ケチで節約ばかりの自分

レス70
(トピ主0
お気に入り465

心や体の悩み

ケチ

レス

レス数70

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 資金計画を立てる

    金融機関にお勤めのトピ主さんには釈迦に説法かもしれないですが、年に1度、資金計画を作られてはどうでしょう。

    貯金、投資、生活費などの今までの項目に1つ、「チャレンジ」とか「趣味」の予算を加える。
    その予算内で、何か人生を楽しむ方法を考える。
    予算を消化していると思えば、けちけちする気持ちが薄れると思うのです。

    他の方も書いてらっしゃいましたが、若いころでないとできないことがあります。

    旅行、特に途上国やトレッキングなどのハードな旅には体力と気力のあるうちでないと太刀打ちできません。

    若いときに着てこそ映える洋服や着物もある。

    子供さんに使う予定が書いてないから、独身なのかな?と思うのですが、行動することで、新しい世界が広がって、出会いもあるかも?

    ユーザーID:2808212217

  • 貯めたいときは貯めればいいのでは

    私も若いころは貯めることに集中していました。
    お金を使わなくても十分人生を楽しんでいたので。

    50歳を過ぎてから古典芸能の観劇にはまり散財しています。
    若いころ貯めていたからできるというものですね。

    すべてにケチって例えば健康を害するとか、人生が委縮するなら
    もう少し自分が豊かになるために使ったほうがいいとは思いますが、
    無理して使う必要もないと思います。

    ただ、若い時しか体験できないこともあるので
    自分の興味の赴くところに大事なお金を使えればいいのではないかと思います。

    ユーザーID:2082807384

  • 「ケチ」と考えなければ良いのに!

    コツコツ貯金をするのがトピ主さんにとっての趣味なんですよ。
    目標の金額になるとうれしいでしょ?
    ミニマリスト、断捨離…無駄のないスッキリとした生活、
    ステキだと思いますよ。

    この先、貯金よりももっとやりたい興味が持てることが
    見つかったら、お金をかけてみては?
    無理にお金を使っても充実感は得られないように思います。

    ユーザーID:4186006807

  • 死生観

    根っからの貧乏性なんでしょうね。

    アラフォーの私は体が弱く、病気ばかりしています。(大病で手術も経験)親も病気で40代で亡くなりました。
    だからか、お金に執着はありません。
    長生きはできそうにないし、その日その日を楽しく生きる事で精一杯。
    だから貯金なんてどうでもいい。

    健康だと先の事を色々考えてしまうのかな。
    病気はお金でどうする事もできないし、「死、人生」って案外あっけないものです。
    死が身近だと、生きる事への執着もなくなるし、お金の執着もなくなります。
    体を悪くすると、お金をじゃぶじゃぶ使ってまで長生きしようと思わなくなるし、後は運命を受け入れるだけ。(何もしない事はないけど、延命はせず、最低限の標準治療で十分です。)

    明日事故で死んでも後悔ないですか?今の人生満足ですか?

    ユーザーID:6170202005

  • 若いときしか楽しめないことのススメ

    私の少ない人生経験の中からですが、若いうちしか楽しめないこと書いておきますね。

    旅行:ヨーロッパのお城や大聖堂などが好きで、20代からちょくちょく行ってますが、思いの外、お城の中の階段がきついです。昔の建物なのでバリアフリーの概念はゼロだし、階段そのものもイビツだったりして、若いときしか登れません。65歳で定年退職後に登るのはかなりきついですよ。
    ドイツの古くからある街も行きましたが、坂が非常にきつかったり、意外と体力いります。
    飛行機の14時間近く乗るのも若いうちがいいです。
    お金あるからファーストで行くのというのもいいかもしれませんが、若いうちに安くてショボいプランで行くのもある意味節約です。

    食べ物:おいしいものがおいしく食べられる。これも幸せなことです。30過ぎてから時々胃もたれするようになってきたのですが、霜降の肉とか、ガッツリしたものが食べられるのは元気なときだけだなぁと既に感じています。

    服:若ければ若いほど、可愛い服が多いし似合う!
    30代、40代でも素敵な服はあるし、大人らしさと違う魅力が楽しめるけれど、若い頃の華やかな服はその時しか着れません。
    私は20代は華やかなワンピースを着て、綺麗だ可愛いだの言われるのが好きでした。
    今は出産して太り、体も顔も貫禄がついて似合いません。でも、その時の若い時代を楽しんだこと、後悔はないです。

    楽しみは人それぞれですが、お金を使わなかった分、知らない世界が多くなることは事実。
    飛行機のファースト、ホテル、ランボルギーニといった高級車、そういった素敵なものを知ることができるのは金持ちの方、羨ましいなぁと思います。
    「知らない」ていうのが私は嫌いなので、自分の手、自分の目で確かめることが好きです。

    海外旅行はおすすめです。
    オフシーズンならイギリスも3泊5日で8万円など安いプランあるんですよ。

    ユーザーID:0584070436

  • 何が楽しみ?

    お金をかけることが人生を楽しんでるという事にはならないと思うので
    貯金が趣味なのは悪いことじゃないと思いますよ

    でも、生きてて楽しいですか?

    価値があると思う物だけにお金を払うというのは
    とても良いことだと思いますよ
    私は、トピ主の慎重さを学ばなきゃいけないと思う

    けど、お金をかけなくても楽しめることは沢山ありますよ?

    自然を楽しむのは?
    森の中を歩くとか、海で泳ぐとか、心と体が喜ぶよ?
    帰りに道の駅で美味しくてお手頃価格の野菜を沢山買えば
    節約なのに、美味しいモノも食べられるし
    そういう楽しみはないの?

    ただひたすら、お金を貯めるのが楽しみなの?

    生きる楽しみがお金を貯めることなら、それでも良いと思うけど
    もっと楽しいこと、沢山あるのを知らないで死ぬのはもったいない

    やってみたい事とか、見てみたいものとか無いですか?
    スポーツするとか、美術館に行くとか
    そんなにお金かからないけど、楽しいですよ?

    ユーザーID:1484242226

  • 楽しい事より、安心優先

    50代になり、同年代の人が、お金に苦労して表情も暗くなっていく様を目の当たりにすると、とにかく生活に余裕があるという事がいかに幸せであるかと身につまされます。

    若いときなら、もうひと頑張り、となりますが50代ともなるともうそんな気力も体力も無くなり踏ん張りがきかなくなります。

    家庭の財務については、よくなりようが無く、将来への不安ばかりが先立つ。
    そりゃ表情が冴えなくなるのは当然。

    若いときに、「今楽しまなきゃ」と楽しんだところで中年以降お金に苦労する毎日だと、「あ〜、あの時、もっと節約しておけばよかった」と後悔の気持ちが大きくなり、楽しかった青春の思い出が台無し。

    その逆で、若いときに楽しい事がなくても、中年以降盛替えすことができれば、その苦労、悲しみは報われた気持ちになれます。
    「あの時があったから今がある」と悲しい過去も肯定できる。

    だから、ケチで節約、大いに結構な事だと思います。

    10年後、20年後、お金のありがたみが身に染みるようになります。

    「今楽しまなきゃ」なんて言葉に踊らされて無駄な出費はしないほうがいい。
    自分へのご褒美も無理する必要は無い。したけりゃすればいいけど。

    人間、何歳になっても、お金に余裕があれば結構楽しいというのが50歳になっての実感です。

    あまり消費をしないで、つまらない人生だったとしでも、老後にお金が無くて震えて眠るような人生よりは全然マシです。

    朝、太陽が昇るのを感じながら、まったりモーニングコーヒー
    夜は、安らかな気持ちで布団で眠る

    もう、これだけで、十分幸せ。

    それも、お金に余裕があってこそですから。

    ユーザーID:2840140358

  • 楽しむための予算決めが必要

    35歳で3500万円の貯金があるのはすごいですね。貯金は同年代でトップクラスですね。さて、他の投資(貯金)はどうなっていますか。例として健康、美容、友人(生涯付き合える同性)、恋愛(満期が結婚?)は楽しめていますか。
    これからは、そちらへのお金の割り振りをされれば、自然と人生を楽しめると思います。健康ならスポーツクラブに通い、美容ならエステ通い、友人は仕事を辞めても付き合える友人との食事や旅行、恋愛は婚活?でしょうか。
    ただ、漠然と楽しもうとしても難しいので、実行するしないに関わらず決めた各項目別に予算として振り分け、使わなければいけない方向にもっていけばよろしいかと思います。使いきれなかった分は繰越しましょう。

    ユーザーID:2294935070

  • 素晴らしい

    私が同じ年の時なんて、600万しかありませんでしたよ。
    トピ主さん、堅実な方で尊敬します。
    しかし、生きていて楽しいですか?
    全てお金に結びつけて損得勘定だけでこれまで生きてきたみたいですが、最近そんな人生に疑問を持っているんでしょう?
    どうしたら幸せな日々をすごせるのか、まずはそこから考えましょう。
    私は若い頃お金もちではなかったですが、やりたい事があって、人並みに稼ぎもあったのでそれにお金もパワーも思いっきり使いました。
    今振り返ってみると、よくもあそれこまでパワフルに行動できたもんだと、モチベーションを保って元気いっぱいに生きていたもんだ、と自分の事ながら不思議な気持ちになります。
    けれども、力一杯やりきった、精一杯全力で生きてきた、幸せだった、楽しかった、満足、という気持ちで一杯です。
    その後色々あって今はもうアラフィフですが、独身のため、老後の生活に向けての準備を資金も含めて準備する日々を送っています。
    今はお金を使わない生活を目一杯楽しみながら、日々資金を増やす毎日。
    この年だからこそ、お金は持ってるだけで幸せですが、トピ主さんはまだまだお若い。
    お金をたくさん持っている事そのものは素晴らしいですが、少しそれを切り崩して楽しむくらいの余裕があってもよさそうです。
    何がご自分にとって楽しいのか、幸せなのか。
    まずはそこから探してください。
    人生、楽しんでね。

    ユーザーID:7393045511

  • 自分の家を買う

    自分の家を買ったらいかがでしょうか?投資用マンションではないですよ。自分が住む家です。
    「建築業界の景気が良くなると、景気全体がよくなる」という話があるように、家に付随する消費は大きいものです。家を買えば、家具が欲しくなる。家電が欲しくなる。そして、次の家が欲しくなる。
    自分の城を手に入れると、お金をかけたいことがたくさんできると思います。働く意欲にもなるかも。
    あ、ミニマリストとの事ですが、家はある程度広い方がいいですよ。心の広さにもつながります。無駄な広さが余裕を生むということかな。
    それと、金融関係にお勤めなので詳しいとは思いますが、資産価値が大きく目減りしないであろうエリアを選んでくださいね。使ってなくなるお金ではなく、不動産という別の資産に代わるわけですが、無駄に資産が目減りしないようにね。

    ユーザーID:7194706549

  • 老後資金

    高級老人ホームに入るため、引き続きためてみては?

    趣味なんて、今日ものない人からすれば価値はありません。
    いきなり散財できるとも思えません。
    散財してもいいと思えるほどの楽しみを感じれるタイプですか?

    人にはタイプがありますから。

    ユーザーID:0850693501

  • ストーリー

    ケチではないですよーー 実は似たようなわたしです 旅好きなので貧乏旅行レベルの消費で45カ国巡ってしまいました、また自分に投資するのはいといませんでした、が、そのほか興味のないものには、今までの人生一切消費ぜずきました。投資は好きですけど。
    私いま在豪30年、すでに大人になったハーフの子供と時々遊び、あとはダンナ(NZ人)とのんびり生活(主さんの貯金X4〜5ほどあるかも)、ぜひそそままで、不必要な消費せずをモットーに。お金はいずれ大きな後ろ盾になります。私の意見としては、もしどうしてもお金を使いたいなら自分投資(勉強するライセンスとるなど)で。いずれにしろ人の意見は気にしなくて良いです。

    ユーザーID:8013286839

  • レスになっていなくてごめんなさい。

    凄い。
    私は働いているころ、会社の同期と旅行に行ったりして使っていました。
    湯水のようにお金使っていたわけではありませんが、預金額はトピ主さんには到底及びません。
    今、40歳です。
    トピ主さんを見習って頑張ります。
    本気でそう思いました。

    ユーザーID:4740129871

  • なんの問題もない

    お金と筋肉は貯められるうちに貯めるべきだし、人と違ってお金は裏切らないので。
    ただしあの世まではお金は持っていけないのが人の世の難しいところだけどねぇ。

    ユーザーID:3509412519

  • 楽しむ準備期間

    35歳でその貯金額は、素晴らしいと思います。私はトピ主より一回りほど
    年上ですが、35歳の時は、本当に数百万しかなかったです。その後離婚して
    から蓄え始め、今やっとトピ主の倍くらいの資産に届きました。
    ただ、そろそろ引退の時期も考えなければならないので、余裕があるわけでも
    ありません。
    トピ主は、まだまだ働けるし、これから収入も増えると思いますので
    貯蓄のスピードも加速していきますね。
    トピ主なら、今後の様々なライフスタイルの変化にも対応して行ける気が
    します。なので、後はどうお金を有意義に使って人生を豊かにするかを
    考える時が、今なのでしょうね。それは、本当に人それぞれなので
    教えて差し上げる事は出来ません。ご自分が、どういう人間なのか
    どういう時に幸せを感じるのか、よーく考えてみたら良いと思います。
    私は、途上国の子供何人かを支援しています。月数千円の
    微々たる金額です。貯蓄に差し支えるほどの額でもありません。
    年に数回彼らからお手紙が来ます。
    大したお役には立てていないかもしれませんが、少し胸がほっこりします。
    ささやかな幸せですね。トピ主にも通帳を見る以外に笑顔になれる何かが
    見つかるといいなと思います。

    ユーザーID:3345098177

  • 偉いな〜。

     私は、いいと思うよ。

     将来トピ主さんが、家族を持った時にこの家族の為に何かしてあげたいという気持ちになったときに使えばいいじゃない。
     
     子供が医者になりたいと言えば、何千万円も学費がかかるでしょ?

     海外の大学に行きたいと思った時も学費がかかる。

     将来、癌にかかった時も、最先端の治療が受けられる。

     お金がなかったばっかりに・・・。

     ってことが多いです。

     お金があればもっといい病院に入院させていい看取りができたのに、など後悔が多いです。

     生きたお金の使い方をしてくださいね。

     自分のためなら、豪華列車で数日感だけセレブになる、ご褒美をあげてまた頑張ろうとかね。

     思い切って、自分の体型に合う服をオーダーメイドして、10年は着るとか。

     わかるよ、お金がない恐怖。それを埋めるために貯金に励むと思う。

     

    ユーザーID:3823926804

  • 女・伊達直人を目指しては?

    世の中には困っている人が大勢います。
    大人はともかく、働くこともできない未成年で、
    家庭の事情などで施設に暮らす子は各地にたくさんいます。

    プロレス漫画タイガーマスクの「伊達直人」を名乗って
    ランドセルを送り続けた男性の話しはご存知ですよね?
    匿名で行った善行が、タイガーマスク現象と呼ばれるほど
    支援が広がったと言われています。

    たとえばそんな風に、「誰かのためにお金を有効に使う」
    というのはいかがでしょう?
    ほかにも国や地域、人のためにいいことをしている団体だけど、
    資金難で先行き困難な事情下にあるとか、

    たとえば医学分野で将来人類の生命に役立つ研究とかしているが
    資金不足でなかなか進まない、といったような学者や研究者たちに、
    大きな支援をできれば、あなた自身がそうした研究に貢献することになる…
    と思うのです。

    まずは支援してもいいかなと思える団体や個人を見つけて、
    色々とじっくり調べていくことから始めれば、それだけでも時間がかかりますし、
    支援を実行すれば間違いなく感謝されます。
    ○○基金とかにしてもいいし、奨学金とかにするとか、方法は色々あるでしょう。

    たくさんの人から感謝されて、将来、人類に役立つ…とかなら、
    精神的満足が得られますよ?

    「慈愛・博愛・同胞愛または慈善の精神に基づいて行われる公益的な活動」
    チャリティのことですが、世界各地のチャリティ事情を調べてみては?
    「社会に対する貢献」をしてみませんか?

    着飾ることも、グルメすることも、すべて消えて残りませんし
    お金も含めてあの世には持って行けません。
    でも、名誉は死後にも残ります。

    それだけお持ちなら、500万円くらい寄付したって大丈夫でしょう?
    人間、他者のために尽くすことは美しいですよ。
    ぜひ世の中や人類に貢献するような使い方をしてくださいませ。
    よろしくお願いいたします。

    ユーザーID:6750022464

  • 尊敬します!!

    わたしは、すぐ使ってしまうので…
    今までと変わらず生活して
    いざと言う時に使ったらいいと思います!!
    テレビ見てて「あ、ここ行きたい!」とか
    行きたい時に、買いたいときに、必要な時にお金があってすごいです!

    ユーザーID:7723752443

  • タイムリミットがあるものに少し

    思ったよりタイムリミットが短いのが親で。
    元気で動けるうちに、
    ちょっと温泉とか行ったり、
    なんだったら海外連れてったげたりして、
    ま楽しめる間に少し親孝行しとくといいかなーと。

    あと、食べ物は他の方もおっしゃってますが、意外と楽しむのに体力が要ります。
    私、牛肉や、鰻が大好き(今でも味は好きなんだ)なのに、
    主さんくらいの年齢で急にサシ入り牛肉や鰻食べたら吐くようになって食べられなくなった。
    大ショック。
    体力要る旨いものはタイムリミットがあるー。今の内に楽しんでおいてー。

    ユーザーID:2070640125

  • 貯めたお金の行方は

    ケチケチして節約してお金を貯める。良い事ではないですか。
    でも人間いつ死ぬか分かりません。

    私も価格に見合わない物にはお金を出したくはないタイプです。
    ケチケチして節約してきました。
    苦労して貯めたお金、使わずに死ぬなんて馬鹿らしい!

    教育費も老後費用も大丈夫な位は貯められましたので
    ちょっとした贅沢でスキンケアにお金を使うようになりました。
    40代なので肌の衰えが顕著になってきました。
    良い化粧品を使うとコレが結構変わるんです。
    以前と比べると高額ですがあまり気になりません。

    ケチな性格は変える必要はないと思います。
    ちょっとハマれる事をいろいろと探してみたらどうでしょう。

    お金は貯めてばかりいて使わないと悪い気がたまるというのも聞いた事がありますよ。

    ユーザーID:2254018272

  • ケチと節約大好きです

    お金を使うとすれば、健康寿命が
    延びるようなことに使うことでしょうか・・

    働いて収入を得るにしても
    健康な身体は重要です。

    心身の健康を保つのに
    時には美味しい食事をし
    ショッピングも楽しんで
    お金を使う楽しさを味わうことも
    大切に思います。

    でも、無理に使う必要は
    ないと思いますよ。

    お金はあるときはいいですが
    無くなるのはアッという間です。

    トピ主さんのように
    コツコツ貯めて、余裕のある人生は
    羨ましいです。

    40代に4千万、50代で5千万
    年金受給までにもっと増えていたら
    悠々自適です。

    ユーザーID:5113867732

  • 人の価値観は様々

    例えば「貯金大好き」、それはそれでいいと思いますよ。

    「お金を使って楽しまないと意味がない」なんて言う人もいますが、それこそ、物質主義そのものですね。

    そういう発言には、「精神的な幸せって考えはないのかな?」と疑問に思います。

    人間って、その物の機能以上の価値を見出す面白い生き物だと思います。

    例えば
    服 服の機能は防寒、防寒だけでいいのなら、これだけファッションが大きな産業になることなんて無いよね。

    時計 時間を知る目的のために、なんで何百万もする高級時計が売れるの?

    車 移動手段のために、1千万を超える車必要?

    切手 封筒に張ってポストインしないとその機能は果たせないけど、切手コレクターは、切手の機能以上の価値を見出していますよね。

    お金も同じです。
    お金をたくさん持っている事で、そこになんらかの精神的な幸せ(安心感、優越感、恍惚感等々)を見出しているなら、その感覚を信じればいいと思います。

    「人間、物質的にも精神的にも満たされて幸せ」というなら、お金を持っている事で精神的な幸福感が得られるなら、無理して消費することはないと思います。

    お金は天国に持っていけないという意見もありますが、「ふぁ?」という感じです。
    人間、いつ天国行くかわからないのですから、その瞬間まで持っていればいいわけだし、そのあとは、相続する人がいるのだし、相続人がいなければ国庫に入って国に貢献できる。

    お金を持っている事には十分意味があるという事ですね。

    ユーザーID:2840140358

  • いや、むしろ、そのままでいいんじゃないですか?

    お金はあれば、あるほど、それに越したことはありません。

    さらに言えば、老後の安心した生活のためには、まだまだ足りませんよね。

    お金は、それ自体に価値があります。

    単なる交換手段ではありません。

    「使わなければ意味がない」と意味不明な事を言う人もいますが、いやいや、お金をたくさん持っていることで気分がいいのです。

    将来への安心感、これまで頑張ってきた象徴でもあり勲章(スポーツとかで優勝した時にもらうメダルやトロフィーのようなもの)でもある。

    優勝トロフィー、家に飾っていること意味ないですか?
    そんなことはないですよね?

    お金は勲章であり、それ自体が価値ある存在(だって、お金には交換手段だけではなく価値の保存機能があるのですから、つまり、それ自体に価値があるのです)

    さらに、ちょっと意地悪な言い方をすれば、周囲の人との差の象徴でもあり、自尊心や自信にもなります。

    これから40代50代になってくれば、「お金を持っている」という事の誇り、喜び、安心感はさらに大きくなります。

    周囲がお金に困って狼狽している中で、悠々と人生を歩むことができる優越感、サイコーですよ(笑)

    無駄な消費などせず、淡々と貯金を増やしていけばいいと思います。

    敢えて言えば、何かを買う時は、お金があるのですから、高価なものを買えばいいと思います。

    「安物買いの銭失い」とは本当の事で、お金に余裕のない人は目先の安いものを買って、結局すぐにだめになり、また安いものを買うという負の連鎖。

    家、車、家具、服、靴、バッグ、時計等々、どうせ買うなら、いいものを買って長持ちさせましょう。

    ユーザーID:2840140358

  • 無駄を楽しむ

    何か好きなものはありませんか?
    宝石、服、化粧品、家具、車、食べ物、世の中にはたくさん素敵なものがころがってますよね。
    無理して使わなくてもいいけど、もう少し、自分の好きなものに使った方が楽しいですよ。

    万が一、明日死んだらお金は兄弟か親のところにいっておしまいです。

    実際、知人はコツコツ貯めていたのに、ろくに使わないまま亡くなり、姉のもとへと貯金は行ってしまったと聞きました。

    トピ主が損しているのでは…の予感通り、大損する可能性あります。使わなかったらなかったのと同じ。株で儲けても、お金を貯めても、それは現世でしか楽しめません。

    ユーザーID:0584070436

  • 凄い

    35歳の時いくら貯金があったか思い出すと恥ずかしいです。
    逆に私は、将来こんなに稼げなくなることも考えて、もっと貯金に力を入れておけばよかったです。
    もっとお金に対してシビアであるべきだったと、後悔も多いですよ。

    トピ主さんは仕事も安定しており、リストラなどの不安などもなさそうですね。
    このまま正社員でボーナスありの生活が続く予定とは、何とも羨ましいです。
    特に倹約をしなくても、何となくお金が貯まってしまうのでしょうね。

    実行されているかもしれないけど、好きなお菓子やケーキなど、美味しい思いをするためにお金を使ってみるのはどうですか?
    お菓子やケーキではあまりお金はかからないけど、満足できるお金の使い方だと思います。

    それとか、普段頑張って働いているのだから、肩コリなどをほぐすマッサージに行ってリフレッシュするのはどうですか?
    一時間せいぜい3000円位ですよね。

    後、世の中には飢餓等に苦しんでいる国の人も大勢いるので、寄付をするのも生きたお金の使い方だと思います。

    私は若い頃はそこそこ収入もありましたが、当時はお金の使い道も沢山ありました。
    今は収入が激減し、超倹約生活です。
    それに、昔は興味のあったことにもが段々興味がなくなり、自然とお金を使わない生活になっています。

    昔は稼いでも使ってしまい、中々貯まらない生活でしたが、現在はある程度…と言っても数百万円ですが、まとまった貯金ができると勿体なくて使いたくないという気持ちになってきましたね。
    老後のことを考える年齢になったせいもあると思いますが・・・。

    よく金持ち程ケチと言いますが、それも半分本当なのかなって気もしますね。
    ケチだからお金が貯まるし、まとまった貯金ができると使うのが勿体なくなるという感じでしょうか。

    ユーザーID:0677673230

  • 他人にたかったりしなければいいんじゃない?

    別に無理に使わなくても、貯めるのが楽しいならいいんじゃない?

    年を取れば、必ずどこか健康に不具合が出て医療費にかかりますし。

    何かを購入するために、人にたかったり、不義理したりする人では困りますが。

    ケチケチしてるって、誰かに言われて気にしてるんですか? 

    そんな事気にしないで、貯蓄額を増やすこと考えてくださいな。

    ユーザーID:0572406754

  • 貯金楽しいですよ

    え? お金を使うことが人生を楽しんでいる?
    お金を貯めることも人生を楽しんでいます。
    お金を溜めまくりゼロが増えるのも快感。
    他人の意見はどうでもいいので
    ぜひ1億突破しませんか?

    ユーザーID:0785721224

  • 後悔しないか考える

    まだ35歳ですから、ぴんと来ないかもしれませんが。

    知り合いに30代で脳梗塞、半身麻痺で思うように動けなくなった人がいました。
    身体の動くうちにやりたいことをやっておけば良かったと言ってました。
    旅行などでも体が思うように動くかどうかは大きいですからね。

    やはり、30代前半で心筋梗塞で急死した知人。
    あれもこれもやりたいと言いながらも動いていませんでした。
    そんな矢先の急死です。
    後悔する暇もなかったようですが、残念だったことでしょう。

    「今すぐ死ぬ」と仮定して、やらなかったら後悔しそうだということはありませんか?

    ユーザーID:3171114914

  • 同じです、、、30ならそのままでいいのでは


    50過ぎで似たような性格です。30代でお金に困り、それから挽回するために節約家になりました。

    私も「そろそろ、もっと人並みに生活をエンジョイできたら」と思っています。具体的には、素敵なレストランで、外食を月に数回したり、年齢相応の洋服でシックなファッションをエンジョイしたりしてみたいです。

    でも、30代のトピ主さんの状況の場合は、むしろ、逆に「このままもっとお金を貯め、アーリーリタイヤをし、質素ながらも日々を自分の好きなように過ごすことを考える」事を勧めます。

    私は40代前半でフツーに仕事をするのをやめ、今の義務は、子育てと資産運用だけで、後は勝手にしています。映画、新聞や本はもちろん、関心のある領域の研究を読んだり、健康に気を使った丁寧な生活が出来ます。

    子供はホームスクールなので、親が大切だと思うことを存分に教え、一緒に過ごす時間があります。今は、アジアの生活費の安い国に住んで、毎日マンション内のプールで泳いでいますが、東京で生活していたときより安く済みます。

    もちろん、リタイヤ後、趣味を生かしたプチ起業をプレッシャーなくエンジョイも出来ます。逆に、そっちのほうが今より更に稼げるようになる可能性だってありますよ。

    唯一、これから結婚したい場合、異性に魅力的に移るためにはお金を使い、身だしなみに気を使ったりする必要があると思いますが、そういうアドバイスは他の方からあると思うので、似たような性格で年上の人間から。

    ユーザーID:2367094634

  • 35歳で3,500万円!

    素晴らしいですね!
    ここは思いっきり旅行をしてみる。
    飛行機をファーストクラスで取り、良いホテルを予約すれば100万なんてすぐに飛びます。
    ちょっとここで息抜きはいかがですか?

    ユーザーID:7698837730

レス求!トピ一覧