ペットが星になりました

レス9
(トピ主1
お気に入り26

生活・身近な話題

ひとみ

19歳女です。初投稿ですが思いをうまくまとめられず、長文ではございますが、どうか温かい目で読んでいただけると幸いです。

先日、愛する家族であるメスのゴールデンハムスターがお星様になりました。
ハムスターを飼うのは初めてだったのでとてもうまく飼育したとは思えませんが、愛情は他の誰よりもたっぷりと注いだ自信があります。本当に本当に愛しくて大切で仕方ありませんでした。

私が仕事に行っている間に彼女は星になりました。
冷たくなった体は硬直こそしていたものの、毛の柔らかさは生きていた頃と全く変わらず、彼女を抱いて声が枯れるほど泣きました。泣き声に驚いて飛び起きた彼女が指を噛んでくれるのではないかと思いました。ただただ泣きました。

翌朝、庭の芝生の一角を掘り起こし、そこに彼女を埋めました。柔らかく白い見慣れた姿が段々と土で見えなくなっていくのがたまらなく辛くて、もう触れられないと思うと悲しくて、私はまたたくさん泣きました。

一日経った今日も、部屋に残されたからっぽのケージを見ては胸が潰れそうになり、彼女を埋めた場所はつらくて見ることができません。彼女を思い出し辛くなるのでハムスターの画像も見られません。

私は今をどんな気持ちで乗り越えたら良いでしょうか。また新しくペットを迎えたいという気持ちになることはできますでしょうか。

拙い長文を最後までお読み下さり、本当にありがとうございました。

ユーザーID:1432238395

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • なるべく早く次の子を迎える

    友人はワンコを亡くした1週間後には、亡くなった子と同じような赤ちゃんワンコを迎えました。
    悲しい気持ちは変わらないけれど、とにかく今ここにいる赤ちゃんワンコを育てなければならない忙しさで、いつの間にか心が癒された行ったようです。
    亡くなったワンコとしっかり向き合えたって言っていました。

    別の友人は年齢の違うニャンコを3匹飼っています。
    もし1匹亡くなっても悲しむ暇がないようにって言っていました。

    いろんな考え方があるけれど、亡くなった子を悼んで悲しむ気持ちと、あなたが前を向く事は切り離して考えた方が良いと思います。

    ユーザーID:9934055742

  • 泣きたいだけ泣きましょう

    大切な家族を亡くしたと同じくらい辛いでしょう。

    泣いてください。
    私も昨年11年暮らした愛犬を亡くしました。柿の木の下に埋葬するとき、犬小屋を壊して焼却するとき涙が止まりませんでした。

    ハムスターもそこまで愛されてさぞ幸せだったでしょう。
    新しくペットを飼おうと思うったら、前のペットを裏切る気持ちが出るかもしれませんが、あなたのような人に飼ってもらえるペットは幸せです。

    またチャンスがあれば新しい家族を迎えてあげてください。

    ユーザーID:5872141695

  • 乗り越える必要はない

    乗り越えなくて良いですよ。
    大事な子を亡くしたのだから、いっぱい泣いて悲しめば良い。
    亡くなった子と出逢え一緒に過ごせて幸せだったと思える日は必ず来ますから。
    そして、又。新しい子と時間を共にしたいと思える日も必ず来ますよ。
    だから、今は、亡くなった子を想って哀しんで泣いて下さい。

    ユーザーID:8124068173

  • たくさんの愛情

    ひとみさん、辛い思いをされましたね。
    ハムちゃんのご冥福をお祈りします。

    年末、わたしも可愛い我が子を無くしました。
    小さな身体を火葬していただき、今お骨は彼のケージに置かれています。
    わたしもいつ涙が枯れるのだろうと思うほど泣きました。
    後悔もいっぱいあるけれど、時間が経つにつれ、涙が出ることは少なくなりました。

    私はまたいつか、うさぎを飼うかもしれません。
    彼が骨になる前に、またお母さんの所に戻ってきてとお願いしたからです。
    彼を家族に迎え入れた時と同じように、一目見たら彼だとわかる気がします。
    次はうさぎじゃないかもしれないけど、彼がバッタでも私にはわかると思います。

    ひとみさんも愛情だけは誰にも負けないほどハムちゃんに掛けてあげたのですね。
    一人で逝かせてしまった、もっとやってあげられることがあった
    そう想うのは愛情があったからだと思います。
    大丈夫、言葉はわからなくても、愛情は絶対に伝わっています。

    そしていつか、楽しかった思い出が心を満たしてくれます。
    またペットを飼いたいと思うは解らないけれど、ハムちゃんはひとみさんが新しい子を迎えるのを喜んでくれると思いますよ。

    ユーザーID:2435227650

  • 体毛や個別火葬

    ハムスターなら個別火葬という手もありますよ。


    私もすでに何匹か見送ってきました。


    金魚等は庭に埋めましたが、猫等は火葬してます。


    その中で私の年齢とお金面で個別火葬が出来なかった子達は体毛と爪を残して合同火葬。
    体毛と爪も残しさらに個別火葬したのが1匹です。この子は遺灰で手元にあります。

    体毛と爪は密閉できる瓶に入れて瓶自体に生年月日を油性ペンで書いてさらにほこりが入らないよう透明のケースに4匹分入れて保管してあります。横に写真も飾ってあります。
    今の所あと2匹分、同じ事をする予定です。


    最終的には全ての子達まとめて遺骨・遺灰ダイヤにしたいと思ってます。


    主さんも辛くとも辛さから逃げると辛さを引きずる時間が長くなります。
    私は手元に残して良かったと今でも思いますし、悲しくなってもそこに4匹分居るので悲しみが和らぎます。

    姿は消えても残す方法はありますよ。

    ユーザーID:3344004433

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 虹の橋

    私も、約10年前に愛犬を亡くしました。
    毎日毎日、泣きました。
    そんな私の、大きな慰めになったのは、「虹の橋」というお話です。
    以下、抜粋です。

    天国の少し手前に「虹の橋」と呼ばれている場所があります。

    この世界で生前、誰かと寄り添い、暮らしていた動物たちは、
    その命の灯が消えたとき、「虹の橋」のふもとへ行くのです。
    そこには、草原や丘が広がっていて、
    動物たちはそこで駆けまわり、
    ともにじゃれあって、楽しく遊んでいます。
    おなかいっぱいのごはんと、きれいなお水、
    そして優しい太陽の日差しに溢れていて、
    みんながそのあたたかな場所で、のんびりと暮らしています。

    動物たちが一緒に遊んで、駆けまわっていたある日、
    ある子がふっと立ち止まり、遠くを見つめていました。
    その子の目は、次第にキラキラと輝きだし、よろこびで震えだします。
    突然、その子は仲間から離れ、草原を飛ぶように走っていきます。
    速く、速く、それはまるで風のようです。

    その子の視線の先にいたのは、
    共に過ごし、愛し合い、寄り添っていたあなたでした。

    その子とあなたは、虹の橋のふもとで再び出会います。
    あなたは、愛するわが子を抱きしめ、愛情いっぱいにふれあい、
    二度と離れることはありません。

    あなたは満面の笑みで幸せにあふれたキスを受け、
    もう一度、愛するわが子を抱きしめるのです。
    そして、わが子の顔をのぞきこみ、見つめあっては、語りかけます。

    きみと別れてからの長い長い人生を、
    私は一生懸命生きてきたよ。
    その中で、きみを忘れたことは一度たりともなかったよ。
    やっと会えたね。

    そしてあなたたちは寄り添いあって、
    共に天国へ続く虹の橋を渡っていくのです。

    主さんの子も、うちの子も、虹の橋のたもとで待っています。
    そこでは、10年が1日で過ぎるというので、きっと1週間程で会えますね。

    ユーザーID:5271783787

  • 本当に悲しいですよね

    ハムスター飼育歴20年のおばさんです。

    ひとみさんの「本当に本当に大切で愛しくて」というお気持ちと、
    彼女が亡くなって悲しくてたまらないというお気持ち、
    本当に他人事でなくよくわかります。悲しいですよね…。
    そんなに大切にされ、可愛がってもらったハムスターの女の子は、
    きっととても幸せだったと思います。

    悲しい気持ちは、時間が解決してくれるのを待つしかないと思います。

    私も昨年7月、2年2か月一緒に過ごしたハムスター(金熊)を亡くしました。
    自分の庭を持っていないので火葬してもらい、すぐそばにいます。
    今もたびたび彼を思い出し、悲しいけれど懐かしくて愛しい気持ちになります。

    20年間で9頭のハムスター(すべて1頭飼い)と一緒に過ごしてきましたが、
    ハムスターって、一人ひとりみんな性格がちがうんですよ。
    威勢のいい子、臆病な子、おとなしくて抱っこを嫌がらない子。
    食べ物の好みやしぐさも、微妙にみんな違うんです。
    そこがまた、かわいらしくてたまらないのですよ。
    それから、話しかけたりして大切にするほど賢い子になる気がします。
    今はまだ、去年亡くした子の思い出と一緒に過ごしたいですが、
    もしまた新しい子をお迎えしたら、
    きっとその子も間違いなく可愛いだろうなと想像します。

    思い出してあげることが、彼女の供養になると思います。
    ひとみさんの文を改めて読み、涙がこぼれてしまいました。
    お互い頑張りましょうね。

    ユーザーID:1085514315

  • きっと大丈夫ですよ

    私も今年初めに長年を共にした愛うさぎが天国へ旅立ちました。
    いつかはお別れする時がくると分かってはいましたが、いよいよその時を迎えると、身を引き裂かれる程の悲しみでつらくてたまりませんでした。

    亡き殻は火葬してもらいましたが、もう永遠にあの温もりとかに触れられないと思うと悲しくてつらくて、自分はどうかなってしまうかもしれない、これからこの気持とどう折り合いをつけていけば良いのか分からなくなってしまいました。でも、とにかくしばらくは何も考えずに泣きたいだけなけばいいと思うようになり、流れにまかせていました。

    しかし、1ヶ月経った頃から徐々に気持ちが落ち着いてきて、ようやく以前の可愛い姿を写真で見れるようになり、楽しかった思い出にも浸れる様になってきました。時間が解決してくれそうです。

    私もそんな思いをうさちゃんを飼うたびに繰り返してきて、無事立ち直っていますので、きっとひとみさんも大丈夫ですよ。
    ひとみさんのその愛情はきっと天国にいるハムちゃんにも伝わっています。そしてひとみさんの心の中にも永遠にハムちゃんは生き続け、守ってくれると思いますよ。

    ユーザーID:6695741682

  • 皆様ありがとうございます

    初心者なのでレスで皆様に返信する方法がわからないので、こちらで失礼します
    投稿者のひとみです。

    エール等押してくださった皆様、レスをくださった皆様、何より私のトピを読んでくださった皆様に感謝の言葉も浮かびません。本当にありがとうございます!

    レスを一つ一つ読ませていただきました。どなたも愛に溢れていて、生き物をを愛する人は皆心が優しいのだなと、とても気持ちが温かくなりました

    ハムスターと別れ1週間ほどは毎晩泣いていましたが、今は不思議とまた会える気がしています。たとえ彼女がハムスターじゃない姿で現れたとしても。

    皆様の温かい心をおすそ分けしていただけて、私はとても幸せです!
    本当に本当にありがとうございました!!

    ユーザーID:1432238395

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧