ジュニアスポーツ 辞めました

レス14
(トピ主1
お気に入り29

妊娠・出産・育児

りくりく

中学生の娘が、長く続けて来たスポーツを辞めました。
選手として毎日のように練習していましたが、クラブの指導の理不尽さ。成長期には考えられないダイエットの強制。コーチのいじめのようなヒステリックな指導。
学校の勉強もする時間もなく、自分なりに考えたようです。
クラブを辞める事を伝える時も、簡単にはいかず、ずいぶん色々言われていたようですが、娘の強い意志にコーチも諦めざるを得なかったようです。

今は学校で陸上部に入り、毎日楽しそうに過ごしています。
ダイエットのストレスもなく、勉強時間も確保出来て、全てにおいて意欲的になりました。
笑顔も増えて、私も安心しています。

ただ以前のコーチとまだ連絡をしなくてはいけない事項が最近あり、その際に
辛い練習から逃げたら、逃げ癖がつく。最後まで続けなかった事はこの先も影響がある。この先も何か辛い事があったたら簡単に辞めてしまうようになるよ。
と言われました。

確かに中学卒業まで続けて高校で違うスポーツをするのが、コーチからしたら理想なのでしょう。今年は特に選手が複数辞めたので、それもあっての発言かと思います。

同じような体験をされた方の話が聞けたら有難いです。

ユーザーID:3609665302

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 逃げ癖と、子どもの人格崩壊

    どっちが嫌ですか?

    なんでもかんでも逃げることと、頑張った結果、自分を助ける為に離脱する事は違うと思いますよ。

    ユーザーID:3011757916

  • 自分で決断したのだから大丈夫

    娘さんが自分で考えて決断しコーチに直接やめると言ったのだから
    やめ癖どころか「自分の行動に責任を持つ」ということを学んだと思います。

    >成長期には考えられないダイエットの強制。

    少し前にこれについての記事を読みました。
    成長期に必要な栄養を摂らないので婦人科系の病気にかかったりするとのこと。
    一生を考えたらスポーツよりも健康が大切だと思いますので
    娘さんの決断は正しかったのだと思います。

    ユーザーID:7540314494

  • スポーツではないけど

    息子がピアノを辞めました。大手音楽教室でそれなりの先生に着いてましたが、受験勉強の方が楽しいと言いはじめたのと、先生の指導に息子自らが疑問を持ってしまったので。

    なにごとも長く続けるには、コーチとの信頼関係が必須です。辛い練習に耐えられる子は、精神が普通の子よりも大人びていますから、コーチのことも客観的に見るでしょう。コーチは叱りすぎて、そのスポーツの素晴らしさを伝えきれていなかったのでは?色々な場面で、日本はコーチング技術の未熟さを感じますね。

    息子の先生も、厳しかった割には感動させる部分が殆どなく、「音楽」になってない場面も多数見受けられて、私が最終的に辞めさせました。

    ただ、頑張ってきたことはすべてに応用されます。お嬢さんも、辞めたスポーツの基礎を生かして、陸上で頑張れる。コーチにはその辺の感謝は伝えておいて良いかもしれませんね。

    うちの息子も、めんどくさい練習に比べれば、と思って勉強を頑張っているようですから。

    ユーザーID:4776090108

  • コーチの脅しだから大丈夫。

    逃げ癖ね。

    能力のない指導者が良く使う言葉です。

    何を根拠にそのように決めつけるのかわかりませんが。

    今のお嬢様が答えです。

    あなたのお嬢様は自分で決めて自分で新たな道を選択したのですから立派ですよ。

    どうぞ応援していきましょう。

    ユーザーID:5044286434

  • 学業優先

    中学生ですから。
    健康を損なう前に辞めてよかったです。
    娘さんが理不尽な指導に対して自分で考えて自分で動いた。今後どのような場面でも自分を失うことなく熟慮し行動するでしょう。決してマイナスにはなりません。

    ユーザーID:2424821828

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • コーチはもう過去の人

    まるで数年前の私が書いたような内容です。
    何から何まで(陸上部まで)同じでビックリ!

    うちはやめて(やめさせて)良かったです。
    確かにもったいない部分もありましたよ。全日本に出たかったですし。
    でも、お子さんには今しかできないことをやる時間ができたんです。
    親も子も、もうスポーツ第一の生活から解放されたんです。
    喜びましょうよ!

    逃げ癖だの負け癖などはありません。
    何年も頑張ってきたことが証拠です。

    指導者が原因で長年続けてきたスポーツをやめる子をたくさん見てきました。
    親も子も、みんな後悔なんてしていませんよ。
    むしろ、すっきりした気分でやりたいことができる生活を満喫しています。
    お子さんの笑顔がすべてですよ。
    コーチの捨て台詞など右から左に流してしまえばいいのです。
    そのコーチの言葉って真剣に受け止める必要あります?
    人間的に未熟な指導者、山ほどいましたよ。

    親から見て我が子が「やめてからの方が生き生きしている」と思えるなら、やめたことを後悔する必要なんてかけらもありません。
    今はいろいろな経験を積む大切な時期ですよ。

    お子さんに言ってあげたい。

    「今までスポーツよく頑張ったね!これからは勉強と遊びを楽しもうね!」

    ユーザーID:3249703382

  • 逃げる能力

    人生においては、危機管理能力、「逃げることが出来る」能力も大切です。

    辛い練習から逃げるのは「逃避」かもしれませんが、パワハラから逃げるのは「自衛」です。

    この先だって、入社した企業がブラックだったら、自分が病気になるまで頑張るより、さっさと見極めつけて辞めたほうがいいですよね。

    結婚してみたら、相手はDVだったなら、別れた方がいいですよね。

    頑張るか、辞めるかの見極めが難しいこともあるし、人によって見方が違うこともあるかもしれない。

    でも、この場合は、お子さんは自分で、潰れる前に辞めたほうがいい、と判断したのですから、それを応援してあげてください。

    ユーザーID:3751143009

  • まさに、同じ体験をしました

    文章を、読んでいて、他人事に思えなくなり、レスさせていただきました。
    全く同じ事を、2年前に、体験しました。長く続けたスポーツクラブを辞めて、うちは、他へ移籍しました。
    兄弟で、通っていたのですが、辞めるなら、一緒に辞めてね!とまで言われました。下の子だけが辞める予定だったのに。
    そこのクラブは、練習は、もちろん、毎日。上下関係も厳しく、コーチではない、社長夫人が来るたびに、みんなは、おべっかを使い、2時間あった練習の後に、長いミーティングや、何度も聞いた夫人の子供達の自慢話を、1時間くらい聞かされます。練習ノートも、先輩にチェックされ、うちは、何かと、さらに残されて先輩に、泣かされてました。下の子は、一番ちいさかったので、夫人にすごく可愛がられていましたが、ムラのあるかわいがりが、すごくプレッシャーになり、耐えられなくなり、下のクラスに行くことを自ら選びました。下に行ったら、陰湿ないじめにあい、クラブに居づらくなったのです。辞めるとも、何度も呼び出され、わざわざ、先輩達の前に立たせて、一言ずついわなくてはならなくて…うちは、移籍だったので、また、どこで、夫人の圧力が、かかるか恐かったので、個人的に。夫人の元へも挨拶に行きました。私たちが、辞めた後、更に10人が、クラブを辞めて行きました。
    うちの子供達は、そこを辞めてからは、移籍先のクラブの、自由さに、毎日感激して、毎日、笑顔でした。
    成績も、ぐんぐん良くなりましたよ。

    ユーザーID:2250280478

  • 呪いの言葉に負けないで

    そんな偏狭なコーチ早く疎遠にしましょう。
    いつまでもどこまでも、自分が正しく相手に非があると考えるコーチなのでしょうね。

    大人同士でも嫌な気分にさせられるような、そんなコーチ相手に対等に渡り合って、
    クラブを辞めることができたのですから、よく頑張りましたよ、お嬢さんすごい!

    ここで辞めたことは、きっとお嬢さんの明るい未来につながります。
    今のお子さんらしい笑顔のある暮らしがそれを暗示しているのでは?

    私は職場ですが、前の酷い職場を辞めた後、平和な仕事に就けました。
    前職を辞める時には不安でいっぱいでしたが、体と心に影響が出てしまい逃げるように退職しました。
    今の職場を決めるときも、それはそれは不安でしたが、前の職場にしがみついていたら、今の職場とは出会えませんでした。

    何かを得るために、何かを手放す必要がある局面ってあるんでしょうね。
    今、手に持っているものが良いものかどうか、見極める余裕があるうちに決心した方が良いんだと思います。

    お嬢さんの将来に幸あれ!

    ユーザーID:9411510917

  • スポーツに限りませんが

    苦しい練習と理不尽な練習(あるいは自分に合わない練習)は違うと思います。そこをちゃんと理解して指導者を代える、あるいは取組むスポーツや習い事を変える、と言うのはごくごく普通、当たり前の行為だと思います。
    それを「逃げた」と称し、「逃げ癖がつく」「これからの人生が云々かんぬん」という指導者は意識レベルが低い、と言わざるを得ないでしょう。本当に優れた指導者なら、笑顔で送り出し、もし万が一辞めて行く選手が悩んだり、困ったりすればスッと必要な助言・助力をしてくれます。
    素晴らしい指導者とは例外なくそんな素敵な人達です。これ私の経験です。

    ユーザーID:8841634304

  • ありがとうございます。

    皆さん、ありがとうございます。
    嬉しくて少し泣けて来ました。

    娘も、兄も、私も主人も、そして家庭生活そのものも、凄く良い方向に変わりつつあると、毎日毎日実感しています。
    逆に、今までのストレス、負担の大きさが凄かったんだなと、我ながら驚いています。

    とはいえ、娘が辞めたスポーツが大好きで、娘ほどダイエットの必要もストレスもないメンバーは頑張っています。
    人それぞれですね。
    我が家にはいろんな意味で似合いじゃなかったんだなと。

    それでも7年以上続けて、選手になってからは毎日一緒に練習したメンバーとは今でも仲良しで、遊びに行く計画を立てています。

    今回の事を機に、私も自分を見つめ直し、家族を大事にしながら日々丁寧に生活をしていきたいと思います。

    皆さんありがとうございます。

    ユーザーID:3609665302

  • レスします

    子供本人や親の意向より、教師やコーチの物言いの方が重要と捉える文化がまだまだ日本では根強いのかなと、トピ主の投稿を読んで思いました。

    お子様がそのスポーツを辞めて、全てにおいて意欲的になったこと。第三者である、以前のコーチ?にとやかく言われる筋合いはありません。それでもグチグチ何か言われるようであれば、親御さんがそのコーチにピシャリと言ってやればいいだけの話です。

    ユーザーID:8320176702

  • 続けた結果、理不尽でヒステリックな人になると。

    逃げ癖とか言い出したり、
    体育会系独特の、根性叩き直してやる的な、思いあがった厳しさとか、
    そういうコーチや先生って、沢山いますが、
    結果、出来上がるのが、そのコーチみたいな人ですよね。

    コーチは、自分の生きてきた道で、それしか知らないから、
    正しいと思いこんでいるけれど、
    傍から見たら、理不尽でヒステリックな嫌われ者ですよね。

    子どもの学校でも、そういう先生が何人もいましたが、
    言う通りにしてたら、あなたのようなギャーギャーやかましい、
    人を変えてやる!というような思いあがった人間が、出来上がるんですね?
    と思ってます。

    ノーベル賞を獲った人達を見て下さい。
    攻撃的な人って全然いませんよね。温厚な人ばかりですよ。
    他人の生き方に、あれこれ口出すような人はいません。
    皆さんユーモアもあって、品や育ちの良さが溢れ出てます。

    自分の好きな道を突きつめる、好奇心や集中力もお持ちですけど。
    スポ根は、人間性や社会性、成功に必要ないんですよ。

    私も夫も、学生時代の部活なんて、超適当で辞めたりしてますけど、
    普通に働いて、普通に子育てしてます。幸せですよ。
    おかしな人間や場所に、いちいち付き合うことないです。

    ユーザーID:2958005026

  • 大丈夫

    主さん、全く心配いりませんよ。

    娘さんは自分で自分の人生を切り開いたんです。
    強い意志を持ち、自分を信じ、脅しに屈することなく辞めた。
    これは本当に勇気のある人にしかできません。

    主さんは、困難な状況に立ち向かう強い心を持つお子さんを育てたんです。
    自信を持ってくださいね。

    コーチが暴言を吐いたのは負け犬の遠吠えですよ。
    複数の選手が辞めたことで、自分に求心力が無いのだと思い知らされ、でもそれを認められないのでしょう。
    コーチのほうが弱い人間なんです。
    悔しまぎれに罵詈雑言あびせるような人の言うことなんて、気にする必要ありませんよ。

    うちの息子もスポ少を辞めたのですが、主さんと同じことを言われました。
    こんなことで辞めるような根性ナシは絶対にグレるよ、人生おわったね、母親失格だよ、ってね。

    いやいや真逆です。

    息子も陸上部に入りました。
    走ることの楽しさを知り、自分の壁を超える喜びを感じ、支えたり支えられることを学び、今が明日を作ると信じて、心身ともに充実した日々を送ることができたんです。

    高校もチャレンジ校を受験しました。
    ここの陸上部がいい、これが原動力です。
    猛勉強して合格しましたよ。
    入部2ケ月後にはゴリゴリの筋肉マッチョになりました。
    50キロのバーベルでベンチプレスもするんですよ。
    高校の練習は中学生と比べものにならないほどハードですが、辛いどころか楽しくてしょうがないみたいです。

    好き、面白い、やりたい、これで十分なんだと思います。
    自分が選んだ道だから努力できるんですね。
    そこで何を得られるかが人生を彩るのではないでしょうか。

    娘さんはすでに自分の力で未来を掴みましたよね。
    意欲的になった、笑顔が増えた、それが何よりの証拠です。

    ユーザーID:3119546582

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧