結婚生活を続ける秘訣や我慢方法

レス14
(トピ主0
お気に入り41

恋愛・結婚・離婚

どんどんがえる

最近になり、夫の度重なる裏切り(不倫ではない)で夫の事が本格的に無理になりました。

違う環境で育ったので自分との生活の違いは当たり前ですが、結婚当初からテーブルを拭いたふきんで床を拭く等、このような私とのやり方の違い?考えの違い?がとても目立ち、些細な事すら注意する気も起きず見る度に腹が立ちます。

夫婦の中でも、夫や妻の事が嫌いではないけれど結婚生活を続けている方が沢山いると思いますが、続けられる秘訣とかどんな風に我慢をしているのか知りたいです。

ユーザーID:8455310188

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 「注意」ではなく「話し合い」をすべき

    >些細な事すら注意する気も起きず見る度に腹が立ちます。
    とありますが、今まではご主人に「注意」ばかりしていたのでしょうか?

    >テーブルを拭いたふきんで床を拭く等
    それを「普通」だと思う人だっています。「一般的な常識」と異なる常識を持った人も多数います。

    私だってテーブルにこぼしたジュースや牛乳が床にも落ちた場合なら、同じふきんでテーブルと床を拭きます。わざわざ床を拭く布を変えたりはしません。

    (食器を拭く布で床は拭きませんが、食器を拭く布とテーブルを拭く布を厳密には使い分けていませんし)

    他にも自分では「普通」と思っていて妻と合わないことが多々ありました。

    「普通」と思っている人に「注意」したところで「上から目線」なだけなので、「注意」されても、しばらくは外見上従うだけで、そのうち元に戻ります。

    >夫の度重なる裏切り
    というのは、トピ主さんがご主人に、自分が思っている「常識」を押しつけていたのではありませんか?。

    ご主人が心から納得して受け入れていたのならともかく、「押しつけたルール」だと、元にもどって当然で長続きはしないと思います。

    そのために(「自分の常識」ではなく)「それは私は嫌だ」と自分の「気持ち」を前面に出し、「こうして欲しい」という提案をし、お互いが現実に「このやり方ならできる」と「話し合って」夫婦の生活ルールを作るしかありません。

    >どんな風に我慢をしているのか
    「我慢」を続けても、それが累積すればいつかは破綻します。

    お互いが「我慢」しなくてもよいように、夫婦で「どうすれば良いか」ということをとことん話し合うしか方法はありません。

    ルール決定には、お互いにある程度の「譲歩」が必要ですが、「譲歩=我慢」と考えてしまえばダメだと思います。

    相手にも配慮して、自分も納得したから譲歩したのだと考えるべきです。

    ユーザーID:2633527696

  • 結婚生活25年の夫婦円満です

    夫の気持ちは知りませんけど(笑)

    我慢はしてません。

    楽しいし、大好きです。大切な家族ですもの。
    この先も死ぬまでずっと支えあっていこうね、と話しています。

    50も過ぎて、湿布薬にお世話になる機会が増えました。

    お互いの腰や背中、自分では手が回らない部位に湿布を張り合いつつ、
    「すでに老老介護が始まってるね(笑)」と笑い合っています。

    私の心の中は生涯浮気をしないで、夫の人生を生きる天国にしたいと思っています。

    生きる天国とは、人を信じることが出来る、裏切られることがないほど一人の女性に愛し抜かれることです。
    生涯かけて夫を幸せにします。

    ユーザーID:5986275659

  • 発想の転換が必要

    万能の秘訣や我慢方法なんてないと思いますよ。

    本格的に無理になった具体的な事例を挙げた方が、トピ主さんに合ったアドバイスが貰えると思います。

    やり方の違い、考え方の違いだけの問題で、相手が自分に合わせてくれないなら、発想の転換をするしかないと思います。例えば、テーブルを拭いた布巾で床を拭かれるのが嫌なら、そもそも、繰り返し使うタイプの布巾は辞めて、不織布のウェスなどを利用して毎回使い捨てにすればいいですよ。どうせ捨てるのだから、テーブルの後で床を拭かれても腹が立たないどころか、捨てる前に床掃除もしてくれてありがと〜ってなりますよ。もしくは、厚手のウェットティッシュを利用すれば最初から濡れてますね。普通の布巾に比べると多少はコストが掛かりますが、ストレス軽減のための費用だと思えば安いものです。

    夫さんの行動をよく観察して、発想の転換をしてストレス軽減をはかるのがいいと思いますヨ。

    ユーザーID:2512691402

  • 簡単です

    夫は自分とは違う人間だということを受け入れれば良いだけです。

    文章を読んでいても、トピ主さんもご主人もどちらもお互いに思いやりがないんだろうなと察せられます。

    愛情があればどんな欠点も一緒に乗り越えられます。

    寂しい夫婦関係を作っているのはトピ主さんでもあるんですよ。

    ユーザーID:0409716637

  • 夫の用事を待つのが我慢です

    結婚10年目の夫婦です。子供は9歳、4歳です。

    うちは、マイペース夫なので、自分の時間がないとイライラするタイプです。

    なので、休みの日に朝5時には起きて、朝6時には洗車してます。(子供達が起きる朝8時には終わらせて、とは言ってあります)

    私は、洗車が終わって、スッキリしたら、子供達の相手をしてもらいます。

    車に関しては優先させてます。友達と車のことで、何かあれば、予定を先に入れられます。(さすがに2週続いたら嫌でした)

    朝が早いので、昼寝もします。(1時間くらい)

    その時間は嫌でしたね。結婚当初はショッピングモールで寝せたりしました。

    今は、その時間込みで1日の計画を立て、昼間は子供達と待ちます。

    で、スッキリして、買い物なり、掃除なりしてもらいます。

    晩酌をするので、子供達より早くお風呂に入ります。(それも当初は嫌でしたね)

    さすがに、休みしか夕飯は一緒に食べられないので、夕方5時半にはお風呂に入ってもらいます。夏は一緒に入り、冬は子供達にも待たせます。

    待つのが嫌いなので、最初は本当に嫌でしたね。

    でも、上記のことをクリアすれば、なんでも機嫌よくやってくれるので楽です。

    あとは、慣れですね。

    結局は、テーブルの布巾で床を拭いても、許せる何かがあるかでしょうね。

    うちは、私の思い立ったら行動にも、ついてこれる人なので、多少の待ちは大丈夫です。

    ただ、運動会の終わった時間に車の点検を入れ、歩いて車を取りに行く2時間は長いですね。(2年連続やられました)多分、今年もですね。

    まあ、主さんも、慣れるしかないですね。

    ユーザーID:1310847064

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 心底理解しなければ・・・

    >違う環境で育ったので自分との生活の違いは当たり前ですが
    言葉では簡単だけど心底理解できていないし、思い通りにやってくれないから不満が出るのです、どうしても自我が出すぎですよ。
    お互いがその状態なのでは。

    思い通りにやってくれなくてもOK、それしか出来ないのが夫だから・・・と受け入れるしかないです。受け入れれば頭にも来ません。
    我欲を夫に求めるから喧嘩にもなるのです。夫が出来ない分自分でやれば良いだけのことです。
    それを私だけ苦労してとか損をするとか損得勘定が働けば、結婚生活は出来ないでしょうね、

    台ふきんで床を拭くのならその場に床用ぞうきんを置いておけばいいのではないですか。
    工夫次第でいくらでも解決できると思うのですが。生活は工夫と知恵が必要です。

    ユーザーID:4923287896

  • あなたにとっては裏切りでも

    夫は裏切り行為だと認識していないのではないでしょうか?

    そうであれば、過剰反応するべきではありません。

    夫に、あなたを裏切る気持ちはないということですから。

    異なった生活習慣の男女が、結婚を機に一緒に生活し始めるのですから、違和感が生まれるのは当然です。

    結局のところ、相手を変えることもあるし、自分が変わることもある。相手が変わらない場合は許容する。その繰り返しですよ。

    あなたの文章を読むと、論理的でない部分があるので、感情優先の思考回路なのかもしれませんが、問題を生む可能性が高くなりますよ。

    例えば、床を拭いた布巾でテーブルを拭くのはOKなのでしょうか?

    「夫や妻の事が嫌いではないけれど、結婚生活を続けている」←嫌いではないのなら結婚生活を続けるのは当然のことだと思いますが。

    ユーザーID:3943568005

  • 我慢しないこと

    結婚8年、知り合って10年なのでまだまだですが、私は逆に我慢はしません。それが続いている秘訣のように思います。
    時々私がガミガミと煩いと夫がイラついて険悪なムードになることもありますが、それも一時のこと。幸い私も夫も引きずらないタイプなので暫くすればもう一緒に笑ってたりします。

    それもこれも互いを信頼しているからこそだと思います。

    度重なる裏切りというのは、、、、信頼を根本から覆す行為ですよね。その不安定な土台の上にはどんな夫婦のやり取りも空虚に感じてしまうのではないでしょうか。
    適当にやり過ごしながら、半ば無関心になることで相手に期待せず、結婚生活を続ける夫婦もいるでしょうね。

    ユーザーID:3782618438

  • 我慢はしないです

    まだ結婚して10年なのですが、私は個人的には合わないと思う部分について「我慢」はしないです。
    我慢をしない代わりに「妥協」をします(笑

    たとえばテーブル拭いた雑巾で床を拭かれる、には何か回避方法がないかと話し合う。
    そんなに頻発するようなら、色違いで「こっちが床だから」というわかりやすい雑巾を夫の手の届く場所に置いとくとかですかね。
    (うちは家事は100%私なのでそういうシーンがないんですが)

    なぜ、床を台拭きで拭くのか!?
    …この理由を聞いたりはしないんでしょうか。ご主人にもなにか訳があるのかも。雑巾を探しに行くのが面倒なんだったら、床を拭くような事態になったらやらなくていいから私に言って、と提案したらどうなるんでしょうか。どうしても台拭きで床を拭きたいのか、たんに床雑巾を探しに行くのが面倒なんだったら「やらなくていいよ」で回避できることなんじゃないか…。

    生活様式でのすれ違いはほとんど何かしらの妥協で回避できることが我が家は多いです。
    例えばうちだと洗濯物を全部裏返しに脱いで洗濯カゴにいれられていたことが当初私にはすごくストレスでした。こっちも仕事しているのでいちいち全部表に返してたたむのが面倒で。
    そして言っても治らない。特にジーパンみたいなものを裏返して脱がれるとすごく面倒なのです、些細なことだけど。
    …でもここで我慢はしません(笑)

    私はもう表に返すのをやめました。裏返しのまま畳んで引き出しに入れておきます。本人が着るときに表に戻す苦労を経験させたところ、1年と経たずに裏返しに脱ぐのは極力やめたようです。今でも靴下やパンツなんかは裏になってますが、相変わらずそのまま畳んでます。

    だらしのない生活態度の人の世話焼き係はストレスたまりますよね。
    私は自分の主婦としての義務は果たしますが。母親にはならないですよ!

    ユーザーID:9222086132

  • 神経質な人

    結婚生活が長続きしない人の特徴は「神経質」です。

    他人との生活を何もかも思い通りにできないと理解し納得して下さい。

    それが難しいのであれば、離婚したほうが幸せな場合もあります。

    ユーザーID:4458310486

  • 私は

    夫婦間では、我慢らしい我慢はしていません。

    私は結構、夫に本音を話せるからです。
    あと、夫が性格も良くて優しいから、というのは大きいと思うけど。

    私40後半、夫50前半の結婚20年以上ですが。

    話しにくいことも、言葉を選んで話したり、または、もうちょっと昔は喧嘩っぽい話し合いにもたまにはなったかな。

    私は今は夫に、不満という不満もないですし、多分、夫婦仲はとても良い方だと思います。

    それには、我慢しないことだと思います。

    注意するのではなく、こうしてほしいんだけど、みたいな感じで話してみたら?

    妻(女性)に優しくされると、男性は色んなことに俄然、頑張りだしますよ。

    ユーザーID:1391789306

  • 相手を裁かない

    トピ主さんと御主人がどのようにすれ違っているのか、
    具体的に分からないのでなんとも言えない感じもありますが。

    人間は皆、一人一人「正義」「正解」を持っていると思います。
    それは本当に一人一人違うのです。
    「これって常識でしょ?」「あなたが間違ってる」、
    こういうくくりで相手を縛らない、裁かないでください。
    何故なら、それをやられたらこっちも嫌ですよね。

    男女関係とか金銭関係とか犯罪とかでなければ、
    多くの事柄は「大目に見る」事ができるはず。
    何故なら「相手は自分とは違う人」なのですから。

    それをやっていると夫婦関係がラクになります。
    (反対に、お互い監視しあって「相手を注意して」いると、
    関係がどんどん硬直して、相手のあら探しばかりするようになります)

    我慢ではなく、受け入れる感覚、
    それも無理に歯を食いしばって…というより、
    「相手は元々自分とは全く違う人」とハードルを低くして、
    「注意」ではなく「指摘」で話し合ってみて下さい。
    色々と育って行くものもあると思います。

    ユーザーID:2530884319

  • どっち色に染めるか?

    バツイチです。
    最初の結婚は、まだお互い20代前半で、振り返って考えると、相手を「自分色」に染めようと必死だった気がします。

    それぞれ違う環境で育って来たのに、自分のやり方に相手を従わそうとしていました。なので、自分と違うやり方をしたら、自分の方法をやらせるか、喧嘩するか、みたいな感じ。

    一度失敗して、トシもとってくると、出会った年齢まで違う環境で生きてきたのだから、自分にも自分のやり方があるから曲げられない、でも相手のやり方を曲げることもするのはよそう、と思えるようになりました。

    だから、我慢というより、気にしない。相手がすることは気にしない。
    自分がするときは自分のやり方でする、という感じです。

    私が主婦のときにやっていた収納の仕方を、夫が使いにくいと言っていたのに、今主夫の夫が全く違った収納をして今度は私が使いにくいのですが、共有部分なら片付ける夫の方法を採用するが、私のテリトリーは私のやり方でする、とか。

    ユーザーID:9468692761

  • 本気でぶつかってないからうまくいかない

    私はバツイチですが、最初の結婚と二度目の結婚と何にが一番違うかというと、本気で喧嘩できるかどうか。
    誰と結婚しても、誰と暮らしても「嫌なことは同じ」だって気づいたんです。
    (一緒に暮らすのは3人目)

    誰にもマイルールがあって、自分の壁があるんです。
    そこを乗り越えられるかどうかは自分次第。
    もしトピ主さんが今のご主人とこのまま離婚したとしても、次の相手に同じことでイライラするんですよ。
    だったらどうしたらいいか。

    相手と本気でぶつかるしかない。
    私は最初の夫とは喧嘩できなかった。自分が我慢しているつもりだった。
    でも結局心の中では不満をためていたわけだから、逃げていただけ。
    自分も相手も大事にできていなかった。

    今はすごいですよ、毎日喧嘩します。
    大事なのは喧嘩してもすぐに仲直りしておくこと。喧嘩は長引かせない。
    自分も相手も不満をしっかり伝えることで、喧嘩も多いけどものすごく仲も良いです。
    喧嘩するほどどんどん仲が良くなる。
    自分の気持ちはちゃんと伝えないと誰ともうまくいかないですよ。

    ユーザーID:0409716637

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧