• ホーム
  • 働く
  • 中学校教員から高校教員への転身について

中学校教員から高校教員への転身について

レス16
(トピ主0
お気に入り43

キャリア・職場

トピ主

関西地方在住の中学校教員です。

中学英語教師として5年勤務しました。
子どもが特別好きというわけではなく、高校教師になりたかったのですが、
高校採用が少ない年だったので諦め、中学で受験し採用されました。

中学教師という仕事も好きなのですが、毎日、日々の生徒指導や部活動指導、学校行事にばかり追われていて、自分が一番力を入れたい”英語教育”が出来ないことが不満です。

授業中静かにすることや、挨拶をしようとか、そういったことではなく、もっと英語を教えたい!
校則指導や家庭訪問、喧嘩の仲裁や見回りパトロール、そんなことばかりに日々追われ、本来したいことが出来ない現状に、疑問ばかりの日々です。

高校ならば、細かい生徒指導は少なさそうだし、もっと英語教育に専念できると思うのですが、高校の先生方、いかがでしょうか?


高校教師の大変なところや、中学から高校へ転身した方がいらっしゃれば、感想など、教えてほしいです。

今のところ、来年度に公立高校の採用試験を受けようかなと考えています。

ユーザーID:0853180353

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そんなにうまくいくかな

    こんにちは。

    高校なら授業にもっと力を注げる・・・・?
    それはどうでしょうね。

    高校こそ、赴任する学校によって全て決まってしまいます。
    中学のようにピンからキリまでの十人十色の生徒がいる環境とは違い
    高校は偏差値で区切られた生徒達の集団です。
    赴任する学校によっては今よりも更に生徒指導に追われることになるかも。

    私は進学校で数年、講師をした後に本採用となり
    赴任したのは県内で有名な教育困難校でした。
    進学校では生徒達と充実した日々を送り、教師という仕事は天職だ!などと思っていました。

    しかし教育困難校に赴任してからは服装指導、遅刻者の取り締まりや放課後指導、
    たばこや万引きへの対応、地域の巡回。
    生徒と信頼関係を築く以前に
    生徒の嫌な面ばかりを見なくてはならず・・・・。

    授業も、勉強を目的に学校に来ている生徒の割合は少なかったので
    授業開始時間になっても空席が目立ち、校内を探して生徒を教室に戻すところから。

    まぁ、自分はまだまだ未熟だったと思い知らされましたよ。

    運良く進学校に行ければいいですね。
    自分にとって都合の良いところだけみて転職しても
    思い通りにはならないかも知れません。

    ユーザーID:9548937678

  • 思い通りになれば

    公立高校に採用されたとして、そこそこの進学校に配属になれば理想通りになると思いますが、そうでない高校に配属になれば、学習指導も生活指導も中学校以上に大変になると思います。

    そういう覚悟があるのならどうぞ。何度かの異動の中で、一度はそのような高校の配属になると思いますよ。

    主さんは、どの校種でも不満があると、同じ考えを繰り返すような気がします。


    大変な中学校で、生徒たちがやる気を起こす授業を考えるのも、やり甲斐になると思いますがいかがでしょう?

    そうでないなら、意欲のある人が集まる英会話教室や塾の方が、主さんの理想に近づけると思います。
    あとは私立学校の採用試験を受けるか・・・。
    特に公立は小中高どの校種も、雑多な仕事がかなり増えましたよ。

    今のままの考えだと、主さんに出会う生徒さんが気の毒な気がします・・・。
    まだお若いので、よくお考えください。

    ユーザーID:7089219877

  • 理想と現実は違うのでは?

    中学生が相手だと毎日大変でしょうね。
    家で子どもから公立中学校の実態を聞いているので、保護者の一人としては一生懸命指導して下さる先生方に感謝しかありません。

    しかし、高校教師に転身したいというトピ主さんのお気持ちは分からなくもないですが、果たしてそんなに上手くいくでしょうか?
    配属先が俗に言う【教育困難校】になれば今と変わらない、いいえもっと大変になるかもしれませんよ。
    その覚悟はおありですか?

    ユーザーID:5880356978

  • 赴任先によるとしか・・・

    公立高校なら、赴任先によるとしか言えないのではないでしょうか。

    むしろ、入試で振り分けられている分、困難校には困難な生徒が多く集まり、中学生よりももっと指導しにくくなっていると思いますよ。授業もほとんど中学校の復習とか、中にはアルファベットもアヤシイ子もいたりします。

    実業系の高校は、生活指導も厳しいと思います。なぜなら、就職指導の一環だから。

    進学校は進学校で、進学実績を上げなければならないので、「英語教育」も「受験英語」優先かもしれないし。

    高校も、ユートピアではありませんよ。

    ユーザーID:8524539848

  • うーーーーん

    でしたら塾がおすすめです。

    高校も中学校と同じように指導しますよー。ちょっと私立はわかりませんが。

    ユーザーID:3115364608

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 偏差値の高い公立ばかりじゃないですよ?

    高校もいろいろです。
    あなたの望みは、公立高校では半分くらいしか叶えられないと思います。偏差値の高い私立の中高一環校か、私立の進学校なら100%叶えられるでしょう。
    息子は現在私立高校の進学校の教師ですが、以前は、偏差値の低い高校でした。勉強を教えることより、生徒指導が重点で、毎日、生徒のほぼ誰かが警察沙汰になるほど荒れていた学校で、大学時代、塾と予備校を掛け持ちしてアルバイトした経験上、しっかり勉強を教えたい、砂に水を撒くような伝わらない生徒の相手はしたくない、が本音でした。

    私個人としてはその考え方は教師として如何なものかと考えますが、本人は希望と教育の情熱を捨てずに、学校外の人間関係を密にし、教育委員会との繋がりも持ち、とうとう進学校の教師を勝ち取りました。

    教師だって学校や生徒を選ぶ権利はある。教師全員が金八先生みたいな教師ばかりじゃない。逆に保護者からそれを求められるのも筋違いだと思う。
    自分の家庭教育の至らなさを棚に上げて教師にばかり求める保護者が多すぎる。中学は特にその傾向があります。

    ユーザーID:4772759997

  • 偏差値の高い公立ばかりじゃないですよ?

    息子が進学校を勝ち取った経緯は、部活動の顧問を通して、他校の先生達との関係性を密にし、連携を大切にしたためです。学校内ばかりではなく、外に打って出た、といったところでしょう。

    学校が代わった今でも、前学校の卒業生から『やっぱりちゃんと勉強しておくんだった、これから大学行くのにどうするべきか。相談に乗ってほしい』と、何人もから連絡が来るそうです。
    なんだかんだ言いながら、その瞬間一生懸命取り組み、結果を残したからだと思ってます。息子には言いませんが。

    あなたも可能なら、高校の先生方と接点を持って、情報を得てみてはどうでしょう。
    自分のことは自分で決着つけるしかないんです。
    内が無理なら外へ打って出る、自分が何をやりたいのか、どんな教育者の姿を理想とするのか、をまず固めることです。
    因みに息子の理想の教師とは、高校教師から(私の母校でした)大学教授となった大学時代の恩師Y氏だそうです。
    明確な理想を持てば小町で相談することはなくなるでしょう。

    ユーザーID:4772759997

  • わかります

    大いに共感します。私も同じような立場でした。

    大阪の公立中学の教員という仕事は、「学問を教える」というよりも、
    それ以前のことに大変なエネルギーを費やされますよね。

    私は夫の転勤のため辞職し、地方都市で高校講師をすることになりました。

    配属された高校が、たまたま県のトップ高だったため、
    まさに「学問指導」がメイン、という状況です。

    私は講師なので、直接生徒指導はありませんが
    周りの正職員の様子を見ると、
    生活指導上の問題は非行の指導とか、校内パトロールとかいうものではなく、
    学力不振で不登校傾向にある生徒のケアが中心のようですね。

    それもごくごく一部で、本当にメインの仕事は
    「学力アップ、難関校合格にむけての授業」です。

    ただ、これが配属先がトップ高でない場合は事情が違ってくるようです。

    大阪の公立高校で、中堅、それより下位のところだと、
    中学以上に生活指導に重点があり、家庭訪問やらなんやら、大変そうです。
    (かつての私の勤務校の隣に、そういう高校がありました。)

    なので、「どこの高校に配属されるのか」で運命が大きく変わるようです。

    そこに賭けてみるかどうかですね。

    ユーザーID:3715302180

  • 高校も同じかと

    高校でもレベルによっては、生活指導の割合が高くなりますし、
    偏差値高い学校では、もろに受験勉強になります。

    偏差値高い学校では、
    「この課題やったら、平常点何点もらえますか?」
    「*点もらえるなら、やります」
    「点数ないなら、やっても意味ない」等々で、
    私自身は、レベルの高くない学校で、
    少しでも教科の楽しさを知ってもらう方が性に合っていました。

    参考までに。

    ユーザーID:5701161109

  • まともに勉強する高校ならいいけれど

    公立なら授業にならない学校、
    生徒に外国語を理解するだけの学力がない学校で勤務することもあるのではないでしょうか?

    知人高校教師でしたが
    掃除の仕方から教えたり、
    家を飛び出した子を探しに行ったり
    専門の科目を教えるどころではなさそうでした。
    公立中学の方がましだと思います。

    公立高校はいずれもレベルが一定以上という自治体でしたら
    話が違うのですみません。

    ユーザーID:7297718956

  • 学校の先生って

    教科指導と同じぐらい
    人としての教育もしてくださるから
    「先生」なんだと思ってました。
    あなたのいう英語教育がしたいのなら
    塾や予備校で
    英語を勉強しに来る学生さんを
    相手にされたらよいのでは…?
    予備校や塾の「講師」をされたら
    どうですか?
    それだけ英語教育を熱心にされたら
    カリスマ講師、
    間違いなしですよ。

    ユーザーID:5602450835

  • 学科教育に専念したいなら私立校をお勧めします

    お住まいの県がわからないので一般論になりますが、公立高校は生徒の学力が学校によって大きく違うのはご存知かと思います。ほぼ全員大学に進学するような進学校から、中学の学力もおぼつかないような底辺校までバラエティがあります。首都圏ならなおさら実情はご存じでしょう。また、定時制や通信制のような学びの場も公立ならではでしょう。ト主は定時制高校の教師や、通信制のスクーリングはどうお考えですか。

    底辺校に赴任すると、中学校よりも生徒指導が必要になります。定時制高校に赴任するとたぶん想像もつかない泥臭い業務があります。

    トピ主は女性かと思いますので、学科教育に専念するなら、中高一貫女子校の高等部が良いかと思います。生徒の質が安定していると思います。

    ユーザーID:4316325940

  • 私立一貫受ければいいと思うが

    私の出身県は、高校新採用教諭はまず離島か山間部か困難校か定時制かに赴任、
    転勤希望を出し続けて段々進学校に移っていく、
    って有名だったよ。
    私、公立トップ高生だったけど、実際、若い先生いなかったもん。
    教育実習でまたその高校行ったら、どの先生もそれが既定事項という感じで話をしてくれたし。

    だから、私の出身県みたいな所だと、新採用でパリパリの進学校って期待しない方がいいなあ。
    で、困難校は大変だよ他レスにたくさんあるけど。

    うちの子、私立一貫校行ってるけど。
    例年、東大+京大+国公立医医に170人程行く男子校。
    先生、自由だよかなり。
    で、学問志向の先生多いよ。

    そういう所の募集に応募すればいいじゃん。
    なんか、英語はネイティブの先生多くて日本人教員の入れ替わりは少ないようだけど。そこは頑張って探す。
    あと、イギリス研修旅行だのNZ研修旅行だので、人脈駆使したり実務色々大変そうではあるけど。
    そういうのは願ったりなんでしょうし。

    ユーザーID:2613331759

  • 公立ならどこへ赴任になるかわからない

    いわゆる教育困難校への転勤もあり得ます
    知っている先生は学力で県内下から二番目の学校で勤務されたあと
    県トップ校へ転勤してました。
    そして今時進学校でも義務教育的な面倒見を求められます。
    とピ主の希望を叶えるには塾や予備校講師が一番だと思います。
    そんな実力主義の世界は嫌だ、教員の身分保証のまま
    予備校講師のような仕事がしたいと考えておられるようでしたら甘いとしかいいようがありません

    ユーザーID:4800268414

  • 解ります

    トピ主様の言っていることはある程度理解できます。私も英語が好きで中学より高校で英語を教えたいと思い高校教師になりました。そしていわゆる困難校も進学校も経験しました。両方経験して感じたのは、生徒は基本どこでも同じだということです。勿論学力の差は当然ありますが、総合的な人間性と学力は必ずしも比例しません。そして困難校で得られた経験は進学校でもとても役に立ちました。言い方を変えると、進学校の生徒だけを相手にしていては生徒指導上、上手くいかないことも多々あります。

    トピ主様は来年度高校の採用試験を受けるのが良いと思います。英語を学ぶことの素晴らしさを教えられるのは自分が英語をとても好きな人だけだからです。採用試験に合格してどの学校に赴任しても英語を教えるための努力は必ず続けて下さい。自分が英語を読めることと、生徒に教えることは別であることを認識してください。

    ユーザーID:6941256246

  • 高校も基本大差ないでのは?

    私立や公立の進学校なら教えがいもあるでしょうけど、公立なら失礼ながら底辺校に赴任することもあるわけで・・・正直公立の底辺校だと中1程度の英語も理解しているのか難しいところですよ。何より高校だって見回りも、校則指導もあるでしょ。

    英語教育に専念したいのであれば、英語科がある私立校か、塾か、英語教室を自分で開校するしかないのでは?

    ユーザーID:1744621214

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧