サッカー部活について。

レス28
(トピ主5
お気に入り31

男性から発信するトピ

UK

大袈裟ですが、日本サッカーを強くしたいと思ってる海外在住おやじです。先日、日本の部活では、レギュラー以外は玉拾いをしていると聞いて正直、これでは先進国にはとうてい勝てないなーと思いました。
理由は、12−15歳と一番伸びる時に、十分な環境が与えられてない子供達が多すぎるからです。この時期に上手い子が、後に大成するかは未知数、それなのに、他の子供達の成長機会を奪い、先輩たちは間違った優越感を得る。非常に悪循環だと思いませんか?部員60人いるならABCと3チーム作って、コーチを三人つけるべきです。欧州の人口半分以下の国に負けるのは、日本の本当のサッカー人口が少ないからだろうと考えます。サッカー部はサッカーをするクラブで、レギュラー組のお世話係りではないのです。レベル差はあれ、同じサッカーをする機会を与えるべきです。
息子のクラブで、ABCチームとあれど、Aチームが偉いなんて、Cチームの子供は思ってませんよ。対等です。同じ14歳ですから、当たり前でしょう。日本独特の、そこから頑張る、根性、這い上がる!と言う考えが未だ根強いのかもしれませんが、これでは勝てないです。日本選手は優れたものを持っているのに、勿体ないと思います。日本代表を強くするには、絶対に部活を変えるべきです。日本代表ユース育成を変えても遅い、だって、ダイヤの原石は絶対的に普通の学校にいて、Jユースチームではないですからね。
海外でプレーする息子を持つ親父の独り言ですが、日本を離れて10年以上、海外かぶれでしょうか。サッカー好きな方々、どうもいますか?賛否両論、お待ちしてます。

ユーザーID:5243249670

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数28

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 部活動に

    そこまで求めるのは間違いです。
    民間のサッカークラブの普及を望むならわかりますが。
    限られた予算、他の部活動とのバランスもあるでしょう。

    >海外かぶれでしょうか。
    かぶれというより世間知らずですね。
    貴方がサッカー好きなのは伝わりましたが、
    日本の学校の部活動に求める話ではないと思います。

    ユーザーID:6838675985

  • 部活だから

    部活だからしかたないと思う。
    部活は学校教育の一環だから限られた時間とスペースの中で行われるから仕方ないのかと思います。
    プロへの意識が高い子はクラブチームという選択肢もありそちらはトピ主さんの主張に近いシステムだと思います。
    指導者やシステムにおいてヨーロッパから学ばなければいけないことは多いと思いますが日本のやり方で成果を上げている競技、分野もあります。
    環境や国民性も考慮しより日本に合ったやりかたを模索していくべきなんだと思います。

    ユーザーID:4066139294

  • コートが1面しかない。

    息子がサッカー部です。
    部員が50人ほどです。それに対して都内にある高校のグランドは1面、(しかもちょっと欠ける)しかなく、野球部、テニス部、ラグビー部などと譲り合って練習しています。
    一日に3時間の放課後練習に、全員がコートで練習できるとしたら、一チーム半分の1時間半だけです。レギュラーで週末に試合がある部員が一時間半コートの外で基礎練習して時間をつぶすことになります。
    それはちょっと・・・。
    なにせ、日本は土地がない!

    ユーザーID:7562550587

  • 日本の学校の現状ですね

    こんにちは。
    正直なところ、そもそも日本の部活は学校の先生が自分の時間を削って指導しているわけです。
    そんな状況で各部活に先生を分けたら1つの部活に2〜3人。
    多くて4人が限界でしょう。
    さらにサッカーの指導どころか体育程度しかしたことがない先生でも指導にあたるわけですから、そりゃ3つのチームなんて夢のまた夢。
    さらには狭い学校グラウンドを外の運動部で分けて使うわけですから不可能に近いですね。

    そんな状況なので、中学生でもクラブチームに所属する子が出てくるわけです。
    日本の部活という状況、土地事情などを考えるとなかなか現実的ではない話だと思います。
    かといって他のグラウンドを使う運動部(野球・ソフト・陸上・ハンドボールなどなど)をないがしろにはできないことでしょう。

    近所の学校ですが、そのようなグラウンド事情でサッカーで有名な私立などを破って全国に近いレベルまで行きました。
    あちこちのチームから勧誘がきたそうです。
    そんな彼も1年のときはボール拾いをしていましたが、工夫して走り込みなどで徹底して体力をつけてましたよ。
    コーチがつかなくてもボール拾いをしていても身体能力をあげることはできるという例です。

    ユーザーID:4035699698

  • そう思う

    私も長いこと欧州にいて子供がサッカーをしていますので仰ることよくわかります。
    私が住んでいる国のサッカークラブはまず環境が抜群でした。子供でも人工芝のナイター付きグラウンドでプレーできる。どんなに小さい村にでもサッカーコートはあります。
    費用は年間費7000円弱です。ユニフォームも靴下まで貸出し。買えないと言えばシューズからシンガードまで貸してくれます。これならどんな家庭の子供でも参加できます。欧州サッカーの層が厚いのもこれらのおかげかと思います。
    試合は必ず全員出る。球拾いなんて誰もしません。だってサッカーをするためにグラウンドに来ているのですから。年齢なんてもちろん気にしません。
    試合でも練習でも必ず攻撃で終わるように教えられます。無謀なシュートでも褒められるけど弱気になったプレーは物凄く怒られます。日本サッカーのチキンなこと!なぜゴール前でチョロチョロパスを回しているのか。ここでも「失敗はいけないこと」という日本の教育が出てるんだよな、と残念に思います。

    一時帰国で日本に帰ると土のコートで子供たちがサッカーをしていて、どうやってスライディングをするのだろうと不思議に思います。欧州のサッカー環境を話すと「そんなの生意気。子供に芝のコートなんて10年早い」と言われました。いや、サッカーは芝生でするものです。

    日本のサッカーを強くしたいのならまずは環境を整え、安く誰でもクラブに入れるようにすること、先輩後輩をなくす、失敗しても良いという教育をする。。。言い出したらキリがありません。

    まぁ考えようによってはあれだけ劣悪な環境でそれなりのところにいるのですから逆に凄いか。でもこれ以上もなさそうな気がします。

    ユーザーID:2336842316

  • でも・・

    コーチはだれがするのか
    練習する場所だって、ほかの部活と交代
    3チーム作っても結局練習する場所がないでしょ

    安く済ませる部活でそこまで望むのは無理ですよ

    ユーザーID:0011951597

  • 部活動としての高校サッカーの限界

    だからこそ、クラブチームの増加を則す方向にもっと舵を切ってもよいのでは?
    ただし、これは年代別のサッカー選手育成にとっても劇薬です。
    良い結果となるかどうかは分かりません。

    私が小学生のころです。
    まだまだ日本は野球一色で、世間的にはサッカーは柄が悪い印象すらあった時代。
    種目は違うけど、それこそ「スクールウォーズ」の世界観の近いものがあった。

    それが変わってきたのは、正月の選手権大会のTVであり、漫画のキャプテン翼だった。
    (トヨタカップの誕生もサッカーに夢を持たせることに貢献したとは思います)

    現状はJ3まで成立し、これからまだクラブチームが増えていく可能性がある。
    そろそろね、下支えしてきた高校サッカー中心の考え方から脱却する時期が
    近づいてきているのではないでしょうか?

    正月の全国高校選手権の発展的解消をする、いやそれが出来る方向になるべきでは?
    つまりクラブチームも参加できる大会として正月の選手権を頂点とすること。
    高校生版の天皇杯として生まれ変われないだろうか?

    高校の部活に環境改善を求めるのは無理。
    だからこそ、サッカーだけの運営を考えられるクラブチームを全国各地に
    どれだけ増やせるか、そして地上波TV放映のある最高の舞台を用意して
    高校以外でもその場に立てる形にする。

    ある程度は高校サッカーが良い方向になった結果は出ているが
    それが限界であるならば、構造改革が必要なんだと思います。

    ユーザーID:2685362521

  • 普通にあります

    今は地方都市に住んでいます。
    県内のベスト8レベルであれば、Aチーム、Bチーム、Cチームに分かれているところはざらにありますよ。
    そしてそれぞれのチームがリーグ戦に参加しています。
    当然、それぞれのチームにコーチが付いています。

    ただし、インターハイや選手権の予選は1チームしか出られません。

    ちなみにJのユース上がりの選手が増えています。
    Jの若手に試合機会を増やすためにJ3にU23チームを入れたりとかの試みも奏功し、今後はJユース上がりが益々、増えるのではないでしょうか。
    今までは 高校−大学ーJというキャリアパスもありましたが、大学を経ずしても試合経験が積めますからね。

    はらだみずきさんのサッカーボーイズシリーズは読まれていますか。
    面白いですよ。

    ユーザーID:5021260124

  • トピ主です。

    レスありがとうございます。勉強になります。まず、疑問なのは、部活にそこまで求める?という意見は以前も聞いた事がありましたが、まあ適当に!と言う割には、かなりの時間と労力をつぎ込みますよね? それから、コートが足りないなら、練習を週3程度にして、時間でなく集中強度を上げる事は出来ないのでしょうか?あまり求めるなという一方、週6-7のコミットメントを強いる?または、25名以上部員は取らないのも1つかと。部員60名で、例えば、55-60番の選手は、十分な機会は与えられないでしょう。であれば、別のスポーツ、勉強等にシフトさせるのも大人の役割かなと。3年間補欠の美学みたいなのが昔ありましたが、子供が可哀想でしょ。強豪校で球拾いなら、路上のピックアップゲームの方が楽しいって!で、うまくもなる。サッカーは試合してなんぼ。部活で休みなくサッカーしてんのに、上手くならないのは、若い時期に、試合はレギュラーだけがするものって植え付けられてるんだと思います。あと、上下関係の話し出ましたが、激しく同感です。これしたら、日本サッカー協会に提言したいくらい。上下関係が必要だと思う方、いらっしゃったら、是非お話しを伺いたいです。サッカーだけでなく、教育に密接に関わってるのは間違いないので、意識を変えるために良いアイデアないですかねー。それでも、良い選手出てると思い方、やり方変えたら、もっと凄い選手出てくると思うんです。

    ユーザーID:8438553783

  • 日本のよいとこ、選択制

    サッカーの話じゃなくてわるいのですが
    日本がスポーツにお金をかけるようになったのって最近です
    たっぷりかけてくれるか?はわかりませんが

    やりたいことができるけど
    自己選択で自分持ちでって感じでした

    サッカーで言うならクラブチーム選択という道がありますよね
    反対されているようですが

    更に日本は指導者のレベルがピンキリなんです
    きちんと勉強している方から自己流な方まで
    これも分野は問わず

    あなたが今お住まいの国にも問題はあるはずです
    良いところだけではないはずです

    与えられた選択肢の中からベストを尽くすしかない
    勿論改善は必要です
    もう少し時間がかかると思いますが
    変わっていくと思います

    昔に比べればすごく日本は強くなってきていると思うのですが
    そうではないのでしょうか?

    あと選択でできるということは
    どんな子でもそのスポーツができるということです
    これはすごいことだと思いますが
    どうでしょうか?

    ユーザーID:8160819070

  • お尋ねします

    まず初めにお聞きしたいのですが、息子さんのクラブとは学校の部活ですよね。
    もし学校外のクラブチームだったらそもそも部活の議論になりませんから。
    その上で、
    ・日本サッカーの強化をクラブチームでなく学校の部活に求めるのは筋違いではないか
    ・「ダイヤの原石は絶対的に普通の学校にいて、Jユースチームではない」のはなぜか
    をお尋ねしたく思います。

    ユーザーID:4789044275

  • 単純に

    日本の学校の部活動では3チームも作ったらスペースがなくて練習できないです。
    欧米ならだだっぴろいグランドがあるのかもしれませんが、
    日本の学校、特に都市部は猫の額のように狭いグランドで練習してます。
    田舎の学校だとグランドは広いかもしれませんが、指導員の数が足りないのかもね。
    うちの学校では、サッカーコート1面がやっとこ取れる位のグランドで
    野球部とサッカー部が半分ずつ練習してます。土日は交代制。
    レギュラー以外は試合形式だと球ひろいしか出来ないんじゃないかな。
    指導者も監督の先生は経験者ですけど、他の顧問は授業でやった程度。
    コーチは無償で有志の卒業生だったりします。

    トピ主さんがそのように思われるなら、ぜひぜひ日本のサッカー振興の為寄付してください。

    ユーザーID:9290215126

  • むしろJユースがX

    部活の指導者が素人教師では駄目というのはありますが、Jユースが早熟で体格の優れた選手を優遇するというのが問題だと思います。少年時代に早熟な人は体格も優れ、足も速く、同年代の選手よりも活躍できる傾向があります。基本技術がなくても適当にシュートしても入ってしまうし、簡単に相手を抜き去ることが出来るからです。ところがそういう早熟な選手も、同年代の選手の成長期が終わる頃になると、今までのようには行かなくなります。日本代表の決定力不足とかは、基本技術を磨かなければいけない時期にそれを怠った為の弊害だと言えます。日本で大型選手と言われても、世界に行けば普通なのですから、基本技術がなければ勝負になりません。海外で活躍している日本選手を見回してみても、殆どが小柄な部類の選手です。これは幼少期に体格の優れた選手に対抗するために基本技術を磨いてきた証しです。そして皮肉なことに、小柄な選手の活躍できる場所がJユースではなく中学や高校の部活だった訳です。長友選手などがいい例ですが、彼はJユース不合格で中学の部活で基本技術を磨きました。要するにJユースに将来を見渡すことの出来る指導者がいないというのが問題なのではないでしょうか。

    ユーザーID:2823411689

  • 考えてみました

    中学の部活は何らかの事情で(実力情熱時間的金銭的親の都合などなど)クラブでやれない子の救済の場になっているかと思います。でもそこで目立てばトレセンや選抜など取りこぼしはないと思いますが。

    高校からは中学時代の有力選手は強豪校に吸収されていきますが、問題はそこでABCがそれぞれリーグを作れるかどうかなんだと思います。

    地域にあるクラブも部活も、下部組織やアカデミーの女子なんかも含めてカテゴリーに関わらず3部に分けてリーグ戦ができたらいいのかと思います。

    でもそれを言ったら3部の子供たちは別のスポーツや勉強にシフトすべきと暗に示唆する形になるのかな。

    結局一部のスポーツエリートだけが最終的に生き残るのはどんな仕組みにしても同じなのかもですね。

    それと成長につれてサッカー以外のことに興味が移ってしまったり、自分の実力を悟ったり、大きな怪我をして継続出来なくなったりなど、チャンスをつかむまで永遠にできる競技ではないという現実もあるかと思います。

    ユーザーID:9221934040

  • トピ主です。

    ありがとうございます。いくつか返答させてもらいますね。

    鉄人さん、
    高校強豪チームはそうだろうと思いますが、小学生年代から、そうなってほしいのです。そうすれば、高校年代でのレベルアップ間違いなしだし、サッカー好きが増えると。

    ペン太さん、
    こちらでは、サッカー、水泳、バスケット等複数スポーツをする選択性です。確かに日本サッカー強くなったように見えますけど、昔のW杯枠が2カ国になったら、どうかな?逆に言うと、今の枠数があれば、ドーハ組みは余裕でW杯出てるでしょう。

    ぼちゃんさん、
    こちらでは、高校まで部活はありません。レベル差はあれ、クラブチームのみです。本当は、部活全廃して、クラブのみにしたいですが、日本では現実的ではないので、僕の主張があります。原石が部活でユースではないと思う根拠ですが、現状、12歳時に上手い子しか、Jユースには入れない、入ろうと思わない。でも、プロで活躍するのは、生涯サッカーエリートではないですよね。ガンバユースで天才と言われた、U選手はドイツ二部でも活躍できない。。何故でしょう。12歳で全く目立たなくても、機会が与えられば、将来輝く可能性は大きいし、まずサッカー好きになる。でも、補欠、ベンチ、玉拾いでは大方諦めますよ。(例外除く。)高校の部活は、こちらではトライアウト制です。サッカーなら、20名等。漏れれば、別クラブか別スポーツを探す。いい傾向ではないですか?

    関西民さん、
    以外に海外もグランドの余裕はなかったりします。でも、それなら、1チーム60名も取らなければ良いのではと。。。例えば、週3回でABCチームと回していけば、やれない事はないかと。そもそも、素人顧問が週5、6練習してもやりすぎだし、上手くなるどころか、疲労が溜まるだけ。控えはストレス。あと、中学生で適当に流すことを感覚として覚えてしますね。90分だけ100%でやる!

    ユーザーID:5243249670

  • トピ主です。

    飯さん、

    こちらでは、日本人の息子は体格では勝てなかったですね。白人系、アフリカ系、南米系に比べると、それは最初は大変でした。ボール持ては、吹っ飛ばされると でも、仰るとおり、コーチは体型だけでは判断せずに、そのうち体格差は縮まる事を見越しての指導、チーム編成をしてくれたように思ってます。これは親目線で非常に重要なのですが、そのコーチが目先の自身の利益に走っていないかを見極める事が必要だと思います!優勝してコーチとして、名を上げたい!と言うコーチには預けたくないですよね。もちろん、素人部活コーチに3年間も預けるのはもっと避けたいですが。。コーチの質を上げるには、部活を廃止して、サッカーはクラブチームで、芝でプレーするのが当たり前と言う意識をつけるべきのだろうと思ってます。部活を肯定するのは、運よくレギュラーだった世代。僕は彼らが、クラブでプレーしてれば、もっと上手くなったと思うし、補欠だった子が頭角を現すケースも増える。

    無駄な上下関係のついて。サッカーって一瞬のタイミングが命運を分けますよね?仮に、1年生が、3年キャプテンに、
    ”たかし下がれ!”と叫べますか?1年生がシュートチャンスに、隣でDF付いてる先輩が出せ!と言っても、無視して打てますか?
    ”xx先輩、戻ってもらえますか?”なんて言ってる暇ないでしょ? おそらく、今の部活ではこれ無理じゃないですか?今は違うのかな。日本がギリギリで勝てないのはこれを中学〜大学までやると、大人になっても染み付いちゃうでしょう。個人で海外でやれる選手が出ても、代表になると駄目なのはこれだと思うなー。染み付いてるのです、無駄な先輩後輩が。40歳と43歳、同等でしょ?12歳と14歳も一緒だよって、教育しませんか、そろそろ?中身がないから、年齢だけで優劣つけるんでしょ、部活で。俺は13歳だから12歳より偉いのだ!と。。どう思います?

    ユーザーID:5243249670

  • 中学生年代のサッカーの中心は部活チームではない

    レスありがとうございます。
    中学の部活で60名もいるクラブはすごいですね、びっくりです。
    最近は中学部活のサッカー部に入る子が少ないと思っていました。
    トピ主様は何年間日本を離れていらっしゃるのか分かりません。
    しかし、今の日本の中学生世代のサッカーにおいて、中学部活は中心ではないでしょう。
    Jのジュニアユースもありますが、それ以外のクラブチームが本当にたくさんあります。
    選手権に出る子たちの大半もJジュニアユースもしくはクラブチーム出身です。

    中学生年代ではサッカーを本格的にやりたい子の大半は Jジュニアユースもしくはクラブチームに行くのが全国の傾向です。
    例えばU-15での全国レベルでの大会は(全中を除いて)中学部活チームは中々、勝ちあがれません。
    最高峰の高円宮杯でみると関東大会予選48チームの中で中学部活は2チーム。
    全国大会では中学チームは1チーム(東北の私立で中高一貫、高校は全国レベル)ですが、1回戦で敗退しています。
    都道府県レベルでの高円宮杯リーグでみても県1部に入れるチームは限られていて苦戦、大半の中学部活は3部リーグです。
    (そこに入らない部活チームの方がずっと多いですが)

    個の力を上げることが目的のトレセンに行くのもほとんどがクラブチームの子です。
    (地区トレセンでは中学部活の子もいますが、県、地域となるとほとんどいません)

    ユーザーID:5021260124

  • 間違ってました。

    鉄人さん、

    ありがとうございます。実は、日本を離れて十数年、、僕の認識はかなり古いもののようですね。今の中学年代はクラブチームがメインであるとのことなんですね。Jリーグユースの数は限られますが、それ以外を含めたクラブチームでプレーする子供達と部活の割合というのはどれくらいなのでしょう?土日含めて休み無しで練習・試合をしてるという噂は部活の話しですか?それとも、遠い昔の話ですか?こちらでは、練習回数や試合数、回復時間もある程度考えてプレーさせています。(年齢にもよりますが)そういう意味では、日本の夏はプレー不可となりそうなんですけどね。。話しはそれましたが、関東地域のクラブチーム一覧のようなサイトがあったら教えて頂けないでしょうか?また、チームによるのかもしれませんが、日本のトライアウトは一般的にどういった流れですか?もしご存知でしたら、教えて下さい。

    ユーザーID:5243249670

  • サッカーの盛んな地域に住んでいます

    中学年代のサッカーは、上手い子やサッカー中心に考えている子はクラブチーム、サッカーより学校行事優先に考えてたり、経済的な事で部活を選択している場合も多いです。我が家はサッカーが盛んな地域ですので、部活もかなり盛んです。息子の時は全学年で70名いました。70名いても、玉拾いで終わることはなく、練習試合もほぼ全員でています。

    我が家の地域の部活は、週1回は休みです。サッカー部の場合、土曜日半日が練習試合で、日曜日オフ。平日は学校の下校時間が決っているので、それまでに下校しなければなりません。そうすると練習時間は多くて2時間です。高校でも平日1日オフで、練習時間は2時間。休日は試合または練習試合です。練習時間が長いのはサッカーではなく、野球ではないでしょうか。

    クラブチームについては詳しく知りませんが、ジュニアユースのセレクションは小6の秋〜冬にかけて行われています。中学3年間でクラブチーム同士の移籍は聞きませんが、クラブチームをやめて部活にくる子はいます。部活の良い点は、セレクションなく、希望すれば誰でも入れるところです。

    小学生〜大学までのサッカー情報は「サッカーBBS」で検索すれば県別の掲示板がヒットすると思います。その中にクラブチームの情報もあります。

    ユーザーID:1799534175

  • 遅くなりました

    クラブユースの数と中学校部活の数だけを比較すれば、中学部活の方が多いとは思います。
    が、上を目指す子たちは中学生年代ではクラブユースに行く子が多いでしょう。
    ただし、経済的負荷が親に かかります。

    関東地域だと関東クラブユース連盟のHPがあり、また各都県のクラブユースのHPがあります。(更新されているかとかまちまちですね)

    トピ主様のご出身の県名 +クラブユースなどで検索されると 見つけられると思います。
    東京都だと中学生世代は100チームで、いくつかはJのジュニアユースチームです。

    トライアウトではなく、セレクションという言い方をしています。
    個々のチームによって違うと思います。
    クラブユース連盟のHPで名前を見つけて 馴染みのある名前のチーム名を検索してみるとわかると思います。

    ユーザーID:5021260124

  • ひよさんへ、

    ありがとうございます。70名部員がいても、全員出場とは素晴らしいですねー。子供達も楽しくサッカーできますね。平日もオフがあり、2時間程度であれば、サッカー以外の時間も確保出来ますね。やっぱり、根性論が根強いのは野球なんですね。地域差もあるでしょうが、嬉しいニュースです。クラブチーム情報もありがとうございます。ちょっと検索してみます!

    ユーザーID:5243249670

  • 上下関係

    このトピを見失ってしまって返信が遅れました。

    > 無駄な上下関係のついて。サッカーって一瞬のタイミングが命運を分けますよね?
    > 仮に、1年生が、3年キャプテンに、”たかし下がれ!”と叫べますか?1年生が
    > シュートチャンスに、隣でDF付いてる先輩が出せ!と言っても、無視して打てますか?

    高校3年の時、たかが1〜2年先に生まれたぐらいで偉いわけがないと私が主張してこういう上下関係を廃止しました。やろうと思えば出来ます。今の日本代表内部がどうなっているか知りませんが、もしそんな悪しき風習が残っているとしたら間違いです。

    ユーザーID:2823411689

  • 飯さんへ

    おお、上下関係を自ら廃止するというのは素晴らしいですね。どのようなプロセスで行ったのでしょうか?そのクラブのその後は如何でしょうか?実情は分かりませんが、おそらく、数少ないケースなのだろうと推測しますが、日本全体がそういった流れになって欲しいと切に願います。まずは、先輩は絶対だ!とか部活根性論の親御さんの意識を変える必要が絶対にあると思ってます。

    ユーザーID:6520154185

  • レギュラー固定の意義

    レギュラーを固定する大きな理由ってご存知ですか?

    監督、コーチが、大きな人事権を握れるからです。

    誰をレギュラーにする、しない、という権限で、子供だけでなく保護者の心情も支配できるからです。

    レギュラー制は「逆らったらレギュラーから外されるのではないか?試合に出られなくなるのではないか?」という無言の圧力をかけ続ける為の手段です。

    日本のサッカーがどうとか、そもそも子供本人の為にとか、そんなことを考えている指導者は、クラブチームにも部活動にもまあほぼいないとおもいます。
    何故なら、そういう指導者は辞めさせられてしまうからです。

    ユーザーID:9943332372

  • サッカーはまだましな方

    トピ主の意見が基本的にはまともでしょう。スポーツは試合に出てこそです。試合に出なければ,うまくもなれません。そこを全て「xx道(どう)」にしてしまっているのが日本の多くのスポーツでしょう。特に,学校の部活やスポーツ少年団にそれらが顕著です。スポーツ振興や後進指導を科学的に実施しようとしていません。
    サッカーはまだ良いほうでしょう。Jリーグの百年構想があり,クラブスポーツや全国の学校の校庭・園庭の芝生化の応援や指導者育成もその一環としています。そのJリーグですら,色々と模索し,まだまだです。しかし,ここ数回のワールドカップに常連の如く出場できているのは,その成果と言っても良いのではないでしょうか。

    方向としては,
    ・学校の部活は廃止
    ・公的,もしくは同等な指導者育成システムの確立
    ・公的,もしくは同等な組織によるスポーツ組織運営
    ・無資格,素人による監督・コーチ,組織運営の禁止
    ・スポーツサイエンスへの文教予算配分強化

    なお,部員が多過ぎてコートを確保できないという意見もありますが,少な過ぎてチームを構成できないという学校もあります。単に,できない理由をトピ主にぶつけても仕方がありません。

    ユーザーID:0737258120

  • よしかさん

    トピ主です。レギュラー固定の理由はそう言う事なのですか? 子供を預ける以上、しっかりした指導者に見てもらいたいと思いますが、見極めは難しいですね。本当なら、日本の暗い現状ですね。。どうにかして変えたいけど、どうしたら変わって行くと思います?

    ユーザーID:8438553783

  • 傍流さん

    トピ主です。そうですね、部活は廃止すべきですよね。スポーツを精神修行にしてしまうのは。。野球や他のスポーツはもっと酷い状況なのでしょう。自分が学生時代、いい思いをしなかったコーチが仕返しをしてるようにしか見えません、残念ながら。今でも根性部活を支持する30ー40代親が存在するのかな?まずは親の意識を変える必要がありそうですが、これが難しいんでしょうね。世界的に見たら、完全な補欠が、例えば有名校で学業捨てて甲子園目指すレギュラーのサポートするなんて理解出来ないですよ。。どうやったら変わるのか。。土日一日中練習って、コーチが暇か、その後のビールを楽しみにしてるだけでしょう。子供第一ではないのは明らか。それが、あたり前と思っている親御さんがいたら気付いて欲しいです!

    ユーザーID:5243249670

  • 変わる方法…

    そうですね…ちょっと考えつかないですね…

    可能だとすれば、日本で超有名なアスリート(羽生結弦や大谷翔平レベルの)が、引退後に大々的にキャンペーンでもやってくれれば、すこーしは変わってくるかもしれません。

    ユーザーID:0243948836

レス求!トピ一覧