娘に「毒親」と罵られて家を出ていかれました。

レス378
(トピ主1
お気に入り1,948

妊娠・出産・育児

Tamako

60代女性です。
私には20歳の一人娘がおります。
その一人娘が、先日私のことを「毒親」と罵って男の家へ出ていきました。
私は自殺を考えるほど思い悩んでいます。

私の母は「毒親」であったと自覚しています。
父は身体的に虐待をする人だったので以ての外ですが、母も一旦怒らせると「お前はダメな人間だ」と何時間もグチグチ言うような人でした。
それでも私は母に感謝し、母の介護をしています。

娘は長い不妊治療の末に産まれた子供でした。
私はこんな親にはなるまいと思って子育てをしてきました。
愛情を沢山注ぎました。

離乳食は手作りし、小学校に毎日送り迎えし、娘がいじめられた時は教育委員会にまで赴き、中学は私立に行かせ、弁当は毎日早起きして作りました。
自分の趣味の時間など持たず、全てを家事と育児に捧げました。
もちろん厳しいこともたまにはしました。
我が家では漫画やゲームを買うのは禁止で、ゲームセンターやカラオケにも行かせませんでした。
それを理由に娘はギャーギャーと騒ぐことがあったので、時には手も上げたりしました。
しかしそれは全て愛情あってのことです。
真面目で賢い人間に育ってほしいと思ってやったことです。

そして実際娘は非行に走らず、勉強のよくできる子供に育ちました。
「小中学生の頃漫画やゲームを取り上げてくれてありがとう。おかげで友達はできなかったけど、私は東大を目指せるくらいの人間になれた」と娘も感謝してくれました。

しかし娘は高校に進学後は精神病になって長い間苦しみました。
賢くなりすぎて周りの子たちと話が合わずに孤独を感じていたのだと思います。
私はそんな娘を応援しました。
「元気になって東大を目指すんでしょ?頑張りなさい」
何度も励ましました。

しかし20歳になった今、どうでしょう。
娘は男を作って家を出ていってしまったのです。
辛くてたまりません。

ユーザーID:9279614451

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数378

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
121150 / 378
次へ 最後尾へ
  • そっくり

    私は、娘さんと同い年です。
    私の親も毒親です。そして、そのまた親。私のおばあちゃんも毒親です。すぐに人の悪口ばかり言って、思い通りにいかないと泣いて、誰にでも最低最悪と言います。私にも。
    同じかはわかりませんが、そんな人達に育てられたら、自分が育てる時はそんなふうにはしたくないと思うのは本当に素晴らしいことだと思います。私もそう思います。
    あなたの娘さんを大切に思っている気持ちは、とても伝わってきます。
    でも、本当は自分でわかってるんじゃないですか?ちょっとずつ間違ってたことを。あなたは、自分で売った文章のなかで『友達は出来なかったけど』や『周りのこと話が合わず精神病』と書いてあります。友達がいない辛さや、その辛さを誰かと共有できないのがどれだけ辛いか分かってるんじゃないですか?だから、『勉強を応援するより、勉強なんかいいから遊びなさい』と一言言ってあげて欲しかったです。間違いは誰にでもあるし親も人間だし、親子だからといって気持ちが通じ合う訳でもないからそれは失敗ではありません。まだやり直せます。

    私はこう思ってます。
    毒親に育てられたら自分も毒親になってしまう。
    必然だと思ってます。
    普通の人の子育てより、どれだけ自分を客観視できるかが、ちょっとでも毒親にならない方法だと思います。
    自分が毒親にならないために、愛情を沢山注いだのに(娘さんからしたら縛られてた)、男を作って出ていった。こんなに私は頑張っていい母親だったのに。
    この考えは毒親の特徴だそうです。
    でも人間はみんなこんな考え方だと思います。親になる事は本当に難しいことだと思います。なので、私は諦めてます。今も祖母と母親と2世帯で暮らしてるのですが、こんな環境で育ったら自分も必ず毒親になると思っています。

    辛いのは娘さんも一緒です。
    お互いの時間を作ってみるのはいい事です。帰ってきたら優しく迎えてあげて下さい。

    ユーザーID:7757423573

  • いや、いつの時代も一緒よ

    主さん、現代の価値観って言いますが、違いますよ。
    いつの時代も一緒です。
    現代の子から漫画やゲームを取り上げるというのは、主さんの時代で言えば、親が放課後の鬼ごっことかくれんぼを禁止するようなもんです。
    鬼ごっごを禁止されている子がみんなの輪の中で迎えられましたか?
    裁縫や編み物を与えた、と言いますが、それは主さんの時代で言えば、鬼ごっこは禁止だけれどお琴ならやってもいい、という感じです。
    子供の遊びとして盛り上がりますかね?

    毒親というのは暴力・暴言をふるう親だけではありません。
    子供を自分の思い通りに支配する親も立派に毒親です。
    ちなみに、支配している方の親は愛情だと本気で思っています。
    娘さんは成長するにつれ、主さんの支配に気がつき、それにがんじがらめになったのでしょう。
    「母がしんどい」という話題になった本がありますが、この本の「母」と主さんはそっくりです。
    一度読んでみてはいかがでしょうか?
    お嬢さん側の考え方、とらえ方がよくわかると思いますよ。
    そしてこれを読めばお嬢さんが一度は示したという感謝が本心ではなかったというのが理解できると思います。

    ユーザーID:2902565231

  • たまこさんは、頑張りました。

    母親って哀しいですよね。
    親だって、いくつになっても完璧な完成形はないのです。
    人は幾つになっても未熟です。
    結果として たまこさんにとっては歪んだ子育てになってしまったとお感じでしょうが。
    たまこさんはご自身の出生の中で苦労されて、それでも立派にお嬢さんを成人させられたこと、それだけで十分です。
    ご主人が人生の中で もっと妻に寄り添い子育てをして下さっていたら、こんなに孤独な子育てにはならなかったかも知れません。
    ご主人の心ない言葉もたまこさんを追い詰めているのですよね。

    母親は、子供の、芽が出て、花が咲いて、結実するよりも前から、大事に土壌を慣らし土作りから精魂込めているのですものね。
    お嬢さんは たまこさんの思いを汲んで十分良い土台が出来上がっている筈だと思います。
    その思いはきっといつか人智の計り知れない時を経て お嬢さんに伝わって行くことと信じています。
    でも親が子供に対して特定の学歴や社会的立場に拘ることで誤解を生むことがあると思います。
    もう、この呪縛からたまこさんも離脱しましょう。
    失敗しないようにレールを敷くのももう止めましょう。
    失敗からしか学べない事を経験させましょう。

    お嬢さんがたまこさんから離れることは「捨てられた」と思わずに「羽ばたいていった」と考えてみては如何でしょう。
    子供が親を超える時、親はとても寂しいです。
    まして親の願った形でない姿で飛び立ってしまう時は。

    ゲーム・マンガなどを規制したことは今どきのお母様方には賛否両論あるとは思いますが、たまこさんなりにお嬢さんと寄り添って楽しんだ手芸等、時を経てお嬢さんの中で昇華する時が来ると思います。
    良いと思いますよ。そういう子育てがあっても。
    たまこさんは ご自分の意に染まない生き方を、お嬢さんが歩み始めた事を心から喜んで見送り見守る事がきっとこれから出来るはずです。
    応援しています。

    ユーザーID:2149285643

  • トピ主に対する横ですが…

    トピ主と娘さんの幼少の頃は、環境は全然違うのでは?
    「無いのが当たり前、作るのが当たり前」から「持ってて当たり前、既製品が当たり前」にチェンジしてきてると思うけど…

    ユーザーID:8515942382

  • こんなんじゃ・・

    娘さんにも見放され、やがては夫にも見放されて
    孤独な最期を送るようなことがなければいいけれど。

    こういう間違った、歪んだ考えに陥った末に
    家族に見捨てられ、看取ってくれる身内もいない
    孤独な人生を送ることになった男性をテレビで観たことがあります。
    その男性も早く気づけば良かったけれど
    時すでに遅し。
    家族に連絡を取りたくても拒絶されているんだって。

    あなたもそうなるかもしれませんよ。
    そうなりたくないなら、あなた自身が変わらないといけないし、
    一度、カウンセラーに聞いてもらうとか。
    この程度のことしか書けません。

    最後に是非読んでほしい本があります。
    『バースデイ いのちかがやくとき』
    という児童図書があります。
    児童図書だからといってバカにはできません。
    子供も大人も考えさせられる内容で、
    主人公の母親があなたと重なるところがあるからです。

    ユーザーID:3718968131

  • どうあがいても無駄

    もう娘さんは帰って来ませんよ。
    だってあなたが変わらないから。変わる気が無いから。
    それなら娘さんは帰って来ません。

    今までも何回でも変わるチャンスがあったと思うけど
    そのたびに今、小町のみんなの意見を無視しているように
    娘さんのこともこうやって今のように無視し続けた

    その結果が今です。
    今度はあなたが無視される番です。

    ユーザーID:1840979365

  • 私も中退しました

    多感な時期の一時的な爆発です。
    その後、留学して大学に入りなおしました。

    多様性のある海外へいかせてあげたらどうでしょうか。
    人と違うからといじめられることはありません。
    あちらは個人を認めてもらえます。
    私は息を吹き替すことができました。

    ユーザーID:7397610937

  • 転勤族の妻様に完全同意

    人は間違う。

    それはそう。でも限度ってもんがある。

    法に触れなければ何をしてもいいのか?
    私はそうではないと思います。

    子供の心を壊しておいて、反省もない主さま。
    そしてその主さまを慰めるレス。
    そんなのたいしたことないよって。ほんとにこわい。

    心を壊された娘さんがそれでも最後に逃げるだけの
    エネルギーがあって本当によかったと思います。

    この先娘さんはいろいろ失敗するかも知れません。
    けれど牢獄のような生活の中で安全だけを保障される
    人生よりも、娘さんは自ら選んだ運命を生きることを
    望むのではないのかな?と思います。

    母である主さんが娘さんの幸せを祈れないのなら、
    他人の私が祈ります。彼女のこの先の人生に幸あれと。

    ユーザーID:3560567705

  • そういう勘違いしてる親いっぱいいますよね〜

    成績よければイイ大学に受かって、イイ会社に入れて、素敵な人と出逢って結婚して幸せになって〜
    みたいに人生がトントン拍子にいくと思ってる人ね(笑
    将来の為なら今の学生生活はどうでもいいから勉強だけ頑張れって親
    そういう親はわかってないんだよ、本当に全然わかってナイ!

    成績なんか良くたって異性にはモテないし、友達がいないと結婚式とかあったとき
    まともに呼べる友達がいなくて苦労するしで大変だよ
    第一ね、つまんないよ 大人になって思い返した時にすごくツマンナイ
    友達いない上にクラスから浮いてて、ただただ必死になって勉強してた思い出だけ、なんて最悪
    大切な友達とゲームセンターやカラオケに行って
    漫画やゲームの話とかして盛り上がって、若い時は皆ではしゃいで楽しかったなぁ〜
    なんて思い出があったら最高じゃん

    それにそういう楽しい人間関係を学生時代に形成しておけなかった子たちって
    ものすごくコンプレックスと承認欲求が強くなるんだよね
    だから大人になって悪い異性や友達が近づいてきた時に簡単に騙されて相手のいいなりになる
    親がガチガチに束縛して許さなかった、学生時代に出来なかったチョット悪いことを
    大人になってからやるんだよ だからシャレにならない

    公園の砂場が汚いからって遊ぶのを禁じて子供を出来るだけ無菌で育てたら
    大人になってから菌への耐性がぜんぜん出来てなくて体が弱くなるのと一緒
    学生時代を謳歌できなかった分 大人になってから歪みが出るの

    親がイイ・悪いと思う事は、必ずしも子供にとっても同じとは限らない
    トピ主は己の価値観を娘に押し付け過ぎてたんだよ
    子供にとってはね 成績がちょっとくらい落ちても友達の輪を作れる事のほうが絶対、大事なの
    だってその瞬間でしか友達になれない子は沢山いるんだから!

    トピ主のは教育という名の自己満足だった
    それが分からないと疎遠のままで終わりますよ

    ユーザーID:6006273330

  • 間違うにしたって限度があるでしょうよ

    そりゃ人は間違うし、私も育児するなかでたくさん間違いはしてきましたが、
    それにしたって間違う限度はあると思いませんか?

    子供を精神病にするほど追い込んでおいて「気にするな」って
    そりゃないでしょう。

    こういう人って、クラスメートをいじめて自殺に追い込んだ子に対しても
    「みんな人を傷つけたり、酷い間違いや失敗をしているんだから、あまり気にするな」
    と言うのかな。
    怖いです。

    ユーザーID:9801340653

  • いい加減気付きましょうよ

    ここでトピ主の正当性を声高に主張したところで
    娘様が実家に戻って、東大に入学して、高収入の仕事に
    就いて、エリートと結婚して、優秀な孫を産むはずもなく…

    娘様がスマホ等でこのトピ見つけて実母だと気づいたとしても
    「嫌だ嫌だ、絶対今の生活の方がマシ…無理…」と思われるのが
    オチ…せめて今いる夫と仲良く過ごす努力をしましょうよ…

    中高年が子供以上にダダこねてちゃ見苦しいだけ。恥ずかしいよ。

    ユーザーID:4644181202

  • 先人はいいことを言う

    子供は育てたように育つ

    そういう事でしょうね……

    ユーザーID:9902032207

  • 考えた「つもり」と分かった「つもり」

    トピ主さんは、娘さんの事を考えたつもりと分かったつもりでいるけれど・・・
    その実なにも理解が出来ておられません
    だからこそ、今の現状なのだという事実をよく考えた方が良いです

    少なくとも貴女が、娘さんに対して押しつけていた価値観や愛情は
    娘さんにとっては「苦しみ」になってしまっていた
    そのことを理解できていない限り、娘さんとは仲直り出来ないでしょう?

    【現代の価値観がご自分と娘さんには、必ずしも当てはまるものでは無い】
    だから現代文化のアレもソレも禁止してきたわけですよね。貴女は

    けどね、いつの時代もその時代の在り方・考え方に適応できない人間とは
    爪弾きにあってしまうものなんですよ
    ソレが悪い物かどうか等は一切関係ありません。ブームに乗れない人間は、
    流行り物の会話に交じれない人間は、仲間ハズレにされてしまうのが現実です

    貴女が娘さんの事を想って禁止した物たちは、娘さんが学校生活という集団生活を無事におくる・・・
    いえ、人間関係を無事(円満)に生き抜く為には【必要不可欠】な物達だったんですよ

    学校生活とは、ある種の戦場ですよ。成績はもちろんの事、
    人間関係だって決して疎かには出来ません!どちらも両立できてこそ。
    それは、社会に出たときにハッキリと明暗が分かれる
    どれだけ成績が良くても、人間関係に適応できる人間になっていない人は
    その後の人生における、まさに全ての人間関係において。とても苦労するのです

    貴女は、集団生活における娘さんの武器と防具をどちらも無しで
    学校(戦場)に送り出してしまった
    娘さんは、どれだけ学校生活が生きづらかった事でしょう・・・

    勉学・成績は貴女のおかげで優秀だった娘さんは
    そのかわりに学校生活では浮いてしまう存在になってしまっていた
    この時点で学校生活における勉学と人間関係の両立が出来ていない


    ここまで読んで、貴女は何を思いますか?

    ユーザーID:6006273330

  • これからは御自分の人生を楽しむことに努力されては

    若輩者が目上の方に偉そうなことを言ってごめんなさい。

    トピ主さんは、ずっと親御さんの「呪い」に囚われて生きてこられたように読めました。
    呪いを解こうとずいぶんと頑張ってらっしゃったけど、やはり「呪い」とか「親の因果」はこわいですね。一緒に呪いを解いてくれるパートナーだとよかったんでしょうけどね…。

    一度幕を下ろして、これからは、トピ主さんの御自分のしたかったこと(子育てじゃなくて)をやってみてはいかがでしょうか。
    お嬢さんも、頑張って、数世代にわたる呪いを解こうと自力で離れるまで成長されたのですから。

    宮本常市さんのお父さんみたいに、「30歳になるまでは自由にしなさい、いつでも頼っていいよ」と伝えおいて(手紙でも書いて)、一回「娘」や「母」や「妻」の立場から自由になって一人の自分として生きてみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:3549934752

  • 辛かったのですね

    孤独の中で娘さんに一生懸命になってしまうのは仕方ないかも知れませんが、娘さんにはそれが辛かったのですよ。もっと他にも目を向けて欲しかったのです。色んな事に興味を持って生きる事を楽しんでイキイキしていて欲しかったのです。
    テレビも友達もゲームや漫画も排除して母と娘だけの世界にどっぷり漬かっていたかったのでしょうけど、それって不自然ですよね。世間知らずで箱入り娘、でも東大に入る知性はある、という娘が欲しかったのですか?お友達もいない孤独を娘さんに味あわせてトピ主さんと同じ孤独な人生に叩き込みたかったのでしょうか?

    トピ主さんは小さい頃にお友達と遊ばなかったですか?流行の歌を歌いませんでしたか?今のようなゲームは無かったけどトランプやカルタなどはありましたけど、お友達とはしませんでしたか?
    漫画も今程ではなくてもちゃんとありましたよ。学校で回し読みとか無かったですか?
    手芸やお裁縫も女子の間でブームになることもあったでしょう?何もなくても女の子同士で色々なお喋りや○○ごっこもしませんでしたか?空想の中でお姫様になってみたり、物語の主人公になったりするのは楽しい時間です。覚えてますか?

    もう娘さんの事は良いのではないですか?自分の力で生きたくなったのです。
    トピ主さんはトピ主さんの人生を楽しみましょうよ。妻でもない母でもない、一人の人としての自由を手にしたのですから、習い事やスポーツ、懐かしいお友達を誘ってお出かけをするとか、恋をするとか、何でも出来るじゃないですか。もっと自分からも自由に大胆に行動してみては?娘さんや夫、毒親を憎んだり、恨んだりしているのは時間が勿体ないですよ。
    とはいえ、今までの考えを簡単に捨てるのは難しいかも知れません。
    カウンセラーさんに力を借りるとか、自己啓発本などを足掛かりにするのも良いと思います。齊藤一人さんの本をお勧めします。

    ユーザーID:8618384643

  • そう、人は間違う

    だけどトピ主さんは自分が間違っていたと思ってないですもん。
    だから批判が多いって事、わからないのかな。

    ユーザーID:5638740515

  • 選択肢のない人生

    あなたはゲームやマンガやカラオケを選ばなかったのではありません。
    その時代にはなかったのです。周りの人がやっていない時代に、やれなかったとしても悲しい事はなかったでしょう。
    編み物や裁縫を他の友達をする事もできたのでしょう。


    お嬢さんの価値観は、すべてあなたが決めた事です。
    ゲームもカラオケもマンガも母親が禁止していたのです。
    ゲームで仲良くなってもずっとゲームをしてるわけではないのに。
    自分がやらなくてもいい時代に生きてきたからって、普通にある時代の子が友達になる手段をすべてうばってしまったのは、母親であるあなたです。

    小学生なんて、他の子と話したり人間関係をつくるのに大切な時なのに。

    あなたはお嬢さんを大切に育てたのでしょう。
    時間を掛けたのでしょう。
    だけど、お嬢さんの世界を勉強しようとは思わなかったのですね。
    あなたの価値観だけで育ててしまったのです。

    人間関係をつくる事をしてこなかったお嬢さんは、どういう人がいい人なのか、安全な人なのか、自分の事を大切にしてくれるのかさえ、分からないかもしれません。

    ただただお母さんから逃げたかったのではないでしょうか。
    その時に連れて行ってくれる人の手を掴んだのかもしれません。

    東大へ行きたかったあなたの代わりに生まれたのがお嬢さんではありません。
    お嬢さんにはお嬢さんの人生があるのです。

    ユーザーID:9261869150

  • 逆に聞きますが

    >夫はいつも仕事ばかりで私には無関心でした。

    なら、トピ主は旦那さんに関心を持っていたのでしょうか。
    そもそも、旦那さんがトピ主の意に沿わない意見を言っても、トピ主は受け入れていましたか。

    どうも、娘さんばかりに関心を向けていて、旦那さんを無視していた。または、旦那さんを実際には、邪慳に扱っていたのではありませんか。

    >病気だから仕方ないと、見守ってきたつもりです。
    病気は見守るだけでは治りません。適切な治療はしたのですか。

    >そんな娘を仲間外れにしたのは、皆さんが正しいと信じる現代社会の歪んだ価値観なのではありませんか?
    逆に聞きますが、トピ主が信じる絶対的に歪みの無い価値観って、具体的に言って何ですか。正直な所、社会というのはいつもどこかで歪んでいます。生老病死、そのような苦の無い社会は古今東西聞いたことがありません。


    ユーザーID:3884086259

  • うわ〜

    娘さん、よく自殺せずに成長できたものです。

    >小学校に毎日送り迎えし、

    こんなことをされたら、悪目立ちして、苛められる原因を作るような、油に火を注ぐようなものです。

    >娘がいじめられた時は教育委員会にまで赴き、

    友達を作るツールを禁止した挙げ句、学校で浮くように仕向けたトピ主さんが?
    トピ主さんがしたことは、いじめより残酷なことでしたよ。


    もういいから、娘はいないものと思って、放置してあげましょう。

    ユーザーID:2020002543

  • ありがた迷惑

    読ませていただきました。

    私も娘さんと同じ20代です。私は毒親とまではいきませんが、過干渉な親のもとで育ちました。読んでて、娘さんの気持ちがわかるようで泣きたくなりました。

    主様は娘さんのために良かれと思って、送り迎えをし、私立に行かせ、弁当を作ったりしていたのかもしれませんが、それは娘さんが望んだことですか?
    たまにはお友達と一緒に帰りたい日があったり、友達と離れたくないから公立に行きたいと思っていたのかもしれないし、娘さんの話を、意見を、考えをきちんと聞きましたか?娘さんの意思を尊重しましたか?

    子どもは親の操り人形でもないし、ステータスでもないし、親の夢を実現する道具でもありません。主様がこうだったから、娘さんにはこうしてあげようというのはわかりますが、娘さんの気持ちを考えなければ有難迷惑な話だと思います。

    >時には手も上げたりしました。しかしそれは全て愛情あってのことです。
    愛情があっても子供に手を挙げることは虐待です。手を挙げたところで何の解決にもなりません。好きだから、愛しているから、大切だからと言って、殴ったり、蹴ったり、相手が傷つくことをしてもいい理由にはならないと思います。

    精神病にまでなって、親に「元気になって東大目指すんでしょ?頑張りなさい」と追い詰められた娘さん、よく自ら命を絶つことがなくてよかったなと思います。娘さんからすれば、精神病が治っても東大に行くために勉強しなきゃいけない、また親に縛られると思ったらたまったものじゃないと思います。

    もう娘さんも20歳になり、成人したことですから一度距離を置いた方がいいともいます。
    子育てをしたことないですけど、子育てはきっと親と子供のコミュニケーション、キャッチボールだと思ってます。親が一方的にボールを投げてばかりでは子供はボールをキャッチできないどころか、ボールが当たって痛いだけです。

    ユーザーID:8868532716

  • 重い、重すぎる

    努力なさったことは理解します。
    それでも悪循環から抜け出すことは難しいのだなぁ、と痛ましく感じました。

    健全な家庭で、健全な土台を得た人は、大人になってからの家族関係も上手く行きやすい。
    手抜き料理で、至らない世話であっても、
    無自覚に周りを満たし、自分も満たされるという好循環をたやすく作ります。

    しかし、不運にも恵まれなかった人が、自力で健やかさを手に入れることはなかなか難しい。
    良妻賢母を実践しても、なぜか上手く行かない。

    満たされなかった人が、子どもを満たすのは、
    貯金されていない通帳からお金を引き出すような、根本的な困難さがあるのだろうと思います。

    「それでも母に感謝し」というのは、病んでいると感じます。
    整理できているつもりかもしれませんが、他者から見たら、不自然さを強く感じます。

    内面化した抑圧から抜け出せないのだなぁ、と。
    自己の感情をありのまま認めることが、自分でも上手くできず、「どう感じているか」ではなく「どう感じるべきか」になっているのではないでしょうか。

    娘さんの件、恐らく主さんとしては、
    「何が悪かったのか分からない。むしろ人一倍頑張ったのに」という感じだと思います。

    しかし、問題は育児の細部ではなく、「そもそも私が満たされていなかった」という根っこにある気がします。

    遠回りでも、自分の育て直しが必要なのでは。
    親に対する気持ちにも、もう一度向き合い、
    新たな自己を獲得することではないかと。
    「それでも感謝している」などという誤魔化しではない、別の境地があると思いますよ。

    趣味もなく全てを家事育児に捧げるなんて、子どもにとって重すぎます。

    自分を愛し、許し、
    妻や母という肩書をはずしてもOKな、一個人でもハッピーな人になる。
    そこからではないかな、と思います。

    ユーザーID:1219787382

  • 最初で最後のチャンスかも・・・

    自分は毒親だとの認識がなかなか出来ないのも毒親の特徴の一つです。

    人に指摘されても「私は間違ってなんかいない。皆さんがおかしいのよ。誰にも私の気持ちは分からないのね」と思ってしまうのも毒親の特徴です。

    とにかく自分は正しいとしか思えない。
    正しいと思っているから強く主張して譲らないし、人にも押し付ける。
    そこが正に『毒』なのですよ。

    トピ主さんにはカウンセリングしか無いと思います。
    人の話が聞けないのですから、自分の心と対話するしかありません。

    今のままで良いと思うのでしたら、もう何も言うことはありませんが、生き直したいと少しでも思うのでしたら、カウンセリングを受けてみて下さい。

    トピ主さんの人生、まだまだ先が長いですよね?
    今のままの自分で終わってしまうのは虚しくありませんか?
    間違いに気付くことが無いまま人生を終えてしまっても良いの?

    今が生き直せるチャンスではないでしょうか?
    最初で最後のチャンスと言えると思います。
    このチャンスを逃さないで欲しいと願います。

    ユーザーID:2103698512

  • 人は間違う

    人は間違いますよ。

    偉そうに、投稿している人も
    人を傷つけたり、どこかで
    酷い失敗や間違いをしていますよ。

    決して間違わない人なんて
    いないんですから。

    トピ主に
    自分の親を投影して
    攻撃している人もいます。

    あまり気にしないで下さい。

    ユーザーID:2154651976

  • 色々間違っています

    東大に行かせたい理由は何ですか?

    東大合格がゴールならそれは違います。
    無理やりさせられた勉強は(特に暴力を含む)後に強い拒否反応を示すようになります。

    娘さんに必要だったのはたくさんの経験をさせることだったんです。
    例えば漫画、そこから学ぶ宇宙、常識、空想、たくさんのタネがあるんです。通学路で咲いている花、友達とのおしゃべり、道路での危険、全てが成長のタネです。
    そのタネを膨らませて何のために勉強するか、勉強の意味を自ら理解し学ぶんです。

    子供の時の感動、経験は成長の大きな糧になります。
    それを全て取り上げて封印すれば精神的な苦しみになります。

    「真面目で賢い人間」とは勉強が出来ることではなく、色々な経験から何かを学び取り自らの成長に繋げられる人間です。

    ちなみに私の周りには東大卒の人が多いです。その親御さんはあなたとは真逆です。

    まず子供の力を信じてやらせる。ダメならフォローする。失敗も経験で、なぜ失敗したかを考える。そして次に生かすを繰り返す。
    これって根っこは座学の勉強と同じですよね。

    娘さんが自らの力であなたから離れ家を出たこと、これは紛れない成長です。
    高齢出産だから自分の老後が心配なのかもしれないけど最後の愛情だと思って娘さんを解放してあげてください。

    ユーザーID:6230484920

  • やれやれ

    トピ主が娘さんの人格を認めなかった事が根本原因だよ。

    >漫画やゲームを買うのは禁止で、ゲームセンターやカラオケにも行かせませんでした。
    >それを理由に娘はギャーギャーと騒ぐことがあったので、時には手も上げたりしました。
    >漫画やゲームを禁止した代わりに、編み物や裁縫を教えました。娘は暇な時間があると手芸を楽しんでいました。
    それは娘さんが望んだ事じゃない。
    トピ主が娘さんのやりたい事を力ずくで禁止したから、それしかヒマ潰しの手段が無かったんだよ。

    >しかしそれは全て愛情あってのことです。
    トピ主の主張はストーカー犯罪者と全く同じ。愛情は免罪符にはならない。

    >私の子供時代は貧乏だったので娯楽などほとんど楽しめませんでしたが、それでも私は友達ができましたし、楽しい学生時代を送れました。
    >娘には本当に大切なものは何かを分かってほしかったのです。これは皆さんには分からない価値観なのだと思います。
    その価値観はトピ主のものでしかない。「皆さんには分からない価値観」を娘さんに押し付けてる事に気付きなさい。
    娘さんはトピ主のコピーじゃない。自分の人格を持つ一人の人間なんだ。

    >しかし娘は高校に進学後は精神病になって長い間苦しみました。
    >私はそんな娘を応援しました。「元気になって東大を目指すんでしょ?頑張りなさい」 何度も励ましました。
    精神病(恐らく鬱関連と推測する)の相手に「頑張りなさい」は禁句。目の前の箱で調べればすぐ分かる。
    トピ主は娘さんを励ましてなどいない。追い込んでいただけ。

    >私よりそんな人を選んだのかと愕然としております。
    娘さんの人格を認めず、力ずくで支配し、病気になったら追い込みかけるような存在が選ばれる訳がない。
    娘さんには、自分の心と体を守る権利があるんだよ。

    ユーザーID:9094779264

  • あなたには届かない

    もうあなたに何を言っても無駄ですね。

    昔の生活環境と今を比べて何になりますか?
    あなたの生きた昔は何にもなかったから、とご自身でも言っている通り。
    でも今は違う。 
    違ってしまったことはなぜあなたは受け入れないんでしょう。
    昔のことだけを肯定するくせに。

    可愛そうな娘さん。
    さぞや窮屈だったことでしょう。

    もっとあなたが柔軟な思考を持っていたら娘さんも少しは救われたかもしれませんね。

    でもこれだけ言われても理解できないのですから
    一生気づけないのでしょうね。

    ユーザーID:0190863919

  • 精神病むまで追いつめるのは絶対に愛じゃない

    >しかし娘は高校に進学後は精神病になって長い間苦しみました。

    主さん本人は、自分のせいじゃないと思い込んでるみたいだけど、
    これ読んでも「主さんは精一杯がんばったんですね」なんてのんきなこと
    言ってる人達が私には信じられない。

    こどもの心や権利というものをどう考えているのか。

    こどもが精神を病むまで追い詰めても、親が「愛」だと思い込んでいる
    行為なら許されるのか。

    わが子になら何をしても罪にならないのでしょうか?
    親が「これは愛」といえば何をしても許されるのでしょうか?

    そう思っている人達はいつかわが子からしっぺ返しをくうと思いますね。
    ええ、愛の名のもとに権利を侵害され続けた私は母を捨てました。
    こんなに気持ちの悪いものが愛なら私はいりません。

    ユーザーID:9551011288

  • 娘さんを育ててない。

    トピ主がしたのは自分の価値観の押し付けで、娘さんの人間性を育ててません。
    将来独り立ちさせるのが子育てのゴールだとわかってますか?
    自分の好きな人間に育てる事は子育てじゃないですよ。

    ゲーム、漫画 vs 裁縫、手芸 ではなくて、娘さんがその時に興味を示したものをやらせてあげる事が大事じゃないですか?
    親が一緒にやってもいい。私の親は一緒に漫画読みましたよ。共通の話題になりました。

    娘さんの人としての個性を育てながら、本人の価値観を尊重する事が大切なのですよ。
    貴方の価値観を押し付けで、貴方の気に入った人間に育てることは子育てとは言いません。

    彼はそのままの娘さんを受け入れてくれる人だから、居心地が良いのでしょうね。
    貴方のせいで自己肯定の低い人間になってしまったのではないかと心配です。

    ユーザーID:4488444332

  • 娘さんの孤独に気づかないのは母として正しいのか

    現代の価値観が正しいとか正しくないとかじゃないと思う。
    私の学生時代の先生に実家が手広く商売をしてらっしゃる方がいました。先生以外の兄弟は皆、その商売を手伝ってスクラムを組んでいる。友人も似たような環境だった。
    先生はそのスクラムに入れないことが淋しかったそうです。でも、先生はどうしても勉強したくて自分からその場所から離れた。親兄弟と同じ価値観を持てないことは優秀な人でも辛い事なんだとおもいます。
    娘さんは自分から望んで友達と価値観が合わなかったわけじゃない。あなたから取り上げられたから合わせることが出来なかった。先生のように自分の好きなものに向かうために兄弟や友人と価値観の違う世界に進んだわけじゃない。だから、娘さんは孤独に耐えられなかったんだと思いますよ。
    母親は自分の価値観を押し付けるんじゃなくて現代の価値観をアンテナを出して吸収しながら折り合いをつけていくもんじゃないでしょうか。
    私はあなたより10歳ほど年下です。子供は30歳近くになっています。
    私も自分の価値観と現代の価値観とに悩みながら折り合いをつけてきた親です。

    ユーザーID:8915380185

  • トピ主さんの価値観だって、一時代の遺物

    > 漫画やゲームを禁止した代わりに、編み物や裁縫を教えました。

    重要なのはバランスです。

    漫画やゲームにのめり込みすぎないように配慮くらいなら良いですが、
    全面禁止だと逆効果になることの方が多いです。

    例えば、東大生にアンケートを採ったとしたら、
    高校時代に漫画やゲームに一切関わらなかったという人は
    恐らく少数派でしょう。

    漫画やゲームに触れる機会はあったが興味がなかった、
    あるいは節度を持って自分を律して関わっていた、
    という人が多いのではと思います。

    あと、
    > しかし、現代の価値観が全て正しいのでしょうか?

    については、トピ主さんの価値観も、トピ主さんが育ってきた
    ある一定時期に主流だった価値観であり、人類の歴史から見れば
    ほんの一時期の価値観に過ぎないんでしょ。

    例えば、東大へ行ったとしてその先何をするかというと、
    社会へ出て男性と伍して働くわけです。

    その時に必要なものは「編み物や裁縫」じゃないでしょう。
    「編み物や裁縫」は、専業主婦が主流だった時代の
    良妻賢母を良しとする時代の価値観では?

    「編み物や裁縫」はできても良いですが、
    それはあくまで本業の仕事がしっかりできた上での付加価値です。

    例えば、体力を付ける、アルバイトをさせて社会経験を積ませる、
    ビジネス書や自己啓発書を読ませるなどが若いうちには必要なのでは?

    ユーザーID:6102649236

先頭へ 前へ
121150 / 378
次へ 最後尾へ
レス求!トピ一覧