• ホーム
  • 話題
  • 45才過ぎて、「人生をどうしたいか?」をどう乗り越えましたか

45才過ぎて、「人生をどうしたいか?」をどう乗り越えましたか

レス14
(トピ主1
お気に入り210

生活・身近な話題

apple snow

気が付いたら45才を超え
更年期らしきものも来て、何だかガックリきてしまいました。

もともと誇らしい人生ではありません。
でも「自分は特別なのだ」という根拠のない自信?で生きてきた私。
そのバカっぷりに今さら気が付いたのです。

今欲しいものは何もありません。
そこもガックリの原因です。
子どももソコソコ大きくなり、育児も卒業。
急に無力感に襲われました。
また自分の駄目さと向き合わないといけない。

急にガックリきてしまったのです。
45才(越えてますが)という歳のせい?色々体力など衰えたせい?

歳をとったら、充実して安定して幸せなんじゃないかと思っていた
どこまでも甘い私にもガッカリします。

もっと若くてシッカリしている人は沢山いると思います。
もっと年上で幸せに生きている人も沢山いると思います。

自慢でも、自分はこう乗り越えたでも、構いません。
45才からの人生をどう幸せにしましたか?
何がキッカケになりましたか?

もともと親が良いモデルでは決してなかったのも原因なのかと思います。
未だに嫌いなのです。

ユーザーID:8932735631

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 時間がそう残されていない。

    1歳上です。
    40歳を過ぎると明、日死ぬ可能性は皆同じなどと何かの本で目にした
    ことがあります。
    白髪も増え、運動能力も落ちる一方の現状を冷静に振り返ってみると、
    自分には思っているほど時間が残されていない。
    そう考えることは増えました。
    だから何が出来るか、何を変えられるかと言っても「ない」のです。
    日々体が動く間に今迄やってきたとおりにやっていくしかないですし、
    その意味では「やることは変わらない」という、ありふれた結論です。

    ユーザーID:5579701249

  • 親が嫌いなのは関係ない

    体力も気力も落ちてるんでしょうね
    更年期だと思います。
    皆さん、同じようなこと言ってますよ。
    若い人の方が、よほどしっかりしてるしハツラツしてますよね。

    子育ても終わったとのことなので、自分のために時間とお金を使ったら良いと思いますよ。

    美味しくて話題のお店にランチに行ったり、ドラマで女優さんが着てるステキな服をネットで調べて買ってみる。
    髪型を変えてイメチェンする。
    どこで貴女のスイッチが入るか分からないので色々やってみたら良いと思います。
    楽しいことが見つかると良いですね。

    ユーザーID:1929245831

  • 出発地点から間違ってる

    >もともと親が良いモデルでは決してなかったのも原因なのかと思います。
    未だに嫌いなのです。

    これこれー、この時点でもう間違ってるよねー。
    45超えてるんですよね?
    その年でまだ自分の人生親のせいにしてるの?
    20超えたら親への恨みつらみで自分をかばうの、恥ですよ、恥。

    世間では30超えたら自分がもうこれからどのくらい出世するのかしないのか見えて、俺はしないなー、と分かってきて、仕事しててもむなしい
    みたいな意見が多く、当時30歳だった私は
    え?30で出世しない先が見えるの?
    そんな事ないでしょー。30超えてもまだまだ出来ない事、出来るようになりたいことが仕事であるんだから、私にはのびしろがたーくさんある。
    出世だってまだまだ先にある。
    だから頑張るんだ。
    と根拠のない自信をもっていましたが、
    50手前になってようやく、あー私は30の時とたいして変わってない。
    多少できる事が増えたからって何?
    仕事で出世とか、安泰な地位とか、たくさんのお金とか、そういうのはないのねー。
    30過ぎにそれを理解していた人と、50前でそれを理解した私、
    頭がいいのは30過ぎの人だよねーと思っています。
    でもいまだに、もうちょっとくらいはあるだろう伸びしろにすがって
    頑張らんといかんなーとも思っています。
    人生どうしたいか?といろいろかんがえても、そうするにはどうしたらいいか?が分からず立ち止まったり、それが数年後にわかったり。
    幸せかと聞かれれば
    職もあり大きな病気もなく、子供も元気で幸せよ。
    でも、あれとこれとそれは不満。。。。
    人間って生きてる間中そういうもんじゃないんですか?
    不平不満もありつつ、自分を慰めつつ、楽しい事見つけつつ、一生安泰幸せいっぱいなんて、ないのでは?

    ユーザーID:2747742779

  • 良く言えば欲が無い

    悪く言えば向上心が無いといったところでしょうか。

    似たような年齢です。

    まだ下の子が小学生なので子育て終わって燃え尽きとか
    鳥の巣症候群とかにはなってないです。

    予定では50代前半でだいたいの育児が終わる予定なので
    その時私も主さんと同じような状態になってるのかなぁと
    思いました。

    でもたぶん違うな。
    巣立っていきそうもない子供達に、趣味もある。
    時間できたら年々損なっていく健康を取り戻すため
    軽い運動かジムにいってるはず。

    親がどうだったかは今来てる無力感とは別の話。
    うちの親も大概な無関心で親の関心あるとこだけ
    異常な過干渉でずっと洗脳みたいなのもされてたけど
    ちゃんと物欲もこうなりたいって向上心もここ駄目だから
    こう治していこうって気持ちもありますよ。

    一緒くたにしちゃいけません。

    こういっちゃなんですが、別に無理に目標とか生きがいを
    見つけなくてもいいんじゃないですか?

    生きがいなく、なんとな〜く生きてる生き方もそれはそれで
    有りだと思います。

    たぶん主さんは今まで色々やる事あったのに急になくなって
    何をすればいいのかわからなくなってる状態だと思います。

    しばらくは日々のルーティーンをこなしながら色々考えてみては?

    何がしてみたいのか?
    何が自分に合うのか?
    今何が自分に必要か?

    時間はあります。
    急がずゆっくり考えてみてください。

    本やテレビ、映画が見て共感することもあるでしょう。
    今からがあなただけの時間ですよ。

    ユーザーID:4887617319

  • 趣味が大切

    学生時代勉強が中途半端だったのと、会社勤めだけの人生では…、と考え、
    気を取り直し、気分転換も兼ねて、
    母校の大学図書館に通って勉強しはじめ、彼此れ10年以上になります。
    将来本を出すのが夢です。

    当初、40過ぎでも学生気分が抜けきれないものと、自分で自分を卑下
    することもありましたが、
    まとめたものを恩師に出したら、喜んでくれました。それがきっかけで
    今では、自分には仕事のほかにも大きな目標があるのだと言い聞かせ、大きな誇りと喜びを感じるようになりました。

    仕事と勉強にと、毎日忙しい日々です。

    ユーザーID:7660325050

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • まだまだ人生これから

    トピ主様は、まだ45歳、先は長い(笑)
    今はちょっと一息して、自分にご褒美(高いバッグ買うとか、旅行、エステ等)を上げて、リフレッシュしましょう。
    これから、お子さんを独立させる(結婚、出産)、親の介護、自分たちの老後資金を蓄える、課題は山積みですよ。
    気を引き締めて、計画を。
    主に経済ですが、しっかり考えましょう。
    身の回りの整理、片付けをするのも、気持ちがスッキリしてお勧めです。
    ちなみに、私は68歳、すべての責任を果たして、最高に幸福な日々です。
    歳を取る楽しみって沢山あるのですよ。

    ユーザーID:0866233118

  • 10代のころに出会った物事や人が・・

    私は45歳過ぎてから介護が始まりましたので、トピ主さまの質問にお答えするようなレスではないかもしれませんが・・。

    50歳前後は、様々な惑いがありました。その当時友達に宛てたメールを読み返しても、不全感というか、生き切っていないのではないかという、どうしようもない迷いが感じられます。

    あがいていました。でも、きっとどこかに自分が自分らしくいられる場所があるのだと信じて、いろいろを試みていたようです。アンテナを立てて、自分が興味を抱く物事や人などを注意深く観察していました。

    そして50代半ばを過ぎて親の介護も終わり、自分の時間が持てるようになりました。

    趣味や新しい交友関係など、現在の生活は10代のころからつながっていたんだなぁ・・と思えることがあります。私の場合は、若いころからの経験がもとになって、今の充実した生活があるのだと強く感じています。

    音楽家の坂本龍一さんは、「10代のころ慣れ親しんだ物事が、その人の生涯に渡って影響を与える」という意味のことをおっしゃっています。同意いたします。

    ユーザーID:2776952509

  • 下り坂

    人生は山あり谷ありといいますよね。
    でも、体力のみで考えると40過ぎたら確実に下っていると思います。

    下り坂でもまだできることがあるし、努力で下るスピードを遅くすることはできる。そう思いつつ、今楽しめることを楽しんでいるアラカン女です。

    確かに更年期あたりはつらかった。体力もですが、精神的につらかった。
    でも、いつかそのつらさから抜けられる日がきます。

    そのときに、きちんとやりたいこと、楽しめることがあるとないとでは
    人生大違いです。
    私自身は大人になってはじめた趣味が複数あり、複数あるがゆえに、こっちがうまくいかなくても、こっちは伸びているな、と思うことが多々あります。
    また興味の対象がいろいろあると、おでかけしたときの感動も多いです。

    60過ぎても楽しんで生き生きとがんばっている先輩をみると、自分も元気をもらいます。まだまだこれからですよ!

    ユーザーID:6393047285

  • わかるなあ。私は若い人の役に立ちたいかな。

    うちも子どもが大きくなって、ちょっと一息、ガクッとしますよね。生きがいが減るというか。本などを読むと、子どもがいなかった時にやりたくてやっていたことをまた再開しよう、というようなことが書いてありました。私はそれは海外一人旅、なので、夫とボチボち行きたいですが。予算と照らし合わせて。

    あとは、趣味も仕事もしていますが、すでに消化試合的な雰囲気なので、そこそこやって、若い人、特に女性が家事育児と仕事を両立するのを手伝いたいかな。自分は実家の助けがなく大変だったので。具体的にはファミサポなどです。

    子供って一緒にいると自分が若くなる気がしますし、可能性があって明るいですよね。健康ならやりたいこと何でもできるかな。ちょっと楽しみでもあります。

    ユーザーID:2620725790

  • 勉強になります

    45歳です。
    下の子がまだ小学校低学年なので育児卒業しておらず、ちょっと状況は違うかもしれませんが・・・
    約10年間「私はどうしたいのか?」というような漠然とした思いがあったように思います。
    出産前まで派遣社員をしていましたが、いったん無職になったり求職活動や保育所探しなど、それぞれうまくいかないストレスもありました。
    私は社会人としての基本的な能力が低いのだと、悪いスパイラルにはまり悪い結果を呼ぶこともあったと思います。
    おととしは遠方に暮らす父親が病気で亡くなり、その時にあまり助けにならなかった自分に残る無力感もありました。
    しかし今、上の子が小学校を卒業しようとしています。
    かなりざっくりとはしょりますが(たくさん寄り道して本を読んだり考えた結果)、自分を好きになり大切にし、あえて深く考えず享楽的に生きていこうと決めました。
    色んなレスが参考になります。
    おばばさんのレスを読んで、私の今後の課題をきちんと整理して取り組みたいとも思いました。

    トピ主 apple snowさんの「自分は特別なのだ」という根拠のない自信、素敵だと思います。
    何かしら自己卑下してしまうタイプの私よりも、ずっと素敵ですよ。
    ご両親の問題とは関係なく、その自信を取り戻してほしいです。

    ユーザーID:5335053205

  • 分かります

    トピ主さんの気持ち、分かります。
    私も45歳。
    「人生の岐路に立ってるのかも」と感じています。
    何回目かの、人生の岐路、ですが。
    「40過ぎても生き方について考えるんだな」と最近思っていました。
    高校の時、大学の時、結婚の時。人生の選択について考えて来たけど、また、今になってもかよ、と。

    子どもが成長して、そして働き方を考えるようになって。
    私は、10年先の(50代の)方のブログを読みあさり、10年先の自分の生き方をイメージして、今頑張り時かも、と考えました。
    今、勉強して、経験を積んで、そして50代を生きなきゃ、と。
    そう思った時に、このトピを見て、また励まされました。
    お互い頑張りましょう。

    ユーザーID:4183190843

  • ありがとうございます

    高齢出産を悲観したことはありませんでした。
    が子どもが幼稚園の時に、親が認知症になりガックリきたのも大きいです。
    それと自分の更年期。

    鳥の巣症候群?燃え尽き症候群?も入っているのかなぁ〜という感じでした。
    とにかく疲れやすいしイライラする。

    女性とか育児がひと段落したからとかでなく
    幅広く御意見を頂きたかったのですが

    やっぱり鳥の巣症候群かしら・・・と思います。
    子育て時期が一番幸せでした。
    まだ小学校低学年だし、まだまだだと思っていたのですが

    趣味は色々やっていますが、とにかく熱しやすく冷めやすいので
    色々手を出さないようにしています。(一つをコツコツが向いていない性格)

    「まだまだ人生これから」の御意見は単純に嬉しかったです。
    身の回りの整理、もやらないといけないことの一つだと思っています。
    (片ずけは苦手で困っています)

    これからパートをやる予定でいるので
    ダラダラした生活が変わるかもしれません。

    アドバイスありがとうございます。
    エールも沢山頂き感激です!

    ユーザーID:8932735631

  • セルフイメージを持とう!

    私は46歳の主婦です。
    子供も中学生で、子育ては以前に較べると楽になりましたが、自分自身の気力、体力が落ちてきました。現在、週に4日、時短勤務で働いていますが、それでも夜はぐったり疲れてしまいます。

    そんな中、私が心がけているのは、自分のセルフイメージを高く持つこと!
    学生の頃からヨーロッパの古い映画を観るのが好きで、ロミーシュナイダーやアヌークエメの様なフランス映画に出てくるような、お洒落で上品な大人の女性に憧れていました。

    そして今、自分がマダムの年代になり、昔より経済的余裕もあるので、たまにお洒落して劇場、高級ホテルやレストラン、ブティックなど行きたいところに堂々と出かけ、そんな自分に酔っています。笑

    自分を丁寧に扱うということを心がけると、自然と周囲の対応も変わってきますよ。
    私は美しい物に囲まれる価値のある人間だ…と暗示をかけると、いつのまにか先代が愛用していた宝石を譲り受けたり、コンサートやバレエに招待されたりと不思議な現象が起こるんです。

    気がついたら、昔イメージしていたセルフイメージに結構近くなってきています。(リアルでは、誰にも言いませんけどね。)
    子供の頃、お姫様ごっこという遊びがありましたが、ごっこ遊びに近い感覚です。
    実際には庶民だし、恥ずかしい〜などと思わずに!思考は現実化するとも言いますし、ぜひお試しあれ。

    ユーザーID:9438517773

  • えー?

    まだお子さん低学年なんでしょう?
    小学生になって安心しちゃったんですか?

    私、まもなく48歳。
    特につらい更年期の症状はありません。
    子供は中2と小6ですが、まだまだラクには
    なりませんよ。

    まず公立に行ってますから、今から受験です。
    精神的にも経済的にも今から一番大変。
    自分も衰え、親も介助が必要な年齢なのに、
    子供のお弁当作りから塾の送迎と、朝から
    晩まで忙しいです。

    あとは2人とも思春期特有のものなのか
    友達関係の悩みを抱えており、それらに
    どの程度関わっていいのか難しいです。
    今後は異性の問題もあるでしょうね。

    44歳でなんとか希望していた事務のパートに
    就けたのですが、仕事を覚え、求められる
    スキルに応えるのはなかなかしんどいですよ。
    でもいま投げ出してしまうと、もう次の
    仕事はないと思い努力しています。

    今からパートもしたいのでしょ?
    もう少し生き生き明るく生きたらどうでしょう?
    ていうか、そんなにあれこれ思い悩むヒマ、
    無くなると思います。

    ユーザーID:2590519654

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧