現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

義母がやってきました。

竹子
2018年2月9日 10:18

トピ主・夫ともに49歳、2人ともフルタイムで会社勤めです。トピ主の義母82歳、2ヶ月前に義父が亡くなったので、この先のことを決めるまで、とりあえず我が家で、義母との同居生活が始まりました。外で働いたことがない義母、私たちとの生活のリズムが全く違うため、疲れてしまいました、わたしが。義母は幸せそうです。大好きな息子と生活ができているので。 

このままあとどのくらい、同居生活が続くのか、という不安も感じます。夫の母親なので、強く「早く独立してほしい。」と誰にも言えない自分がいます。夫は一人息子なので、他に頼る家族はなく、独立、イコール、施設に入ってもらう、ということになります。義母は、足が悪いのと、軽い目の障害があり、介助なしでは車・電車に乗れません。現在は、私たちのどちらかが、外出の際、エスコートしています(割合からすれば、8割がたは夫がやっています。)。幸いと、義父が財産を持っていたので、経済的には施設に入ってもらうこと(独立型のホーム)可能ではあります。しかしながら、彼女がそのような選択を自分から望むわけはなく、将来を考えると暗い気持ちになります。

今までの義母とわたしの関係は良好で、いわば、その関係を悪化させたくない、というずるい自分がいます。夫は、母親との同居生活をまんざらでもないようで、むしろ積極的に彼女をたてる、とでも言いましょうか、家族の一員として接しています。それを横でみながら、嫉妬のような感情を覚える自分がいます。 85歳の老婆と同じ土俵に立ってはいけない、と自戒しつつも、以前の2人だけの生活にもどりたい、という強い感情もあります。

皆さんならどうしますか? 

ユーザーID:4502153570  


お気に入り登録数:2393
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:57本
最初へ 前へ 1 2 3 次へ 最後へ すべて トピ主のみ(57)ほかのレスも表示

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
コメントありがとうございます。トピ主です。(No. 1)
竹子(トピ主)
2018年2月14日 9:01

皆様からのコメント感謝いたします。まずは、訂正です。下記申し訳ありませんでした。

1. 義母年齢の入力ミスがありました。正しくは85歳です。
2. 情報追加:トピ主夫婦に子供はありません。
3. トピ主夫に姉がいましたが、亡くなっているので明記しませんでした。この亡くなった姉には、男の子・大学院生が一人おります。義母にとっては孫になります。他県在住。

皆様からいただいたコメント、すべて参考になりました。本当にすべてと言っていいほど、どれもそれなりに、今の私の心に直球で届いております。そして、すべて頭では理解できるのですが、心(感情)がついていきません。

終わりはいつか来る様:おっしゃるとおり、8割を受け負っているのは、世間からみればいいほうです。後の2割が「重い」のですが。昔話、同じ話の繰り返し等。生気を抜かれる気分になります。

匿名様:資料取り寄せます。一人でやってみたいと思います。もちろん、週末訪ねることなら、わたしも出来ます。一軒家のキッチンで彼女にご飯を作ってもらうのがいやなのです。彼女はやりたがるのですが、ワイングラス壊す、ガス台が汚れる、手づかみでサラダ用の野菜を切る等々。これは私が神経質になっているだけですが。

匿名様: 嫉妬というより、疎外感というのは、気づきませんでした。そうですね、夫が子供時代のこと、わたしが知らないことを何度も話題に出します。仕方のないこととはわかっていても、相槌くらいしかうてません。同じ話題につき、少なくとも3,4回は繰り返します。最初のうちは、毎回初めて聞いたふりをしていましたが、最近ではもうスルーしてます。大人気ないですね、私。夫は繰り返しとわかっていても何も言わずに聞いています。

ユーザーID:4502153570
コメントありがとうございます。トピ主です。(No. 2)
竹子(トピ主)
2018年2月14日 9:04

花子様:本当に良好な関係だったのか、この質問、胸に刺さります。というのは良好ではなく、良好に見せているだけだからです。私の中では、彼女のようになりたくない(なにもかも、息子に頼りきっているような女性)という気持ちで一杯で、目下彼女は、わたしにとっては反面教師のようなもので、義父の生前には夫である義父に、今は息子に頼りきった毎日で、わたしが一番苦手とするタイプです。彼女の年齢や、育ってきた環境や時代を考慮するとしかたないかもしれませんが。16年も、よく我慢されていますね。頭が下がります。

ばななん様:彼女は、義父が生きていたころより、今が最高に幸せそうです。義父が結構厳しいひとで、外食は一切嫌い、弁護士だったので専業主婦の義母とは一切話があわず、どことなく主婦を見下すような言動があり、私も聞いていて嫌悪感を感じたこともありました。息子と一緒の生活をどこか夢見ていたのかも。

bit様:先の不安を今悩むのは意味ないですよね。関心持つことは、それだけ責任を取り込もうとしていますよね、私自身。夫が楽しんで義母と散歩や買い物に行くなら、それはそれで私の出る幕ではないと、思っているのでそれは bit様のコメントと一致です。

ぴちこ様: 最近もう、このまま耐え抜くしかないと思うようになりました。だが、人間だれしも、「これで満足」っていうレベルの親の介護・お世話ってできないな、と思うのです。ある程度どこかで線を引かないと(残酷だとは思いますが)今度は、際限なく後悔ばかりすると思います。

腹黒様:ある程度の覚悟はできています。毎晩、寝るときになると、「疲れた、疲れた」と夫が言っているので、あとどのくらいこの疲れが続くのかな、と思うのです。

ユーザーID:4502153570
コメントありがとうございます。トピ主です。(No. 3)
竹子(トピ主)
2018年2月14日 9:07

さくら様:すみません、85歳です。夫と、義母の将来に関する話し合いを(ふたりだけで)しておりません。ご指摘のとおり、それが出来ていない私と夫にも責任があります。向かい合うように努力します。


鹿まろ様:そうなんですか、つまりはわたしが家を離れてみる、ということですね。私はOKです。が、夫が嫌がるとおもいます。いずれにしても話し合いをしないといけないです。


ラベンダー様:まさに、そこがポイントでして、今まで夫婦で暮らしていたところに、義母がいつもそこにいると、疲れるんです。ソファーでぐったり、足を投げて長く座れない、ブラをつけずにふらふらしたい、週末ノーメークで家でのそのそできない、風邪で熱があるのでベッドでうだうだ、など些細なことですが、私にとっては重要でして、アジャストできておりません。子供がいないから、余計に感じるのかもしれないです。昼間ひとりは、可哀想・危険のロジック、ありがとうございます。わたしも、もっと図太くなります。


あらかん様:前述のとおり、面会、たまには一緒にデパートなど、やる気はあります。一緒に生活することがこれほど神経を使うのかと痛感しています。


老いの身様:18年間もされてきたなんて、すばらしいです。私は、自分の老後困らないように資金は貯めています。私にとって、世代の違うひとと生活をしても楽しくないのは、想像ができます。老いの身さんは、心が広い方だと思います。


とう子様: 実例をご紹介くださり、ありがとうございます。同年代のお友達・お知り合いが出来るというのは、とてもポジティブです。義母にもそうなってもらいたいです。施設を探し始めます。


エビス様:義母には持病もないので、おそらくこのままの元気な状態は続くことでしょう。今、幸せそうですし、わたしのほうが、ダウンするかもしれません(笑)。

ユーザーID:4502153570
コメントありがとうございます。トピ主です。(No. 4)
竹子(トピ主)
2018年2月14日 9:09

ワロン様: 私たちには子供がいません。実家の両親は義母と同年代で2人とも今のところ健在です。物理的には妹夫婦がそばにいますが、わたしもどちらかと言うと、これからは実家両親のために、時間とお金を費やしたいです。今の私にとってはそれだけは、大義名分として優先させてもらっています。ごめんなさい、どうしても彼女を見送るのが精神的に重いです。理由はわかりません。

ぽよ様: おっしゃるとおりです。義母の気持ちを損ねるより、むしろ夫から嫌われるのを恐れている、というのは事実です。それは自分でもわかっています。だから、どうしていいかわからないのです。

あああ様: わたしと似た考えをする人もいてよかったです。わたしは実の両親でも一緒に暮らすのは限界です。それは、家族であると同時に、もう別の価値観・ルーティンを持った人間だからです。わたしが長期的に一緒に生活できるのは夫だけだと思います。義母もいい人です。いい人だから、嫌なんです。重すぎるんです。

エゾピリカ様: 家族として進化するための試金石っていうのは、目から鱗でした。「そのとき」が自然にやってくる、というのがわたしが頭に描いていたイメージですが、最近わたしのほうにめったにない腰痛とか、蕁麻疹とか出てきてしまって、体が反応しているのかな、と思っています。

わたげ様:前述のとおりです。私は疲れてしまっている、と、夫に言いたいです。でも、嫌われるのが嫌、竹子のせいで、母親の寿命が縮まった、と思われるのが嫌です。エエカッコシイですね、ホント。

ユーザーID:4502153570
コメントありがとうございます。トピ主です。(No. 5)
竹子(トピ主)
2018年2月14日 9:14

まち様: こちらのコメントも、目から鱗でした。子供無しの2人でばりばり、働いて、遊ぶときは遊んでました。順番ではないですが、今は私たちが親の面倒を見る時期ですね。実家の親は、「娘たちの世話にはなりたくない。」と言って、老後の生活を決めておりますが、どうして義母もそうやって将来を見てくれないのか、と比較しています。比較しても意味ないですが。リスクと責任を負って生きていくときがまさに、今ですね。わたし、天から試されていますね。

Kumako 様:実家の両親はふたりとも江戸っ子で、自分の世話を子供にしてもらうくらいなら、お金払って施設に入って、好きなペースでやりたい、といつも申しており、すでにお墓まで決まっており、娘2人(わたしと妹)が迷わなくて済むように手配が付いているのですね。夫に、大好きな母親と存分に過ごしてもらう、というのはわたしもそうしてもらっています。これが一番だと思いますし、義母も私と一緒にいるより、息子と2人で何かしているほうが楽しいに決まってますから。

フィヨルド様: 今からじゃ遅すぎますか。一人で施設探しをしようと思ってます。だめもとで。週末など一人になりたくて、そんなことしようと思ってます。義母に優しくしようとしても、時々自分の顔から笑顔を強制しているのがわかります。情けないです。

ルンバ様:実の両親は前述どおり、現在のところ健在、2人で暮らしておりますが、子供の世話になりたくないと主張して、せっせと資金をためてあり、施設へ入ることを自分たちから希望しています。父母ともに82歳ですのでいつ何があってもおかしくない状況ですが、ありがたいことに今のところ健康です。

あいうえお様: ご親切に情報ありがとうございます。自身の勉強不足を感じます。オール オア ナッシング(同居か施設か)の考えしかありませんでしたがそのような施設も考慮したいとおもいます。

ユーザーID:4502153570
コメントありがとうございます。トピ主です。(No. 6)
竹子(トピ主)
2018年2月14日 9:27

鍋焼きうどん様: 家を親との同居を考慮して購入したか、直接聞いてみたことはありません。結婚したときに夫はすでにこの家に住んでいましたので。 おっしゃるとおり、夫にとっては母親はまぎれもない家族ですから、考慮していたとしても、当然ですね。でも、わたし自身は、結婚をして別世帯を持ったときから、親子よりは夫婦が家族の基本単位と考えていたので、同じ価値観を夫も持っているだとうと内心、期待していました。が、これは夫や義母にわたしの価値観を期待したところで、別人ですから異存があってもおかしくないですね。これは私のおごり・打算かと思います。



皆様、本当に相談に乗ってくださりありがとうございます。結局は、わたしと夫が向かい合わないことには、話が進まないと思います。同じことのり返しになりますが、エエカッコしいの、自分が、悪者になることを恐れているというのがよくわかります。人の道を外れてはいけないと思うと同時に、昨日も、職場で忙しくしているわたしの携帯電話に、「きょう、XXXX(夫の名前)は、何時くらいに帰ってくるでしょうかね?」と聞いてくる義母に、苛立ちを覚えました。

わたしは今、いろいろな意味で試されているのだと実感していますが、体を壊さないことを前提でできるだけのことはやってみます。諸事情があり、義父の納骨が今年の5月となりました。そのときには、具体的な話しをできるように、資料を集めて、心の整理をしておきたいと思います。

ユーザーID:4502153570
コメントありがとうございます。トピ主です。(No. 7)
竹子(トピ主)
2018年2月16日 2:37

かおる様: 私が言っている独立というのは、精神的な独立で、物理的にはそれなりの介護・介助のあるリタイヤメント施設を考えています。先日、私一人で見学に行ってきました。家からも近く、独立した部屋にはキッチン、バスルーム、リビングルーム、寝室とあり予算的にもそれほど高くなく、ハウスキーピングが週に2回ほどサービスとして受けられます。私が入りたいくらいでした(笑)。24時間体制で看護士がいて、部屋で倒れた場合も救急車・医師の対応をしてもらえます。似たような高齢者、義母よりももっと介助が必要な人たちが大勢いました。私が引っ越して、一人でアパート等借りることも考えました。 私は、いいのですが、夫も、義母も嫌がると思います。彼らは2人とも、3人で「平穏」に暮らしたいと思っているひとたちなので。3人で共同で生活することがいいと思っている人たちなんです。だから、困っているのです。義理家族と住むことが、難しいというこの世の「法則」がわからない人たちなのです。よく言えば、天然ですね。

さくら様: 想定内といえば、想定内ですね。40ウン年間、自己中な義母さんと生活されてきたなんて、頭が下がります。自分というものをしっかりと持ちながら、義家族を支えて立ち回る、というのは並大抵なことでは出来ないと思います。残念ながら、私にはそれをやろうという気力が今、湧いてこないのですが、義母は足と目に不自由がある以外は、とても健康ですので長期的に見ていかなくてはならないのは、わかってきました。まだ義父が亡くなって時間もあまり経っていないので、焦らずにこのまま、様子を見ることも必要かと思います。 私自身の課題として、精神的に、割り切ること、少しくらいのことは目をつぶる、楽観的に物事を見る、見て見ぬふりをする、ストレス発散を考える、等 ポジティブに考えたいとおもいます。

ユーザーID:4502153570
コメントありがとうございます。トピ主です。(No. 8)
竹子(トピ主)
2018年2月21日 5:17

さわ子様: 精神的な距離感という概念、ありがとうございます。まさにそれで、義母は世間から見れば、とてもいい姑だと思います。いつもニコニコ、わたしの作る食事は美味しいと言ってくれ、気も遣ってくれます。だからこそ疲れます。彼女の場合、いつも視界に自分の息子が入っていないとすぐに、わたしに聞いてくるので、それもいやです。大の大人が、いちいち家の中のどこにいるか、なんて、わたしも注意していません。子猫じゃあるまいし、鈴でもつけておいたら、と心の中で吐いていますが、もしかすると彼女は世間で言う子供返りのような感じになっているのかもしれません。

57歳主婦様: いいですね、立場逆転の発想。たしかに、わたしの両親に置き換えて聞いてみたら、どういうことかをわかってもらえるかもしれません。ストレスマネジメントってことですよね。夫とわたしの実父とは極めて良好な関係ですが、それはそうですよね、彼らはキッチンをシェアするでもなく、家事をそんなに考慮するわけでもないので、嫁・姑の関係とは違うとおもいますが、聞いてみたいと思います。

mei様: きょうも5月の納骨までカレンダーを数えてしまいました。あと100日ありました。大丈夫か、わたし。そして納骨はあくまでも区切りであって、その先のことはわからないので保証のない100日ではあります。一時的というのは、一番ダメですね。どうとでも解釈されます。これからはもっと積極的に一人になる(部屋に引っ込む、席を立つなど)やります。平日はたいていわたしが先に家に戻るので、たまには義母に夕食を丸投げして、自分は外で済ませるのもいいですね。わたくしの実家が観光地の近くの為、私が実家に帰るときにはいつも一緒に行きたいと夫が言うのですが、これからは一人で帰りたいと言ってみようと思います。たまには息抜きしたい、で充分な理由ですよね。

ユーザーID:4502153570
コメントありがとうございます。トピ主です。(No. 9)
竹子(トピ主)
2018年2月21日 5:29

ラベンダー様: お宅さまのお姑さんと似てます!ウェットなんです。それ自体は悪いことではありません。ですが、わたし(ラベンダーさん)にとっては、「重い」ですよね。まさに、妻として、母としての生活しか無かったひとなので、孫も巣立ち、そして義父の亡くなった今、彼女には想い出以外なにも残っていないのです。まさに、嫁と暮らす気まずさよりも、息子と生活する安心感・喜びをとると思います。代弁してくださり、ありがとうございます!その正論に立ち向かわなくてならない、自分がいるのです。

鍋焼きうどん様: 義母の前でノーメーク、恥かしいですが、やりますか。独立型ホームというのは有料です。先日見学させてもらった施設、月額大体35万円くらいです。ところで、現在、義母が時間を持て余しているのは事実です。まさに、それなんです。昼間、私たちが働いている間、何かをしている形跡がありません。お料理するでもなく、(自分の昼ごはんくらいはやっているようですが)、ときどき私が用意しておいた材料を使って夕食が出来ているくらいです。割合にして週2回くらい、カレーとか、パスタ料理とか、そんな感じです。でも、それ以外は、本を読むでもなし、手芸をするでもなし。この時間の使い方は、ボケまっしぐらだと思います。金魚いいですね。わたしが猫にアレルギーを持っているので、毛のない動物で検討してみます。

ユーザーID:4502153570
コメントありがとうございます。トピ主です。(No. 10)
竹子(トピ主)
2018年2月27日 2:21

鍋焼きうどん様: 私の書き方が不明瞭でした。すみません、私が実際に見てきたものはホームです。独立したフルキッチンが各個人のユニットにありますが、月額の料金には、3食分はホームの栄養士が組んだ食事が含まれ、しかもダイニングルームへ行って皆と食事する形になので、おしゃべり好きな彼女には恰好だと思いました。又、自分で料理して孫や息子を呼び寄せたい時には独自ユニットにて調理もできます。冷蔵庫・電子レンジ・食洗機・電気コンロ(お鍋が二つおけます)も付いていました。ただし、自炊した場合には、3食分の食費は返金されませんが。昔話をわたしに繰り返して話すよりは、そういう環境で多いに似たような環境の人に孫自慢、息子自慢をしてほしいです。

私がそのような立場になった場合を想像、、、、ですが、私には子供がいないので(夫婦で選択して子供を設けませんでした)、一人になった時には一人での生活を望んでいます。夫はどうか、知りませんが少なくとも私は足腰が立ち、眼が見える間は、自分で食べたいものをつくり、気が向けばダイニングルームに食べに行くというのは理想かと思うのですが、それを義母にも強要しようとするのは間違いですね。気づかせていただき、ありがとうございます。

私はなぜか、幼少の頃から自分は子供を持たないだろうと、漠然と思っていました。そのせいか、自分の一生は、自分で責任を持とうと思い、大学卒業後、社会に出て、今もなお出来るだけ長く仕事を持っていたいと望んでいます。子供がおりませんので、世代を超えた若い人たちから得る知識や情報を別の形で吸収しなくては、とそれなりに若い人たちと交流し、テクノロジーに追いつくような努力をしてはおりますが、それを義母に期待してもすでに遅いですね。その考え方をやめなくてはなりませんが、ご指摘どおり今は、一緒に住み始めてひと月ちょっと、私のほうがノイローゼ気味になっています。

ユーザーID:4502153570
コメントありがとうございます。トピ主です。(No. 11)
竹子(トピ主)
2018年2月27日 2:48

鍋焼きうどんさんの 「それは」 まで読ませていただきました。 ご指摘ありましたが、ひとりで悶々としていたので、このような場で皆さんから客観的なレスポンスをいただき、いろいろと気づくところがあり、凄く助かりました。共感していただくかたあり、お叱り、励まし、新しいアイデア、ご忠告などすべてのレスが今の私にとって、大変貴重なお言葉です。この場を借りてお礼申し上げます。

高齢化社会の今、毎日の生活が幸せであればあるほど、将来への危機管理ができなくなってきていると思います、私自身をも含めて。また、わたしの価値観を高齢の親も同じであろうと期待していた自分にも気づきました。これは、してはいけないことですね。自分を幸せにできるのは、つねづね、自分だけだと思って生活してきました。これからは、義母に変わってもらおうと望むのではなく、自分で自分の生活を充実させることに努力したいと思います。具体的にはどういうことなのか、わかりませんが、義父の納骨までまだしばらくありますので、あまり思いつめないで様子を見つつ、たまにはガス抜きをしてわたしの日常生活をできるだけキープしつつ、私に出来る範囲で、義母の要望を満たしたいと思います。度重なる、孫自慢には過度なリアクションをせず、さらっと流します。

又皆様からのご意見をいただければうれしく思います。私からも進展がありましたらご報告いたします。

ユーザーID:4502153570
コメントありがとうございます。トピ主です。(No. 12)
竹子(トピ主)
2018年2月28日 4:15

つぶやきです。

やはり距離感の違い、これが一番苦しいです。彼女の衣類を一緒の洗濯機で回すことも、彼女が手づかみで作ったサラダも、職場から電話ごしに洗濯機の回しかたを説明するのも慣れてきたので、いいのですが、彼女の距離のとりかたがいまだに慣れません。 たとえば寝室のドアが閉まって10分以上経ってからドアをノック、緊急事態かと思って開けると、「再来週の法事ですけど、やっぱりどれくらいお包みすればいいでしょうかねえ。」という質問でした。こういう感じで、昔の演芸ドラマのように、私は心の中でずっこけます。

決してきつい物言いをする人ではなく、むしろ朗らかでソフトなのです。帰宅してバッグをまだ手に持っている私に対して、(私の足音を聞きつけて、内側からドアが開きます。これも重荷です。 ) 「竹子さん、お帰りなさい。きょうはXX(孫)から、メールが入っていました!」 と数年前、彼女の娘が買ったタブレットを私の所へ持ってきて見せてくれるのですが、こちらはトイレも行きたいし、コートも脱ぎたいし、手も洗いたいし、まるで幼子が駆け寄ってくるような、この距離感のなさ、空気の読めなさ、子供返り、のようなことになっているのかもしれません。

わたしたち夫婦には、それぞれフルタイムの仕事があり、ストレスの高いときもありますが、それなりにやりがいのある仕事を任されており、社会において「自分」というものがあります。しかしながら、義母は社会で働いた経験が無く、長い間、妻・母・祖母として家庭に貢献してきたので、夫亡き今、子供も独立、孫も大学卒業した現在、「自分」が生き生きと、喜びを感じる「場」というものが無いのだなと想像しています。かといって、人間関係において距離感は自然に学ぶものであって、彼女くらいの歳になったら微調整なんてできないでしょうから、やっぱりわたしが軽くスルーするのが一番かと思うのです。

ユーザーID:4502153570
トピ主です。 (No. 13)
竹子(トピ主)
2018年3月13日 6:54

まなみ様:コメントありがとうございます。義母がいい人か、悪い人か、関係ないですね、夫の母親がこんなにも存在感があるとはおもいませんでした。ショートステイまでは達成できていませんが、きのう珍しく夫が「昼間、同年代のひとが集まる会が毎週、町内であるみたいだから、興味があるか聞いてみる。」と言いだしました。送り迎えをどうするかも含め、検討してみるそうです。苦しかったけど、やってよかった、というご自身の経験を含めて教えてくださり感謝いたします。

だんご様: 本当に、だんごさんと状況が似ていますね。「自分の時間を自分で過ごせない」 この言葉、わたしが言いたかったことです。義母は頭もいいし、性格もいいのに、一人で時間を楽しむということをしません。私が知っている限り、義父健在のころからずっとそうです。反面教師ということば、ぴったりなのです。だんごさんの状況もお察しいたします。

夫次第様: 8:2の夫対応は今も続いています。夫も疲れてきていますが、2人の会話を聞いていると、まんざらでもなさそうで。ボリュームで言うと、わたしと夫の会話量より、彼女と夫の会話のほうが多いです。別にそれはいいです。わたしは聞いているだけです。しばらくはこの状況が続きそうです。おっしゃるとおり、一人暮らしを急がせて、彼女の寿命を縮めるまでしたくありません。そこまでやる勇気がない。つまり、私が悪者になるのが嫌なのかも。それなら、私が耐え抜き、別の形でストレス発散をします(買い物・一人行動・女子会など)、わたしにはそれが出来て、彼女にはできないので。

ユーザーID:4502153570
トピ主です。 (No. 14)
竹子(トピ主)
2018年3月13日 6:58

ラベンダー様: お宅のお姑さん似てますね。常に、わたし(たち)のことを気にして、自分を卑下して、これって何なんでしょうね。彼女たちの世代共通の美徳なのでしょうか。非常に疲れますし、子ども扱いされているようで本当に重いですね。おっしゃるとおり、ひとつずつの行為・言動は、愛情深くていいことなんですが、これほどされると厚意をとおりこして、重さばかりが先にたちます。俗に言うKYかも?それと、嫁の私から、嫌われたくないんだと思います。嫌われたら、行き場所がなくなります。そう言うふうに、考えているわたしも、自分で嫌になりますが。 自分の意識を変えるしかないです。彼女たちの年齢では自分を変えるにはいささか、歳をとりすぎているかと思いますので。それは理解できます。 客観視させていただき、ありがとうございます。

椿様:義母がたとえば、元キャリアウーマンだったとしてもきっと嫌なんだとおもいます。本当に外に出てもらいたいですが、一人では行動ができないので、交通手段まで考えなくてはならずネックになっています。また、すべて「怖い」と表現する人で、TV刑事物ドラマでピストルの撃ち合いがあれば「怖い」、ニュースで強盗事件を聞けば 「怖い」、外国で暴動があれば「怖い」、玄関で宅配便がけたたましくドアをたたくと「怖い」、すべてこんな調子で疲れます。 どれだけ保護された人生を歩んできたのか。自分のテレビで、自分の好きな映画を存分に観たい、ただそれだけなんです。夜遅くまでテレビをつけていることはしません。9時にはテレビ消しています。最近では、彼女のコメント、スルーしています。認知症のようなことで、何かにおびえているというのではないです。この10年くらい会話でずっとそう言う感じです。でも、算数もできるし、お料理もできるし、昼間お天気のいい日は、近所の散歩も一人で出来ますので認知症ではないとおもうのですが。

ユーザーID:4502153570
トピ主です。 (No. 15)
竹子(トピ主)
2018年3月13日 7:13

flower様: 潔癖かというと、近いかもしれません。曲がったことが嫌いです。それが、このような形で日常生活に影響するとは思ってもみませんでした。プライベートな生活で子供やペットのような弱いものが居なかったので、なおさらそのような自分の性格・パーソナリティに気づかなかったでし、たまたま今まではこういう性格でも、困ることなかったのですね。おっしゃるとおり、「あるべき人間像」なるものと実際の生活を切り離して考える訓練が必要かも。ある意味、これは自分を成長させるチャンス、と肯定的に向かい合おうと思います。前述のとおり、彼女か、わたしか、どちらを変えるか、というとわたししか変われないので。これは大きな気付きです。ありがとうございます。ここで優等生の回答をしていますが、きょうも家に帰って同じことの繰り返しになった場合、あまり深く考えないようにします。今年彼女は、一人になって初めての確定申告でした。義父はすべてきっちりと書類整理をしていた人だったのですべて必要書類・資料が見つかり、息子である、わたしの夫が手伝い(というより義母はすべて丸投げ)みかん箱3個に及ぶ書類を我が家に運んできていました。終わったのでほっとしますが、来年からはどうするのか、考えただけで気がとおくなります。が、今は考えないことにします。

そんな時、「あああ、休暇とりたいなあ、ハワイでもいきたいよなあ。」と夫が言うので、「そうね、2人だったら行きたいね。」と言ってしまいました。そこには、義母は居ませんでした。 夫は、「いいよ、二人で行こうよ。」と言ってくれましたが、かなり難しいと思います。義母から 「あら、わたしもいこうかな。」と言われそうで。3人で旅行というのは、わたしの中ではありません。それは休暇ではなく、私にとってはお仕事と同じです。すみません、義母を好きになれない自分がどうしてもいます。

ユーザーID:4502153570
トピ主です。(No. 16)
竹子(トピ主)
2018年3月17日 5:04

椿様: 高齢者が時間をもてあます、うらやましい話です。私自身、外へ出るのも好きですが、家で読書や映画鑑賞等、一生かかっても読みきれない、観られない作品がある中、時間があり家にいるなんて。掃除・洗濯などの家事も、彼女には頼んでいないので、日中何をしているのかは謎です。町内の高齢者対象の、椅子ヨガクラス、工作クラス、クッキングクラスなどの資料を集めて見せてみましたが 「いいえ、結構です。」 と一蹴されました。夫からも、私からも、それとなくアプローチしましたがダメでした。まだ、義父が亡くなって間もないので、時間をかけたいと思います。その他、ネットで調べる、よさそうなクラスや集いなど、五万とありました。私が行きたいくらいです。笑。車での送迎、調べてみました。「どんな人が運転しているか、怖い。」と言われてしまいましたが、これも時間をかけて様子みます。

鍋焼きうどん様: 家政婦さんはすでに、週一のペースで来てもらっています。義母と家政婦さん(30代女性)はとても楽しそうな感じで、終わるとその日のことを話してくれます。ただ、この義母からの話の内容が、同じことの繰り返しで辟易です。話したことを忘れているのか、あまり楽しかったので何度も話したいのか。たとえば、XXXさん(家政婦さん)、@@@@の出身なんですって。 これを10回くらい繰り返します。無口にふさぎ込むよりは、いいかと自分に言い聞かせています。 そうですね、30年後の自分の姿でしょうか。わたしは、世代の離れた人たちと生活しても疲れるだろう、という想像力と、子供が居ないという事実から、今からネットワーク作り、資金作りに努力をしているつもりですが、一寸先は闇ですから、将来の生活が、決してこれで安泰とは言えませんので、自戒も含めて学びのチャンスと思うようにします。

ユーザーID:4502153570
トピ主です。 (No. 17)
竹子(トピ主)
2018年3月17日 5:13

義母が気に入るようなクラスや遊び場などないか、以前にも増していろいろと調べています。楽器、お茶、フラワーアレンジメント等、打診していますが、すべて、「あまり興味ないですねえ、そういうの。」って言われてます。そう言われると笑って流すしかないです。 こちらから話題を変えたりして、彼女にとってプレッシャーにならないように気をつけています。そして、今は、聞いてはいけないんだな、と独自に判断しています。 

ところで先日、夫、義母、私の3人でテレビを見ていたときのことです。軽いコメディタッチのドラマ、母と子2人家族だった息子の枕元に、亡くなった母親の亡霊が出てくる、というものでした。1時間足らずのものだったのですが、それを見終わらないうちに「こうやって、わたしも化けて出てこようかねえ。」と笑いながら言われました。 わたしがそこに居るのをわかっていて、です。彼女としては、悪気なく言った言葉だと思うのですが、そういう無神経さに、私はむっとしてしまいました。独り言のように言ったので、夫も(聞こえていたとは思いますが)なにも返答、コメント、なくスルーで、そのままテレビを見続けていました。私も、返す言葉がなかったのでスルーでした。彼女は自分のお姑さんが、そんなこと言ったら、どんな気持ちになるか、想像することができなかったのでしょうか。やはり、KYなのかなって、再認識した次第です。自分に息子がいて、その息子と嫁に対して「化けて出てこようかな。」と言うか、自問自答しました。どう考えても言わないですよね、常識あれば。私自身の性格は、自分で言うのもなんですが、几帳面さと(潔癖症との見方もありますが)、メンタルの強さ。ですので、大げさにリアクションするつもりはありませんが、やっぱりなああ、という感じは否めませんでした。こうなったら、我慢大会ですね。小町のこの場で吐かせていただいて、ありがたいです。

ユーザーID:4502153570
トピ主です。 (No. 18)
竹子(トピ主)
2018年3月24日 3:00

先日、小町をブラウズしていたら yukoさんのトピを見つけました(タイトル 『疲れました。』)もし、私に娘がいたら、彼女くらいの年齢でしょうか。お若いのに、独身なのに、本当に偉いな、と思いました。それに比べたらなんと自分の悩みが幼稚・身勝手・度量の狭い見方であるか。いい歳をした私が恥ずかしいです。

気にする様: ご提案ありがとうございます。今週は平日、仕事のあとでジムへ行きました。事前に夫には「きょうご飯いらないので、お願いね。」と言い、義母にも、「きょうはジムへ行ってくるので、夕食はいりませんので、よろしくお願いします。」とだけ、言っておきました。(冷蔵庫・キャビネットの中には、食材がたくさんあります。)一晩は前日の残り物、次は夫が外で買ったものを食べたそうです。結局、義母が何か料理したという形跡はありませんでした。昨夜3人揃って夕食をとっていたら夫がまた、「なんだか休みとりたいよなああ」と言っていました。5月に納骨をしますが、義父の生前からの希望である海洋散骨をするため、2人とも職場から休暇をとり、飛行機の距離の海辺へ行くことになります。なので、すかさず 「5月にお休みとるじゃない?」と言ってみました。「そうだね。」で会話は終わりました。私にとっては、本当の意味のバケーションではありませんが、夫のリアクションを聞きたかった。義母は何も言いませんでした。

柿木様: 介護認定受けていません。おそらく要介護1くらいはもらえるのではないかと思います。本人が嫌がっているので(他人からの介護)夫経由で説得する必要があります。テクニカリティー、理詰めで行くしかないと思います。「私のために行ってください。」というのは、簡単そうで実は難しいお願いですね、つまり彼女が私にとって 「負担」となっている、ということを本人に言うことですので。言ってみたいです。言えるように努力します。

ユーザーID:4502153570
トピ主です。 (No. 19)
竹子(トピ主)
2018年3月24日 3:07

姑と似てる・・様: ずっと一緒に住みましょうね、なんて口が裂けても言えません。この「とりあえず同居」が始まって、数週間くらい経ったころ、「それとなく、お袋を気遣ってほしい。」 と夫に言われたときも、言えませんでした。言えば嘘になるし、義母に期待させるのは危険だからです。私は、これからはお母様自身がいろいろと物事を決めていかなくてはなりませんね、とか、なにか不自由な物・不便なことがあったら言ってくださいね、とか、あまり無理をしないほうがいいですよ、とか、あくまでもサポート的な言葉でした。自分でも、冷たいなと自覚していますが、いい加減な気持ちでこちらから完全同居を促すのはお互いのために良くないと感じています。ですので、「ほっておく」「関わらない」「流す」技は、身につけたいです。もちろん、健康に関わること、彼女の身の安全に関わることは最優先ですが、それ以外のことはこの三つで行きます。

実は「それとなくお袋を気遣ってほしい。」と言われた時も、いい気持ちしませんでした。なぜなら、わたしは、もう充分と言っていいほど、義母を気遣っていると思っていたので。専用の部屋を用意し、彼女が身の回りのものを置けるようにクロゼットも引き出しも、全て空にし、専用のトイレも用意、リネン・タオル・ハンガー全て彼女のために取り揃え、毎日、定時で切り上げるために、仕事を持ち帰り夕食を手作り(または帰りにテイクアウト)、彼女には何も負担がかからないように数週間やり続けました。彼女が孫と連絡がとれるようにスマホを導入すれば、使い方をイラスト入りで説明したり、私の書斎を開放して自由に使えるようにしたり、彼女が行きたいというところへは、率先して車での送迎をしたり、ショッピングに誘ったりと張り切っていたのですが、夫の「気遣ってほしい。」というのは何だったのか。つまり「一緒に住みましょう」と提案する事なのかもしれません。

ユーザーID:4502153570
トピ主です。 (No. 20)
竹子(トピ主)
2018年3月24日 3:09

子持ち既婚様: 子供無し、過去の同居経験無し、専業主婦経験無し、つまりは免疫無しってことですね。夫への遠慮が露呈していますか?子供を持たなかったのは二人の決断なので、そんなつもりはないのですが、回りからみたらそういう風に見えているのかも。 義母が孫の話しを毎日のように話すので、きっと私たちのところにも孫がいたら別のケミストリーになっていたんだな、とは思います。子持ち既婚さんの、以前はお姑さんと喧嘩あり、彼女からの謝罪あり、病気の際のお世話等の話しを聞いていると長年の同居・近居のかたの義家族との関係が熟成・醗酵・変化があるんだな、というのがわかって興味深かったです。人間関係って複雑ですね。そして年齢とともにおのずと強弱関係のようなものが出来てしまうのかと思うと、ある意味わたしには子供がいなくてよかったと思う今日この頃です。不快に思われるかたが居たらごめんなさい。でも子供がいなければ義理の娘・息子もできないわけで、少なくともそういう意味での迷惑をかけることがないな、と思うわけです。

鍋焼きうどん様: 親身になって相談に乗ってくださり、また何度もコメントいただき、ありがとうございます。確かに配偶者を亡くして3ヶ月足らずでは普通リカバリーは、できないですね。同居が始まり数週間くらい、私自身のストレス処理にどうしていいかわからず、あまりにも息苦しくなり、自己中心になってしまいました。そのため義母を気遣うとか、思いやるということよりも自分のことばかり考えてしまっています。持ち前の想像力を活躍させてもっと大人になりつつ、並行して夫と義母2人(または孫もいれ)で旅行に行ってもらう、などして「私」の時間を作ろうと思います。ご提案いただき感謝いたします。

ユーザーID:4502153570
 
最初へ 前へ 1 2 3 次へ 最後へ すべて トピ主のみ(57)ほかのレスも表示

現在位置は
です