• ホーム
  • 話題
  • 海外小町さん、毎日どんなものを食べていますか

海外小町さん、毎日どんなものを食べていますか

レス38
(トピ主3
お気に入り229

生活・身近な話題

春の小川

当方ドイツ在住です。自宅では普段、西洋、アジア料理(日本食含む)を作っています。

和食というとアジの開きや塩サバを焼いて納豆などの副菜、サラダ、お味噌汁、ご飯。漬け丼とお味噌汁やソバと天ぷら等々。息子の為にお稲荷さんや海苔巻き。来客があると手巻き寿司など。
とりあえずお味噌汁を作ってご飯茶碗にご飯をよそうスタイルが日本食であると自分の中でカテゴライズしているようです。

よく作るベトナムやタイ料理の時のご飯は日本米ではないですし、ライスは付け合わせのように皿に盛ります。アジア料理は日本米よりその国の米の方がやっぱり合いますね。

大きなお店に行けばマグロ、生のタコ、白身魚があります。普通のスーパーマーケットにあるのはスモークサーモン、スモークした鯖、カニ足もどきのすり身、冷凍のエビ、スズキ、タコ、イカなどでしょうか。既に加工された魚製品です。こうやって文章にしてみても全然購買意欲はそそられませんね。

日本は季節を通して食材が豊富ですし、日本食ってやっぱり一番美味しいと思うのは今も変わりませんが、慣れなのでしょうか。この国での食事、日々自分が家族に作っている食事もまんざらではないなと感じています。

春になると市場に出まわる白アスパラも楽しみです。同じく春の野菜の行者ニンニクも売られますが、近所の林の草むらにも生えています。摘んでバターに混ぜます。パンにつけてもよし、お肉を焼いてもよし。冷凍庫で保存して一年を通して使っています。

今日のお昼は納豆パスタを食べました。納豆は海外あるあるの手作りです。少しのバターと醤油と七味。乾燥めかぶのもどしたのと塩昆布、大根おろしを入れました。これに赤ワインが実に合うのです。私の大好物で(安上り)最後の晩餐はこれがいいかな。

世界中にいる海外小町さんはいつもどんな食事をされているのか、少しほろ酔いになって興味を持ったある午後でした。

ユーザーID:3848766488

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数38

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 同じくドイツです

    うちは、子供が好きなものばかりになっています。
    カレーライスだの、メンチカツだの。

    魚は高い上に、子供が好きじゃないので、
    ほとんど全く作りません。

    味噌汁も、全然作らないですね。
    私が味噌があまり好きじゃないのと、
    スープ系のものを元々ほとんど作りません。
    多分、酒のつまみにならないからだと思います。

    ベトナム料理も、タイ料理も全然作りません。

    レンジとオーブンが独立していて、
    オーブンが大きいので、オーブンをよく使うようになりました。
    オーブンが勝手に1品つくってくれるのが便利ですね。

    白アスパラは、ドイツ名物ですが、
    皮をむいたり、茹でる時間が長く、私はあまり使わないです。
    子供もグリーンのほうが好きみたいです。

    納豆も、冷凍のものが売っていますが、滅多に食べないですね〜。
    非常食として、冷凍庫にいますが、
    3個パックを使い切るのに1ヵ月以上かかります。

    めかぶや、こんぶもまず買わないし。

    大根も大体おろさずに、煮物か炒め物にすることが多いです。

    同じドイツにいても、驚くほど全然違うもの食べていますね。
    日本にいても、きっと全然違うもの食べてたんだろうな〜と思います。

    うちは、トマトやきゅうりやブロッコリーやカリフラワー、
    たまねぎ、じゃがいも、ネギなど、キャベツ白菜など、
    普通に日本で買っていたものを使っています。

    あとは鶏肉、豚肉、牛肉、豆腐。

    にんじんが美味しいものにあたったことが一度もなく、
    ドイツのにんじんってなんでこんなに味がないのか不思議です。

    日本のにんじんと寿司屋と焼肉屋が恋しいです。
    牛肉も、ドイツのは赤身で美味しくないですよね〜。
    和牛やアメリカンビーフは高いし。

    ユーザーID:1810383161

  • アメリカです

    私も主さんと似た感じです。納豆は手作りではないですが、毎日食べています。アジア店に冷凍で日本の納豆が売っているので、毎回10−20セット(3パック1セットの納豆)まとめ買いです。日本に比べるとかなり高いですが、食べたくなるのと健康の為に食べています。最近の納豆のお気に入りの食べ方は、ブロッコリースプラウトと混ぜ、備え付けのタレをかけ、ワサビを少量混ぜて食べるのが好きです。

    日本食、アジア料理、西洋料理、メキシカンを中心に作っています。母親から料理を習わなかったのと、20代前半で5年近くホームステイした料理好きのフランス人ママとオーストラリア人パパから料理を結構習ったので、どちらかというと西洋料理の方が得意なんで、夕食は西洋料理が多いです。来客の時もリクエストされない限り、西洋料理でおもてなしです。

    豚まんも自分で作っています。朝は自分の分にたまに味噌汁作ります。味噌はどうしても郷土の味噌(米麦の合わせ味噌)でないとダメなので、毎年帰国の度に2、3個ほど持って帰っています(しらす、明太子、高菜も持ち帰っています)。朝はどうしても日本食でないとダメなんです。蕎麦、鍋焼きうどんもよく食べます。

    魚介系はほとんど冷凍ですね。ホールフーズ(オーガニック専門店)に行くと冷凍でないのが売っているので、そこを利用する感じでしょうか。

    朝は必ずウィートグラスか手作りアーモンドミルクを入れた、野菜/果物いっぱいのグリーンスムージーを作っています。600mlあっという間に飲み干してしまいます。
    日本食美味しいですよね。でも、日本食だけだとどうしても私はあっという間に飽きてしまうので、自分の作る料理、そして私もこの国(アメリカ全土というより、アメリカ都市部の)の料理も結構好きです(高いですが)。日本に居る時よりも野菜、果物を摂取する量が断然多いです。
    私の最後の晩餐は新鮮な鮨がいいです。

    ユーザーID:1176986025

  • 在米小町

    米国西海岸に住んで四半世紀、家族も米国人夫と、二人の子どもたちもこちらで生まれ育ったので、日本人とは言えないでしょう。 それでも、私が普段作る食事はどこか『和』の要素が入っているものが多いようです。 トピ主さんのようにお茶碗にご飯をよそって、納豆やお味噌汁と一緒に、ということは実はめったにしませんが、ブロッコリーを蒸してポン酢をかけたり、野菜炒めにお醤油やオイスターソースで味付けしたりというのはよくやっています。 和洋折衷というか、自分スタイルというか。 インターネットのおかげで、クックパッ○などのお料理サイトが見られるようになり、料理の幅が広がりました。 材料が手に入らないものもあるけれど、その辺は臨機応変で、おいしければいいやと肩の力を抜いてやっています。 

    日本のもので一番恋しいのは野菜類でしょうか。 れんこんやごぼう、里芋などやはり手に入りにくいし、冬の鍋に欠かせない白菜や大根、春菊などもいつもいつも手に入りません。 なので、たまに日本のスーパー(自宅から2時間ほど離れた所にあるので、そこに行くのは私にとっていつもすごく楽しみなことなのです)では、山のように食材を買い込んで家族にあきれられています。 日本に一時帰国するときもスーツケースはほとんど乾物などの食材と本で埋まってしまいます。

    ちなみに、昨夜はタイのヌードルディッシュを作って食べました。シラントロがうちにあったので。 もやしとピーナツとシラントロをたくさん載せて。 その前日はカボチャの薄切りを焼いて、牛ミンチと干し椎茸、にんじんなどを刻んだものを炒めて作った餡をかけて食べました。 お味噌汁を作りたかったけれど、具になりそうな適当なものがなかったので、中華スープにしました。

    他の方のレスも楽しみです。

    ユーザーID:5484074070

  • 日本でほっけの開きが食べたいな

    色々工夫されていますね、素晴らしい〜!

    こちらはアメリカ中西部在住です。
    海が近くにないので、魚介類はほとんど買えません。
    冷凍サーモン、冷凍エビ、タラは高級品として買えますが、日本の味を知ってしまっている舌にはその値段で買いたくないなと思ってしまいます。

    アメリカお得意のお肉ですが、大きな塊で売っていて、薄切りのお肉が売っていません!泣
    ひき肉は牛はたくさん売ってます。鶏肉の代わりにターキーです。豚ひき肉は何が入っているのか怪しいので、日本食スーパーまで買いに行きます。

    幸い、日本食スーパーが近所にあるので、日本の調味料は購入でき、お米も毎日食べられます。

    そんな条件下で、アメリカ人の主人も食べられそうな和食&日本的な洋食を作っています。
    ごはんに味噌汁、炊き込みご飯、雑炊、茶碗蒸し、あんかけ豆腐、豚の角煮、カレー、つくね、ターキーそぼろ、キムチ鍋、鶏ハム、鶏肉の炒め物、生姜焼きステーキ、グラタン、ハンバーグなど。

    アジア系スーパーで買った日には中国、韓国、タイ、ベトナムにも挑戦しています。
    麻婆豆腐、餃子、油淋鶏、ビビンバ、トッポギ、ユッケジャン、パッタイ、トムヤムクン、フォーなど。

    アメリカ料理は修行中です。
    ポテトサラダ、マッシュドポテト、チキン&ライス、チキンスープ、オーブン焼き、現地の野菜を使った料理など。

    アメリカのこの地域では野菜が新鮮なので、現地の人は難しい味付けをせずに蒸したりオーブンで焼いて塩コショウのみで食べています。
    やってみたらとても美味しかったので、野菜をメインにする日も増えました。

    納豆パスタ、美味しいですよね!時々日本食スーパーで買って、ひとりランチで楽しんでいます。最高ですね。私も最後の晩餐は納豆パスタとワイン(あと日本酒)でOKです。

    小町では他の海外小町さんのお話を聞けるので、いつも楽しみです。

    ユーザーID:2073831675

  • いいもの食べてますねー。

    うちも、まんざらでもないですよー。
    在英ですが夫が欧州人なのでイギリス料理はまず食べませーん。
    季節感のあるものって日本みたいに沢山種類はないですが、行者ニンニクいいですよね!
    夏はベリー類も豊富で安いし、世界各国の食材も比較的手頃に入手可で、こちらにいる方がトータルで満足度の高い食事が作れるように思います。こちらに来てからはアラブ、アフリカ系料理も少しなじみが出、いつもよく作るイタリアン、フレンチ、インド系の物に加えバリエーションが増えました。ネットでいいレシピサイトがいくらでもあって本当に助かります。
    和食に関しては主さんと似たような感じです。食材が限られ苦労するので頻繁には作りませんが、子供たちの一番好きなのはやはり和食で、成人した長男が帰省するとリクエストはほぼ和食で埋められます。一人暮らしのキッチンには梅干しも常備する息子で、もどき和食でも作り続けてきて良かったなと思ったり。
    あ、あと日本では和菓子を手作りしたことがなかったので、こちらに来ていろいろ作るようになってから、もともとあまり好きでなかったのが、好きになってきました。あとカツカレーというのも日本では自分で作った事、ありませんでした。

    ユーザーID:8422946371

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 毎日のご飯はやはり日本食

    バルセロナからです。
    普段の食事はやっぱり日本食になりますね。

    日本人にとって幸いなことに新鮮な魚介類が豊富なお国柄であること。
    野菜や果物も恵まれているので「日本食」を作ることはそれ程難しくありません。
    お米は普段は安いスペイン米、慣れればそれ程悪くはありません。
    ただ手巻き寿司の時だけはちょっとお高いスペイン産の日本米を使ってます。

    たまの週末はすき焼き、手巻き寿司が多いです。とんかつも頻繁。

    難点はゴボウが冬しか入手出来ないこと。豚汁好きの主人には我慢です。
    片栗粉(唐揚げ用)、海苔(寿司用)他調味料は安い韓国食材店で入手して
    経済的に済ませるようにしてますが、どうしても入手が難しい物は日本に帰る
    人に頼んで買ってきて貰うこともありますね。
    またお寿司には必須のガリ等は自家製で済ませます。

    またトマトは特筆すべき美味しさです。日本に居るときはそれ程好きではなかった
    のですが、こっちに来てから大好きになりました。
    ドイツは6月頃になるとシュパーゲルが美味しいですよね。
    バルセロナは冬のカルソッツ(ネギ)が美味しいです。これで鍋料理をすると
    本当にネギの旨味が身体に染み渡ります。

    日本に比べて食材は確実に安いのでお財布には優しい点が嬉しいです。

    私は日本食が好きですが、スペインのような国の「地の物」を使った和食も日本
    では中々味わえない美味しさではないかと思ってます。

    ユーザーID:4430013409

  • 基本洋食かな。

    スーパーに売られてる魚と言えば、サーモンとタラ。
    タラばかり数種類売ってることも…
    日本では薄切り肉ばかり使ってた私ですが、ほぼ毎日塊肉&厚切り肉の生活です。
    月2以上のペースでビーフステーキ焼いちゃう。楽だから。
    チキンもオーブンに入れて1時間放置で楽チンメニュー。
    豚肩ロース塊肉で煮豚。などなど、あ〜お肉食べすぎ…
    でも、日本風の洋食メニューが一番作りやすくて楽なんですよね。
    日本のお米も手に入りにくい場所なので、主食はパスタかジャガイモ。
    和食の日にだけご飯炊きます。
    たまにスーパーにジャマイカンレッドティラピアとか売ってると
    煮付けにしたりします。鯛の煮付けになります(笑)
    たしかに日本ほどスーパーで四季を感じることは少ないけど、
    茎ごと売られる芽キャベツとか、ルバーブ見ると季節を感じるかな。
    とりあえず肉摂取率が高いので、お野菜だけは毎日たくさん摂れるように考えてます。
    スープにサラダに煮物。
    手に入る野菜の種類も少ないけど、味は濃くて美味しい。
    でも、無性にレンコンやゴボウが食べたくなるな〜

    ユーザーID:3504749980

  • レスします

    行者ニンニクを茹でて、水気を切り、熱湯消毒した瓶に醤油と一緒に入れておくと、美味しい行者ニンニクの醤油漬けが出来ます。ニンニクと醤油は料理に使えます。

    ミョンイナムル(行者ニンニクのナムル)というものがあります。酸味があって、これで焼肉やウナギの白焼きを巻いて食べると、むちゃくちゃ美味しいんです。
    ミョンイナムル 作り方で検索してみて下さい。
    私は行者ニンニクが手に入らないので、韓国でまとめ買いしてます。

    ユーザーID:9766513175

  • 買い物に出るが面倒くさくって、宅配のお料理キット@アメリカ

    アメリカです。
    去年までは家で日本食から洋食まで何でも、日本のレシピで美味しく作ってました。料理は得意で、誰に見せても恥ずかしくない御節料理も作ってました。

    しかし最近「全てが面倒くさい病」になり、料理食材デリバリーキットを活用してます。
    ブルーエプロンとか、複数社使い回します。2人×3食で$60ほど。1人一食$10ですから別に安くもなく、私が作ればもっと美味しいものを安く手早くローカロリーで作れるんですけど、今は全てがダルくて出来る限り家に居たいんです。
    車で5分〜15分も走れば、オーガニックのスーパーから日本食材の店まであるんですが、いざ「献立考えて買い出し」という今まで当たり前にしてたことが無くなったら、それらのストレスに気づいてしまい。
    雨が降ろうが雪が降ろうが、メニューが決まってて家の冷蔵庫に人数分の食材が買い忘れなく入ってる。これが心の余裕。

    米国は家で料理する習慣がない人が多く、こういった食材キットは「家で料理するからには時間が少し掛かっても、手作り全てのプロセスを贅沢な時間として楽しみたい」みたいなコンセプトなので、日本の時短を目的とした内容ではありません。だから調理に40分から1時間かかる。
    買い物に行く前に冷蔵庫チェックしてある程度レシピ考えて、着替えて、化粧して、運転してスーパー行って買い物して…という時間が無くなった分が調理時間に失われてる気もしますが、化粧しなくていい、運転しなくていい、考えなくて良い気楽さが癖になってしまいました。

    メリットは、オーブンを使いこなせるようになったこと、スーパーで見かけるけど使い方が解らなかった食材を使いこなせるようになったこと、お肉もお魚も安全なものを探す必要がなくないこと。買い物で人に会わない。
    デメリットは太ったこと、ご飯を炊かなくなった=和食を作る機会が減った、一食作り切りなので纏め作り出来ないこと。

    ユーザーID:6179134380

  • 冷凍の魚使います。

    アメリカの日本人が比較的多いところに住んでいます。
    矢張り、料理は日本食が主になりますね。
    日本食料品店も一軒有りますが、規模が小さいので品が少ないし値段が高く
    もっぱら韓国食材店、中華食材店で野菜など購入しています。

    中華食材店などは、フレッシュな筍、蓮根、キノコ類と日本食に使える材料が安価で
    手に入るので週に一度は遠方に出向きます。

    海からは遠い州なので、マーケットで売られている生魚は古くて臭く殆ど買いません。
    もっぱら冷凍の魚を利用しています。
    エビなどは冷凍の方が美味しいですよ。

    さて本題の日本食ですが、魚は冷凍のサンマ、鯖、ハマチ、白身の魚などの焼き魚や煮付け、フライでしょうか。
    何とか種類は豊富では無いものの手には入るので助かっています。

    マグロやハマチの照り焼き、漬け丼、手巻き寿司、ちらし寿司。
    エビの天ぷら、中華炒め、パエリア、タイカレー等々。
    スパゲッティなどにもガーリックをいっぱい入れて使います。

    牛肉ですき焼き、牛丼、牛肉のミンチでソボロ、ハンバーグ、スイーディッシュミートボール。
    豚肉で生姜焼き、肉じゃが、豚キムチ、中華飯などでしょうか。

    来た当初はお米と醤油が有れば何とか日本食もどきは出来たのですが、
    日本食ブームのお陰で今は沢山日本の食材が手に入り、お寿司や魚が食べられるのは有難い事です。

    ユーザーID:6346542295

  • 全然参考にならないかもですが

    在米です。作るメニューはほぼ決まっています。週末以外、作るのは夕飯だけなので楽ですが、30分以内でささっと作れるものが絶対条件です。パスタ(ミートソースかペペロンチーノ)、麻婆豆腐、カレー、シチュー(ホワイトかビーフ)、ハンバーグ、鶏の唐揚、タコス、餃子、春巻き、チリー、ポットロースト、鶏のグリル、野菜たっぷりのスープ。週末は手を抜いて外食や、焼くだけのピザ、インスタントのパスタなどが多いです。チリーを食べた翌日はチリードッグにしたり、カレーは一日目はナンで食べて、二日目は白米で食べたり、パスタの種類を変えてみたり、とちょっとだけ変化をつけてます。新鮮な魚は手に入らないので、魚介類はまず食べてません。馴染みの味で食べられるものは、焼きそば、餃子、鶏の唐揚、ラーメンくらいですかね。納豆ももう数年食べてません。夫は典型的なアメリカ人なので、好きなものはマッシュポテトとグレービー、チキン、グリーンビーンズという感じ。でもカレー、ハンバーグ、麻婆豆腐、鶏の唐揚を作ると喜びます。サラダとフルーツは必ず食べるようにしています。時間との勝負なので、給食の献立のようにその週食べるものを予め考えて、買い物しています。私の知り合いに、餃子の皮から何から全て手作りで、レストランを開けそうなお料理上手さんがいます。羨ましいけれど、とても真似出来ないです・・・

    ユーザーID:3100925818

  • 羨ましい〜

    EU国の田舎にいます。日本食は家で作る事はほとんどありません。手に入らないし、家族がそんなに好きじゃないので限定したものしか作りません。寿司もゲストが来た時くらいです。郷に入れば郷に従えで生きて来たので自然に現地の料理が中心になり日本食は日本に行った時だけになっています。

    皆さん結構日本食を作っているので驚きました。住んでいるところの違いでしょうか?アジア系スーパーもありません。納豆、豆腐、味噌など見た事もないです。

    ユーザーID:4405227782

  • まずしか

    たまに食べる白いご飯にふりかけがごちそう。
    日本の小学校の給食のほうが数倍ゴージャスに思えます。
    イギリスなんで食生活がひどいもんです。
    日本の給食や社員食堂の食事、最高ですわ。

    基本的に日本の刑務所よりひどいもの毎日食べてます。

    昨日の晩御飯はただのトマト缶と玉ねぎ煮込んだのとペンネ。
    朝は、ばさばさのパンとか。
    なにも悪いことしていないのに、なんでこんなもの食べないといけないんでしょうかね。
    世帯年収1000万円超えなのに。
    食材の味も基本的に薄くておいしくないんです。

    おいしいなと思うものが紅茶とお菓子ぐらいですね。
    たまにお菓子をランチに食べてます。

    ユーザーID:8551928881

  • 同居人によるのでは

    同居人によって違うのでは?
    うちは夫がアジア料理嫌いで、一番おいしいのはバイエルン料理、北ドイツ特有の物は食べません。
    そして二番目に美味しいのはイタリア料理。
    そういいはるので、うちでは専らバイエルン料理とイタリア料理です。
    和食は作っても絶対に食べませんよ
    だから作りません。

    ユーザーID:9967447966

  • カナダです

    最近の寿司ブームでスーパーでも寿司ライス、醤油、海苔、味噌は手に入ります。もちろん、圧倒的にピザ、ハンバーガー、サンドイッチ、マカロニチーズなどが多いですが、和風のものもなるべく作っています。

    野菜は耐熱皿に入れて、オリーブオイルをかけてオーブンでグリル、または生で切っただけ、のパターンが多いです。葉っぱ野菜(ケールなど)もどんどんオーブンに入れています。あとは肉を適当に焼いて、添える。米は子供が生まれてから炊くようになりました。やはり炭水化物は必要だし、でも穀物のほうがプロセスしているパンよりいいと書いてあったので。

    和風でも洋風でもバルサミコ酢の使用頻度が高いです。

    魚はほとんど食べませんが、たまにスメルトに小麦粉をまぶして焼いたものや、白身魚のフライを子供用に作ります。大人はスモークされた鮭やサバやニシンをレモンやクリームチーズと食べます。

    あとは豆などを使ったインディアンカレーと、トマト系の煮込み(材料全てを入れて煮込むだけ)、豆サラダ、パスタサラダもよく作ります。

    休日の昼はパスタが多いですね。最近は日本のキノコ類が人気があってスーパーにも置いてあるので、何種か買ってきて、醤油系で味付けして和風スパゲティも作ります。

    みなさん、いろいろ工夫したり、買い出し頑張って和食に近いものを作っているのは素晴らしいですね。私はどうせ日本のと比べると美味しくないので、在住国の美味しいものを楽しめばいいや、と思っているぐらい、いい加減な感じです。その代わり、帰国すると買い食いの嵐です(笑)

    ユーザーID:3608499923

  • 在仏です。

    昨年南仏に越してきてから、まだ美味しい魚屋さんを見つけていないので、今のところ肉野菜中心のメニューです。こちらは野菜やフルーツはとても美味しいです。庭にはレモンやオレンジの木があるので、先日はリモンチェロも作ってみました。自宅で作る果実酒は、後味が新鮮なレモンの香りで美味しいです。

    夫がBBQ好きなので、週末に骨つき牛肉の塊を焼くことがあります。その時は大体チミチュリソースを作ります。アルゼンチンなどでは良く付け合わせに出て来るソースですが、とても気に入っています。材料はニンニクとパースリー、オリーブオイル、レモン汁、少量の唐辛子、塩で、ミキサーでガーッと混ぜれば出来上がりです。バジルを入れることもあります。

    あと、ステーキの時はロックフォールソースを作ります。サワークリームにロックフォールの塊を入れて煮るだけの簡単なソースです。

    南仏に来て作るようになったのは、ズッキーニの花の天ぷらですね。ビール・ワインのおつまみにも最高です。

    どなたかも書いていらっしゃいましたが、肉まんも家で作ると美味しいですね! 家にあるホームベーカリーに材料を放り込んでピザ生地にセットすると簡単にちょうど良く膨らむことに気がついてからは、しょっちゅう作っています。娘が肉まん・あんまん大好きなので。。。

    私の母は南の島の出身なので、子供の時から味噌汁やアジの開き、納豆といった普通の日本食は家で出ませんでした。だから、つい味噌汁の存在を忘れてしまいますし、納豆もつい数年前までは食べていませんでした。上の娘が大学に入ってからいきなり日本食に目覚め、納豆大好きっ子になってしまってからは、時々買っています。あと私はお米だけは、日本米でないと食べたくないので、パリから送ってもらっています。

    トピ主さんの納豆パスタは美味しそうですね! 私も食べてみたいです。

    ユーザーID:6087321070

  • 取り混ぜて

    お隣韓国在歴20年の主婦です。
    今日の夕食は牡蠣フライ、サラダ、パプリカの煮物、キムチ、味噌汁でした。
    こちらの材料で和食を作ると味が決まらないことが多いので、ブルコギ、チャプチェ、
    チョリムなどの韓国料理はよく作りますが、何となく和風になります。

    ユーザーID:8249696293

  • 皆さんのお料理、美味しそうですね!

    アメリカ在住25年、子供のいない夫婦です。

    今朝の朝ごはんの献立です。

    夫は全粒粉のトーストにピーナツバターと砂糖無添加のフルーツスプレッド。
    それにコーヒー。

    私は雑穀玄米ご飯と、納豆、キムチ。
    キノコと野菜のお味噌汁。ルイボスティー。

    上記に加えて、スクランブルエッグ、ホールフーズで前日に買った
    ケールのサラダ、ビーツサラダ、それにブルーベリーは二人とも共通です。

    以前は私も夫と同じ物を食べていましたが、
    最近は和食のほうが体にいいような気がして、朝はごはんとお味噌汁を食べることも多いです。

    飲み物とお味噌汁以外は、すべて一人一皿に盛り付けます。
    (食洗機に入れるには、これが一番簡単なので。)

    野菜や果物がお皿の半分、たんぱく質が4分の一、炭水化物が4分の一位の割合でしょうか。
    なるべく色がカラフルになるように心がけています。

    ご飯を炊くのは10日に一回ぐらいで、1食分ずつ冷凍。
    お味噌汁は前日に作っておきます。
    だから朝に作るのは、卵料理ぐらいですね。

    昼食はそれぞれ出先で外食するか、予定の会うときは一緒に
    近くのレストランに出かけます。

    夜はメインの肉か魚を決めれば、
    あとは蒸し野菜やサラダなど、ささっと作ります。

    夫が日本食をあまり食べないので、主菜はオーブンやグリルで焼いたり、
    ムニエルやピカタのようにフライパンで簡単に出来る洋食が多いですね。

    その代わり、週末に一度は日本食のレストランに出かけて、
    好きな物を注文します。

    私たちが住んでいる地域は健康志向の人が多く、
    オーガニックの食材が簡単に手に入り、スーパーやレストランも多く、
    恵まれていると思います。

    でもやはり日本の美味しい食事が懐かしいですね。

    ユーザーID:4921050102

  • 東南アジア在住

    東南アジア在住です。
    日系デパートやスーパーに行けば、割高だけどほぼ何でも手に入ります。
    ただし、私は「まったく日本と同じ状態」では海外に住む意味がそもそも
    ないと思うので、食事も和洋華折衷です。
    要するに栄養が取れて、健康で居られればなんでも良い。

    魚の鮮度がいまいち、どころか「いまに」な国なので、
    魚は日本製の缶詰が多いです。鯖缶とか。
    肉類はまあまあなので、豚肉を良く買います。
    卵は、生では食べられないです。危険すぎます。
    野菜もまあまあかなあ。
    毎日、一番盛りで安い野菜でナムル作ります。
    胡麻油必須なので、これだけは日本製を奮発しています。

    米は日本産は高いので、外国産のジャポニカ米です。
    これで十分です。安いしね。
    粗食で十分健康なので、安上がりです(笑)。

    ユーザーID:9043014930

  • トピ主です

    レス下さった皆様ありがとうございます

    海外小町さん達の日々の食卓の情景がありありと目に浮かんでくるようでした。全て興味深く読ませて頂きました。(3/17 EU様まで拝読)

    皆さん日本のあれが食べたい、あれが手に入ったらと思いつつ現地や他国料理をされて頑張っていらっしゃる。

    乳製品、果物、生ハーブ、、も日本に比べ安価なので、気軽に焼き菓子や様々な国籍料理にもチャレンジできる長所があります。

    またたび様のおっしゃる「トータルに満足度の高い食事が出来る」に同感です。多国籍人種の中での生活やネットによる恩恵もその理由になるかと。

    先日、近所のスーパーでタコ足の真空パックを発見!
    スペイン産でスポット品としてまれに出回るのです。心はすでにタコと芋のガリシア風やタコのアヒージョを思い描き、喜んで大量に買い込みました。多分行く度に後先の事を考えずタコ足を買ってしまうでしょう。冷凍できるのでまあいいか、、ってことで。

    リーキ葱とヒヨコ豆(缶)でスープを作るのですが、大量に作り1日目は本来のスープとして、2日目は日本のカレールーを投入してカレーにしてしまいます。ルーは少量で十分だし目先も変わったメニューになってお勧めです。

    後もう一つの1回で2度美味しいは、ムール貝の白ワイン蒸。貝を食べつくして残ったスープは冷蔵でとっておいてリゾットを作る。
    もう貝のお出汁が何とも言えません。どちらかというと貝よりこのスープ目当てです。

    ドイツ北部に住む知人は釣りが趣味でオランダでサバを釣ったりします。料理上手な夫人がサバをおろし昆布締めにしてバッテラを作る、、こんな自給自足にも憧れますが、私の所からは海も遠いし釣りをするにも免許がいるしで超非現実的です。

    では魚関係で現実的な話を。缶詰のオイルサーデイーンは丼にもパスタにも合う優れもの。非常食用に常備しておくといざという時に助かります。

    ユーザーID:3848766488

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • トピ主です

    ドイツのあーる様

    同じくドイツ在住ということで。人参、美味しくないですか。
    人参ジュースを作ると甘くて美味しいなあと思います。
    葉付きの先端が細めの人参は、それ以外のものと比べて繊細な味がします。

    ユーザーID:3848766488

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 国際結婚でドイツ暮らしです。

    ただ仕事の関係でイギリスにも暮らしました。イギリスのごはんのまずさがここでも書かれてますが私はベイクドビーンズなどが大好きでした。ドイツでも買ってます。また住んでいたのがマンチェスターで古いマーケットの魚屋さんなどでは安く魚が手に入りましたので刺身は怖いですが煮たり焼いたりしていました。
    ドイツでもトルコ系のマーケットで魚を買っています。
    もちろん肉よりは高いので週一度程度食べるだけです。納豆はつくり方は知っていますが私以外は夫も子供達も食べないので日本に里帰りをした時の楽しみで、和風のものはアジアンショップで韓国などのもの(日本のよりお安いです。)を使っています。里帰りの際や夫の出張で日本のカレー粉、和風スパゲティーソースなどを頼みます。
    もちろん義母に教わりこちらのごはんも作ります。夫の祖母がイタリア人なので、義母もイタリア料理が得意でそれがまたおいしいです。結果的に我が家の場合こちら風はドイツ料理というよりイタリア料理なので、日本人受けするので里帰りの際、親戚に作っても好評です。余談ですが義母との仲がうまくいっているのも料理を習っているおかげかもと思います。

    ユーザーID:2473244082

  • TRADER JOEに牛薄切り肉あります。鶏モモ肉骨皮なしもあります。豚薄切り肉は、無いようです。

    ユーザーID:4603770177

  • 揃うけど、選択肢は狭い

    在米です。
    日系スーパーがあるので、魚以外なら殆どそろいます。
    魚は種類が少なく、あっても美味しくないです。
    アジの開きも、サンマのお刺身(冷凍)も臭いし、イクラはしぼんでるので高いお金を払ってまでも買おうと思いません。
    次に日本に帰った時に食べればいいやと思っています。
    モノは揃っているけど、一級品ではないです。

    学生街に住んでいるのですが、中国からの留学生が多いです。
    彼らからの需要があるようで、近所のセブンイレブンに日本のインスタント麺類が5、6種類、日本のお菓子もたくさん(子供が歌舞伎揚げをよく買います)、伊藤園のお茶数種類、ミルクティー、森永のアロエヨーグルト(私がよく買います)、ブルドッグソース、第一パンのパンまで売っています。

    子供がいるので、なるべく日本の文化のお出汁(旨味)の味を知ってほしくて出汁のきいたものは作ろうとしてます。
    例えばお弁当には出汁巻き卵はマストです。
    豆を甘く煮るという、現地人からすると珍しい料理の煮豆も常備菜として冷蔵庫に置いています。
    甘酢漬けも合いそうな手ごろな野菜で常備菜としていますね。

    きっちり日本食を作っているわけではなく、日本食+洋食です。
    今日一日のご飯は、
    朝:納豆、キムチ、スクランブルエッグ、温野菜
    昼:梅干しおにぎり、出汁巻き卵、ニンジンの甘酢漬け
    夜:鳥そぼろと玉ねぎの和風スープ、サーモンとレタスのクレープ巻き、バターナッツ・スクワッシュの照り焼きダレ炒め、白人参とセロリの甘酢漬け、煮豆

    ユーザーID:0983442132

  • マレーシアです

    欧米在住の方の工夫には頭が下がります。
    こちらはありがたいことに、1.5〜2倍ほどのお金を出せばほとんど日本の調味料、食材、おかしが手に入ります。
    伊勢丹の醤油のバリエーションなんて地方のスーパー以上かもしれません。
    イオンもいたるところにあります。
    日本直輸入の野菜もありますが、ローカル野菜でもごぼう、大根、蓮根、里芋等々、馴染みのある野菜が手に入ります。おせち料理も作れますよ。
    華人の存在のおかげで、ムスリム国家ですが豚肉も食べられます。日本人御用達の店だと薄切り肉も用意してあります。
    魚はたまにローカルフィッシュにもチャレンジしつつ、生鮮市場で鯖や鯵を買って来て家で干物にしたりしています(出来合いも売っていますが高いので)。あとは鰆の漬け焼き、サーモンなど。
    南国ならではのトロピカルフルーツもよく食べます。中でもピンクのドラゴンフルーツが定番です。

    さて、実際に作るのは6割が和食、3割が中華、1割が洋食かローカル料理でしょうか。
    こちらに来て3年を過ぎるまではほとんど和食でしたが、せっかく住んでいるのにもったいないと思いローカル料理にも少しずつチャレンジしています。
    夫の希望もあって、夕食はたいてい白いご飯に合うおかずです。
    昨夜は日本からのお土産でいただいた崎陽軒の焼売と水餃子スープ、中華風野菜炒め、きゅうりとわかめの和えものでした。
    今夜は鶏の唐揚げかな?

    週末は外食が多いです。
    まだ幼い子供の好みもあり、和食か中華ばかりになってしまいますが。
    日本料理店はこちらでは日本におけるイタリアン的に浸透しているので、ローカライズされたなんちゃってから本格和食までいくらでもあり、しかもリーズナブルなのでありがたい限りです。

    ユーザーID:2056348840

  • 夫が和食苦手なので・・・

    在米20年になります。
    夫が和食をあまり好まないので、どうしても夫が食べられるものになってしまいます。

    肉食夫、肉があまり得意ではない私と子ども、こうなると、メニューを考えるだけで苦痛です(涙)
    良く作るのは、パスタ、チキン料理、メキシカン、タイ料理かなぁ。でもお米はどうしても食べたくなるので、とりあえず炊いておいて、夫向けの肉だらけの料理の時は、子どもとご飯、お味噌汁(お吸い物)、納豆、野菜炒め…みたいな感じで食べています。

    一年に一度の里帰りに「和食の食いだめ」するのを楽しみに日々生きていると言っても過言ではありません!(笑)

    ユーザーID:0755668328

  • なんでも揃う所にいます

    欧州に住んでいた時は、お米はカリフォルニア米(田牧米ゴールドが好きでした)を
    食べていました。
    魚は、地元の燻製の鯖がまるで和食!って感じだったので、これは、逆に日本に
    入って来て欲しいです。あと、生食用のツナが魚屋さんでときどき入手できたので、
    づけにして大事に大事にしてました。豚汁やお好み焼きを作りたい時は、薄切り肉の
    代わりにミンチを使ってました。大きくて長いキュウリや、ポインテッドキャベツや、
    スプリングオニオンが懐かしいです。

    今は東南アジアなのですが、割高ですが、何でも手に入ります。確か、沖縄に
    物流の拠点があるからだと思うのですが、九州の物が多い気がします。大分の
    大葉とか、宮崎のさつまいもとか。最近は、冷蔵の納豆まであって、私はあまり
    冷凍との違いが分からないのですが、納豆は冷蔵に限るという方も少なくないです。
    お米は、ベトナムのジャポニカ米が圧倒的に美味しいです。欧州には無かった鶏肉の
    ミンチも、薄切り肉も、ジャパニーズきゅうりという名の日本と同じきゅうりも
    入手できるので、食の点では暮らしやすいです。

    日本から近いせいもあるでしょうが、ボーダーレス化が進んでいると感じますねぇ。

    ユーザーID:9372415860

  • 楽しく読んでいます

    読んでいてとても楽しいです!

    薄切り肉や、皮つき骨なし鶏肉が見当たらない環境です。
    パーティのときは、コロッケや一口カツをたくさん作ります。スモークサーモンを使って、「ますのすし」のような押しずしを作ることもあります。型はお皿です。

    オイルサーディンをお醤油とバターで味付けしたスパゲッティ、なすとトマト、いわしとトマト、キャベツとじゃがいもとアンチョビのスパゲッティは、材料が手に入りやすいのでよく作ります。
    朝はごはんとお味噌汁です。お味噌汁は、たまねぎ、冷凍のほうれんそう、ひらたけのようなきのこなど活用します。
    日本直輸入のお米も売っていますが高いので、普段はアジア食材店で売っているカリフォルニアかスペインの丸いお米、節約が必要なときはスーパーで売っているイタリアのデザート用丸いお米を使います。

    生卵はたまに農場直送のものが買えたとき食べます。

    日本であまり見あたらない野菜では、チコリ、マーシュが気に入っています。
    バルサミコ醤油ドレッシング、バルサミコ味噌醤油ドレッシングなどを自分で作って、おいしく食べます。
    お肉屋さんで売っているパテやテリーヌやローストチキンはとてもおいしいです。もちろんチーズも。

    ユーザーID:2283077023

  • 二度目です

    沢山の方々が違った場所、状況で今日もこんなものやあんなものを作っている、
    と思うと何だか元気が出るというか・・中年に差し掛かり、これからも二人、この(ごはんのまずい)異国で暮らしていくのだろうか、と考えたりもするようになり、思考が暗い方へ行ったりしがちな中、とりあえず明日も元気で頑張るか、という気にさせられたトピでした。横ですが。
    ちなみに今日はパエリヤをしましたが、うちは好みでチョリソを入れます。スペイン人に言わせるとこれはもはやパエリヤではないとか?(でもおいしかったです。近所にいい魚屋があるので、ムール貝を沢山使って。)

    ユーザーID:8422946371

  • 食べたいものを食べます。

    パンダの国近くです。

    ローカルスーパーでも日本の食材が手に入るくらい食材には恵まれていますが
    割高。野菜はほぼ市場で調達。鶏、豚、魚も冷凍でないものがほしい時は
    同じく市場です。(最初は勇気いりました。)
    普段お弁当をもっていくので日〜木は自炊し余分につくります。
    自分の食べたいもの、家族のリクエスト、季節を考慮し、日々何を作ろうか、
    そしていかに簡単に出来るかを考え以下のものを...

    揚げ物(からあげ、エビフライ)、煮物(豚角煮、かぼちゃやさつまいも、筑前煮、大豆と昆布の煮物)、お味噌汁(毎度ではなく)、ステーキ、パスタ、カレー等々にプラス必ず野菜(葉物等)をつけます。

    冬は鍋が多し。ただ日本のように手のこんだ準備はせず、牛肉スライスや豆腐、ミートボール(買う)、きの子、白菜/レタスをスープでしゃぶしゃぶですが、うちは面倒なので、全部入れて一気に煮ます。(すごい手抜き...汗

    お雛様の時はちらし壽司、最近大きなたけのこが市場に出だしたので、茹でて若竹煮やたけのこごはん、夏はそうめん+天ぷら、冷麺(韓国風ではなくピーナッツソースで)、秋はしいたけ/栗ごはん、クリスマスはチキンを焼いたり。

    こちらに来た当初、魚はほとんど食べませんでした。なぜなら種類が不明、そしてまるまる一本。
    作り方や食べ方を教えてもらい、ここ最近土曜日は魚の日。
    今はまっているのはマナガツオ(まる一尾、お腹は魚屋さんで処理)。生姜と一緒に多めの油でこんがり焼いて取り出し、
    にんにくとブラックビーンをこれまた多めの油でよく炒め、お醤油をたらし、それを魚にかける。とってもおいしいです。
    冷凍したサバはとっても使えることがわかり、塩焼(クッキングシート+フライパンで)やサバ味噌。逆にサーモンはとても生臭くてだめでした。

    ユーザーID:9047892463

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧