自治会(町内会)での役員免除

レス32
(トピ主0
お気に入り251

生活・身近な話題

班長

 現在関西の地方都市在住、40代主婦です。今年度、20軒弱の戸建が加入している自治会(町内会)の班長をしております。このたび、高齢者の方を対象とした、班長等を含む役員や、各当番(ゴミ当番、見回り当番)、一斉清掃(草取り等)の免除規定を作成してほしいとの要望が上がっており、自治会で検討することになりました。
 そこで皆様の地域はどのようになっているのか教えて頂きたいと思っています。何歳から全て免除、もしくは一部免除等・・・。

 こちらの班の状況は高齢者のみの世帯が6軒、その他は小学生以下の子供を持つ若い世帯です(もともとは昔からの住宅地だったので高齢のかたは40年以上住まれています。若い世帯は、そこにあった幼稚園が数年前他の場所に移転し、その土地が分譲地となり越してきた人たちです)
 75歳くらいからは全て免除してはどうかと個人的には思っていますが、そのようにすると10数軒で役員等を回すことになる、負担が増えるという声も上がっています。今までは規定は無く、免除については個々に対応してきたようで、高齢者の方もなかなか言い出しにくい状況であったようです。

 皆様の地域の状況を是非教えて頂けませんでしょうか。参考にさせて頂きたいと思います。
 どうかよろしくお願いいたします。

ユーザーID:3605118695

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数32

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • なぜ75?

    個別対応でよいのでは?
    それこそ80代でもお元気な方はいらっしゃるでしょうし
    若い世代だからといって 人には言いにくい事情を抱えている方もいますよ。

    それこそその都度の個別対応が無難ではありませんか?
    高齢者が言いにくいのならば 若い世代はもっと言いにくいでしょ。
    高齢者のみ特例を作るのではなく
    それぞれが出来ることを出来る範囲でする方向が平等なのでは?

    草取りなどでも 高齢者でも小学生でもできることはあるはずです。
    安易に免除項目を作ると残りの世代負担が増えるだけでは?

    ユーザーID:6834257638

  • うちでは・・・

    こちらでは隣保長(班長)といいます。
    基本的に高齢でも参加していただいていますが、活動に支障がある場合は免除になります。
    ※車の運転ができない、とかが目安
    ただし文書化された免除規定はありません。

    ただしこちらは一斉清掃は隣保長じゃなく、住んでいる人全員で行います(来ない人はいる)
    ちなみに準備は役員(5名)で行います。
    エコステーションの清掃は年に1回持ち回りで行います。ただし、これも隣保長だけが行うのではなく、その隣保の人が行いますので通常5名程度でしております。

    隣保長は地域の役(社会福祉委員やら体育委員、防犯なんとかとか色々)に付く必要があり、その場合、代表委員になるのではなく、補佐になります(実質ほぼ活動無し)


    文書化した場合、それに縛られてしまいますし、細かな例外が発生して収拾がつかなくなると思うので基本的に話し合いです。

    また、人数が少なくなった隣保(班)は隣と合併すします。
    現状では隣保長を行える世帯が5世帯を下回った場合隣の隣保と合併することとなっています。
    ※ぎりぎり5世帯あるところは可哀想ではありますが・・・

    ユーザーID:4971230804

  • 規定はない

    基本、歩けて頭もしっかりしていれば
    免除はないです
    ちょうど今役員やっていて思うのですが
    定年後は積極的に関わるの悪くない
    脳の活性化にもなるし運動にもなります

    ユーザーID:0218425479

  • できる人ができることを

    以前子どもが小さい時に、高齢者の多い弱小自治会に住んでいました。
    そこでは、小学生や幼児のいる家は朝大変でしょって言われて、高齢者がごみ当番などを引き受けてくれました。ありがたかったです。
    その代わりにできることの当番は何年も引き受けたりしてました。
    高齢者と言ってもひとくくりにはできません。元気でヒマしてる高齢者にはどんどんお役をお願いしてもいいんじゃないでしょうか。むしろそのほうがいい場合もありますし。
    お役が無理な高齢者には遠慮なく申し出て頂く空気を作ることが必要かもしれませんね。あるいは、申し出て頂かなくても客観的に誰かが判断できるシステムにするか・・。
    あるいは、制度としては75歳以上は免除としたうえで、できるかたには協力をお願いしてもいいのではないかと思います。

    ユーザーID:0650421339

  • 免除ではなく解散

    うちは新規の住民の自治会(町内会)入会率が悪く、
    旧住民の高齢化の問題もあったので一昨年解散となりました。

    トピ主さんのほうも免除ではく一度解散を検討されてはどうですか?

    ちなみにゴミ収集は各家前、正直生活に困ることは何もないです。

    一部役員免除を言い出した高齢者からクレームは来ましたけど(笑)

    ユーザーID:6885910872

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 75才は若い

    私が住んでいる地域では。

    高齢による免除ですが自己申告制です。
    同じ班の方は介護が必要になったタイミングで申告してました。
    義父(義母は他界)は80才を迎えたのを機に。
    町内会の役員の方は90才近くでも立候補して役職についています。

    トピ主が提案する75才ですが、都内に住む私の実両親が78才と77才。
    まだまだ元気ですよ。
    趣味は、登山、音楽バンド、城めぐりと地酒探し。習い事は、フラダンス、吹き矢、水泳、将棋、習字。
    先週は夫婦で沖縄旅行に行ってましたし、今度スイスの山の観光に行った後、地中海の豪華客船に数泊するらしいです。
    客船の中にドレスコードがあって着たい服があるからダイエットすると言ってました(笑)

    実両親以外の75才前後の方を見てても、まだまだ元気で頭もしっかりしています。
    元気で自由に生活している75才以上の人を見ながら、共働きで子育中の人がその世帯の分の負担も負うとなると
    正直、心穏やかではいられないと思いますよ。

    また、75才未満でも体に不自由がでてくる方もいるかもしれません。
    やはり従来どおりに『免除については個々に対応』がいいかと思います。

    高齢者の方がなかなか言い出しにくいと思っているうちは「やればできるけど」という状態で
    本当にできなくなれば「言い出せない」などと言ってられなくなると思います。

    どうしても年齢を数字にして欲しいというなら85才でしょうか。
    「85才で免除。ただし個々に対応」
    というのはどうでしょう。

    ユーザーID:2647146511

  • ○県○郡○町の大字○

    ↑のタイトルの250戸程の地域に生まれてから50数年住んで居るんですが。

    山が切り開かれて宅地造成され世帯数が増えました。

    我が家は16世帯で班長を回しています。少ないと7世帯で回す班も有ります。少ない世帯だと配り物や集金の時間が早く終わるから特かな?

    班長の仕事は配り物に集金に月1の班長会位かな?

    地域の清掃奉仕は全員参加が年に2回あり班事の公園掃除は年に3回有ります。

    全員参加の清掃奉仕のみ80歳以上で暮らす世帯のみ免除です。

    80歳以上のみの世帯も班長はしますよ。

    ユーザーID:5921244986

  • 約50世帯の自治会

    うちが参加してる自治会は、仕事をリタイヤした後の
    高齢者さんたちがとても熱心です。

    除外は、高齢夫婦のみの世帯でもどちらかが介護が必要だったり、
    若くても小さなお子さんのいる一人親世帯を役員免除してますが
    当番や班長は、特に免除はないようです。

    年齢で一括りにして全て免除してしまうのは、
    元気なお年寄りにはかえってかわいそうではないですか?

    ユーザーID:3246803192

  • 昔からおもう

    町内会って必要ですか?これから
    無くす方向で私的にはいいかと個人的に
    おもう。

    お年寄りがたまに
    ごみ置き場掃除しているけれども
    あれってどうなの?って思う

    町内会なくても
    みんな生きていけると思います
    なんですかね
    学校じゃあるまいし、生活しているのに
    そこまで、制限されたくないかな。

    ユーザーID:2473375757

  • 減らす

    それはもう役目を少なくするしかないのでは?
    うちはもう何年も前からゴミ当番などありません。
    草取りは業者の方にお願いしていますし、高齢化にともなって、若い人も負担も増えるということで、町内でやること自体を減らしました。

    その結果、少し町内会費は増えましたが、役員や町内行事の負担が減り、大好評です。
    75歳までになっていなくても、体調などが変わりやすい高齢者は参加しなくてもいいことにしたり、規約などを柔軟にしたら、住んでいる人みんなが助かると思います。
    また、徹底的にきれいに保つことをやめたら、草刈作業なども負担にはなくなると思います。

    ユーザーID:0024351207

  • 分かるような気もしますが

    高齢者の免除やってます。

    古い新興住宅地で若い人が少ないです。
    同じルールで行けばごく少数の若い人に何でもお願いするようになりますね。

    愚痴ですが
    団塊世代の少し下世代
    団塊世代の割を食ってるような気がします。
    若い人は私世代よりもっと損してますけどね。


    世代構成 ピラミッドにはならないですよね。

    ユーザーID:5353214145

  • 免除不要 というか免除したらもたない

     私の場合、マンションの理事会なので話が違うかもしれませんけど、自治会だろうとマンションだろうと、住んでる以上、役員はやらなければなりません。全員平等の義務です。

     問題は二つあって、一つは免除するからには発言権剥奪が筋です。トシだから、と役員をやらないくせに、要望、文句は人一倍、ということになります。他の人からすると「だったら自分でもやれよ」と思います。

     もう一つは、何歳から免除なのか、ということもありますが、年金と同じで、今は高齢者の数が少ないから、免除しても他の人で切り回せますが、じゃあ高齢者ばっかりになったらどうするんですか、ということです。そのときになったら考える、というのが模範解答なのでしょうが、要するに若い人に高齢者が甘えているわけです。

     役員なんて、近所に買い物に出かけられる人ならできますよ。厳しいようですが、近所に買い物もできなくなった人が、

    「申し訳ないけど免除してほしい、今後自治会に要望、文句は言いません」

    と本人の個別のお願いを自治会が聞き入れるかどうかにするほうが現実的だと思います。日本伝統の敬老精神、助け合い精神にもとると思われる人もいるかもしれませんが、今の高齢者は年齢一律で区切ってもまちまちだし、権利意識が非常に強いので、役員をやらないからってしおらしくなんかしないですよ。元気に頑張ってもらいましょう。

    ユーザーID:2298796311

  • 75歳から

     75歳から、申し出れば役員のみ免除になり、
    役員決めのクジの当番を飛ばします。
    (班長は免除されません)

     その他の理由の場合は、役員決めの班長会議で理由を話して
    その場の賛同が得られれば免除になります。
    これ、個人情報的にどうなんだろうと疑問はありますけどね。

     草むしりなどの免除は無し。
    班長の裁量で免除されてる人もいますけど
    足の悪い人は、お風呂の椅子など持参してでも来てますね。
    何だか、お喋りしに出てきてる風で、
    昔、子供会で一緒だったママ友と会える、
    年一回の機会になってます。

     でもね。子ども会は消えましたよ。
    「子ども会の役員が、子供1人なのに何度も回ってくる」という理由で。
    それで、町内会の負担が大きくなって、問題になってるようです。
    (お祭り・餅つきなどは、子供のためにやってるようなもんですし)

     高齢化した町内会。
    これこそ消えたら良いのですけどね。
    仲介する町内会が無くなると、
    市役所の負担は大きくなるし、不都合もあるんだろうなあ。

    ユーザーID:3528253822

  • 一部免除かな。

    75歳以上は役員は免除するが、各当番や一斉清掃は参加する事。
    でいいんじゃないかな。
    当番はネットだしたり、水流したり程度だろうし、
    一斉清掃は年数回でしょ?
    全部免除にしたら、高齢者の社会とのかかわりが薄れる
    特に高齢者のみの世帯は当番がある事で会話のきっかけにもなると思う。
    「今日○さんの当番なのに、出てきてないね」とか見守りの役にも立つんじゃないかな。

    ユーザーID:5724010623

  • 特には

    免除項目は定められていません。

    でも、それでいいと思ってます。
    何て言うのかなあ・・・
    ひとつの目安としてはいいと思うんですけど
    免除のパターンってけっこうあるではないですか。

    幼児のいる家庭は免除?
    子供は何歳まで免除?ひとりっ子なら?
    専業主婦か、フルタイム主婦か?

    障害のある方についてもです。
    私が入っている自治会の班には
    お若くして、肢に障害をお持ちで
    なおかつ独り暮らしの方がいらっしゃいます。
    班長、ブロック長は基本的に周り持ち
    役員は押し付けあい(笑)ですが
    誰が言うでもなく、その方には当番は回しませんし
    役員の依頼もしません。

    ならば障害のある方も免除対象に?
    では、その障害のレベルは?場所は?
    家族構成は?どんどん規則が細かくなってしまいますね。


    それに周りから見たらたいしたことないと思われても
    本人にとっては苦痛なこともあるでしょうし
    その逆もあり。

    同じ班の方で70歳のご夫婦。
    とてもお元気で、二人でバスツアーに参加したり
    ガーデニングがお好きで、よく庭仕事されてます。
    でも「もう年だから」を理由に
    班長ですら絶対に引き受けようとしません。
    年齢を理由に大手を振って免除、となれば大喜びでしょうね。

    臨機応変にやっていかないと
    ただでさえ高齢化社会の上に、互助関係が希薄で
    自治会の意義が薄れている昨今
    自治会離れが進む一方だと思ってます。

    ユーザーID:3388947051

  • 80歳から拒否権

    うちの場合、80歳以上の方に拒否権があります。
    輪番の役、一斉清掃、自治会の大役、
    いずれもご本人の意志で拒否することができ、
    反対に、やりたい高齢者は歓迎しています。
    ちなみに、世帯ではなく、個人の権利なので、
    例えば、夫が82歳で、妻75歳の場合、
    拒否できるのは、夫だけで、妻は拒否出来ません。
    完全にスキップできる世帯は、
    家族全員が80歳以上の世帯です。

    但し、班や組ごとで、家庭の事情を説明し、
    話し合いの結果、免除されるケースもあります。

    現役世帯は参加できない、引退世帯は体が動かない、
    もう、負担を減らして行くしかないです。

    ユーザーID:9365666845

  • 年齢一律ではなく

    私の住んでる地域の町内会の役員は、高齢者は要介護度に応じて免除しているようです。
    まだ自分の身に直接かかわる話ではないので、要介護のどの段階から免除しているかは記憶していません。
    ただ、町内会規約では「特別な事情が認められる場合」に該当し、明記はなく運用の範疇です。

    一斉清掃等については、幸いまだ人数がそこそこ確保できる状況なので免除(欠席ペナルティー)の制度自体がありません。

    ユーザーID:9260123686

  • 都度本人の申告

    免除規定はありません。
    お年寄りの方が時間も余っているし、元気なうちはやって貰った方がいいです。
    体調の都合で出来ないのならその家の人が事情を説明に来るべきです。
    この高齢化社会でお年寄りばかり優遇していては若い人が倒れます。

    ユーザーID:6580479110

  • 報酬と会費上乗せ

    当然自治会役員報酬はありますよね。

    できる人数が限られて、1人の負担が増えるなら、報酬を上げるしかないでしょう。
    それを、免除される人にも知らせる。
    なんなら自治会費自体も吊り上げていいと思います。
    その分報酬ももっと上乗せ。


    免除される人たちは、自治会の恩恵を、ただ受ける側になるのですからね。
    それなりの出費と、役員報酬アップはいいと思います。
    どれぐらい上げるかは、話し合って決めたらいいと思いますけど。

    ユーザーID:6657796379

  • どうかなあ

    山奥の小さな集落に住んでいます。一応、ぎりぎりで限界集落とはなっていません。予備軍です。

    特別な免除規定はありませんが、昔から女性だけの家庭は免除です。また、最近になって、年齢を理由に自己申告で免除されるようになりました。たぶん、75歳を過ぎたくらいだと思います。昔と違い、跡取りのいる家がなくなったからです。今現在、集落長ができるのは4軒だけで、その4軒(4人)がふたつの役を二年に一回順番にやっています。共同作業は、別居している息子さんが帰省して出る家もあります。これは、息子さんは住んでいなくても農業をやっているからです。作業は日当制になっていて、どんどん簡略化されています。会社に頼むことも増えました。今に本当に何もなくなるんじゃないかと思っています。

    トピ主さんのところも、免除を認め、代わりに簡略化していけばいいと思います。これは、PTAと同じ原理です。近くの小学校は人数がどんどん減っているので、役員の仕事もどんどん簡略化されています。そうするしかありませんよね。

    ユーザーID:6043357818

  • ウチの地区の場合

    年齢70歳以上。ただし家族に以下の年齢の人が居ない場合のみ。

    次に回ってくる時、旦那は規定年齢以上だけど私が以下・・・ちっ、残念!と思ったのは内緒(笑)

    ユーザーID:3491677598

  • 30代、子持ちです

    子育て中の核家族としては、今まで通り個別対応にしていただきたいです。

    我々は体力はご高齢の方よりあるかも分かりませんが、
    家事育児、仕事のみならず学校の役員なども
    引き受けていると何かと集まりがあり、休まる暇がありません。
    出来れば時間に余裕のある方、積極的に参加されたい方が
    担ってくださると本当にありがたいです。

    ユーザーID:2887029037

  • 元自治会長です

    これはどこの自治会でもある問題です。特に高齢化や単身世帯の増加により自治会の消滅に向かう問題です。
    私が自治会長のときに取った対策です。
     1免除を求めるケースを会則に明記する。
         75才以上の家族しかいない、身障手帳ある障害者がいる 介護2級以上の家族がいる。等
     2そして自動的に免除するのでなく、役員会等の承認にして個々のケースにより承認する。
       ※ここは大事で、ある家は免除でうちはダメとはおかしい。と必ず文句を言う家庭がある。
     3免除事項は 役員。行事参加 夜の出席がある役職は免除とか その自治会で参加が必要な
      ケースで個々に免除を決める。全て免除はない、
     4免除事項により会費を他の会員より増額する。但し、最高でも普通会費の2倍まで

     まあ、これでもある程度の人数はいりますが・・・ 
    参考になればいいですね。頑張って下さい

    ユーザーID:5474218293

  • 自治会はそろそろ限界を迎えると思います。

    この自治会に関する問題は何回もトピにあがっていますね。

    役員を何歳から免除するか?よりも、昔ながらの自治会を今だに運用しようというのが間違っていると思います。

    そもそも自治会は、1940年(昭和15年)に内務省の「部落会町内会等整備要領」により、市には「町内会」、町村には「部落会」が整備されることになったのを起源としています。もはやそのような法律はありませんし、それは昭和初期のラジオもテレビも普及していなかった時代に国の様々は政策を末端まで知らしめ実施するために必要であった組織で、いわば時代の遺物です。

    今本当にそれが必要でしょうか? 役員を何歳から免除するか!を時間かけて討議するくらいなら、今ある自治会の機能を分析し、本当に必要な機能は何か?もし解散したらどのような障害が出るのか?・・・等を検討してみてはいかがでしょうか?

    反対する人もいるでしょうが、実質的には何も困らないと思います。

    ゴミの収集・・・税金により自治体の仕事です。
    自治体の広報の配布・・・公民館に行けばおいてある。インターネットでも閲覧できる。
    災害時・・・高齢者ばかりで防災訓練そのもののが無理。実際の災害時には自分の身を守るだけで精一杯。
    子供会・婦人会・・・運動会などを実施したい人が自発的に計画すべき。
    公園の草刈り・・・その公園を管理する市や町に責任があります。
    街頭の電球交換・・・その道を管理する市や町に責任があります。

    どうしても残ってしまう役割があるのなら、それをする人に時間給800円ぐらいで仕事量に応じて支払ってはいかがでしょうか? 私の住んでいる地区では役員を引き受けたい人はいませんが、時間給800円ならやりたい人がいっぱいいました。もはや順番だからといって無償で何かを強制的にしてもうおうとするのは無理だと思います。

    ユーザーID:5364872768

  • 自己申告

    うちの町内は、自己申告で役員(班長)が免除になります。
    主に高齢者世帯で、ゴミ当番や会費の集金などの仕事ができ
    ない世帯が自己申告で免除になります。たまに赤ちゃんが
    生まれた世帯が数ヶ月免除しています。役員(班長)は
    1ヶ月交代でまわっており、1ヶ月数千円の謝礼が出ます。
    その費用は、月の会費から出ています。なので、免除
    される方は数世帯いますが、高齢者世帯でもできる方は
    やっています。

    ユーザーID:7894783221

  • 元自治会長です

    もうひとつあります。自治会の解散ですが、どのような不利益が生じるか考えて見ることです。
    簡単に解散を主張する人もいますが、各自治会で事情が違いますが、以下のような不都合を覚悟しなければなりません。
    1防犯灯、防犯カメラの撤去
     上記の電気代は自治会会計から支出され、市から補助があります。電力会社の電柱は個人の使用は
     認めていませんので、自治会が設置を許可されて電柱使用許可を得ています。
     自治会が解散すると電気代を支払う相手がなくなりますから当然撤去しなければなりません。
     その結果自治会範囲の地域の防犯灯、防犯カメラはなくなります。
     ご自分の家の周りは闇になります。バスの停留所も真っ暗で家まで帰る道も真っ暗です。
     ここには防犯灯もカメラもありません・・・と言っているようなものです。
    2紙ごみ等
     よくゴミは行政が回収するし、玄関まで来るから何の不利益もない、と主張する人がいます。
     市により対応が異なるのでしょうが、確かに 可燃、不燃、危険、大型、缶ビンまでは各家庭で
     対応できるでしょう。でも新聞紙、雑誌、ダンボール等はどうでしょう?回収してくれる市も
     あるのでしょうが、多いのは市を通じて廃棄物収集業が月に1回程度決まった日時に回収に来ます、
     その場所で自治会の役員が立ち会って回収してもらいます。自治会が解散すると各家庭が廃棄物
     処理業者に依頼することになります。できるでしょか?か業者が無償で来てくれるのはトラックが
     一杯になる程度の紙ごみが集まるからなのです。家庭がそんな多量の紙ごみを出すわけがないでしょう。
     無償では来てくれません。何万円かの料金を出してやっと来てくれるのです。それも平日の昼間です・
     
    簡単に解散をしたら、貴方は困りませんか?

    ユーザーID:5474218293

  • 事情を抱えていない家は無い

    年齢で区切ってしまうのは反対です。
    人それぞれ、事情を抱えながら生きています。
    協力したくても出来ない人が殆どではないでしょうか。

    老若男女、虚弱体質の人、目に見えない持病や心身の病気、障害者手帳が発行されない傍から見て分からない障害を抱えている人や家族、働きながらのワンオペ育児の親、長時間労働で参加できない人、などなど。

    逆に、75歳以上でも、お元気で活動する時間がある人は大勢いるでしょう。
    活躍して頂けたら有難いですよね。

    住民全員が無理せずできることを出来る分だけ担う、これで回していける質量まで思い切って削減して縮小することを提案したいです。
    いやいや、今まで通りやってよ、というのならば、いっそのこと自治会をやめてしまい、自治体に任せる。
    自治体町内会はあくまでも任意団体ですから、市区町村は拒否しない出来ない筈です。

    そこで恐らく「やはり自治会(町内会)は必要だよね」という意見が出てくると思います。
    その意見に同意する住民の中で、自分自身で活動参加できる人だけ集まって町内会を再結成することです。

    ちなみに私は町内会の必要性は理解はしていますが、奉仕しろ働け+金は出せ+単身者にはリターン無し、という土着民の高齢者の横暴ぶり+会計の杜撰さ+予算配分の不均衡っぷりに、町内会に不参加希望のおひとりさまです。
    ごみステーションはマンションの管理会社が綺麗に保っていますし、
    街灯は公道は自治体が、私道はマンション管理会社がメンテナンスしています。
    防犯見回りは市区町村のパトカーそっくりの青ライトの車と、消防団の消防車?が巡回しています。

    ユーザーID:1868794212

  • 一部訂正 と 青空千夜一夜様

    > エコステーションの清掃は年に1回持ち回りで行います。

    正しくは
    エコステーションの清掃は月に1回持ち回りで行います。(結果、年に1回程度回ってくる)


    他の方が書いているように今のシステムでは運用が難しくなってきていると思います。
    核家族化し、新しい住宅地ができて人数が集まり町内会ができる
    でも30年後には、若い人がいなくなり、役員が出来る人が少なくなってくる。
    現在うちの町内会は20年目。
    もう10年もすれば様々な問題が出てくると思います。

    あと、町内会の話題になると
    ごみ収集、広報の話題がありますが、これは町内会の活動の中で極々一部。
    草刈りについては色々な考えがあると思いますが
    やはり住んでいるところは自分たちで綺麗にしていきたいと私は考えます。
    (うちの町内会では参加しなかった時の罰則は無し)
    ただ、一部外部委託していますし、市に剪定してもらっている部分もあります。
    ※市の予算は有限なのでなかなか思うようにいきませんが

    婦人会は無し。
    子ども会はあるけれど、あと5年もすれば子供の数が足りなくなり、解散しそうです。
    かわりに老人会(シニア)が活性化してきています。
    ただ、町内会とは別の組織。

    街灯の電球交換。
    市が管理しているところは市が交換しています。(切れてるよーと連絡はするが)
    ただ、市は最低限しかつけてくれないので
    町内会でいくつかつけているのでそれの交換は町内会が支払っています。
    (72基街灯があり、内21基が町内会で設置)

    たしかに今の町内会のシステムは問題が多すぎます。
    しかし田舎に行けば行くほど、町内会というシステムがあるのを前提で市や学校等が運営されています。
    今現在町内会で行っていることを全て、本来行うべき市が行うようにしたら予算が全然足りなくなるだろうと思われますよ。

    ただもっとスリム化する必要はあると思います。

    ユーザーID:4854769864

  • baron様に同意

    横レスになっちゃいますがbaron様に同意です。
    具体的に町内会が何をしているのかを知らない人が多いように思います。
    それを全て市ができるという幻想も。
    広報については「ネットで公開されている」という意見が出てきますが、みんながみんなネット環境があるわけではありません。
    公民館に〜というのも、高齢の方には結構厳しかったりします。

    あと、届けば読むけれど、届かなければわざわざ取りに行ってまで・・・という人も大勢います。
    そして市は意外と重要なこと(◯◯の申請はいつからいつまで〜等)を広報に記載しています。
    広報を皆に届けるというのをきちんと行えるのが今のシステムじゃないかな?と考えています。
    市が直接行うということはそれに税金を投入するということになりますので地方なら破綻してしまうかもしれません。

    ちなみに広報や議会だより配布について多くの自治体は「協力金(うちではなんやかんやで1世帯あたり600円)」を出していますのでそれを年末に役員、隣保長(班長)に支払っています。

    ただ今の町内会には無駄が多いと思いますので、もっともっとスリム化する必要はあると思います。
    うちの町内会もできた当初(20年前)に比べるとかなり簡素化されています。
    消火訓練なんかも当初行っていたけれど、最近はやっていませんし
    避難訓練もしていません。

    町内会で問題になるのは
    ・高齢化、住民が減少してきているのに昔のまんまの活動内容
    ・総会が意味をなさず、会計が不透明
    ・どう考えてもできないのに役員を押し付ける
    などでしょうか。
    幸いうちの町内会では今のところ健全に運営されていますが
    もう10年もすれば役員の成り手がなくなってきます。
    その時に町内会のあり方を見直す必要があるんじゃないかな?と考えています。

    ユーザーID:4854769864

  • 必要性を必死に訴える方へ

    こちらでは防犯灯の設置願いは町内会を通じて行政に出すことが多いですが、その電気代は住民税で賄ってます。
    古紙回収も、新聞なら各配達所が「玄関に出しておいてもらえたらいつでも回収します」スタンスですし、ダンボールや発泡スチロールなども近隣の民間リサイクルステーションに24時間好きな時に置けます。普通ごみも各家の前に出せます。
    なので、本当に無くなったら困らないですか!?と問われても、日常的には特に困りません…としか言えません。まあ我が家は加入していますが、高齢世代の社会活動費のために寄付しているような感覚です。バス旅行とか婦人部活動とか囲碁将棋、ゲートボール…色んな活動されているようなのですが、現役世代は仕事や育児に忙しくほとんど参加できません。

    ユーザーID:2668374351

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧