作家になりたい受験生

レス21
(トピ主2
お気に入り24

家族・友人・人間関係

受験生の母

うちの娘は中学3年生
のんびり育ち
成績も良いとは言えません

ですが希望する高校は偏差値が高めの進学校でした
本人なりに頑張るようになりました
ただなかなか成果は出ず
勉強もしているように見えて
たくさんサボっています

分かっているけどやる気が出ない
まぁみんな同じですよね

そしてここへ来て
作家になりたい気持ちから
小説を書いて投稿するようになりました
楽しいので集中力抜群です

今の成績は内申と定期テストからすると
偏差値50といったところでしょうか
行きたい高校は60
その高校は入ってからも
かなり勉強することになるでしょう

高校受験の勉強は今年しか出来ません

でも私自身が夢を実現させようと頑張ってた頃を思い出します
寝る間も惜しいくらい夢中で楽しくて
自分の人生が好きになったあの気持ち

行きたい高校は
先生には無理して入って
後からついて行けないんじゃないか
と心配されるような高校

全部本人が決める事
でも親として出来るだけ
フォローしていきたいです

皆さんだったらどう見守りますか?

ユーザーID:1976460738

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • メリハリを付けて両方やる

    「子どもが集中してやる物事は邪魔してはいけない」
    とよく言われますが、これは小学生までと私は思います。

    現在は中3とのことで、高校受験が控えていますね。
    どこかで勉強の時間をとらないといけません。
    という前提の元…


    何も一日中、勉強か小説か
    どっちか片方だけやるというわけではないでしょう。
    現在は春休みですから、1日使えますよね。

    午前中から夕方までは学習時間にする。
    夜は疲れますから、夕食後から就寝までは自由時間にし、
    その時に小説でもなんでも書いたら良いでしょう。

    午前中に部活など、用事がある場合は、
    朝起きてから1時間は、学習時間にあてる。
    午後に用事があるとしたら、午前中の時間を学習にあてる。
    夜は同じく疲れますから、自由時間にするのは同様。

    うちの子が何かに没頭していたとしたら、
    上記のように調節させます。
    3時間もやれば、相当量できます。

    うちは子どもが今度中1ですが、1日空いているときは
    これを3セット。休憩を挟みながらやります。
    夜も1、2時間程、少し取ります。塾には通っていません。
    家庭学習オンリーですのでこのくらいは家でやっています。

    ガッツリ学習時間が取れない場合は、スキマ時間をうまく使う。
    たとえ10分でも30分でも、やらないよりはマシです。

    サボるのは、気が散るか、問題が分からないからでしょう。
    勉強する習慣がついていないのかもしれませんので、
    しばらくはお母さんが側で目を光らせて、
    半ば強引に環境を作って、勉強をやらせたほうがいいかもですね。

    たまに、それはどうやって解いたのか説明をさせたり、
    わからない問題を一緒にやってみたりすると効果がありますよ。

    ユーザーID:3320077324

  • 小説

    ネット小説の普及で、小説書いている中高生はたくさんいますよ。
    いわゆる流行りですから。

    今は受験勉強に専念するときですね。

    やることやってから書くように言ってみたらどうですか。

    ユーザーID:4458655056

  • 答えは出ている

    >高校受験の勉強は今年しか出来ません。

    その通りです。

    作家として認められるには、何年間もかかります。今年だけの目標ではありません。

    小説を書くのが、受験勉強の重圧から逃れる場となっていなければいいのですが、実際はどうなのでしょうか。

    私は小説を読んでいつも感心することは、作家が広く深くそして綿密に取材していることです。

    一篇の小説を書くために、作家がどれだけ苦心や苦労をして調べたのか作品を通してひしひしと感じられます。

    1年間、本気で受験勉強することも、小説を書く上での貴重な体験となると思います。

    別の言い方をすれば、1年間くらいの受験勉強を真剣にできなければ将来まともな作家になれるわけがないということです。

    娘さんには、今年しかできない受験勉強に真正面から取り組むように励ましてください。

    ユーザーID:0231795606

  • 母親がしっかりしなければ

    >分かっているけどやる気が出ない
    まぁみんな同じですよね

    失礼ですね。
    同じじゃないですよ。
    夢に向かって努力している子はしています。
    自分の子がそうだからと言って、他の子も皆、同じと思わないでください。

    >でも私自身が夢を実現させようと頑張ってた頃を思い出します
    寝る間も惜しいくらい夢中で楽しくて
    自分の人生が好きになったあの気持ち

    同じように夢を追いかけていたトピさんがこんな事を言うなんて本当に驚きです。
    矛盾していませんか?

    >偏差値50といったところでしょうか
    行きたい高校は60
    その高校は入ってからも
    かなり勉強することになるでしょう

    入れません。
    どれだけ甘い事を考えていらっしゃるのでしょうか?

    思うに、トピさんも相当呑気です。
    世の中、何とかなる、と思っているのでしょうか?
    確かに何とかはなりますよ。
    何とかは生きていけると思います。
    でもそれだけです。
    偏差値50で60には入れません。

    それでトピさんの夢は叶ったのですか?
    でしたらその過程で辛かった事、でも夢中で楽しかった事、
    そして夢が叶った今はこんなに素敵な人生を送れているんだという話を
    してあげれば良いのに。

    >行きたい高校は
    先生には無理して入って
    後からついて行けないんじゃないか

    これは先生の優しさです。
    オブラートに包んで言っているのです。

    >勉強もしているように見えて
    たくさんサボっています

    このような状況で、偏差値50で60の学校は無理です。
    普通に考えたら解ります。

    >皆さんだったらどう見守りますか?

    作家もいいですが、まずは今やらなければならない事は何なのか?
    今やらなければならない事の優先順位は何なのかを
    きちんとお子さんに話して聞かせる事だと思います。

    ユーザーID:2353360458

  • 新井素子さんとか

    受験の時に他のことに夢中になるのは逃げだと思います。そりゃ勉強なんかするより、好きなお話でも書いてる方が楽しいですよね。
    普段部屋が汚いのに、テストの前はやたら掃除がしたくなるようなもの。

    子どもを応援するいい母親をやるのは楽しいし、勉強を強制する教育ママなんて楽しくないでしょうけど、将来の子どもにはどっちが感謝されるでしょうね。

    あ、もちろんこの間書き上げた小説がすでに新人賞を取ったなんて言うなら別ですよ。早熟な才能は確かに存在します。お子さんはいかがですか?

    ユーザーID:9576838264

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 今やるべきこと

    私なら今は受験に集中させますよ。
    耳を澄ませばみたいなのはアニメだけです。

    今書いたものが採用されて本になるとは思えません。

    もちろん高校生でデビューした作家もいますが
    中学生はいませんからね(笑)

    小説を書くのは高校生になってからで十分だと思います。

    本当に小説家になって生活できるのはホンの一握りです。
    応援もしたいけれど、親としては他の道も整備しておきたい。
    本当にその道を突き進むかは中学生では判断できません。

    私の友人で小説家になって生活をしている人が居ますが
    小説家になっても生活できるまでは他の職業と二束のわらじです。

    目が出ずに二束のわらじも捌けなかった人の方が多いのでは?

    友人は高校生の時からちゃんと分かっていたのでまず資格を取りました。
    それで高給を得ながら小説を書き続けたのです。
    夢だけで霞を食べていく訳にはいきませんものね。

    申し訳ありませんがきっと娘さんは小説を書くのを止めても
    偏差値60の高校は無理でしょう。

    それでも今やるべきことと夢を追う事は全く別ですよ。

    今は小説を書くべき時ではありません。
    勉強して志望校に受かる事でしょう?

    もしこれで偏差値を10上げる事に成功すれば
    そっちの方が彼女の夢に一歩近づきます。

    良い高校をでて良い大学に受かれば良い企業に就職出来ます。
    または資格への勉強の仕方も覚えるでしょう。

    それだけ待遇の良い職業を選ぶことができれば
    それだけ小説の書ける時間が増えて
    それだけ夢に近づける。

    今、やりたい事をやっても夢は遠のくのではありませんか?

    ユーザーID:2630506549

  • 作家になることは可能です

    その気になれば、誰でも自称作家になれます。
    ただし、売れる作家という意味ではありません。
    学校の成績が優れてることが作家として必要なこととは思いません。
    若い時から人生設計することは必要です。それを目指して学びゆく。

    >小説を書いて投稿するようになりました
    投稿した結果の評価はどうですか。
    評価を高めることを目標に人生経験を積み重ねてください。

    ユーザーID:1408820782

  • 志望校を変える

    好きな事は頑張れるけど嫌いな事は頑張れないという典型ですね。
    嫌いでも、その高校に絶対に入りたいという熱意があれば頑張るものですが、娘さんは希望しているとはいえ、大してそこの高校に入りたいとは思っていないんじゃない。

    何故そこを希望してるんですか。
    まずはそれ。
    もしも友達が行くからとか世間体(親が喜ぶから、も含めて)、制服が可愛いからとかそういった理由ならやめて、娘さんの学力相応の場所に志望校を変えたらどうでしょう。

    小説を書き続けていきたいなら、高校で勉強をしながらでもできる道を選んだほうがいいんじゃない?って本人に聞いてみたら。

    ユーザーID:0666720059

  • うーん

    トピ主さんももしかして「のんびり育ち」なのでは?

    小説の投稿は別にして(というか趣味があるのはいいことだと思います)、
    志望校の偏差値は60、だけど本人の偏差値は50、それも中3。
    かなり焦らないといけない状況だと思うのですが。

    私ならまず現実を伝えます。あなたのその成績では志望校は無理だよと。
    いや、どうしても行きたい!という返事なら、結果を出してもらうしかありません。
    中3は塾の模試等も含めてとにかくテストが多い時期なので、テストでしっかりと結果を出すこと。
    結果を出せないのなら、志望校変更は仕方ないことでしょう。

    やることもせず、結果も出せず、だけど夢を見ているだけで生きていけるほど、世の中は甘くないと思います。

    ユーザーID:2417878748

  • うちの新高2

    どうしても入りたい。という高校でした。
    中1の時から言っていましたが、
    ずっと「今の成績では難しい」と言われていました。
    塾へ入ったのは中3の夏が終わってから。
    塾にも「今からでは遅いから」と厳しく言われていました。

    入試も担任からは「相変わらず厳しいとは思うけれど、本人が希望しているからとめません」と言われました。(その代わりすべり止め私立は安全圏内の学校で、行きたいと思える学校にしましょう。と言われました)

    見事希望校に合格しました。
    友達は何人か不合格でした。

    絶対に下の方だと思っていましたが、
    成績は真ん中あたりをキープしています。
    部活もやっているし、がんばっています。
    努力ができる子ならがんばれるかも。

    ユーザーID:0195392098

  • 本人が気づくしかないでしょう

     なんだかジブリの映画のストーリーそのままのトピがあってつい読んでみました。
    大人の目線でみたら答えは簡単。
    いまは受験勉強より小説が好き、でも
    1年経ったお子さんは小説を書くなら、すてきな高校生活を知っている作家になりたいと感じるはず。
    だって、高校生活には中学にない空気感がありますから。

    それを小説を書いて勉強をしないで過ごせば、実力よりずっと下の偏差値の高校に行くことになる。
    どうなるか?同級生は明らかに自分より勉強のだめな生徒ばかり。
    こんなはずじゃなかったのに、なんでこんなバ○学校、と環境に腹を立てるんじゃないかな。

    偏差値が高かったらすてきで、低いとだめ、とは決まってないけど
    準備が出来ていなかったら高校を選ぶことができません。

    「でも私自身が夢を実現させようと頑張ってた頃を思い出します
    寝る間も惜しいくらい夢中で楽しくて
    自分の人生が好きになったあの気持ち」
    とトピ主さんおっしゃいますが、大人がそうだね、と同意できるのは
    年齢制限のある宝塚受験とかバレエでしょうか、男の子だと歌舞伎の養成所とか

    回り道をして、高校を受け直して1年遅れるとか人と違う険しい道を進むなんて
    のんびりさんで出来そうにないんでしょう?
    少なくとも作家を志すなら勉強もある程度はしないと道がすぐに途絶えますよ、と

    誰でも答えられそうな内容を、親の責任で本人が気づくまで
    よりそって伝えてあげてほしいですね。

    ユーザーID:7753037936

  • いえいえ

    結論から言うと高校も作家も無理ですよ。

    トピ主さんもかなりのんびりしていますよね。

    ※皆さんだったらどう見守りますか?

    見守りません、目を覚まさせます。
    高校は、身の丈にあったランクの高校を勧めます。
    今からだと偏差値45〜55程度でしょうか。

    ※全部本人が決める事

    違いますよ、未成年なんだから。
    明らかにおかしい方向に向かっていたら、
    軌道を修正するのが親の責任です。
    高校受験をするなとは言いませんし、勉強を頑張るのも
    結構なことです。
    ですが夢を見てはいけません。
    実現不可能な目標と立てて、頑張ってる自分に酔っても、
    人生の大切な時期を無駄に過ごすだけです。
    現実的に達成可能な目標を立て、一歩一歩前に進むべきだと
    思います。

    小説を書くのも良いでしょうが、受験勉強の役には立ちません。
    やっていることは遊びと同じ、ゲームで遊び呆けているのと
    同じことです。
    自己管理できない子ならば、高校受験ぐらいはトピ主さんが
    しっかりと管理とサポートをすべきだと思います。

    ユーザーID:2540297959

  • 夢を追うことと現実逃避を取り違えてはいけない。

    志望校の偏差値が60、
    娘さんの現在の偏差値が50。

    今後、志望校を変更するつもりがないのなら、
    偏差値を10ポイント上げる努力に取りかからなきゃ。

    小説投稿は、
    もともと勉強の息抜きに始めたはずが、やがて夢中になって、
    そちらに費やす時間のほうが多くなっているのでは?
    それは
    小説家の夢をかなえるための努力というよりは、
    受験勉強からの現実逃避に過ぎないのでは。

    小説家になりたいとは、とても素敵な夢です。
    努力を続けてほしいと思います。
    しかし、その努力とは、
    ただ書きたいだけ書き続けるという意味ではありません。

    物語を構築する力も、豊かな語彙力も、
    高校受験のための勉強、つまり中学レベルの総復習を怠って
    獲得できるものではないと思います。

    娘さん本人が、
    今すべきこと、受験までにすべきことは何かを考え、
    自分で目標を立て、計画を設定すること。
    学習時間と趣味の時間のバランスを自分で決めて、
    自分の意思できちんと守ること。
    そうしたことを促してはいかがですか。

    ユーザーID:0254404423

  • 冷静になってはどうでしょうか。母娘ともども。

    色々おかしなことを書かれているようです。その高校に入ったらついていけない?いやいや、入れませんから。偏差値50で60の学校には入れないのが現実です。しかものめりこんでいるのは、受験勉強でなく小説を書くこと。それでどうやって合格できると考えているのでしょう。母娘似た者同士ですね。

    そしてその高校に入らないと作家になれないという理由はなんでしょう?作家になるのに資格でもいるのでしょうか。作家の方は全員同じ高校のわけないですよね。

    ユーザーID:8915399670

  • 相当頑張らないとキツいのでは

    うちの娘は今春、第一志望の公立がダメでした。

    内申は低めでしたが、その高校は当日点重視。可能性はあると言われました。その高校の平均偏差値は65で、娘は実力テストや塾の模試では59〜62程度はコンスタントに取っていました。

    それでも本番はその結果です。不合格者は定員の1割、30名程度でした。

    中3は皆が必死で勉強しますから、その中で偏差値を上げるのは並大抵のことではありません。おそらくその高校は偏差値55〜65程度の子が在学するのでしょうから、お嬢さんは最低でも偏差値55を常に取れるくらいでないと「入れてもついていけるか」ではなく、入る事がまず無理なのです。

    ユーザーID:2152855477

  • 今時、作家も

    学歴社会。有名大卒でない人気作家ってあまりいませんよ。
    高校中退で携帯小説書いてヒットしたのはレアケースで、今じゃ「あの人はいま」とかですし。
    まずは学力つけて有名大学とか文芸学部とかに進学したほうが良さそう。

    ただ問題は、現在の学力に見合わない進学校には今のやり方では合格しないこと。
    落ちてからどうするか、十分話し合ってみたらいかがでしょうか。

    ユーザーID:8617680843

  • 作家の学歴

    作家って、早稲田卒とか慶応卒とかって多いですよね。
    (日大とか東海大とかも多いけどさ。または大卒じゃない人もいるけど。)
    私が一番好きな作家・フランス文学者(故人)は東大出身です。
    もちろん、学歴で作品を好きになるわけではありませんが、
    お子さんに受験勉強を頑張らせるなら、
    作家の学歴を知るのも一つの方法かと。
    お子さんの尊敬する作家の出身大学はどこでしょうか。
    それを知ったら、
    受験勉強を頑張れませんか。

    ユーザーID:6586179378

  • トピ主です

    レスありがとうございます
    とても参考になりました
    本当にありがとうございました

    皆様のレスが載る前に書いたものが
    反映されないので
    上手く載せられなかったのか
    そのうち載るのか
    なので重複しますが
    よろしくお願いします

    レスありがとうございます
    皆様が書いて下さった事を
    ほとんど私も娘に言ってきました

    2年生の夏に先生に
    行ける高校があまりないと言われてから
    娘の希望で塾を増やし
    学校のワークは教科によっては
    5、6回通り繰り返して
    (でも全くやらないのもあります)
    夏休みも冬休みも
    ほとんど遊びに行かず
    ずっと勉強しました

    私は娘用に問題集を作ったり
    やる気の無い時は
    クイズを出したり
    なるべく定時に帰り
    部活や塾の時間に合わせて
    残業や休日出勤して来ました

    2年生が終わり
    結局、そう簡単に結果は出ず
    先生からはやめとけと
    言われた様なものだし
    娘は基本呑気だし
    私だけが張り切ってる気がして

    そうしたらこの間
    娘が夜中に勉強すると言って
    寝てしまい
    その時
    小説を書いていたようで
    内緒で見せてくれなかった
    小説を読む機会が有りました
    いつもは作文は驚く程書けないのに
    すごく上手で
    身が入っていて

    そうしたら
    昔、私自身が特にやりたい事も無かったので
    偏差値高めの無理だと言われた
    大学に頑張って入った事

    在学中にやりたい事が見つかって
    卒業後
    専門学校に自分で入り直して
    今の仕事をしてる事

    色々考えて
    よく分からなくなりました

    皆様の意見
    とても参考になりました
    ありがとうございました

    ユーザーID:1976460738

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • とことんのめりこめ〜!

    小説を書くことが趣味なんて素晴らしい
    中学生の感性でしか書けない小説もあるでしょう
    とことんのめり込んでもいいと思います。

    高校受験生なのに、受験に身が入らないのは、本人に受験の意味がまだわかってないからでしょう。
    今親がやいやい言っても逆効果かもしれません
    大学受験で挽回したらいいんです。

    我が家の場合娘は低偏差値の高校でしたが、
    オタク系の趣味にはまり
    「Fラン大学に行くぐらいだったら就職しろ、MARCH以上でないと大学費用はださない」と断言致しました。

    娘はやっと自分の将来について考えられるようになったのか
    おたく趣味を続けるためには、後ろ指刺されないよう成績も上げないと気づいたようです。

    それからは成績うなぎのぼりで、成績がキープされてる間はオタク趣味を応援しようと思いました。

    そして中学時代では絶対ムリな大学に入学しました。

    ユーザーID:4723393250

  • 夢や憧れと、現実は別

    受験勉強から逃げるための理由なら、やめさせた方が良いです。
    小説に限りません。音楽でも声優でも芸人でも同じです。
    本当になりたければ、普通に社会人になってから自分で模索させるべきでしょう。
    見守るとか、本気で言っているのなら、トピ主さんにこそ意識改革が必要です。
    親が子供の逃げ口上に付き合ってどうしますか。
    当たり前のことができる人間を育てるのが親でしょう。

    確かに早熟な才能というのはあります。
    でも、そんな人は滅多にいません。滅多にいないからこそ持て囃されるのです。
    トピ主さんのお子さんは、受賞とか最終に残れるほど頭抜いた才能をお持ちなのでしょうか。
    そうでないのなら、さっさと趣味に切り変えさせましょう。
    小説なら特に、年齢関係なく続けられます。それこそ、年配になってから受賞も珍しくありません。
    本気で目指すのなら、幾つになってからでも書くでしょう。

    ネット小説は話題性と人気が最初からある物限定で書籍化されます。
    でも中身が似たり寄ったりで、私はどれを読んでも面白いと思いません。
    これは個人の趣向なので、面白いと思う人が多ければ売れるのでしょう。
    大半は売れずに即退場のようです。

    人気商売は浮き草稼業で、普通の親が手放しで応援して良いものではないと思います。
    夢破れた子供が社会で生き残る術を与える。
    それが親の役目ではないのでしょうか。
    そのためには、高校受験を疎かにしてはいけないと思います。

    ユーザーID:1455172447

  • 将来の作家のその後

    作家になりたかった娘は
    その後自分の投稿している物語の
    作者のメッセージ欄に
    これから受験なので
    投稿があまり出来ませんと書き
    自分には無理な高校を目指すので
    緊張するけど頑張ります
    と書いて投稿するのをやめていました

    考えてないと思った娘は
    ちゃんと考えていて

    そして夏期講習を増やしたり
    私も数学を教え
    今年の夏もどこにも行かずに
    毎日娘にしては頑張りました

    内申は2年の時に2つ
    この前期で3つ上がり
    2年の夏に
    行ける高校があまりないと
    言われた娘の内申は
    その難しい学校の
    最低の合格ライン位になりました
    ですが
    それだと当日点が余計要るわけですが
    それは上げることが出来ませんでした

    勉強のしかたが悪いのか
    本気で覚える気がないのか
    作業で終わってしまっているのか
    5、6回繰り返しても
    ほとんど真っ赤っ赤なワークです

    作家になる夢は今
    脚本家になりました
    でも夢も旅行も楽しみは全部来年って
    娘は言ってます

    私から見ると本気度が足りないと思うけど
    前より自覚が出てきて
    口出しすると逆効果になってきました
    ここまで来たら後は
    今度こそ見守ろうと思います
    時々はっぱかけながら。

    色々な意見が聞けてとても助かりました
    ありがとうございました

    ユーザーID:1976460738

  • トピ主のコメント(2件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧