• ホーム
  • 学ぶ
  • Huitante???シャモニーのリセに通っています。

Huitante???シャモニーのリセに通っています。

レス5
(トピ主0
お気に入り30

趣味・教育・教養

トピ主

高校からChamonix-Mont-Blancのlyceeへ1年間ほど留学している者です。ホストファミリーファミリーのSedan帰省についてきているのですが、ここではsouper、huitante、bonnard、adieu、roye、vatrといった、様々な単語が異なります。同じフランスなのに、興味深いです。特に会話でsoixante-dixと使っている人がいるのが驚きました。学校では教科書にsoixante-dix と載っていても板書や口語ではseptanteといっていたので。

やはりベルギーが近いから、Ardennesのフランス語が独特なのでしょうか。それともChamonix-Mont-Blancが南東にあるせいなのでしょうか。どなたかご存知ですか。

フランス語を見よう見まねで習得している途中で、最近やっと意思疎通が取れるようになったばかりなので、しったかぶった質問だったら申し訳ありません。でも、フランス語は面白いです。後、半年ですが頑張ります。

ユーザーID:5667499608

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数5

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • septanteの方が方言

    日本語で書かれたフランス語の教科書での勉強もお勧めします。

    正書法では

    60 soixante
    70 soixante-dix
    80 quatre-vingts
    90 quatre-vingt-dix
    です。(ちょっとフランス語の文献を調べてみると、「20進法」の名残との解説があります。)

    パリあたりでseptanteと言ってしまうと
    「あ、イナカの御出身なのね」と認定されると思います。
    でも「田舎でどこが悪い!」の心がまた一つのフランスなので、それもまた佳き哉、です。
    留学楽しんでください。

    ユーザーID:4325734272

  • 聞いてみては

    どうでしょう、ホストファミリーに。
    違いを実体験しているわけでしょ? どんどん聞いて吸収されたら良いと思います。
    土地柄、地理、無関係でないと想像はしますが。

    ちなみに、私はseptanteを使うほうにびっくりです。
    そちらの方がスイス、ベルギーのフランス語という認識です。
    仏語圏の国に住んでいますが、
    現地人も、もちろんフランス人もseptanteとは言いません。
    皆さんsoixante-dix です。
    もちろん、いずれの国にも住んだ(行った)ことはありませんので、私が知らないだけだと思いますが。
    シャモニーの高校留学前はどちらにお住まいだったんですか。
    どこそこでは口語で70はseptanteだというような生の情報が聞けたら嬉しいです。
    是非教えてください。

    ユーザーID:3461075615

  • ベルギーに近い?

     その数え方はスイスフランス語圏の数え方と同じです。 
    貴重な体験です。 自分のいる場所の地理をもう少し勉強してくださいね。

    ユーザーID:6401559177

  • ???

    質問の意味があまりよくわからないのですが、Sedanはベルギーとの国境に位置しているので、sedanの人がSeptanteというのは納得できます。ベルギーの南のワロン地方は、フランス語を使用する地方ですが、農業が主な産業の保守的な地域なので、古い言葉が残っているのだと思います。
    シャモニーはスイスの近くなので、口語は方言を使うことが多いのかもしれませんね。シャモニーもいずれにせよ、1860年まではサボア公国だったので(一応フランスが統治していたにせよ)、方言が残っていても不思議ではありません。

    ユーザーID:7030206417

  • フランス式は暗算が難しい

    ヨーロッパの長い歴史を見ると、中央大陸は多種の民族が征服、領地拡大、滅亡を繰り返したり、その後封建領主の時代には支配下に置かれた領地の境界線に著しく変遷が見られます。

    言語がそれぞれの地域で独自に伝承され、現在の国境が画定された際にその地域が分断されたのですから、国境辺りは同じ言葉で話すということもあります。
    フランスの国に居る人は皆同じ言葉を同じアクセントで話す、という訳ではもちろんありません。

    septante、huitante、nonante(90)は現在でもベルギーとスイスで公式に使われています。スイスでは口語だけではなく文書にも使います。ただし、ジュネーブでは80のみ quatre-vingts が使われています。教科書がフランス出版でしたらもちろんsoixante-dix やquatre-vingt-dix ですよね。Sedanやシャモニーの地元新聞ではどう書かれていますか。興味深いです。


    パリジャンと同じフランス語でないと『田舎者』と思われるなんていうのはちょっとオーバーですね。

    ベルギーやスイスの仏語圏でフランス放送の番組が見られます。クイズ番組にベルギー人やスイス人も参加して、上記の数字の言葉で話していると、司会者達もそれに合わせたりして微笑ましいです。

    roye、vatr は解りませんでした。

    ユーザーID:4453447965

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧