なぜ冬場に受験をさせるの?

レス60
(トピ主0
お気に入り78

趣味・教育・教養

怒り心党

長年の疑問です。毎年毎年、冬場に受験をさせる意味がわかりません。

冬場にやるから、今年のように雪が多い年には、美談のごとく「電車が遅れた受験生をドライバーが助けた」とか報道されますが、果たして美談ですか?

もしドライバーが受験生を乗せて、事故で死亡させたら、一体誰が責任を負うのですか?

またインフルエンザの流行の時期に
受験をさせるのも、衛生上問題が多いです。

受験だから、風邪気味でもインフルエンザの疑いがあっても、無理して受験会場に来るのでは?

冬場に受験させるの、そろそろやめれば?と思います。「昔からそうだから」と言う理由だけで、安全面でも衛生面でも問題がある冬場受験を放置するのは、おかしいと思います。

一刻も早く、この問題がある冬場受験を廃止し、諸外国の例も参考にしながら合理的な判断で、適切な季節に受験が出来るようになって欲しいです。

受験に限らず日本では、まだまだ「前例踏襲」が良しとされるため、このような非合理的な悪習が残っているのだと思いますが、毎年毎年、受験シーズンに「冬場にやらなきゃいいじゃん!」と思うのは、私だけでしょうか?

ユーザーID:9349947855

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数60

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 言いたいことは分かるが…

    ではどんな形になればよいのかを抽象的にではなく
    具体化した1つのモデルぐらい提示して議論しようよ。

    どこに問題がある(この場合は受験時期)、ではどうするのか。
    そのためにどんな変更点が必要か、その変更するにあたって派生する問題は何か。
    そういった問題をどう解決していくか。

    だって下手をすれば、トピ主さんが掲げるテーマって
    年度・年次の開始が4月であることを見直すというのが問題の本質でもある。
    そうなったら学校とか受験ではなくて社会の全てを新しい形に移行する必要がある…
    ってことにもなりかねません。

    そんな壮大なテーマにならないためにも青写真や叩き台があって
    そこから問題点をあぶり出して検討していかないと議論にならない。

    現行で決まっているのはセンター試験が変わるという程度。
    それを叩き台にして学校教育の範囲内だけで変えられる点がどれほどあるか。

    受ける側だけでなく、教えて送り出す側、迎える側…色々な目線で考えなきゃいけない。

    ユーザーID:0194276330

  • だんだん変わります

    いまの大学進学の半分とは言いませんが結構な割合で秋には推薦やAO入試で決まっています。
    2年後にはセンターが廃止になるとも。
    一方で、留学生受けがいいように秋入学を想定した単位取得制度もこれから先増えるでしょう。

    一斉テスト時の天候による支障は一定の救済措置があったり(開始時間の変更等)、体調不良な子への保健室受験など、大勢が想定内のリスクの中で受験しているほうが対策も幾重にも準備されていて、むしろ公平な気がしますが。それも過去の懐かしい風物詩になるのでしょうね。

    ユーザーID:2059841537

  • 大賛成

    思う思う!本当にそう思います。

    実際、
    数年後にはセンター試験がなくなり、
    高校3年生で受ける複数回のテストの結果をもとに、
    大学を受けるように改定されていますよね。

    案1 4月受験、5月入学、3月末卒業、4月は春休み。
     現行とあまりずれなくて済む。

    案2 7月受験、9月入学。
     数年間は、その年(高3)に受けても、次の年に受けてもいいことにする。
     数年かけて、教科書の内容(学習指導要領)も、半年ずつ遅らせて調整する。

    案3 11月受験、1月入学。「年度」の廃止。入学式は雪の中。

    ユーザーID:9476886768

  • 受験だけならね

    受験を夏にしたとしましょう。
    卒業が今のままだと、半年間学校で宙ぶらりん。
    高校三年の最後の半年は学校に行かない人が出ますね。

    じゃあ、夏の終わりに卒業式をずらしましょう。
    ということは、日本全国の多くの行事(就職など)もずらさないとダメですね。
    それをずらすと、いろいろなものがずれますね。

    受験のため「だけ」にすべてをずらすんですか?
    前例踏襲以前に
    「すべてのものがつながっている」
    から
    「受験だけ」
    考えるわけにはいかない。

    一つだけではなく、その周りに影響を与えるすべてを考えて結論を出す。
    物事を考える基本中の基本ですよ。

    ユーザーID:2620560367

  • 全く同感です。

    先日首相がセンター試験について国会で、
    「一発試験でものすごく負荷が高く、大雪や体調で自分の人生が相当決まってしまう。検討する必要がある」と言ってましたね。
    年に複数の機会を設けることを検討する様子ですが、
    果たしてどうなるか・・・。

    今年もセンター時期は大雪でしたね。
    毎年この時期は、雪とインフルエンザで、
    ニュースを見るたびに、
    なにもこんな時期にやらなくてもと思います。
    海外だと複数回受験で、
    一番点数の良かったものをエントリーする国ありますよね。

    ユーザーID:5713820567

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • せめて1カ月前倒ししてほしいです

     12月センター試験で1月に国公立、その後私立の順にしてほしいです。

    子供が地方から上京し都内で一浪したので色々と大変でした。
    後期で地元に合格しましたが合格発表が3月の下旬だったため、都内から引っ越すのに、大手の引っ越し業者は全て埋まっているか高額で、私立の抑え金30万も当然返ってこないし踏んだり蹴ったりでした。

    大学の授業料無償化やひとり親家庭支援なんかよりせめて1カ月前倒しにし、国公立先にしてくれればかなり助かるのではないかと思います。

    雪で受けられなかった生徒に救済処置をなんて案がありますが、季節をずらせばいいだけのことじゃないのでしょうかね。

    奨学金で自己破産も問題になっていますね。
    遅いせいで受験以外に余分なお金が掛かりすぎです。

    もう関係ないですが何とかしてあげてほしいですね。

    ユーザーID:3406594731

  • ではいつにしましょうか

    別に、いつでもいいと思います。夏は暑すぎて別の問題がでそうだし、春でも秋でも良いかと思います。

    ちなみに冬場の試験は日本の4月開始の「年度」に従い「4月入学」と決めているだけの話で「前例踏襲」ではないと思いますよ。

    アメリカ?に合わせて9月入学にすれば、7月頃の試験になるのでしょうか?。

    7月受験でも梅雨や台風で暴風雨の中の受験とか、暑さで熱中症とかありそうですね。

    私の高校の先生は9月入学にすれば、高校3年の3学期まできっちりと授業ができて、卒業してから受験勉強や受験そのものに集中できるので良いだろうって、常々言ってました。

    まぁ、大学だけを9月入学にするのは、「わりと」簡単かもしれませんね。そんな構想も出たり消えたりしているようですし。

    でも、小学校・中学校・高校、さらには幼稚園や保育所も含めて9月開始に変えるとすれば、「前例踏襲」とかなんとかよりも「変える手間がかかりすぎて大変」ってなる人も多数出そうです。

    幼・小・中・高の受験は冬場でも良いでしょうか?。

    気候優先なら5月頃に試験をするのが良さそうですが、それで9月入学なら、入学までの期間が長すぎないでしょうか。5月試験7月入学でも良いけど、国内の4月開始年度の区切りも無視で、海外の学校年度とも整合性がなく、完全に「日本の学校独自年度」になってしまいますね。

    一企業なら決算を何月から開始しても良いですが、全部の先生や親がからむ学校の年度を変えるには、「冬の受験はやめましょう」だけでは説得力が足らないと感じます。

    できれば、○月が良い。その根拠。それによる悪影響への具体的な対処方法。などを書いたら、賛同する人が出てきたり、議論が盛り上がりそうに思います。

    ユーザーID:5555465959

  • 全く同感です

    今年子どもが受験生です。
    インフルエンザの猛威は凄まじく、学校も塾も私の職場でも患者が次々出ています。自己管理だの健康管理だの言われても限界があります。予防接種、マスク、手洗い、むやみに顔を触らない、ヨーグルト摂取、、、良いと言われることは全て行ってきました。まさに薄氷を踏むような思いでこの数ヶ月過ごしてきました。
    雪も同様です。私は幸い温暖な地域に住んでいますので雪の心配は少ないのですが、降雪が多い地方の方の心配はいかばかりかとお察しします。雪の多い地域に限らず東京も数センチ降れば交通が麻痺することを考えると、受験生にとっては大きな問題です。
    柔軟な考えを持って国が行動を起こして、ほんの少し受験システムを変えるだけで救われて人生が変わる受験生が大勢いるはずです。

    当然病気はインフルエンザだけではないし、災害は雪だけではありません。でも、1月や2月は負の要因が多すぎる気がします。

    ユーザーID:6615868392

  • 雪ごときで変えるだって?

    日本の年度は4月スタートの3月終了です。
    4月入学の学生を選抜するのに、なぜ適切な1〜2月を避けて
    それ以前に行う必要があるのですか?

    トピ主の挙げている理由は、まれに起こるという大雪だけです。
    そしてこれは「前例踏襲」ではありませんよ。社会構造にかかわる
    重大な問題です。

    4月年度スタートをやめる、ということは日本の社会構造を根底
    から見直す、ということです。

    まず教育カリキュラムをある年度で大きく変えて、学ぶ学生もその
    年だけは期間が延びるか縮むかして大きな影響を受けるのです。
    いや学生だけではない。保育園・幼稚園、小学校、中学校なども
    全て年度のスタート・修了時期がずれるということです。

    加えて、企業への就職時期が変わるということは、決算などの動き
    とも関わってくる。これらの変更に、どれだけのコストと労力が
    かかるか少しは考えてみられては?

    そして、4月年度スタートを改めないのにそれ以前に試験を行う
    という主張をされているとしたら、それこそ本質を外れた話です。
    3月の卒業に向けて、学生たちは学習をしているのですよ。
    その準備が整っていない時期には試験などできるわけがないのです。
    強行したとて、それは学生の真の実力の測定にはならない。
    やる意味がないのですよ。

    「雪ごときで」変えるべき内容ではありません。

    ユーザーID:7391226668

  • お分かりかと思いますが

    4月入学から逆算して試験日程を決めていると思います。ですから、アメリカのように9月入学にすれば、熱中症が心配な時期に試験日となって、心配のタネは尽きないでしょう。

    ユーザーID:9826057047

  • いつ

    じゃあ、いつがいいんだろうね、10月くらい?

    でも早めちゃうと、3年生は部活できなくなっちゃうなぁ
    夏まで部活やって、その後受験勉強って子も多いし
    入試が早まっちゃうと、もっと早くから受験勉強しなきゃいけないね
    うーん、部活くらいどうでもいいのかな


    しかし、冬じゃなくても、台風だとか災害はあるわけだし
    冬だけが大変な時期というわけでもないんじゃないですか?
    冬もみんな平常は問題なく日常生活してますよね


    インフルエンザの流行だけは怖いですよね
    この1点だけは冬にやる大きなデメリットですね
    これのために時期を変更する必要があるのか
    検討することは価値があるとは思います

    ただ、全てが上手くいく受験に最高の時期があるのであれば
    既にその時期に実施していると思うんですよね
    デメリットがゼロの時期は無いからこそ
    様々な事を考慮した上で、冬にやっているのではないでしょうか

    理由が無いわけじゃ、ないと思うなぁ
    それじゃまるで、高校教育や受験に関わる人々がみんな能力がないみたい
    そんな事はないと思う、すごく生徒の事を考えてる教育関係者もいっぱいいるよ
    そんな人達が色々考えて、知恵を絞って、今があるんだと思う

    もっと改善の余地はあると思う
    でも、トピ主が頭ごなしに現状を馬鹿にするのは、間違ってると思う

    ユーザーID:7839704138

  • 元々は旧暦だから

    冬場じゃないですよ。旧暦でやれば問題ないかもしれないですね。
    あと、諸外国の例も参考にしたら台風シーズンに行う事になって今より大変になったりしそうな気がします。かと言って帰国子女の事を考えれば全く違う季節にするのも可哀想に思います。

    ユーザーID:9791764794

  • じゃあいつなら

     何の不都合もなく実施できるのですか?春は花粉症,夏は猛暑,秋は台風の襲来…,年柄年中リスクだらけですよ.
     仮に「世界の趨勢」とやらに鑑みて入学を秋に変更したら,夏の灼熱地獄の中入試が行われる事になります.それが真に受験生への配慮に繋がるでしょうか.ここ数年は夏の豪雨もしばしばで,交通機関途絶の恐れは冬とそう変わらない印象ですが….
     今冬は余りにも異常な気象状況なのであって,ここだけを見て他の季節に入試の時期を移せというのは短慮だと思われます.結局,単に欧米に合わせろとの主張のように思え,こうした物言いに接する度に「この国はいつになったら脱亜入欧(西洋崇拝)の発想から脱却できるのか」との思いを禁じ得ないところです.

    ユーザーID:8087217251

  • 私も昔から 思っています

    どうして外国みたいに入学式を9月にしないのか?と思います。特に今は
    孫が受験生です。

    ユーザーID:8005464953

  • いい意見ですね

    あんまり考えたことありませんでしたが、おっしゃる通りと思いました。

    日本は、4月に春から入学ってしてるけれど、外国では9月のところもあったと思いますし、
    そういう風に変えるのは一案ですね。

    何年か前に東大がそんなことを検討してるニュースがあったような気もします。

    あるいは、入学の時期は変えるの難しくても、入試だけ9月にしちゃうとかね。
    受験生は勉強の期間が減って大変だけど、全国共通なら不公平ではない。

    受験に失敗したとしても、就職を考えるか、浪人するか考えたり、
    上手くいった人は、卒業旅行をするとか、車の免許をとりにいくとか
    いろいろ有効な時間もとれそうですね。

    9月も台風の時期ではあるけど、こなければ気温やインフル等の心配はほぼないし。

    メリットの方が大きい気がするねぇ。

    ユーザーID:0080199431

  • わかるけど。

    ずっと言われてることだしお気持ちはわかりますけど。

    4月始まりを変えない限り時期をずらすのってムリだと思います。試験範囲を「当該学年末までに習うことから」じゃないようにするなら良いけど。

    ユーザーID:1284547383

  • 私も常々思っていた

    最近、子供達全員の受験が終わり、やっと解放されましたが、子供が多いのでここ数年毎年のように受験生の母でした。
    受験当日の天気はもちろんのこと、インフルエンザが流行る前から予防接種等対策を取り、家族に風邪引きが出たら自室に隔離、受験生とは全く接しないように気を使い等々。
    冬場だからですよね。
    疲れました。
    でも入学が4月だから仕方ないと諦めていましたが、そろそろ9月入学制度に変わるといいですね。
    冬場の受験は気を使って大変ですよね。

    ユーザーID:3184947316

  • 私も同じことを思っていました!

    なぜ、インフルエンザのリスクが一番高い冬の時期に受験するのだろう。
    別室受験でも、当日高熱がある状態では最大限の力は発揮出来ないでしょうし。
    何年も受験勉強してきた子たちは本当に辛いと思います。

    受験当日が、大雪だと電車遅延などで余計な心配をすることになりますしね。

    個人的には、10月、11月の秋頃が一番受験に適しているように思います。

    ユーザーID:3826124567

  • 自分からの適切な季節の提案は無しで

    悪習だなんだと文句だけ言うのはお子様ではないですか?

    トピ主なりの合理的な判断とやらを教えていただきたいものです。

    花粉、梅雨、猛暑、台風、連休など考慮なさってください。

    ユーザーID:9451437984

  • え?

     そりゃ、上部の教育機関では、下位の機関で定められたカリキュラムをきちんと理解しているかを測る必要があるからですよ。そうなれば、まぁ、学年の終わりにあたる、冬ということになるでしょう。

     トピ主さんの言うように入試時期をずらすなら、3月で卒業した後、適当な気候のいい時期に入学試験を行い、翌年の4月に入学という、各学校の間に1年ずつブランクができるシステムになります。今なら順調に行って、大学卒業が22歳ですが、中高、高大の間に1年ずつ挟まるので24歳で卒業となりますね。

     個人的には、それはそれでいいアイデアと思いますけどね。

    ユーザーID:2431926911

  • 入学月を移動しないとダメだわ。

    とりあず4月入学をどっかに移動しないと解決できないでしょう。
    仮に4月入学、9月試験だとしたら受験以降〜卒業まで学校通う意味ないでしょう。
    現に高校生は地域にもよりますが
    私が現役だった頃は3学期は殆ど登校ありませんでしたよ。

    ユーザーID:9479299162

  • 別に冬場にやりたくてやってるわけじゃないでしょ

    日本の社会が「年度制度」だからですよ。

    ちなみに学校だけ「年度制度」を、9月開始等にするのは無理があります。
    教員側や、保護者側の異動・転勤等の問題がありますから。

    やるなら、社会全体として見直す必要があるでしょう。
    そこまでのコストを割いてまでやる必要があるかどうか、って話です。

    ユーザーID:9038794911

  • 秋に入学で

    冬に受験があるのは入学が4月だからだと思いますが。半年以上前に受験するのがいいとは思いません。早くに進学を決めた子って、あとの学生生活だらだらするだけだし。

    というわけで、学年を9月はじまりにすればいいのに、と思っています。受験が冬だとかそんなことより、夏休みの宿題がなくなるのが!とても、いい!

    でもトピ主さんは反対かもしれませんね。「暑すぎて脱水症状で倒れます。」て言われそう。春は花粉症で頭が働かないし、秋は台風や雷の季節だし、うーん、全国的に安定した気候なのは10月前半だけでしょうか。ひょっとして北海道はすでに積雪?うーん。

    ユーザーID:5908330636

  • 言うだけなら簡単ですが

    冬場受験を続ける理由が「昔からそうだから」と思っているなら見識不足です。
    秋入学については昔からしばしば検討されています。

    まずは秋入学の課題と言われている
    ・制度移行期の学生の取扱い
    ・新社会人となる時期のズレ
    ・4月入学を前提にした全ての制度の改変に伴う関係者の人的費用的負担
    への具体的な解決策を教えてください。

    それとも4月入学は変えずに受験の時期だけを前倒しするのでしょうか?
    それもまた問題がありそうですが。


    >もしドライバーが受験生を乗せて、事故で死亡させたら、一体誰が責任を負うのですか?

    当たり前ですがドライバーですよ。
    責任を負ってまで助けるから美談なのではないですか?

    ユーザーID:6954702246

  • 同感です!周囲の親達も同意見です

    北国在住です。

    本当におっしゃる通りです。

    温暖化で積雪の少ない冬が続きましたが、それでも何故か毎年、センター試験の日のみピンポイントで狙ったかのように、豪雪。
    大げさではなく、本当に毎年毎年です。

    そして今年は記録的な大雪。受験生も親も天を仰いで嘆くのみ。人力では太刀打ち出来ません。

    政府のお偉方が在住される首都東京では、冬に雪なんか降らないものね、北国の悲鳴なんか聞こえないよね、と、受験生とその親はため息をつくばかりです。

    今年はどうでしょうか?政府の偉い方のお孫さんあたりが、雪に受験を邪魔されていないでしょうか?
    小市民は小さく期待しています。

    ユーザーID:5008711567

  • 単に4月入学だから

    入学時期を変えればいい話ですよね。

    まさか4月入学なのに,夏に試験するわけにもいかないですし…


    他国のように,夏入試で秋入学にすれば問題なし!

    ユーザーID:2514282002

  • なぜ夏場に試験をするの?

    欧米は10月始まりですから受験は夏の真っただ中になります。
    それはそれでつらいです。暑いと集中力切れやすいですし。大学の大講堂は冷房効かないし。

    ユーザーID:3234346728

  • みんな同じ条件だと思いますが

    夏は猛暑でつらいだろうし、台風だって起こる。大雪の場合新幹線は運休しなかった、しかし、台風はさすがにそうはいかない。時期も幅広くて先が読めない。

    冬より夏のほうが力を発揮できると思うのなら、夏にがんばって学校でいい成績を取れば推薦入学で進学できるという手だってある。

    また、まああまりいい考えじゃないけれど、インフルエンザのおかげで?ライバルが減ってくれると助かるといったら。

    ちなみに、私が毎年受けている資格の試験は夏である。ちっとも合格しないが。

    ユーザーID:9920585243

  • 準備と運は能力のうち

    4月から会計年度が始まるというシステム全体を変えないと入試シーズンを変えるのは難しいと思いますので、そう簡単には変わらないと思います。

    というわけで、「困難な時期に敢えて入試をやる意味」を考えてみました。

    1. 「準備する能力」が高い人を選抜できる。
    2. 「引きが強い人」を選抜できる。

    1.については、電車に乗らないと試験会場に行けないようなところが試験当日の出発点であるところが入試ナメてます。最悪、歩いても行ける範囲に宿を探すくらいの準備をしましょう。準備が悪い人は成功できない可能性が高いので、選抜されないようにすることには意味がありそうです。

    2.については同じ能力・学力なら運が強い人の方が成功する確率は高いでしょう。風邪をひかないという運も大事。
    ただ、こちらについては、私の周辺での観察例だとホントに能力が高い人は入試当日に熱があろうがおなか壊していようが合格しています。あくまで、同じような能力なら運がいい人を選抜ということですね。

    ユーザーID:9706277985

  • 全くです。

    雪に縁がない九州人なので、そんなことは全く考えたこともなかったのですが、北陸に住んでる知人が全く同じことを主張してたので、同じこと考える人がいるのだな、と思いました。

    特にインフルエンザにかかったりしたら受験生の人生が台無しになりますよね。
    気候のいい秋だったらいいかも。

    ユーザーID:9388218687

  • 年度末だからじゃ?

    単に、年度末に合わせて、だと思いますよ。

    気候をいうなら、夏場は台風とか、それはそれでいろいろあります。感染症も、なんだかんだで冬以外にも流行はありますよ。空調が整っていない会場もあるでしょうから、熱中症も怖いですしね。

    ユーザーID:6722690388

  • 気持ちは分かりますが…

    どの季節に変えたとしても、結局敵はいると思います。

    春。
    天候的には無難。でも花粉症さんには大変か?
    年度終わりと初めでごちゃごちゃするのが予想される。それを避けようとすると、年度始め自体の見直しとセットになるので、話が大きくなる。

    夏。
    梅雨・猛暑で、体調管理には冬と同等の気の使い方が必要になる。

    秋。
    晴天であれば春と同様に過ごしやすいが、なんといっても最大の敵は台風。大雪の冬と同等の天気vs交通の勝負がある。

    色々考えると、主さんの仰るように冬は冬で確かに嫌なんですけど、他の季節だってそれなりに困ることある気がします。
    「適切な季節」を決めるって案外難しいんじゃないでしょうか。
    個人的に、なんでもかんでも外国のやり方が正解で、それに合わせるべき!みたいな考え方は苦手ですし…

    そもそも季節を選ばない体調不良やトラブルだってあるわけです。
    つまるところ、“保険”しかないと思います。

    ・普段から学校生活を真面目にこなして、好成績になるように努め、早くに推薦を決めてしまう。
    ・一般なら、可能な範囲で滑り止めを多く受ける。
    ・二次募集を受ける。

    でも第一として、皆でインフルエンザにならないように予防運動頑張るということが必要ですよね。

    ユーザーID:5335730135

  • ならばいつ?

    春は花粉症の人が不利ですよね。
    隣でズビズバクシュンされていたら気になりますし。
    夏はノロなど尿器が流行ります。冬と同じく適していない。
    道中で熱中症になる恐れもあり。
    となると秋?
    最近秋は短すぎていつだよって感じですよね。
    あと台風の時期は避けないといけませんね。
    沖縄から北海道まですべてが台風の時期から抜けるまでなしですよね。

    いつやればいいのでしょうか?
    私はそもそも三年で受験するのがなぁと思います。
    二年と三年で分けてトータルでみればいいのでは?
    あとはいまの学力のみの判定基準を変え、社会奉仕活動や弁論大会でのスコアも
    受験に入れてはどうでしょうか。
    英語以外の外国語での面接もいいかもしれません。
    これらは私の大学受験時にあったものばかりで、役に立っていると思います。
    受験の時しか使わない勉強などやめ、マークシート制も
    廃止したらどうでしょうかね。祭典にお金はかかりますが。
    大学を集約して数を減らし(キャンパス数は増やす)
    その分そこに予算をつぎこんではどうでしょう。
    受験生の上位15パーセント程度だけが大学に進めるようにしてもいいのではないかな。
    (スポーツや芸術などはまた別とする)
    いまの受験制度は東大ですらぬるいので時期と一緒に見直すといいですね。
    詰め込めばなんとかなる、人格は加味されない。
    そんな受験はやめたほうがいいと思います。

    ユーザーID:7966144572

  • おもしろいですね

    例えば、公務員試験って大学4年の春から夏くらいにやってますよね。4月から勤務するんでも。

    やってやれないことはないかもしれないですね。

    ただ、現役生だと早すぎると学校の勉強が終わらないうちに試験になんっちゃうんですよね。試験範囲を狭めるのも、あんまり現実的じゃないと思います。

    ユーザーID:5066232414

  • 2回受けられれば

    2回試験を受けられるようにして、良い結果の方を受験に使えるようにしてはどうでしょうか。

    今のセンターも一応2回目は設けられているけど難易度が上がってしまったり、大都市二箇所でしか受験出来ないというデメリットがあります。

    そうすると今度は予算がかかるのが難点ですかね。

    ユーザーID:2961159490

  • 皆さんおっしゃるとおり、更に格差社会は固定します。

     皆さんのおっしゃるとおり、いつにすればいいか。9月であれば7月、8月の非常に暑いときに受験ですよ。熱中症、電力消費量、感染症も蚊が媒体の場合は夏も怖いです。デング熱とかお忘れですか。数年後に一発勝負の試験が無くなるとのことですが、これはこれで小さい頃からの受験勉強が必須になります。現在の学歴社会では、小さいときから塾や家庭教師を付けられる富裕層の一人勝ちになる恐れがあります。今はまだ、浪人すれば一発勝負で勝てる可能性がありますが、それすら無くなります。格差社会の固定化が進みます。
     今は決して悪い時代じゃないですよ。

    ユーザーID:2227211387

  • 短絡的過ぎですね

    じゃぁ,春やる? 学年変わって,すぐ,ね。花粉症の人はどうする? 花粉症になるのが悪いの? 薬飲んでも頭ぼーっとしてる中で試験受けられる?

    それとも夏? 台風どうする? 寒いのは個人ベースでもある程度対策できるけど,暑いのは脱ぐしかないよね?みんな裸同然の薄着でやる? それとも環境ガン無視して,ガンガンクーラーかける?
    やっぱ,秋? 秋も台風来ない? 秋に花粉にやられる人たちもいるね。でも,割合的に少ないから,少数派は無視?

    さぁ,冬じゃなければ,どれ?

    あ,後,美談かどうかね。急遽車で送ってくれた人が原因で遅延とかが起きたのであれば,美談ではないですね。でも,赤の他人が助けてくれたのなら,私にとっては美談です。送って貰った受験生も,きっと優しい大人になるでしょう。

    ユーザーID:9019946024

  • 「雪ごとき」のレスについて

    いつも傍観者ですが「雪ごとき」の発言について言わせて下さい。。
    毎年雪で沢山の方々が尊い命を落とされています。除雪作業にあたる方も毎年不眠不休で作業をされています。雪が降ると雪国の方は、朝晩、自宅と職場の雪かきに追われ肉体的.精神的にも大変ご苦労されています。
    今年北陸地方を襲った豪雪は災害並みの豪雪と言われています。玄関を開ける事すら困難な状態の中での皆さんのご苦労は相当なものです。それに伴い怪我人や疲労、心労で病院に搬送される方もいます。本当の雪の怖さを分かっていたら「雪ごとき」との発言は出来ないと思います。たかが雪でありません。雪は時に大きな災害をもたらします。災害はいつ起こるか予想できないものです。「雪ごとき」の発言は、今現在もそして毎年雪と向き合っている沢山の方々を傷つける大変不快な表現だと思います。

    ユーザーID:0937011611

  • 夏より冬の方がまだマシかな・・・

    非合理的な悪習と言い切ってしまう豪胆さにはびっくりですが、一理ありますね。

    ただ日本という国土である以上、春夏秋冬全ての季節にリスクがありますよ。海外に合わせて9月入試にしたとして、6〜8月の猛烈な暑さの季節が受験シーズンになれば、また別の問題が発生します。熱中症や台風の影響もありますし、除湿・冷房の利いていない試験会場だったらさらに悲惨です。湿気で答案用紙がベロベロになっているでしょうね。北の受験会場に多大なメリットが生まれて、不平等だ!という声も出てきそうですよね?

    そもそも電車が遅延するのは冬に限らず、春だって夏だって秋だっていつでも遅延リスクは発生します。今年はたまたま雪の多い季節だったから目立っただけであって、雪だけ目の敵にするのは理解できません。首都圏に限定すると、電車遅延の原因は台風の方がはるかに多いと思います。

    冬受験を回避するメリットは「インフルエンザの時期と重ならない」点くらいかと思いますね。

    ユーザーID:7097900233

  • さて何月にしましょう

    春「花粉症の時期に何言っているんだ!」
     「梅雨の体調崩しやすいときに受験なんてありえない」
    夏「糞暑いときに受験?」
     「沖縄は台風だぞ。さらにインフルエンザは夏がシーズン」
    秋「台風シーズンに受験なんてありえない」

    結局、日本はどの時期も「どこかの地域は」受験に不適切なんですよ。
    トピ主さんは「日本どこからも苦情が来ない時期」を設定できますか?

    ユーザーID:2658450193

  • 自分を強くするための修行だと思え

    それは試練であり、その程度の関門を突破できないようでは社会で通用しない。暑さと寒さに負けている者が受験に勝てるわけがない。最近の若い世代は楽な環境が当たり前になっているため、ぬるま湯から抜け出す機会である。逆境をものともせず、苦しみを乗り越えるために自分の弱い心と戦う者が勝利者になる資格を得るのだ。寒さくらいで時期を変えろ、と言っているようでは困難に直面した時にも逃げる方法を考えてばかりで立ち向かおうとしないであろう。これを楽な方にばかり行こうとする自分を鍛える機会と思い、闘志を燃やすのだ。

    ユーザーID:7976435437

  • 秋季入学

    私が大学生だった頃も、我が家の子供たちが大学生だった頃も、秋季入学生がいました。主に留学生や海外の高校を卒業した学生のための制度だと思いますが、この門戸を広げて、日本の高校を卒業した学生も受けられるようにしたらどうでしょうか。

    当然高3の秋には入学できませんから卒業後半年は宙ぶらりんだし、就活に問題がでるかもしれませんが、それでもヨシとする人が受けたらいいと思います。
    そうしたら、受験も夏になるのではないでしょうか。

    そして、その希望者が増えてきて秋入学が主流となれば高校、中学も移行するかもしれませんね。何十年後かには・・・。

    ユーザーID:4138991959

  • 反対するだけなら簡単

    では、トピ主さんはそれをどうやったら解決出来るとお思いですか?

    ユーザーID:3918414678

  • 段取りというものがあるので…

    日本の教育システム(学校制度)が4月入学からの1年間を単位にしているので、入学希望者数が確定するのはどうしても年明け以降になり、そこから入学者数を確定させる入試やら合格発表、合格者に対する説明会やその裏では受け入れ側の準備などがあるから、受験生・受け入れ側双方の事情を考えると4月入学分の入試はどうしても年明けの冬場となってしまいます。欧米のような9月新学期とするには、在学中の者に対する影響や受け入れ側の混乱が生じる恐れもあって難しいのが現状で、それが実現しても入試時期が台風や大雨のシーズンに重なったり、さらには受験会場に空調設備が無ければ熱中症の問題もあるでしょう。

    ユーザーID:9233311888

  • どうせ変えるなら

    10月から11月頃の受験で、入学を1月にしてくれないかな。

    入社も1月で。

    忘年会兼送別会、新年会兼歓迎会をするのさ。春に宴会したいなら、お花見とか理由はつけられるよ。

    1月〜12月生まれがみんな同級生。でも、年齢法があるから、1月1日生まれだけは、早生まれになってしまうけど。

    平成30年なのに、「平成29年度」。1月から3月までの期間が苦手。仕事してて、うっかり間違うから、1月は緊張します。税金が年単位だから、新人に1〜3月の収入を聞くのも、3月退職者の源泉徴収票作成も面倒。
    12月に年度が終わってほしい。

    そうすれば、入学試験は晩秋になります。

    ユーザーID:0376649444

  • いつが良いか 暖かいときかな

    先日、久しぶりに自分自身の受験を経験しました。
    子供の時も気を遣ったけれど、今回自分の時もかなり気をつけました。

    ニュースでインフルエンザが流行している、
    寒さが厳しい、雪が降る、など
    試験勉強以外に気をつけることが多かった。

    追い込みの時、試験当日にインフルエンザ、風邪にはなりたくなかったので
    本当に気を遣ったと思います。
    これが冬じゃなければ、まだましだったなと思います。

    また、受験当日雪が降っていたら、どうやって試験会場に行こうか、
    結構真剣に考えました。
    そりゃ台風だって、色々困りますが。

    だから、試験は冬以外が良いと今回改めて思いました。
    トピ主さんの仰ることはよくわかります。

    ユーザーID:4794216584

  • 5月がいいなあ

    入試を実施する側です。幼稚園・保育園から専門学校・短大・大学まで「9月入学、5月から6月に入試」にならないかなーと半ば本気で思っています。
    多くの国と入学・進級の時期が大きくずれていると、日本から行くのも日本に来るのも「留学=本国では留年」になってしまうので、学費や就職の関係で留学断念する人も結構いますし。
    9月入学の場合、7月・8月が事実上まるごと夏休みになりますが、理系の学部の多くで大学の勉強についていくための「補習」が入学後に集中的に行われていることを思うと、有意義な入学前学習期間としても使えるのではないかと思います。

    感染症は年中ありますが、一番多いのはやはり冬です。受験生も人生がかかっているので、多少体調が悪くても受けにきます。何時間も(センターの場合はほぼ丸1日×2日)気密性の高い部屋に大人数集めるのは感染症をうつされるリスクが高い。別室受験のキャパも限りがあります。センター試験後は、私大の一般入試が始まるので受験生の健康管理は大変だと思います。

    運営に関しても、試験監督予定の教職員が直前にインフルエンザ等にかかって出勤停止になり、急遽別の人が出動することもままあることですし、いつだったか雪の影響でセンター試験の問題冊子等の搬入が大幅に遅れた会場もありました。

    なお、センター試験は廃止されますが、試験の複数回実施は見送りになりました。2020年以降当面は記述式とマーク式併用の「大学入試共通テスト」になる予定ですが、実施方法や実施時期の大きな変更はありません。
    ちなみに、花粉症は、現行の国公立大後期日程の時(3月中旬)には大抵花粉が飛んでますので、今の入試制度なら花粉症の人も困らないというわけではありません。

    ユーザーID:6115389255

  • 大学編入試験は夏なんです。だから出来るはず。

    高専から編入試験を受けて国立大に合格した子供がいる者です。
    編入試験は6月末から9月頭までの期間なんですよ。
    お陰で風邪やらインフルやらの心配がなく助かりました。
    勿論それを見越して受験勉強はしておりましたが。

    夏場に受験だと受験勉強のみに専念できるのがよいですね。
    風邪引いて体調悪くて実力が出せないのは本当に可哀想ですものね。


    大学入試制度が三年後(?)に変わりますよね。
    冬場の一発勝負ではなく、三年間を通じて努力した結果が反映される制度だと聞いてますがどうでしょう。
    受験生にとってよい制度となりますように・・・・。

    ユーザーID:6275885751

  • 1月1日を年度頭に

    ここまでざっとレスを読んだ中で、一番賛成できるのは事務室のおばさんの案かな。
    12月末年度締め、1月新年、新年度。

    欧州のような9月年度は日本では絶対ダメです。受験が梅雨の6月又は台風と猛暑の7ー8月。古くからある国公立の大講堂なんか冷房全然効かないし、冬よりさらに地獄ですよ。
    暑さの中受験に苦しむ学生の悲劇は、欧州でも小説になって語られているんです。(ヘルマン・ヘッセ、車輪の下)
    面白いのは、欧州でも「昔からの慣習で」不合理な時期に受験、と不満が語られている事です。
    受験生の苦しみは、古今東西同じなのかもしれませんね。

    ユーザーID:4961118964

  • 最終目的は就職する事

     企業でも秋入社とか試行したけど、結局大局の商習慣が変わらないから、大学もそれに合わせるしか無いんじゃない?

     最近アジアから日本へ就職する学生のように、日本人学生も広く就職を考えれば、自由度が増すのかも知れない。

     学校だって日本に限らなくても良いんだし。日本の学校から日本の企業へ就職に拘るなえら、何故とか考える事がムダだと思う。そういうものと考えて準備するしかない。

    ユーザーID:7146290312

  • レスします

    トピ主さんは具体案を出さずに出てこないし、
    自分の半径数mの範囲で起こることしか考えられない人は1月新年度なんて言う。

    絶対に無理でしょ?1月なんて。

    年度末と年度当初の準備が必要な仕事は沢山ある。
    それを想像できない程度の仕事しかしていない人の意見だよ。

    年度替わりに連休があってごく一部の個人向けサービス業以外が停止した社会。
    そこでどうやって準備が可能なのかを想像することも出来ないのか。

    GWにせよ、夏のお盆休みにせよ、年末年始にせよ、長期休暇の後を
    通常に戻せばよいだけだから問題が発生していないということぐらい気づけよ。

    年度当初の準備は現状の年末年始休みなら、12/30〜1/3まで完全に停止。
    下手すれば曜日の兼ね合いでもっと長くなる。
    その期間は準備できない期間となる。下手すれば年末年始が休日出勤となるんだよ。

    それだけではない、仮に大学だけ1月新学期にしますか?
    12月の流通業界はパンクするよ。
    だって年末に向けての企業間・個人注文の荷物が増大する時期でもあるのに
    その時期に新大学生などの転居も集中するんでしょ?
    当然のように不動産屋も大家さんも大変だ。

    更には年末年始の労働者としての大学生のバイトとか考えたことある?
    この時期に4年が卒業して、1年は入学前…
    もっとも人手が足りなくなる時期が正月という家庭もちの人たちの休みともかぶる。

    年度替わりというのが社会人にとっての長期の連続休暇期間と干渉しない時期に
    なっていることぐらい気づけないものだろうか。

    ユーザーID:0194276330

  • レスします

    横ですが。
    リボンさんのレスに、強く賛同します。

    今年並みの豪雪とまでならずとも、毎年毎年降雪・積雪に伴う心理的負担・精神的苦痛・経済的出費、
    どれひとつとっても軽いものはありません。
    経済的出費ひとつとっても、小は個人のスコップから大は公共団体が行う除排雪の費用と労力まで、
    何一つ、雪国在住者として宿命だからとあきらめられるものではありません。

    ユーザーID:8525925160

  • 別の時期が良いと言っている人も

    古い大学では、冷房設備が貧弱な場合があるので、夏にそんなところに大量の受験生が押し込められたら地獄ですね。
    冷房が効くところでも問題がありますよ。
    暖房は、暑ければ脱ぐという選択肢がありますが、冷房は着こむにも限界があります。
    人によって快適温度が違うのは、オフィスで汗だくの人と、ひざ掛けセーター着まくりでも冷房で体調を崩す人がいることが見れば明らか。
    私は冷房全くダメなので、最近のエコ(冷房温度を下げない)になるまでは、毎年クーラーで夏風邪ひいてました。
    そんな人にとっては夏の受験なんて論外ですよね。

    春は花粉症最盛期。私のように花粉症無縁の人には非常に有利な制度になりますね。

    秋は台風。交通機関遅延の多発季節です。

    あと、高専からの編入試験は一般の受験とは全く違いますよ。
    だって、何百人も受験するわけじゃないから、使う教室自体違うでしょ。
    それに、高専からの編入は一般入試みたいに「落とす前提」じゃくて、合格できる前提ですから。

    あと、高専は単位認定がきつい(まともに卒業できるのは8割程度と言われている)から進路が決まってもまじめに勉強するでしょうが、
    一般の高校だとそうはいきませんよね。推薦で年末に進学決まった子供が、ほかの受験生をしり目に遊んでいるのが悪影響だと言われることもありますし。
    でも、高校を高専みたいな「無慈悲に留年させる」ってわけにもいかないでしょ。

    年度末がベストの時期とは言いません。でもほかの時期も似たり寄ったりでしょう。
    だったら、日本の多くの基準である4月から3月の年度に合わせたほうが「よりベター」なだけ。

    お聞きしますが、私のように夏の冷房で簡単に体調を崩す人間が、大人数が集まるからと冷房を効かせた講堂に集められて試験をされたら、
    多分昼には体調を崩しているのですが、これが公平でよりよい季節の受験ですか?

    ユーザーID:4535358823

  • いろいろありますよ〜

    大学の編入試験は、春(2、3月頃)とか秋にやっているところもたくさんありますよ。

    大学や学部によって、試験時期が大幅に違います。

    ユーザーID:6722690388

  • まったく

    一月新年度案が一番とんでもないですね。びっくりしました。
    帰省ラッシュと引越しシーズンが同時にやってきて、一般市民も巻き込まれて普通に出勤もできませんね。そこに数年に一度の年末年始の大雪が重なったら、大げさではなく日本中が大混乱ですよ。その混乱をわざわざ人為的に作り上げるなんてことはありえませんね。

    ユーザーID:1597441352

  • 理屈は不要。根性を出せ!!

    本気で合格したいのなら、寒さ対策をした上で気合いを入れるのだ。困難から逃げることばかり考えるな!!今からそれでは社会に出た時に通用しない。快適な環境でなければ力を発揮できないのは実力がない証拠である。地獄から這い上がってくる気概がないと勝者にはなれないのだ。

    ユーザーID:7976435437

  • 国際標準に合わせるべき

    会計年度と同じにして楽になるのはお役人だけです。
    大学をはじめとした学校の現場は何にも関係ありません。
    ヨーロッパや北米と同じく8月〜9月入学に合わせるべきでしょう。

    ユーザーID:4877928891

  • すでにやってます

    AOや推薦入試は多くの大学で秋頃からやってます。
    一発勝負ではなく高校生活の様々な面が評価される試験です。
    国立大でも医学部でもあります。
    大学生の半分ぐらいはAO又は推薦入試で合格ではないでしょうか。
    もっと早いのは付属高校に入る事です。
    大学入試を真剣に考えている家庭は大学入試の様々なルートを早くから模索しています。

    ユーザーID:0660690552

  • ふと思ったんだけど

    他の国にあるように9月新学期にすると、真夏に受験することになるよね?

    インフルは無いけど、これも辛いと思うよ〜。

    ユーザーID:3427077253

  • 「受験」の時期だけで考えてる浅はかさ

    何人かの方も指摘されてますが
    これって受験、つまり「試験を受ける時期」だけの問題じゃないですよね。

    それに伴う高校の卒業、引っ越し、大学の入学の時期も関わってきますし

    その間が空いても良いのか?
    高校3年の夏に受験だと、3年の授業はGWで終わり?部活は2年で終わり?
    受験後の高校生活は?
    それとも卒業してから受験?

    そういった問題もありますよね。

    試験を受ける時期の気候しか考えてないのってちょっと浅慮ですよ。

    ユーザーID:7990118403

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧