• ホーム
  • 口コミ
  • 短期留学で友達が出来なかった。私自身に何か問題あり?

短期留学で友達が出来なかった。私自身に何か問題あり?

レス24
(トピ主0
お気に入り76

旅行・国内外の地域情報

Yulia

初投稿します。2ヶ月間語学留学していましたが、友達が一人も出来ませんでした。
現在一時帰国中で日本にいる間にできることは何でしょうか?
外国語の勉強以外で自分自身の性格を変えるためにはまず何をすれば良いのでしょうか?

今回、語学学校やイベントを通して約30〜40人くらいFACEBOOKを交換しましたが
友達というよりただのクラスメイトや知り合い程度。
もちろん会えば挨拶するけどそれ以上続かないし個人的にメッセージでやり取りしたり遊びに出掛けたりする人が一人もいなかった。いつも一人で図書館で勉強したり街を観光したり美味しいレストランに行ったりしていた。
今年の夏に再渡航し次回は長期滞在になります。
同じ場所に戻るので短期留学中に出会った知り合いがたくさんいます。
充実とした留学生活を送りたいので日本にいる間に自分を見つめ直したいです。

実は日本にいた時からあまり友達がいなく悩んでいました。学生時代は変わり者扱いされ周りから孤立し不登校を経験しました。そんな自分を変えたく海外に行く決意をしました。
環境や人のせいではなく明らかに私自身の問題だと自覚しているので
家族に相談してみましたが大した答えは得られず。
もっとオープンになってみて!笑顔!愛嬌!自分からどんどん話しかけてとアドバイスされ実践してみましたが、相手があまり乗り気じゃない様子。なぜか他人から嫌われやすく少ししか話したことがなくても避けられうまく人間関係を築くことができません。人とは違った不思議な感じがすると言われました。
美人ではありませんが化粧やファッションを研究し第一印象を良くする努力はしているのですが、どこがいけないのでしょうか。無趣味で会話が続かず、キツそうな顔立ちに見られるのは確かですが。
一度きりの人生を諦めたくないので出来る限りのことはやって改善したいです。アドバイスしていただけると幸いです。

ユーザーID:3677833537

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数24

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 押してダメなら

    引いてみな。

    と、いうやつですね。
    トピ主さんと似た悩みを昔もってた者からのアドバイスですが、
    「友達ほしい!」と求めてると、それが伝わって相手は疲れてしまうので、
    人に求めず、自分一人でも楽しんで生きるように意識すると、自然とお友達もできるんですよ。
    一番難しいと思いますが。
    短期間でできると思わずに、気長にやってみるといいですよ。

    ユーザーID:7471770453

  • 誘われるのを待ってはいませんか?

    どんな言語を学ぼうとも 社交性を学ぶことはとは違いますし、社交性が無い、または低い人が 日本語ではできなかったことが別の言語、別の国ではいきなりできるようになる、とは思いません。

    つまり日本で出来なかった友達作りが海外に行ったからといって急にできるようにはなりません。むしろ外国語なので そのレベルによって友達なんて余計に難しいかも。。

    語学留学なので友達というのは日本人ではなく外国人、ですよね?
    恐らく年齢も目的も(この後国に戻る、仕事で語学習得の為来ている、親に言われたから、大学へ通う前の学校 等)滞在期間も様々だと思います。

    現地の国の人と友達レベルになるにはトピ主さんが相当な実力がないと難しいです。

    同じ留学生同志ならやはり同じレベルのクラスメートと友達になるのが手っ取り早いでしょう。

    そして今まで一人で行っていた旅行やレストランなどに誘ってみるところから始めてみましょう。友達が増えてきたら、パーティに招待したり誘われたり、留学時代にはそんな事もしていましたよ、私は。

    皆初めてその国に来て語学を学んでいる、というのは同じ土俵です。知らない事も知っている事も大体一緒。それに皆友達が欲しいのです。
    勇気を出して声をかけて「週末に遊ばない?」と2,3人誘ってみましょう。2人だけだとずっと話をしてないと黙ったりしてしまうかもしれないから、4人位で遊べるようにしてみたらどうですか?相手から用事などで断れても大して気にしないことです。

    ユーザーID:3086815090

  • 「自分」がかなり大きな割合を占めている

    私が知っている友達の出来ない人の大半は
    人の気持ちが読めない人ですね。

    何事も「自分」がかなり大きな割合を占めています。

    どのように聞けば相手がどう思うかが分からないらしく
    他人が引くような発言をしてドン引かれていますね。

    「人とは違った不思議な感じがする」とは
    本来普通の人は当たり前に周りを気遣っている事が
    出来ていないから、違和感を感じるのだと思います。

    例えば「あなた、どうしてそれをしないの?」と聞いたとします。
    これも時と場合とが大きく変わってきますが
    大抵は『私はそれをした方が良い』と思っている場合で
    『それをしないなんておかしい』という責めるニュアンスを
    多少なりとも含んでいると思われます。

    一般的な人は『それをしないなんておかしい』と言われても平気な人も
    その言葉の責めるニュアンスを理解して、責める気が無ければ
    言い方をソフトにしてみたり、始めから言わなかったりで対応してます。

    私の知る友達の出来ない人は『それをしないなんておかしい』が平気であるか
    もしくは純粋にしない事を不思議に思って、ズバッと聞いてみたりするのです。

    皆が当たり前に使っている気が使えていない事に気付いていない。
    自分が平気だから、自分が聞きたいからで、「自分」しか見えていない。

    自分は平気だけど相手はどうかな?一般的にはどうかな?と考えられない。

    『普通はしない事』を本人は気付かずにやってしまっているのです。
    『普通はしない事』を本人が気付いていてわざとやっている場合とは
    明らかに違う対応になりますよね。

    それが多分主様の不思議な感じ、他人が感じる違和感だろうと思います。

    ユーザーID:4670536965

  • 勘違いしてはいけない

    まずもうお気づきだと思いますが、海外に行っただけで自分の性格が変わることはありません。
    自分を変えるために留学、というのがそもそもおかしいのです。
    なぜ留学したいのですか?何を勉強するつもりなのですか?

    引っ込み思案、話下手、成績も中の下だった私が大学、大学院留学を経て思うことですが
    今現在自分の性格が少しは積極的になったのは、
    笑顔や友達うんぬんより、勉強したいことを見つけ、絶対に良い成績をとり、
    きちんと卒業してみせる!と必死になったからだと思います。
    授業の中でグループになったりしたあと、同じ目的・目標の為に励ましあうところから
    「友達」と呼べるようになっていきました。

    考えてもみてください。
    そもそもその国で一番重要な言葉が完璧でないのなら、
    100%理解してもらえるはずがないし、また相手を理解できるはずもない。
    コミュニケーションがそう簡単に取れるようにならないのは当然です。
    いくら笑顔を浮かべていても、何のための笑顔なのか相手に伝わらなければ気味悪いだけです。
    笑っている場合ではないのです。
    あなたが何をしたいか、何を目標に生きているのかを見せないと。

    まずは何のための留学なのか、目的・目標を見つめなおしたほうがいいです。
    「性格を変えるため」、それだけでは不十分です。
    というよりも、そういうものは、
    目的のためにつらいことも苦しいことも耐えられるか、乗り越えられてついてくるものです。

    今までのつらい経験についてはお察ししますが、そこにとらわれて解決できる問題ではありません。

    ユーザーID:5941844580

  • FACEBOOKを交換したからって

    すぐ仲のいい友達になれるわけではないってことはご存知ですよね。

    また外国人はノリがいいからすぐフレンドリーな関係が築けるということもありません。

    >>もちろん会えば挨拶するけどそれ以上続かないし<< とご自分でも書いていますが、笑顔でこんにちはと挨拶するだけでそれ以上会話する姿勢を見せないのならそれまでです。

    じゃあどうしたらいいのか。一度家に招待をして日本食を振る舞うなどパーティーをしてみたらどうですか。気の合いそうな人を二人くらいでも。家が狭いとか外国人は気にしません。
    得意な事は何ですか。楽器を弾くのが好きならその時披露してみるとか。

    お化粧やファッションの見た目より、もっとあなたがどういう人なのかアピールした方ががいいと思います。

    ユーザーID:3616941837

  • 人に好かれる人を参考に

    私も若い頃はそうでした。家族は相談できる関係じゃなかったし、インターネットも普及しておらず、こうやって相談することも出来ませんでした。
    でもやっぱり自分を変えたいと転職や留学をしました。
    とりあえず何でも試して反応を見てみるといいですよ。嫌われても離れればいいだけなのが、短期留学の良いところ。逆に、短期留学では深い関係になりにくいものです。誰からも連絡が来なくても当然。私は今は国際結婚して永住してますが、その前に何度か留学した時は、仲良くなってもいつの間にか疎遠になってました。特に都会出身ではなかったので、ほとんどが東京や大阪出身で帰国しても交流が続く中、私は田舎で年賀状のやり取りをするぐらいでした。

    いいなと思う人を参考にしてみてください。無理しすぎて辛くなった時もあったけど、こういうキャラは自分には合わないと分かりました。今は、普通に友人も出来るようになりました。避けられる事を恐れないでね。全員に好かれるのは無理です。避けられても嫌われていなければ、いつか仲良くなれる時もきます。相手もきっかけを待っているだけかもしれません。ゆるく頑張って。

    ユーザーID:1509569821

  • 何のために長期留学を?

    友達を作るためだけだったら、お金がもったいないというか。

    >いつも一人で図書館で勉強したり街を観光したり美味しいレストランに行ったりしていた。
    のを、仲良くなりたい人を誘って一緒にするのは?

    友達って頑張って作るもの、じゃないと思う。
    化粧・ファッションを頑張るのは相手のためじゃなくて自分のためだから、それができれば仲良くなれるかというと違うよ。友達になりたい、と思う人ができたら、その人が何が好きでどんなものに興味があるのか、と考えれば、会話も続くと思うよ。恋愛したことありますか?自分の気持ちを一方的におしつけるだけでは発展しないし、相手の異性の好みや好きなものを知ろうとしますよね。友だちも一緒ですよ。

    友達ができないのは、特定の誰かと仲良くなりたいと思っていなく、「誰でもいいから」というのを周囲が感じているのかも。他人から嫌われやすく、避けられてしまう。というのは、たぶん言動が自分勝手だったり、相手の言う事を否定したり、聞いたことと全然違うことを返事してしまうとか、相手の話を聞かない・・・のかも。それとか、すぐに「自分なんて・・・」と言ってしまうとかね。

    無趣味ということは、どんなことも趣味に出来るかもしれないという風にも考えられるよ。友達になりたい、という人がしていることをあなたも始めれば、共通の話題も出来るし一緒に何かができます。

    私も学生時代留学して、親元から始めて離れて少しは自分が変わったなって思います。長期留学であれば、色んな出会いもあるしトラブル解決ひとりでしたり、悩んだり笑ったり泣いたりこれからたくさんあるから、そういう中で気がついたら「ともだち」ができていると思う。今みたいに悩む時間も無駄じゃないから、頑張って

    ユーザーID:8616775281

  • 性格云々より情報が必要

    あなたは友達が出来ないのは、性格の様に思っている様ですね。
    世間には確かに話し易い人、話し難い人居ますね。

    何が違うのか。
    話し易い人はどんな話題を振っても、受け答え出来る人はです。
    そして自分の意見を持った人です。

    話し難い人は話題を振っても、話題自体に興味や知識がない為に話しが続きません。
    そして自分の意見を持っていない人が多いです。
    面白味のない、つまらない人です。

    要は色々な情報や知識のある人の方が、話が続く事の方が多いのです。
    あなたは何事にも興味を持たない、情報も貪欲に取り入れない方の印象を持ちました。

    情報の無さ、知識の無さがあなたをつまらない人にしているのです。
    どんな話を振られても受け答え出来たり、自分の意見を言う事が出来るようにする事です。

    どこの国に行ったとしても、話しの続かない人は友達が出来難いですよ。

    メディアで有るニュース、新聞、テレビ、映画などで沢山の知識や情報を得て下さい。
    何か好きな事でも良いですよ。

    要は人と話せるだけの話題の貯金をすれば、人と話す事、友人を作り易いという事です。
    海外に語学の勉強に行かれるなら、日本の事を沢山紹介するとか、食べ物の話、交通事情、
    若者のトレンドとかいくらでも話題はあるはずですよ。

    話題さえあれば友達作りなどは簡単な事だと思います。

    ユーザーID:3189896703

  • 留学生には二通りあります

    勉強目的で、頑張る人か、海外で学生してたと言う事だけで良く、勉強は如何でも良い人。この二通りです。
    何方にも、友達はできます。しかし、

    前者は、時間が掛かります。何しろ、自分に大切なのは、勉強だと自覚しているから、、、しかし、友達として寄ってくる人も、同じ様な人が多い。つまり、勉強や将来の話に共通項があって友達になります。

    後者は暇で、遊び相手を探しているので、直ぐに、親しくなります。きっと表面上は密接になるでしょうが、所詮、暇つぶしの期間なので、帰国が決まれば、サッパリ関係は途絶えます。

    何方が良いか、トピ様にあっているのか、ご自分で選ぶしかないです。

    でも、トピを読む限り、トピ様は後者かな?ファッションや見た目を研究したり、愛想よくしてでも、友達が欲しいと、言う事ですから。一言、言わせてください。海外に留学して結婚相手を探そうと言うなら、必死で勉強する方をお勧めします。エリートには、エリートが付いてきます。海外には変な男性も沢山集まってきます。悪い男友達を掴まないように!折角の一生を遊学で、失礼、留学で棒に振らないように!

    ユーザーID:6097133571

  • とりあえずターゲットを絞ってみては?

    2か月間で、30〜40人の知り合いが出来たけど、
    そこから友達に進めたいけど、進まないってことですよね?

    友達になりたい、って目標がハッキリあるみたいなので、
    30〜40人のうちの、特に好きだなと思う数人に的を絞って、
    1人1人攻略していくのがいいんじゃないかと思うんですが、
    そういうのはもうやった後でしょうか?

    >会えば挨拶するけどそれ以上続かないし
    >個人的にメッセージでやり取りしたり
    >遊びに出掛けたりする人が一人もいなかった。

    これは、自分は個人的なメッセージを送ったけど返事が来なかったとか、
    遊びに出掛けようと誘ったけど、全員に断られた、
    ということなのでしょうか?

    なんとなく、まだ、
    誰にも個人的な連絡もしてないし、誘ったりもしてないような印象を受けたのですが、
    そういうことでもないんですかね?

    まず、気が合いそうな人1人に絞って、
    その人と仲良くなるようにがんばってみては?
    で、返事も来ないし、誘っても断られるなら、次に行く。

    「モテない男の婚活」みたいなものを感じるので、
    受け入れてくれる人を探して、次々アタックするのがよさそうに思ったのですが。



    トピ主さんは、友達が欲しいとのことですが、友達と何がしたいとか具体的にありますか?
    「無趣味で会話が続かず」とありますが、
    勉強や、街観光や、美味しいレストランは好きなんですよね?

    では、その話をふればどうでしょう?
    「美味しいレストランに一緒に行かない?」とか、
    「一緒街歩きしない?」「一緒に勉強しない?」とか。

    【自分】が「無趣味で会話が続かない」ならば、【相手の話】を聞くとか。
    興味がない話には上の空、とかにはなっていませんか?
    友達になりたい人の話を、興味を持って聞いていますか?

    ユーザーID:8341229586

  • シャドーニング

    例えば、相手が飲み物を飲みはじめたら、あなたも一口飲む。

    相手がゆっくり話すなら、あなたもゆっくり話す。

    相手のペースを意識して、ペースというか、呼吸を合わせることで、相手の好印象を引き出せる。

    心理学実験でも有名なものですが、営業先でお客さまに気に入って頂くまでの導入に紹介されます。

    トピ主さん、どうぞ焦らずに。
    もしかすると、トピ主さんは一生懸命すぎて必死なあまり余裕がないのかもしれません。
    余裕がない人には、誰しも近づきにくいものです。

    相手にペースを合わせると、自然と相手をよくみるようになります。

    相手がわかり始めると、自然とつながりはじめます。

    まずは、日本にいる間に試してみて下さい。
    その効果があったら、留学先で使ってみて下さい。

    ちなみに、このテクニックは、アメリカの心理学実験で証明され、MBAでも紹介されています。
    海外でも通用すると思いますよ。

    どうぞ、実り多い留学になりますように。

    ユーザーID:1539063426

  • 漠然と友達って言われても、そんなもんいらんだろ

    大人になったら、何にもする事ない時に暇つぶしする相手や
    トイレに一緒に行くような友達なんかいらんだろ?

    と普通のやつは思ってると思う

    だから、主さんみたいに「友達できませんでした」って言われても
    「何する友達が必要なの?」としか、こっちは言いようがない
    友達とか呼ぶ赤の他人を利用して
    自分の暇つぶしの相手や寂しい愚痴を聞く相手をただでしてもらおうととか思ってるなら
    みんな、そんなに暇でも無いし、
    ずーっと無料ボランティアする意欲もモチベーションも無いと思う


    サッカーがしたいなら、一緒にサッカーする奴と付き合うし
    話題も合うから、一緒に酒も飲むし、相手によっては、FBでいいねもするかもしれない

    Aって言う業界で仕事したいなら、その業界の奴と嫌でも知り合うし
    こっちの利益になる奴とうまくやってくために、
    相手にも利益があるようにWinWinを目指して付き合う


    つまり「こっちがやりたい事」ってのが前提にあって
    そこで知り合う人間と、五分五分にうまくやってくのが一番で
    それ以上に頼っても、頼られても
    重い奴を担ぐ羽目になるか、逆に重い奴と指さされるかでうまくいかないと思う



    そう言う目的意識のある現場でできる友達っていうのは、
    まあ「仕事できる奴」「サッカーできる奴」って言うのが価値だから
    仕事できれば、多少愛想が悪くっても友達たくさんできるし
    仕事できない奴は、どんなに媚び売りまくっても、他人から冷めた目線でしか見られない


    なので、逆説的だけど
    友達欲しかったら、仕事や趣味なんかで奴立つ情報持ってるとか、
    経験や人脈があるとか、
    そういう他人が利用できる自分になればいいんじゃない?

    あとは、こっちがいいなあと思う奴にだけ、ちょびっとずつ手伝うとか情報出すとか
    してけばいい

    ユーザーID:2167861448

  • そうねえ

    >友達というよりただのクラスメイトや知り合い程度

    こういう関係を「友達」と言う人もいます。
    だとしたら十分たくさん友達がいますよね。

    親友レベルだっていうなら、一生に数人できればいいところでは。
    2か月で出来るかどうかは賭けですね。

    トピ主さんはどんな「友達」が欲しいのでしょう。

    ところで、語学学校に何をしにいらしたのですか?
    目的意識が違う人たちの間にいても、友達は出来にくいと思いますよ。

    ユーザーID:7014892853

  • 表面的な事に捕らわれてる

    話かけるにしても、その人と本当に話したい?
    多分だけど相手に興味を持ててないんだと思います。
    知り合いのどこが好き?
    知り合いといて何が楽しい?
    そこが、まだ良くわかってないだけなんだと思う。

    友達になるには、まず相手を知りたいと思う気持ち、次に自分を伝える努力かな。
    別にたくさん話さなくてもいい、相手に好意をもっていれば挨拶だけでも、相手に何かは伝わります。

    トピ主さんは、知り合いが好きですか?もっと良く知りたいと思いますか?

    ユーザーID:4392523297

  • 日本で友達が出来ない人は海外でも出来ません

    ストレートなタイトルでごめんなさい。
    でも,自分を変えるために海外に・・っていう話は時々あるけど,日本人が日本で日本語環境の中で出来ないことは,他の地域に行ってもできませんよ。

    日本語を母国語とする人間どうしても,会話が続かないのに,外国語だったら繋げることができると思う?
    会話が続かない=相手に興味が無いです。
    話していて,自分に興味が無いんだーって感じる人に,敢えて寄っていこうとは誰も思いませんて。

    まずはとにかく,なんでも良いので始めてみて,会話になれることです。
    無趣味って書いてあるけど,毎日何をして過ごしているの?
    TV?ネットサーフィン?そしたら,それが貴方の趣味=好きなことじゃないのかな?

    今度は長期ってあるけど,カレッジか大学にでも行くの?それともまた語学学校?
    そのなかで,なにかしら歩み寄っていくしかないよ。
    2ヶ月なら孤独に耐えられた蚊もだけど,1年だと長いよー(経験者)

    とにかくなにか始めて見るしかないよ。
    手っ取り早く,いまは料理教室にでも通ってみたらどう?

    ユーザーID:8874541213

  • 同じ目標を持つ

    友だち作り以前に、もしかしたらトピ主さんはまだ本当に自分が何をしたいのか、何が好きなのか、見つけられていないのではないでしょうか。

    人と違っていてもいいんです。変わっているならいるで、その分野が何か見つければいいだけのことです。

    同じ目標や、同じ趣味を持つ人とは仲良くなりやすいです。
    自分が「本当に」興味があるクラブに入るとか、一人でもやり遂げたいことがある目標がある場合、自然と仲間ができていることが多いです。

    たとえばアニメオタクで孤独だった子が、アニメクラブに入った途端、そのものすごい知識量で仲間が大勢できたりするパターンです(はっきり言って海外にも仲間が増えます笑)。

    ずいぶん反省されているようですが、自分を無理に変えることなく、協調性や柔軟性などは学びつつも、自分が一番好きなことは何か、自分が一番したいことは何かを考えてみてください。応援しています。

    ユーザーID:4937558901

  • 友達作りに留学してるんですか?

    違うでしょ?

    お一人様平気そうだし、仲良くなれる方が出来れば良いくらいで良いんじゃないですか?

    しかし現地の人と話す機会は持った方が良いと思うので、パーティーとかは積極的に出た方が良いと思うけど。

    ユーザーID:5228195851

  • 友達って何?

    私は友達(日本でもこちらでも)が極端に少ないほうだという自覚がある海外永住者です。
    でも、私の場合は主さんみたいに友達が欲しいとは思っていないのですが・・・なぜ自分は友達が少ないのか、ということを考えることはあります。

    私の場合は、まず人に頼ることが出来ないんです。人に頼るのが嫌いなんです。
    自分で出来ることは、自分でさっさと完璧にやってしまいたい、そして、こんな言い方をすると嫌な奴かもしれませんが、自分で簡単に出来てしまうんですよ。
    例え失敗しても、自分の責任。誰かに頼って、失敗して他人を恨んだり責めたりもしたくないので、人には頼りません。
    そんな自分なので、他人に頼られるのも嫌なんです。

    自分で努力しないで、私に頼めば確実にやって貰えると思うから、端っから私にやらせようという人がたくさんいます。ギブ&テイクが成立しないんです。

    周囲を見ていると、「日本人同士」でも「現地人同士」でも、べったり寄りかかっている友人同士ってたくさんいます。
    私はパーソナルスペースが極端に広いのかもしれません。私なら、そこまで他人に踏み込んでもらいたくない、と思うようなことを、皆平気でやっています。全く関係のない私の目の前でも。私なら、「そんなこと第3者に知られたくもない」って思うようなことでも平気でやっています。

    たぶん、友達が多いっていう人は、パーソナルスペースが狭く、その境界線も曖昧で、かつ平気で他人を頼りにすることが出来る人が多いんだと思います。

    私は今のままの自分がいいですが、友達の欲しいトピ主さんは、たぶんもう少し「いい加減さ」を身に着ければ良いのかもしれませんね。
    ただし、他人に煩わされることも覚悟の上で。

    ユーザーID:4143871744

  • アドバイスできること

    2ヶ月でそれだけ知り合いができればいいのでは?
    トモダチの概念は人それぞれですが、インスタントラーメンのようにすぐに形になるものではありません。若いあなたに理解できるかわかりませんが、友情とはお味噌や年代物のワインのようにじっくりと時間をかけて熟成されていくものだと思います。私があなたに伝えたいのは、トモダチはできるものであって、決して作るものではないということ。出来たらラッキー、できなくても気にしない、たまたま縁がなかっただけのこと、そんな風におおらかに行きましょう。
    海外に出て、自分を変えたい、という気持ちは理解できますが、人はそうそう変われるものではありません。それよりも、人と同じことが美徳とされる傾向にある日本を脱出して、人と違って当たり前、という個性重視の国であなたはあなたらしく、生活なさっては如何でしょうか?自分を変える必要なんてない、というくらいの自信を持って、あなたはあなたらしく。誠実でいること、相手を思いやる気持ちが大事なのは万国共通ですからそこを少し意識して。そして最後に、一つ大事なこと。自分のために友人を。。なんて思っているうちはどこにいても友人なんて出来ないと思います。

    ユーザーID:2564884757

  • 苦労を共にすると

    こんにちは。長期留学楽しみですね。
    私は学部の時、アメリカへ短期の語学研修に行き、
    その後、交換留学と大学院進学でイギリスに行きました。

    短期の時は、出かけるレベルの友人はできましたが、
    数年後、いつの間にか疎遠になってしまいました。
    一緒に過ごしたのが一か月で、その後会ってなかったら
    そんなものだと思います。

    大学院時代にはフラット(日本でいうアパート)で
    1年間同居した2人と10年以上たった今でも親友です。
    日本人の友人より私のことを理解してくれています。
    院の厳しい勉強漬けの生活の中で、
    お互いが支えだったので、その絆が大きいと思います。

    私が日本で結婚式をした時に、友人たちが来日しました。
    私は職場や友人には海外院卒など、長期の海外暮らしを
    経験した日本人が何人もいるのですが、
    「わざわざ結婚式に日本まで駆けつけてくれるほど
    親しくなった人はいない」と2人の人に言われました。
    そのうちの一人はアメリカに10年住んだ人でしたが。

    本当の友人になれるかは時間だけでなく経験が大事です。
    ぜひ頼って頼られる関係を作ってください。
    ご飯を作ってあげ、遠慮せず甘え、話を聞いてあげ、
    自分も素直に話すようにしてください。
    一生の宝物になりますよ。

    ユーザーID:7973276590

  • 長期海外留学、就労してました

    20代でした。現地では外国人、日本人、いろんな人と付き合いがありましたが、帰国して20年たった今、一割も残ってないかな。付き合いのあった国の人はいろいろだったけど、こちらが留学先に戻る(私は一度もなし)など友人がいる場所に行く、もしく相手が日本に来る、なんてそうそうないし、日本人同士でも割と近隣に住む人ぐらいしか帰国後会いませんでした。あとは自然消滅です。会ってないと本当に年賀状程度、もしくはFACEBOOKの友達リストにあるくらい。私も帰国後、毎日何かと忙しいし、昔の友達のことばかり気にかけられません。

    私は年上の友人も結構いたのですが、亡くなっている人も何人かいます。こういう人とはもう友達付き合いは不可能ですよね。

    あなた、まさか友達作りに留学するんじゃないですよね。友達付き合いばかりして、実力をつけないと意味ないですよ。それはそうと、あなたその国の言葉が話せるんですか?会話が成立しないと友達はできづらいし、続きませんよ。もし会話力が今一つなら会話力向上に日本にいるうちから全力投球することをお勧めします。

    良い友達がいるのは人生の喜び、楽しみですが、会うは別れの始まりだとも思います。ちょっと出かけるくらいの人なら私もかなりいましたが、そんなのどちらかがその場を離れればすぐなくなってしまいます。友達作りを人生の目標にするのは違うと思いますよ。

    ユーザーID:6208429317

  • 自分探しと自分磨きから

    北米、オセアニア、ヨーロッパに留学、就労、結婚して移住しています。

    私の場合は、趣味の音楽でホストファミリーと演奏したり、アマチュアの楽団に入って少しずつ仲良くなりました。無趣味では接点がなかなかないですよね。何か一緒にできること、できれば目標に向かって、ということができれば、いいと思います。夏までに今まで興味があって、でも飛び込んで行けてなかったことを始めながら、現地で活動の場がないかリサーチして、日本にいるうちに連絡を取ってみると、スムーズかと。


    私の場合は、仕事の同僚は苦労を共にした分、深い付き合いができました。ボランティアで共に汗水垂らした仲間も、仕事の後飲みに行ったりして、仲良かったかも。後は、アパートとシェアした現地人とは気があって、たまに一緒にご飯を作ったり、帰国後も遊びに行って一緒に旅行もしました。

    同僚とは大人数で話すのは聞き取りも話すのもワンテンポ遅れていた当初は、2人ずつくらい家に招いて、和食を振る舞い、3人で会話をすると人となりが分かって、気の合う同僚が食事やパーティ、旅行に誘ってくれるようになりました。誘ってもらうのを待つのではなく、気の合いそうな少人数から声をかけてみると、いいかも。それでも、会話をできる語学力と自分磨き&自分探しは怠りなく。

    頑張って下さいね!

    ユーザーID:6915532389

  • 頑張る方向性を見定めよう

    うーん、心理学で言うところの「認知の歪み」かもしれませんね。

    友達を作るべきだ、親密な関係になるべきだ、変わり者は悪だ、という極端な思考があるように感じます。

    友達は必要なんでしょうか。そもそも友達の定義とは?唯一絶対の価値観なのでしょうか。

    遊んだり騒いだりする人は確かに目立ちますから、楽しそうだな〜羨ましいな〜自分も仲間に入れてもらいたいな〜、と思うのも分かります。

    でも、主さんは一人でできる人なんですよ。

    言語も文化も慣習も違う異国で、よそ者が、たった一人で、観光したりレストランで食事。

    これはかなりハイスペックです。

    迷わないように下調べするとか、食べたいものを注文できるようにコミュニケーションを取るとか、事件や事故に巻き込まれないように振る舞うなど、各方面への配慮ができることを意味していますからね。

    普通の人なら怖くて尻込みして泣いて帰ってくるような状況なのに、主さんは楽しく冒険できたのではありませんか?

    群れていないと何も出来ない、イベントは幹事にまかせて私はエンジョイするだけ、面倒くさいことは他人にやらせておいても問題なんて起きない、という人よりよっぽど自己を確立しています。

    つまり大人なんですよ。

    たぶん主さんは成熟しているのでしょう。

    学生はまだまだ考えが狭くて幼稚です。

    周りが主さんの価値に気が付かないだけですから、就職して社会人となれば「人とは違った不思議な感じ」は正しく評価されますよ。

    大丈夫、主さんはちっとも変じゃありません。

    一度きりの人生ですから、思う存分に自分を生きてください。

    学生という時代は、やりたいことだけを追求すればいいんですよ。

    ユーザーID:0547274566

  • 友だちづくりは数うちゃ当たる

    友だちができない、というのは自分から誘う回数が足りないだけです。
    回数を増やせば必ず友だちできますから安心してください。

    留学経験の自分からコツを伝授。
    ・出会ったら滞在予定期間を聞いて同じくらいの子をターゲットとしましょう
    ・日々のランチなら誘いやすいです
    ・クラス以外に、習い事、バイト、クラブ活動など視野を広げます
    ・シェアメイトおすすめです、そういう紹介所などあります
    ・家飲みが一番仲良くなれます、うちにご飯食べに来ない?で日本食を作ります、その点ホームステイよりアパートなどのほうが友達を作りやすい
    ・その外国語を学んで将来どうしたいのですか?世界の人は語学目的では来てないことが多い。自分の場合は料理、建築、医療、ファッションなどみんな先を夢見てました。結婚して住んでいるのでという人もいましたが、主さんもどうしていくのか考えながら過ごすといいです。

    ユーザーID:0892787928

レス求!トピ一覧