今になってキャラクターが可愛く見える

レス14
(トピ主1
お気に入り41

生活・身近な話題

ぺんこ

45歳女性です。

幼少の頃から可愛いもの、パステルカラーなもの、などが苦手でした。
筆箱は父のお古のシンプルな筆箱と白い消しゴムを使い、給食袋とランチョンマットは無地の生地で作るよう母に頼み込んでいました(周りはキャラクターものが多かった)。
キャラクターの絵入りの服なども嫌で、母が適当に買ってきたものをいつも嫌々着ていました。
TVを見る時間の制限はされてはいましたが『一休さん』や『ハイジ』などのアニメなども見ていて、それはそれで好きだったけれど、ハイジが描かれたお弁当箱や水筒を持つのは嫌でした。
子どものサイズのもので無地なものはなかなか無く、動物や花の写実的な絵や写真は平気だったのでなるべくそれに近い物を選んでいました。


なのに・・・
数年前からキャラクター達が可愛く思えるようになってきたのです。
泣いてまで拒否していたキャラクターの絵付きペンケースや付箋などを使っています。というか自ら買っています。
グッズとしては持っていませんが、持つのが嫌だったドラちゃんも可愛く感じます。
LINEでもペンギンのキャラクターのスタンプをいくつも購入して使っていたり・・・
同僚たちからたまにそんなグッズを貰ったりしますが、それも嬉々として使っています。

そしてそんなグッズを持ち始めた私を見た母もびっくりしていました。
「小学校の頃にそんなのを持ってくれてればお母さん楽だったのに〜〜〜」と。


どうしたんだろう?と自分でも不思議です。
歳を取ってやっと可愛いものを可愛く感じるようになったのでしょうか?
それとも老化のひとつで幼いタッチのものを良く思えるようになったのでしょうか?

ユーザーID:2586361960

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 原因が

    原因がそのもの自体であれば確かに不可解ですが、原因がそこではなく、皆と同じ物を親の選択などで決められるのが嫌だったんだとすれば別に昔も今も同じです。

    皆が持たないようなものをあえて理解する方向へ無意識に舵を切っているとか。
    「あえての」ってやつですかね。

    ユーザーID:3347814150

  • お仲間だー

    私もアニメやキャラクターグッズがどうにもこうにも好きになれなかった少女でした。

    トピ主様と違うのはTV番組ですら嫌いでしたっけね。
    ハイジ?
    あ〜〜やだやだ!
    小公女てこんなんじゃない!
    母が図書館で勤務していた分、児童書は足からよんでいたぶんだけアニメの主人公たちに納得がいかなかったんだよな。

    で、時は流れて現在50代。
    フナッシーですら「かわいい〜〜!」と萌えております。
    アニメーションも観賞できるようになり、なんだか不思議な思いです。

    子供の頃はやたら大人びていましたが逆行している感じですかね。
    何気に日本のアイドルにも興味が全くなかったんですが、ここ数年ジャニーズを含めアイドルたちに「かわいい〜!応援してるわよ!」となっています。

    何でなのでしょうね。
    夫からは「おっかさん感覚」といわれてますが・・・・・。

    ユーザーID:3890715771

  • ズレること、ありますよね

    私もアラフィフになって子猫ちゃんグッズを買ったりしています。
    小学校のころなんて見向きもしなかったのに…。

    小・中学校のころはアンティークとか骨董品好き
    (自宅が古い家で蔵にいろいろ入っていた)、
    芸能人は40代以上じゃないと興味なし、という渋い好みでした。
    アニメは好きだったんだけど、一番好きなのはオジサンキャラでした。

    30代になって10代アイドル男子たちにキャーキャー言うようになり、
    40代になってカワイイ系とかストリート系のグッズを買ってしまいました…。
    自分でもなんかおかしいとは思いますが、
    さすがに二十歳の格好で街を歩いたりはしてないのでまあいいかと…。

    常識的な時期とズレること、あると思います。
    そういうものの良さをわかることがあっただけ、いいと思っています。

    ユーザーID:2087789305

  • 分かる!すごく分かる!

    主さま〜、私も45歳女性です。


    同じことを感じていました。
    かつてディズニーランドに行っても、欲しいお土産などひとつもなく、他のキャラクターにも一切興味なかった(むしろ嫌いだった)私も、ここ数年、なんとなくキャラクターグッズを可愛いと感じてる自分に気づいてしまったのです。

    シンプルでかっこいいものが好みだったのに、女性っぽいキラキラしたものもここ数年愛用するようになりました。

    私も不思議です。老化現象なんでしょうか。
    こんな老化現象なら、ま、いっか。

    ユーザーID:1963243534

  • 分かります

     私、42歳です。

     普段、キャラ付きでない物が、限定でキャラ付きになっていたので、つい、可愛いね、これ買おうか?って言いました。

     娘の反応は、・・・。
     キャラ付き、好きではありません。私も、子どものころはシンプルなのが好きだったので、娘の反応も理解できます。

     自分の反応が不思議です。
     捨てるものだから、キャラなんて無くてよいのに、不要だ、とすら思っていた自分が進んで買おうとしている。

     可愛いと思うこと自体が、脳の物質の影響だそうです。
     可愛いに脳が反応するようになった。老化なのか、脳の働きが広がったのかは分かりませんが。

     楽しみが広がったのは良いこと、ではありませんか?

    ユーザーID:3915738454

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 30代だけど

    私もキャラ物が凄く好きになってきました。

    私の場合は元々好きでしたが、それを表に出すのが嫌でしたね。
    値段も高いし、買ってもらえないし、親だっていい顔をしないし、もし欲しくてもねだるのも悪いし、自分が好きでも学校や友達の目も気になって、大人びたふりをしていました。

    大人になってから、そんなしがらみから解放されたのが原因ではないかと思います。
    もしそんな物を持っていても文句を言う人なんていませんから。
    むしろ、懐かしいと共感する人の方が多いのでは?

    あとは最近、デザインや作りも非常に良くなったと思いませんか?
    売る側は大人もターゲットにしているような気がします、親子2代・3代で。

    ユーザーID:8194077867

  • ちょっと年上ですが

    私も小学生の頃はキャラクター物を持つのが苦手でした。
    私は男性なので当時大流行りの特撮物やスポ根やロボットアニメも大好きでしたが、それらがプリントされた物を持つのは本当に嫌でした。
    親にはそれが嫌な事を言えずに仕方なく着ていた覚えがあります。
    思い返してみると子供のくせにキャラクターものを「ガキっぽい」と思っていたようです。
    でも当の番組やキャラクター自体は大好きでしたが。

    変身ベルトやその手のなりきりグッズも欲しいと思った事がありません。
    どちらかと言うと嫌悪してました。
    なぜかと言うとニセモノだから。
    変身ベルトを身につけたところでライダーにはなれないし、なった気分にもなれません。
    昔から夢見がちで空想好きな少年ではありましたが、なぜかテレビの中のものはテレビの中だけが正解だと頑なに思ってました。
    とは言え仲間内のごっこ遊びはやってましたけどね。

    で、そんな少年がオッサンになって多少自由に使えるお金が増えると困った事態を引き起こします。
    当時は嫌悪していたはずのグッズが欲しくてたまらなくなってしまうのです。
    置き場に困るのでできるだけ我慢はしてますが、数万するような限定モノに手を出したりしちゃってます。

    ちなみに少年の頃に上手に消化出来なかったせいなのか、ずーっと隠れオタクです。
    表面上は真面目なサラリーマンですが、一枚皮を剥ぐとライダーベルトがプリントされたパンツを履いてたりしてます。困ったオッサンだなぁ。

    ユーザーID:3565557526

  • わかる!

    50目前。女なのに、「かわいい」という感覚が全く理解できませんでした。周りがいろんなものに対して「かわいい〜」と騒いでいる中、波に乗れずに冷や汗をかきながら「早く次の話題に移らないかな〜」と思っているような子でした。サンリオショップとかにも全く引き寄せられませんでしたし、私には「かわいい」をキャッチするアンテナが備わってないんだろうと思ってました。

    しかーし!ここにきて、トトロ、スヌーピー、ムーミンなどを見たり読んだりするだけでなく、キャラクターグッズを買ってしまいます(笑)金に糸目をつけたくない気持ちになります。(実際にはつけてるのですが、グッズを目にするとテンションがあがってそういう心持になるのです!自分でもびっくり)

    老化でしょうね。自分のなかにかわいいようなものが全くなくなってきたので、無意識に外部から補給しようとしているのでは。あ、「私も昔はかわいかったんですよー」という見た目の話ではなく、若いということで誰もが無条件に備えているやわらかさとか無垢さとかって意味です。

    しかしトピ主さん、昔無視していた分だけ、今いとおしさが増してませんか?私は今更ながら「いとおしい」ってこういう感覚だったのか!と驚いています。特にトトロにはメロメロになります。

    あと、子供向けのものだからといってアートとして幼稚ということは全くなく、むしろ子供にすら伝わる、奥深い完成度の作品だけが残っていくのだと思います。この年になって、そのすばらしさを再発見しているのかもしれませんよ。

    ユーザーID:5149952323

  • 私もです

    年取ってから、りらっくまが大好きになりました。
    出始めの頃は、『何であんな幼稚園キャラをいい年した中年女性が喜んで持っているんだろう?』と思っていました。
    スヌーピーも大好きになりました。
    老化による子どもがえりかもしれません。

    ユーザーID:2368944641

  • スタイリッシュリカちゃん!

    私もです。
    小学校から、当時大学生が使っているような文房具ばかりでした。シールを集めていた友達から、可愛いシールを貰っても、いい匂いの消しゴムを貰ってもちっとも嬉しくなく、いつも妹にあげてました。母は私を、偏屈で拘りが強い扱いにくい子として、忌み嫌っていました。
    妹みたいに上手に甘えて可愛い物好きなら解りやすかったのでしょうね。
    『大人みたいに背伸びをする嫌な子』と思っていたようです。

    現在53ですが、スタイリッシュリカちゃんに嵌まってマス…。
    あの現代的な顔、素敵な髪型に細やかなファッション、美しいフォルム、見てるだけでうっとり。おおよそ人形遊びには縁の無かった私が、リカちゃんですから、自分でも驚いてます。
    リカちゃんといえば、妹の持っていたリカちゃんハウスにワタル君、あのワタル君だけが髪型がプラスチックだったのには、人形なんかせいぜいこんなもん、と蔑む原因だったのではと。

    兎に角今度どんなスタイリッシュリカちゃんを買おうかワクワクしてます。やはり何かの反動なんですかね…。

    ユーザーID:8487888650

  • 老化(言葉は悪いけど)でしょうね。

    「あの頃」または漠然と「幼少時代というもののイメージ」への教郷愁でしょうね。

    現役の子供だった当時はリアルタイムだから、ノスタルジーなんてありゃしない。

    子供という存在の仕方に対するノスタルジックな本はいろいろありますが、ここでひとつ挙げるならアナトール・フランスの「少年少女」ですかね。

    非常に薄い本で岩波文庫に入っています。

    ユーザーID:5422652055

  • わかる気がする

    私はキャラクターではないのですが、昔から食器で花柄はダサいと思っていました。古臭い、年配の人のセンスって。

    それが、40歳もいい加減すぎて結婚したら意外や意外。
    花柄を好ましく思い選んでいる自分がいて驚きです。

    あ、まごうことなく年配の人のセンスですかね!

    気分が明るくなるのです。

    キャラクターは昔からかわいいと思いますが、グッズをタップリ買う、というのは無いです。

    でも、ゆるきゃらのふっかちゃんは大好きです。

    ユーザーID:3180471691

  • Hello kitty。

    40代の頃?ふと、昔懐かしのキャラクター!に。
    家庭訪問で、担任の先生「キティちゃんファンですか?私は、キキ&ララです」なんて話したり。
    息子や息子の友達までも、お土産に、『キティ』の、縫いぐるみ。
    ご当地キティも。京都に行けば、『龍馬キティ』神戸は『風見鶏キティ』。
    東京は、息子が『東大キティ』を。
    ハワイでの土産『キティ縫いぐるみ』息子がくれた、『in China』。
    抽選で当たった、『Hello kitty 』スピーカー。『SMAP SMAP』で、『レディー・ガガ』に、プレゼントした物と色違い、ちょっと感激(非売品)。
    近頃の製品は、黒、銀、赤の、一色だったりで、部屋に飾ったりしても、色が騒つかなくて良い感じに、収まって嬉しく、つい買ってしまう。
    マグ、タンブラーも、赤で‥…。
    不思議…雄猫マンチカン(ミックス)を飼いだしたら、キティの置物を、噛り舐める、マグで飲む。寄り掛かかる。玩具にして遊ぶ。、とても気になる存在みたい。

    ユーザーID:3864659752

  • トピ主です

    小さい頃、
    「ぺんこは子ども向けを嫌がるから探すのが大変」とか「ぺんこちゃんお下がり使えないからお金かかるね」
    なんて大人同士の話が聞こえる度に罪悪感を抱いていたのですが、思いの外「私も!」と仰る方がいらっしゃってびっくりしたり嬉しくなったりしました。
    当時に知っていればもっと気持ちが楽だったかもなぁ・・・


    一部の方へのレスになりますが、すみません

    flowerさんの老化説、興味深く読ませていただきました。
    自分の感覚などが変われば嗜好も変わりますものね。その類なのかな?


    それから、すこし年上さんの花柄の食器も凄くわかります!
    祖母が私の実家で同居することになり荷物整理の際に、新品だからと花柄の食器セットをくれようとしましたが、「こんな花柄使わないーーーっっっ」と強硬に拒否していました。当時27歳。。。
    結局祖母は持って行ったようで、昨年の帰省時に母に要らないかと見せられ「これはこれでアリかもな」と思ったのです。
    「アリかも」と思いながら私も歳取ったんだなぁ〜(丸くなったのかも)と自覚してはいたのですが、年配のセンスだったのかもしれませんね。


    戯け者さんのライダーベルトパンツ
    読みながら吹き出してしまいました!そしてとても気になります。
    これらも大人向けグッズなどもあるのでしょうか?


    MIOLIさんが仰る
    【出始めの頃は、『何であんな幼稚園キャラをいい年した中年女性が喜んで持っているんだろう?』と思っていました。】も同じことを思っていたし、「大人がキャラクターもの持って恥ずかしくないのかな??」と思ってもていました。
    可愛いものが傍にあると気持ちが癒されたりするのだな、と最近になって気付きました。
    そう思うと、私はずーっととげとげしていたのかもしれません。

    ユーザーID:2586361960

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧