• ホーム
  • 話題
  • お酒が飲めてよかった話を聞かせてください

お酒が飲めてよかった話を聞かせてください

レス22
(トピ主2
お気に入り35

生活・身近な話題

あさひ

お酒での失敗談や、人様に迷惑をかけた話はよく耳にするのですが

お酒が飲めることでよかったな、助かったことなど、あるのでしょうか?

私自身全く飲めず・・・家族も誰一人、お酒を飲まない家庭で育ちました。

結婚して、夫は普通に飲み、義父は異常に飲みます。

義父に至っては、飲みすぎるため、急に怒り出したり、話がしつこかったり、義父の家でごちそうになった後、みんなで楽しく話をしていても、イビキをかいて1人でガーガー寝てしまったりと、孫一同から、総スカンです。

そんな義父をみているせいか、私の息子は将来、酒は飲みたくないと言います。(まだ高校生ですが)

夫は付き合い程度に飲めた方がいいと言いますが、そうなのでしょうか。

私も結婚してから、異常にお酒を飲む人が嫌いになりました。

ユーザーID:9469590454

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • たくさんある

    一番は友達が増えたことかな
    お酒飲めるからって高いお店に連れてって貰ったりとかもありましたね

    幸いにも酒癖悪い人いなかったからそう思えるのかも

    ご主人のおっしゃるとおり、多少はお酒飲めたほうがいいと思います

    ユーザーID:6540457336

  • 仕事のあとの一杯など

    失敗したことも結構ありますが、年とともになくなりました。
    加減がわかってきましたし、若い頃のようにやみくもに飲んだりしないので。

    休みなく働いて働いて、働き続けた後のビール一杯は
    何物にも代え難いほどおいしいです。
    よくいわれますが「この一杯のために働いていると言っても過言ではない」という
    感じでしょうか。
    1ヶ月以上飲まないことが多いですが、
    そこまで禁酒(というほど普段飲まないのですが)した上での一杯が
    とてもおいしいです。

    お酒は酔えるということもありますが、飲み物としても好きです。
    ビールの苦さや日本酒の甘さやワインの渋さウィスキーのスッキリ感…など、
    味わいが違いますし
    それぞれのお酒に合った料理をいただく時も幸せを感じます。

    それ以外に良かったことといえば、
    私は初対面の人と話すと緊張してうまく話せないことも多いので
    そういう時にお酒があると助かります。
    一杯飲むとリラックスして(相手ものんでるので)会話がはずんだりするからです。

    でも別に飲みたくない人はまったく飲まなくていいと思いますね。

    ユーザーID:4929494523

  • アルコールのメリットは幻想かも

     少量のアルコールは体に良いと医学界でも長らく信じられてきましたが、きちんとしたメタ解析の結果、そのようなJカーブ現象は悉く否定されています。つまり用量依存的に害があるという悲しい結果が真実のようです。

    ユーザーID:5785581333

  • 普通量しか飲みませんが

    飲めてよかったのはあのほろ酔い感を味わえることでしょうか。
    飲めない人にはわからない感覚ですが私はこれが一番好きです。
    あと、私の今の仕事の人脈はお酒の話で出来上がっていきました。
    お陰で金融業界で大きな事件が起こった時とかもツテで仕事につけました。
    色々な情報も飲み会で得ています。
    (私もですがやっぱり皆お酒が入ると口が軽くなりますからね)

    一番大きいのは…今の夫がいきつけの居酒屋で隣に座ってた人でした。
    凄くお酒に詳しくて、一緒にあれ美味しいこれおいしいとやってるうちに意気投合し、
    結婚してます。子どもにも恵まれて今すっごい幸せです。
    夫も私もある程度でお酒はやめられるので今までトラブルになったことはありません。
    節度さえ守れればお酒というのはとても良いものだと思います。

    ユーザーID:5014967390

  • 飲んで失敗してる人の意見かな、と思う(笑)

    私は人並み程度に飲めるのですが
    たまにこの「飲めた方がいい」という酒飲め的な意見を聞くけれど
    私も若い頃はそう思ってましたね。
    が、いい年のおばはんになった今は
    これを言うのは
    【飲んで失敗をしてる人が自己防衛で言ってる】な、
    って思うんですよね(笑)

    飲める人でお酒がそこそこ楽しめて
    酔ってアホな話をする人は
    酔わずにそれを冷めた目で眺められてしまうと切ないから
    飲んで仲間に入ればいいのに…
    って事を遠回しに言ってるという感じかな、って。

    だから年をとった人が若い人に言うのは
    時代遅れだわね〜と言ってあげたくなりますね(笑)

    で、飲めた方がいいかどうかは
    人によりますよ。
    資格を持っていた方がいいのと同列で言う人もいるけど
    まったく違いますからね(笑)

    アレルギーや体質もあるのだから
    相手を思い遣れない〈飲めた方がいい〉の言葉は
    時としてパワハラと言われかねないですしね。

    なーに言ってんだか(呆)
    と、聞き流しましょ。

    ユーザーID:9643952146

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 欠点あるも

     今回は、良い点のみレスします。
    1 銘酒との誉高い酒(ワイン・ビール類含む)を求めて、それを口実に旅がで  き、旅の味わいが増す。

    2 酒の肴と称する食品が全国各地で沢山作られており、それを取り寄せたり、  出掛けて楽しむ事が出来る。

    3 居酒屋などで、特に初対面では無口な日本人同士でも、アルコールの力で話し が弾む事がある。

    4 気まずくなった同僚・友人と仲直りする切っ掛けになる事がある。 

    ユーザーID:1729166618

  • 飲める方が良いと思う

    飲める方が良いと思うようになったのは最近ですけどね。私は飲めないのですが。
    仕事の関係もありますし、まわりにお酒好きな方が多いので、銘柄の話題がよく出るんですよ。飲まない私はさっぱりわからないのですが、やはり有名どころの銘柄の名前や味は、おさえておいたほうが、会話の幅が広がって良いと思いました。
    お付き合いの飲み会があまりない方には、必要ないでしょうけどね。
    私の住む地域は酒どころなので、特に飲めない男性なんかは肩身の狭い思いをしているようです。
    酒癖が悪いとかは論外です。

    ユーザーID:7709975092

  • 適度に飲めれば食事が美味しいせすよ

    みんなに迷惑をかけて嫌がられてもお酒をやめられないのは
    アルコール依存症です。病気ですから、普通にお酒を嗜む人とは
    違います。また、適度にストレス発散できない人がお酒の力を
    借りてストレス発散しているわけですが、お酒ではなくその他の趣味や
    人と適切にコミュニケーションを取ることで、ストレスマネジメント
    できる方が絶対に望ましいです。義父さんはよくない酒飲みのパターン
    なので、義父さんを見てお酒なんて悪いものと決めつけるのは、違うかも。

    お酒を飲めるといいことは、食事が圧倒的に美味しいことです。
    ビールはホップの苦みが、食欲増進作用を持っています。
    ワインはクエン酸の酸味、タンニンの渋みが食をすすませます。
    食事とお酒のマリアージュは最高です。食事単体で食べるよりも
    お酒と合わせると、食材の美味しさが引き出され際立ちます。
    知識のレベルでの話でなく、実体験としてそう思います。
    あとは、その土地の料理とその土地のお酒、というのがまた
    合うんですよ。フランス料理にボルドーワイン、ゴーヤチャンプルに
    泡盛、おでんに日本酒、ソーセージにビール、といった具合に。

    お酒が飲めても、美味しいお酒としてのめないと、残念なだけです。
    美味しいお酒として飲めると、本当に幸せな気持ちになれますよー。

    ユーザーID:5238698562

  • へー

    私もお酒が超弱いのですが、飲める人が羨ましいとも思いません。
    晩酌でおつまみ食べながら飲んだら太りそうだし、飲み会に行くと高くつきそうだし、車の運転もできないし。
    お酒を沢山飲めていいことなんてありますか?

    私は甘いお酒をほんの少し飲んで酔っぱらう自分の体質で満足していますよ。そもそも飲めないから泥酔して自分を見失うことも無いですから。

    ユーザーID:7306639168

  • オタクが社会で生きるには便利でした

    今でもライトなオタクですが、高校生の頃は
    漫研の友達しかいなくて地味で暗い女子でした。

    ところが大学に入ってからは、お酒が飲めるので、
    先輩や同級生によく誘われるようになりました。
    10%くらい明るくなるくらいで面白くなかったと思うけど、
    ああいう場では飲めるほうがいいんでしょうかね。

    社会人になって、お酒が強いことが役員に知られると
    地味女なのに接待に同行させられるようになり、
    高級料亭とかカラオケスナック?とかよく連れていかれました。
    もともとオタク気質ですから、カラオケの研究をして
    とりあえず盛り上がる歌唱力は身につきました。
    当時は嫌々つきあっていましたけど、
    今思うといろいろ貴重な体験をさせてもらいました。

    酒に呑まれたらダメですし、程度問題ですけど、
    私の場合はお酒が強いおかげで常識が身について、
    その後の人生でも役に立ちました。

    呑めなくても趣味とかで親交を深めたらそれでいいと思うけど、
    お酒はなんせてっとり早いですね…。

    ユーザーID:2278712154

  • 酒は食文化

    こんにちは。
    日本全国の地酒(主に日本酒)、「これは!?」というものを、探し求めて飲んでいます。家に日本酒専用冷蔵を設置するほど、筋金入りの左党です。

    酒飲みで良かったこと、そうですね…、酔って気持ちがよくなるはもちろんですが、また酒を通じて、味覚、文化や歴史、醸造についていろいろ未知な部分を知ることができることかな。

    例えば、
    なぜ男が結婚の挨拶(「娘さんと結婚させてください!」という挨拶)にいくときには、一升瓶を持参する事こと多いのか?
    なぜ九州では焼酎、東北等では日本酒が盛んになったのか?
    酒はコメどころって本当か?
    酒の名前に「○○正宗」が多いのはなぜか?
    開栓と同時に爆発する日本酒、なんで?

    しょせんウンチク程度のことですが、真実をより一つ多く知った気分になり楽しいですね。

    酒はたいがいどこの国、地域でもあるもので、初対面での人とでも何かしら会話できますしね。
    酒そのものだけではなくて食文化や地名とかにも詳しくなるので、少なくとも自分は話すネタをもっているということで。

    もちろん飲み過ぎることもありますが、人に迷惑をけないようにしています。人にも酒にも、失礼にならぬよう。

    ユーザーID:8070785614

  • う〜ん…、

    義父様は、重度のアルコール依存症だと思いますよ。
    病院へ行き治療の必要が有るほどの状態です。

    とは言え、お酒が飲めて良かったのは、

    先ず、料理が美味しくなります。
    次に、嬉しいコトはより嬉しくなります。
    他にも、コミュニケーションが円滑になります。
    落ち込んでいる時も”ちょっと考えるのは止めよう”となります。
    眠れない時も少し飲めば眠れる時も有り”精神安定剤”の働きもあります。

    とは言え、これはあくまでほろ酔い、気持ちが良い状態で、
    この状態でお酒が止るのならとても良いです。

    ”酒は百薬の長”

    と言われるのはこういう事です。

    それが度を過ぎると、
    料理よりお酒が優先になる。
    感情の起伏が激しくなり怒鳴ったり泣き出したりする。
    同様に感情の抑えが効かなくなる。

    更に過ぎると、
    体(肝臓や膵臓など)に悪影響が出る。
    お酒が切れると手が震える。
    お酒を手放せなくなり、仕事をしなくなったりする。

    と、なります。

    とは言え、お酒は先に書いた様に良い事もあります。
    ですから御主人の言うことも間違ってません。
    ある程度のお酒は良いことづくめですから。

    但し、後半のように弊害も多いです。

    ま、私は体調を崩してお酒を止めてますが、
    冬などお酒に合う料理を見ると”あぁ飲みたいな♪”って思いますし、
    嬉しい時などは集まって”祝杯”を挙げたいとも思います。

    ユーザーID:3626268168

  • 気持ちがほぐれた

    既に何年ものつき合いがある、あるグループの中に、よそ者である私が1人で入って食事をしなくてはならない場面がありました。

    私以外の人は、みな仲良く談笑。
    その中に入っていく事が出来ずに畏縮してしまった私…。1人でポツンとしていて、すごく気まずく惨めな気分。

    それが、ビールを1杯飲み干す頃には、あら、不思議!
    酔いが手伝って、自分から気さくに話しかける事が出来て、楽しい時間を過ごせました。

    あの時は助かったなぁ。

    ユーザーID:4902798846

  • 飲めた方がいい

    好んで飲むとか毎日晩酌するとかは人の自由です。
    でも、飲む飲まないを選択できるのが飲める人です。

    例えばジェットコースターが嫌いとか旅行が嫌いとか
    食べ物でも好き嫌いありますよね。
    それぞれの好みは人の自由で強制するものではありません。
    無理に好きになる必要もありません。
    でも、嫌いよりは好きな方がいいなと思うのです。
    嫌いで避ける物が多いより好きで楽しめる物が多いほうがお得だと思うのです。

    お酒もそれと一緒で無理に飲めとかは思わないし
    無理に勧められる時代でもなくなったので飲めなくて困る場面は少ないでしょうが
    良い香りのワインは日本酒をグラスに1杯2杯飲んで楽しむことも良いことだと思います。
    私は新卒で就職した会社の忘年会が強烈で
    酔っ払いに勧められたお酒を若くて上手く断れず言われるがまま飲んだけれど
    全然大丈夫だったので、自分が強くて良かったなと思いました。

    その後自営業となり付き合いでの食事も増えました。
    多少飲める方がその食事でも困ることもなく普通のお付き合いができます。
    アルコールがないと付き合えないのかという意見もありますが
    アルコールがあるお付き合いもできて、それはアルコールのないお付き合いとはまたちょっと違うと実感しています。

    飲み過ぎて人に迷惑をかけるのは問題外ですが
    飲める体質だからと困ることがないのも事実です。

    ユーザーID:2805815539

  • 気晴らしになるかな。

    夏、汗かいた後にゴクゴク飲む1本目は最高っす。昼間からやっちゃいます。

    ユーザーID:7493643989

  • ウィスキーボンボンが食べられる

    酒まんが食べられる。
    甘酒が飲める。
    酒の入ったお菓子食べても具合が悪くならない。

    付き合い程度に飲めた方がいい、とは一般論ですが、日頃のまない人でもアルコール分解酵素持ちの体質であれば、お付き合いの際に呑むくらい練習不要でできますので、だから何?って話です。

    呑める方がいい、でなく、日頃暴飲していていいことなんてないよね、という話でしょう。呑めない体質よりは呑めた方がいいですよ……でも呑める体質だからと暴飲する必要は皆無です。

    息子さんは、呑めるでしょうから、あとはご本人の好きなようにすればいいです。大酒呑みたくて、酔っぱらって周りに迷惑かけてる人が、偉そうに「呑める方がいい」などと語ることじゃないですよ。

    ユーザーID:0471391618

  • 酒は人生の友

    お酒に罪はありません。ひとえに人間性の問題です。

    お酒との付き合い方は、各家庭の環境によります。
    我が家は祖父の代から呑兵衛の家系で、祖父も父も晩酌が当たり前の環境でした。
    幼い頃から父の傍らで珍味のお相伴に預かり、「この子はイケる口だ」と言われ育ち、その通りになりました。

    結婚相手もその両親も当然ながらイケる口で、正月ともなれば両家で賑やかに飲み食いしていました。

    でも、お酒との付き合い方は徹底していましたね。
    酒は飲んでも飲まれるな。
    旬の肴と会話を楽しみつつ、じっくり味わうべし。
    一気飲み等、酒に失礼な飲み方はしてはいけない。
    大人の楽しみを教えるために、子供は成人するまでは絶対に飲ませない。
    うちの息子は早く大人になって参加したがってましたね。
    今や立派な酒飲みとなり、お嫁さんの父上に歓迎されています。

    誰も悪酔いせず、クダもまかず、説教もなく、本当に楽しい酒席です。

    こういう環境なら、お酒の効能は計り知れません。

    何より、晩酌は夫婦がゆっくり向き合える最良の時間です。
    テレビに突っ込みを入れつつ、馬鹿話をしながらダラダラ飲む。時に議論が白熱しても、それも大人の娯楽です。
    些細な不満や悩みも、酔って眠れば忘れます。

    お酒を嗜むことで味覚も確実に磨かれます(チューハイじゃ駄目ですが)。
    香りの強いもの、クセのあるもの、何でも食べられるようになったのはお酒のおかげです。

    浴びるほど飲むことと嗜むことは違います。
    正しく嗜めば、人生に潤いを与えてくれる、それがお酒です。

    今夜は雪。熱燗をキュッとやって身も心もぽかぽか温まって休もうかな。

    ユーザーID:2122520640

  • 自分で決める

    息子さんが飲みたくない、というなら飲まなくて良いし飲みたくなったら飲むでしょう。
    社会人になったら、自分で付き合いも考えるでしょうし。
    母親が杞憂する事じゃないのでは。

    ユーザーID:0411744111

  • 選択肢が多い

    一番の利点は、お酒を飲まない人は飲まない選択しかないが、お酒を飲むor飲まないの選択ができる事だと思います。

    一時期¨飲みにケーション¨は古いなんて言われる時代もありましたが、最近は休日に昼飲みして、酒場で見知らぬ人と交流する若者も増えてきました。

    お酒を飲まなくても交流はできますが、お酒の入った席での交流は、素面の時とはまた違う楽しみがあります。

    また、料理だけを楽しむ事もできれば、お酒と料理の両方を楽しむ、肴でお酒だけを楽しむ事もできるので、食事や旅先での楽しみの選択肢が増えます。


    素面ではしにくい話もお酒が入れば自然にできることも多いので、仕事の場での人脈作りにも役立ちます。
    普段は普通に会話できない上の人と酒の席で親しくなったり、研修等で知り合った初対面の人ともお酒が入ることで急速に親しくなれることもあります。

    トピさんのお宅ではお酒は面倒なもののようですが、我が家ではお酒もの家族の交流の1つになってます。
    帰省したときや親が上京したときに、美味しいものと美味しいお酒を酌み交わし、本音で話す時間はとても楽しいものです。


    確かに絡み酒は嫌ですよね。
    酒飲みの私でも嫌です。
    でも、トピさんが素面だからより義父の話がしつこいとか、怒りやすいとか面倒に感じるのだと思いますよ。

    酒飲み同士なら、同じ話を何度も繰り返したり寝ちゃっても「楽しくて飲みすぎたんだな」とか「はいはい」で終わりますから。


    孫一同がしらけるのは、普段見慣れないのもあると思いますが、息子さんがそこまで嫌悪するのはトピさんが原因だと思います。

    母親が嫌悪するから子供も嫌悪する。
    ごく当たり前のことです。
    この短いトピでも、本当に酔った義父が嫌だという気持ちがひしひしと伝わってきます。

    子供は母親の気持ちに敏感です。
    無意識のうちに母親の感情を刷り込まれたのでしょう。

    ユーザーID:9662981304

  • レスをありがとうございます

    皆様のレスを1つ1つ丁寧に読ませていただきました。ありがとうございます。

    嗜むとは、とても素敵な表現ですね。

    お酒に罪はないこと。飲める体質の人が飲めばよいこと。飲める方がわかることもあること。

    勉強になりました。

    暑い夏にグビグビとビールを飲む旦那さんは、確かに幸せそうです。

    酒は飲んでも飲まれないように。本当にそうですね。義父のことは皆、諦めているのです、迷惑だけはかけないよう諭してはおります。

    息子は飲める年になったら、自分で判断するでしょう。私は皆様の話を読んで、飲めないことが少し残念な気がしました。

    ユーザーID:9469590454

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 無いと思う

    お酒が飲めるメリットなんて無いと思います。

    。食事が美味しくなる、と書いている人もいますが
    現代の日本においては食欲をいかに抑制して痩せるかに苦労している人の方が圧倒的に多い。

    。話が弾む、交友関係が広がる、との意見
    お酒を介さない交友関係、会話で充分楽しめる。
    お酒を介さないと交友関係が広がらない、会話が弾まないのはいかがかと。

    逆にお酒によって健康を害し人生を損なう人の多いことなどデメリットも多いです。
    お酒を飲まないと健康的に過ごせ、お金が貯まります。

    ユーザーID:5931659574

  • 私の感情は刷り込まれていません

    直接、子供たちへの話がしつこいのです、本当に。

    小さかった頃の同じ話を何回も何回も・・・、子供にとったら、もう忘れたいエピソード、失敗談的なことも。私が嫌っているから・・というのは違うと思います。

    飲んで酔っている旦那さんも「もういいから!」と言うレベル。

    皆さんはお酒でいい時間を持たれているようで、羨ましいです。

    ユーザーID:9469590454

  • トピ主のコメント(2件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧