バイリンガルでハーフの方に質問です

レス21
(トピ主0
お気に入り78

趣味・教育・教養

フラッピー

ヨーロッパにヨーロッパ人の夫と暮らしている者です。
3ヶ月の娘がおり、今後の言語教育についてお聞きしたく投稿しました。

娘には、現地語と日本語のバイリンガルになってほしいので、我が家の方針としては現地人の夫と話す時は現地語、私と話す時は日本語、三人で話す時は現地語(夫は日本語が話せません)、と考えています。

日本語教育を徹底されている方のご意見を見ると、お子さんに現地語で話しかけられても無視して日本語の時だけ答える、というものが多いのですが私の子供の頃に母に話しかけて無視をされるという事がなかったので、やり方によっては娘を傷つけてしまうのでは、と心配しています。

もしハーフのバイリンガルの方で幼い頃の記憶で、傷ついたというのがあれば何か方法を変えた方が良いのかな、と思っていますのでご経験のある方のご意見をお教えいただけないでしょうか。

無視と言っても、イジワルにするものではないと分かっているのですが、現地語を話しかけられたお母様やお父様の対応はどのようなものでしたか?

ユーザーID:0683629679

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 無視はよくないよね、確かに

    そこは無視じゃなくて毎回「はーい、日本語でお願いねー」とか「あれれ?日本語じゃないと駄目ですよー」とか返せばいいんじゃない?

    我が家はしませんが、友人の国際結婚カップルは「ペナルティ制」なんていうのを導入してたりしましたよ。
    「あ、ママには日本語っていったよね」と指摘したあとにペナルティチケット(手作り)を箱に入れていく。それが何枚集まるとお手伝いしなきゃいけない。
    バスルームの掃除とかバルコニーの掃除とか。

    小さいうちはそれでいいと思う。
    それが効果がない場合は、納得いくまで親子で話し合うしかないのでは。
    無視は私も反対です。

    ユーザーID:5385257391

  • 無視はしませんよ

    「お母さんは〇〇語がわからないから日本語で話してね。」って何度も言いました。
    三人(夫、子供、私)で話すときも極力日本語で話しました。
    もちろん夫はわかりません(数年したら理解するようになってきましたね〜。)、それでも子供に向いている時は日本語のみ。
    そして、私の話した日本語を子供に夫へ通訳してもらうようにしてました。(私も現地語話せますがそれはせず。)

    癖になってしまったので、決して私には現地語で話すようなことはしませんね。気持ち悪いって言って。

    でも それとお子さんの日本語能力とは関係ないかもしれませんよ。お子さんそれぞれ違いますから。

    ユーザーID:5626463653

  • 娘の話ですが

    質問の対象者からは外れますが、もしご参考になればと、投稿します。
    娘を主さんと同じようにバイリンガル目指して育ててるものです。
    娘は今12歳。読み書きもおしゃべりまあまあ、いい感じに仕上がってきています。
    現地語はできる方、日本語は、学年相当の教科書の読み書きはバッチリ、でも趣味でバリバリ日本語の本を読むほどではないかな。
    でも、日本のニュースもドラマも年齢相応に理解してみていますし、アクセントもなく自然に話せます。(むしろ、流行り言葉を知らないので、綺麗な言葉遣いと褒められます)

    主さんの言うように、私は日本語、夫は現地語オンリーで話しかけてます。

    そんな娘ですが、実は、小学校3年生まで私には時々現地語で話していました。
    小さい時から、日本語しか話さない人には日本語で話すのに、現地語がわかる相手には現地語。
    私は、現地語で話されても日本語で答えつづけ、1〜2年生から日常会話が日本語になりました。
    3年生になっても学校の後は現地語モードになっていたので、学校の帰りは現地語でした。

    それが3年の夏休みに日本から帰ってきてからなくなり(毎年行ってたんですが)、今ではそのことも覚えてません。
    母の私は現地語が娘から見れば下手なので、「お母さん相手に現地語話すなんてありえない」そうです。

    私が守ったのは以下です。
    1娘が現地語でも、日本語で返す。
    2現地語で話しかけられたら「ごめんわかんなかったもう一回言って?」と日本語で言うと娘も日本語を話すので、それを時々入れる。(いつもでは疲れるので)
    3日本語に現地語が混ざった時は、とがめ立てずにさりげなく言い換えたりして日本語でリピート。 
    例)すっごいブリーの子がいてクラスの間に、こんなことしたんだよ。=>へぇ〜いじめっ子が授業中にそんなことしたんだ。

    諦めてはいけません。2言語いけます!

    ユーザーID:1836169660

  • 私は挫折しました

    バイリンガルの子当事者ではなく今子育て中です。ヨーロッパにヨーロッパ人の夫と暮らしていて、夫は日本語話せません。

    私は行かせていませんが、日本語補習校に小さい頃から通わせ、日本の語家族と頻繁にビデオ通話する、というのも良いと思います。また、お子さんのいる日本人を探して一緒に遊ばせる。幼稚園など外の世界に出るようになると、どうしても現地語の方が得意になります。そこで、母親意外の日本語話者が必要なのかもしれませんね。

    現地語で話しかけたらたら無視、よりも「お母さんは日本語がいいな。日本語でいって」というのを先に教えておくとか。

    ユーザーID:6269716049

  • 日本語教育、悩みどころですよね。

    こんにちは。

    子供は英語圏で父親は英語のみの環境です。
    小さい頃はやはり父親と話す時は英語、私とは絶対に日本語、3人は英語ですが、子供が発言する時だけ両方の言葉で同じことを言わせていました。日本語は単語が英語になると必ず日本語で何ていうのかを確認しています。ただ、日本語でない場合も無視はせず、「ママは英語がわからないから日本語で話してくれる?」とずっと言っていたので、不思議なことにもう脳のなかで「ママは英語がわからない」となっていて、私が英語で話そうが日本語で話していると感じているらしかったです。

    バイリンガル環境の場合、小さいうちは他の人が話しているのが日本語か英語かなど考えずに意味を理解しているので、例えば社内アナウンスでも「今聞いたのは日本語だった?それとも英語?」と聞いても意味はわかっているけれどどちらだったかは意識していなくて??のことも多いです。

    大きくなってきてある日突然皆で話している時に「えっ、ママ、英語で話しているじゃない!!」と驚き、こうなると「何だ3人で話す時は自分は英語だけ話すので良かったのに!」となりましたが、この頃には日本語を話せなくなりたくないならちゃんと2か国語でやろうね、という意味を理解していたのと身についた習慣で何となく英語と日本語で言っていたりします。

    うちもまだまだ先が長く日本語が面倒になってきていますが、「現地校の先生にも2か国語話せるのは将来すごいアドバンテージになるのでこのまま頑張って」とも言われていますし、お互い頑張りましょうね。

    ユーザーID:2052574985

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 在米です。同僚(翻訳者)にハーフの子供がいます。

    彼女(同僚)はまず現地語(英語)での意思疎通が完全にできるようになるのが肝心で日本語を身につけるかどうかは思春期に達した後でやる気があればサポートすると言っていました。ハーフの子供に両国語を強制したせいでどちらの国の大学にも進学できなくなった例を知っていて子供達にはそういうようにだけはなって欲しくないと言っていました。二人いるお子さんうちどちらかはわかりませんが、大変な本の虫だとのことで未来は明るいと思いました。アメリカではハーフっぽい顔立ちでもバイリンガルとは限らず、中南米系を含めて文化的背景は何でもありなのでその点で心配するハーフの子を持つ親はいないでしょう。さらに彼女の妹は香港に住む日中ハーフのお母さんで2人でバイリンガル教育の方法について熱心に話し合っているはずで、彼女も自分がバイリンガルで仕事をしていることもあり、バイリンガル教育の薀蓄は非常にあると思います。最後に会ったのは数年前でそろそろ二人のお子さんが進路を決める時期なので会って話しを聞いてみたいです。

    ユーザーID:6666375114

  • 無視なんてしないよ

    英語圏で親の立場です。
    別にハーフじゃなくても日本国外に住んでいれば育児する上で直面する問題だと思います。
    Water! と言われたら、「お水が欲しいのね?ちょうだい、は?」みたいな感じで代弁しながら普通に会話します。
    カタカナ語が多くなり「ジョシュアがスライドをゴーダウンした」と話しかけられたら「あら、お友達のジョシュアが滑り台を滑ったのね。ソフィアは滑ったの?楽しかった?」みたいに。
    会話に時間はかかりますが、徹底してやっているとそのうちに、パパには "Water please." ママには「お水ちょうだい」と言えば水がもらえるとわかり、両国語を使い分けられるようになります。

    ユーザーID:4107721329

  • 親ですみません

    子供はまだ今7歳と小さいもので、親ですみません。

    現地語で話しかけられると、「えっ何て言ったの、日本語しかわからないよー」と答えています。私が他の人とは現地語で話しているという矛盾にも拘らず、あっそうだったと、日本語で話し直してくれますよ。これで良い点は、子供が面倒臭くなって「なんでもない」と言い出しても、しつこく何を言いたかったのかと聞けること。子供によっては(うちの子ですが)、日本語に直さなければならないならもういいやと、なってしまいますので。

    しかし、無視でも、傷つくということはないのでは?日本語じゃなかったから分からなかったのかと、本人が考えると思います。

    ユーザーID:5275017244

  • 無視ではなく母語で回答

    私自身はハーフではないのですが、海外生まれ、育ちです。
    そして私の子どもがハーフです。

    経験から、一親一言語、守るのは良いことです。
    例えばうちでは、母子は日本語。
    父子は仏語。
    母父は英語。
    これを徹底しました。
    子どもは18歳ですが、学校では英語、家庭では日仏で話します。
    もちろん言語に優劣はでますが、それは自然なことなので、あまり気にしていません。
    うちは日本語はかろうじてひらがな、カタカナを読むことができますが、書けないです。
    メインは英語になります。
    でも会話は三言語ネイティブレベルでできます。すべて読み書きレベルをネイティブにするためには、かなりの時間を幼少期から費やす必要があり、例えば音楽やスポーツや友人と遊ぶ時間を削減しなくてはなりません。
    私達は、三言語完璧にこだわるよりは子どもの好きな楽器に時間を割くことに決めたので、日本語の読み書きは、諦めた代わりに英語は完璧にしました。
    すべてを完璧にしていくには、親子共に相当な覚悟が要ります。
    たしかに小さい時から言語に時間を費やすのは大切ですが、本人にやる気さえあれば、オトナになってからも習得は可能です。
    強制して親子関係が悪化しているファミリーをみてきたので、あまりこだわりすぎるのも良くないかとは思います。
    ご質問の、現地語で話されたら無視するかどうか、ですが、無視ではなく、日本語で回答しながら、お母さんには日本語でお願い、とその都度伝えていくと良いですよ。
    マルチリンガルの家庭は周囲の理解も得ないと難しいのですが、ゆるく楽しくやることが長い生活では大事です。

    ユーザーID:9454151270

  • 無視はしませんでした。その1

    私もヨーロッパ在住の22歳のハーフの息子がいる者です。
    私の両親にとって息子は初孫だったので、孫と会話が出来ないと悲しい思いをすると思い、日本語教育だけは頑張ったお陰で、息子の日本語会話は全く問題ないものになっております。

    私の夫も日本語はまったくわかりません。
    ですので、夫は現地語、私は日本語、夫婦の会話はと現地語、3人での会話は各々の言葉で息子に話しかけておりました。(子供が幼かった時)
    しかし3人で話していると、言語が交差してしまうのですが、息子が現地の言葉で私に話しかけてきた時は、無視をするではなく、その言葉を日本語に私がいい直してそれで日本語で返事をしておりました。
    ちょっとしつこいかも・・・と思うぐらいでしたが(笑)、日本語で通すことで息子もお母さんには日本語じゃないと!と思ってもらえた感じがします。

    幼い頃はバイリンガルだったけど、大きくなるにつれて外国語である日本語があまりできなくなるハーフの方をかなり見かけますが、
    学校(幼稚園)に行くようになって、現地の言葉を沢山覚えるようになった時に、いかにしっかり日本語教育をするかってのが大きいのではないかと思ったりします。

    ユーザーID:8702837163

  • 無視はしませんでした。その2

    息子でもあったのですが、何かを話そうとして、1フレーズの中に(日本語)現地単語を混ぜて会話をしてくることがありました。
    その現地単語、日本語では知らなかったのですよね。
    だから日本語のフレーズの中に混ぜて話してしまうわけだったのです。
    私がその時したのは、現地単語を混ぜて話したときは、その単語を日本語に置き換えて言い直しておりました。
    子供の現地語が増えれば増えるほど、その置き換え作業も増えてなかなか大変だったりしますが、言葉を置き換える(教える)ことで、子供の日本語ボキャブラリーも増えたので、頑張った甲斐はあったと思っております。

    大人になった今、息子からこう言ってもらえております。
    『お母さん、日本語教えてくれて本当にありがとうね!
    僕の子供にも、同じように日本語教えてあげてね』

    おいおい、、自分で教えてあげてくださいな…と思ったりするのですが(笑)
    それでもやっぱり嬉しいものですね。

    ユーザーID:8702837163

  • ???

    無視なんかしなくてもちゃんと向き合って、「日本語で」と言えばいいだけでは?

    ユーザーID:3241583647

  • バイリンガル

    フラッピーさんと同じ状況です。
    12歳と10歳のバイリンガルでハーフの子供を持つ親です。(本人ではなくてすみません)
    私も子育ての中でバイリンガル教育をどうしていくか悩みました。

    フラッピーさんが聞かれた無視というのは極端な行為で、ちょっと捉え方が違うのではないかと思います。
    子供から現地語で話しかけられたときは無視ではなく、日本語になおしてあげて答えるということではないでしょうか。
    一番大切なことは、母は子供と日本語でしか話さないことです。私の周りを見ると、夫婦で現地語を話している場合、母が現地語が堪能な場合は子供の日本語が弱いケースが多々あります。もちろん、同じ状況でもバイリンガルな子供もいますが、母親は日本語だけを貫いています。特に幼児期、中学生くらいまでは徹底しています。
    うちの子供たちは、私に現地語で話しかけることはありません。日本人の私の友だちや知ってる人には日本語です。ただ、姉妹同士では現地語の割合が多くなってしまいます。

    私も模索しながら外国で子育てしているので、ハーフのお子さんたちの意見が聞きたいです。

    ユーザーID:0935560094

  • 勘違い

    無視するのではなく、絶対に日本語でしか返事しない、の間違いでは?別の言語で話しかけられても、絶対に日本語でしか返事しないということですよ。

    それと、小さいうちなら、他言語で話してきた内容を、わざと日本語で繰り返してから、日本語で答えるとかね。私たちも海外在住、夫婦は日本人ですが、子供は英語の環境で教育を受けています。単語がどんどん英語に切り替わっています。まださすがに私たちにセンテンスで話しかけてくることはありませんが、単語が混ざります。

    例えば、「あのtreeの上を見て!」と子供に言われたら、「あの木のこと?あの木の上になにがあるの」などと、ちょっと面倒ですがなるべく混ざってきた英単語を日本語に置き換えて多めに話しかけるようにしています。

    ユーザーID:9853735442

  • ちょっと違う

    本人ではありませんが、ドイツと日本のハーフの子供を持つものです。
    無視はしないですよ。昔は私にドイツ語や英語で話しかけてきたら、日本語で返し、日本語で話しかけるように言ってました。
    12歳になった今、日本語でわからない単語は英単語で「これは日本語でなんていうの」と確認してからちゃんと日本語で全文作って言いますよ。
    うちは主人も日本語が出来て、私も日常的なドイツ語は出来ますが、以下の感じで日々過ごしています。

    父と子供
    基本ドイツ語のみ
    周りに聞かれたくない内容は日本語(周りは呆然として二人を見ているそうです)

    母と子供
    日本語のみ

    夫婦間
    英語(双方仕事は全部英語)

    英独インターに通う子供は英語も問題ありませんので、両親と子供が一緒の時は、3ヶ国語混ぜこぜになってしまいます。

    12歳のこども
    ドイツ語 ネイティブ 読み書き含む
    英語 ほぼネイティブ 読み書き含む
    日本語 会話はネイティブですが、漢字は書けません

    漢字については悩みましたが、PC入力が多く手書きの機会は少ないし、大きくなって本人が興味あれば自分で勉強するかと思ってます。

    うちは補習校に入れてませんが、日本語補習校に行かれてるお子さんは、ドイツ語と日本語はバッチリの方が多いですね。うちは父親がドイツ語と英語のネイティブなのと、普段夫婦間は英語なので、日本語より英語重視しました。

    ユーザーID:0737337300

  • バイリンガルを育ててます

    トピ主さんと同じく、ヨーロッパで現地人の夫と暮らしているものです。

    私と子供とは日本語のみで会話しています。もちろん、子供と夫(パパ)とは現地語で。これで今のところ、我が家の子供はバイリンガルに育ってます(小学校高学年)。

    日本語教育を徹底しているご家庭の話ですが、子供たちから現地語で話しかけられても無視しているお母さんはいないです。皆さん、日本語で返事してます。これを徹底すれば、ある程度は子供は「あ、お母さんとは日本語で話すのか」とインプットされるんじゃないかと思います。

    ただ、下に兄弟姉妹が生まれれば、また話も変わります。幼稚園に入るころになると周りは現地語環境になって語彙も増え、兄弟同士では現地語でしか話さない確率は高くなります。そうなると、お母さんとの会話では日本語は分かるけど、わざわざ日本語で返事することは面倒くさがってやらなくなるんですよ。どれだけお母さんが頑張れるか、にかかってると言ってもいいでしょうね。

    ユーザーID:2797117296

  • バイリンガルの前に

    無視するのではなく「●●語で話しかけてね」といえば、いいだけです。

    言い方や接し方を学ぶために、バイリンガルの前に、幼児育児と教育についても、勉強をされた方がよいかも。

    「0から4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児」「ママひとりでするのを手伝ってね」をお勧めします。

    土台があってこその、言葉ですよ。

    子供の話した言葉を受け止めて、こちらから提案すればよいのです。

    ユーザーID:8284391656

  • 自然に

    北米在住で、息子は英語圏の夫との間の子供で、今は成人しています。

    赤ちゃんの時から私は日本語で話しかけて来ました。夫は日本語が分かりません。
    夫婦間は英語、夫の親戚に会う時も、私は息子とは日本語を徹底して来て
    親戚も理解してくれました。

    息子は「私とは日本語」というのがインプットされているみたいで
    私が間違えて英語で話し掛けた時、逆に驚いてフリーズしました。
    一度も私に英語で話し掛ける事はしませんし、出来ないみたいです。

    でも皆さんが言われる様に、英語で話し掛けて来たとしても、無視はしないで諭すと思います。

    ドイツ人の母親が、子供には拙い英語で話し掛けていて
    子供は、言葉の出来ない母親だと思って馬鹿にしていたら
    ドイツに行った時に、流暢にドイツ語を話す母親に驚き尊敬したと言う話を聞いて
    私も、子供には日本語を徹底しようと思いました。英語では本心の疎通が出来ないですし。
    今は、英語に奮闘している私を息子は助けてくれます。

    ユーザーID:5260134100

  • うちの場合

    親の立場ですが、、

    親が現地語は分からないかのような嘘を言うのを勧める人がいますが、よい案だとは思いません。
    私は子供にはほぼ常に日本語で話しました。しかし私は子供が小さい頃フルタイムで働いていたので、子供は現地語が最初の言葉でした。
    子供が現地語で言った言葉は日本語で私がくり返してました。

    小学校に入ると更に英語で子供は話すように一時期なりましたが、子供には、自分の思いを素直に伝えました。私の場合ですが、「日本語で話してくれるとママはすごく嬉しい。普段日本語を話す人が周りにいないから寂しいけれども、あなたが日本語で話してくれるとリラックスできてとても嬉しい」と伝えました。日本語の学校に行かせたことはありませんが、今高校生ですが、今でも私には日本語しか話しません。敬語は話せませんが、日常会話は問題ないレベルです。

    あなたがどうして子供に日本語で話して欲しいのかの理由を子供に伝えてはどうでしょうか。子供がそれを受け入れることができれば、日本語で話すようにしてくれると思いますよ。

    ユーザーID:2626301167

  • 知人はトリリンガル

    ベルギー人のお父さんと日本人のお母さんをもつ
    トリリンガルの知人がいます。
    フラマン語(オランダ語に似た言葉)と日本語、
    それに両親は英語で会話するのと現在イギリス在住なので
    イギリス英語も話します。
    おそらく、学校で習った言語も含めると理解できる言語はもっとある
    と思いますが、彼女が普段使うのは三ヶ国語です。
    そんな彼女ですが、10歳までめったに話さなかったそうです。
    それぞれの言語で話しかけられれば意味はわかったそうなのですが
    自分がいざ話すとなるとどう話せばいいのかわからなかったのだそうです。
    両親はどちらもインテリジェンスな人たちですが
    言葉については特別なことは何もしてませんでした。

    ユーザーID:9723192540

  • もう一人思い出しました

    オランダ人のお父さんと日本人のお母さんをもつ女の子ですが、
    彼女はオランダ語のみです。
    お母さんが元通訳で語学に強く、結婚後はオランダ語が堪能になり
    家庭ではオランダ語で会話しているので彼女は日本語はできません。
    お母さんがみんなに合わせた形なので、その子は特に混乱はなかったそうです。
    ただし、オランダの学校は語学を4ヶ国語(3ヶ国語だったかも??)
    勉強するのだそうで、彼女は他にフランス語と英語とドイツ語ができます。

    ユーザーID:9723192540

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧