毒親について

レス11
(トピ主1
お気に入り55

家族・友人・人間関係

じーま

毒親。という言葉について賛否両論あるようですが、自分の親について違和感や生きづらさを感じている人はたくさんいると思います。
また、親に感謝して親を大事に思っている人ほど、他人が親のことをないがしろにしていることに憤りを感じるのは、ごく当たり前の反応でしょう。
かく言う私も毒親と言われる親に育てられました。私も親に感謝する気持ちが全くないわけではありませんが、丈夫に産んで、育ててくれた。というだけで全面的に親に感謝しろ、という意見には賛成できかねます。
親に感謝したい、愛したい、誰よりも一番そう思っているのは、他ならぬ毒親に育てられた子供自身だと思います。しかしそう出来ないからこそ苦しんでいるのです。
理由もなく自分の親を憎く思う子供はいません。
親を憎く思う自分自身をも憎み、耐え難い悲しみと苦痛を経て、自分の親が毒親だったと知るのです。
毒親と言われる親だけが問題なのではない。
親自身が育った家庭環境や、時代背景、社会事情など、様々な問題が背景にはあります。
私は関連本をたくさん読んで、分かったことがあります。
誰も悪くない。誰もそうなりたくてなったわけじゃない。
飲み込めずに心に溜まっていった怒り、悲しみ、孤独を分かって欲しい。その思いが、毒親というものを産み出したのだと感じました。
本当に救われなくてはいけないのは、毒親自身です。
しかし、彼らは自分が救われたいと思っていることに気づいていません。救いを求めていない人は救えません。そのことが毒親問題をより深刻に、複雑にしていると思います。

ユーザーID:6986938374

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 暖かくして眠りましょう

    消化しきれないまま 思いがあふれ出てしまったんですね。
    誰かがあなたのされたことを見ていても、あなたの心の中は誰にも計り知れないのが歯がゆいですね。
    誰かに抱きしめられて心落ち着ける場所がありますように。

    ユーザーID:6362139664

  • タイトル

    確かに、毒親になる人にも何かしらの問題があるのかもしれません。でも、毒親に育てられていても毒親にならない人もいますし、辛い時代、社会事情で育ったからといって、必ずしも毒親になるかと言われればそうではありません。
    毒親が行う仕打ちは心の弱さが引き出したものなのでしょうが、それが原因だからといって子どもに酷い仕打ちをしていいのかと言われるとそうではありません。社会環境、家庭環境がその人の心の弱さを形成したとしても、行動を決めるのはその人自身です。
    私もトピ主さんと同じく毒親に育てられた1人ですが、親が悪くないとは思えません。

    ユーザーID:2984590342

  • そうかもしれないけど

    毒親=加害者のようなものですから、加害者から救済というのは虫がいい話ですね。

    いじめで、いじめた子、いじめられた子、明らかに悪いのはいじめた子なのに、そうなったのは環境のせいだからとかいう理由で、いじめられた子をないがしろにして、いじめた子から救済なんて私には思えません。

    まず被害者に謝れ。被害者の心の傷が癒えてから、加害者の番。私の中の順位はこうです。

    ユーザーID:8755579846

  • 同意です

    親に感謝できない大人を非難する人を見ると、
    この人は心がいっぱいいっぱいなんだな・・・と思います。
    自分は正解で向こうは悪だ という極端な考え方を、親から学んでしまったのかもしれません。
    でも、責める気にはなれません。
    こういうのは、自分で気が付かないといけないと思うからです。
    そして、気が付かなくてもいいとも思うのです。

    私の親も毒親です。そして私もいろいろ勉強していくうちに
    じーまさんと同意、誰も悪くないというところまで分かってきました。
    やはり、毒親が毒親になったには、それなりの理由がありました。
    みんな母性に飢えていました。

    産んだのは親の勝手だし、育ててくれたということは親として当然の行為です。
    だから子供は親にしばられたり感謝を「しなければならない」
    わけではないことも、分かってきました。
    感謝したい人はすればよいという程度でしょうか。

    私は母親です。でも毒親家庭で育ったのでお手本になる人がいません。
    現代はネットなどで情報もとれるから助かります。
    適切な母性を適切な時期に我が子にそそぐことが私の責任です。

    このような事が分かるまで、時間がかかりましたが、だんだん生きやすくなっています。他人とのコミュニケーションが楽しくなりました。
    それでもまだ、親のやり方を真似するときがあり、気が付いてぞっとします。

    ユーザーID:5156783006

  • 毒親とは。。

    毒親という言葉と、自分の親は毒親ですというのを見て、あぁもしかしてうちもちょっとそう?とか思ったり思わなかったり・・・ でも最近毒親っていうのはホントはこれじゃないかと思う事がありました。旦那の父親です。事あるごとに面倒なことを言いつけられ親として何もして貰ってないにも関わらず旦那はちゃんと言いつけを守っています。見ていて可哀想。でも本人は放っておけない。親だからという事ではなく彼は母親には意外とクールだったようです。毒親とは子供が気付かないうちに、子供を疲れさせ傷つける親だと思います。むしろ本当の毒親の子供はその親を毒親などと言わない。その事に気付くことすらなく翻弄されているのだと思う。

    ユーザーID:0001439384

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • わざとインパクトのある「毒」という言葉を使っていると

    普通の人が聞いたら事実であっても心理的に拒否というか、他の言葉はないのか眉をしかめるほどインパクトがある

    しかし長年支配され思考能力も通常ではない、全部自分が悪い、自分が我慢すればいいと思っている被害者にわかりやすく短く伝えるために、死んだ心にも届くように「毒」とあえて使っていると読んだことがあります

    特に日本は「理不尽に思えるかもしれないけど親は子供のことを思ってやっている。(それ以外はありえない)」という風土


    毒!毒なんだよ!!あなたは悪くないんだよ!と。被害者の心に届けばいいと。

    納得できました

    連鎖・・人間自分がやられた嫌なことはしたくないんじゃないでしょうかね・・と思うのですが(思いたいのですが)
    ・・確かに本人が己の問題に気が付かなければ解決しないですものね
    難しいですよね・・

    ユーザーID:6118730840

  • 難しい問題ですよね。

    救うことができるというなら、若い人からでしょう。
    時代背景など、込み入った問題などで、親になってから、自分の親が毒親だったと、分かってかわいそうな立場は、子供がいる親ということになります。

    毒親だから、疎遠絶縁なんて、簡単ではないからこそ、親に愛される努力もできなくなった、心を病んだ人、親子関係で苦しいという人を救うべきです。

    ただ、親の愚痴は言えないし、理解されにくいです。だからこそ、対策してほしいものです。

    ユーザーID:9477719974

  • わかります。

    わかります。

    夫が毒親育ちです。
    父親はアルコール依存症で暴力をふるい、
    母親は共依存で子供を守っているつもりで
    虐待してしまっていたくちです。
    義父は他界し、
    義母は認知症で心は幼児に戻ってしまいましたが
    夫は今でも苦しんでいます。

    でもその苦しみが親のせいだとは
    私が指摘するまで思いも付かなかったようです。
    「毒になる親」を読んでも、
    親が悪いんだという著者の主張が受け入れ難く
    最後まで読めなかったと言っていました。

    「父がアルコール依存症になったのは
    悪い友達に出会ってしまったから。
    あの時代母が子連れで
    逃げられるところなんかなかった。」

    そう言います。
    現実は違うんですけどね。
    更正施設から迎えが来た日に
    義父はどこかに隠れてしまい、
    義母は家族が連れ戻しに来たのに
    実家に帰ることを拒んだそうです。
    二人とも自分の判断で状況を変えなかったんです。

    それでも自分が愛されていなかったとは認めたくない、
    自分の両親が毒だったとは思いたくない、
    そういう事なんだと思います。
    認めてしまうと自分の土台が崩れてしまう
    そういう感じみたいです。

    ここを乗り越えられたら楽になるとは思うのですが、
    難しそうです。
    他人との距離の取り方がわからず、
    他人を信じることができず、
    常に周りから非難されていると感じてしまう。
    生きにくい人生です。

    なので機会がある毎に、
    「あなたがそう感じるのはあなたのせいじゃない。
    でもあなたを変えられるのはあなただけだよ」
    と言っています。

    夫本人が毒親になってしまわないように。

    ユーザーID:6226233173

  • トピ主です。

    皆さん、いろいろなご意見ありがとうございます。
    私自身、毒親に育てられた。と以前書きましたが、私は親を憎く思う気持ちももちろんありますが、どうしても憎みきれませんでした。
    誰かを憎み続けることは非常に疲れます。
    そしてその憎しみに心が囚われている状態は、健全な状態とは思えません。
    私には姉がいますが、姉は母に対して、過去の母の行いをことあるごとに責めます。
    泣きながら、髪を振り乱し、机やカベをバンバン叩きながら母を罵り、謝れ、と言います。
    母はそんな姉に対して、私は何も間違ってない。育ててやった母にそんな口をきくお前が謝れ。と言います。
    そんな二人を見ていて、私は言いようのない虚しさと悲しみを感じました。
    そんな姉は今では母と瓜二つになってしまっています。
    こんな風に罵り合うことに何の意味があるのか。憎しみからは何も生み出されない。
    私はそう感じました。
    人を許すことは難しいです。私も許すことは出来ないでしょう。私は、親を許せない、憎みきれない自分を許すことにしました。
    私は母と姉の生き方を否定はしません。二人には二人の譲れない思いがあるのだろうと思います。ただそれを他者に無理強いすることはダメだと思います。
    私と母と姉は、全く別の人間だ、ということを常に意識しながらものごとを考えるようにしています。
    私の考えは理解出来ない。という方は、それでいいと思います。それは人それぞれだと思いますし、誰にも否定はできないと思います。
    ただ、私はものごとはひとつの角度から見た姿だけで判断してはいけない、と思っています。
    事実は事実として捉え、そこから考えられるたくさんのことも、一度は自分の中に落とし込んで、じっくり検証してみて、その時に感じたことから目をそらさない、気づいたことを無かったことにしないことが大切かな、と思います。

    ユーザーID:6986938374

  • 子供は

    産む産まないを選べるんです。
    自分がきちんと親の役目を出来るか
    よく考えてから親になるべきです。
    衣食住を与えてとりあえず身体的に
    育てる事だけが親の役目ではありません。
    自分の力量も考えずに親になってしまう人が
    毒親になるのです。
    親自身が育った環境が影響するなら
    それをも考えて自分は親としてきちんと
    できるのかできないのか
    よくよく考えてから子供を持つべきです。
    それは親自身の責任です。

    ユーザーID:0348042364

  • 両親と子供

    私の両親も毒親で私自身結婚しても子供は欲しくなかったです。
    多分恐らく虐待の連鎖から逃げ出せなくて
    子供を虐待しかねないからでした。
    それでも最近高齢出産で妊娠・出産しました。
    子供を見ると虐待の恐怖と両親に対しては何故?と
    考えない日はありません。
    ただ、高齢で精神的に余裕が出来た分虐待の恐怖は薄れつつあります。


    トピ主様は両親の事を憎み切れないとかかれていますが、
    ある出来事で私は両親に心を折られてもう無理だと悟りました。
    今は両親という名前だけの人達と無関心な状態です。
    両親に頼られても他人を助ける程度の感情しかありません。
    ある程度の知識が必要な事を頼られるので金銭を要求して
    依頼人として対応しています。
    両親は私の態度には気づいていないと思います。

    愛の反対は無関心って本当だなと思いました。

    ユーザーID:4631047300

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧