猫の排尿障害

レス7
(トピ主2
お気に入り12

生活・身近な話題

茶太郎

猫の排尿障害について質問です。

3カ月前に保護した猫(推定5歳の♂)がいます。
自分で毛づくろいをしようとするとバランスを崩して倒れてしまうのと、多飲多尿(常に尿は垂れ流しの状態)、餌や水を飲むとき後ろ足をパタパタさせてバランスが上手く取れていないようだったので病院に連れて行ったところ、重度の腎不全と猫エイズという診断を受けました。
重度の腎不全の割に多飲以外、便はキレイで吐くこともなく食欲もあるので、更にレントゲンを撮って詳しい検査をしてもらうことにしました。
結果、どうやら事故に遭っていたらしく、後ろ足の関節部分と尻尾の付け根の骨が飛んでいて上手く排尿ができない為、腎機能が低下しているのではないか?との事でした(診察を受けたときは、尿がパンパンに溜まってますと言われました)。
排尿を促す薬以外、治療法がないと言われたのですが、手術で治すことは無理なのでしょうか?…

似たような経験をされた方がいらっしゃいましたら、どう対処されたのか教えて下さい。
やはり排尿障害をもっている猫は長生きできないのでしょうか…

ユーザーID:5178004433

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数7

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 獣医師にも

    専門分野・得意分野が違います。

    直せるかどうかは私自身が獣医師ではないので論じられませんが、股関節とシッポの骨の問題であるのであれば外科に強い獣医師を探して診察を受けるのも一つの手段です。
    泌尿器可に強い獣医師を探すのでも良いでしょう。

    我が家の近くにある動物病院の医師は外科最強と言われる医師なのだそうで(ほかの動物病院の医師からしらされた)、遠方からペットを連れてくる飼い主さんもいるようです。

    5年ほど前に看取った愛猫を後期にはその獣医師から「わたしは循環器系専門ではないので、私の診断と治療法に不安をお持ちでしたらセカンドオピニオンを立ててください」とさへはっきり言う方だったので、遠慮なく循環器泉温の獣医師の診察を受けさせてもらったな。

    ただ、費用面での覚悟はなさってください(涙
    保険が利きませんので万札が面白いほど飛び去って行きます(号泣

    腎不全だけでなく猫エイズも持っているという事ですから、あまり長くは生きられないでしょう。
    でも、せめて排泄することやご飯をたべることが「幸せにゃ〜ん」と楽しめる環境だけは提供してあげてください。

    手がけることで改善させられるポイントがみつかりますようにお祈り申し上げます。

    最期になりましたが、保護くださいましてありがとうございます。
    猫に変わって感謝申し上げます。

    ユーザーID:6114780505

  • 愛猫も・・・・・。

    辛いですよね。ウチの愛猫、薄く血尿、ストレス‥軽く診られ、過誤。10カ月で腎臓に直、管を。尿を出す緊急手術。なかなか麻酔覚めずオロオロ。の翌々日。尿管も開管手術。砂状の数えきれない石…貧血。奇跡の生還!なのに、術後の丸一日以上排尿なく、癒着か?諦めの退院。夜中に貫通!尿!に嬉し泣き‥…。
    今、1年8カ月。5k。腎臓にも石3個。。。なのに俊足、めちゃくちゃ元気が、不思議。
    療養食は勧められませんでしたか?市販で、のパッケージは不確かなので、獣医師さんに訊かれたら?
    『ロイヤ〇カナンの、腎臓ケア、ポウチタイプ』を。カリカリタイプは、『腎臓サポー〇ドライ』尿路結石に『Ph〇〇療法食フィッシュタイプ』も勧められました‥…魚嫌いで‥。鴨鶏肉系が好き。ケーキ、バタークッキー、ソフトクリームの匂いに走って来るけど、禁止。『おやつ』、人間の食べ物、あげてませんか?欲しがっても、可愛いのなら、ちゃんとしたキャットフードを。
    腎機能25%で、今はとにかく排尿を。結石は、シュウ酸カルシウム系でした。尿路結石を防ぐ為、『ブル〇バッファロー WU』のみを与えています。。
    今のところ、これしか無くて。。

    体重も、本当は、4‥7~9迄と。食いしん坊で‥…。
    1歳‥…そしてあの手術した日が近づくと‥…大丈夫?しんどくない?と、心配で‥…。
    何も言えないから‥…。
    長生きして欲しいですよね。

    ユーザーID:8527242771

  • 難しい・・・・・。


    縁あっての、猫生活。
    ペットショップで、妙に寄ってき、指を追って楽しそう~に惹かれ

    獣医師先生は『遺伝かも』と。
    思えば、ウチに来て、排尿回数4~5回以上だったから、そうだったかも‥…と。
    初めての、飼い猫。保険なんて要らないわ~。
    『手術、器具、薬、麻酔、宿泊費などなど』おおよそ、40万円。退院後もう一度検査2万円。。半年後、MRIなどなど4万円。
    その後もctを撮れば1~2万円。。医療費、痛すぎ!!(涙)!
    人間の子と一緒『ウチの子』ですよね。
    ほんと、覚悟!です。
    毎月、のみ、ダニ避け『レボリュ〇ション』『WU』の購入へ峠を越え、他県の獣医院に、行くのは、夫。
    前、誤診に依り、手術になり、今に至っています。『動物の命を守る』の、キャッチフレーズに、呆れます。
    大学病院で、腎臓に直接、管を通し、出す。麻酔が危険だったりするらしいです。
    又次の方法として、身体の外に管を取り付けた生活‥…管は、外国から取り寄せ15万。手術費諸諸。消毒の心配。その処置で、完治ではない。始終注意が必要~と。ウチの子、入院中、尿が出ず『先生も、諦め』の、退院。が、尿が夜半に出。3日目に、飛び跳ね階段も駆け上がる。大学病院へ電話「凄く元気ですが、今の状態、諦め?なのか‥…」と検査。大学病院の教授先生もびっくりされ!たとか。キリキリの数値だけれど、数値が凄い快復ですね~と。担当の先生も、喜んでいただいた‥…。若さなのか、普段目一杯走り回って体力ついたのか謎?
    今は、『サプリメント』で、喉が乾き、『水を飲み』『排尿』『療法食』‥…。目一杯遊ぶ、愛猫中心生活です。

    ユーザーID:8527242771

  • トピ主です。

    レス頂いた方に感謝申し上げます。

    排尿を促す薬を飲ませはじめて1カ月が経ちますが、今のところ垂れ流しの症状が緩和したように感じます。
    セカンドピニオンも考えましたが、今連れて行っている動物病院は10年以上お世話になっていて、とても信頼できる先生なので、この子も任せてみようと決めました。

    猫エイズは発症せず寿命を全うする猫も多いと聞いたので、少しホッとしています。
    ただ、排尿障害で腎臓が悪いため去勢手術ができないので、これから発情期がきたらどうしようかと…汗。

    この子にとって何がいちばんいいのか、先生と相談しながら、長生きできるように最善を尽くしたいと思います。

    また何か問題発生しましたら、相談させて下さい。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:5178004433

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • いかが?

    『茶太郎さん』猫ちゃん、如何でしょうか?
    少しずつ、良くなってますか?
    苦しくても、言えないから‥…可哀想ですよね。
    可愛い甘えたの 鳴き声が嬉しいです‥…‥。

    今月初め、愛猫、血尿少し…‥
    後、尿出ず‥…で、検査。。数値??なくらい。。
    また腎臓!?
    レントゲン、血液、超音波 検査に、振り絞った怒りの「シャーッ!!」が、響き渡り‥…‥
    ぐったりケーージで、入院5日。
    尿管、半詰まり‥…静脈点滴。皮下点滴。
    また半死半生で…‥(汗)
    今回は、退院後、回復に5~6日‥…‥トボトボ歩くのみ。
    『ラプロス』を、2錠。 導尿剤 ?サプリメント ウロアクト1錠。です。

    今は、元気に食欲もあり落ち着いています…‥
    ヒヤヒヤ‥…‥しながら、『薬&サプリメント』『療法食』です。
    『茶太郎さん』どんな療法食でした? Cd. カナンのCLt とかでしょうか?
    そちらは 食欲ありますか?
    白湯を冷まし、水分補給させてます。

    前の、投稿で‥…『最終手段としての手術‥』…『尿管』の別に『新たな管を体内に…‥』だそうです‥…‥『体外に』は、動転して聴き間違えました。

    ユーザーID:8527242771

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 採尿は?

    かわいそうな猫ちゃんですね・・・

    我が家には事故により脊椎損傷で半身不随の猫がいました。
    自分ではおしっこが出来ないので
    朝晩尿道に麻酔をし、カテーテルを入れて私が処置していました。
    もちろん病院で教えていただきました。
    採尿の後は膀胱洗浄をし、細菌感染対策もして、
    そんな生活で10年生きていました。
    採尿するとラクということは猫もわかっていて
    おとなしくしていましたよ。
    トピ主さんの猫ちゃんも男の子なので採尿しやすいと思います。

    10年来の信頼されていらっしゃる病院だということですが、
    他の治療や処置の方法もあるので、私もセカンドオピニオンをお勧めします。
    これは猫だけでなく、結果、トピ主さんの為でもあります。
    獣医師さんは本当に先生によって違います。

    尿問題は大変なので他人事と思えずレスさせていただきましたが、
    採尿という選択肢もありますし、手技さえ慣れてしまえば
    簡単なので一応選択肢として考えてみてください。
    猫ちゃんとトピ主さんにとって、よい解決策が見つかることを
    願っています。

    ユーザーID:5945399990

  • Coach様

    ご心配くださり、ありがとうございます。

    Coach様の猫さんも大変ですね。
    その後、落ち着かれてますか?

    うちの愛猫は今のところ排尿を促す薬以外、特に療法食やサプリ等は与えていません。
    最初に病院で血液検査をしたときから、腎臓の数値がとんでもなく悪いのですが、多飲くらいしか目立った症状がなく、元気に過ごしております。
    うちの愛猫の場合、尻尾の骨折が原因で排尿障害を起こしているそうで、薬でうまく排尿がコントロールできるようになれば、腎臓の数値も下がる可能性があるとの事です。

    5年も野良生活をしていれば、色々な病気もあるだろうし、虐待にも遭っていたかもしれません。
    今は、この子が苦しい思いだけはしないように、美味しくご飯を食べれるように、穏やかに毎日が過ごせるように、人間の愛情を感じてもらえるように、できる限りのことはしてあげようと思います。

    ユーザーID:5178004433

  • トピ主のコメント(2件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧