• ホーム
  • 健康
  • 妻の最後をどうやって娘に理解させれば・・・

妻の最後をどうやって娘に理解させれば・・・

レス46
(トピ主0
お気に入り690

心や体の悩み

londonwalk

8歳になる娘がおります。妻が末期がんの終末期を迎え、吐血・輸血を繰り返し、医者からも手の施しようがない、最後は自宅で家族と少しでも長くいられるようにとのことで退院してきました。
娘は喜んではいます。しかし、いつ最後の時が襲いかかってくるのか、それは神様しか分かりません。まだ、年端もいかない娘にどうやって妻の最後を理解させ、もう二度と帰ってこないことを分からせたらよいのでしょうか。
父親として、ママは必ず治ると信じて疑わない娘が可哀想でなりません。どなたか、良いお知恵があればお貸しください。出来ることなら、自分の命と引き換えにしても、妻を救ってやりたいのですがどうにもなりません。

ユーザーID:5328592083

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数46

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 恐らく

    その質問にキチンとお答えできる人は、それ程多くはないでしょう。
    病院を通じてカウンセラーに連絡を取ってみてはいかがでしょうか。
    大変重要で、とてもセンシティブな問題です。
    お一人で抱え込まずに、専門家や周りに助けを求めてみてください。
    お子さんのケアだけでなく、ご自身の精神面のケアも同様に大事にしてください。
    奥様も案じていらっしゃると思います。

    ユーザーID:4698105837

  • お大事にしてください

    奥様のお辛い状態、少しでも楽になりますように。
    友人が、お子さんが6歳くらいの時に亡くなりましたが、
    お葬式の時も死を余り理解していなかったように思います。
    お嬢さん、8歳だともう少しわかるかもしれませんが、
    その時の心配より、今ご家族で過ごされる時間、ご主人がどれだけ
    奥様を愛していらっしゃるか、奥様がお嬢様やご主人のことを
    どれだけ大切に思われてるかを伝え合う方が大切かと思います。

    経験者でもないのに偉そうに申し訳ありません。
    私にも8歳の子がおりますが、奥様の立場なら無理に理解させなくても
    子供なりに受け入れ、寂しくなったらパパが一緒に泣いて、
    気持ちを共有してくれると安心すると思います。

    奥様、どうかお大事になさってください。

    ユーザーID:9305351865

  • そのまま伝える

    我が家はトピ主さんと逆の状況で主人を看取りました。
    子供は当時9歳。
    そのままを分かりやすく伝えました。
    「パパは今病気と頑張って戦っている。でももしかして負けちゃうこともあるかもしれない。その時はパパとお別れすることになる。それはパパの頑張りが足りないわけではない。ただあなたが元気な姿を見せるとパパも戦う元気が出てくるから一緒に頑張ろうね」
    そんな感じだったかな?
    亡くなったときは、病室に入る前にきちんと説明しました。
    「パパとっても頑張ったんだけど病気に負けちゃったんだ。でも今までゆっくり眠れなかったけど眠れるようになったの」と。
    死亡確認も清めることも一緒にしました。
    後日、最後まで診てくれた看護師さんやカウンセラーの方に会った時に「あんなに素晴らしい対応は見たことない」とおほめの言葉をもらいました。

    ただうちの子供には何となく分かっていたようなそぶりがあったので大丈夫だったのかもしれません。
    病院で相談機関はありませんか?
    ガン専門だと家族の対応なども相談できると思うので、話してみるのも良いと思います。

    ユーザーID:4970700831

  • 分かってますよ

    子供は親が思うより多くの事を理解してます。
    親が言わなくても回りが言います。

    最後まで家族支えあって寄り添ってあげてください。
    不安がったら抱き締めてあげて下さい。

    大丈夫ですよ!
    愛情さえあれば子供は柔軟ですから。
    悲しくても淋しくても乗り越える力があります。
    その乗り越える力の源になってあげて。

    6歳で父を亡くした者より。

    ユーザーID:9459319692

  • お辛いでしょうが、目を未来にむけて

    ご心痛、お察しします。
    私は70歳の婆です。年齢も状況も違いますが、他人事と思えず書き込みます。
    私8歳のとき、父が発病三日で急死しました。父40代前半、母は30代後半、上に姉・兄がいました。
    突然の悲しみに家族全員で泣いたことは覚えていますが、その後、母は、葬儀など目の前のことを滞りなく済ませること、暮らしの手立てや諸手続きなど毅然とした態度でこなしました。
    私たち幼い子どもたちの前でうろたえたり、弱音を吐くことはありませんでした。もちろん影では一人で泣いていたでしょうし、後になって、父の両親である祖父母との関係などさまざま苦しんだことなど知りましたが。
    子どもは、大人が思っているより強いです。そして、回りの空気を読みます。
    私たち遺児に「お父さんを亡くして可哀そう」という同情の目が寄せられていることを、8歳にしてすでに嗅ぎ分けていました。
    そこで、母が身も世もなく泣き崩れたり、何も手につかない様子を見せたら、なおのこと、世間の同情、ひいては甘やかしが集まったと思います。
    お辛いと思いますが、お嬢様を子ども扱いしないで、しっかりと現実と向き合ってください。
    おそらく、後悔や追憶におぼれそうになると思います。が、非情なことを言いますが、過去は変えられません。
    未来、これからのこと、お嬢様をどう育てるかに、歯を食いしばってでも目を向けてください。
    悲しみを共有しつつ、甘やかしでお嬢様をスポイルすることのないよう見守ること、それが奥様の願いだと思います。
    お父さん、頑張って!

    ユーザーID:4923703944

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • お勧めの本

    エリザベス-キューブラー-ロス博士の、「ダギーへの手紙」。

    ターミナルケアの第一人者である彼女に、8歳(確か)の末期癌の少年ダギーが、死ぬってどういうことか質問し、それに答えるためにかかれた本です。ご自分の娘さんのサインペンを借りて描かれたカラフルな絵もついています。

    ロス博士の他の本も、トピ主さん向けにお勧めします。

    娘さんと一緒の動画、写真をできるだけ残してあげて下さいな。おんなじようだと思っても、どんどん撮っておきましょう。

    ユーザーID:9545196741

  • 無責任かも

    無責任かもしれないが、男親の一人として助言したい。
    子供の心はそれほど強くない。
    社会にもまれてもいない。
    しっかりと、優しく寄り添うように、父親として愛してあげることだけなんじゃないのかな。女性の意見も聞きたいが、私は男として、君にこの言葉を送っておく。

    ユーザーID:6733512980

  • 大人になってわかること

    親友が8年間の闘病の末に亡くなりました。
    彼が倒れたときはまだお腹の中にいた子供が小学校へ行くまで成長し、彼は天に召されました。
    お子さんは生まれてから父親が話したのを聞いたことがありません。全く意思の疎通が出来ないけどベッドから起こして車椅子に座らされる父親を8年間見ていました。

    お葬式のときに「パパは動かなくなったら変な臭いがするようになったの。だから燃やしてしまうんだって。そうすると魂というのがいつも私のそばにいてくれるようになるってママが言っている」と私に話してくれました。

    悲しむ奥さんとは違い、子供は大人とは違った受け止め方をするのだと思ったのを今でもはっきり覚えています。

    私も結婚し子供に恵まれ、子供が小学校のときに祖父が(子供の曽祖父)が亡くなりました。子供は動かなくなった曽祖父を見て、これからどうするの?とごく自然に聞いてきました。
    死んじゃったら話せなくなるけど、困らないの?などなど・・・

    何が良いかわかりませんが、ごまかさないでそのままの姿を見せて、時間がお子さんに考える能力を与えるのを待つのが良いのではないかと思います。

    大人と子供は人の死の受け止め方がとても違うというのが私の体験でわかったことです。

    二度と帰ってこないのではなく、母親からは見えるけど自分からは見えない。でも感じることは出来ると教えてはどうでしょうか?

    ユーザーID:8315278480

  • 正直に

    お辛い状況ですね。
    母が肺がんで亡くなりました。

    8歳の女の子なら、子どものようでわかっていると思います。
    お辛いですが、思い出をいっぱい作ったり、動画をとったりしたらいいとおもいます。

    お別れをしないといけないかもしれないと正直にいう。
    それは神様しかわからない。

    というかな、、、。

    8歳の子供には辛いですね、、、

    思い出をいっぱい作ってくださいね、、、

    ユーザーID:1303916877

  • わかっていると思う

    私自身、娘が年長さんのときに
    ステージ4の癌が発覚しました。
    闘病は2年。入退院の繰り返しで
    3度の手術を経験しました。

    夫と娘の3人ぐらし。
    小さい娘は、母のいないさみしい夜を
    幾度と過ごし、9歳になった今
    ありえないほどの甘えん坊です。

    今は奇跡的に経過観察中の私ですが
    私の体調がおかしいと離れない、すぐ泣きます。
    治療中を思い出し、また泣きます。
    どっこもいかんといてな、おばあちゃんになってなって
    すごく遠い未来を思わせる発言をします。

    だから、思うんです。
    8歳でお母さんを失うかもしれない娘さんの気持ち。
    死を理解してもらおうとか、悲しませないようにとか
    無理です。絶対無理です。

    あたたかく、できる限り寄り添ってあげることしかできない。
    もし、奥様にまだ力があるなら、お手紙を書いてもらうとか
    未来のお誕生日プレゼントを選んでもらうとか
    そんなことしかできないと思うんです。

    娘さんは、乗り越えるしかない試練。
    同じ病気に疾患し、同じくらいの年齢の娘を持つ私も
    どうすればいいのか、幾度となく考えました。
    でも、結論はでませんでした。
    本当に申し訳ないけど、悲しみが薄らぐのを待つしかない。
    お父様には、それを優しく見守ってもらうしかない。

    お母さんのこと、娘さんにいっぱい話してあげて下さい。
    少しでも長く一緒にいてあげて下さい。
    娘さんの気持ちをすべて受け止められる存在でいてあげて下さい。

    ユーザーID:2175792503

  • 訪問看護師さんは

    在宅での療養となれば、必ず、訪問看護師さんをお願いになるかと思いますが、重要な役割のひとつに
    家族へのケアがあります。訪問看護ステーションにもよりますが、病院や主治医の先生にご相談しましたか。きっと、どなたか、説明してくださる方がみつかること願っています。
    学校にも、相談しましたか。学校にも、相談役として心理士さんが派遣されていると思いますので、担任の先生にも相談してみてください。

    ユーザーID:2469785326

  • 辛いですね

    日々お疲れでしょう。お見舞申し上げます。

    ママは地球で過ごす時間が無くなってしまった。
    だから昔のように星に戻って 永遠にあなたを見守り続ける。

    娘にとって祖母が逝ったとき、私は娘にそう伝えました。
    娘7歳でした。

    当初は何も理解できず、夜空を眺めては泣いていましたが
    年を重ねるごとに大人になっていく姿がありました。

    どうぞ、お嬢さんの成長を信じてあげてください。
    お二人が大切に育てているお嬢さんは きっと乗り越えることができるでしょう。

    ユーザーID:6335747308

  • 心に刻む

    8歳の娘さんには、母の病状を説明はされていないのですね。
    限られた時間の中で、母と過ごした時間を、母と話したことを記憶に残しておけるよう、ビデオと撮っておいたりしてはいかがでしょうか。
    まだしっかりと死というものを理解できないかもしれませんが、母が天に召されてしまう前に、話しておきたいことや、やっておきたいことなどを聞いて、可能な限り叶えてあげてください。
    トピ主さんが変わってあげたいというお気持ちは誰しも同じかと思いますが、
    逆にトピ主さん自身が時間に限りがあるという立場になったとしても、
    奥さまも同じように感じることでしょう。

    ユーザーID:3835118315

  • 今、その必要が?

    まず、娘さんを残して旅立つことになる奥様の心中、いかばかりかと思います。

    私は、なぜ喜んでいる娘さんに「お母さんは治らないんだよ、もうすぐいってしまうんだよ」と理解させなければならないのか疑問に思います。
    今一緒に生きていることを楽しめば良いのでは?
    お母さんの容態を見ていて本人なりに分かってくるかもしれません。

    私は、致死的染色体異常の息子を育てています。平均寿命3ヶ月ですが、息子はもうすぐ1歳になります。この子の姉には「弟はもうすぐ死んじゃうかもしれないんだよ」なんて話していません。言う必要がないからです。姉は弟を大変可愛がっています。

    奥様だって、「お母さん、もうすぐ死んじゃうの?」なんて娘さんに聞かれたら、どう答えれば良いのでしょうか。

    せっかくご自宅に帰られたので、ご家族でせいいっぱい、良い思い出作りをなさってください。主様もお体を大切に。

    ユーザーID:4003970114

  • 難しいですよね


    去年、子供たちは身近な人の死を初めて経験しました。
    それまでは、言い聞かせても「死」を理解できないようでした。

    私の祖父は、子供たちのオムツ交換もしれくれるほどで
    子ども達も祖父が大好きでした。
    祖父が亡くなる直前、子供たちは祖父と病院で面会しました。
    今までの祖父とは違い苦しそうに呼吸をしている祖父をみて、息子はびっくりしてしまいました。
    この時、「死」について少しだけ分かったようです。

    祖父が亡くなった時、「どうやったら起きるの?」と
    6歳の息子は、亡くなった祖父を起こそうとしてました。
    何をしても起きない祖父をみて、初めて「死」を理解したようです。

    それから「死」に敏感になりました。
    もう会えないんだって理解したようです。

    3歳の娘は「おじいちゃん骨になっちゃった。」って泣きました。
    まだ理解できないだろうって思ってたけれど、家族だけになったときに突然泣き出し・・小さいながら理解したんだって思いました。

    今は、むすめさんに「二度と帰ってこない」ことを知らせず最後、奥さんが家族とゆっくり過ごせるよう、むすめさんと一緒にいられるようにしてあげてはどうでしょうか。
    奥さん、むすめさんの泣き顔は見たくないと思います。
    娘さんも奥さんの具合悪い様子をみて、気が付くと思います。
    やはり、亡くなる直前はみてわかるよう元気な姿とは違います。

    お母さんと接して、自然と理解していくのではないでしょうか。

    ユーザーID:6319896933

  • なんとかなる

    悩んでも苦しんでもどうにもならないことはあります。
    そして、悩めば悩むほど苦しくなるばかりです。
    開き直りが大切です。
    なんとかなる、みんなそうやって生きてきたと思って下さい。
    活路は見いだせると思いますよ。

    ユーザーID:2311714129

  • わからせようとしない

    わからせようとしないで、お嬢さんの悲しみや寂しさを見守って
    守ってあげるしかないと思います。
    寂しさは一生続きますが、ちゃんと受け入れて向き合った感情は、
    たとえ8歳の幼子でも、絶対に将来、心の宝物になってお嬢さんを支えます。
    心の宝物は一生ものです。

    どうごまかしたって紛れるものではありません。
    それよりも今は、限られた時間を色濃い時間になるように集中してみてはいかがでしょうか。
    どうか奥様の一生が素晴らしい思い出でいっぱいでありますように。
    心からお祈りしています。

    ユーザーID:1888895586

  • 嘘でも笑顔。

    八歳はそんなに赤ちゃんでは
    ありません。

    父親まで後追いしそうな感じなら
    父親にも気を使うでしょう。

    わがまま言わせてあげてください。
    貴方ももっとわがままに。
    時には理不尽を相手に怒りを表現しても
    良いと思います。

    泣き笑いの変な顔でも良いのです。

    どうかもう少しわがままになってあげて
    ください。

    ユーザーID:0014877854

  • 言わなくていい

    8歳の娘さんです。
    言葉にしなくても母の様子を見ていればうっすらと状況は理解します。
    そこであえて言葉で末期であることは伝えなくていいのよ。

    私の友人も7年前に癌で亡くなりましたが、彼女は最後の最後まで「私頑張るから」と口にしていました。

    私は現在夫が癌闘病中です。
    覚悟はしています。
    ですが、夫の母や娘には余分な話はしていません。

    武末さんはママが病院から帰ってきて嬉しいですね。
    見ているほうがお辛いのは解ります。
    でもね、わざわざ悲しみのどん底にいま突き落とす必要は無い。

    ママ帰ってきて嬉しい!

    お辛いでしょうが、そっとしておいて。

    できるだけ笑顔で過ごせるようにご尽力ください。

    ユーザーID:1524170400

  • ビデオレター

    ビデオレターはどうでしょうか
    今ならスマホやパットでも動画が撮れますよね

    ○歳の○○ちゃんへ、で残すのはどうでしょうか。

    ユーザーID:6289928836

  • このままでで‥…。

    辛いですよね…‥。貴方も。娘を残して逝かなければならない、母。。奥さま。
    想像したくないですよね、こんなことが有るなんて。信じたくない。
    奥さま
    最後の、最後まで、ずっと、娘さん笑顔が見たいと、思いますよ。
    今、娘さんに、『命の終わり、別れを告げる』のは…‥。
    毎日毎日心配で「お母さん、今日は大丈夫?」と心配。別れの悲しみで一杯に…‥。小さな胸が、どんなに痛むか‥…。
    受け入れるには、余りにも、幼い。
    そんな、悲しい顔、母は見るのでしょうか…‥。
    『幸せな顔』『楽しそうな顔』『一緒に、楽しい時間』で、別れさせてあげましょう。
    奥さまも、『娘さんと、楽しい時間を』1分でも永く過ごしたい!そう願ってらっしゃるでしょう…‥。
    貴方は辛いでしょうが‥…。今は確り、耐えて下さいね‥…ココの、みんなが見守っています。応援しています。
    1日でも長く、幸せな時を!過ごせます様に、願っています。…‥ほんとうに、何もしてあげられなくて‥…ただただ祈っております。
    強く、娘さんを支えてあげてください。
    娘さんを思う愛、奥様と、気持ちはいつも一緒です。
    夫婦、二人の思いは、娘さんの心の糧。これからの、成長に繋がります。
    家族の心は、いつも一緒です。

    ユーザーID:1105491842

  • 今のうちに映像を残しておきましょう。

    10年前に夫を肺ガンで亡くしました。
    健康診断でわかってから、亡くなるまで4カ月で、覚悟する時間などありませんでした。

    今のトピ主さんも、そうだと思います。
    ご自分では、いろいろ覚悟が出来ているつもりかも知れませんが、奥さまがお亡くなりになってから、あれもすれば良かった、これもすれば良かったと後悔することになると思います。

    残念ながら、どんなに手を尽くしても、その後悔は避けられません。

    10年経ちましたが、私はまだ、夫が亡くなったことが理解できません。
    今でも、19時になると(なんで、夫が帰って来ないのだろう?)と思います。

    娘さんに理解させるのは不可能です。

    奥さんを恋しがったときのために、今のうちに映像を残されてはどうでしょう?
    悲しいとき、嬉しいとき、お子さんにかける言葉を遺しておいてもらいましょう。

    まだ、奥さまは生きてらっしゃいます。

    >>年端もいかない娘にどうやって妻の最後を理解させ

    そのような、大命題を掲げて悩むのに使う時間はありません。
    一分一秒でも多く、奥さまと向かい合い、最後の時間を幸せに過ごすことに心を砕いてください。

    ユーザーID:8083515405

  • はっきりと説明するしかないと思います

    癌が再発して、近々治療予定の者です。
    私にも、中学生と年長児の子どもがいるので、トピ主さんのお辛い気持ちは分かります。

    もし自分だったら、はっきりと説明すると思います。
    下の子はまだよく分からないだろうと思うので、
    お母さんの病気はもう治らないこと、近い内に天国に行ってしまうこと、天国からお母さんは子ども達を見守っているけれども、身体はなくなってしまって魂だけになるので、子ども達からはお母さんの姿は見えないこと。という感じで話します。
    というのも、もしお母さんと二度と会えなくなってしまうのなら、今の内にお母さんと話したいことやしてあげたいことが、子ども達にあるかもしれないからです。
    後で、何故教えてくれなかったのかと、それならばもっとお母さんと話したかったのにと子ども達に後悔して欲しくないからです。

    以前義母が亡くなって葬儀を行った際、子ども達は火葬後の祖母の状態にかなりショックを受けていました。

    今、トピ主さんのお嬢さんがショックを受けては可哀想だと黙っていたとしても、その後にどうやってもショックを受けることになります。
    それならば、今この時に、お母さんの温もりを感じたり、お喋りしたりとお嬢さんが望むようにする方がいいと思います。

    本当に、お辛いことと思います。
    お優しいトピ主さんとお嬢さんが側にいることで、きっと奥様は、心強く思っていらっしゃるのではないでしょうか。
    何と言っていいのか分かりませんが、トピ主さんのご家族を応援したい気持ちでいっぱいです。

    ユーザーID:5265337040

  • この本を読んでくださいませ

    終末期がん患者2000人に寄り添った医師が知る
    「死ぬときにはじめて気づく人生で大切なこと33」

    その中に、5歳の幼い娘さんに本人のお母さんがきちんとお話されてました。

    ユーザーID:0561905513

  • 難しい

    状況が違うし、参考になるかどうかも分かりませんが。。

    私の母は、私が9歳の時乳がんで亡くなりました。2回入退院を繰り返しました。
    1回目は比較的元気で退院しました。
    問題は2回目の入院でした。ガンが再発し、弱っていく母を見ていましたが、必ず母は帰ってきてくれると思っていました。。
    でも、父が車の中でポロッと「おかあさんダメかもしれない」と小さな声で言ったのに、「そんなわけないじゃん」と返し、少し不安を覚えたことはあります。


    母の最期のとき、病室で息を引き取ったとき、火葬場で母の冷たい頬に手を付けた時も、涙は流れませんでした。母がもう帰ってこないと理解していなかったのか。理解したくなかったのか。今では分かりませんが。

    そのうち日常生活を過ごしてうちに、だんだんと理解しました。母は帰って来ないんだと。

    私が理解したのは、亡くなってからなので何とも言えませんが、娘さんに理解してもらうには言葉で、奥さんがどういう状況なのか説明して理解してもらうべきだと思います。
    私は父が、母がどんな状況か教えてくれなかったので理解できなかったのかなと思っています。
    長々とすみませんでした。

    ユーザーID:6489114365

  • お母様から

    お母さん本人から、それを娘さんに伝えるしかないと思います
    私ならば、私も、小さいこどもが二人いる身ですが
    もし同じ状況になったら自分で、「お母さんはいなくなるけど、弟とパパと皆を大事にしあって暮らしていってね、お母さんはいつまでもあなたが好きよ」と繰り返し伝えていきます

    奥様が亡くなるのは皆様も辛いはずですが、残されたお子さん達と主さんを、奥さまも心配しています。

    お子さんには、お母さんがいなくなってもいつも愛してくれているんだという気持ちを
    奥様には、亡くなっても子供達は必ず幸せにするという安心感を
    与えてあげてください
    よろしくお願いします。

    ユーザーID:0535602900

  • ぜひ親子三人で会話を

    奥様はまだ会話できる状態ですか?痛みとの戦いで大変だと思います。お若いのに、お子さんをおいていかねばならない事、無念でしょう。
    奥様の事とお嬢さんの心配で、トピ主さんも言いようのない悲しみでどうしようもなくお辛いとお察しします。

    8歳の心と体でお母さんの快復を信じて待つお嬢さんの気持ちを思うと涙が止まりません。

    お嬢さんのためにも、親子三人一緒に奥様の病状や今後をお嬢さんに伝える作業が必要かと思います。
    素人考えですが、私がお嬢さんの立場ならそうして欲しいし、自分が奥様の立場なら子供を集めて自ら伝えます。
    子供ははっきりと母親から事実を聞かされる事で、その後一生「小さい自分にもきちんと教えてくれた、心の準備をさせてくれた」と言えると思うんです。
    悲しいニュースでも、誰からも教えてもらえず、それが突然起こったら混乱します。親に嘘つかれたって思うかもしれません。
    どうして教えてくれなかったかという気持ちは一生心の傷となって残るかもしれません。

    こういうのは大人にならないと見えてこないのですが、人間は大人になってからの方が人生長いですし、心に何を引きずるかは人生のありようを左右します。

    お母さんはお嬢さんやトピ主さん家族の心の中で一生生き続けるんだよってお嬢さんに言ってあげてください。いつもお母さんはそばで見てるよって。お母さんの心は癌には負けないんだよって。

    奥様が最期を苦しまないで安らかに過ごせますよう祈っています。
    トピ主さんもお体壊さず、お嬢さんのサポート等こなしていってください。

    ユーザーID:1862955213

  • 穏やかな日々が送れますように

    あえて娘さんに詳しい症状を話さなくてもいいと思います。奥さんも最後まで普通の暮らしを望んでいるはず。ご主人様がいろいろ大変だと思いますが、悔いの残らないようお世話してください。娘さんも成長したときにご両親の愛情の深さをきっと感じるはず。少しでも長く一緒にいられることをお祈りします。ご主人様は立派な方です。幸せな奥様ですね。

    ユーザーID:7942426814

  • お気の毒です

    8才なら話せば理解します。
    私は幼稚園教諭でしたが幼児たちが驚くほどに理解力が有る事に気が付きました。そこで自分の子供には伝えられる限りの真実を話しながら育ててきました。時には「子供の僕にそこまで話してもいいの」と言われました。「いいのよ。貴方は大事な家族だから」と答えました。
    娘さんはもうすでにお母様の衰えに気が付いています。もしかしたら亡くなるかもしれないと、心の隅で感じています。しかし理解するのと悲しみが深いのとは別問題です。
    支えられるのはお父様しかいません。
    エリザベスキュプラーロスの本を読んだことが有りますか。
    お母さんが亡くなったのは「自分が良い子でなかったからだ」と思う子供が沢山いるそうです。かわいそうに。「お母さんはさなぎからちょうちょになってお空に飛んで行った」と本人が言えるように、手助けするそうです。
    これからは正直に向き合い「お母さんの病気はとても悪いんだよ」「治るのは難しいんだよ」「お母さんに今の内に大好きだよっていっぱい言うといいね」などと今後に備えた言葉をかけましょう。
    「お母さんは死ぬの」と聞かれるかもしれません。「人はみんな死ぬんだよ。お母さんも少しだけ早く死ぬかも知れない」「でも家族がみんなで仲良くお母さんを助けなくてはいけないね」というような会話ができますように。少しでもその日の為に準備できますように。
    言葉の持つ力は強いです。真実を真心を込めて伝えればいいのです。「お父さんがいるからね。大丈夫だよ」と言ってください。
    私も幼いころから父が重症の心臓病でした。父が亡くなった時にはこの世の最後かと思うほど悲しかったです。しかし乗り越えてここにいます。

    ユーザーID:5838235849

  • どんな状況でもその日は来る

    同僚の奥様もそのような状況でお亡くなりになりました
    3人の男の子のお母さん。下の子は小3

    同僚は子供たちに「お母さんはもうすぐ死ぬんだ」ということをきちんと話していました。
    上の子達(中高生)はなんとなくその日が来ることを理解していたようです。
    ただ小3の子はやはり理解できないらしく、お通夜でもキョトンとしてました。
    でもその後はだんだんと理解してきたようで、「後から来る悲しみ」が彼を襲います。

    「でもこれだけはどうしようもない」と父親である同僚は言っていました。
    同僚も下の子に関してはどう理解させるか悩んだそうですが、もう自然に任せるしかないという結論に達したそうです。
    「あの子のペースで少しずつ理解して納得しないといけないことなんだ」と

    奥様が余命宣告を受けてからは以前にもまして家族で行動することが多くなったと言っていました。
    ビデオや写真をいっぱい撮って残しておこうと思われたようです
    奥様も調子が良いときはビデオレターをたくさん撮って、それぞれの誕生日などに見れるようにしたりしていたそうです

    そうすることで、時間はかかったけど子供たちが「お母さんはもういないけど心の中にいるんだ」ということを理解したようでした。

    今は理解できないのは仕方ないことなんです。
    なのでどうか思い出として残るようにしてあげてください

    ユーザーID:7596026672

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧