• ホーム
  • 話題
  • 金魚がサーモンになると信じてしまった息子

金魚がサーモンになると信じてしまった息子

レス62
(トピ主0
お気に入り66

生活・身近な話題

ゆうぺ

はじめまして
先日息子に、金魚って大きくなったらなにになるの?と聞かれ混乱してしまった私は「お刺身で食べたりするサーモンになるよ!」と教えてしまいました。
以降、息子は金魚の水槽の前で「早くサーモンになーれ」などと言うようになってしまいました。
私としても今更やっぱり金魚はそのままだとは言えず、毎日水槽を眺める息子を見るたびもやもやします。
どうすれば息子に金魚はサーモンにならないと気づいてもらえるでしょうか?

ユーザーID:0415357232

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数62

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 嘘を教えちゃいかんよ

    それ信じて、誰も訂正されなければ、ずっと信じたまま育ちますよ。
    大人になり「金魚が大きくなるとサーモンになるんだよね?」と言って恥かくのはお子さんですよ。

    金魚が大きくなっても金魚だよ。
    小さい金魚も大きくなるけど、フナにはなれないよ。

    正直に教えることです。金魚見た時でも、「ママね間違えちゃった。金魚が大きくなったらサーモンになるって言ったよね?あれ、間違いだった。ごめんね。金魚が大きくなっても金魚でそのまま大きくなるだけだって
    金魚を飼っている人が教えてくれたんだよ。」と本当のことを教えましょ。

    ユーザーID:2423182047

  • 私ならこう答えます

    「金魚がサーモンになるには、川を一生懸命遡らないといけないのよ」
    そう言って、動画サイトか何かで鮭の遡上の画像を見せます。
    それを見て「だったら金魚を川に放す」と言い出したら、「それはいてはいけない事なのよ」と言って、ペットを自然界に放つ事の違法性を説いて聞かせます。(幼児でも、捨て犬や捨て猫をするのがいけない事だというくらいは理解出来るでしょうから、「捨て金魚もしちゃダメなの。やったらおまわりさんに捕まっちゃうよ(事実)」と言えば納得するでしょう?)

    ペットの金魚はサーモンにはなれない。
    お刺身で食べるサーモンは、野生のサーモンなの。

    野生とペットの違いについては、「人と一緒に暮らしてる動物がペット(厳密にはペット以外にも家畜とか色々あるのですが)。人と一緒に暮らしてないライオンとかは野生」と教える。

    とりあえずこれでサーモン問題は解決。
    あとは息子さんが学校できちんと勉強すれば、大人になった頃には「子供の頃金魚がサーモンになると信じてた」と笑い話になっているでしょう。(万一ならなかった場合は、トピ主さんの責任というよりは、きちんと勉強しなかった息子さんの自業自得です)

    ちなみにレスをしている私自身は、子供の頃金魚が大きくなったら金目鯛になると思ってました(笑)
    学校で海の魚と川の魚の違いを理科で習って誤解は解けました。

    ユーザーID:5098400992

  • いやそれは訂正しなよ

    「ごめん、お母さん間違ってた」
    ってちゃんと言って、
    訂正すりゃいいじゃん。

    金魚は小さいけどこれでちゃんとした大人だよ。
    鮭は、全然違うお魚なんだよって、
    できれば鮭が生まれて海に下ってまた川を遡上してきて産卵する画像でも見ればいいじゃん、
    結構鮭画像はあると思うよ。

    ユーザーID:4160781158

  • PCで

    画像を見せて上げて下さい。

    私もかっこ悪いですが 

    夜店ですくう金魚(ヒラヒラのない)

    大きくなると緋鯉になるとずーーーと思ってました 

    50歳位の時知りました。

    ユーザーID:7136931185

  • 早く白状すること

    お友達に話してしまうと笑いものですよ。
    早く白状してください。


    あああ、ごめん!金魚はサーモンにはならないんだって!
    図鑑にのってた!!鯉になるのかな?色似てるよね?
    サーモンってこんな魚なんだって。

    ということでいいんじゃないですかね?
    勝手に気が付くまで待つのは・・・・どうかな。

    ユーザーID:4436326919

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 正直に言いましょう

    ママ間違えた、って言いましょうよ

    子供が外でいったら、恥が大きくなりますよ、、子供相手の恥のうちに正直に訂正するのが一番です

    でまかせで嘘を教えるのはやめましょう、、それから正直になって間違ったらごめんなさいということを教える機会にもなるでしょう

    自分の嘘を糊塗したままにしたいというあなたの狡さが親として最低だと思います

    金魚は環境によって大きさが変わるので
    大きい水槽で飼うと2,30センチの大きさになる
    可能性があることを教えてあげては?

    ユーザーID:0934477974

  • ママ、間違えてたよぉ〜!

    いた!いた!
    私の同類が…(爆笑


    私なんかも、色々子供に間違った事教えちゃったりしてますが
    気がついた時には
    「ママ、また間違えてたよぉ〜!」と自ら大声で報告して、
    子供に「またぁ?」とか笑われたり、
    まじめになんか言っても「ママだから、信じていいのか迷う」とか言われたりしてます

    それでもって
    子供といっしょに、ネットなんかで真実を勉強したり…
    (ネットがある時代でよかった…しみじみ)



    まあ、いいじゃないの?
    大人だからって、いっつも正しいわけないもんね(笑
    と言い訳…

    ユーザーID:6398298069

  • 教えないと

    魚の図鑑でも水族館でも、金魚屋さんでも、本物見せないと。

    せっかくお子さんが興味があるのに、もったいないですよ。金魚は金魚って教えないと、お子さんは他の人に聞いたらショックだし、園で他の子に、言ったりしませんか?

    お母さんも適当ですね。
    金魚は大きくなっても金魚でしょう。

    ユーザーID:5156893857

  • サーモンの稚魚を

    サーモンの稚魚を見せてあげて金魚と違うことを解らせる。
    というか本当のことを伝えるだけでいいと思いますが。
    もちろん嘘ついたことは謝るんですよ。

    ユーザーID:7688652020

  • 訂正すれば?

    お子さんがサーモンに拘って外でも言いそうなら「お母さんの勘違いだったの。よく調べたらサーモンにならないんだって。」で訂正する。

    幼稚園に行くようになって友達に言って嘘つきよばわりされる可能性もあります。

    変に嘘を重ねるより傷は浅いです。

    >どうすれば息子に金魚はサーモンにならないと気づいてもらえるでしょうか?

    もしあまりこだわりがないようなら、時間が経てば自然と気づくので放っておく、でしょうか。

    消極的解決法ですが、北海道にある鮭の水族館施設のような場所につれて行って生態を知ってもらうとか。
    さすがに金魚じゃないと気づくでしょう。

    水槽を大きくしてずっと餌を与える(満腹中枢がない)と十年もすればかなり大きな金魚になります。
    色がさめてきたら色素の入った餌を与えると発色がよくなります。
    サイズだけでもサーモンに近づくよう頑張ってみますか。

    中国の登竜門のように鯉が竜になるような例えもありますから、お子さんがこれをきっかけに魚に興味を持って専門家になり金魚がサーモンに化ける日がきたりして。

    ユーザーID:0434082037

  • 放置

    成人式までには自分で気付くでしょう。もしも息子さんが既に成人した年齢ならば、しかるべき専門家に相談することを勧めます。

    ユーザーID:8878920397

  • 嘘を貫き通す

    「サーモンになるには1mぐらい成長しないといけない。10年はかかるね。」
    と言う。

    その頃には、真実を知ります。

    ユーザーID:1609760814

  • 間違えちゃったと言えば良い。

    「ママ、間違えちゃった!サーモンにはならないって。ごめんね。」
    と言えばいいでしょう。
    ママだって、間違えることはあります。大事なのは、親も、間違えたら素直に謝ること。間違いに気づいたら、すぐに訂正すること。
    間違えて「ごめんね」と言うママを見て育てば、お子さんも自分の間違いをすぐ謝ることが出来る人になりますよ。さらに、他人の間違いも「よくあること」として許せる人に。

    金魚は、生物学上はフナの仲間です。突然変異などで色が鮮やかなフナを掛け合わせて、金魚の原型になり、さらに改良して今の金魚になったそうです。
    お祭りなどで売っている種類の金魚(和金)は、フナに近い種なので、大きく成長するとフナっぽく見える事もあります。飼育場所や餌によっては、色の鮮やかさが失われる事もあり、余計に。

    たしかに、お祭りで息子がすくって来た金魚4匹のうち、3匹は数日で死んでしまったけど、1匹だけすごく丈夫で、水換えしても気温が変化してもピンピンしている金魚が生き残りました。数年経ち大きくなるにつれ、なんかフナっぽくなりました。原種に近かったから、丈夫だった?いや、まさかー。

    ユーザーID:0483230911

  • えー

    なんでそんな嘘つくの?
    混乱するのがわからない
    金魚は金魚でしょ。

    ごめんね、ママわからなくて間違えてたみたい。
    調べてみたら、金魚は大きくなっても金魚なんだって。
    って言えばいいだけじゃないかな。

    ユーザーID:8461830713

  • あながち間違ってはいない。

    金魚はもともと鱒(マス)を品種改良した魚です。

    そして鱒はサケ科の魚で、普段食卓に上る鮭はシロサケ、それ以外のサケ科の魚は〇〇マスと呼んでます。

    つまり、大きな違いはない。

    なので、金魚が成長(上手く育てれば、体長10cm以上になるのもいるらしいです)すれば、ほぼ鱒と呼んで良いと思います。が、味はまずいらしいです。

    ちなみに、サーモンと呼ぶ場合は海で育った魚(シロサケ)を指すらしいので、

    「おかーさん間違っちゃった。金魚は大きくなると鱒になるんだって」

    と言って、ついでに鱒と鮭、鮭とサーモンの違いについて一緒に調べてみられたらいいんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:2189300943

  • レスします

     私だったら、図鑑を取り出して、金魚は金魚のままだって!知らなかった! 
     子どもに、文句言われたら、知らなかったから仕方がない。で、済ませます。

     私は、好き嫌いが多い息子に、いろいろウソをついていました。なので、真実を知らないまま、外で言ったら可哀想だなと思いつつ、嘘が多すぎて、覚えてもいないので、訂正できません

    ユーザーID:2337983276

  • いつまで信じるか傍観する。

     サンタクロースの存在をいつまで信じるかと一緒だね。

     私なら面白いから黙っています。

     その内、気づくと思うよ。

     っていうか、なぜサーモン?

     金魚って、でかくなるらしいよ。

     

    ユーザーID:0301243299

  • 三浦 朱門 の 教育法

    藤原正彦 著 『日本人の矜持』(新潮文庫)
    を 読んでみてください。

    藤原正彦 と 曾野綾子 の対談の中で、
    曾野綾子が、夫 三浦 朱門について
    語っています。

    三浦 朱門は 子供に嘘を 教えるそうだ。
    例えば、
    子供が4歳の頃、
    『 かまぼこって どんな魚か 知ってるか?
    あれはな、海に板を投げておくと、怠けもの
    だから、その上にべたべたとのっかるんだよ。』

    曾野綾子 によると、
    人を疑うことを教えるためだそうで、
    これには 藤原正彦 も賛同しています。

    賛否両論がありそうだけど
    なんだか 愉快ではないか。

    金魚がサーモンになる、、なんて
    誰でも知っていることでしょ。

    ユーザーID:4483666998

  • パパの出番

    パパに訂正してもらいましょう。
    お子さんとトピ主さんがいる前で、パパが「金魚はサーモンにならないよ」と説明。
    トピ主さん「そうなのー?ママ知らなかったーパパって物知りねー」

    これでママはウソツキにならずに済みパパの株も上がる。
    一石二鳥。

    ユーザーID:0667745583

  • なかなかサーモンにならないね。

    「ウチの金魚さんはサーモンにならないね。お母さんが間違ってかも知れない
    から金魚さんが大きくなったらどうなるのか調べてみない?」

    とネットで検索してみたらどうですか?
    もしも、サーモンにならないと(いや…万が一にもならないが)息子さんに解ったら

    「お母さんも知らなかった。嘘を教えてしまったみたいでゴメンネ。
    息子ちゃんのおかげでお母さんも一つ賢くなったわ。」

    とでも言っておけば良いでしょう。
    親(大人)だって間違いは起こす事を教える良い機会でもあるんじゃないですか?

    私は、近くの大きな池(有名な池)に亀に見えるものは『すっぽん』だと信じてて
    主人に笑われた(すっぽんなら盗まれてるだろう)事がありますが、その後、新聞
    に、その池のすっぽんが壊滅状態で捨てられた亀が多くなってるという記事を見て
    「やっぱりそうじゃん。昔はすっぽんだったんだよ」と言った事はあるが。
    金魚は間違ってもサーモンにはならないし…間違いは早く正した方が良いよ。

    ユーザーID:0507851339

  • 気持ちはわかるけど。

    訂正した方がいいと思います。
    お母さん勘違いしてて、調べてみたら違ってた、ごめんね。
    とでも言っておいたらどうでしょう。

    金魚、上手に飼うと、けっこう大きく育つみたいですね。
    金魚であることに変わりはないですが。

    正直に言うのが一番だと思います。
    実の親ですし。
    信頼関係にもつながってくるかもしれないし。
    息子さんが他所で喋って、嘘つき呼ばわりされたりという可能性も。


    私も、子供の頃に伯父に騙されてた事柄がありましたが、
    大人になってよくよ考えたらそうだなって感じでした。
    重大なことではなかったし、何も問題はないのですが。
    言った本人はもう覚えちゃいないのに、
    言われた方は記憶してるということもありますよ。

    ユーザーID:7910819234

  • おもしろい。

    ウチの中学生息子が小さい時、「ティー(実家の巨大なキジトラ猫)はいつかトラになるんだよ」って教えたらずっと信じてたみたいです。残念ながらティーはトラにならないうちに死んでしまったのですが、息子は今でもキジトラ猫を見ると「ティーはトラにならなかったねー」ってニヤニヤしながら言います。「もうちょっと長生きしたらなってたよ、きっと」って言ってますが。

    息子さん、いつか自分で気づくか、どこかで笑われちゃうかってことになるでしょうけど、まあ、いいんじゃないでしょうかね、信じさせといても。大問題になるわけでもないでしょうし。いつか「ママにいっぱい食わされた」って笑ってくれると思います。

    ユーザーID:1116487617

  • 「メダカが大きくなるとクジラ」の間違いだったと訂正

    >どうすれば息子に金魚はサーモンにならないと気づいてもらえるでしょうか?

    そりゃ、あと3年くらい放っておけば自然に気付きますよ。心配は要りません(笑)。

    ユーザーID:9824876454

  • 謝る

    普通にお母さん間違えてたよ。
    ごめんね。と謝りましょう

    親子のコミュニケーションは、子供にはお手本になるんです。

    間違いを認めて謝る。事を行動で示すコミュニケーション以上に、素晴らしい教育、躾はありません。

    子供は人間です。 自分のコミュニケーションも問われたり、考えさせられる学びが子育てから得られます。

    一緒に成長するのが親子です。

    ユーザーID:1053256886

  • 「ごめん、ママが間違ってた」

    なぜ、正しい知識を教えないのですか?

    混乱するほどの質問ですか。
    金魚がサーモンになるなんて誰も思いませんよ。

    大人だって、親だって、間違えた時は「謝る」これが教育です。

    ユーザーID:0154177068

  • その昔、

    「めだかの兄妹」という歌が流行ったときに、
    めだかは大きくなったらコイになったりクジラになったりすると信じた子どもが続出したそうですよ。
    (歌詞を最後まで聞けば間違いがわかるのにね)

    このムーブメントに比べれば、トピ主さんのでまかせなんて小さい小さい。
    そのうち息子さんが自分で気づきますよ。ほっときなさい。

    ユーザーID:5902897787

  • 嘘を教えてはいけない

    そもそも何故そんな嘘を言ってしまったのか理解に苦しみます。
    嘘つく必要性が全くないでしょ。

    >「金魚がサーモンになるには、川を一生懸命遡らないといけないのよ」

    なんていうレスがありますが、それは嘘を重ねることになります。
    「一度嘘を言うと、隠すには嘘の上塗りしかない」という良い教訓にはなりますが、お子さんのためにはなりません。
    ここは素直に間違いを認めて本当のことを言いましょう。
    間違いは誰にでもあります。

    ユーザーID:9067254243

  • そんなに難しい事?

    「おかあさん、この前金魚はサーモンに、なるって言ったけど、あれ間違えてたよー。金魚は金魚。サーモンはまた別のお魚だったよー。ごめんごめん。」

    で、済む話では?

    子供に、間違わない親の見栄はりたいてすか?
    それとも母親が間違った事をネチネチと責めたり馬鹿にするような息子さんなんですか?

    金魚とサーモンになるお魚は、こんなに違うんだね
    と図鑑でも見ながらいい勉強にもなるでしょうに。

    ユーザーID:0572780733

  • いいんじゃない?

    私も金魚は鯉になる派で。。今でもうっすら信じてます。

    なので、娘には、お祭りで「金魚は育てると鯉になっちゃうから、すくっても貰っちゃダメ!」と言ってたんですが、
    去年の夏ついに娘が金魚すくいの金魚を持ち帰ってきてしまったのでしょうがなく育ててます。

    案の定、ものすごく健啖家で、家にあったメダカのエサで育てたら、この冬まででもう来た頃の倍になっています。
    このままいくと、数年後には鯉になると思います。

    ほらね!もうこんなに大きくなっちゃったでしょ!と娘を諭していますが、
    今後どんな鯉になるか楽しみです。

    いいんじゃないですか、そういう夢をもつっていうのも。
    育て甲斐があるというものです。

    ユーザーID:7095193556

  • モヤモヤしてる場合か

    間違いを認めることも、しつけです。

    「ごめんね、金魚はサーモンにならないんだって。ママ間違えちゃった」と正直に打ち明けることで、お子さんは「間違ったら謝る」ことや「間違ったら直せばいい」ことを学びますよ。

    このまま放置して、お子さんが「金魚はサーモンになるんだよ」とお友達に話したら、お子さんが「違うよ」「変なの」「嘘つき」と言われてしまいます。

    その経験は「ママの言うことを信じちゃいけない」「間違ったらひどい目に合う」という歪んだ認識を生むでしょう。

    図鑑でもいいし、ネットでもいいから、正しいことを教えてください。

    ユーザーID:7191501676

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧