特別養子縁組の真実告知について

レス42
(トピ主3
お気に入り89

妊娠・出産・育児

ぴよ

特別養子縁組の真実告知について、可能であれば実体験をお持ちの方からご意見を伺いたいと思って投稿させていただきました。

私には現在2歳の娘がおりますが6ヶ月の時に出会い、現在は特別養子縁組で家族になっています。

真実告知について言うことは決めていますが、いつ言うかを迷っており、まだ結論は出ていません。
理由は、もし自分が特別養子縁組をされた子供の立場だったら、思春期の時期に知らない方が良かったであろうと思う真実だからです。

子供に真実告知をすれば、必ず生んだ両親のことを知りたくなると思います。
1つの質問を答えれば次の疑問を知りたくなります。

上手に言葉を選んだとしても、真実はただ1つ。
その真実を簡単に書くと、主婦が知らない男の人の子供を妊娠し夫に隠して出産した。

養子の真実だけは告知し、実親の真実は隠すという方法もありますが、それでいいのか?とも思います。

小さい時に知ったら、それは同時に思春期にも知っているということです。
知っていれば考えます。考えなくていいことを考えてしまうと思うのです。
女の子ですし、興味を持って影響を受けて欲しくないのです。
逆に知らせた親を恨む可能性もあるのではないかとも思います。

若い時期は自分にとって前向きなことに時間を費やしてほしいと思うのです。

でも、真実告知をしない養父母は嘘の関係と言わんばかりの記述も目にします。
確かにそういう面もあるかもしれません。
しかし、娘に対する愛に嘘なんか微塵もありません。
子供のためであれば真実告知しようと考えます。
でも私どものようなケールの場合、早い時期の真実告知は子供のためになるとは思えないのです。

できるだけ子供にとって一番いい答えを見つけたいと思っています。

皆さんが私の立場だったら、どう考えますか?
どうかご意見をお聞かせください。

ユーザーID:0550629747

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数42

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 以前テレビで見たのですが

    経験者でなくてすみません。
    でも子供の心に関心がありテレビなどの情報があるときは必ずチェックしています。

    以前見た放送では初めから告知していた方が上手くいっていたようでした。
    大きくなってから知るのは信頼関係を崩しやすいようです。
    今まで騙していた。嘘で塗り固まれた関係だった。と思うパターンが多い様です。
    思春期に知る事になるのは特に問題になるようです。

    テレビでは幼いうちから、産んだお母さんと今のお母さん、二人のお母さんがいると教えている方が紹介されていました。
    二人とも貴方のことをとても愛しているの。
    貴方を産んだお母さんは高校生で貴方を育てられなかった。
    でも愛しているから産んで、同じように貴方を愛するママに託してくれたのよ。
    産んでくれたママがいなかったら、ママは愛する貴方に会えなかった。
    だから感謝しようね。
    といったことをお子さんに話してらっしゃいました。
    子供が求めれば生まれた産院へ一緒に行き、実の母親には会えないけれど、 病院の方からどの様なお母さんだったか話してもらっていました。
    一生懸命子供の心に応え信頼関係を築かれている様でした。

    いつかは出生の事情がわかる時がくると思います。
    その時にこそ貴方との関係を良好にしておかないと、お子さんが乗り越える助けが出来なくなると思います。
    生みの母親は愛情があったからこそ貴方を産んだ、という事を教えておいた方が、貴方との信頼関係を築けるし自分を受け入れる事も出来るのではないでしょうか。
    生みのお母さんの事情はママにはよくわからない(理解出来ない)けど、貴方を愛している気持ちはママにもよくわかる。
    そう話していくと、自分は愛される存在なのだと思えるのではないでしょうか。
    それが心の安定に繋がると思うのですが。

    ユーザーID:4155606176

  • 子供のうちの方がいいかも

    私自身が養子です。まぁ、正確には母の連れ子で、養父とは養子縁組でした。
    私はもう6歳でしたので、本当の父親ではない事はわかっていましたが、
    「お父さんができたんだ」と素直に思っていました。
    父親に会いたいなんて、一度も思った事ありません。もう45歳ですけど。

    告知せずに育てても、思春期ごろに知ってしまうかも知れません。
    最悪のタイミングになりますから、子供のうち、偏見も何も知らないうちの方が
    良いのではないでしょうか。

    よくある、子供が知ってしまう状況として、以下のものが有ります。
    ・1/2成人式や家庭科や社会科など、学校の授業などの一環で母子手帳や生まれた時の写真を出せ等と言われ、無いのを不審に思う
    ・親戚がポロッと漏らしてしまう
    ・近所の人がポロッと本人に言ってしまったり、その家の子供に言ってしまったりして本人や他人の耳に入る
    ・ホームステイなどでパスポートを申請する時に戸籍謄本を見て知る
    ・両親の血液型と自分の血液型が合わない
    などです。
    初めて知ったらかなりショックを受けると思います。

    逆に、子供のうちにさらっと知っておくほうが良いのではないでしょうか。

    話す内容として、主婦が知らない男の人の子供を・・・云々は不要な情報です。
    なぜ特別養子縁組をなさるかは書いていらっしゃいませんが、
    ご夫婦の子供が望めないのでしょうか。それなら、それを言えばいいと思います。

    赤ちゃんに来てもらいたいと思って努力したけれど、事情が有って来られなかった。
    だから別の女性が、私の代わりに産んで下さった。
    あなたを産んで下さったその女性には本当に感謝している。
    あなたの事をどこかで大切に想ってくれているはず。
    あなたは私たちの子供になるべく生まれてきてくれた。嬉しい。ありがとう。
    あなたはまぎれもなく私たちの子供である。

    ユーザーID:1587529461

  • 悩みますね…

    真実は一つなのは確かですが…
    私なら、産みのお母さんは、好きな男性と恋に落ちて あなたを産んだけど 色々な事情で育てられなかったから、私の子として迎え入れたのよ。 と、言うと思います。 いつ言うかは、本人が聞いてきたら伝える にすると思います。

    ユーザーID:3965417402

  • 小学校入学時に伝えました

    私と娘がまったくもって似ていないので、
    遅かれ早かれ誰かに何かを言われると思ったので
    小学校入学時に実子ではないと伝えました。

    私と娘が似ていたとしても、同じ時期に伝えたと思います。
    理由は、自分ならそうしてほしいと思ったからです。

    実母の事情はざっくりと斡旋所から聞かされていますが
    真実なんてわからないので娘には話しませんでした。
    仮に風俗で働いていてうっかり出来てしまった子供でも
    レイプで出来てしまった子供でも、
    私たちには変わりのない可愛い娘なので
    真実なんてどうでも良いですし
    娘にそれを伝えることも重要だと考えていません。
    死ぬまで知らぬ存ぜぬで、聞いた話は墓場まで持って行きます。

    お母さんとお父さんとは血のつながりがない
    あなたを産んだ実母さんは何かしらの事情があって育てられず
    泣く泣くあなたをお母さんたちに託した。(嘘も方便)
    あなたがうちの子になってくれてすごく幸せ。愛している。
    あなたが望むなら、20歳になったら実母さんに会っても良いよ。

    みたいな感じで娘に話をしました。
    娘は頭の回転の早い子なので上手に理解できたようです。
    問題は就学前の下の子です。
    IQは上の娘ほどではないにしても平均を軽く越えていますが
    上の子に比べて物の理解度が乏しく感じるので
    告知は様子を見て2年生くらいにするかも知れません。

    告知のタイミングはそれぞれの考えで良いと思います。
    うちは早めにして、血のつながりがないと理解したうえで
    家族関係を深めていきたかったので後悔はしていません。
    真実告知をしない養父母は嘘の関係?
    そんな阿呆の話を聞き流すのが一番です。

    ユーザーID:4082844120

  • なぜ特別養子縁組を?

    特別養子縁組の一番の目的というのは、養子である事実を隠すためにあるのだと思っていました

    また実親としては子供が後から名乗り出てほしくないから
    一切の法的な関係を断つことができるように
    特別養子縁組に出したのではないのですか?

    それなのに養子であることはともかく、実親のことを告げるべきかと悩むのは矛盾しているような気がします

    ユーザーID:0215889769

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 親戚の中に、余計なことを言う人は居ませんか?

    娘さんから見て、いとこ・おじ・おば・祖父母に当たる方は、今回の件、ご存知ですか?
    そこからポロッとバレちゃう、漏らされちゃう可能性がありますよ。

    私の夫の両親は、夫が物心ついた時には既に別居しており、通い婚状態。
    どちらが親権を取るか、子供を引き取るかで長らく揉めていたそう。
    そんな中、義母は職場の男性と二人きりで会っていたらしく、狭い小さな田舎町なので、目撃されやすいし、すぐに噂が広がり、義父が親権も夫も引き取るということで、離婚成立となりました。
    義理両親は夫に対して、事の顛末を話していませんでした。
    義母からすれば息子を裏切ったと自ら語るなんて出来る訳もなく、義父は夫を傷付けまいとして真実を隠していました。
    でも、義母の行為を知らず、離婚後も母として慕い続ける夫に、義父側の親族は怒り心頭。
    義母の行いを、息子である夫にバラしました。
    『義父がハッキリ言わないからだ!』といって。
    私からしたら、何で無関係な義父の親族がしゃしゃり出てくるのか意味不明だし、信じられないのですが、『親が言わないなら、私が言う!』と変な正義感を振りかざしてしゃしゃり出てくる人って、世の中には居るんですよ。

    いつ言うのが適正なのかは分かりませんが、しばらく言わないつもりなら、親族にもしっかり根回ししておいた方が良いですよ。
    子供達、特に女の子は低年齢でも精神年齢が高い為、察しが良いし、地獄耳だし、意外に大人達の話を聞いて記憶し、理解してますので、娘さんから見て従姉妹は要注意です。
    男の子は、基本、実年齢より精神年齢か低い子が多いですが、最近は女子並みに察しが良い男子も現れているので、従兄弟がいるなら、どんなタイプかしっかり見て下さい。
    両親がコソッと話していた事が子供達へ、そしてそれが娘さんへ、という事も有り得ます。
    子供は遠慮がないので、知った事はそのまま伝えます。

    ユーザーID:4045466667

  • ご自分だったら、どうですか?

    とぴ主さんのお悩みがイマイチわかりません。
    特別養子縁組の真実告知をすることは決めている。
    要は、どうして生母が自分を手放したかという理由を、お子さんに言うかどうか?
    ということでしょうか。

    逆にお聞きしたいんですけど、ご自分が養子だったとして、


    >その真実を簡単に書くと、主婦が知らない男の人の子供を妊娠し夫に隠して出産した。

    こんな事実、事実であっても知りたいですか?
    わたしだったら知りたくないです。
    事情があってどうしても育てられなかったので手放した、それだけじゃダメなんでしょうか。

    ユーザーID:0438622502

  • 真実告知は早ければ早いほど良い 1

    私は特別養子縁組をした虹(二児)の養父です。

    理想的には3,4歳。
    遅くても小学校就学前が好ましいです。

    それは1回切りで終りではありません。
    年齢に応じて段階的に説明を加えます。

    私はいずれも3,4歳の頃から知らせています。

    > 理由は、もし自分が特別養子縁組をされた子供の立場だったら、
    > 思春期の時期に知らない方が良かったであろうと思う真実だからです。

    それはもの凄く甘い判断です。
    どんなに遅くても思春期の前には、絶対に知っておくべき事です。
    それを過ぎてしまうと、機を失しており、致命的にマズイです。
    子には、信頼の根底が崩れ、不信感しか残りません。

    私はそういう家庭をいくつか知っています。

    > 子供に真実告知をすれば、必ず生んだ両親のことを知りたくなると思います。
    > 1つの質問を答えれば次の疑問を知りたくなります。

    必要以上のことを早期に説明する必要はありません。
    年齢に応じて段階的に説明を加えます。

    例:
    子「ママのお腹から生まれたんだよね?」
    母「ごめんね。ママのお腹が壊れていたから、違うの」
     「それ以上のことは、今はお話しする時じゃない」
     「大きくなったらちゃんと話すよ」

    子供はこういう質問を何度も何度も繰り返します。
    子供は一度で理解しません。
    子供はママの子でありたいという願望を持ち、それが事実であることを願います。
    そして何度も同じ質問を繰り返します。

    何度も繰り返すことにより、事実をかみしめて理解を深め、現実を受け入れるのです。
    年齢に応じて段階的に説明を加えます。

    最も大切なことは、問われてもビクビクして逃げないこと。
    嫌な顔をしないことです。

    養子を迎えると決めた時点で、腹をくくっておくことが良いです。
    養子を迎えた後であっても、親自身がなるべく早期に腹をくくることが大切です。
    「現実から逃げない!」と。

    ユーザーID:4954204439

  • 真実告知は早ければ早いほど良い 2

    > その真実を簡単に書くと、主婦が知らない男の人の子供を妊娠し夫に隠して出産した。
    > 養子の真実だけは告知し、実親の真実は隠すという方法もありますが、
    > それでいいのか?とも思います。

    そういう具体的な詳しい理由は、思春期を過ぎた後の方が良いでしょう。
    思春期を過ぎても、大人になっても、本人が理由を知りたがらなければ、
    具体的な詳しい理由を伝える必要はありません。

    > 逆に知らせた親を恨む可能性もあるのではないかとも思います。

    告知の時期は早ければ早いほど、その可能性は低くなります。
    逆に遅ければ遅いほど恨まれます。

    > 若い時期は自分にとって前向きなことに時間を費やしてほしいと思うのです。

    それは本当の優しさではありません。

    そう思うのは親(あなた)の弱さです。
    親の勝手な思い込みの独善です。
    それは、伝えなく無いという、後ろ向き、逃げの気持ちの弱さです。

    弱い人は本当に優しくはなれません。
    真の優しさには強さが必要です。
    現実から逃げない強さが必要です。
    そのためには、「母、強し」「父、強し」が大切です。

    また、子も事実、現実から逃げることはできません。
    子自身も、養子である現実を知り、現実を受け入れる必要があります。
    現実を受け入れるのに、その現実を自己吸収、消化するのに、時間がかかります。
    自分のアイデンティティを確立し、覚悟する必要があります。

    そのためには、幼少時、早ければ早いほど良いのです。
    幼ければ幼いほど、子も自然体で容易にに受け入れることができます。
    それが子のためです。
    案ずるよりも産むが易し、です。

    そのためには、「母、強し」「父、強し」が大切です。

    ユーザーID:4954204439

  • 真実告知は早ければ早いほど良い 3

    > しかし、娘に対する愛に嘘なんか微塵もありません。

    親(あなた)が子に対する愛情に嘘が微塵もないのは本当でしょう。

    しかし、子にとっては、告知が遅くなればなるほど、
    特に思春期およびそれ以降では、
    告知の時の青天霹靂のショックは甚だ大きく、
    親の重大な背信裏切り行為であり、
    親に対する不信がMax募り、愛情は失せます。

    そればかりではなく、子の自分のアイデンティティが
    足下から崩壊し、崩れ落ち、自己を見失います。
    荒れます。

    荒れなくても、一見平静を装っていても、
    子の態度が大人的な対応であろうとも、
    親に対する信頼を甚だ大きく失います。

    子にそのような苦い思いをさせることは、
    親の本当の愛情ではありません。弱い愛です。
    現実を受け入れる強い子に育てることの方こそ、親の強い愛です。

    > 子供のためであれば真実告知しようと考えます。

    子供のために絶対に必要です。

    > でも私どものようなケールの場合、早い時期の真実告知は子供のためになるとは思えないのです。

    どんな難しいケースであろうとも、子のアイデンティティ確立のためには、
    なるべく早い告知が大切です。
    詳しい理由の説明は、その時には必要ありません。
    案ずるよりも産むが易し、です。

    最も大切なことは、親がグラグラぐらいつてはいけません。
    そのためには、「母、強し」「父、強し」が大切です。

    ユーザーID:4954204439

  • 私なら真実は社会人になるまで隠すかな…

    私だったら子供が自立するまで隠したいです。
    もしも途中で養子だということが分かってしまったら実の両親は亡くなってしまったと伝え、子供が自立した後に真実を伝えます。

    小さい時に子供に言うことはかなり危険だと思います。
    子供だったら先の事なんて考えずに友達にうっかり言ってしまうかもしれません。
    言われた友達だって「秘密だよ」と言われても、深く考えずに自分の親や他の友達に言ってしまうかもしれません。

    トピ主さんやご主人とぶつかったときに「本当の親だったら…」と問題から逃げるかもしれません。

    私の両親はどちらも毒親で問題アリなのですが、もしも両親が自分が子供の頃に離婚していたら、引き取られなかった方の親に対して理想の親像を妄想していただろう、それで大人になって親に会った時に「こんな親だったら会うんじゃなかった」って激しく後悔したんだろうな、だからウチは離婚しなくて良かったなんて時々思っていました。

    やむにやまれぬ事情ならまだしも、実親から必要とされなかったら養父母の元にいる、なんて思春期に考えたりしたら良い事はありませんよ。

    大人になってからだったら、むしろ真実を知る方がいいと思いますが、子供のうちは何も考えずにただトピ主さんご夫婦の愛情をたくさん受けることが娘さんの幸せじゃないかと思います。

    ユーザーID:9696930480

  • 海外在住です

    夫は欧米人です。

    養子の子供、周りにたくさんいます。友達にも、親せきにも。養子をもらった人、養子として育てられた人。
    1人ならず、2人3人と養子がいる人も普通にいます。

    赤ちゃんであっても、その子が来た時から、その子の前で他の人に養子であると普通に話します。子供も物心着いた時には普通に知っています。

    実親のことは知らされているケースもありますが、まるで分らないケースもあるようです。が、これも隠さず、子供にもまわりにも話しています。

    だって、隠すことではないですからね。あなたたちが悪いことをしているわけではない。

    主様のケースは、娘さんが聞いてきたら、こうこうこう”らしい”、と伝え、”私の実母はひどい女だ”と言い出したら、”そうかも。でもあなたは違うでしょ?”でいいのでは?
    ”その人(実母)のおかげであなたに会えた”と。

    養子として育って大人になった人もまわりにたくさんいますが、皆、普通に養子だったと話します。
    成人して、実親に会った人もいますが、たいていの場合、失望するようです。で、養親がさらに好きになる。
    この親に育てられてよかったと思うようです。

    医療にかかるとき、両親兄弟の疾患履歴を聞かれます。
    その時も、間違った情報を伝えるより、”私は養子だからわからない”のほうがいいですよね。

    私は実子に恵まれましたが、もし産まれなかったら養子をもらっていたと思います。結婚前に夫とそう決めていました。
    もちろん周りと同じように、普通に養子であることは伝えていたはずです。
    子供に嘘ををついて、平気ですか?

    ユーザーID:2720054969

  • テレビの情報をうのみにしない方がいい

    25歳で真実告知を受けたお子さんのインタビューで下記のような
    気持ちの記事があったので参考までに。

    ”最近では、小さいうちから子どもに真実告知をしていくのが良いとされています。それも理解できますが、私自身は大人になってから知らされたことで、子ども時代に子どもらしい時間を過ごせたのが良かったと思っています。

    子どもは子どもなりに、その世界で生きていますよね。小さなことが人生の一大事で。思春期になればニキビができたとか、好きな子がどうだとか、中学に上がると受験勉強のことで悩んだり。

    両親と喧嘩もいっぱいしましたし、良くも悪くもいわゆる「真実告知」を受けなかったので、普通の悩みに夢中でいられたのかもしれません。両親も私の「普通の生活」を守りたかったのかもしれませんね。”

    ユーザーID:8541046391

  • なるべく早い時期の方がいい

    >逆に知らせた親を恨む可能性もあるのではないかとも思います。
    知らせないことで恨みを買ったケースは知ってますが
    知らせたことで恨まれたケースは聞いたことが無いです。

    他のレスにもありますが、黙っていてもいずれバレることです。
    実際、トピ主と同じ考えの養親が、すっと真実告知をせずにいたら
    子供の思春期にバレて「もう親を信頼できない」とグレて
    非行に走ったケースがあります。

    主さんの場合は娘さんなので、思春期に家を飛び出すようなことがあると
    彼女自身が酷く傷ついたり(それこそ見知らぬ男の子供を妊娠させられるとか)
    最悪の場合、生きて家に帰れなくなる事態に発展する可能性も否定できません。

    まだ幼い子供のうちなら、成長過程の中で折り合いをつけていく可能性が高いですが
    「本人だけが知らない」時期が長いのは、非常に危険です。

    ただ、実母の不倫に関しては「詳しくは知らないけど」で通して下さい。

    それと子供が自分のルーツを探そうとするのは、自然なことです。
    否定したり、必要以上に不安がらずに、お子さんの気持ちを受け止めてあげて下さい。

    ユーザーID:6435537841

  • まだ告知をしていませんが特別養子縁組をしました

    我が家もまだ告知をしていませんが特別養子縁組をしました。
    私の場合は児相を通してでしたが、研修などでは「真実告知は2歳までに」と何度も言われました。

    一番の理由は、どこから真実を知ってしまうかわからないからだそうです。ケースによりますがが、ご近所、保育園幼稚園などが知っている場合(うちもそうです)、何かの拍子でそのことが子供に伝わることもありえるからだと思います。
    親から聞くよりも、他人から聞かせられる方がショックが大きいそうです。(考えてみれば当たり前ですよね…。)

    うちは3歳ですが少し発達が遅いので、言葉をきちんと理解するまでもう少し待つことにしています。
    児相からは「ふたりのおかあからあなたへのおくりもの」と言う素敵な絵本も頂きました。
    読んでいると自分が泣けてくるので、まだ読んであげることができていないのですが(笑)、そろそろ一緒によんでみようと思います。
    トピ主様この様な本を取り入れていくというのもいかがでしょうか。

    実親さんについては色々なケースがあるので、実親さんの事を話すのは一概にこうした方が良いというのは難しいですよね。
    うちは実母さんと一度会い、「大事に育てます」と約束しました。
    とても良い方でしたので、息子が会いたいと言ったら、そのような機会も作っても良いかなと考えています。

    時期については、私の個人的な思いですが、真実告知は早めの方が良いかなと思っています。
    やはり先にも出ました、第3者から伝わる可能性も0ではないのと、思春期はやはり荒れてしまうお子様がいるとよく聞くからです。
    トピ主様も色々お悩みと思いますが、お互いにこの壁を頑張って(ちょっと表現がおかしい?笑)乗り越えたいですね。

    ユーザーID:1112619919

  • 実子でない「事実」とそうなった「事情」は別のこと

    なので、実子でない「事実」は告げたほうがいいでしょう。

    わけがあった「らしく」あなたを産んだお母さんはあなたを育てられなかったので、うちの子になってもらった。あなたを家族として迎えられて幸せだ。

    それ以上でもそれ以下でもないでしょう。

    トピさんは、事情をご存知ですが、それをお子さんが知って、誰か幸せになりますか?

    ユーザーID:0069739576

  • よく見て

    世界中に養子なんていくらでもいるよ。
    隠す必要なんかないよ。
    言葉がわかるようになったら遊んでる最中でも何かお話してる最中でも、言えばいいだけ。あなたが6ヶ月のときに出会ったって。
    そしたら何か聞いてくるかもしれないから、答えればいいだけじゃない?
    告知なんて...重々しくて...怖い...
    ただ、生んだ人のことは言わなくでいいでしょ。
    子供がそれを知る必要はないと思うし、あなたが知ってるのはしょうがないけど、誰も知る必要もない。どういう理由でできた子供だろうが、子供には関係ないからね。

    ユーザーID:4319457311

  • 在住国では、割と早い時期から伝えています

    在外ですが、主様親子のような方に関わる事をしています。
    日本とは異なる環境ですが、この国では割と早い時期から徐々に伝える事を推奨しています。

    ただ
    >主婦が知らない男の人の子供を妊娠し夫に隠して出産
    等は伝えず、年齢に応じて、お腹〜出産の両親(生物学的な親)と育ての親がいるんだよ程度から…です。
    養子に出された過程はどんな話(仕方がない事情)でも、本人にとっては辛い内容である可能性が高いので、全て赤裸々に伝える必要はないと私は思います。

    両親が婚姻関係にあっても、本当に望んでできた子であっても、どのような過程を経て子供を作ったか…の詳細まで、本人は聞きたくない+親の性的な面を知りたくない可能性が高いと思いますし、親もその辺はぼかす家庭は多いと思います。

    主様や日本の場合とは異なるかも知れませんが…
    ・小さい頃の方が抵抗なく受け入れ易い
    ・親子が似ていない事で子供が悩んだり、周囲がアレ?と思う事がある
    ・親が隠し事をしたり、周囲からバレる事を心配しなくて済む
    ・書類を取り寄せたり、病気や怪我等の治療等で、自分達のタイミングと関係なく伝えなければいけなくなる可能性もある

    在住国では養子縁組はそんなに珍しくはないので、親の会があって意見交換したり、相談し合ったり、問題行動対処法講習会等があったりします。園や学校でも、母+父の日等の行事や幼少期の思い出や授業等は事前に話し合い、準備をした上で行ったりします。

    ただ、その代わり子供が反抗期等に
    「本当の親ではない癖に」
    等と憎まれ口を叩き、養親が傷付く事等はあります。でも実子でも親が傷付くような事を言う時はあり…本心ではない・愛情を試している可能性、成長過程の一部である事が多いです。

    >真実はただ1つ
    主様ご夫婦は出生に関係なくお子様を愛している事。
    色々な面を考え、主様親子にとって最善の方法を見つけてください。

    ユーザーID:9816988257

  • 同じく特別養子縁組した2歳の娘がいます。

    1歳で出会い、2歳すぎに特別養子縁組、来月には3歳になる娘がいます。どうやって伝えるか迷いますよね。
    告知は早めに、と里親会や児童相談所からもよく言われていたので、さてどうしようかしらと考えつつ、1歳半くらいから?寝る前にお話しなど
    するようになってきたので、よしここで…と思って「○○ちゃん(娘)のお話しようか?」とほかのおとぎ話と同系列みたいにして
    はじめました。
    内容はなんとなく本人の言葉の理解度に合わせてます。

    我が家は「未婚の母」のパターンですが、「○○ちゃんを産んだお母さんは、○○ちゃんと一緒にいられなかったので、だれかお父さんとお母さんになってくださーいと
    お願いをしました。ちょうどそのころ、××さん(夫)と△△さん(私)は、お父さんとお母さんになりたいなあと話をしていました。
    すると、家の電話がちりりんと鳴りました…」みたいな感じです。自分が出てくる話なので、けっこう喜んで聞きます。
    詳しい事情は言ってもまだよくわからないかな?と思って伏せてますが、児童相談所には詳しい記録だってあるし、裁判記録だって本人が大きくなって見たければ
    みられるし、そのへんはまた成長具合にあわせて知りたいときに教えたいなと思っています。

    ユーザーID:7754994801

  • 世間にはびこる誤った偏見と誤解 1

    私は特別養子縁組をした虹(二児)の養父です。

    > 特別養子縁組の一番の目的というのは、
    > 養子である事実を隠すためにあるのだと思っていました

    それは間違った偏見です。

    特別養子縁組を行うときに、家庭裁判所の調査官から、
    告知を必ず行うように強く勧告されますよ。
    それが特別養子縁組の常識です。

    養子縁組を斡旋する団体も、なるべく早い時期の告知を勧めています。

    それは子供のためです。
    告知する最大の理由は、それは子供にとって
    知っておくべき非常に大切かつ重要な事実だからです。
    アイデンティティに関わる問題です。

    1:
    自分は何者であるのか。
    自分がこの私であることの核心とは何か。
    という自己定義、自己肯定、自分自身に対する自信は、
    揺るぎない不動の自己の確立に絶対に必要です。

    2:
    どんなに隠しても後からばれることが多々あります。
    進学、就職、、パスポート取得、結婚の時に、
    戸籍謄本の付記番号(これを消すことは不可能)の有無で、
    法的に分かる人には分かります。

    近所や親戚のお節介な人によるつげ口によるリスクがあります。
    「おまえはもらい子だよ」

    もし、事前に告知していなければ、後で大変なことになります。
    それが原因で家庭崩壊や、人間不信に陥ったケースを私は知っています。


    続きます

    ユーザーID:4954204439

  • 世間にはびこる誤った偏見と誤解 2

    3:
    親と顔・体型がまるっきり違えば、子は不信感を強く抱きます。
    上記2の事実を知らない人からも、例えば友だちから、
    「おまえ、親と顔が似ていないじゃん! 捨て子だったんじゃないか?」
    と言われバカにされることがあります。

    特に男の子は、事実の有無に関わらず、
    些細なことをからかい・いじめの対象とする傾向があります

    もしそれが原因でいじめを受けた場合、後に養子であることを知れば、
    隠したことで養親を強く恨みます。

    いえ、他人からそういう指摘を受けなくても、子自身が、
    「何かが違う、本当の子じゃない、本当の親じゃない?」
    と気づくことがごく普通に多々あります。
    疑問を抱かないケースの方が希です。

    隠し通せる確率は低いです。

    私も知人から
    「兄弟姉妹(子供)の顔がぜんぜん似てないが、
    あなたとも顔が違うが、養子ですか?」
    と問われたことがあります。

    随分と不躾、失礼な人だなと私は思いましたが、
    それが世間の一般的な反応です。
    常識のある人は、そうは思っても口に出しません。遠慮します。
    しかし、常識のない人は、無遠慮に厚かましく聞いてきます。

    本人や親にそれを問いたださなくても、黙っていても、
    近所ではそれが噂になっているかも知れません。

    お節介な人、失礼な人に、いちいちそれに立腹しても仕方ありません。
    事実と現実を受け入れ、開き直る強さが、
    親にも子供にも必要なのです。

    そのためにも事前の告知が大切です。

    ユーザーID:4954204439

  • 世間にはびこる誤った偏見と誤解 3

    > また実親としては子供が後から名乗り出てほしくないから
    > 一切の法的な関係を断つことができるように
    > 特別養子縁組に出したのではないのですか?

    それも違います。

    実親と法的な義務・権利関係を絶つのが主目的ではありません。
    養親と法的な強い関係を築き、法的な保護を得られるようにする
    ことが最大の目的です。

    > また実親としては子供が後から名乗り出てほしくないから

    後から名乗り出ることはいつでも可能です。

    しかし、実親がそれを望まない事情があれば、
    養親および子供は、実親のその意志を尊重すべきです。

    後から名乗り出ても、法的な義務権利関係は絶たれていますから、
    扶養する義務も、相続する義務と権利も、双方にありません。

    ただし、扶養も相続も施す側の任意(好意)で執り行うことは可能です。

    なお、養親が実親のこと(住所等個人情報)を伝えなくても、
    子が戸籍の付記番号を元に調査すれば、
    実親の戸籍にたどり着くことができます。
    (実親が不明の場合等を除く)

    戸籍情報を完全に隠蔽化することは、
    隠し通すことは不可能です。

    > それなのに養子であることはともかく、
    > 実親のことを告げるべきかと悩むのは矛盾しているような気がします

    実親の具体的な負の情報は子供が大きくなって、
    子供から問われるまで伝える必要はありません。

    子供が養子であることを理解した(知った)後、
    将来大きくなって実親に会いたい、実親のことをもっと知りたい
    と願うことは、実際に多々あります。

    その願いは尊重されるべきです。
    隠蔽されるべきではありません。
    それがその子のアイデンティティ確立に重要な力になるからです。

    ただし、実親に会うのは思春期以降、
    理想的には成人してからの方が好ましいです。
    すなわち、大人の事情が理解できる年齢になってからの方が好ましいです。

    ユーザーID:4954204439

  • うーん

    子供に恵まれなかったので里親制度を利用しようとしていたものです。

    どういう経緯で特別養子縁組をなさったのかわかりませんが、養子や里親と暮らす親の会のようなものには入っておられないですか?

    児童養護施設経由で里親になったり養子縁組をしたりする場合、実子でない子をもつ親が実子のみの夫婦には相談しにくいことなど悩みを共有するような会があったと思います。(その会には子連れで参加できるので、養子同士のお友達や里子同士のお友達が出来て、養子がもつ悩みも共有できる…のかな、こっちはよくわからないですが)

    たしか、虹の養父様もかかれているように、小さいときから告知するのが良いとされていたと思います。「自分のアイデンティティを確立」する為に必要だから、だったと思います。何度も何度も同じ質問をしながら理解するというのも聞きます。その度に親との関係を深めたり理解していく事になるのではないでしょうか?

    たしか養子のことをざっくり説明している絵本があったと思います。恐らく幼少時に告知をした際に幼児の理解を助ける為の絵本です。まずその本をトピ主様が読まれてはいかがですか?

    ちなみにですが、「主婦が知らない男の人の子供を妊娠し夫に隠して出産した。」というのは言わないと思います。主婦が出産したが、どうしても育てられなかったらしい と伝える程度に留めます。

    ユーザーID:3936234969

  • 「テレビの情報をうのみにしない方がいい」について 1

    > テレビの情報をうのみにしない方がいい
    > 25歳で真実告知を受けたお子さんのインタビューで下記のような
    > 気持ちの記事があったので参考までに。

    これもテレビ等の情報の1つの事例ですよね?

    テレビは意外性の高い特異事例ほど、ことさら大きく報道する傾向があります。
    そういう意味において、このケースも含めて、
    「テレビの1情報をうのみにしない方がいい」
    と私からも申し上げます。

    このケースについては、結果論として、それで良かった。
    と言えるでしょう。

    そういう事例が多々あることを私は仲間を通じて知っています。
    しかし、それで失敗した事例、悩んでいる事例をもっとたくさん知っています。
    失敗リスクの方が極めて高いという現実があります。

    この事例については、
    いくつかのラッキーな条件が重なっていたことでしょう。

    1:
    良好な信頼関係を築くことができていた。
    ある程度の反発や反抗期、普通の親子喧嘩も必要。

    2:
    大人になってから告知を受けても、それを素直に受け入れることのできる、
    そういう性格と理性のある心の強い子(大人)であった。
    (大人になってから告知を受けても、人生観の再構築や
    親との信頼関係に悩んでいるケースも少なからずあります)

    3:
    大人の事情が理解できる分別のある大人の年齢になるまで
    揺るぎない自己と人格が確立された年齢になるまで、
    無事隠し通すことができた。

    4:
    周囲(近所や親族)に無神経なお節介な人がいなかった。

    5:
    親の顔や体型と著しく異なってはいなかった。
    それが原因で友だちからイジメを受けていなかった。

    6:
    子が「何かが違う!?」という、疑念を抱くことなく、
    そういうことに悩むことなく、普通に成長することができていた。
    (天真爛漫に平穏に成長することを多くの親は望みますが、
    しかし、現実はそうではないケースが多々あります)

    ユーザーID:4954204439

  • 「テレビの情報をうのみにしない方がいい」について 2

    続き

    こういう複数のラッキーな条件が積み重なった上での、
    このケースについては、結果論として、それで良かったね。
    と言えることでしょう。

    こういうラッキーなケースも実際に多々あります。それは事実です。
    しかし、このラッキーな確率は私の知っている限り、低いです。
    むしろアンラッキーなケースの方が多いです。
    特に一番問題となるのは、上記6番のケースです。
    (4や5番のケースも大きな問題ですが)

    子が「何かが違う!?」という、疑念を悶々と抱くようになると、
    そこで親(養親)がそれを否定・否認すると、その子の人生観が歪みます。
    子を益々苦しめます。

    もしその時点で親(養親)がそれを肯定(告知)しても、
    不信感が新たにメラメラと募ります。

    または、その時に、子が親を許したかのように、受け入れたかのように、
    一見思えても、子が大人的な良好な対応と反応を示したとしても、
    油断はできません。親はそれで一安心してはいけません。
    むしろその方が問題は深刻なケースが多いです。

    いずれにしても、お互いに不幸になる確率が極めて高いです。
    わたしはそういう事例をたくさん知っています。

    ご紹介頂いたこのケースのように、真実告知を大人になって行って
    上手く行くラッキーな事例が多々あるのは事実です。
    大切なことは、子の大切な人生と人格形成を
    そのラッキー(幸運)に賭けちゃいけないということです。

    告知することよって子は多少悩むことがあることは事実です。
    それは避けられません。
    しかし、その事実から親も子も逃げてはいけないのです。

    真実告知は早ければ早いほど、
    子の悩みと負担は軽く、受け入れやすく、
    子のアイデンティティ確立と自我および人格形成に、
    大きな力になります。

    思春期前後にばれることが一番マズイです。

    ユーザーID:4954204439

  • 訂正

    2018年1月23日 に投稿した私のレス中の「児童養護施設」は「児童相談所」ですね。
    訂正いたします。
    説明会に参加して年月が経つと記憶があやふやに成りますね。すみませんでした。

    ユーザーID:3936234969

  • 差し出口ですいません

    私は経験者でも有識者でもありません。見当違いなことを言ってしまうかも知れませんがご容赦を。

    まず特別養子縁組制度を利用されたことに感謝します。ありがとうございます。

    1.露見の危険性をどのくらい見積もるのか?
    秘事とは常に露見の可能性があるものです。その危険性と露見した場合のリスクをどのくらいに見積もるのが良いのか?まずこの点を十分に検討して頂きたいと思います。
    露見してしまった場合、そこまで構築してきた関係が瓦解し、一気に負の感情が芽生えることになると思われ、非常にハイリスクだと考えられます。
    そこまでの関係が良好であるほど高所からの落下になり、衝撃は大きいものと考えます。

    2.関係の構築には時間が必要。
    親子関係(実子の場合でも)の構築には時間が必要だと思います。それこそ一生をかけて構築していくものです。
    ずるい考え方ですが、幼児は一人で生きていくことが出来ません。幼少期に事実告知をし、例えその時点で負の感情を抱かれたとしても、その後10年程度の時間的猶予があると考えられます。その間に親子関係を再構築することは可能だと思います。
    逆に、大人になってから事実告知をした場合、大人だからこそ受け入れて貰える可能性もありますが、その時点で負の感情を抱かれた場合、そのまま出て行ってしまう可能性は否定できません。時間的猶予がないと考えられます。

    3.事実告知の結果はそれぞれ
    同様のケースで100人に事実告知をしたとして、された本人がそれをどう捉えるか?それは十人十色でしょう。一般論を持ち出さない方が良いと思います。
    やって見なければ分からない以上、その後の対応に幅が残されている方を選ぶのがベターだと考えます。

    私は特別養子縁組について甘い考えを持っていました。
    虹の養父さんやエリさんのレスを拝読して、非常に考えさせられました。

    ユーザーID:0831332485

  • 子どもの立場から一言

    養子として育ったものです

    こういう場面って、いつも「養子を貰った親」からの意見しかありませんが
    養子として育ち、高校入学の手続きで戸籍を見て自分が養子だという事を知った
    かつての子供だった私の立場から言わせてもらえれば


    子供自身が何歳の時に伝えても
    養父母であるあなた達の愛がゆるぎないものだったとしても
    貴方たちには絶対にわからないほどのショックが子供にはあります

    私の場合はその文字を見た瞬間暗闇に落とされた気持ちになりました
    20年以上たった今でもあの時の感情ははっきり覚えています

    そしてその後必死で今までの親子関係を見直し自分の中で納得する作業を無理やり行いました

    小さいころに伝えれば疑心暗鬼のまま大きくなる子供もいます
    結局他人なんだと思う子供もいます
    親の愛情がゆるぎない、血のつながりなんて関係ないと思えるなんて
    どれだけ小さいころから伝えたとしても、自分が親の立場になってからだと思います

    子どもは利口ですが、割り切れるほど利口でもありません

    大人の勝手で、想像で、覚悟がアイデンティティだの言いますが
    ご自身が養子の立場になってから言ってみれば良いと思います

    親子関係で養子告知の結果は変わるのは事実ですが、養子であることを知り
    親に嫌われたくないあまり養子であることは異例ではない
    むしろここにもらわれて幸せなんだと思い込むことで逃げる子供もいる事も事実です

    貰った親が悩む事以上に、いやそれの何百倍も、子どもは養子であるがゆえに葛藤が増えます

    上手くいった事例ばかりネットでは目が付くと思います
    そして話す会合でもうまく言った場合の人しかほぼ話しません
    だれが失敗例を話しますか?

    産み育てるのも親のエゴですが、養子を貰うのも親のエゴです

    そのエゴの結果、養子に不要な苦痛を与えるのです
    是非 考え抜いてほしいと願っています

    ユーザーID:6048678261

  • 早ければ早い方がいい

    同級生が養子でしたが小学低学年から聞いていて素直に受け入れていました。
    もう一人の養子の人は中学で知り、ショックから荒れて家出をしたそうです。

    代理母出産をしたママ友は、幼稚園の年少の時から物語のようにして優しくお子さん達に(双子です)お話ししていますよ。

    ユーザーID:9575034406

  • 全てを受け止める

    大変悩ましい問題ですね

    私が高校生でまだ個人情報が取りざたされていないころ、友人の名簿の両親との間柄の欄に「養女」と書かれていたのにびっくりしたことがあります

    正直に書くものとはいえ、これは…と子ども心に思いましたが、本人はケロッとしていて、それが当たり前だったのかもしれません

    また、私の叔父は子どものいなかった大伯父夫妻に生まれたばかりのころ引き取られ「実子」として育てられました

    大伯父夫妻は裕福で、母子だった実の家庭に比べ何一つ不自由なく暮らしたはずですが、真実を思春期以降に知った叔父の実母に対する思いは「捨てられた」

    トピ主さんはお子さんを実子として引き取られた

    相当な覚悟でのご決断でしょう

    真実を告げて子どもどう反応するか、子ども自身にもわからないことです

    だからトピ主さんにできるのは、子どもがどう反応したとしてもそれをすべて受け止めることです

    そしてその一方で、その子どもの苦しみや悩みは自分のものでなく、その子どものものであると認識し、尊重し、見守る覚悟をすることでしょう

    真実を告げるのはトピ主さんたち両親に、子どもに対するそんな覚悟ができたときではないでしょうか?

    ユーザーID:0599157095

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧