このお話を探しています

レス2
(トピ主1
お気に入り18

趣味・教育・教養

百合

小学校高学年向けの読み物だったと思うのですが、当時低学年だった私は意味がわからなかったので、もう一度読んでみたいと思っているのですが・・・

主人公は少女で、全体から受けたお話のイメージは、幻想的でちょっと不思議な感じの話でした。

覚えているのは、少女がコートを着ている。コートの裏地は花柄。その花柄を見ているとお花畑に行ってしまうのか、行ったような気分になるのか(記憶が曖昧)。

少女が母親から言われた言葉は、百合の花をさわるときは気をつけなさい、花粉がつくと落ちないから・・・

それだけです。

小学5年生の読み物、とかいう本か冊子の中にあったような記憶があります。
よろしくお願いします。

ユーザーID:6618125953

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数2

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 読んだ記憶はあります

    すみません、タイトルも本の形も覚えていないのです。
    読んだ記憶はあるのですが。

    少女のコートの裏地に描かれた花模様が、夜になるとコートから抜け出して庭で踊り始める、それを少女が目撃する、最初は正体がわからないがコートの裏の絵が消えていることから絵の中の花だと気づく…というストーリーでしたよね。
    百合の花の花粉には気をつけなさい、と昔言った母親はなぜか今はいなくて。
    絵から抜け出す花というモチーフがお化けっぽくて不気味で幻想的でした。

    検索してみましたがヒットしませんでした。
    どなたか詳しくご存じだといいのですが。

    ユーザーID:7204703285

  • ありがとうございます

    人それぞれ様

    私はそこまで覚えていなかったのですが、そういえばそんな感じでした。
    そうそう、なぜかお母さんがいないんですよね!

    とにかく悲しい夢の中にいるような、不思議な気持ちになった記憶があります。
    挿絵も、ボワっとした水彩画のような絵だったような・・・

    大きくなったらわかるはず、と思っていたのにいつの間にか母に捨てられてしまいました。

    だから私は子供の本は、どんなに薄くても小さくても付録でも、捨てません!

    レスありがとうございました。もっと思い出させてくださって感謝しています。

    こうなったらもう古本屋めぐりをしようと思います。

    ユーザーID:6618125953

レス求!トピ一覧