完璧。

    それにしてもある程度仕事の状況をみていれば社長の指示が果たして妥当なのかまで見当がつきませんか?
    今回の件ならその現場作業がいつから始まるのかって受注の状況、請負契約書などから事務仕事なら見えていませんか?
    事務所に工事予定など表示していませんか?
    「21日開始なのに22日からでいいんですか?」
    と確認できるようになればこういった事故は防げるようになりますよ。

    何度も似たようなことが起こるのなら起こらないよう対策を立てる方がいいよ。

    ユーザーID:5517796464

  • 辞めてもいいなら

    社長と私では正確な情報のやり取りができず、業務に支障が出ていますので辞めさせていただきます。

    といって辞めましょう。辞めたっていいよ、そんな人の経営する会社。

    ユーザーID:9034946905

  • いや、言いますよ

    メモを確認したのですが、やはり22日からでした。
    そう言います。

    それと、こういったミスが怖いので社長からもメールで指示してもらうとかできないのですか?
    それか、自分のメモ用紙ではなく近くのホワイトボードに記入するとか。
    自分を守るため動いた方いいと思いますよ。

    ユーザーID:9094684016

  • ミスを防ぐ方法

    言い間違い、聞き間違いは必ずあります。
    特に数字はイチ、シチ、ハチはよく間違いますよね。
    日にちの場合は必ず曜日も確認するとミスを防げますよ。
    それとメモですが、私はノートを使ってました。
    一頁をざっくりと縦一本横三本の罫線で区切って使用すると
    記録として残るので後で確認しやすいです。

    今回は済んだことですので次回からは再度のチェックをお薦めします。

    ユーザーID:0402876116

  • ミスをなくす方法

    たとえ指示の内容をメモしたとしても、聞き間違いだと言われたら反論できません。

    ボイスレコーダーを常に携帯し、社長の指示を録音しておけばいいでしょう。
    メモよりは確実に効率が上がります。

    社長には「指示受けミスをなくすため」と説明したら嫌とは言わないはずです。

    ユーザーID:9700180473

  • CC

    メールを送るときに、社長さんをCCに含めれば記録が残りますよ。

    ユーザーID:3642503323

  • いや、言い返さないと直らないでしょ?

    「社長からの指示はメモとって間違わないようにしています。先日の指示のメモを確認したところ22日からと書いてありますので、私の聞き間違いではありません。」って。

    「今後はメモ書いたらお見せしますので、その場で間違ってないか確認お願いします。」までやれば完璧でしょう。

    あとは社長の性格次第ですね。

    ユーザーID:5532202737

  • 簡単にはいかない

    ただ、防ぐ方法はある。
    口頭で言われた事は、送ったメールをプリントアウトして確認してもらう。
    その際にサインでももらえばいいんだよ。

    私も間違ってしまうことがあるかもしれない、なので、あっているかどうか確認してもらいたいってね。

    かつての私の上司も似たような人で、こっちは忘れてしまうのではなく確信犯だったので最悪だった。
    大勢の人の前で怒鳴りつけたり、パワハラとしては最悪な部類。
    なので、そのようにしたら、少しはそれが減ったよ。
    はんこではだめ。サインがいい。

    トピ主様はメモが確認できていたらいえたって言うけれど、それやったらたぶん逆切れされてもっと酷いことになりかねないと思うよ。
    「私は21日と言ったのに、メモの段階で間違えられてたらかなわない」
    とかね。
    私はこれは経験済みなので、サインをもらうようにしたんだけど。

    もっとも、それはそれでめんどくさいと嫌がられて、キレられたけど。

    私は当時派遣だったから契機満了でやめたけど、それまでに数人担当に付いた人が数日でやめてった。
    あれが正社員だったら、多分、3年くらいしか持たなかったと思う。
    3人だとどういっても言ったいわない問題に発展しかねないからね。
    自分が社員なら、立場は弱いし。

    就職先を先に探すのもありだと思う。

    ユーザーID:1292872942

  • 仕方ないですね

    雇われのあなたと社長さんだったら、そこで働き続けるつもりなら、折れるしかないですね。ご苦労様です。

    ユーザーID:0796603542

  • ICレコーダー

    いますね、そういう人!
    私も何度もえらい目に遭いました。
    例えば以前住んでいたマンションのオーナー。
    入居するときに軽トラックを貸すよって言っていたのに、
    いざお願いすると「え、引っ越しは一週間あとでしょ?」って言われたり、
    出ていくときはちゃんと前もって転居する日を伝えているのに、
    前日念押しに行くと「引っ越し明後日だよね?明日は私がいないから、引っ越しする日を変えて!」
    って言ってきました。
    まあ、一過性の付き合いで済んだからいいものの、
    トピ主さんの場合は仕事でずっと迷惑をかけられるんですものね。
    そう言う人は自分は正しいって思いこんでいるので、
    確たる証拠を見せ付けないとダメです。
    まずメモは社長にも見て確認してもらう。
    あとICレコーダーを使って録音する。
    とりあえずこれでなんとかなりませんか?

    ユーザーID:1761837619

  • ボイスメモ

    手書きのメモじゃなくて、ボイスメモがいいですよ。

    「手書きだとなくしちゃったり、書き間違えをするので、ボイスメモにしました」と。
    今日のやることリストとかも、ボイスメモにしゃべってメモを日常化してしまえば
    不自然さはなくなります。

    社長の言葉を録音するのは失礼になります。
    社長の声ではなく、自分がやることを録音します。
    「○○さんにメールで12/22から12/28の日・祝除く日にお願いしますと送る」と
    社長の聞いている場で、トピ主さんが自分のやることをボイスメモします。

    ボイスレコーダーは数千円から1万円くらいで購入できます。

    ユーザーID:4681241567

  • 社長ノートを作る

    そこに社長の全てを記録するしかないよ
    それで「ごめん」って言ってくれるかは解らないけど

    ユーザーID:3055164925

  • 辞めるつもりで居直って大事な指示は録音して記録取る

    口頭とかの指示であとから言い間違いもあるし
    部下の品質向上のためってこと(実際は証拠物件採取)で録音で記録を残しましょう。
    そんなに過去に何度もあるならこちらもこの手で行きましょう。

    聞き間違いだのメモの取り間違いだのと言われないようにね。

    どうせ辞める覚悟があるならやっちゃいましょうよ。
    スマホでもICレコでも。
    今の時代って音声録音で証拠が残せる時代なんです。

    それに電話応対品質向上の為に録音するコールセンターはどこでも当たり前にやってます。

    ユーザーID:8193910261

  • 次からは…

    社長さんと話しましたか?怒られたのかな?
    次からは電話でなくメモに書いてもらうか、メールでお願いしますで良いんでないかな?
    言った、言わないでゴタゴタするのが嫌だからって伝えてみましょう。
    それでもごちゃごちゃ言うなら「辞めます」で終わらしたら良いと思います。

    ユーザーID:8673938072

  • 我慢するか辞めるしかないと思うけど

    それは言い返していい種類の事ではありませんよ。

    社長が黒と言えば白いものも黒だということではなく、職場で水掛け論を繰り広げてもいいことは何一つないということです。

    そういう人だと思って流せないなら、辞めましょう。
    辞められないなら、スルー力を身につけましょう。

    ユーザーID:7327117017

  • 辞められないなら

    誰にでも勘違い、記憶違いは起こります。
    これからは社長が口頭で言ったことをメモしたら、確認の為の復唱を徹底してみては?
    そしてメモも捨てずに記録として保管(すぐに出せるように)すれば、濡れ衣だけは避けられるんじゃないですか?

    自ら言ったことも覚えてないような社長に通用するかどうかは分からないけど、一方的に責められるままでいるのも悔しいですし。
    うるさがられても復唱を徹底してれば、或いは社長自身にも非があると気づくかも。

    ユーザーID:6794770641

  • 社長ノート

    まぁ、小さな会社で働いてると良くある事でしょう。
    社長発言を録音までしてしまうと、やりすぎで上手くいくものもいかなくなりそうですね。

    メモさえあれば、ちゃんと確認訂正できるのであればメモを無くさない事です。デスクは整理整頓しましょう。

    そこで、ジャジャーン!社長ノート!
    社長発言を日時記載で毎日書きこむ。メモのように紛失はしませんし、伝達事項は全て社長ノートに記載。いつ、何を言われてもさっと出して○○と指示をうけました。と。
    社長ノートには社長発言以外にも、取引先からの日時指定を受けた場合にも記載しておくといいですよ。

    でもまあその社長さん、俺が間違えてたすまない。となるか、そんなもんつけやがって信用できん!となるか。

    後者ならやめるのもありかと。
    頑張ってくださいね。

    ユーザーID:2233668485

  • その場で確認する

    その場で「22日から28日で間違いないですね?今の発言録音されていますので、何かありましたら訴えますよ?」と脅すほどすればよいです。
    大人しくて何もしない人だと思って、社長は自分の非を認めてないです。
    何かしたら怖い人と思われていれば、自分のポカミスを他人に押し付けないでしょう。

    嫌わる勇気を持つことです。社長だって人間だからミスをします。
    それを言いやすい主の責任に擦り付けているだけなんです。
    必ず証拠を作っておく。ICレコーダーを買って常に携帯しておく。油断ならない、濡れ衣を付ける社長。酷いのであれば労働局に相談しましょう。泣き寝入りの必要なんてないです。

    自分を守るために強くなり、嫌われても良い、きつい言い方するようにしましょう。社長に舐められているじゃないですか?

    ユーザーID:5647258976

  • 気持ちは分かる。

     もう何度もあるんでしょ?
    だったら、社長にしつこく何度も確認しましょう。
     1回の仕事につき、3回くらい確認。
    「しつこい」と言われたら、「また間違えたら、何人も動く仕事ですから、迷惑かけたらいけませんので」
    と、言いましょう。

     なんにしろ、確認は大事ですしね。

    ユーザーID:3752072206

  • 気持ちはわからんでもないけど

    仕事で日付を設定するときは「曜日」を入れるのがミスを防ぐコツだけど。
    そんなことも知らないの?

    ユーザーID:6104840290

  • あるある。

    1なるべく、口頭で指示をもらわない。
    2口頭だったら、何時何分までメモをする。
    3相手が落ち着いたころ、確認の為に復唱する。
    4自分がわかることだったら、ちゃんと合っているか調べる。

    基本、全部間違っていると疑ってます。
    細かい人だなって思われているかもしれませんが、
    火の粉をかぶりたくないので徹底します。

    仕事頑張れ!

    ユーザーID:8779006067

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧