LED街灯が眩しすぎる

レス49
(トピ主6
お気に入り72

生活・身近な話題

ほたる

レス

レス数49

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ご意見くださった方々、ありがとうございました1

    トピ主です。このような小さな呟きに、色々なご意見をいただきまして、皆様本当にありがとうございます。あれからひと月あまり、私なりに、LEDの強烈な光で困らないように、色々と検証を試みておりました。

    そして、このトピの中でつい星がなんたらとか、ほっとするがなんたらとか、感傷的な表現をしてしまったことで、本当に伝えたいことがぼやけてしまったことを少し悔いました。

    確かに、星が見たければ灯りのないところに行けばいいのです。田舎なのでそんな真っ暗な場所は周囲にたくさんあります。ほっとできない不満を感じるなら、そんなギラギラした光のあるところを私が歩かなければいいのです。

    ただ、私の言いたかったことは、そこではないのです。
    お詫びして追記させていただきます。

    LEDの光について同じように辛いと感じていらっしゃる声も数多くいただき、そうだよねぇ、わかってくれて嬉しいよ〜、車のライトもそうだよね、あまりにも攻撃的でこわいくらいなんだよね〜、などと、心強く感じると同時に

    全くそのようには感じない、というご意見もあり
    それは、人には様々な感じ方がありますからそういう方ももちろんいらっしゃるでしょう。
    それを否定する気持ちは全くありません。

    LEDの性質や利点、弱点等、科学的な部分をわかりやすく教えてくださった方もいて、大変ためになりました。

    そして、そもそも夜に外を歩くなんて…、というご意見。
    事務仕事なので普通に生活するだけだとどうしても運動不足になり、歩ける時間は夜だけなのでそうしており、街灯も人通りも多く比較的安全な団地の中や外周を歩くため、その点はこの話題ではお目こぼしいただきたいと思います。

    そして、目の病気では、というご意見も少なからずあることで、『それね〜。認めたくはないけれど自信はない。齢だし…』とも思い…久しぶりに眼科にも行って参りました。

    続きます

    ユーザーID:1889788746

  • ご意見くださった方々、ありがとうございました2

    結果、元々遠視と老眼は持っておりますが、眼球そのものには全く異常も病気もありませんでした。皆様のアドバイスのおかげでひとつ安心できました。ありがとうございます。

    そのとき眼科の先生に、夜の街灯の光が眩しく感じて叶わないという話をしたら、それは私のかけている遠視の眼鏡のせいもあると思うよと言われました。
    近視の人とは逆で、遠視の眼鏡は凸レンズ、つまり光を集めてしまうので、同じ光でも普通の人より眩しく感じるというわけです。
    だから私の眼鏡には、太陽光を眩しく感じないように元々ごく薄く色を入れているのですが、それでもLEDのあの眩しさには全く太刀打ちできなかったというわけでした。

    これが光を集めるのが原因なら、そうか集めなければいいのかと、試しに夜散歩のとき眼鏡を外してみたら、景色とともにあの刺すような光源が多少ぼやけて見えたので、これは大成功。眩しさという苦痛はだいぶ軽減されました。

    私は50代前半で、この10年くらいは齢相応に目の老化も進み、更に仕事中はパソコン画面を凝視せざるをえず、目の疲れは若い頃に比べてたしかに強く感じています。
    ただ、こんなくたびれた目でも、LEDの街灯になる前は、夜の街を照らす街灯の光を眩しいとも、逆に、以前の蛍光灯や白熱灯が照らす夜の街を暗いとも思ったことはなく
    … そう『なんとも感じなかった』のです。これが重要なことです。

    この、『元々はなんとも感じなかった』ものが、電球がLEDに変わったことによって、
    ひとつには 眩しすぎる という単純な不快感と、 もうひとつ、
    何人かの方が書いてくださったとおり、光源が眩しいわりにそのあたりを逆に暗いように感じるという、『なんだか異様な感じ』が生まれた、この『嫌な感じをともなう変化』は、本来さほど神経質ではない私が気になるくらいだから、意外と大きな問題が潜んでいるのではないかと思うようになったのです。

    ユーザーID:1889788746

  • ご意見くださった方々、ありがとうございました3

    私の住む街は丘の上にあり、あちこち坂道で階段も多いので、その高低差によって余計に光の眩しさを意識するということもあるでしょう。

    どなたかが書いてくださったとおり、視線より高いところにある街灯は直接目に入らないからそれほど眩しくは感じません。

    問題となるのはあちこちにある背の低い街灯、つまりほぼ目線の高さ、または土地の高低差によって目線より下に位置する光が多いということです。

    坂や階段を上るときはそれが視界に入ってこないのでいいのですが、困るのは下りるときです。
    視線より低い場所にいくつも、四方八方に広がる眩しい光源が点在し、その光が目を眩ますために足下が驚くほど暗く感じ、よく見えないため、こわいなと感じます。ただ、その光源を手で遮れば、普通にそこそこ明るい足下に、なるのです。

    そして思うのです。あの眩しい光はいったい 何を 照らそうとしているのか?
    明るくすることで闇に紛れた犯罪を防止することと同時に、夜にそこを歩く人の足下を明るく照らすためにあるのではないのか?

    誰もいない頭上や、通行人の眼を刺すだけとも思える横方向にも、ただ無造作に撒き散らされる強い光線は、歩行者にとって邪魔でしかない。

    せめて上と横はなんらかのカバーで覆って光を適度に遮ったほうが、照明本来の役目を適切に果たすにちがいないのにと。

    そして、なんといっても眼を刺すあの光源のぎらつき。あれを和らげるものをせめてなにか一枚まとってくれたら…。うちから半紙を持ってきて巻いてやろうかとすら思うことがありますが(笑)
    光源さえ直接見えなくしてくれたら、足元は明るいままで、光じたいも柔らかいものに変わるだろうに。

    なんであんなギラギラしたものに、気のきいたカバーの一枚もついていないんだろう…市にそれだけの予算がないのか? はたまた製作者にセンスがないのか?…などと、悶々としながら歩いています…

    ユーザーID:1889788746

  • ご意見くださった方々、ありがとうございました4

    それから何人かの方がおっしゃっていたように、車のヘッドライトも相当強烈ですね。坂の下から車がギンギラの光全開でこっちへ向かってくると、も〜〜やめて〜〜勘弁して〜〜という気持ちになります…。視界に掌をかざして目を守るか、目をぎゅっとつぶって車が通り過ぎるのを待つしかない。
    車のライトが眩しすぎるという声は一般的にもよく聞くので、これからメーカーさんが改善していってくれることを期待します。

    眩しさなんて、我慢することはできますよ。
    気にしないことも、できると思います。
    避けようと思えば、避けられることですし。夜、私が外に出なければいいだけです。

    でも、余計なお世話かもしれませんが、心配なんですよね。
    仮に私の目が病んでいるまたは弱っているとして、病んで弱っている目が辛いとか痛いと感じるような刺激を持つ光は、やがて、今は若くて健康な目を持つ方の目をも、いつか病ませることになりはしないかと。

    病んで弱っている目にとって『なんでもない』光は、健康な目にとっても当然『なんでもない』はずですから、その方が大多数の人の目にとって、いいことでしょう。
    公共の設備である街灯や車を運転する人にとっては避けられないヘッドライトの強烈な光が原因となって、長い時間をかけてゆっくりと人の目を傷めていくとしたら、こわいことです。

    公害というのは、歴史上えてしてそういうものでした。出はじめはその便利さと有益性がもてはやされて、あっという間に世間に広がって、生活にすっかり溶け込んで、何年も経った後で、やがて取り返しのつかない病気や汚染となって表面にあらわれてくる。

    LEDの普及があまりにも急速すぎて、またそんなことにならなければいいけれどと、少し憂慮しています。

    久々に小町に書き込みましたが、このひとつの呟きにこれだけ色々なタイプの反応がかえってくるなんて本当に興味深いなあとつくづく思いました。

    ユーザーID:1889788746

  • ご意見くださった方々、ありがとうございました5

    あれらを設置した人たちは、実際夜にここを視察することがあるのだろうか。灯りがあればいいだろうくらいに考えているのだろうか…と、思うことがあります。

    また、この『眩しいのに暗いような』感じを、多くの人は異様だとも不快だとも感じていないのだろうか、とも。

    我慢することは、できます。気にしないこともできます。
    そもそも、避けようと思えば避けられることです。夜歩くのを、やめればいい。

    でも、余計なお世話かもしれませんが、心配なんですよね。
    私の目が老いて病んでいるまたは弱っているとして、病んで弱った目が辛いとか痛いと感じるような刺激を持つ光は、やがて、今は若くて健康な目を持つ方の目をも、いつか病ませることになりはしないかと。
    弱った目にとって『なんでもない』光は、健康な目にとっても当然『なんでもない』はずだから、その方が大多数の人の目にとっていいだろうにと。

    公共の設備である街灯や生活に欠かせない車のヘッドライトが原因となって、長い時間をかけてじわじわと人々の目を傷めていくとしたら、こわいことだなあと…LEDの普及があまりにも急速すぎて、少し不安になります。

    長くなってしまいました、まとまりがなくて申し訳ないですが

    LEDの光じたいが眼に与える影響への不安(眼に痛いような強い光は生物にとって本当に安全か)

    LEDの、照明としての機能的な部分への疑問(眩しすぎる光が相対的に創り出す足下の暗さ、という問題)

    このふたつが、私の言いたかったことです。


    まとめてのお返事になり申し訳ありませんが、レスをくださったみなさま、貴重なお時間をいただき、ご一緒に考えていただき、本当にありがとうございました。

    更によく考えて市にも声として届けたいです。決して、苦情でなく。

    ユーザーID:1889788746

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • まぬけな追記

    トピ主です。

    4を送ったあと、投稿の下書きを手違いで消してしまって
    どこまで書いて送ったものか、全くわからなくなってしまいました。

    それで、5にまた同じような内容を書いてしまいました。

    ああお恥ずかしい。やれやれです。

    大変失礼しました。

    ユーザーID:1889788746

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧