大か小か

レス5
お気に入り14

ハイホー

男性発

何を想像されましたか?

ちょっとずれますが、いわゆるカタカナの「ヶ、ケ」です。(由来では「ヶ」はカタカナではないらしいですが)

私の住所にはこの文字が使われており、自分では「ヶ」と書いていました。
戸籍謄本でもそうなっているように見えます。

ところが最近は公的機関で発行する書面(免許証など)でも、「ケ」と表記されているようです。
ネットで登録した住所をそのまま転用される場合を除けば、郵便物などでも「ケ」になっていることが多いです。

身分証明にもかかわることと思いますが、どのように運用されているとお思いでしょうか?

ユーザーID:1147075381

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数5

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 郵便局で!

    どの様に運用しているかはわかりませんが、私が出版社で全国の会社情報を本にして出版する仕事に携わっていたときは
    郵便局の郵便番号一覧に載っている住所の漢字どおりケを使用してました。
    そこではちゃんとケとヶを使い分けて記載していましたよ

    ユーザーID:8122293891

  • 一ヶ月の 「ヶ」 ですよね。

    パソコンで 「か」を変換すると 「ヶ」と出ます。

    駒ヶ岳(こまがたけ)などでも使いますが、「が」の変換でも「ヶ」と出ます。

    地名にはよく使われる文字だ と思います。

    ユーザーID:7945305318

  • ヵ と カ

    なんかも、最近は大きい方の カ で表記されることが多いような気がします。

    何か表記に関してのルールみたいなのがあるんでしょうかね。

    ユーザーID:9143850371

  • 日本語って難しい!

    システムを開発する場合は
    「住所マスター」と言われるような一覧表を使うことが一般的です。
    例としては、住所一覧、郵便番号一覧、銀行支店一覧などです。

    システム化されている場合は、公的機関であれ、民間であれ
    そのシステムで決められている文字に依存して決まると思います。

    「袖ヶ浦」の例では、
    陸運局がありますので、ナンバープレートには小さい「ヶ」が使われ
    住所の関係の場合は、大きい「ケ」も多く使われているようで
    パソコンの文字入力ではどちらも変換候補に出てきます。

    「阿佐ヶ谷」の例では、
    「阿佐谷図書館」、銀行は「阿佐ヶ谷支店」、最寄り駅「阿佐ケ谷駅」となるようです。

    これを「表記ゆれ」と言い、不一致といえば不一致ですが、
    最近のシステムではどちらであっても同じように対応できるものもあり
    各種各様なんじゃないかと思います。

    戸籍は、昔は手書きで申請・登録されていたので、
    昔からの経緯そのままに、多少の異字であっても、担当者の誤字脱字であっても
    完全にその通りに登録されています。

    最近は、大きい「カ、ケ」を推奨している自治体もあるようですが、
    国語審議会、住所登記、駅名、自治体の成立などでもいろいろ主張があり
    「ヶ、ケ」どちらかは決めきれないようですので
    住所系だなー、戸籍系の書類だなー、と思って楽しんで運用しましょう。

    ユーザーID:1834941665

  • そうですね

    最近の当事者からのご意見がないのでよく分かりませんですね。(私は身分証明ではねられました)

    ユーザーID:1147075381

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧