虐待をのりこえたい

レス16
(トピ主1
お気に入り57

家族・友人・人間関係

みかこ

はじめまして。40代前半、女性です。

幼少の頃から、実の父親に様々な虐待を受け続けてきた者です。暴力は勿論、極度のモラハラ、常軌を逸した行動(電話の立ち聞き、手紙の事前開封、外出の際の尾行)などでした。母は父に対して(経済的にも)無力で、私は小学生の時に「とにかく、耐えて耐えて、耐え抜いていくんだ」と決意したことを覚えています。

結婚はしないつもりでしたが、数年前にご縁で結婚に至り、ようやく人生の遅い再スタートを切るラインにつくことができました。

大袈裟でも、過度の被害者意識でも、自己憐憫でもなく、私の人生は父によって握り潰され、子供の頃に思い描いていた人生と全く違ったものになりました。(進学、就職など)。成長して家庭から逃げ出す実行力を行使する前に、私の心身が限界を超え、病気になってしまったのです。

カウンセラーを利用したこともありますが、それほど効力はなく、最終的には良い医師と処方薬によって劇的に回復しました。

お聞きしたいのは、現在と未来に対しての姿勢です。

日常的なふとした瞬間に、虐待の過去が戻ってくるのです。言われた言葉、された行為、頭の中で何度も何度もフラッシュバックするのです。優しい夫に恵まれ、とても幸せなはずなのに・・。どうしても忘れることができないのです。苦しくて辛くてたまらなかった過去が消えないのです。

「人生はいつからでもやり直しができる、いつからでも幸せになれる」とはよく言われていますが、現実の厳しさを噛みしめている毎日です。
心身共に擦り減らし、勉強に専念できず、希望とはかけ離れた大学に進学し、それによって就職もままならなかった事も災いしているのかもしれません。
せめて、過酷だった過去を記憶から消したいのです。無理なことなのでしょうか?

皆さんが私の立場でしたら、どういう行動をとられるでしょうか?

ユーザーID:1459787118

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 解放された後にやってくる痛み

    解放された後にフラッシュバックは起こります。
    虐待の渦中に居る時は、いつまた恐怖が襲ってくるかもわからないので
    フラッシュバックしてる余裕がないからです。

    風邪をひいたら身体が熱をあげてウィルスを攻撃するように、虐待を
    乗り越えるのには必要な時間があるのかもしれません。

    緩和剤としては同じ痛みを持っている方と話をする、書籍を読む、サイトを
    訪れるなどして自分だけじゃない、多くの方が同じ痛みと戦っているんだと
    生きる勇気や乗り越える自信を身につけるくらいしかないと思います。
    カウンセリング者はデータに基づいて励ましてはくれますが、本当の意味で
    痛みを解ってる方ではないので、過度に期待しないほうがいいのでは?と
    私は感じます。

    フラッシュバック辛いですよね。
    幸せな人の当たり前な日常に触れた時、傷口がまた疼き始めたり…
    眠ってても過去に引き戻され、うなされて目が醒めるのですものね…
    解りますよ、とっても。

    今優しいご主人と過ごせる時間を大切に…感謝を持っていい時間を過ごして
    ほしいと思います。

    ユーザーID:1418802234

  • 同年代です

    就職氷河期でしたか。私はそうでした。フリーターやプー太郎なんて言葉が生まれましたね。私の友人は一人も就職できませんでした。私はフリーターになりました。
    京大に行っていた友人が唯一内定を取りましたが、悩んだ末院に進む道を選びました。きっと希望した就職先とはあまりにかけ離れていたのでしょう。
    そういう時代でした。
    氷河期世代は他の世代より平均年収が低いと言われます。
    私自身、ボーナスをもらえる職場に勤めたことがありませんでした。

    24歳で結婚、下の子が中学校に入ったタイミングで看護学校に入り、現在は看護師をしています。
    「人生はいつからでもやり直しができる」とは言い得て妙ですね。
    私は離婚危機をきっかけに一念発起して勉強しました。
    家事、育児、それと夫婦不仲に心を乱されながら、寝る時間を削っての勉強でした。
    この年になって正社員雇用されるなんて思ってもみませんでした。

    虐待のことはわからないので答えられません。ごめんなさい。
    けど、進学や就職に悔いを残しているのなら、今からでもやり直せますよ。
    もしその気が少しでもあるなら、考えてみてはいかがですか。

    ユーザーID:6764666227

  • トピ主さんは完全にご自分を受け入れていないようです。

    虐待を受けた過去も含めた自分を受け入れきれていないように思います。
    自己否定する部分が残っているように感じます。
    私は自己否定を一切しないようにしました、一切です。
    自分を尊敬するように心がけて生きています。
    すると周りの人も私を尊敬してくれるようになりました。
    自分を尊敬して生きていくと何が良いかと言うと、他人からも尊敬されるようになる事です。
    他人から尊敬されると私は精神的に満たされておおらかになり、さらに自分を尊敬していきます。
    するとさらに他人から尊敬されるようになります。このスパイラルで生きやすくなりました。
    そうすると私の悲しい境遇、生い立ちなどはどうでも良くなってきました。
    自分にとって重要な問題ではなくなってきています。
    しかし自分を否定しない事によるデメリットは、わがままな人間と思われて嫌われているんだろうなと不安になる事です。
    他人から嫌われているかもしれないという不安です。
    しかし、その不安に打ち勝って自分を信頼し行動できれば過去の悲しい境遇が消え去って毎日が充実します。
    自分自身の感覚、感じ方を全て受け入れてそれに従って行動していくと、自分に信頼された自分自身は満足して人生が楽しくなります。いわゆる自信がある状態です。自信がある状態で生きると楽に生きれます。
    人間にとって最も重要な物の一つは自信を持つ事なんだと感じるようになりました。
    自分に自信が付くと過去を振り返らずに自然と前を見るようになってきますよ。
    お試しあれ。

    ユーザーID:9305419734

  • 耐えてばかりでは駄目

    今からでもその酷いお父さんに抗議すれば。どんなに辛かったか思いのたけを吐き出すのです。でもそれは父親にわかってもらう為でなく、自分自身の精神安定の為にね。

    昔、日本人なら誰でも知ってる超有名企業で働いていました。結婚前提で同僚の男性と付き合っていたのですが、後輩の女性に横取りされてしまったんです。コネで入社した重役令嬢で彼も断り切れなかったんですね。人のものを盗るのが好きみたいで、他の女性社員も被害者は数知れず。そして奪うのが目的なので男性はすぐお払い箱。

    とても傷ついた私は、会社を辞める覚悟で会社の幹部たちに彼女の非道さを訴えました。でもやはり重役令嬢なので幹部たちの反応はいまいち。がっかりした私は会社を辞めました。でも最後に彼女には思いっきり抗議しました。すっきりしたな〜。

    その後彼は外資系会社に転職し、海外転勤を契機にプロポーズされました。一度は私の元を去った彼ですが、愛していたので受け入れました。今も幸せに暮らしています。

    重役令嬢はその後お見合いで結婚。でも一年足らずで離婚して実家に出戻り。家事も手伝わずゲームで遊んでばかりなので、同居の兄嫁に煙たがられたみたいです。今はどうしているのかしらね。

    今でも彼女にされたことを思い出すとむちゃくちゃ腹が立ちますが、やはりあの時
    思いのたけを吐き出せたので、その後の生活にもあまり影響しなかったのだと思います。

    耐えるだけが能じゃない。理不尽なことをされたらちゃんと抗議した方がいいと思います。

    ユーザーID:1517867421

  • 母がそうでした。

    母の父(祖父)が虐待男でした。
    私は25歳、母は51歳です。

    結論から申し上げると、母の辛い過去や傷は完全には癒えていないというか、きっと幼少期時代に形成された人格や性格的な面でトラウマがあるためにそのトラウマから生まれてしまうものなのか、かなりの心配性、不安症を持っています。

    母は九州出身で、(自分の置かれた環境から逃げたいのと、心機一転したくて)上京し、父と出会い子供を5人産みました。

    母方の祖母はその暴力夫と母が成人してから離婚し、素敵な方と再婚しました。

    元祖父は大変な暴力&単細胞男で昔のマンガに出てきそうなシーンですが食事中少しでも苛立つことがあるとテーブルを思いっきりひっくり返したり、その他にも祖母が妊娠中に腹を蹴り流産させた事もあるそうです。
    (他にも聞きがたい家庭内暴力は多々あります。)


    そんな家庭環境で育ったは母は未だに怒っている男性や怒鳴っている男性を見ると怖くてたまらないそうです。

    母が幼い頃、祖母は旦那がこわくてあまり家へ帰ってこなかったそうです。

    また田舎だったので祖父の日常的態度が外でもおかしかったのか、母は学校でも馬鹿にされたり、近所のおばさんに噂話をされたりとても惨めで滑稽な幼少期を過ごしていたそうです。


    この傷、トラウマは多分死ぬまで癒えないでしょう。


    でも、今は幸せな毎日を送っています。


    母が子供を5人も作ったのは、自分が一人っ子で寂しかったということと、兄弟がいればみんなで支え合ったり、何より家族という家族が欲しかったのでしょう。


    私の父は本当に温厚で、趣味もないし、ギャンブルもしないし、傍から見ると何が生きがいで生きているのか分からないくらい何も欲のない人間です

    ↓続きます

    ユーザーID:7441399883

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 上の続きです。

    母はたまにヒステリックになり、とにかく心配性、不安症なため子供にも常にこうしなさい、あーしなさい。と小姑のように説教してきます。笑

    私は今はもう結婚し子供もいるので実家にはたまにしか帰りませんが、母は自分を快く迎えてくれるし、兄弟も全員仲良く、成人してからもみんなで誕生日パーティーをしたりお出かけしたりして本当に仲良しで大好きな家族です。

    話は逸れましたが、私が言いたいことは、傷ついた過去を忘れようとしなくていいと思います。


    だって過去は過去で塗り替える事が出来なものだし、フラッシュバックしながらも現実と向き合い生きていくしかない。

    私にも辛い過去はありますが、辛い過去ほどやけに鮮明に覚えています。

    でもそんな過去に振り回されて現実を見失いたくない、何より大切な家族との時間をそんなものに奪われたくない、そして楽しく気楽に生きていきたい。

    そう切実に思います。

    母もきっと若い時は過去と戦い、父を信じようと、辛い家庭環境にいたからこそいい家庭を作ろうと必死だったと言います。

    未だに昔のあの男を思い出す。と言う事がありますが、それを思い出したからと言って特にそれだけの事。という感じです。


    自分を強く持って、目の前の幸せを存分に楽しんでいいんですよ。

    誰も邪魔したりしませんから。

    邪魔しているのは「過去の自分の記憶」で、これから先にあるものは「未来」です。

    その「未来」を迎えるのは「今の自分」。

    過去の自分が今の自分を邪魔してきても、今の自分が助けてくれます。

    今の自分というのは大切な家族を持っている自分です。

    過去の自分にはない自分なんです。既に。

    そうやって母も自分の幸せ、家族の幸せ、それを見つめ生きてきたし、これからも生きていくんだと思います。

    歳を重ね生きるとはそういう事なんじゃないかと思います。

    ユーザーID:7441399883

  • 仕事する

    私は嫌なことがあると仕事します。

    職業にしてる仕事の時もあるし、掃除とか料理の時もあるけど
    私的には、一番効果的です


    実質的に、思考が「この仕事をどう効率的に目標を上回るようにこなすか?」
    と言う創意工夫に向くので、その間は、嫌な事をわすれていられるし
    終わった後には、達成感があるから、気分が自然に上向きます
    疲れるから、寝れるしね…


    掃除はまあ、一人でやるもんだけど
    料理は、一生懸命やれば褒めてくれる家族がいるし
    美味しいものが食べられる

    職業の方の仕事は、打ち込めば打ち込むほど、周囲に人脈ができて
    支えあえるし、
    仕事がうまくいけば、自分への評価が高くなるので
    過去の嫌な自分から、次の段階へ達した自分を自己確認できるので
    すごい効果的だと思ってます


    主さんにあえて苦言を呈すれば、
    何になりたかったのか、ダメになってどうしたのか知らないけど
    あまりそれにこだわらず、
    「今できる事、やったら気持ち良い事を一生懸命、我を忘れて」やるのが
    一番いいと思う


    私は、日本で子供の頃から10年かけて欲しかった資格など(免許+PhD)取って、さあ頑張るぞ〜!ってなってから
    結婚する時海外出たので、結局資格は一回フイになって(国家資格=海外じゃ無効)、
    色々落ち込んだりもあったけどね
    まあ、ぼちぼちと、そこでできる仕事-->やりたい仕事とだんだんやってきた
    資格も、時間とお金がかかったけど、取り直したし

    その時、できる仕事=やりたい仕事じゃなくても
    一生懸命工夫して、自分なりの小さなブレークスルーをいくつも得て
    進んで行くのは楽しい!と思ったよ




    主さん
    ご結婚おめでとうございます
    お幸せに!
    そして、主さんにもこれから沢山のブレークスルーがありますように…

    ユーザーID:1186260428

  • 自己暗示をかけて乗り切る

    できたら催眠療法で、記憶を封じ込めたいくらいですね。そういう治療は日本ではまだ許可が出ていないと思うので、自分で暗示をかけたらどうでしょうか。

    辛い記憶が蘇ってきたら、あれは前世の出来事だった。今は生まれ直しをしたので大丈夫、優しい夫がいて、今は守られているって何度も言い聞かせてみてください。

    そんな簡単に虐待された人は、人生やり直しはできません。普通に守られて安心できる子供時代がなかったので、土台がグラグラしているのだと思います。そこに大人になってから幸せを築こうとしても、やっぱり土台がグラグラきます。幼少時代の土台も、もうちょっと強化しないと厳しいですね。

    どうしても幼少時代の安定した思い出がないなら、お腹にいた頃の、何も考えなかった幸せな時代を頭で想像しながら、イメトレすると効果が出る場合もあります。恥ずかしいですが、夫に抱っこしてもらって、赤ちゃんみたいに揺すってもらうとか、少しずつでもイメトレして悪い記憶は薄れるように努力しましょう。

    トピ様に幸せになってもらいたいです。

    ユーザーID:9063314249

  • 忘れようとしなくてもいいと思いますよ。

    辛い体験でしたね。
    私も似たような親に育てられました。
    今は親、兄弟とは縁を切っています。
    辛かった過去を無理に忘れようとしなくてもいいと思います。
    過去の自分を否定しないであげてください。
    過去の辛かった自分、悲しかった自分ととことん向き合ってあげてください。
    私はイメージの中で、小さかった頃の泣いている自分を抱きしめたり、側にいるから大丈夫だよ。と声をかけてあげるようにしています。
    思い出して思いっきり泣いたり、怒ったりしていいと思いますよ。
    でも最後には、あの過去があったから今の自分がいる。私は今の自分が大好きだ、今の暮らしが大切で、生きていることがうれしい。と、自分を肯定してあげてください。
    大丈夫、今日は辛かったとしても、明日はまたきます。明日を笑顔で過ごすために、今日思いっきり泣いて、怒って、スッキリしてください。蓋をして隠そうとすると、閉じ込めた思いは後で悪さをします。あんなに嫌だった親と似たようなことをしてしまうかもしれません。
    過去と未来のことも大事ですが、今を生きることが何より大切だと思います。
    私から、辛い時に唱えるおまじないを教えますね。
    まあいいか、なんとかなる。
    なるべく声に出して言ってみてください。
    何度も何度も唱えてみてください。
    カウンセラーの先生に教えてもらったおまじないです。私も辛い時は唱えるようにしています。
    言葉には力があります。前向きな言葉を音にして出すと効果があるのかな、と思います。
    まあいいか、なんとかなる。
    唱えてみてくださいね。

    ユーザーID:0904899139

  • 私もです。

    はじめまして。
    トピを拝見させて頂き、胸に詰まる思いです。
    私も父親の虐待を受けて育ち、逃げる為だけに
    進学しました。
    母はいつも見て見ぬふり、守ってくれませんでした。
    アダルトチルドレンが幸せになるには、とにかく良い方と結婚する事につきます。
    良いご主人に巡り逢えて、幸いです。

    多分、今普通の暮らしをする中で、洗脳が解けて来られたのではないでしょうか?
    それだけ心に余裕が出来た証拠です。
    もうご両親もご高齢かと思われますし、いずれは他界します。
    哀れな人だな位に留めて、ご自身の暮らしを充実させる事です。
    過去は過去で、心の何処かに置いておく。
    フラッシュバックした時も、脳の焼却機能だ位に受け止めて、深く考えない事です。
    大なり小なり、心に傷のない人なんていません。
    忌まわしい過去に捕らわれる事はありません。
    堂々と幸せになりましょう。
    自信を持つことです。
    今貴女には、ご主人がいるのですから。
    心を解放して生きていけますよ!

    ユーザーID:5986070763

  • 本を紹介します

    ルイーズヘイさんのユーキャンヒールユアライフという本をおすすめします。
    この方も幼児期から青年期にかけて虐待をうけましたが、
    自分を受け入れ、慈しむというワークによって、すばらしい人生を生きた方です。
    某動画サイトでも検索すると出てきます。本を読めば可能性が開けてきます。
    毎日の練習が必要です。こつこつ頑張ってください。

    ユーザーID:9730301048

  • 蹴散らせ!

    私も53になった今でもフラッシュバックしますよ?母があの憎ったらしい顔で子供の私に突き付けた言葉とか暴力の数々。

    でもね、母から言われ続けた呪詛みたいな根拠の無い罵詈雑言、もしそれが本当なら、今の私の人生は散々なものになっていた筈です。
    あのばばぁは嘘つきだ!
    間違っていたのは母だ!
    ザマミロ!
    と口に出します。
    時々夫にも溢します。
    夫は真剣に聞いてくれます。夫がカウンセラーのようなものです。
    『ひとつ不思議なんだが…』と夫は言います。
    『ではきみは何故息子をちゃんと育てることが出来たんだろう…反面教師だったのか…』と。

    でも自分は判ってます。
    反面教師などではありません。私と母は人間の『質』が違っていただけのことです。
    質の悪い人間は、自分より少しだけ質の良い人間を前にした時、それが我が子であればあるほど押さえ付けずにはいられない、ってだけです。
    そんな親は救いがないんです。子供が救ってやる必要性はありません。

    ユーザーID:0574211809

  • トピ主のみかこです

    レスを頂いた皆様、本当にありがとうございました!!

    「何を甘えているの?」という厳しいご意見ばかりが届けられると思っていたので、あたたかいレスを頂き、胸がいっぱいです。

    すべてのレスを読みながら、涙が流れてきました。

    やはり、「どうして私は、ここまで苦しまなければならなかったのか?」という気持ちがどうして拭い切れず、自分で自分に同情してしまう傾向がありました。

    苦しかったり、死のうと思うほど思い詰めたりした人間は、私だけではなく、被害にあった皆さんひとりひとりが乗り越えようとしていたんですね・・。

    皆さんが、同情的な考えではなく、実生活に(これからの人生に)活かしていく具体的な「思考」や「行動」が示されているレスでしたので、本当に参考になりました。

    読み過ごすだけのレスではないので、大切にノートに書き写しました。何度も何度も読んで、また涙が出てきましたが・・・。
    本当にありがとうございます。過去に振り回されず、とらわれ過ぎず、幸せになります。幸せになるために、努力します。

    何もしなければ、このままただ、ジクジクと自分を苦しめ続けていたでしょう。勇気をもって投稿して、本当に良かったです!!

    ユーザーID:1459787118

  • 分かりますよ

    トラウマの記憶は冷凍保存されているとよく言います。
    傷で言うと、ただ包帯を巻いて放置してる状態でしょうか?
    そのままにしておけば膿んで腐ってしまうかもしれません。勇気を持ってその傷に向き合えば、その状態にショックを受け、治療段階ではまた痛みを伴う事もあるかもしれない。
    でも、時と共に傷はかさぶたになり、かさぶたは剥がれ、少し跡は残るかもしれないけど見えなくなっていくものだと思います。

    他のレスにもあるようにフラッシュバックは、虐待真っ最中の時には出てこないんです。今は安心できる状況だからこそ出てくるんです。膿を絞り出してるようなイメージでしょうか?
    トラウマに対する治療はいろんなものが出て来てますし、EMDRとかタッピングというようなものはフラッシュバックにとても効果があり自分で出来るものもあります。本も出ているのでぜひ試してみたらいかがですか?

    今は膿を出してる時期です。今はとてもつらい時期だと思います。でも、とにかく出し切ってしまう方が早く楽になると思います。人に話す、紙に書きなぐる、大声で父親への気持ちを叫ぶ。
    全部出したらすっきりすると思いますよ。

    ユーザーID:1490962321

  • お察ししますが

    お父様からの暴力やモラハラ、常軌を逸した行動云々とまず記されていますが、単に意見の食い違いで口論の末に例えば平手打ちをされた、などでも暴力と言われれば暴力ですし、モラハラと言われても親と子にはジェネレーションギャップはつきものですから、トピ様の記された文章からだけでは判断は難しいですね。ただ、こうして公に意見を求めておられるのですから、お苦しみになっているのは事実でしょう。

    結論から申し上げると多感な子供時代に受けた傷(あえて傷といいますが)は一生消える事はありません。

    記憶は有難いことに多少薄れてはゆきます。また、どんなお辛い来し方をされた人でも365日1分1秒もその記憶から離れられないという異常な状態での生活はされていないと思います。私も母親に苛めを受けながらの子供時代を過ごしました現在65歳の女です。こんな老年に至りましても子供時代の記憶は何かきっかけがあるごとに甦えりますし、それがトラウマとなっている場合もあります。人格形成に影響もおよぼすのですからね。記憶に掴まると時に涙する折りもありますよ。しかし自分を苦しめる記憶がなんになりましょう。

    畢竟、あまりお考えにならない事をお勧めします。
    ご自分にとって何が一番大切であるか、それを常に追求なさって下さい。
    そうなさる事に生きる価値は存在すると思います。

    ユーザーID:9836491583

  • 私は母親でした

    私の場合は、実母からの苛烈な虐待でした

    私は現在50代独身で、未婚のままです

    トピ主さんは良い人と巡り合われた良かったですね

    同時に、時折のフラッシュバックも深く共感できます

    人生何歳からでもやり直しがきくとかいう、根拠のない言葉に関しては
    人生は、産まれ落ちた親というものが比重に重きを置くと思います

    私は時折のフラッシュバックは当たり前だと思うようになりました

    だって、幼いころからあんなに酷い目にあったんですもの
    時々思い出してしまうのは当たり前だと思います

    時間薬で和らぐ「程度」であればと思いますが
    そうじゃない場合も多々あります
    たくさんの書籍も(そういった関連の)読みましたが
    結局のところ言葉遊びだと思いました

    親を選んで生まれてくるとかいう言葉も、少々乱暴だと思います

    忘れなくていいし、許せないのなら許す必要なんかないし
    フラッシュバックするのなら、それが正当なんです

    辛かったね・・・
    私も現在も辛いからよく分かります
    親の事を許せたのかと問われれば、許せてない理解できないと叫びます

    握りつぶされたのが実の親であるなんて、だれも信じてもくれないので
    誰にも言うこともできないもの・・・

    何かアドバイスできる事が見つからないのですが
    「古傷が痛い」ぐらいに思える日が来るといいですね、お互いに・・・

     

    ユーザーID:0228844129

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧