校正者のいない制作会社

レス11
(トピ主0
お気に入り35

キャリア・職場

すもも

制作会社勤務、デザイナーです。
先日雑誌の仕事で立て続けにミスをしてしまいました…
もうベテランといわれる年齢なのに情けなくて、心が折れそうです。

最近は自分で何回見ても、気がつかず
初めて見た人に指摘されて発覚するパターンが多いです。

また、ミスを防ぐはずのダブルチェックや、校正者が私の会社にはいません。

以前いたのですが、経費削減のため解雇してしまい、制作した者が見て入稿するということになってしまいました。


自分で作っているとどうしてもミス気がつかず、毎回ヒヤヒヤしてしまいます。

ミスを減らす努力や、校正スキルを磨けばいいのですが、作ることに集中してしまいます…


完全に愚痴になってしまいました…
制作会社勤務の方、セルフチェックのみの場合、どのように気をつけて制作や校正をされていますでしょうか?

ご意見お聞かせください。

ユーザーID:1025322425

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 別の目は必要

    自分で作っていて自分で校正は無理があると思います。
    デザイナーも制作(テンプレートに原稿などを流し込んで用字用語やてにをはのチェックをして編集部とやりとりして入稿まで)もやっていましたが、さすがにデザイナーの時は編集や広告か販売担当者もチェックしていました。自分じゃなかなか難しいですよね。

    せめて同僚にチェックしてもらうことはできませんか?
    というか「初めて見た人に指摘されて発覚」が情けないというのもごもっともですが、初めて見た人にチェックしてもらうことこそが大事なので、そうするしかないと思います。あるいはすももさんの上司。

    うちの会社で一番チェックが多かった時は
    編集部内でチェック済みの原稿ができる、
    デザイナーが確認しつつ作り、
    制作チームが上記の通り用字用語などチェック、
    制作チームの部長が念のため眺め、
    編集部に戻して担当者と上司がチェックまでで初校が一回り、
    その後同じように再校が出て編集長が確認して
    うちから入稿していました。
    が、ここまでやっても時々印刷会社の担当者から「間違い発見」と連絡をいただきました。

    ですので、お一人では大変すぎると思います。
    なんとか解決できますように。

    ユーザーID:2915313784

  • 分かります

    私は以前は校正メインの仕事をしていましたが、編集メインに仕事内容が変わったら校正が甘くなってしまいました。
    制作過程で何度も何度も見ているせいで、かえって間違いに気づかないんですよね。

    初見の人にミスを指摘、とありましたがそれは当然で、初見の方が思い込みも先入観もなくニュートラルに読むことができるのでミスに気付きやすいんです。
    アドバイスとしては、もし同時並行していくつも仕事を抱えているのであれば、制作したものを即校正するのではなく、間になにか違う作業をして、意識と気持ちを切り替えてから改めて見直すといいですよ。
    作ってすぐだと中身が完全に頭に入ってるので、間違いがあっても正しい姿に見えてしまったりすると思います。

    あとは何度も目を通す時間があるようなので、時々はミスをなくすぞ! と気合を入れて読むのではなく、一読者として読むような心構えにしておくと、目線が変わっておかしなところに気付きやすいです。

    ユーザーID:5001549842

  • ひたすら慎重にやるしかない

    余裕を持って制作し、
    作ったその日ではなく
    翌日にチェックすることです。

    作った本人には
    どうしても『出来てるはず』
    という思い込みがあります。

    一晩あけることで
    多少は思い込みから
    解放されます。

    ミスして大事になるポイントは
    わかっているはずです。
    重点的に見るようにしましょう。

    ユーザーID:8014042005

  • お察しいたします。

    胃がキリキリしますよね。
    何度見返しても不安ですし。
    私は今まで校正者がいる会社に勤務した事がありません。

    2度だけ、書籍の仕事をもらい担当した事が有りますが
    そのとき、きちんとした校正を受けたのが初めてだったので
    驚いた事が有ります。安心感がありますよね。


    制作の人間は客観的になれないので
    ミスしてしまいがちですよね。
    私は社内の人に少し時間を裂いてもらいます。
    どちらかが読み上げ、片方が校正をするように。
    協力してもらえないでしょうか?
    無理ならご自分で声に出して読む。も有効かも・・・

    あと、当たり前のことですが、絶対にミスしてはいけない所、
    大事な所※はペンで別途、大きく書いたり丸で囲むったり
    蛍光ペン(フリクションが便利ですね)を使っています。

    ※読みこまなくても、見て瞬時にわかるように

    例えば、1,000円→1,500円 に変更があった場合、
    別途大きく1,500円 丸囲み+修正日 を記しておくとか

    文字原稿にも上記のように、大事な箇所は
    別途書き出して「読まなくとも見てわかるように」しています。


    電話番号とか価格のミスは、一大事ですからね。
    苦い経験、ありますよ・・・

    ユーザーID:5822536102

  • 同業者より、お疲れ様です。

    私の勤め先も以前は校正係がいたのですが、転職した先は居らず…最初は驚きました。

    どんなに注意をしていても、やはり自分自身で校正するとなると、漏れが出るんですよねぇ。
    これで何度痛い思いをしたことやら。
    製本後に仕上がりを見るのは恐怖でしかないですし、万が一発見した時には胃が痛くて眠れません。
    しかも意外と細かい箇所ではなく、目立つ見出しとかで謎の間違いがあったりします。

    時間よ、戻れ、面付けする前にーーー!なんて思っても遅し。
    既にウン千部刷り上がって、製本されて…。
    折角出来上がったのに、間違えたので短納期で作り直して下さいませ、なんて。
    逆の立場なら『はぁ?!』ですよね。。
    でもこれはマシな方で、もしクライアントに指摘されるところまで行ったら、それこそ夜は寝れません。。

    こればっかりは、やはり他者の新鮮な目でダブルチェックが一番です。
    無理ならば、一句ごとの赤ペンチェック。
    済みのところにチェックつけながら、原稿と睨めっこです。
    そして、画面、プリントアウト、本刷り(製本前)媒体を変えてチェック。
    自分で見ると思い込みでスラスラ読んでしまうので、文章ではなく単語として見る。

    とはいえ、制作時間に付きっきりで校正時間も中々取れないですよね。
    お互い頑張りましょう。

    ユーザーID:2562772392

  • 時間があれば

    1日でも数時間でも、時間をおいてから見るとミス発見率が上がる気がしてます。
    でもギリギリの場合だと難しいですよね。

    私はデザインではなく、原稿制作の方ですが
    自分のミスに気がつきにくいのは本当によく分かります。あれ、何なんでしょう。
    人の誤字や塗り残しなんかは結構すぐ気がついたりするのに。

    こちらは個人なので、文字関係の校正は版元さん頼りな部分も多いです。
    勿論自分でも気をつけてますが、分量が多いほど、限界もありますし…

    会社でしたら、上司や同僚の方にチェックをお願いするわけにはいかないでしょうか。

    ユーザーID:0838178821

  • 経験を積むしかないですが

    ハンドルネームのとおり公務員の端くれで、校正は本業ではありません。
    他人様の原稿を校正する機会が多いので、素人なりのアドバイスをします。

    まず、すもも様のトピ文を校正してみますね。

    2行目と11行目 → いずれも、文末の「。」が落ちています。

    6行目:ミスを防ぐはずのダブルチェックや、校正者が私の会社にはいません。
    → すこし文章を修正するとよいと思います。
    【修正例】私の会社には、ミスを防ぐはずのダブルチェックのシステムがなく、校正者もいません。

    9行目:…どうしてもミス気がつかず、…
    → 「ミス」と「気がつかず」の間の「に」が抜けている

    いかがでしょうか。私のような素人が見ただけでも4か所あります。

    すもも様、もしかしたら、画面の上だけで確認していませんか。

    作業中の「デザイナー」の立場からいったん離れてみましょう。
    紙に出力し「校正者」の立場で確認してみるのです。

    色の異なるボールペンを使い、1度目は赤、2度目は青、3度目は緑…というように、数回確認してみることをお勧めします。
    見直すたびに修正箇所が見つかるものです。


    高校時代、ほんの1年程度ですが新聞部に籍を置いていました。
    当時はパソコンなどなかったため原稿は手書きで、誤字・脱字があれば「明日までに書き直してきなさい」と言われたものです。
    印刷所に原稿を持ち込んだり、ゲラ(校正用の印刷物)のチェックをしたりもしました。
    おかげで文章を練る力が鍛えられたように思います。
    今はパソコンでチョイチョイと修正できるので、ありがたいことです。

    私は、発言小町にレスをする時も、何度も見直し修正してから送信します。


    一人二役でお忙しいとは思いますが、頑張ってくださいね。

    ユーザーID:5922921031

  • 校正の練習はいつでもどこでも

    新聞・雑誌・書籍・広告
    テレビのテロップや海外ドラマの字幕
    CDジャケットの歌詞やクレジットなど

    これらを漫然と見るのでなく、意識的に読むようにしてはいかがでしょう。
    意外と誤字・脱字が多いことに気付きます。

    プロでも間違えるのです。
    プロでない私たちは、日ごろから活字を読む時も意識して読むようにし、校正も数をこなして経験を積むしかないと思います。

    あとは、活字を読むことを厭わないのが大事です。

    親が教育熱心でなく、本を買ってもらったことがなかった私は、活字であれば、大人向けの雑誌やスナック菓子の袋の裏もむさぼり読んでいました。

    国語の成績は良くありませんでしたが、校正する上では役に立っています。

    ユーザーID:5922921031

  • 一人では無理です!

    私は翻訳者ですが、自分が訳したものを読み直してミスを見つけるのは難しいです。何日も寝かせてから再読すればエラーが見つかるかもしれませんが、そんな時間は取れません。だから翻訳の後にレビューアや校正担当者が誤訳や誤字脱字をチェックするんです。私がレビューを担当することもありますが、ベテランの翻訳者だって間違えたりします。

    経費削減もわかりますが、それで品質が落ちてしまったら問題だと思うんですが・・・上司に伝えられませんか?無理そうなら、せめて社内の他のスタッフにチェックしてもらう必要があると思いますよ。落ち込まずがんばって。

    ユーザーID:0297297647

  • プリントアウト、画面校正はデザイン

    数年前迄大手印刷会社グループのCディレクター
    やフリーランスもしてた時期もありました。
    プロダクション会社に10年間は関わってはいました。
    雑誌、カタログ、政府、企業マニュアル他経験者。

    出来れば会社の権限ある人に

    ・校閲や校正代金をデザイン料金以外に追加して外注発注するべき。
    ・印刷会社に印刷予算以外に校閲や校正をお願いする。(責了の場合)

    制作会社内部校正は完全原稿のデーター迄。

    ・クライアントの校正箇所はプリントアウトした原稿に赤ペン
    で書いて貰う。又は校正者やアートディレクターやクリエイティブ
    ディレクターやコピーライターに赤で校正して貰う。

    ・クライアント別に校正用語虎の巻をエクセルで作る。
    例えば、行う、行なうのどちらを使うのか?締切、〆切とか。

    ○トピ主が直したらその原稿に青で丸をしてプリントアウト。
    そして、赤と青入れした原稿の上に、訂正した新しい原稿を下に
    重ねて上と下の原稿をパラパラと比べて下さい。

    直ったか直らないかが一目で確認出来ます。

    グラフィックならばイラレの場合はレイヤー
    全部を見て下さい。拡大してゴミ取り。

    インデザインはデーター校正前のデーターが更新されないで残っている事
    が多いからページ数が多い冊子は最後はプリントアウトして浸すら前回と
    確認する事。文字校正はプリントアウト、印刷も校正刷り以外に無いです。

    他にアクロバットで使ってPDFで校正もあるが雑誌ならば
    必要無いと思います。

    プリントアウトして校正直し原稿は常にキープして最後に
    専門校正者に渡すと本当に間違いがないです。

    私も印刷輪転機工場に直接持っていくデーターを皆んなで徹夜して
    直した経験あるから慣れたらどうにか大丈夫です。

    ユーザーID:1888519023

  • 仕事なんだから

    とにかく間違いはマズい。
    まず、誰かを巻き込んで読ませる。
    難しい「校正」といわず、とりあえず目を通してもらう。
    (常識ですが、作った人間が「文章として」読んでも間違いは見つかり難いものです。まっさらな目で、ただの文字(時には記号)として見てもらう事が大切なのです)
    私はできたものはプリントアウトしてデスク上において置き、昼食をとりながらでも何気なく「見る」ようにしていました。
    例えですが、「目の端で見る」のがコツです。
    あと、普通間違えてまずいのは数字です。
    住所、電話番号、価格等絶対に違っていてはならない部分は集中的に確認しましょう。
    他の誰かに読んでもらって自分は目で追うようにふたりですると効果的なんですが。
    ダブルチェッックはムリと言っても、間違いが多くて仕事を切られる方が問題ですよね。
    なんとかなりませんか?

    ユーザーID:8763591219

レス求!トピ一覧