• ホーム
  • 話題
  • タイプライターを使った最後っていつですか?

タイプライターを使った最後っていつですか?

レス55
(トピ主1
お気に入り56

生活・身近な話題

昭和の人

我が家には夫が学生時代に購入したOlivetti社製の英文タイプライターがあります。社会人になってから、会社でタイプライターを使うような場面はなく、ただ捨てられずに家にあるだけのものです。
私が通っていた高校には『英文タイプ部』がありました。速さや正確さを競う競技会があったことを覚えています。英文タイプ部の子は成績優秀な子、というイメージでした。
夫も私も50代前半です。社会人になって職場でタイプライターを見たことがありません。文書はワープロで作成です。(正確にはPCに入っているワープロソフトを使います)
さて本題です。
実際に英文タイプライターを使ったことがある方、最後に使ったのはいつのことですか?それはどういう場面で使ったのでしょうか?お仕事で使った方の職種は?そして失礼ですがおいくつですか?

そして、このタイプライター、何か有効活用する手はないでしょうか。

ユーザーID:7822235876

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数55

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 短大のとき

    今から30年前の短大の時、就職に有利とのことで英文タイプの課外授業を半年くらい
    受けました。
    まだワープロが出てきたころだと思います。
    英文タイプの怖い女の先生が、「はい!ホームポジション!JJJJ,FFFF・・・」
    静まり返った教室で、一人でもタイプ音がずれると、すごく怒られて泣きそうに
    なりながらの授業でした。
    怖すぎて、半年で挫折したのですが、おかげで今でもブラインドタッチで
    入力だけは速いです。よく人に驚かれます。エクセルとかワードは全くダメなので
    よけいに。

    タイプライター、おしゃれですよね!
    アンティークで貴重なのではないでしょうか。インテリアとしても需要がありそうですが・・

    ユーザーID:0994877134

  • うわぁ〜懐かしい!

    タイプライターに続いて、”オリベッティ―”の名前!
    あ、読み方会ってますよね。
    タイプライターの代名詞みたいでしたね。

    あ…、私の年齢は50代中盤ですから主様よりチョット上の世代です。

    因みに、実家には兄の訓練(障がいが有ります)の為に電動タイプライターが有りました。
    私も兄が使ってない時には使って遊んでました。
    おかげで、現在はタッチタイピング完璧(エビ反り!)です。
    タイプライターはワープロと違って打ちミスが出来ませんから、
    結構な練習になりましたた。

    で、最後は、と考えたら、中学から高校に掛けて辺りですから、たぶん40年程前が最後だと思います。

    その後、マイコンでのプログラミングでキーボード使いが役に立ち、その後ワープロに切り替わっても楽でしたね。
    何が楽って”まちがえても直せる”って事ですね。

    ユーザーID:0796904833

  • 懐かしいですね

    最後に使ったのは昭和50年代の終わりころ…
    ビジネス系専門学校に英文タイプ科と言うのがありました。
    ちょうどその頃に、どでかいパソコン(当時の値段で100万超え)が
    導入され、PC授業も並行して行われるようになりました。
    高価なので1人1台は与えられず、2人で1台を使用しました。

    翌年就職した職場にはPCがあり、結局英文タイプライターは使う機会は
    ありませんでした。
    ただ英文タイプライターでブラインドタッチが滑らかに出来るように
    なっていた為、PCの入力にはとても役立ちました。

    英文タイプライターの使い道としては、当時カセットテープ(死語?)
    のタイトル文字を打って嵌めてましたね・・・
    ま、当時としてはお洒落な感じでした(笑)

    それ以降タイプライターは使っていませんね。
    今どこにあるんだろう?
    多分どこかに仕舞い込んでるんだと思いますが探してみようかな・・

    昔の洋画で秘書がカチャカチャカチャ…とタイピングしてるのを見て
    憧れてタイピストになろうと専門学校に入ったのを今想い出しました(笑)

    50代前半です。

    ユーザーID:3108472552

  • 学生時代

    タイプライターを使ったのは留学中の27 年前

    レポートの提出条件が、TYPEDであることを見逃していて
    個人ではワープロを持ってなくて
    学校のコンピューター室もすでにしまっていた
    下宿先にはタイプライターしかなかったからです

    後にも先にもタイプライターを使ったのはその時だけです

    ユーザーID:6393356214

  • 大学の研究室にありました

    48歳です。大学の研究室にタイプライターがあり、エアメールの宛名書きや複写紙の書類の記入に使っていました。電子メールもなく、パソコンもPC-98が主流の90年代前半です。
    キーストロークの感触が好きでした。(タイプライター風のキーボードなんていうのもあるみたいですね。)打ち間違った時に、一文字戻って修正できた時は感動しましたね。

    文字は小さいと思いますが、お手紙や葉書の一部にレタリングみたいに使ってはどうでしょうか?シールにタイプしてラベル作りとか。海外の方と絵葉書交換なんていうのもあるみたいですね。

    ユーザーID:7290362252

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 郷愁・・・

    勤務先の社長(生きていれば85歳くらい)が英文タイプを使っており、15年程前に社長に頼まれてタイプを打ったのが最後です。
    エアメールの世代の社長に「レター書いて」って言われて打った、海外企業とのfax取引文書でした。
    今やタイプはおろか、ファックスも出番がめっきり減りましたね。
    私は現在50歳です。

    高校生のときに英文タイプを習いましたが、私はそそっかしくタイプがとても苦手で涙目でした。
    でもパソコンが普及し、苦戦する周囲を尻目にタッチタイピングを当たり前にできたので「タイプやっておいて良かったー!」と思いました。

    ユーザーID:4786626610

  • おおっ、懐かしい

    まさに「英文タイプ部」でした。
    文系のおっとりのんびりしたイメージとは違って、体育会系?のような厳しい部活でした。
    私の高校は常に全国大会上位に食い込むようなレベルだったので、休みは元日のみ、試験中もずっと部活でした。

    でもそんな猛練習を重ねたタイプライターも、ワープロの出現で過去の遺物に。
    大学でも会社でも使ったことはありません。
    ワープロ、パソコンに世間の多くの人がと戸惑う中、キーボードはほぼ同じなのでスーッとなじめたので役には立ちましたが。

    インテリアショップでタイプライターを売っているのを見たことがあります。
    おしゃれなレトロインテリアの部屋に似合うんでしょうね。

    リサイクルショップに聞いてみては?
    案外需要があるのかもしれませんよ。

    ユーザーID:9499739265

  • 24年程前です

    46歳、新卒で入った会社でbrother製の電子タイプライターをつかっていました。
    海外に書類を送る際のFedEx便の送り状(4枚複写だったと思う)に使っていました。
    宛先を登録しておくと、勝手にタイプしてくれて楽チンでしたよ。
    それ以外は大抵ワープロを使っていたので、他の用途に使ったことがありません。

    ユーザーID:9232836828

  • まだ現役

    最後に使ったのは:昨日
    どういう場面で:他国向け振込依頼書に記入
    職種:経理
    年齢:60代前半

    ワイヤドットプリンタには複写の国内向け
    納品伝票等の連続帳票がセットされています。

    1枚だけの複写用紙で、かつ英語記入の書類、
    例えば他国向けの荷送り状や振込依頼書には
    タイプライターが現役で使われています。

    有効活用1:
    新品よりお安く手に入れば欲しいという人はいるので
    売りに出すと売れると思います。

    有効活用2:
    自分で使うならギフトカードを作成したり、
    デコアルバムの素材作りで活用したり、
    タック紙(シールになってる紙)にタイプして
    付箋がわりに使ったり。

    タイプライタはワープロと違って
    文字の大きさは変えられませんが、
    タイピングの強弱によるかすれなど
    味のある文字が打てるので
    ご自身がお好きならいろいろ活用できる
    と思います。

    ユーザーID:0790808450

  • まさに

    英文タイプ部でした。
    正確さやスピードを競ってましたね。
    現在40代です。
    大学生の頃までは英語の授業の復習やレポートで使ってました。その後軽いタッチのワープロに移行したら使わなくなりましたね。打ち直しが簡単ですし。
    デザインが気に入っていますのでインテリアとしても使えそうですが、埃を入れたくないので私は大事にしまってあります。
    懐かしいです。

    ユーザーID:3718175102

  • 30年前のアメリカで

    1980年代の後半にアメリカの大学で学生生活を送っていました。私は歴史を専攻していたので、レポートを書かされたのです。その時に、友達から譲り受けたタイプライターを使いました。

    私は今50代後半です。30年前のことでした。

    タイプライターの有効利用についてはいいアイデアがありませんが、アンティークショップで窓辺に置いてあったりしませんか。

    ユーザーID:0380980347

  • インクリボンが切れた

    たぶん最後の最後は23年程前かな、IT企業で使用していました。使うのは技術職です。主に海外とのビジネス書面です。結構、修正液が役に立ったのを覚えています。へたっぴだったので。実筆でサイン書くのがかっこ良かったです。

    テレックスもあって、直接海外とのやり取りも打ち込んでました。

    今の使い道は、インテリアにしたら良いです。

    ユーザーID:3376610701

  • 約30年前です

    アラフィフ主婦です。

    自宅に英文タイプライターがあってタイピングの練習に使用していました。
    姉が購入したものの使っていなかったので、私が洋楽の歌をききながら歌詞を入力して遊んでいました。

    機種はわかりませんが、本体が持ち運べるように小型で蓋がついていました。

    同じ頃に和文タイプはバイト先の職場にあり使用していましたが、その頃から機械のワープロが導入されだんだん使用しなくなっていった覚えがあります。

    また英文タイプも自宅にワープロを導入してから使わなくなり、そのうちパソコン購入で完全にお蔵入りになりました。

    実家に行けばまだ残っているかもしれません。

    姉はタイプした文字をラベルに使用してインテリア目的で使用していたと記憶しています。
    今ならテープライターもありますが、当時はまだ普及していなかったので。

    何に使えるか・・・というのは難しいですね。

    ユーザーID:0989270339

  • 吹奏楽部でなあ

    49歳。
    中高と吹奏楽部でして。

    あのね、かなり有名な曲でルロイ・アンダーソン「タイプライター」つうのがあるんすよ。
    1950年作曲ですが、多分主さんも聞いたことがあるはず。CMなんかで。

    で、吹奏楽部ではこの曲割と演奏することがあって、
    そうすると本物のタイプライターが登場して、パーカッションが空打ちする。
    そういう曲なんだ。タイプライターの音が演奏に組み込まれて。

    で、演奏は空打ちだけど、なんか誰かがインクリボンと紙持ち込んで、
    私ら全然別のパートなんだけど、練習時間に打ってた。
    結構ちゃんと打てるようになったよ。
    それが、私がタイプライターを使った思い出。

    ただ、中高の職員室にはまだギリギリでタイプライターあったよ。
    高校の、英語実力テストの原稿は、タイプライター打ちだった。
    ちなみに高校職員室には和文タイプもあって使ってた。
    一方で、物理部ではパソコン(PC-6801)使ってプログラミングしてたし。
    混ざった面白い時代でしたな。

    活用は…オークションとかメルカリで売れるんじゃないかなあ。
    お洒落くせえカフェなんかにはよく置いてあるし。

    ユーザーID:7950159075

  • 30年前、短大のレポートで

    53歳です。

    私は高校の恩師から、大学時代に使っていたオリベッティのタイプライターを卒業・進学のお祝いにいただいて独習しました。
    短大が英語科だったので、レポートなどタイプ打ちして提出していました。
    中学校・高校にはありませんでしたが、短大には英文タイプ部もありましたね。
    が…英語科の中にも、タイプ部以外で使っている人はほとんどいなかったです。

    就職先は一応大手ですが海外取引などない会社だったので、英文タイプの出番はなし。

    私のタイプライターも赤いオリベッティでしたが、就職し引っ越す際に妹にあげてしまいました。
    その後どうなったか知らないですが、今となっては手元に置いておいたらよかったなと思います。
    全く実用性はないですけどね(笑)

    ユーザーID:1244700444

  • 昭和40年代後半

    アラ還です。
    貿易の仕事をしていた叔父が使わなくなったタイプライターをくれました。
    英語を習い始めて、「外国人と文通しよう」というのが流行って、手紙を書くのに使っていました。
    おもちゃ感覚でしたね。
    大学時代には使っていなかったので、最後に使ったのは昭和40年代後半と思います。

    ユーザーID:6988197028

  • ドイツで2000年代初めごろまで使用

    主さんと同年代です。80年代洋楽、特にブリティッシュ系音楽にぞっこんで、将来はイギリスへと大きな夢を抱き、英語を必死に学びました。中学、高校の英語だけでは、職につくのにも充分ではなかったので、高校卒業後、英語のビジネススクールに通い、そこで時事英語、貿易、タイピング等科目がありました。主さんのご主人のタイプライターと同じオリベッティ社の中古手動タイプを自費で揃え、自宅でもタイピングの練習をしました。それに加え、生活費も同時に自分で稼がなくてはならなかったので、80年代後半の都内でのバイトで、コンピューター導入に向けて、それまで手書きで処理されていた伝票等の情報入力作業を見つけ、その入力作業とタイピングの練習をも兼ね、しかも、その当時の情報入力作業の時給が高かったので、とても助かりました。縁あって配偶者は英国人ですが、彼の仕事先がドイツで、結婚を機に90年前半からドイツの日系企業で秘書業務兼事務職もあり、社内は電動タイプライター。タイプライターのドイツ語配置が英語とは少し異なりますが、それでも問題無し。その後、コンピューターに移行しましたが、隣国への送付票等作成はタイプライターの方が、早いのと見やすさで頻繁に活用。仕事以外でタイプライターを使うとなると、カセットテープや本のラベル等に使っていました。

    ユーザーID:2959388150

  • 大学図書館

    転職したので、その後どうなっているか不明ですが、2002年ごろまで
    大学図書館の洋書部門でオリベッティを使っていました。三連複写に
    なっている発注管理のためのカードを、タイプライターで打っていたんです。
    手書きでも良かったのですが、タイプの方が綺麗だし、そして何より
    タイプライターを使うのが面白くて、空いている時は好んで使っていました。

    私は46歳で、学生の時はpcやワープロが主流でした。タイプライターの
    あのストロークの深さや、小気味好い音は、ワープロにはない魅力ですよね。


    〉何か有効活用する手はないでしょうか。
    もしかしたら、中古市場はまだまだ賑やかかもしれません。

    ユーザーID:4806835082

  • 英文タイプライター

    49歳です。
    最後に使ったのは専門学校の時です。
    事務系の学校ではなくて、外国語を習っていたのでその時に入力するフォームの作法とか習ったかな?
    でも、授業なので試験もあったし成績に反映されてました。
    時間内に何文字入力出来たか?とか課題もあったかも。
    確か、当時は検定試験もあったのでは?

    在学中は家でも練習したいから和英ワープロを買って練習しました。
    今は、ワープロなんて無いですよね・・・
    実家にありましたが、廃棄したようです。

    映画でたまに見かけると、高校生の子供が興味あると言ってました。
    文字を打つときの音がアナログでカッコいいそうです。

    ユーザーID:5300264487

  • ちょっとだけ触ったことあります。

    45才ですが、短大で英文タイプを習いました。
    でも、使用したのはパソコンです。
    授業の時に先生が「英文タイプの本物はこれです」とちょっとだけ触らせてもらいました。
    27.8年前でしょうか。


    今から30年前に友達の家にワープロがありましたが、液晶画面は1行だけでした。

    その後我が家も買いましたがもう少し行数はありました。

    友人の母がタイピストだったそうで、結婚するまでは仕事されていたそうなので、50年くらい前でしょうか。

    ユーザーID:9133440972

  • 海外営業事務でした

    50代半ばです。(主さんたちより年上)
    私は社会人になって初めてタイプライターに触れました。
    1980年代半ば、職種はメーカーの海外輸出営業の営業事務です。大学では語学専攻でしたがタイプライターの授業はありませんでした。レポートは手書き。タイプライター室というものはありましたが人がいることはあまりなく、一度割と長文のレポートがタイプライター提出と言われたときは知人のタイプライターの打てる方にお金を払って清書を依頼しました。

    ただ、入った時もタイプライターとはいえ電子タイプライター(2行くらいディスプレイ表示ができ、印字前なら修正可。同じ時代のワープロに似てる。)でした。
    そして一年くらいで英文ワープロとでもいうような同時期の業務用和文ワープロと同じく14インチテレビくらいのディスプレイを見ながら平らなキーボードをたたくものに変わりました。

    ちなみに私は5年くらいで結婚退職して(時代ですねー)、1990年代初頭に法律事務所のパートに再就職したのですが、そこでは数年前(1980年代後半?)までは和文タイピストに公文書の清書を依頼いていたそうです。

    タイプライターの有効利用はちょっと思いつかないのですが、電源不要のものなら発展途上国でまだ役に立つとかあるんでしょうかね?

    ユーザーID:9713951452

  • 懐かしい!

    私も同年代です。
    最後にタイプライターを使用したのは、大学4年時の卒論執筆(英文学)の時でした。
    当時働きつつ大学に通われていた年上の女性が、「卒論は会社のワープロで打っているから修正が楽よ」と話されていて、羨ましかった記憶があります。
    その後就職してからは文書はワープロ→PCと移行していきましたね。ファックスマシーンも全盛時代でした。テレックスなんていうのもありましたねえ。
    タイプライターは実家に置きっぱなしにしてきたので、恐らく母に処分されてしまったと思います。
    使い道、ごめんなさい、ちょっと思いつきません。インテリアとして置いておくのはだめでしょうか?

    ユーザーID:9718233518

  • 1986年

    当時住んでいた英語圏で、高校の宿題のエッセイ類はtypewrittenでした。
    帰国して大学に入ってからはワープロ、その後はPC。
    タイプライターでキーの並びを覚えた、ほとんど最後の世代かもしれませんね。

    ユーザーID:4375511111

  • 懐かしい

    52歳です。タイプライター懐かしい!
    私も大学時代、レポートを書くためにOlivettiのタイプライターを買いましたよ。
    そして卒業後にメーカーの海外営業部に就職すると、
    そこにはIBM(たぶん)の電動タイプライターがありました。
    毎日それを使って、海外の取引先宛の手紙やファックスを作成していました。
    メモリーが付いていて、よく使う宛先を記憶させてあったのを覚えています。

    数年後、某電機メーカーから転職してきた人が
    古巣のワープロ専用機を持ち込んだことをきっかけに職場にワープロが広まり、
    タイプライターは使われなくなりました。
    それが正確には何年だったのかは覚えていないのですが、1990年頃かなあと思います。

    タイプライターの有効活用は、ちょっと思いつかないのですが、
    せっかくですから後世への遺産として取っておかれたらどうでしょう。
    将来、お子さんやお孫さんなどの若い人たちに見せると受けるかも?

    ユーザーID:8784806658

  • 現役バリバリで使ってます。

    50歳前半、今も職場で使ってます。
    職種は貿易。商工会議所等で指定フォームを使う事を求められてるとパソコンだと欄の微調整が出来ない、パソコンで打ち込めても訂正する時出来ない、若しくは時間と労力を掛けてしないといけない様な場合はやはりタイプの出番ですよ。この手のフォームは有料ですから失敗を繰り返して無駄には出来ませんし。

    タイプライターはインテリアのデコとしてもお洒落だと思いますよ!
    あと学校でタイプライターで絵を描いたりしませんでしたか? あれ結構楽しいですよ。お時間がある時どうですか?
    今ではタイプライターも珍しい代物ですから手放すのもちょっと惜しい気がします。私は家にも欲しい派です。

    ユーザーID:9763218333

  • ネットで

    72歳の男です。
    30歳の頃、父親に新品を貰いました。
    珍しかったのでブラインドタッチの練習をしてましたが
    実際には利用しませんでした。
    ずっと押入れに入れたままで、火災で焼けました。

    主さんのですがネットオークションで売却したらいかがですか。

    ユーザーID:8499487804

  • バレンタインですか?

    バレンタインというモデルでしたらニューヨーク近代美術館にも展示されているという、優れたデザインです。飾ってはどうでしょう?

    ユーザーID:5410376307

  • 懐かしい

    英文タイプ、持ってましたし仕事でも使ってましたね。
    結婚退職したのでその後いつまで使われていたのかはわかりませんが、
    取りあえず2002年までは使っていました。
    銀行の証券国際部でした。伝票などに会社名や銀行名などをタイプしてましたね。
    あと、海外あての郵送物のあて名とか。
    ちなみに47歳です。
    当時でも貿易関係の会社などでは、パソコンやワープロではなく、
    タイプを使っている所も多かったですよ。
    船積み書類などはそうでした。
    私の実家にもOlivetti社製の英文タイプライターがあります。
    もう使う事もないだろうし、捨てるしかないですね。

    ユーザーID:7195469912

  • 我が家にもあります

    大学の卒論はタイプライターを使いました。

    就職した会社も海外との取引があったので、英文タイプライターを使っていました。転職した会社で35歳の頃にWindows95が入るまで使っていましたが、会社でいらないから処分するとなったので、もらって帰ったものが今家にあります。

    そのうち古いものが珍しくなって、飾るかなと思って持っています。

    今は押入れの中です。結構場所をとります。

    ユーザーID:6454830311

  • 懐かしい響き

    私も「英文タイプ部」に在籍していました。
    最後にタイピングしたのは、高三の時。

    主に英文を打つのみ〜笑

    文化祭でアルファベットで模様を打って、
    栞にして売ったことがあります。

    それ以降、触っていません。

    年齢は50代後半です。

    ユーザーID:4152953434

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧