妻に任せられる男性の心理が知りたい

レス22
(トピ主7
お気に入り77

生活・身近な話題

子は鎹

40代、地方在住のとある資格職の妻です。収入は夫の倍以上あります。

夫は8時に家を出て19時に帰宅し、私は8時半に出て18時に帰宅するような生活です。
私は親になってから子育てを優先しゆったりと働ける今の職場に移りました。

家事は分担し、また自分のことは自分でやるのを基本としています。
夫の分担はゴミに関することすべてと食事の後片付けです。
それ以外の家のことと子どものことは私がしています。夫から毎月定額(手取りの2/5くらい)を生活費として受け取り、家計は私が管理しています。
地域の仕事も私がしています。地区の役員やら子ども関連の役員やら。
また、子どもの事情で仕事の都合をつけるのも私です。

友人には夫の世話をしないことや洗い物を夫がしていることを驚かれがちではありますが、彼女らとそう変わらない家庭のスタイルではないかと思います。

今より収入が多くなるからといって夫に家のことや子どものことを任せて仕事に専念したいとは全く思いません。
子どもの主な養育者でありたいし、夫が十分だと感じるレベルでは不満で掃除の分担はなくしたりと、家のことを夫に任せる気にもなれません。
また自分の稼ぎの使い道は自分で決めたいです。

私は『女だから』という理由で子どもを理由に仕事を休むことや控えることがスムーズに出来ています。
他の条件が全く同じであったとして、もし私が男であれば今のように子育てを優先したいからと仕事を控えることはあり得ない選択です。出来なくはないだろうけれど、周囲から冷ややかな視線を向けられると思います。

だから私は女で良かったと思うのですが、収入の多い男性が妻に家計を預け家のことを任せて感謝できるのってすごいな、私にはできないな、と思うのです。
単に私が自分の思い通りにしたい我の強い性格なだけなのかと思いつつ、そんな男性の心理を知りたいと思っています。

ユーザーID:9708919169

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • まず、夫に聞いたら?

    あなたの夫は、ゴミ出しと洗い物以外は、妻に任せていますよね。金持ちの男性なんかに聞かなくても、身近にいるじゃないですか。
    ぜひ、聞いてみてくださいね。報告、待ってまーす。

    ユーザーID:8581383010

  • 全て預けてます

    結婚して20年、子供も二人います。

    新婚当初から私の収入が入る口座を妻に預けました。
    私は小遣い制です。

    妻も子供がきるまでは正社員でしたが、今ではパート勤務です。

    最初は夫婦の収入は別管理と思っていましたが、家事は妻が中心に
    行なっているし、妻から「家政婦じゃない」と言われてしまい、
    結局家計は妻が管理してます。

    今のところ、貯金もできているし、特に問題はありません。

    妻が浪費家だったら恐ろしくてできませんが、妻は節約家ですし、
    妻の実家は資産家でお金には困っていないから、勝手に使われる心配は
    ありません。

    結局は信頼関係の一言に尽きます。

    ユーザーID:2116081917

  • 妻がよくできる方なら

    >夫が十分だと感じるレベルでは不満で掃除の分担はなくしたりと、家のことを夫に任せる気にもなれません。

    妻が家事を十分にできる方なら、また違うのではないでしょうか。
    女性は、

    >『女だから』という理由で子どもを理由に仕事を休むことや控えることがスムーズに出来

    ますが、男性は『男だから』という理由で、結婚相手に家事・育児をしっかりやってくれるつもりの女性を探すことができます。

    とはいえ、私も資格職ですが、育児をしっかりやりたいと時間のある勤務先にしている男性はいますよ。むしろ私の仕事だと、女性が常勤のまま仕事を休んだり控えたりする方が冷ややかな視線で、非常勤か、限りなくそれに近い扱いになってしまいます。

    トピ主さんは現在のお仕事か合っていらっしゃるようで、よかったのではないでしょうか。

    ユーザーID:9598524742

  • まあ、・・・

    家計を任せるかはそれぞれとは思いますが、不満を言い合うよりお互いに感謝する方が良いでしょう。
    ざっくばらんに言えば、夫の立場からすると妻に分かるように感謝を示しておかないと、家庭がうまく回らんのですよ。
    多くの妻(=女性)の側は何故か自分は至らぬ点など無く感謝されて当然と思い込んでる節があるので、面倒臭いんですよ。

    ユーザーID:8331531611

  • 配偶者より家事育児能力が高い自負があればそりゃそうだ

    >子どもの主な養育者でありたいし、夫が十分だと感じるレベルでは不満で掃除の分担はなくしたりと、家のことを夫に任せる気にもなれません。

    家事能力が配偶者より自分の方が高い自負があるから、配偶者に任せきりにする気にならないのはそりゃそうでしょう。

    仕事で業務委託や外注する場合に、自分が片手間にやるより低い完成度の業者に発注しますか。

    そこに任せたら、自分が全力でやるよりハイレベルな成果が出るか、
    時間的都合から片手間にしかできない条件下で、この程度の完成度なら許容範囲と思える場合か、
    いずれかでなけりゃ、外注はしないでしょう。

    もちろん、費用も納得できる範囲の条件下で。

    同僚や他部署、部下に仕事をふって任す場合でも同様。

    というか、そもそも、家事育児と家計管理任せたいなら、自分より上手くやりそうな相手か、許容範囲の相手でなきゃ結婚しないのよ。

    トピ主さんの自負が強すぎるといえばそうですが、チームで仕事する方なら、性別出さずともわかるんじゃないですか。
    それともお宅の職場は新人採用時にスキル能力見ずに採用してるのでしょうか。

    ユーザーID:2164873850

  • うちの妻は専業主婦

    私の希望でもありますし、妻も納得済み。家計は全て妻に管理してもらい私は小遣い制です。

    私は家事が嫌い(1人暮らしはしていたので一通りは出来る)、お金の管理も面倒(与えられた小遣いで自分のことだけをやりくりするのは楽)、家に帰ると明かりがついていて温かいご飯が待っている・・・最高です。妻はお弁当も作ってくれるし感謝しています。

    家事はゴミ捨てだけ会社に行くついでなので持って行きます。子育ては妻が手が離せない時などはおむつも替えました。今は部活関係は私が付き合ってます。習い事の迎えに間に合えば行く事もあります。土日の行事には参加します。あとはスポーツなどは自分が教えています。

    私が仕事をしているのは家族のためです。でも仕事は手を抜かずきちんとやりますので一応出世コースには乗っています。仕事はあくまで家族の生活のためという位置付けです。結婚前は学生の頃から付き合っていた妻と結婚するためという感じでした。だから何かあって仕事の都合さけつけば家族の都合で有給も取ります。周囲の目は全く気になりません。有給を取るならそれに合わせて仕事はきちんとこなしていますから。

    妻は子育ても掃除も洗濯も食事作りも手を抜かずきちんとやります。家が散らかっているのを見たことがありません(子供が遊んでいる時は別)。たまに掃除をさぼってもいいよと言いますが妻はそれはしません。でも私は昼寝をしようが、ママ友さんと遊ぼうが、お菓子をこっそり食べていようが、テレビを見てぐーたらしてようが家事さえ適度にしてくれていたらそれでいいです。夕飯も時々なら外食やお弁当などの手抜きもOKです。それは妻に伝えています。前に仕事から帰ったら妻が学校のことなどで疲れて寝てしまっていたことがあり謝られましたが全く問題ないです。かわいいくらいです。

    最終的には妻と子供が日々幸せに暮らしているならそれでいいのです。

    ユーザーID:0911774072

  • 妻に任せてます

    家事、料理など私がとても太刀打ちできないです。任せると言うより、私ができそうな事余りないので、言われた事だけ少し手伝うと言う感じです。何も不満ありません。
    私は余りお金使わないので、年収の2、3パーセント程度の小遣いを使う程度です。給料や株の配当なお金は全部家庭の口座に入れてます。

    ユーザーID:5246531402

  • 面倒…

    私の場合は船員という特殊な事情もありますが、
    私の仕事と趣味に関するもの以外の「全て」は妻に丸投げです。
    実際のところ自分の手取り収入すら知りません。
    (労働協約書で給与・手当の額は解るが、保険年金・税引き後の金額は不明)

    私が管理しようにも、ほとんど不在で対応できません。
    自動的に妻が全てを管理することになります。

    家事については、私の不在中は、もちろん自動的に妻が全て担当。
    但し、私の休暇中は私が専業主夫なので、
    炊事洗濯掃除ゴミ出し、植木の手入れなど全て私が担当。
    (あれ? 私の休暇はどこに消えたの?)

    実は、船内で現金支給される特殊手当があり、
    妻には内緒で遊興費に充当しています(節度ある範囲で)。
    勘の良い妻は、うすうす知っているようですが黙認してくれています。

    妻が私を信頼してくれている以上、
    私も妻を全面的に信頼して任せるのは当然です。
    …が…、面倒なことは妻に丸投げしているというのが本音です。

    その結果、妻に裏切られても仕方有りません。
    惚れて拝み倒して一緒になった妻ですから、
    私の努力が足りなくて捨てられても、
    反省することはあっても恨みはしません。

    ただ、現在収益の少ない妻の経営する店・工房・教室が、
    初期費用の返済が終わってリッチになったら、
    私は用済みになって捨てられるのかな?

    昔のお大尽が糟糠の妻を捨てて愛人に走るのと逆パターンかも…
    そう考えると、昔の女性はとてつもなく偉大だった…

    とか言いつつ、やっぱり面倒なので妻に丸投げです…

    ユーザーID:0179216499

  • 家計は任せられるが、資産運用は任せられない

    >だから私は女で良かったと思うのですが、収入の多い男性が妻に家計を預け家のことを任せて感謝できるのってすごいな、私にはできないな、と思うのです。

    どこまでを「家計」と言うかの問題でしょうね。

    私は、家計分として一つの口座を妻に渡し、それには月約50万(毎年見直す)が振り込まれるようにしてありました。そこから、全ての家計としての出費を任せてありました。ただし、家のローンは私の管理する別口座(資産運用のための口座)からでした。
    収入の全ての管理を妻に任せている人は少ないのではないかと想像しています。

    ちなみに、妻に資産運用を含む全ての管理を任せていた知人がいましたが、運用の失敗で家庭不和となり離婚しています。

    ユーザーID:4685083865

  • それが当たり前の光景だったから

    昔、一家の大黒柱が男だった時代、
    男は給与袋の封を開けずに妻に渡すことが普通だった。
    俺の親父もそうだった。
    母はそれを責任もって預かり管理していた。
    幼い頃よりそれを見てきたらそれが当たり前だと思うはずだ。
    時代は変わり、男より稼ぐ女は珍しくもなくなった。
    男が必ずしも大黒柱ではない時代だ。
    だからこのような考えは時代錯誤かもしれない。
    妻は兼業主婦で俺の稼ぎのほうが圧倒的に多いが、
    今更自分の稼ぎの使い道を自分だけで決めたら、夫婦関係に破綻を来すだろう。
    伴侶に決めたのも金銭感覚を考慮に入れないはずがない。
    だから安心して口座を管理させる事ができる。
    もし管理できていなかったら笑い話だ。

    ユーザーID:5087112360

  • 妻が優秀だからですよ

    トピ主様は、とても優秀な方だと思います。
    専門職で夫より所得が多いのに、家庭運営の司令官として、運営が出来る。
    私は、トピ主様ほどではないが、世の男性並みの所得があり(夫の方が多かったが)やはり、勤務時間や条件が恵まれていたので、トピ主様家と同じ感じでした。
    夫は自分の身の周りの事はできますし、綺麗好きで皿洗いもします。
    私が、家計を握り(夫には十分なお小遣いをあげ)、住宅購入、お付き合い、子どもの教育、銀行、証券、税務署、すべての決定と手続きを私がして来ました。
    一応、相談と報告はしますが。あまり夫は役に立たなかった(笑)
    夫は理系、私が文系と言うせいもあるかと思いますが、夫は安心してすべて任せ、自分の仕事と趣味に打ち込めて幸福だと思いますよ。(笑)
    でも、夫の得意分野、重い物を運ぶ、家の設備とか電気関係、車、子どもと遊ぶには活躍してもらいました。(褒めまくって)
    対外的には夫を上手に利用、都合の悪いことは夫がダメと言っていますのでと。夫がいるのは便利です。(笑)世間には亭主関白と思わせて、夫を立て要領よく。
    結果、たっぷり?の老後資金を蓄え、他人も羨む優秀な子供達(笑)を自立させました。
    夫は、贅沢してるのになんでお金があるの?なんで俺の子がT大に?ってトボケタことを言ってます
    本当に、家の繁栄は妻次第。
    例外もあるけれど、男性は面倒なことは妻に丸投げしたいのでは。
    それで失敗される方も多いでしょうね。
    だけど、家の夫は妻の優秀さに気付いていないかも(笑)それが夫婦円満のコツです。
    トピ主様は収入が多い分、夫様を上手に立ててね、男はプライドが高い、子どもの父親として大事にしないと、将来上手く行きませんよ。
    女性が独りでも経済的には困らないと、離婚するのは一番愚かです。

    ユーザーID:6288316447

  • それは

    女性な比べて男性はおおらかで心が広いからです。

    ユーザーID:2340703274

  • 夫の心理

    結婚当初から夫の口座を管理する妻です。結婚20数年になります。
    最初は収入は大差なかったのですが、その後夫が順調に出世して今では私の5倍くらいでしょうか。
    小遣い制ですが、趣味のものは別途買います(車など高額なものです)。
    なので小遣い制はなしくずしで、やりくりがどうせ私だからでしょうね。
    私は非常勤専門職で収入は安定しており、実家からも生前贈与を受けていて(夫も恩恵に預かっている)、お金に関しては慎重できちんとしていると思います。今夫は海外勤務で、本来の給与が全額日本に振り込まれて本人は海外手当のみで暮らしています。ですが私は預かる身として使うどころか増やさねば!と節約が苦ではないので任されているんだろうな、です。私も逆だったら夫に預けません。何を買われるか恐ろしいですから。
    ただ子供二人はずっと私学だし、私もたまに欲しいものがあれば夫に相談して(「買えば」しか言われませんが)買ってますので、我慢しているわけではありません。
    チマチマした支払いはありませんが、年に何度か保険や税金のシーズンがあり、またカード支払いがどかっとくることもありますので今更夫が家計を管理したいと言い出すことは多分ないかな。あと保険や投資は私が勉強して決断して実行しています。手堅いだけが取り柄ですが。

    ユーザーID:2248331386

  • トピ主です

    皆さんありがとうございます。

    この後お一人ずつに返信させて頂こうと思っているのですが、まずはご挨拶まで。

    皆さんのご意見を読み、何となく分かってきたことがあります。
    大変参考になりました。本当にありがとうございました。

    ユーザーID:9708919169

  • 校庭ペンギンさん

    ありがとうございます。
    夫は自分の家事分担以外を私に任せている…、客観的にはそうなんでしょうね。

    私達夫婦は「夫が私に任せている」というよりは「それぞれがそれぞれにやりたいようにやっている」という感覚です。
    夫が気になる前に私が気になるから結果的に掃除は私がしているというような感じで。
    また夫は私に家計を「預けている」という感覚ではないと思います。自分の収入は毎月定額の生活費以外は自分で管理していますし、夫から渡される生活費は夫負担分の住居費や光熱費等に消え、使い道を考えるようなものではなく、私が家計と考えているのはほぼ私の収入ですから。
    夫は自分の収入を家計に差し出す気のない人なんですよね。別財布と考えているのかな。それで私に出してもらって全然平気。タフな人だなぁと思います。

    そんなことで夫は家のことを私が好きにするのは仕方ないと思っているのではないかと思います。
    自分の譲れないことには口を出しますし、大抵のことは私より気にならないようです。
    どなたか仰っていたように、私より夫の方がおおらかなんでしょうね。

    ユーザーID:9708919169

  • トトさん

    ありがとうございます。
    トトさんが私のイメージした「妻に任せている男性」像にぴったりの方かと思います。

    そうですね、信頼できる相手になら任せられますよね。
    「私は家政婦じゃない」のと同じくらい「俺はATMじゃない」訳なので、お互い相手にそう思わせないようにコミュニケーションを取りながら感謝しあえる夫婦なら、家庭内の役割分担でうまくいくんでしょうね。

    そうやって考えていくと、私は誰かを信頼するとか誰かとの関係を信頼するとかいうことが出来ないんだなぁと思います。
    結局はそこなのでしょうね。
    私はそれが出来ないけど出来なくても生きていける道を選んだということでヨシとしようと思います。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:9708919169

  • 収入が倍な妻さん

    ありがとうございます。
    収入が倍な妻さんのご意見を読んで、気づいたことがありました。
    『女だから』子育てを優先して仕事を控えることが出来る、『男だから』それが出来ない、というのは『私の』思い込みなんだということです。
    私が、『自分は女だからこのスタイルでOK』『男だったらNG』と感じているんですね。
    実際には家庭生活のために仕事をセーブしている男性もいるでしょうし、子どもの事情で休みを取る男性も身近にいます。
    でも自分が男だったら、自分より収入が圧倒的に少ない妻を持つ夫だったら、仕事人間になる以外の選択が出来ないだろうと思っている、ということなんだと思いました。
    世間の目じゃなくて自分自身の目なんだな、自分自身が持っている『性別による役割意識』なんだな、と実感しました。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:9708919169

  • ぽむぽむさん

    ありがとうございます。
    ご意見、よく分かる気がします。ざっくりと言って、そういう傾向はありますよね。

    我が家の場合は夫は分かりやすい感謝の表明はしませんけど。
    そして私は元来とても卑屈で、資格や収入という鎧がなければ立っていることも困難だと思うほどなので、丸腰の自分で感謝されて当然とはとても思えないですけど。

    私の関心はぽむぽむさんの仰るような女性の心理にもあるのだと思いました。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:9708919169

  • もさん、結婚20年さん、丸投げ一本負けさん、不屈闘志さん

    ありがとうございます。

    先のレスに書いたように、私は「自分が男だったら仕事人間になる以外の選択肢がない」と思っています。
    そうだとすれば、きっと当然に家のことや子どものことを任せられる女性を配偶者にするのだろうと思います。そういうことですね。
    女である私の結婚の条件と、私が男だった場合の結婚の条件は当然に異なるのだろうと思いました。

    そして丸投げ一本負けさんの仰るように、どこまでを家計と考えるか、という問題もあると思いました。日々の生活にかかる費用のやりくりは妻に任せ、貯蓄や運用は自分で行うというのは理解がしやすいです。そこまで全てを妻に任せるかどうかは妻への信頼度や妻との関係性によるのだろうと思いました。そしてどちらか一人で管理せず、相談しながら管理する家庭も多そうですよね。

    ユーザーID:9708919169

  • 信頼していても、結果がどうなるかは神のみぞ知る

    >妻への信頼度や妻との関係性によるのだろう

    家計のマネジメントくらいは、信頼していようがいまいが任せても問題ではありません。それくらいの額はどうなろうが許容範囲だということです。

    しかし、資産の運用は違います。

    妻を信頼していても、運用の失敗はあり得ます。プロだって失敗することが珍しくありません。そこで、失敗したときに、お互いがどう納得できるかが問題となるのです。

    妻に任せて失敗したら、表面的には許しても、心の底では諦めきれません。自分がやっておけば、そうはならなかったという気持ちが残るのです。妻の方も、許されたとしても、負い目(申し訳なさ)が残る(だから関わりたくないとのこと)。

    しかし、自分が失敗したのなら、自分の稼ぎが自分のせいで無くなっただけと諦めることができる。
    妻も、自分の稼ぎがフイになったのじゃないから諦められる。

    そういうことで、私たちの関係は、家計は妻、資産は私の担当ととなってます。
    ちなみに、運用に関して相談は一切しません。結果すら知らせておらず、会話は「だいじょうぶ?」「だいじょうぶ!」だけです(笑)。

    ユーザーID:4012511895

  • 丸投げ一本負けさん

    ありがとうございます。
    ほとんど自己満足の世界で返信をしていましたが、さらに反応を頂けて嬉しいです。

    仰ることは理解できたと思います。とても分かりやすくお話ししてくださりありがとうございました。

    ユーザーID:9708919169

  • 管理職

    管理職になればわかります。
    性格的に人に任せられない人は、管理職に向いていません。
    逆に、大枠の中で「私が何でもやります!」と言ってくれる人は、管理職にとって便利な存在です。
    任せる、任せられる、は組織の合理的なシステムなんですよ。
    心理の問題ではなく、役割です。
    ご主人は、任せる、という役割をこなしているだけで、またトピ主さんは、任された事をこなす事が性格上向いているという事です。

    ユーザーID:4564859642

レス求!トピ一覧