初孫。

レス11
(トピ主2
お気に入り74

家族・友人・人間関係

ばぁば

トピを開いていただきありがとうございます。
今ではショックも収まりましたが、リアルでは話せない事をお聞きくださると有難いです。

一昨年初孫が生まれ喜んでいたら、検診の結果、中程度の障害があると分かりました。
フェイクで申し訳ありませんが、命に関わる事や外見の障害ではないのですが(例えば視力、聴力など)、今後孫は勿論、親にも大きな負担がかかることでしょう。
私は孫達が不憫で心配で落ち込みましたが、伝手を頼って大学病院で診てもらったり、障害について調べて子育ての工夫を考えたり、自分を叱咤激励して前向きに暮らしておりました。

私には年に何度か会う学生時代の友人がいます。子育て中は年賀状の付き合いでしたが、落ち着いてきた頃から再開し15年以上になります。
再開当時はお互い子供達が高校生で、受験や反抗期など深刻なことも含め、悩みや喜びを話し合い、大切な時間を過ごしてきました。
彼女に一昨年、孫の障害を話しました。他人に滅多に話せる事でも話したい事でもなく、彼女なら辛さを共感しもらえると思って。
友人は昔保育士をしており、既に小学生の孫が二人いるので話しやすかった所もありました。

しかしその後彼女に会うと、違う話をしていても脈絡もなく孫の障害について聞いてくるようになりました。
信じたくありませんでしたが、普段控え目な彼女が明らかにイキイキした様子で。
彼女は私を「親友」と呼びますが、その態度は悲しいことに興味本位に感じられました。

これ以上ショックを受けるのが辛く、私は友人に「最近の検査の結果、孫の障害が改善してきたので安心した」と嘘の報告をしました。
その後友人は特に「良かったね」と喜ぶこともなく、うちの孫の話はピタッと止みました。
これは一年前の出来事。今思い返し自分の甘さと世間の厳しさを思い知ってます。
お読みいただき感謝です。

ユーザーID:1374912569

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そんなものです

    私も長年の友人と旅行中、息子が急病で入院したと
    一報を受け青くなっている時、友人が多分無意識なんでしょうね、
    鼻歌を歌っているのが聞こえました。

    愕然としました。
    この人がそこまで不幸だったなんて。
    思い返すとこの友人が幸せになれない理由がよくわかりました。

    心の中でひっそりと、でもはっきりと「友人」のカテゴリーから
    外しました。

    ユーザーID:8252674396

  • レスします

    そのお友達が「そういう人だった」という事ですね。
    お孫さんのことでそれが露呈した。
    これまで親しくつきあってきた分、すごく残念でがっかりされたお気持ち、お察しします。


    何かあった時、人の本質ってわかる。私も近頃本当にそう思います。
    楽しいだけの関係だとわからない事ってありますね。

    ユーザーID:6187929161

  • 所詮、他人事なんですよ

    ご友人に限らず、世間の人は一般に他人の不幸に対して、蜜の味とは
    思わないまでも、本人が期待するほどには察して貰えない場合が
    多いですよ。

    我が事の様に心配し、気遣える感性を持つ人が真の友達でしようが、
    そんな人には なかなか巡り会えませんね。

    同病 相憐れむ、と言う言葉がありますが、やはり自分が体験して初めて
    相手の痛みが理解出来る、ご友人は自分の孫が問題ない事に内心ホッとし、
    トピ主の苦悩を思い遣る感性を、残念ながら持ち合わせていないのでしょう。

    厄介な病を抱えてる私に、そっとして置いてくれて 時々、何か困ってないか
    連絡してくれる人、黙って食事に誘ってくれて私から話さない限り 決して
    病の事には触れない人、根掘り葉掘り聞いて来る人、見当違いのアドバイスを
    してくれたり、全く知らない人が 同じ病で苦しんでいたり 亡くなった例を
    わざわざ報告してくる人、実に様々です。

    私自身が 病を得て、初めて他人の痛みを思い遣る大切さを学びました。

    ユーザーID:5591504128

  • ひとの不幸は蜜の味タイプ、いますね・・・

    賢明でしたね。
    改善してきて安心したと言ったら、ピタッと止むとは・・・。分かり易い人ではありますが。

    母も祖母に話さないで欲しいと釘を刺して、でも言える人が祖母したいないから
    父のガンを話したら、親戚中にバレタので、慎重になったと思います。
    もちろん喜んでいたわけじゃないだろうけど、自分が親戚と仲良くする餌としてまいたと思います。

    ユーザーID:7309127394

  • わかります。わかります。わかります。

    私も、20年ほど前に「人の不幸は蜜の味」の苦い経験をしました。
    辛い状況に置かれた時って、相手が本当に心配してくれているのか、心配を装って実は興味深々で楽しんでいるのか、はっきりわかるんですよね。
    トピさんのお気持ちが、悲しいくらいわかります。
    そして、トピさんの対応は正解だと思います。
    彼女の人間性がはっきりわかったのだから、これからは距離をおきましょうね。

    私の初孫は、今週大学病院で検査を受けます。
    芳しくない結果だったらどう声をかければよいか、不安は尽きません。
    それでも、全力で孫も親もサポートしていかなくては。

    お互い新米ばぁば、
    トピさん、お互い頑張りましょう。

    ユーザーID:0914993204

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 友達とは言っても、そういう世間と変わらないです

    いい話は控えめに、たいしことのない話は、少し大げさに笑いを取って、本当につらい話は、話半分から、相手の反応を見てから、用心するのかいいかもしれませんね。

    ただ、何んというか、力になったあげようという意味とか、得意分野だからとかということで、興味本位な聞き方したという事は、ありませんか?

    年齢的に、無気力になり、元気がなくなっている人が、自分がまだ役に立つことがあるかという時、死んだ魚が生き返る目になることもあるんです。

    子供の話で無く、孫の話ができる人がいるのは、贅沢な時代ですよ。

    自慢話でなく、悩み相談をしてくれる人は貴重です。そういう意味で親友なのでは?

    病気は、不幸だけではないし、恥でもないし、誰だって、何かしら悩みやら苦労があると思います。
    話相手は、いたほうがいいですよ。

    ユーザーID:3180480467

  • もっと家族を守らないと…

    どのような障害なのかわからないので、何とも言えませんが、
    もし障害がなかったら、このまま、
    孫がどこの高校に入った、
    どこの大学に入った、
    どこに就職して誰と結婚した…、
    等、延々と孫の話が続いたと思います。孫は可愛いので言いたくなるのはわかりますが、
    話題にされてると知らない孫が可哀相と思いませんか?
    親友と思ってるのもトピ主さんだけであり、家族には全く関係ない人です。
    私はいくら親友でも家族の話は当たり障りのない話しかしません。
    悪い事は絶対に言わない代わりに、自慢したくなるようなことも絶対に言わないと決めています。
    そうすると面白くないので、会う回数も激減しますが、
    それでも構わないと思っています。家族が大事なので。

    その人が何でも話し合える友達と思って、喋り過ぎるトピ主さんに問題があると思います。保育士だって色々な人がいます。職業で人を信用し過ぎ。
    女同士なんて足の引っ張り合いが殆どです。

    ユーザーID:1244098004

  • わたしにも障害の子供います

    もうその子は40近くです。私の場合、ある方に(自分では仲がよいと思っていた)打ち明けて後悔したことがありました。子供が幼稚園くらいの時です。その方はまるでそのことは耳に入らなかったというような反応で全く何のコメントもなしでその後の会話もそこだけが抜けてて通常の会話が続いたという、私にしては不自然な感じでした。聞きたくなかったのか、どう返してよいのか分からなかったのか。
     トピ主さんのご友人のように全く興味本位で探ってこられるのは確かに嫌な感じですが、近親に障害者のいない人からしたらどんな風に受け止めていいのか分からないのかもしれないです。その方がもっと世慣れた人なら演技で悲しそうな顔するくらいできたと思いますが、ちょっとそこのところをうまくやれなかっただけかもしれませんよ。
     私は子供が障害者であるということ、話の成り行きで話す必然性が生じた以外では喋りません。
    友達に共感してほしいから話すなんてことは全くしたいとは思いませんね。もちろん障害児関係
    で知り合った人とは「うちの子があーでこーで」って喋りますが悲壮感のある会話ではありませんよ、もちろん。

    ユーザーID:8020676149

  • 心より感謝いたします。

    トピを読んでくださった方、ポチをくださった方、お気に入りにしてくださった方、貴重なお時間でレスをくださった方、本当にありがとうございました。
    人に言えず固く閉ざしていた心が、少しずつ和らいでいった気がします。
    特に予想外に、エールの数が日ごとに増えていったことは、私が間違っていないと言っていただいたようで、深く胸に沁みました。
    共感してくださる方、諭して下さる方、叱咤してくださる方、リアルでは聞けなかったご意見、大変有難く思っております。

    10代前半に出会った彼女は、可愛らしく素直で明るくて、大好きな友達でした。
    今も根本は変わらないのかもしれませんが、50代後半になり、色んなしがらみが出来て、少女の頃の様に純粋な心のままではいられなくて当然でしょう。
    私もそうですから。
    彼女も私も、その後たくさんの変化がありながら、何とか乗り越えて今に至り、今も幾らかの困難を抱えながらも、幸せと感じられる毎日を送っていると思います。

    ある時まで彼女は私の親友でしたが、その後孫の件も含め、時に埋めようのない違和感を感じ困惑することがありました。
    そして実は、この年明けに、また違和感を持つ出来事が起こり、今回のトピを立てることとなりました。
    私が気にし過ぎなのか、取りようが悪いのか、有りがちなことなのか、一番辛かった孫の件で、皆様に問いかけてみようと思ったのです。

    今、私の中で彼女は「昔の親友」に変化したように思います。
    そう思えば、昨年の孫に関する出来事も、決してあり得ないことではなかったと理解できます。

    ぴよ様のレスに家族を守らないと、とありましたが、今後はこれまで以上に気を付けていきたいです。
    >女同士なんて足の引っ張り合いが殆どです。
    これくらい思ってちょうどかもしれませんね。

    これからは友達に過度に期待せず暮らしていきたいです。

    ユーザーID:1374912569

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 私もばぁば様へ

    ご不安の中、レスをありがとうございました。

    「私もばぁば」様のお孫さんの検査、良い結果が出ていますようにと願っています。

    孫たちの幸せな未来を祈りましょうね。

    ユーザーID:1374912569

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 自分自身のことなら・・

    私にも、学生時代から40年の付き合の友人が何人かいます、その中で、A子さんとは、偶に電話をして近況を話しますが、自分のこと、例えば自分が病気になって入院したなど、そういうことは話します。けど、我が子や孫のことは、当たらず、触らずのことしか話しません。

    そして、話を聞いた方はルールというものが有って、相手が言ったからって、今度から、どうなった?とか聞いたりするものではないとも思います。

    人間の心理っておかしなもので、自分で自分のことを話すのは良いんです、けど、いざ、その件で後から、人に聞かれたり、詮索されれば不愉快なものです。一時が万事、100%そうだとは言いませんが・・

    ユーザーID:1085768234

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧