宇宙人は地球人だと思いませんか?

レス62
(トピ主10
お気に入り91

生活・身近な話題

真面目子

中学生の頃の帰り道に友達が急に「あ!」と言うので見上げたら目の前で円盤型のUFOが空に浮かんでました。
シルバー色で麦わら帽子のような形で直径3メートルはあったと思います。
すごくびっくりして「UFOを目の前で見た!」と翌日中学校で大騒ぎしたら馬鹿にされてしまい、それ以来口を閉ざしてきました。

去年の末に、米国防総省が未確認飛行物体(UFO)と地球外生命を極秘で調査していたとニュースが流れました。
テレビで円盤が逆風の中をどんどん加速していく映像を見ました。
飛行士が「すごい!」と言っているのも聞こえました。

でもこんなもんじゃなかったのです。私が見た円盤は。
円盤を麦わら帽子に例えたら、麦わら帽子のリボンがある部分は緑と青の電光で交互に縁どられていて、つばの方は赤とオレンジの電光が交互に縁どられていました。円盤を設計した何者かが電光の色もその配列も考えたのです。綺麗でした。
私が見上げた後に三秒ぐらいでフッと消えました。
フッと消えたのです。瞬間移動です。
こんなことできますか?今の技術で。

私は今、この時代に宇宙人はいないと思います。
別の惑星にも宇宙人はいないと思います。

しかし、未来の人間が
UFOに乗ってこの時代を来ていると思っています。

私のように思っている人がいたらお話ししてみたいです。

ユーザーID:2922377276

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数62

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • UFOは2パターン

    >未来の人間がUFOに乗ってこの時代を来ていると思っています

    まあ、それもあると思います。

    >別の惑星にも宇宙人はいないと思います

    それはどうでしょうか?
    この広い宇宙、地球だけに人類がいるとはとても思えません。
    さまざまな惑星に適合した形での知的生命体はいると思います。
    そもそも地球からは見えない月の裏側は、さまざまな星から偵察に来ている宇宙人の地下基地があるという噂ですから。

    従って私の予想は、UFOは未来の地球人である場合と、本当に宇宙人である場合の2パターンがあると思います。

    ユーザーID:9582138554

  • タイムマシーン?

    >直径3メートルはあったと思います。
    未経験の物体が空に浮いていたら、大きさを正しく推測できません。
    トピ主さんは、
    ・電柱の高さを言い当てられますか
    ・電柱と電柱の間の距離を言い当てられますか
    ・飛行船の長さを言い当てられますか。
    (検索するとわかります)

    以前のテレビ番組で100mの大きさのUFOの母船を見た男に取材してました。
    レポーターは、あそこに旅客機が飛んでますが、大きさを教えてください。と言った。
    答えは「分からん」。

    >未来の人間がUFOに乗ってこの時代を来・・
    タイムマシーンですね。

    >別の惑星にも宇宙人はいないと思います。
    確認されてませんね。
    見つけても地球の人間の形をしてる可能性は低い。

    ユーザーID:4419526738

  • もっと教えて下さい!!!

    UFOを見たのは何年ぐらい前のことですか?

    そのUFOは、地上何メートルぐらいの高さに浮かんでいたのですか?

    あなたとUFOとの距離は何メートルぐらいだったのですか?

    UFOを見たあなたが、「あれは宇宙人ではない。タイムマシンに乗って未来からやって来た地球人だ。」と思う根拠は何ですか?

    ユーザーID:4761363735

  • 意味わかりません。

    未来の人間?ってどういうことですか?意味わかりません。
    今の人間は今いますから、未来には存在しないと思いますけど、、。」

    ユーザーID:7715283083

  • 素晴らしい経験をなさいましたね!

    UFOとてもきれいそう!  私は地球人も宇宙人の一種だと思っています。 こちらに来られるほどの力を持った相手に映画みたいに戦争なんて、無理無理。 仲良くしましょう!

    ユーザーID:1638885631

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 知らない事は想像できない

    人間の限界、だと思います。
    全く知識のない事って、どんなに頑張っても想像できませんよね。

    帆船だろうと馬車だろうと“乗り物”の知識があれば・・・。
    なんだか斬新でこの世のものと思えないモノを見た時に
    「あれは何だ?」
    「信じられない動き!」
    「神様の乗り物に違いない。」
    持っている知識を総動員して想像したのだろうと思います。

    これに途方もない広がりを持つ天文の知識が加われば
    「地球上のモノとは思えない!」
    「遠い宇宙の超高度文明を持つ星から来た乗り物に違いない。」
    そんな想像も湧いてきます。

    原理や実現可能性の有無は解らなくても、映画やアニメでタイムマシンの概念を知っていれば
    「消えるって、どういうこと?」
    「あれは時間を旅する乗り物なのではないか?」
    そんな想像も可能になります。

    でも、まだまだ私達が知らない事って山ほどあります。
    例えば地球から観測できる範囲の宇宙は解るとして、
    その先も同じような空間が続くのだろうとは、想像できるとして
    「宇宙の端っこって、何が境目なの。」
    「境目を越えた宇宙の外側にも“何か”があるハズ。でも、そこはどんな空間なの。」
    「宇宙外の空間から宇宙の姿を眺めたら、どう見えるの。」
    手掛かりとなる知識が“0”だと、全く想像を膨らませるスベがありません。

    果たしてUFOの正体は何なのでしょう?
    とにもかくにも、正解を知る日が楽しみです。
    もしかしたら人間には想像も付かなかった概念が、その答えなのかも。
    ただ・・・、私達が生きている間に判明するのかなぁ。

    ユーザーID:8456402140

  • 宇宙人はいるのが常識です。

    どの国でも99%以上の科学者は「宇宙人はいる」と言っています。アミノ酸と数種類の物質さえあれば生命体が生まれるのはさほど難しいことではないからです。これは常識で宇宙人を否定している科学者はほとんどいません。地球人が存在していることが宇宙人が存在していることの何よりの証明です。

    宇宙人が議論になっているのは存在の有無ではなく、「広大すぎる宇宙で宇宙人と地球人が出会うことがあるか?」という部分です。日本とブラジルのアリが出会うのが難しいように、物凄い距離が離れている状態で接点があるか?という事ですが、それもあくまで今の科学技術での想定です。
    ワープ航法などが確立されていたとしたら距離の問題は解決するし、地球人の科学では判断できない部分も多々あるでしょう。

    目撃情報は実際に見たわけではないので何とも言えませんが、宇宙人はいるというのは科学的な常識ですよ。地球に来ているかどうかは不明ですが。

    ユーザーID:9726276931

  • 全く同じ

    トピ主さんと、全く同じこと、何年か前から思ってました。

    きっとそうですよね。

    宇宙人は、未来の地球人ですよね。

    ユーザーID:0385290103

  • トピです

    UFOを見た時、私はまだ中学一年生でした。
    UFOという言葉もなんとなく耳にしたぐらいの年です。
    UFOを見た時はいつもの帰り道でしたが、道の突き当りが鉄塔だったので
    鉄塔を右それる道がありました。UFOはその突き当りに浮かんでいました。

    あれからもう30年です。
    私と一緒にUFOを目撃した友達は、
    私が学校で大騒ぎしたら男子から馬鹿にされたのに
    「私も見たよ」と言ってくれませんでした。
    私が「一緒にUFO見たよね?」と聞きに行ったら(別のクラスだったので)
    暗い顔をして「宇宙人に見張られているかもしれないから絶対言わない」など言われたのです。

    私は誰かと共感したいのです。
    アメリカのあのニュース、飛行機を操縦している飛行士が一緒に並んで飛んでいるUFOを撮影して「すごい!逆風なのに加速している!」など言っていました。

    未確認飛行物体は夢でも幻想でもなくて実際にいるのです。
    でも、今同じ時間の中のどこかの惑星にいるのかといわれるとそれは否、いないと思います。
    今の時代にあんな技術があったらとうの昔に侵略されていますよね・・。
    そう思いませんか。
    あんなすごい技術があるのにUFOは時々見え隠れして見つかっているだけで何もしてこないというのは友好的だからだと思います。なぜ友好的か、未来人の自分たちの祖先が今の私たちだからだと思います。

    私が見たUFOはクリスマスの飾りのように交互に光っていましたけど、
    「よし、ここの光は緑と青にしよう」とか思った誰かがいたのです。ひどく人間的ですよね。
    私が見たUFOが緑と青でピカピカ、オレンジと赤でピカピカ光っていて配色もきれいでした。
    目に焼き付いていて忘れることができません。

    私と似たお考えの人とお話しできたら嬉しいのですが・・

    ユーザーID:2922377276

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • 断定は難しい

    私もUFOを目撃したことがありますので、どちらかと言うと「宇宙人の存在」肯定派です。
    さて、地球外生命体についてはCETIという探査プロジェクトがありますが公表されている範囲では成果は有りません。
    天の川銀河だけでも一千億個の恒星があると言われ、恒星からの距離が生存に適した範囲であるゴルディロックスゾーンに位置する岩石型惑星の想定数だけでも凄まじい数になります。
    ゴルディロックスゾーンは銀河系でも同じことが当てはまり、中心部の活動が激しい部分では安定した環境の維持が難しく、
    太陽系のように銀河から延びる腕の外縁部付近の辺境や、腕同士の隙間の空間に位置する恒星系が可能性ありと考えられています。
    宇宙には銀河が2兆個あるとのNASA発表もあり、生命体が存在する確率は大きいのではないかと思います。
    しかし、空間的距離が想像を絶するほど離れており星の数も無数にある事から出会う確率は限りなくゼロに近いと思っています。
    更に、生命体が存在したとしてその時期にも時間的ズレがあり、宇宙を認識し他の惑星の生命体の存在を想像できる程度に発達している必要があります。
    過去にどこかで存在したとしても既に滅んでいる可能性もあります。

    宇宙の膨張が続くと、いずれ銀河同士は観測できないほど離れ離れになり夜空に星が無い「暗黒の時代」になるそうです。
    宇宙の晴れ上がりから今後数十億年程度までの僅かな期間が奇跡的な「光の時代」であり、更に私たち人類は太陽が寿命を迎える前の安定した時期にゴルディロックスゾーンにある地球に存在しています。
    奇跡と呼ぶのも憚られるほど文字通り天文学的な確率で今この瞬間を過ごしています。
    でも、様々な奇跡や偶然が重なって今があると思えば、他の惑星の生命体の存在や接触が無いと断言は出来ませんよね。
    未来人かどうかは・・・考察が難しいですね。

    ユーザーID:8745983709

  • 考え方可能性は

    いろいろだと思います。

    自分的には、これだけ広大な宇宙空間でしかも 延々と続く時空間の長さを考えれば 人類以外の知的生命体が地球人だけっていうことの方がありえないですね。

    それに自分たちのいる宇宙空間だけとは限らず、外宇宙にもどれだけの広がりがあるのか?

    ユーザーID:6381459039

  • We are not alone !

    凄く不思議に思えたのですが、貴方は本物のUFOを見ていながら
    宇宙人では無く、未来人で未来から来たと思うという発想です。

    確かに、彼らの科学技術が地球以上に発達していれば、
    生物を素粒子の段階まで分解して未来から来る事も可能なのかもしれませんね。

    私はアメリカの空気の澄んだ所で毎日という程UFOを見ていますが、
    貴方ほどはっきりとしたUFOを近くでは見ていません。

    私達地球人も宇宙人の仲間です。
    どれだけの星がこの宇宙にあるかは知りませんが、
    私達の文明の尺度では測れない進化した生物がいたとしても、
    全く不思議ではないという事です。

    宇宙人の姿を見たり、オブダクションと言って宇宙人に連れ去られた人達も
    この地球上に沢山います。

    その人達も話した事を嘘と言われたり、おかしい人と思われてUFOや宇宙人の事に
    口を閉ざしてしまうのです。

    多くの宇宙飛行士、パイロット達もUFOに遭遇していても公言しないのです。
    でも有名な宇宙飛行士や日本の有名エアラインのパイロットも
    UFOを見たと発言していますよ。

    宇宙人は未来人では有りません。
    宇宙人は宇宙人です。

    この広大な宇宙の事、まだ地球上の科学もまだそれだけ解明するのに到達して居ません。
    私達地球人が存在する以上、他の星の中に高度の文明を持った生物が存在しても何ら不思議では有りません。

    私も早く宇宙人に会いたいと思って居る中の1人です。
    UFOを頻繁に見て居ると、この宇宙は自分たち地球人だけでは無いと信じて疑いません。

    We are not alone です。

    ユーザーID:3519956842

  • そうとも言えるかも

    私は無いですが、友人知人にUFOを見た人結構います。
    以前はUFOや宇宙人にロマンを感じていたけど、様々な情報をまとめた結果このような結論にたどり着きました。
    宇宙人はいない。
    タイムトリップはありうる。
    UFOや宇宙人は霊界からのメッセージ。

    ユーザーID:2518396049

  • 宇宙はひとつ

    地球にいるから「地球人」?

    地球上生物は、すべて地球で派生したのか?

    他の星からきた可能性はないのか?

    アメリカ人は、もとヨーロッパ人。

    アメリカ先住民(インド人と呼ばれてしまった)は、

    もとアメリカ人。

    地球人と宇宙人を分けるくくりは?

    いま、地球に住んでいるから?

    変態する生物は、「地球外生命体」である

    という学者もいます。

    色々、勉強してみましょう!

    ユーザーID:5605077832

  • 地球人は宇宙人に含まれる。


    この宇宙に地球人しかいないと考えるのは少し
    寂しい考え方ですね。

    私は地球外生命はいると考えています。ヒトか
    どうかは判りませんが。

    UFOが未来から来た地球人の乗り物、という
    のは一つの考え方としてはアリですね。

    昔読んだSF漫画にもそんな話がありましたし。

    ただ、目の前で消える(見えなくなる)という
    現象は、別に未来技術を考えなくても、説明は
    できるでしょう。

    ユーザーID:2163623681

  • 面白い♪

    UFOを飛ばしているのは未来の地球人ですか〜。
    つまり、UFO=タイムマシンということですね!
    敢えてタイムマシンをUFOぽく麦わら帽子型に設計してしまったのは、未来人たちのユーモアでしょうか(笑)

    未来の技術や流行も変化していて、目視可能な麦わら型もあれば、
    もっと先の未来の物は目視不可能なものもあるかもしれませんね。

    想像してみると楽しい上に意外と説得力がありますね。
    UFOを飛ばしているのは未来の地球人説、私はいいと思います♪

    ユーザーID:3697488689

  • なるほど

    UFOが未来からの訪問者という発想は私にはありませんでした。
    そう思うと何だか楽しいですね。
    遥か未来にはタイムリープと瞬間移動の技術が開発されているんですものね。

    別の惑星に地球よりも高度な技術を持った生命体のある惑星があると考えるのもワクワクしますが、宇宙人イコール地球人の方がスッキリするかも。
    他の惑星なら地球を侵略しようと何かしらの攻撃なりがあるかもしれませんが、未来からの地球人なら歴史に介在しないように見守るだけでしょうし。
    以前NHKで放送されてたタイムスクープハンター的な歴史ジャーナリストの船なのかも(笑)

    あ、私ももう30年くらい前の子供時代にオレンジ一色の発光した球体を夜空で見たことがあります。
    ふと見上げた瞬間にスッと現れてあっと言う間に消えていきました。
    流れ星よりも遙かに大きかったので、見た瞬間はUFOだ!と興奮しましたね。
    もしくは夏のお盆の時期だったので火の玉だったのかな…?(笑)
    でももしそれが未来人との僅かな接触だとしたら素敵だなぁ。
    あの発光体に気付いたのはあの時は私一人だけでした。

    ユーザーID:3009153427

  • 宇宙連合(仮称)より

    宇宙にはもうそれはそれはたくさんの恒星があって、さらにそのまわりを複数の惑星がまわっていることは知っているのに、生物がいるのは地球だけだと、地球は唯一無二の存在だと思っているのですね。

    地球に於いても、未開の地にこれまで知られていなかった民族が住んでいることがわかっても、いきなりコミュニケーションをとるような無謀なことはしないでしょう。

    まずは観察しますよね。

    どんな民族なのか、どんな言語を話しているのか、どんな習慣を持っているのか、どのような社会を形成しているのか。

    仲間同士、わけのわからない理由で殺し合いをしているような民族であればなおさらです。

    たまに観察している様子をその民族のメンバーに見られてしまうこともあります。

    その人は仲間に「なんだか変な動きをするものに乗った、我々みたいな形はしているけど、変なものをまとったものを見た」と言うけれども別に問題ありません。「そんなものあるわけないだろう」で片づけられてしまいますし、彼らのほうからこちらに近づいたり、コミュニケーションをとったりする術はありませんから。

    地球はとても美しい星。
    我々が惑星のひとつくらい簡単に消せるくらいの兵器を持っていたとしても、攻撃するのではなく、守りたいと思う星のひとつです。

    宇宙遺産に認定しよう、という動きもあります。

    一方、ここ数十年の動きを見ていると、この星の支配者は自分たちで地球ごと吹っ飛ばして自滅しそうだから、関わり合いになるのはやめたほうがいい、という意見もあります。

    いずれにしても、もう少し観察を続けたほうがよさそうです。

    ユーザーID:3830474699

  • 地球人は宇宙人

    こういう話大好きです。夜な夜な色々読んでます。
    日本政府も対策できないって出しましたよね。
    これって、いるってことなんですよ。
    だからなぜ、最近そういう話になるのかが逆に謎になりますし、何かあるのかと気になります。

    姿を見せたりするのは、わかりやすく、教えてくれているのでしょう。

    映画などで宇宙人もわかりやすく説明、見せてますね。
    いるかもねで終わらせているんです。

    私は、ある2つの派閥の宇宙人が地球人を作ったという話が、色々があるのですが、それを読むと今の現状に凄く納得します。

    なので、宇宙人は未来の人ではなく、昔からの、現在進行形の人?だと思います。

    だから、地球の技術というより、魂レベルで還れる場所かなと思っています。

    色々、妄想してます。

    楽しいトピをありがとうございます。

    ユーザーID:3037393141

  • なるほど

    そういう考えはありかもしれませんね。
    他の星から来た物体だったら、乗り物作る設備あんのか?って思います。

    地球はいずれ太陽に飲まれると言われていますし、その前に大陸がひとつになって人間が暮らせる天候じゃなくなっちゃうみたいなんで、人類滅亡の前に安全な過去へ行っとこうって、未来からわんさか移住してくるかもしれないですね。

    宇宙は限りなく広く、太陽系外に生物がいることは濃厚ときくので、どこかに宇宙人(生物)はいると思います。
    でも、円盤を作る技術がある生物とは限りませんよね。

    まあ、私としては円盤とかネーわ、って思ってます。
    アメリカのどっかの機関の極秘情報も都市伝説っぽい。
    てか、事実はどうだか知らないけれど、宇宙のことを考えたら自分の些細な日常も笑い飛ばせる気がします。

    ユーザーID:9016599601

  • それは

    たぶん航空機でしょうか。

    日の光に照らされると高高度を飛んでいてもすごく明るく見えます。
    大気のゆらぎと光の屈折で暫くは近くに見えるけど、屈折がなくれば消えます。
    翼端には赤と青の航空灯もついてますし、たぶん飛行機。


    宇宙人というか生物はいると思います、しかし出会えるかというと確率は極端に低くなります。

    知的生命であること
    惑星系を脱出できる技術力があること
    光速を越えられる航行方法を持っていること。
    高度な科学文明をもっていても絶滅しない社会であること


    そして他の惑星系にたどり着いた時に、そこに知的な生命が生存していることの全てが
    重なる必要があるからです。

    地球から発せられたラジオやテレビの電波が何億年もかけて
    いつかは宇宙人が探知するかもしれませんね。

    ユーザーID:1042074365

  • ちょっとちいさい。

    3Mだとすると未来の人間は今より小さいということになりませんか?
    先ほど見た映画では宇宙人とは人間とは違う生命体のようでした。

    でもとても羨ましいです。ufoをみたことが1度も無いんです。
    呼ぶと来ると言う話を聞いて時々呼んでみますが気配すらないです。

    ユーザーID:6010187275

  • 「遠い呼び声」

    というSF漫画の短編があります。

    一読をお勧めします。

    抒情的な掌編です。

    ユーザーID:8548769805

  • 現在はすでに過去?

    未来の地球人が来てるなんて。
    もうすでに未来があるとしたら、
    どこが最先端?

    ユーザーID:2160915343

  • 円盤人は未来人とは、

    昔からある発想(説?)のひとつですが、あえてピンポイントでそう思う理由は何でしょう?

    ユーザーID:1351367177

  • 皆さんありがとうございます

    私のずっと悩みだったこの話しに真面目に回答をして下さってありがとうございます。

    私の言葉足らずですいません、もっと詳しく述べます。
    私はUFOが浮かんでいたと書きましたが正確に言えば、「UFOが空間に貼りついていたように見えた」という方が当たっています。
    ふわふわしていません、ただ空で止まっていた、という感じです。
    UFOの後ろは金網に守られた低い鉄塔がありその周りは誰も入らない場所です。

    大人の歩幅で20歩ほどの近距離で、ペットボトルをぐっと飲んだときの顎の角度の目線の先にUFOがいました。
    電信柱の高さより低い高さです。もし逆に普通の電信柱ぐらいの高い位置でUFOを発見したらきっとUFOの底の部分が見えたと思います。
    UFOの大きさは私の視界いっぱいに目撃したので、自分で直径3mと表してみました。
    また近距離で目撃したからこそいえるのですが、円盤のシルバーの質感はとても重厚感があり、また私はその形を(円盤を)麦わら帽子に例えましたが、帽子で言えばリボンの部分とつばの部分に光っていた光の形は丸く、それは一個や二個光っていたのではなくてふちどるようにして沢山の丸い電気が光っていました。
    電気は付いたり消えたりしていたのではなくただ普通に光っていました。

    私がその時頭の中に浮かんだことは
    「本当に円盤の形をしている」「窓がない」「赤とオレンジの色の電気があの(つば)の部分か」でした。
    私は家に帰ってから忘れないように用紙にUFOの絵を描いておきました。
    その日の季節は秋で、部活が終わってから帰宅していたので午後15時以降で、天気は晴天ではありませんでした。

    私が住んでいたところは東北の田舎で飛行場はありません。
    たろうさんに申し訳ないですが、私が見たのは確実に円盤であり飛行機ではないんですね・・
    また私は裸眼で1.5から2.0と視力は良かったです。

    ユーザーID:2922377276

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • お返事嬉しいです

    私は長い間ずっとUFOを見たことを深刻に考えていました。
    周りにひどく馬鹿にされたけど、自分が見たことは真実だから否定できないけど言えない。
    それからあの時代はまだ昭和だったせいか時々見るUFOの番組はどこか牧歌的でしたけど、
    平成になってからテレビでUFO番組を取り上げるのを見ると、未確認飛行物体を信じている人を馬鹿にしたり人格まで否定する人もいて見てて辛かったです。

    けれど今回改めて小町に書かせていただいたら、
    「面白い」「素敵」という言葉を頂いて、不思議と明るい気持ちになりました。


    地球人さんがお住まいの所で普通にUFOを見るとおっしゃっていましたが、以前アメリカにそういう場所があることをテレビで見たような気がします。
    いいですねUFOを明るく肯定されていて素敵だなと思いました。遠くから見るのでしょうか?

    私もテレビで多くのパイロットがUFOを目撃しても普通は言わないのが暗黙の了解だと言っていたのを聞きました。
    それは多くの人がUFOを公言したら一般の人がパニックを起こしてしまうからだそうです。

    多胡天さんの言う通り、人間の限界ですよね。
    隣国の核のミサイルにおびえているのに、瞬時に現れては消えるUFOには危機感を持つことがないのは、人間の知の限界だからですよね。
    隕石がおちてくることまで予測できるのにUFOの出現は予測できないですし・・

    宇宙人は未来の人間ではなく宇宙にいる生物もやはり可能性としてあるのかもしれませんが、私は未来人間だと考えていました。
    未来の地球人がUFOに乗って時間旅行をしているのかな・・
    未来の人はきっと沢山いるはずだけど、実際UFOに乗ってこちらに来れるのはビップな立場だけだったりして・・考えます。

    しつこく言うと、私が目撃したUFOは私の目の前で一気に消えました。
    それはきっと光より早く移動できるのだと思っています。

    ユーザーID:2922377276

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • たろうさんのレスになるほどと思った

    蜃気楼みたいに光学的な歪みがあれば、航空機の形が麦わら帽子の形に、翼の赤色・緑色の灯火が分光して赤とオレンジ・青と緑に見えるかも。
    フッと消えたのも蜃気楼だったら納得できます。
    どこか遠くを飛んでた航空機を大気のレンズを通して歪んだ形で見ちゃったんでしょうね。

    未来人だったら…のトピ主さんの洞察も心理学的には筋が通っています。
    ただ、未来人が過去への干渉を自ら禁止してるんだったら、そもそも目撃されること自体、大失敗なんですよね。
    未来からの訪問者の存在そのものが過去の人類の意識を変えてしまい、歴史が変わってしまう可能性があります。
    自分たちの存在に気づかれてはいけないのなら、ピカピカ光りながら空飛んだりしちゃいけない。

    よって、光を発しながら空を飛ぶ乗り物に乗ってる何者かが実在するとしたら、それは現存する地球人に目撃されても平気な立場のはずです。
    見られても全然平気な感じで飛んでるってことは、思いっきり強気な立場(=超大国の軍隊)か、でなければ別の星の人かなと思います。
    実在するなら、ですけどね。

    ユーザーID:8721911908

  • 未来からの地球人だと思います

    何故ならば、一瞬とはいえ過去の地球人に姿を見られてしまったのですから。
    宇宙人ならば、そんな間抜けなことしません。

    ユーザーID:8327914701

  • みなさんの優しさが嬉しいです

    ハートレスさん、私も目撃した円盤が飛行機だったらどんなにいいかと思ったことがあります。
    それは13歳のあの日、円盤を目撃した出来事と男子に嘲笑された出来事が私の心に強く残っていて、その後の私の性格に大きな影響を及ぼしたと思っているからです。
    異端論者は排除されるという体験をしました。今の自分は世の中のマイノリティー派を支持する人間になりましたが、この出来事が一因したと思っています。

    時にユングを読んで、「個人的存在が失われつつある現代人が無意識のうちに自己の救済存在として天空にUFOを空想するのだ」という説を飲みこもうとしましたが、
    自分が目撃したのは13歳だったことを考えると腑に落ちなくてできませんでした。
    高校生になってから友人が「ムー」の雑誌を貸してくれましたが、自分自身が本当に円盤を見ているせいかその雑誌の内容に共感はできても、空想っぽく思える内容も記載してあったので興味が持てませんでした。
    ただ、UFOの記事を読んでから円盤を目撃している人の多くが、
    鉄塔の側でUFOを目撃していることが分かりました。私も鉄塔の側で目撃しました。何か意味があるのだと思いました。

    まりもさんの、「UFOぽく麦わら帽子型に設計してしまったのは、未来人たちのユーモアなのかもしれません」し、究極の形なのかもしれません。360度見る事ができて自由自在に動けて・・トンボの目みたいなものですね。

    私は大人の歩数で20歩の距離で見たと書きましたが、本当はもっと近かったかもしれません。
    私の視界全てにいたUFO、ぐるりと目を回して円盤の形を確認したあとは「窓がない」「電光」に視線が釘付けで、その後ろの景色が見えませんでした。

    みなさんの明るいコメントがほっとします。私もそうありたいです。

    ユーザーID:2922377276

  • トピ主のコメント(10件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧