• ホーム
  • 働く
  • リストラされそう。でもチャンスにも思える

リストラされそう。でもチャンスにも思える

レス33
(トピ主3
お気に入り115

キャリア・職場

ミライ

大手メーカーの子会社勤務の事務職 50歳 女性 独身 持ち家 母と同居のミライと申します。
先日から40歳後半から上の社員を対象にリストラがすすめられています。
会社から提示された条件は、
早期退職割増金、就職エージェントの費用会社持ちで2年間支援、3月中に退職意思を表明し、退職日は6月までの各月末のいずれか、というもの。

リストラの説明を聞いたときはやはりショックでした。
上司との個人面談では、4月以降の予測では現所属の部署の存続も危うく、未経験職への異動や転勤が予定される、と何度も言われました。
異動は仕方ないけど転勤はイヤだなあという気持ちと、来期以降の会社の体制変更や業務内容を考えると、だんだんこの会社にとどまるのが良いこととは思えなくなってきました。

割増金と退職一時金で住宅ローンが返済できることが大きいのですが、
もし会社を辞めたら、え、私会社を辞めていいの?と考えたとたんに、目の前がパアッと明るくなるような気持ちになりました。

これがあと5年遅ければしがみつくことを考えたでしょう。
50代の再就職が簡単ではないとはわかっています。でもまだ50歳、新しいことにまだチャレンジできる。
不安より希望が少し勝っているような心持ちです。変でしょうか、甘いでしょうか。

同じような経験をなさったかた、アドバイスをいただけますでしょうか。
退職するまでに済ましておいたほうは良いことは何でしょうか。
それとも退職しないことを勧めますか?
転職についての経験談もお聞かせください。

現在、預貯金は2千万、持ち株会に8百万円ほど(退職とともに移管が必要)。
80代の母は大きな病気はないですが足腰は弱って来ています。
TOEIC925、英検一級は不合格A。CDAの資格は取得しましたが、更新せず。
Excel Word Powerpoint は十分使いこなせます。

ユーザーID:5108985884

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数33

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 健康保険ですね

    持ち家のようですし、サラリーがそれなりにあったトピ主さんとお母様がいきなり国民健康保険に切り替えるのはお勧め出来ないですね。
    恐らく最長の二年間は任意継続で倍の健康保険料を支払った方が、二人分の国保よりも安いと思います。
    人間ドックなどのケア範囲も考えれば、とりあえずは任意継続で、落ち着いて再就職先なり派遣会社の健康保険と内容や負担額を比べてみましょう。
    特に、今はトピ主さんの扶養で被保険者扱いのお母様分が国保だとどうなるかは重要です。

    新しい人生がスムーズに行くと良いですね!

    ユーザーID:3351076034

  • 具体的に再就職先のあてがあるなら別ですが

    甘いと思います。
    リタイアには預貯金も全然足りません。

    退職までに再就職先を具体的に決めることができるのであれば別ですが
    持っておられる資格はどれもこれもあくまで仕事をする上での最低限の必須であり
    武器にはなりません。

    お金もそうですが、50歳のマネージメントの経験もない事務職の女性が転職先でどのような扱いをうけるのかの覚悟が一番足りないと思います。

    ユーザーID:1375836820

  • 現実を見よう

    不合格の英検1級と更新しないCDAなんて何の意味も持たないです。何にも書けないし。
    その年でオフィスが使いこなせるって当たり前。当たり前過ぎて自己啓発欄にも書けない。
    事務経験しかないのにTOEICで高得点でも50代じゃ外国人役員付き秘書にもなれない。
    派遣としてメーカーで、海外のパンフレットを翻訳するくらいならもしかしたら仕事が出来るかもしれませんが、多分無いです。
    もし簿記1級くらい持ってて経理、あと社労士でも持ってて労務管理、ビジネス実務法務検定三級でも持っててコンプライアンスや契約に関する実務があるとかなら50で転職も役職としてあるけど、一般職の事務員です。
    無いです。
    現実を見ましょう。
    職歴書を作って希望職種に応募してみたら分かります。書類の通過はしません。以上。

    ユーザーID:3221747967

  • 私の場合

    投稿を読みまして、もとよりこの文だけで貴女の状況が全て分かる訳ではありませんが、些か楽天的にお考えのように見え、辞めた後で辞めなければ良かったと思われても取り返しはつきませんので、差し出口ながらレスさせて頂きました。

    就職エージェント等というもので再就職の希望を持ってはなりません。、これを用意してあげるから貴女は次ぎへ行けますよという餌であり、また多くは元の会社を辞めてから利用することになりますのでそれでも再就職できなければ、貴女のせいだよと言う会社の免罪符です。
    エージェントは就職あっせんをしてくれるわけではありません。履歴書の書き方や、面接の受け方、自分のアピールの仕方等を教えると言います。しかしこんな物はハローワークで教えてくれますし、こんな方法論だけで再就職できるほど世の中甘くありません。

    >4月以降の予測では現所属の部署の存続も危うく、未経験職への異動や転勤が予定される、と何度も言われました。
    こんな事はリストラさせたい会社の常套句です。
    こんな言い方は優しい方です。貴女が辞めなかった場合、本当にそうなるかどうかは分かりません。


    >Excel Word Powerpoint は十分使いこなせます。
    これは当然です。できないような人は事務職では選考の対象にもなりません。


    さて、私はメーカー勤務の男性でしたが、51歳で、割増金や再就職エージェントの斡旋を提示されました。しかしエージェントに行ってみて、上記の事がすぐ分かりました。そして退職せず60歳定年まで居ました。割の悪いいやな仕事をする事にはなりましたが、51〜60迄の総収入は辞めた場合に比べ圧倒的に多かったと思います。

    再就職可能かどうかは、貴女に他にないスキルがある場合はともかく、ハローワークや本当の就職斡旋・派遣会社でご相談され、自分の市場価値と世間の求人状況を知ることを勧めます。

    ユーザーID:7007067651

  • 50歳。就活は想像以上に厳しいです。

    住宅ローンがなくなるので要検討って感じですが、50歳の就職は本当に難しいです。

    まず資格が役に立つのは書類選考の段階です。
    面接に行くと、同じような資格を持った人が来ます。
    同じ資格の人を安く使いたい企業です。
    その給料なら他に行くわ。と言いたくなるレベル。
    妥協したつもりでも、5時あがりで給料が安いと、若いママがおしよせます。

    見た目同じくらいのフケ顔の30代などがいると、間違いなく30代が受かります。

    50歳、資格持ち、若く見える、美人、なら、本物の30代40代を取ります。
    来年のいまごろ後悔しないよう慎重に検討を進めます。

    ユーザーID:8222061494

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • リストラは早いほうが得

    何回もリストラする会社は
    段々条件が悪くなるので
    リストラ対象年令ならば
    早期退職したほうが得な場合が多い

    再就職は今未曾有の人手不足なので
    正社員でなければ
    50歳代でも採用される可能性が高いです

    ユーザーID:6280587907

  • バブル入社の50代

    ニュースで見たことありませんか?
    今多くの大手企業でバブル入社組のリストラが行われていることを。

    とてもいい条件で大量に採用しているため、一時的に損失になってもここで減らしておかないといけないという事です。

    つまりこれからあなたのような50代の転職組が大量に巷に出てくるという事ですよ。
    目先のお金にまどわされずよくよく考えることです。

    ユーザーID:1375836820

  • リストラ経験者です

    40代前半の時にリストラで退職しました。
    噂はあったので公示があってもさして慌てず、ほぼ即断即決でした。

    ◎よかった面
    社外公表のリストラだったため、それまで付き合いのあった数社に誘われた。
    転職支援会社を活用し、非鉄金属技術職から金融専門職に転身。
    職歴に海外勤務があり売りになったのと、SPIやGABといった適性検査が苦ではなく
    当時大学生の娘より高得点が取れた。
    バブル期入社ですが、転職難易度は当時と変わらないくらい。違うのは面接交通費が
    自腹になったくらい。

    ●いまいちだった面
    同時期に辞めた元同僚たち、知ってる人は全員転職するも、また辞めた。
    専門職と言えば聞こえがいいですが、総合職ではないので役職や権限に縁がない。
    前職の業界に戻りたい気がチラホラ。

    気にして欲しいのが、特定キャリアの人だけ入会できる転職支援サービスも受けていましたが、
    面接日時を守ったり、課題をキッチリ仕上げただけで誉められたことがあります。
    ってことは、これくらいも守らない人が多いのか!? って思いました。
    基本のキは愚直に素直に守るべきですね。

    ユーザーID:6121156816

  • パート収入で生活できますか?

    最悪ね、ならOKだと思う。

    大変に申し訳ないのですが、実際に(自分が聞いたわけじゃないけど)就職支援会社のやり方を聞いたら、パートとか軽作業とか清掃とかの仕事を紹介し、「今の年収や待遇クラスの仕事を紹介してください」と言うと「あ、でしたらグループ内の転職エージェント会社を紹介しますのでそちらでどうぞ」というスタンスだそうです。
    逆に言えばそういうやり方なので1年以内の転職率90%とか達成できる。

    今と同じ年収確保したかったら自力で転職しなければならないって事です。

    今から動いて感触確かめてみては?
    内定貰ってオファーにサインしちゃうと割増退職金の対象じゃなくなるかもなので、静かに。

    ユーザーID:3449152269

  • それ、まさに常套句です

    4月以降の予測では現所属の部署云々、個人面談で言われた内容は、まさに常套句です。
    会社は沢山に辞めて貰いたいのですから。
    ちなみに、上司一人当たり、何人辞めさせないといけない、と決められているはず。
    私なら、自分の退職時期は自分で決めたい。
    ようは、トピ主様が本当にどうしたいか、です。

    ユーザーID:8035830031

  • トピ主です

    レスポンスありがとうございます。
    健康保険はどう考えればよいのか迷っていたので、アドバイスありがたいです。
    母のことも含めて落ち着いて考えます。

    今週、また上司との個人面談が予定されています。
    はあ...

    転職エージェントにも話をきこうと予定しています。
    まだ決めきれませんが、色々な話を聞いてしっかり考えたいと思います。

    エールボタンを押してくださったかた、ありがとうございます。
    がんばろうという気持ちが強くなりました。

    ユーザーID:5108985884

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 36計逃げるに如かず

    >会社から提示された条件は、
    >早期退職割増金、就職エージェントの費用会社持ちで2年間支援、3月中に退職意思を表明し、退職日は6月までの各月末のいずれか、というもの。

    そりゃ飛びついた方がいいですよ。
    私は50代後半にそういう機会が巡ってきて、飛びつくように辞めました。就職エージェントは利用しましたが、それ以前に自分で再就職を見つけました。
    二度目の早期退職募集もあったそうで、そのときは少し待遇は悪化していたそうです。その後、大規模なリストラの嵐となり、一番に逃げ出したことで被害は最小で済みました。
    思い立ったが吉日、早く辞めた方がいいと思います。

    一般論ですが、会社が傾いたときには、優秀な人ほど早く見切りをつけて去って行くようですよ。ポイントは、ココです!

    ユーザーID:7758377046

  • 慎重に

    投稿内容を拝見し、まるで自分に数年前起きた事を見ているように思え、若輩ながらレスさせて頂きます。

    まず、さぞショックをお受けになられたと思います。ここで前向きな考えに進まれた事は主様のお気持ちの強さと存じます。
    ですが正直、ここで頷かれるのは待って頂きたいです。

    理由としては。
    ・転職は何回なさっておられますか。もし、これが初めての転職でしたら、本当に精神肉体全てを消耗しますので覚悟が要ります。

    ・本当に、部署は無くなるのでしょうか。会社の体制は変わるのでしょうか。実は大した事無いかもしれないです。面談の時なら幾らでも盛ります。
    最終通達の、「貴方は○○(転勤必須の場所かつ業務内容も曖昧もしくはありえない程厳しいノルマ)に異動、もしくは退職」と言われるまでは待った方がいいです。
    違う会社で違う事をやれる魅力と同時に、同じ会社で未経験の業務に携わるというのも新しい事への挑戦ではないでしょうか。

    ・転職エージェント支援は、今はある程度の規模の企業ならどこでもやってます。
    そして、その紹介は、あくまでも紹介です。話はついてるので、どうぞ入社して下さいね、と持ってきてくれるものではないです。普通に書類選考から面接の流れになります。(書類選考だけはパスしている時もあります)ですので落ちる事も多々あります。
    自分の話で恐縮ですが、事務職の正社員を希望していたのですが紹介自体ほとんどありませんでした。担当者からも「自分でハローワークにも通って見つけてください」と言われましたし結局ハロワで見つけました。

    ・年齢からしますと、「シニア転職」枠に入ると思います。これは普通の転職でも厳しいのは間違い無いです。まして未経験業種ともなれば、事実決まるまで2年ぎりぎり、という話はざらです。(決まれば良いとも言います)そして今と同程度の規模の企業へ行くのは余程タイミングが合わないと難しいです。

    ユーザーID:9303363827

  • 地獄の沙汰も金次第

    独身とのこと、老後に頼りになるのはなんといってもお金です。
    現職よりも給与アップが見込めるのならば転職してもいい。
    それ以外ならおススメできません。

    トピ主さんの年齢なら100歳まで生きても不思議ではない。
    まだあと半分、やっと折り返しを過ぎたところです。
    稼げる時には稼いでおくべきです。

    ユーザーID:8408695017

  • え?

    >トピ主さんとお母様がいきなり国民健康保険に切り替えるのはお勧め出来ないですね。
    >恐らく最長の二年間は任意継続で倍の健康保険料を支払った方が、二人分の国保よりも安いと思います

    お母様は80代なので、
    自分で後期高齢者医療制度に加入されていると思いますよ。
    だからお母様は健康保険の扶養にはなっていないでしょうし、幾許かの年金は貰っているでしょうし。

    >今はトピ主さんの扶養で被保険者扱いのお母様分が国保だとどうなるかは重要です。

    だから、これは考えなくても良いです。

    ユーザーID:5324573343

  • 会社に守られてきたのですね

    世の中は、50歳という老人の一歩手前の人に、お金を払って「新しいことをチャレンジさせるチャンス」など、与えませんよ。
    あなたが自分でお金を払って、新しいこと、新しい人生にチャレンジしたいのなら、応援します。

    ユーザーID:6643209489

  • 残るも辞めるも地獄

    数年前に、まさにトピ主さんと同じ年齢で大規模リストラの対象になりました。
    まったく同じように言われました。
    部署がなくなるからと言われて辞めた人がいましたが、蓋をあけてみると部署名が
    変わっただけで、ほかの人は全員そのままでした。
    その後、1年以上職がみつからず前とは比べ物にならないくらい酷い環境の職場で
    働いています。
    私は、残った方ですが、通勤に2時間もかかるところで肉体労働をさせられました。
    今は、事務は事務ですが、土曜が休みではなく朝も6時には家を出なければならない
    環境です。
    唯一の救いは、給料賞与はもとのままということです。
    地方から異動させられて、肉体労働をさせられた人もいます。
    辞めた人のなかには、とうとう職が見つからず専業主婦になった人もいます。
    私は、独身なので自分で働かなければならないため、やめる選択肢はなかったです。
    割り増し分なんて、3年働けばそれを超える所得になりますし。
    同じ年代の人で、同等程度のところに就職できた人はいません。
    みんな、書類でおとされていました。
    同じ辛い職場なら、給料が保証されているところの方がまだマシなので、定年まで
    頑張るつもりです。

    ユーザーID:3868131168

  • 個人的意見

    個人的には、目の前の明るい感じは、大切にしたいものだと思います。
    その明るい感じを辿っていくと、新しい居場所がトピ主を待っています。
    ただ、そういった無意識のお導きは、必ずしもトントン拍子に行くわけではないです。特に、金銭的な不安も障壁として立ちはだかってくるので、一万円たりとも貯金を減らしたくないという思いが強いなら、会社にい続けてもよいかも。
    また、スペック開示から良い条件の正社員への転職がメインの目標のようですが、やはりそれは屈辱を伴うものになると思います。
    個人的意見ですが、能力を磨き正社員を目指すというのは、若い人の戦い方であって、50才には50才の戦い方があり、若い人にはできないような悪知恵?で、もっとしたたかでしぶとい戦い方があると思います。
    そもそも資本主義において、正社員ってゴールではないですし。
    やっておくことは、お金と税金の勉強ですかね。勉強といっても、資格合格をゴールにしたような浅いものじゃなくて、実益につながる勉強。
    長年、会社員やってると、本当にお金の知識は乏しくなりがちで、お金と言ったら会社から振り込まれる給料しか知らない人が多いので。まあ、それが色んな人たちの狙いなんですけど。

    ユーザーID:8982147867

  • トピ主です

    レスポンスありがとうございます。

    厳しいコメントがじわじわと身に染み込んでくるようです。


    >現実を見ろ
    >最低限の資格
    >転職エージェントは当てにできない
    >結局は自分で見つけた

    転職エージェントの仕事は就職率をあげることですものね。
    どんな仕事でもいいから、説得して甘い夢から現実を見させるのが仕事でしょうね。
    求職が厳しいことに間違いはないでしょう。

    >会社側の常套句
    >体制が確定してから
    >最終通告までわからない

    確かにそうなのですが、それを退職前に確かめるすべはありません。
    もし脅しでなかったら、早期退職の割増金もなく、放り出されることになります。

    >現会社で新しいことに挑戦するのも、新しい職を探して頑張るのも同じ

    それも考えなくてはいけないことの一つです。

    >早期退職は早いほうが得

    しばらくは現会社は大丈夫だと思います。しばらくなら。こればかりは本当に先が読めませんが、沈む船から逃げたいという気持ちも少なからずあります。

    実体験からのアドバイス、本当にありがたく存じます。
    甘い考えを諌めていただき感謝いたします。

    身を引き締めてもうちょっと考えてみます。
    ご意見引き続きいただければ幸いです。

    ユーザーID:5108985884

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 私の場合

    44歳の時にトピ主様と同じ状況になりました。

    結論から言いますと、エージェントには年収250万から300万の仕事しか紹介されませんでした。英語が出来ない、ただの経理だったからかも……(日商二級)

    トピ主様に英語以外の付加価値があれば、期待できます。

    ない場合は、年俸ダウンはやむを得ないかも……。

    日本の企業はいわゆる『OL的な仕事なら、若さ(派遣含む)を重視します』

    トピ主様がそれだけ英語が出来て、あとひとつ何かあれば立派な専門職です。

    それから、とてもお節介で恐縮ですが……、お母様を扶養に入れないなら、一人暮らしと嘘ついた方がいいかも……。

    私は子どもが小さかったのですが、母が近所だから大丈夫と風呂敷広げました。本当は母は認知症で徘徊しはしめでした。

    嘘は良くないですが、入社してしまえばこっちのものです。普通の会社なら、『入社てすぐに介護で休まれては困る』と思うでしょう。

    ユーザーID:5372261824

  • トピ主です

    先日お返事を入力したつもりだったのですが、反映されてなかったようです。
    間があいてしまいました。
    たくさんのコメントありがとうございます。

    厳しい言葉に心が引きしまります。
    甘く浮かれているように見えたのでしょうか、その心持ちを諌めていただきありがとうございます。

    実体験からのアドバイス、本当にありがたく存じます。

    同じ辛いなら給料が保証されているほうがマシ、との言葉、そうかもしれないとも思います。
    今までそうしてきたように、気にくわない仕事だろうと状況だろうと、それなりになんとかやっていくのかもしれません。
    ただそれをこれから10年 ひょっとしたら15年 続けていけるだろうか。
    例えば今から5年後に同じような状況になったとき、あの時勇気を出していれば、と悔やまないか。
    同じ苦労なら人に押し付けられた苦労じゃなく、自分で選んだ苦労のほうが耐えられるのじゃないだろうか。
    それも甘い考えで、しがみつくことがいいのか。

    ご意見をいただき、色々考えることができてよかったと思います。

    もう少ししたら決心します。

    ユーザーID:5108985884

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 条件

    夫の会社でそれがありました。
    当初は少し上のバブル世代が対象でした。
    2回か3回募集してその度に一時金?が下がっていきました。
    私も関連会社で働いていたのですが、
    部長たちが肩たたきにあっていました。。。
    同業他社に就職したと聞いています。

    夫も40歳の時に早期退職して遠隔地に引越しをしました。
    自営業をしています。
    転職エージェントはアドバイスはしてくれたようですが
    アテになったかと言うとそうでもなかったみたいです。

    残った人たちはというと、傾く経営、増える仕事でこれもまた大変なようです。

    私の会社はリストラこそないものの、いつでも人員を減らせるようにと派遣の人たちばかりになりました。
    経営が苦しいから一人辞めさせようとかそんな話も聞きましたね。。

    ユーザーID:0596160444

  • 就業規則

    >嘘は良くないですが、入社してしまえばこっちのものです。普通の会社なら、『入社てすぐに介護で休まれては困る』と思うでしょう。

    育児休業にしても介護休業にしても
    労使協定を結んでおいて
    就業規則に
    「育児休業の申し出を拒む事の出来る従業員」
    「介護休業の申し出を拒む事の出来る従業員」
    という項目を入れる事が出来ます。
    その中に
    「入社1年未満の者」を入れている会社は多いですよ。

    入社したからってすぐに介護休業が取得は出来ないかも知れませんよ。

    あまりズルい事を言うのはどうかと。。。。

    ユーザーID:5324573343

  • こればかりは、、、

    トピ様のお考え通り、自分で決めるしかありません。私の場合、就いていたポストは、海外支社の幹部でした。本社トップの交代と共に、一年近く嫌がらせを受け、最終的に首になりました。トピ様と同年代でした。

    国際法の知識を使った幹部でしたが、給料が高かった為、同条件で仕事を見つけるのは困難だろうと、と腹を決めました。海外での経験、法務の経験、トリリンガル、何でも利用価値のあるものを使えるなら、給料は下がっても構わない。

    トピ様との違いは、住居、蓄え共に、ギリギリなら何とか死ぬまでこなせるかな?と言うこと。でも、これは、大きいです。50歳から少なくとも、40年程度は生きると思わなければなりません。年間300万としても、65歳までとしても、4、5千万は必要です。老後、少し、ゆとりのある生活をしようと思えば、1億は必要なのです。

    トピ様の場合、多めの退職金がローンで消えてしまう。頼りは、トピ様の貯蓄だけになってしまう。

    新しい就職先も10応募を出して2件良い反応をいただける程度。
    私の場合は、それまでの、仕事で知り合った方々からの引きで、何とか、給与も以前の8割程度で雇ってもらえました。

    50を過ぎると、これまでの経験を生かし、自分でも望む仕事に就くことは、非常に難しくなります。
    蓄えがあれば、条件を上に設定できますが、生活が掛かっていると、何でもやる、、、と言うことになりかねません。

    自分より若く、能力も同等にある人材がいれば、会社は給与等の条件を考慮し、若い人を選ぶ。これは、当然なことです。つまり、トピ様の経験が、どれだけ売りになるか。それが、50過ぎて転職できる条件です。

    驚かすつもりはありませんし、トピ様の経験を私は知らないので、何とも言えませんが、50歳からの転職は、その職の経験にどれだけ価値があるか、その一点に尽きると思います。

    ユーザーID:9774548553

  • 手をあげました。

    最近募集があり、手をあげました。
    50前です。男です。
    割り増しだけで4千はあったので。
    仕事はなんとか見つけました。2か月程度で。
    書類選考は落選は20社以上
    面接こぎつけは、10社
    2次こぎつけは、9社
    内定は、4社
    ほぼ同条件、現状維持です。
    そんなに、要求はしなかったのですが。
    この年で、SPI検査はめんどくさいです。

    ユーザーID:4231789225

  • 辞めてほしいと思われてるなら。。。


    この先、今の会社でいいことはありません。

    どんどん縮小していき、再度のリストラ

    ・・・・・

    1度リストラしたら次からはもっとしやすく

    なります。

    転職したほうがいいです。

    ユーザーID:5118399335

  • 見えないリストラ

    私の知人の話ですが職場の社長が変わり仕事の見直しによる大幅な組織変更がありました。

    企業側は大幅な人員削減を行う為に保育園に子供を預けて働く子育て中の女性と退職してほしいと思う人達に地方工場へ(住居の移動を伴う転勤)の話をしたそうです。
    転勤不可能な沢山の人達と子育て中の女性達は自己都合退職していきました。
    しかし、自ら辞めていただく為の対策であり、地方工場に異動させるには沢山の資金がかかるので最初から地方工場へ異動させる気は無かった様です。

    その後、50代以上の人達をターゲットに退職金割り増しの会社都合退職で沢山の人が職場を去りました。
    定年まであと数年の人達が沢山辞めていきました。
    企業側はあの手この手を使って従業員を辞めさせようとしていて本当に怖いと感じました。
    一般職には何も知らされていないのですが、管理職は退職理由を知っているので見えないリストラと思います。

    残された従業員は人員が足りず大変だそうです。
    辞めるも地獄・残るも地獄です。
    退職した人達がどうしているのかは全くわかりませんが、良い職場に巡り合うことを願っています。

    終身雇用が崩れ、いつどうなるかわからない厳しい時代です。
    他の方のレスの通り、後悔しない様によく考えて決断していただければと思います。
    陰ながら応援しています。

    ユーザーID:2857326488

  • 最低限の必須…?

    TOEIC 925点が、「最低限の必須」とは、ちょっと思えませんが…。
    もちろん、925点あるからよりどりみどりとは思いませんが、「最低限の必須」はさすがにないでしょう。最低限の必須って事は、事務職なら全員がそのスキルを持っているという事です。TOEIC 925点が、「事務職ならみんな持ってる」とは思えません。
    925点って、かなりのもんですよ。もちろん業界にもよりますが。メーカーといってもいろいろあるし。

    私の考えも、「沈船…」さんと同じで、残ったあげくその会社がどこまで持ちこたえるかを考えたら、残るのもリスキーかなと思いますけどね。
    「給料が保証されているだけまだマシ」という事は、その基盤が崩れてしまえばマシも何もないって事なので。
    自分が辛い思いをして残留しさえすれば後15年会社があるという保証があるるわけではありません。

    いつか転職先を探す羽目になるなら、少しでも早い方がいいです。55、あるいは60でそれをやるより、50歳の方が有利なのは決まってます。そして二次募集の時に同じ条件が用意されているとも限らない。
    リストラ後会社がまた軌道に乗るかどうかも、希望退職に応じた後の将来像と同じくらい、不透明です。それなら、自分でどうにかしてやるという強い信念を持って臨めるよう、自分で退路を断ち切って挑むくらいの気持ちでやってみるという方法もありますけどね。どうせ転職活動するならそれくらいの覚悟はそれこそ必須なんですし。会社に残るのはやはりその会社が大丈夫という希望に縋ってのものであり、他力本願ですから。

    50歳の再就職が厳しいのは自明ですが、今は人手不足です。最近までの不況時とはまた状況が変わっていますから、何を望むかにもよりますが、仕事自体はあるはずです。

    ユーザーID:6314048411

  • 正直言って

    40代だろうと50代だろうと、そんなに厳しいとは思わないです。
    身も蓋もなくなるけど、できる人はできるし、できない人はできない。
    むしろ厳しいとか言う人の自分語りは、『それじゃ難しいね』って
    言いたくもなるものばかり。

    例えば面接相手の態度や設問に憤慨する人って多いけど、
    何を聞かれてもどう応えるかが肝要。私は金融業の面接で
    アーク溶接とガス溶接の違いについて答えた。
    知る由もない業種の人に理解され興味を持つ話術を持っているかを
    問われていると認識しました。

    大学も出てないし管理職でもなかったけど、自分の売りを見極め
    買ってくれる会社を見つけて交渉(面接)する能力は人より長けてたと
    自賛込みで自己分析しています。

    会社都合退職の美味しさを知っちゃったんで、今すぐは辞めないけど
    もし今から再就職活動することになっても全く不安はありません。
    次行く業種に絞って、非鉄金属技術職と金融業専門職のキャリアが
    どう活かせるかを説く術を磨くだけです。

    ユーザーID:6121156816

  • 経験しました、応援します。

    私も50代前半で同様の経験をしました。
    不安が大きいですよね、同時に何かが変わる少しの期待も感じるかな?

    私の場合は親会社の意向による会社清算で個々人の意思は関係ない状況でした。
    企業人の立場を離れる心許なさが大きかったけど、今振り返ると単なる感傷という気持ちだったと思います。
    その後、半年の時間を掛けてキャリアプランを立てて、
    取敢えずの就職をしながら国家資格に挑戦しました。
    それから5年ですが、充実感を感じながら専門職として仕事をしています。
    私自身、優秀な人材でもないしバリキャリでもなかったけど、
    長年仕事を続けてきた仕事勘(仕事観)て意外と自分の強みになっていたのだと感じています。

    50歳でしたらまだこれから20年は仕事ができますよね。
    新しいことを始めるのに十分な時間はあります。
    この際、できる仕事もいいけど、是非やりたい仕事を考えてみて下さい。
    昨年より話題の「ライフ・シフト」、良い刺激になると思いますよ。

    それと、
    再就職支援エージェントの民間会社は頼りにはなりません。
    あちらも成績があるのでとにかく再就職に押し込もうとなさいます。
    (のらりくらりしていると段々担当者の顔が怖くなってきます。)
    とてもじゃないですが2年なんて付き合ってはくださいませんよ。
    ご自分で主体的に活用する気持ちでセミナーや情報収集に利用なさることをお勧めします。

    人生長いし短いです。頑張ってくださいね。

    ユーザーID:1597920943

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧