毎日が灰色に。

レス9
(トピ主0
お気に入り106

家族・友人・人間関係

エダマメ

私と主人は歳の差夫婦です。
1ヶ月前に肺がんステージ4で月単位の余命告知を受け、今は緩和ケア専門の病院で療養しております。告知を受けてから夫のいない世界がくるのかと怖くてしかたありません。

私には母と兄と妹がおりますが母と兄と妹とは価値観の違いや嫌な思いしかあらず絶縁状態です。
友達も上辺の付き合いだけの人しかおらず悩みなど相談できません。
そういう関係しか築けなかった私が悪いのですが。

夫は父であり兄であり子どもであり本当に信頼でき愛情のある人です。
そのような存在の夫が消えてしまうのが受け入れることができず毎日、夫のいない所で涙しています。
夫の前では明るく私は一人になっても大丈夫と思わせて安心してもらえるように努力しているのですが正直、亡くなった後どうなるのかわかりません。
私のような経験のある方、どうか助言など宜しくお願い致します。ちなみに子供はおりません。

ユーザーID:4497703741

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お辛いですね

    随分前になりますが経験者です。
    私が気をつけたことは、夫の前で必ず化粧をする事です。
    病気で滅入った夫の前に、暗い青ざめた顔をみせたくなかったから。
    派手な化粧はしないけど、顔色がよく見えるようなファンデをぬっていました。

    それから、夫に「ありがとう」を沢山いいました。
    些細なことでも構わないので
    ありがとうの感謝の言葉を、これから沢山伝えてはいかがでしょうか
    奥様が感謝の言葉を伝えていけば
    ご主人が、自分は奥様を幸せに出来たのだと実感でき
    生きた証を感じられると思うのです。

    ユーザーID:9975042148

  • きっと何とかなる

    私は2回似たような状況を経験しました。

    1回目は18歳の時。父が癌で亡くなりました。母は私が小学1年の時亡くなっていたので、一人っ子の私は18歳で独りぼっちになりました。2回目は32歳の時。25歳で結婚した高校時代からずっと一緒だった夫が病気で亡くなりました。父亡き後、ずっと支えてくれた彼がこの世からいなくなり、2回目の天涯孤独を経験して絶望しました。

    でも、どちらの時も父・夫の前では、強くいられました。本当は怖かったけれど、死を前にして恐怖を感じているに違いない家族を前に自分の悲しみや恐怖は見せられませんでした。生前はとにかく父・夫のことしか考えないで、自分を襲うであろう悲しみや不安、恐怖はその時が来るまで考えませんでした。

    そして、父・夫が亡くなった時、もちろん悲しかったですが、自分しか頼れないのだという現実を前に想像よりたくましくいることが出来ました。夜泣いたりはもちろん長い間していましたが、私が大切に思っていた職業を手放したら父も夫も悲しむだろうし、生活には不可欠だという確信で、仕事も問題なくこなせました。1人の時は泣いてもいいし、ずっと死んだ人のことを想い続けてもいいんです。きっとトピ主さんも想像より強い自分をいつの日か誇りに思えると思います。だから、今はご主人のことだけを考えてあげてください。

    ユーザーID:5394569420

  • こんな事言ったら怒られるかなぁ・・

    私もこの世の中で唯一、私を愛してくれる親を数年前看取りました。
    どういうわけか、悲しみは日々、強くなっているような気がします。
    毎日泣き暮らしているわけじゃないし、TVを見て馬鹿笑いしてますけどね。
    老いる寂しさってこういうことなのかな・・って、解り始めてきた感じです。

    きょうだいも夫も子供もいるのですが、子供はともかく
    その他は精神的に何の頼りにもなりませんし
    友達などとの関わりの面でも、主様ととても似ています。

    私は、まあ仕方ない、と思ってます。
    完璧な人間ばかりじゃありませんから。私はそのうちのひとりだった。
    きっと人間関係すんばらしい人々は
    「あなたが独りなのはあなたのせい」とか言うんでしょうけど・・
    でも私は、親を看取った時思っちゃったんですよね。
    大勢に囲まれて最後を迎えたって、独りぼっちで最後を迎えたって
    「死ぬのは同じ」「逝くときの気持ちは同じじゃないの?」って。

    私には、ご主人も主様も幸せそうで羨ましいです。
    血がつながってないのにそこまで愛せる人に
    出会えて・関係を作ってきたって、凄い事ですよ。
    奇跡だし、努力もしてこられた証、です。

    死別は誰にでも訪れる事です。
    何をどうしたって「ああすればよかったかも」って後悔しますから
    後悔するものだ、と思って今から思い悩まないでください。

    主様がおいくつか判りませんが
    楽しい事を見つけてとにかく主様は生きるんです。

    ユーザーID:4106476904

  • この本をお勧めします

    妻を看取る日―国立がんセンター名誉総長の喪失と再生の記録

    あなたの知りたいことが書いてあると思います。

    ユーザーID:1861275848

  • 私も年の差婚をしています

    エダマメさん。こんにちは。
    毎日ご不安なことと思います。つらい気持ちと闘いながら、ご主人の前では気丈にされていて、優しい方ですね。
    私も夫が16歳と離れており、最期はきっと私が残されるんだろうなと思います。
    子供もいませんし、お互い一人っ子、私も相談できる同年代の友はいません。
    夫がなんでも話し相手になってくれるからというのもあるんですよね。笑
    でも、それって考えようによっては幸せなことかなあと。愛のない結婚をした友達や実の母を見ているとそんな風に思えます。
    大好きな人の最期まで寄り添えて、見送るのは、想像もつかない大仕事です。
    うまく言えませんが、そういう役割を神様にいただいたと思われたら少し楽にならないでしょうか。
    ネットの社会でも、話し相手はきっといますよ。
    また書き込みにきますね。
    元気を出して下さいね。あなたが笑っていても泣いていてもご主人はわかってくれると思います。無理をしないでくださいね。
    たくさん話してくださいね。

    ユーザーID:7845936251

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 死別経験者です

    私は夫を癌で亡くしました。

    2年と少し経ちます。未だに夫の死を受け入れられない時があります。

    私も子供はいません。

    私も主さんと同じで夫の前では明るく前向きに闘病生活を支えてきました。
    夫の居ないところで1人で泣いた日もたくさんありました。
    そして亡くなった後、孤独感と喪失感で辛い日々を送っていました。周囲の人が励ましで言ってくれている言葉すらも、受け入れられない状態が続きました。

    2年たった今も突然襲ってくる悲しみで泣くこともあります。

    周囲には同じ経験をしている人は少ないので自分の気持ちは理解されません。

    夫が生きたかった今日を自分が生きていると、自分に言い聞かせて毎日生きています。

    別れは悲しいけれど、妻を置いていく方も辛いはずです。


    私は最後まで本音で夫と話をせず、強がっていたことを後悔しました。後悔のないように、沢山話しをして欲しいと思います。

    居なくなってからでは話したくても話せない…だから、後からこれを言えばよかった等を思わないように今を大切に伝えたいことを伝えた方がいいです。

    今は不安で不安で辛いと思いますが、後悔のないようにどうかご主人との時間を大切にしてください。

    ユーザーID:8477244450

  • 夫が

    余命宣告受けました。

    私は時々二人の会話を録音しています。

    いつか消える夫の声 また聴きたいからです。

    朝起きたら冷たくなってないかととても怖いです。

    ユーザーID:0164517919

  • 突然に…‥

    ある日突然に…‥

    そんな人も…‥

    事件!事故!…‥

    ヒヤっとしました…
    夫が悪戯っコの様に、買い物カートを…トロトロ‥駐車場から元に戻そうと押してました「何をしてんだか…呆れるわ」と思いつつ、隣で歩いてたら、
    夫の左斜めからいきなりトラックが、勢い増してバック…「危ない!」慌てて夫のカートを手前に、止めました。
    もし、カートを押してなくスタスタ歩いてたら!トラックにはねられてた…‥
    身体中で、寒気がしました。
    普段は喧嘩口調の多い此の頃
    『普通の生活』って、ほんの一瞬で壊れる事も‥‥怖いです。

    考えたくないです。
    『独り』…って
    走馬灯の様に、夫と出逢った頃のことを思い出す1日でした。

    お話、可能なら、出逢ったあの頃の事、思い出して話しましょう。
    そういえば、一杯我慢して控えめにしてたなぁ~
    と、損した事も懐かしい。
    思い出は一杯、共有の宝物。

    ユーザーID:8043632167

  • 思い出とともに生きていける

    人は2度死ぬんだそうですよ。

    一度目は肉体の死。

    2度目は故人を思い出してくれる人がいなくなった時。

    >夫は父であり兄であり子どもであり本当に信頼でき愛情のある人です。

    そこまで愛した記憶があるなら、その記憶とともに生きて行けるのではないですか?

    一人になったらどうしたらいいかわからない、というのは愛情ではなく執着や依存だと思います。

    仏教では生者の執着は故人の魂を縛り付け成仏の妨げになるそうですよ。
    成仏せずにそばにいてほしいとトピ主さんは思われるかもしれませんが、現世に引きとどめられた魂は穢れを受けて苦しむのだとか。

    ご主人には純粋な愛情だけを捧げましょうよ。

    ユーザーID:2140224404

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧