ケチで節約ばかりの自分

レス70
(トピ主0
お気に入り465

心や体の悩み

ケチ

レス

レス数70

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 資金計画を立てる

    金融機関にお勤めのトピ主さんには釈迦に説法かもしれないですが、年に1度、資金計画を作られてはどうでしょう。

    貯金、投資、生活費などの今までの項目に1つ、「チャレンジ」とか「趣味」の予算を加える。
    その予算内で、何か人生を楽しむ方法を考える。
    予算を消化していると思えば、けちけちする気持ちが薄れると思うのです。

    他の方も書いてらっしゃいましたが、若いころでないとできないことがあります。

    旅行、特に途上国やトレッキングなどのハードな旅には体力と気力のあるうちでないと太刀打ちできません。

    若いときに着てこそ映える洋服や着物もある。

    子供さんに使う予定が書いてないから、独身なのかな?と思うのですが、行動することで、新しい世界が広がって、出会いもあるかも?

    ユーザーID:2808212217

  • 貯めたいときは貯めればいいのでは

    私も若いころは貯めることに集中していました。
    お金を使わなくても十分人生を楽しんでいたので。

    50歳を過ぎてから古典芸能の観劇にはまり散財しています。
    若いころ貯めていたからできるというものですね。

    すべてにケチって例えば健康を害するとか、人生が委縮するなら
    もう少し自分が豊かになるために使ったほうがいいとは思いますが、
    無理して使う必要もないと思います。

    ただ、若い時しか体験できないこともあるので
    自分の興味の赴くところに大事なお金を使えればいいのではないかと思います。

    ユーザーID:2082807384

  • 「ケチ」と考えなければ良いのに!

    コツコツ貯金をするのがトピ主さんにとっての趣味なんですよ。
    目標の金額になるとうれしいでしょ?
    ミニマリスト、断捨離…無駄のないスッキリとした生活、
    ステキだと思いますよ。

    この先、貯金よりももっとやりたい興味が持てることが
    見つかったら、お金をかけてみては?
    無理にお金を使っても充実感は得られないように思います。

    ユーザーID:4186006807

  • 死生観

    根っからの貧乏性なんでしょうね。

    アラフォーの私は体が弱く、病気ばかりしています。(大病で手術も経験)親も病気で40代で亡くなりました。
    だからか、お金に執着はありません。
    長生きはできそうにないし、その日その日を楽しく生きる事で精一杯。
    だから貯金なんてどうでもいい。

    健康だと先の事を色々考えてしまうのかな。
    病気はお金でどうする事もできないし、「死、人生」って案外あっけないものです。
    死が身近だと、生きる事への執着もなくなるし、お金の執着もなくなります。
    体を悪くすると、お金をじゃぶじゃぶ使ってまで長生きしようと思わなくなるし、後は運命を受け入れるだけ。(何もしない事はないけど、延命はせず、最低限の標準治療で十分です。)

    明日事故で死んでも後悔ないですか?今の人生満足ですか?

    ユーザーID:6170202005

  • 若いときしか楽しめないことのススメ

    私の少ない人生経験の中からですが、若いうちしか楽しめないこと書いておきますね。

    旅行:ヨーロッパのお城や大聖堂などが好きで、20代からちょくちょく行ってますが、思いの外、お城の中の階段がきついです。昔の建物なのでバリアフリーの概念はゼロだし、階段そのものもイビツだったりして、若いときしか登れません。65歳で定年退職後に登るのはかなりきついですよ。
    ドイツの古くからある街も行きましたが、坂が非常にきつかったり、意外と体力いります。
    飛行機の14時間近く乗るのも若いうちがいいです。
    お金あるからファーストで行くのというのもいいかもしれませんが、若いうちに安くてショボいプランで行くのもある意味節約です。

    食べ物:おいしいものがおいしく食べられる。これも幸せなことです。30過ぎてから時々胃もたれするようになってきたのですが、霜降の肉とか、ガッツリしたものが食べられるのは元気なときだけだなぁと既に感じています。

    服:若ければ若いほど、可愛い服が多いし似合う!
    30代、40代でも素敵な服はあるし、大人らしさと違う魅力が楽しめるけれど、若い頃の華やかな服はその時しか着れません。
    私は20代は華やかなワンピースを着て、綺麗だ可愛いだの言われるのが好きでした。
    今は出産して太り、体も顔も貫禄がついて似合いません。でも、その時の若い時代を楽しんだこと、後悔はないです。

    楽しみは人それぞれですが、お金を使わなかった分、知らない世界が多くなることは事実。
    飛行機のファースト、ホテル、ランボルギーニといった高級車、そういった素敵なものを知ることができるのは金持ちの方、羨ましいなぁと思います。
    「知らない」ていうのが私は嫌いなので、自分の手、自分の目で確かめることが好きです。

    海外旅行はおすすめです。
    オフシーズンならイギリスも3泊5日で8万円など安いプランあるんですよ。

    ユーザーID:0584070436

  • 何が楽しみ?

    お金をかけることが人生を楽しんでるという事にはならないと思うので
    貯金が趣味なのは悪いことじゃないと思いますよ

    でも、生きてて楽しいですか?

    価値があると思う物だけにお金を払うというのは
    とても良いことだと思いますよ
    私は、トピ主の慎重さを学ばなきゃいけないと思う

    けど、お金をかけなくても楽しめることは沢山ありますよ?

    自然を楽しむのは?
    森の中を歩くとか、海で泳ぐとか、心と体が喜ぶよ?
    帰りに道の駅で美味しくてお手頃価格の野菜を沢山買えば
    節約なのに、美味しいモノも食べられるし
    そういう楽しみはないの?

    ただひたすら、お金を貯めるのが楽しみなの?

    生きる楽しみがお金を貯めることなら、それでも良いと思うけど
    もっと楽しいこと、沢山あるのを知らないで死ぬのはもったいない

    やってみたい事とか、見てみたいものとか無いですか?
    スポーツするとか、美術館に行くとか
    そんなにお金かからないけど、楽しいですよ?

    ユーザーID:1484242226

  • 楽しい事より、安心優先

    50代になり、同年代の人が、お金に苦労して表情も暗くなっていく様を目の当たりにすると、とにかく生活に余裕があるという事がいかに幸せであるかと身につまされます。

    若いときなら、もうひと頑張り、となりますが50代ともなるともうそんな気力も体力も無くなり踏ん張りがきかなくなります。

    家庭の財務については、よくなりようが無く、将来への不安ばかりが先立つ。
    そりゃ表情が冴えなくなるのは当然。

    若いときに、「今楽しまなきゃ」と楽しんだところで中年以降お金に苦労する毎日だと、「あ〜、あの時、もっと節約しておけばよかった」と後悔の気持ちが大きくなり、楽しかった青春の思い出が台無し。

    その逆で、若いときに楽しい事がなくても、中年以降盛替えすことができれば、その苦労、悲しみは報われた気持ちになれます。
    「あの時があったから今がある」と悲しい過去も肯定できる。

    だから、ケチで節約、大いに結構な事だと思います。

    10年後、20年後、お金のありがたみが身に染みるようになります。

    「今楽しまなきゃ」なんて言葉に踊らされて無駄な出費はしないほうがいい。
    自分へのご褒美も無理する必要は無い。したけりゃすればいいけど。

    人間、何歳になっても、お金に余裕があれば結構楽しいというのが50歳になっての実感です。

    あまり消費をしないで、つまらない人生だったとしでも、老後にお金が無くて震えて眠るような人生よりは全然マシです。

    朝、太陽が昇るのを感じながら、まったりモーニングコーヒー
    夜は、安らかな気持ちで布団で眠る

    もう、これだけで、十分幸せ。

    それも、お金に余裕があってこそですから。

    ユーザーID:2840140358

  • 楽しむための予算決めが必要

    35歳で3500万円の貯金があるのはすごいですね。貯金は同年代でトップクラスですね。さて、他の投資(貯金)はどうなっていますか。例として健康、美容、友人(生涯付き合える同性)、恋愛(満期が結婚?)は楽しめていますか。
    これからは、そちらへのお金の割り振りをされれば、自然と人生を楽しめると思います。健康ならスポーツクラブに通い、美容ならエステ通い、友人は仕事を辞めても付き合える友人との食事や旅行、恋愛は婚活?でしょうか。
    ただ、漠然と楽しもうとしても難しいので、実行するしないに関わらず決めた各項目別に予算として振り分け、使わなければいけない方向にもっていけばよろしいかと思います。使いきれなかった分は繰越しましょう。

    ユーザーID:2294935070

  • 素晴らしい

    私が同じ年の時なんて、600万しかありませんでしたよ。
    トピ主さん、堅実な方で尊敬します。
    しかし、生きていて楽しいですか?
    全てお金に結びつけて損得勘定だけでこれまで生きてきたみたいですが、最近そんな人生に疑問を持っているんでしょう?
    どうしたら幸せな日々をすごせるのか、まずはそこから考えましょう。
    私は若い頃お金もちではなかったですが、やりたい事があって、人並みに稼ぎもあったのでそれにお金もパワーも思いっきり使いました。
    今振り返ってみると、よくもあそれこまでパワフルに行動できたもんだと、モチベーションを保って元気いっぱいに生きていたもんだ、と自分の事ながら不思議な気持ちになります。
    けれども、力一杯やりきった、精一杯全力で生きてきた、幸せだった、楽しかった、満足、という気持ちで一杯です。
    その後色々あって今はもうアラフィフですが、独身のため、老後の生活に向けての準備を資金も含めて準備する日々を送っています。
    今はお金を使わない生活を目一杯楽しみながら、日々資金を増やす毎日。
    この年だからこそ、お金は持ってるだけで幸せですが、トピ主さんはまだまだお若い。
    お金をたくさん持っている事そのものは素晴らしいですが、少しそれを切り崩して楽しむくらいの余裕があってもよさそうです。
    何がご自分にとって楽しいのか、幸せなのか。
    まずはそこから探してください。
    人生、楽しんでね。

    ユーザーID:7393045511

  • 自分の家を買う

    自分の家を買ったらいかがでしょうか?投資用マンションではないですよ。自分が住む家です。
    「建築業界の景気が良くなると、景気全体がよくなる」という話があるように、家に付随する消費は大きいものです。家を買えば、家具が欲しくなる。家電が欲しくなる。そして、次の家が欲しくなる。
    自分の城を手に入れると、お金をかけたいことがたくさんできると思います。働く意欲にもなるかも。
    あ、ミニマリストとの事ですが、家はある程度広い方がいいですよ。心の広さにもつながります。無駄な広さが余裕を生むということかな。
    それと、金融関係にお勤めなので詳しいとは思いますが、資産価値が大きく目減りしないであろうエリアを選んでくださいね。使ってなくなるお金ではなく、不動産という別の資産に代わるわけですが、無駄に資産が目減りしないようにね。

    ユーザーID:7194706549

  • 老後資金

    高級老人ホームに入るため、引き続きためてみては?

    趣味なんて、今日ものない人からすれば価値はありません。
    いきなり散財できるとも思えません。
    散財してもいいと思えるほどの楽しみを感じれるタイプですか?

    人にはタイプがありますから。

    ユーザーID:0850693501

  • ストーリー

    ケチではないですよーー 実は似たようなわたしです 旅好きなので貧乏旅行レベルの消費で45カ国巡ってしまいました、また自分に投資するのはいといませんでした、が、そのほか興味のないものには、今までの人生一切消費ぜずきました。投資は好きですけど。
    私いま在豪30年、すでに大人になったハーフの子供と時々遊び、あとはダンナ(NZ人)とのんびり生活(主さんの貯金X4〜5ほどあるかも)、ぜひそそままで、不必要な消費せずをモットーに。お金はいずれ大きな後ろ盾になります。私の意見としては、もしどうしてもお金を使いたいなら自分投資(勉強するライセンスとるなど)で。いずれにしろ人の意見は気にしなくて良いです。

    ユーザーID:8013286839

  • レスになっていなくてごめんなさい。

    凄い。
    私は働いているころ、会社の同期と旅行に行ったりして使っていました。
    湯水のようにお金使っていたわけではありませんが、預金額はトピ主さんには到底及びません。
    今、40歳です。
    トピ主さんを見習って頑張ります。
    本気でそう思いました。

    ユーザーID:4740129871

  • なんの問題もない

    お金と筋肉は貯められるうちに貯めるべきだし、人と違ってお金は裏切らないので。
    ただしあの世まではお金は持っていけないのが人の世の難しいところだけどねぇ。

    ユーザーID:3509412519

  • 楽しむ準備期間

    35歳でその貯金額は、素晴らしいと思います。私はトピ主より一回りほど
    年上ですが、35歳の時は、本当に数百万しかなかったです。その後離婚して
    から蓄え始め、今やっとトピ主の倍くらいの資産に届きました。
    ただ、そろそろ引退の時期も考えなければならないので、余裕があるわけでも
    ありません。
    トピ主は、まだまだ働けるし、これから収入も増えると思いますので
    貯蓄のスピードも加速していきますね。
    トピ主なら、今後の様々なライフスタイルの変化にも対応して行ける気が
    します。なので、後はどうお金を有意義に使って人生を豊かにするかを
    考える時が、今なのでしょうね。それは、本当に人それぞれなので
    教えて差し上げる事は出来ません。ご自分が、どういう人間なのか
    どういう時に幸せを感じるのか、よーく考えてみたら良いと思います。
    私は、途上国の子供何人かを支援しています。月数千円の
    微々たる金額です。貯蓄に差し支えるほどの額でもありません。
    年に数回彼らからお手紙が来ます。
    大したお役には立てていないかもしれませんが、少し胸がほっこりします。
    ささやかな幸せですね。トピ主にも通帳を見る以外に笑顔になれる何かが
    見つかるといいなと思います。

    ユーザーID:3345098177

  • 偉いな〜。

     私は、いいと思うよ。

     将来トピ主さんが、家族を持った時にこの家族の為に何かしてあげたいという気持ちになったときに使えばいいじゃない。
     
     子供が医者になりたいと言えば、何千万円も学費がかかるでしょ?

     海外の大学に行きたいと思った時も学費がかかる。

     将来、癌にかかった時も、最先端の治療が受けられる。

     お金がなかったばっかりに・・・。

     ってことが多いです。

     お金があればもっといい病院に入院させていい看取りができたのに、など後悔が多いです。

     生きたお金の使い方をしてくださいね。

     自分のためなら、豪華列車で数日感だけセレブになる、ご褒美をあげてまた頑張ろうとかね。

     思い切って、自分の体型に合う服をオーダーメイドして、10年は着るとか。

     わかるよ、お金がない恐怖。それを埋めるために貯金に励むと思う。

     

    ユーザーID:3823926804

  • 女・伊達直人を目指しては?

    世の中には困っている人が大勢います。
    大人はともかく、働くこともできない未成年で、
    家庭の事情などで施設に暮らす子は各地にたくさんいます。

    プロレス漫画タイガーマスクの「伊達直人」を名乗って
    ランドセルを送り続けた男性の話しはご存知ですよね?
    匿名で行った善行が、タイガーマスク現象と呼ばれるほど
    支援が広がったと言われています。

    たとえばそんな風に、「誰かのためにお金を有効に使う」
    というのはいかがでしょう?
    ほかにも国や地域、人のためにいいことをしている団体だけど、
    資金難で先行き困難な事情下にあるとか、

    たとえば医学分野で将来人類の生命に役立つ研究とかしているが
    資金不足でなかなか進まない、といったような学者や研究者たちに、
    大きな支援をできれば、あなた自身がそうした研究に貢献することになる…
    と思うのです。

    まずは支援してもいいかなと思える団体や個人を見つけて、
    色々とじっくり調べていくことから始めれば、それだけでも時間がかかりますし、
    支援を実行すれば間違いなく感謝されます。
    ○○基金とかにしてもいいし、奨学金とかにするとか、方法は色々あるでしょう。

    たくさんの人から感謝されて、将来、人類に役立つ…とかなら、
    精神的満足が得られますよ?

    「慈愛・博愛・同胞愛または慈善の精神に基づいて行われる公益的な活動」
    チャリティのことですが、世界各地のチャリティ事情を調べてみては?
    「社会に対する貢献」をしてみませんか?

    着飾ることも、グルメすることも、すべて消えて残りませんし
    お金も含めてあの世には持って行けません。
    でも、名誉は死後にも残ります。

    それだけお持ちなら、500万円くらい寄付したって大丈夫でしょう?
    人間、他者のために尽くすことは美しいですよ。
    ぜひ世の中や人類に貢献するような使い方をしてくださいませ。
    よろしくお願いいたします。

    ユーザーID:6750022464

  • 尊敬します!!

    わたしは、すぐ使ってしまうので…
    今までと変わらず生活して
    いざと言う時に使ったらいいと思います!!
    テレビ見てて「あ、ここ行きたい!」とか
    行きたい時に、買いたいときに、必要な時にお金があってすごいです!

    ユーザーID:7723752443

  • タイムリミットがあるものに少し

    思ったよりタイムリミットが短いのが親で。
    元気で動けるうちに、
    ちょっと温泉とか行ったり、
    なんだったら海外連れてったげたりして、
    ま楽しめる間に少し親孝行しとくといいかなーと。

    あと、食べ物は他の方もおっしゃってますが、意外と楽しむのに体力が要ります。
    私、牛肉や、鰻が大好き(今でも味は好きなんだ)なのに、
    主さんくらいの年齢で急にサシ入り牛肉や鰻食べたら吐くようになって食べられなくなった。
    大ショック。
    体力要る旨いものはタイムリミットがあるー。今の内に楽しんでおいてー。

    ユーザーID:2070640125

  • 貯めたお金の行方は

    ケチケチして節約してお金を貯める。良い事ではないですか。
    でも人間いつ死ぬか分かりません。

    私も価格に見合わない物にはお金を出したくはないタイプです。
    ケチケチして節約してきました。
    苦労して貯めたお金、使わずに死ぬなんて馬鹿らしい!

    教育費も老後費用も大丈夫な位は貯められましたので
    ちょっとした贅沢でスキンケアにお金を使うようになりました。
    40代なので肌の衰えが顕著になってきました。
    良い化粧品を使うとコレが結構変わるんです。
    以前と比べると高額ですがあまり気になりません。

    ケチな性格は変える必要はないと思います。
    ちょっとハマれる事をいろいろと探してみたらどうでしょう。

    お金は貯めてばかりいて使わないと悪い気がたまるというのも聞いた事がありますよ。

    ユーザーID:2254018272

  • ケチと節約大好きです

    お金を使うとすれば、健康寿命が
    延びるようなことに使うことでしょうか・・

    働いて収入を得るにしても
    健康な身体は重要です。

    心身の健康を保つのに
    時には美味しい食事をし
    ショッピングも楽しんで
    お金を使う楽しさを味わうことも
    大切に思います。

    でも、無理に使う必要は
    ないと思いますよ。

    お金はあるときはいいですが
    無くなるのはアッという間です。

    トピ主さんのように
    コツコツ貯めて、余裕のある人生は
    羨ましいです。

    40代に4千万、50代で5千万
    年金受給までにもっと増えていたら
    悠々自適です。

    ユーザーID:5113867732

  • 人の価値観は様々

    例えば「貯金大好き」、それはそれでいいと思いますよ。

    「お金を使って楽しまないと意味がない」なんて言う人もいますが、それこそ、物質主義そのものですね。

    そういう発言には、「精神的な幸せって考えはないのかな?」と疑問に思います。

    人間って、その物の機能以上の価値を見出す面白い生き物だと思います。

    例えば
    服 服の機能は防寒、防寒だけでいいのなら、これだけファッションが大きな産業になることなんて無いよね。

    時計 時間を知る目的のために、なんで何百万もする高級時計が売れるの?

    車 移動手段のために、1千万を超える車必要?

    切手 封筒に張ってポストインしないとその機能は果たせないけど、切手コレクターは、切手の機能以上の価値を見出していますよね。

    お金も同じです。
    お金をたくさん持っている事で、そこになんらかの精神的な幸せ(安心感、優越感、恍惚感等々)を見出しているなら、その感覚を信じればいいと思います。

    「人間、物質的にも精神的にも満たされて幸せ」というなら、お金を持っている事で精神的な幸福感が得られるなら、無理して消費することはないと思います。

    お金は天国に持っていけないという意見もありますが、「ふぁ?」という感じです。
    人間、いつ天国行くかわからないのですから、その瞬間まで持っていればいいわけだし、そのあとは、相続する人がいるのだし、相続人がいなければ国庫に入って国に貢献できる。

    お金を持っている事には十分意味があるという事ですね。

    ユーザーID:2840140358

  • いや、むしろ、そのままでいいんじゃないですか?

    お金はあれば、あるほど、それに越したことはありません。

    さらに言えば、老後の安心した生活のためには、まだまだ足りませんよね。

    お金は、それ自体に価値があります。

    単なる交換手段ではありません。

    「使わなければ意味がない」と意味不明な事を言う人もいますが、いやいや、お金をたくさん持っていることで気分がいいのです。

    将来への安心感、これまで頑張ってきた象徴でもあり勲章(スポーツとかで優勝した時にもらうメダルやトロフィーのようなもの)でもある。

    優勝トロフィー、家に飾っていること意味ないですか?
    そんなことはないですよね?

    お金は勲章であり、それ自体が価値ある存在(だって、お金には交換手段だけではなく価値の保存機能があるのですから、つまり、それ自体に価値があるのです)

    さらに、ちょっと意地悪な言い方をすれば、周囲の人との差の象徴でもあり、自尊心や自信にもなります。

    これから40代50代になってくれば、「お金を持っている」という事の誇り、喜び、安心感はさらに大きくなります。

    周囲がお金に困って狼狽している中で、悠々と人生を歩むことができる優越感、サイコーですよ(笑)

    無駄な消費などせず、淡々と貯金を増やしていけばいいと思います。

    敢えて言えば、何かを買う時は、お金があるのですから、高価なものを買えばいいと思います。

    「安物買いの銭失い」とは本当の事で、お金に余裕のない人は目先の安いものを買って、結局すぐにだめになり、また安いものを買うという負の連鎖。

    家、車、家具、服、靴、バッグ、時計等々、どうせ買うなら、いいものを買って長持ちさせましょう。

    ユーザーID:2840140358

  • 無駄を楽しむ

    何か好きなものはありませんか?
    宝石、服、化粧品、家具、車、食べ物、世の中にはたくさん素敵なものがころがってますよね。
    無理して使わなくてもいいけど、もう少し、自分の好きなものに使った方が楽しいですよ。

    万が一、明日死んだらお金は兄弟か親のところにいっておしまいです。

    実際、知人はコツコツ貯めていたのに、ろくに使わないまま亡くなり、姉のもとへと貯金は行ってしまったと聞きました。

    トピ主が損しているのでは…の予感通り、大損する可能性あります。使わなかったらなかったのと同じ。株で儲けても、お金を貯めても、それは現世でしか楽しめません。

    ユーザーID:0584070436

  • 凄い

    35歳の時いくら貯金があったか思い出すと恥ずかしいです。
    逆に私は、将来こんなに稼げなくなることも考えて、もっと貯金に力を入れておけばよかったです。
    もっとお金に対してシビアであるべきだったと、後悔も多いですよ。

    トピ主さんは仕事も安定しており、リストラなどの不安などもなさそうですね。
    このまま正社員でボーナスありの生活が続く予定とは、何とも羨ましいです。
    特に倹約をしなくても、何となくお金が貯まってしまうのでしょうね。

    実行されているかもしれないけど、好きなお菓子やケーキなど、美味しい思いをするためにお金を使ってみるのはどうですか?
    お菓子やケーキではあまりお金はかからないけど、満足できるお金の使い方だと思います。

    それとか、普段頑張って働いているのだから、肩コリなどをほぐすマッサージに行ってリフレッシュするのはどうですか?
    一時間せいぜい3000円位ですよね。

    後、世の中には飢餓等に苦しんでいる国の人も大勢いるので、寄付をするのも生きたお金の使い方だと思います。

    私は若い頃はそこそこ収入もありましたが、当時はお金の使い道も沢山ありました。
    今は収入が激減し、超倹約生活です。
    それに、昔は興味のあったことにもが段々興味がなくなり、自然とお金を使わない生活になっています。

    昔は稼いでも使ってしまい、中々貯まらない生活でしたが、現在はある程度…と言っても数百万円ですが、まとまった貯金ができると勿体なくて使いたくないという気持ちになってきましたね。
    老後のことを考える年齢になったせいもあると思いますが・・・。

    よく金持ち程ケチと言いますが、それも半分本当なのかなって気もしますね。
    ケチだからお金が貯まるし、まとまった貯金ができると使うのが勿体なくなるという感じでしょうか。

    ユーザーID:0677673230

  • 他人にたかったりしなければいいんじゃない?

    別に無理に使わなくても、貯めるのが楽しいならいいんじゃない?

    年を取れば、必ずどこか健康に不具合が出て医療費にかかりますし。

    何かを購入するために、人にたかったり、不義理したりする人では困りますが。

    ケチケチしてるって、誰かに言われて気にしてるんですか? 

    そんな事気にしないで、貯蓄額を増やすこと考えてくださいな。

    ユーザーID:0572406754

  • 貯金楽しいですよ

    え? お金を使うことが人生を楽しんでいる?
    お金を貯めることも人生を楽しんでいます。
    お金を溜めまくりゼロが増えるのも快感。
    他人の意見はどうでもいいので
    ぜひ1億突破しませんか?

    ユーザーID:0785721224

  • 後悔しないか考える

    まだ35歳ですから、ぴんと来ないかもしれませんが。

    知り合いに30代で脳梗塞、半身麻痺で思うように動けなくなった人がいました。
    身体の動くうちにやりたいことをやっておけば良かったと言ってました。
    旅行などでも体が思うように動くかどうかは大きいですからね。

    やはり、30代前半で心筋梗塞で急死した知人。
    あれもこれもやりたいと言いながらも動いていませんでした。
    そんな矢先の急死です。
    後悔する暇もなかったようですが、残念だったことでしょう。

    「今すぐ死ぬ」と仮定して、やらなかったら後悔しそうだということはありませんか?

    ユーザーID:3171114914

  • 同じです、、、30ならそのままでいいのでは


    50過ぎで似たような性格です。30代でお金に困り、それから挽回するために節約家になりました。

    私も「そろそろ、もっと人並みに生活をエンジョイできたら」と思っています。具体的には、素敵なレストランで、外食を月に数回したり、年齢相応の洋服でシックなファッションをエンジョイしたりしてみたいです。

    でも、30代のトピ主さんの状況の場合は、むしろ、逆に「このままもっとお金を貯め、アーリーリタイヤをし、質素ながらも日々を自分の好きなように過ごすことを考える」事を勧めます。

    私は40代前半でフツーに仕事をするのをやめ、今の義務は、子育てと資産運用だけで、後は勝手にしています。映画、新聞や本はもちろん、関心のある領域の研究を読んだり、健康に気を使った丁寧な生活が出来ます。

    子供はホームスクールなので、親が大切だと思うことを存分に教え、一緒に過ごす時間があります。今は、アジアの生活費の安い国に住んで、毎日マンション内のプールで泳いでいますが、東京で生活していたときより安く済みます。

    もちろん、リタイヤ後、趣味を生かしたプチ起業をプレッシャーなくエンジョイも出来ます。逆に、そっちのほうが今より更に稼げるようになる可能性だってありますよ。

    唯一、これから結婚したい場合、異性に魅力的に移るためにはお金を使い、身だしなみに気を使ったりする必要があると思いますが、そういうアドバイスは他の方からあると思うので、似たような性格で年上の人間から。

    ユーザーID:2367094634

  • 35歳で3,500万円!

    素晴らしいですね!
    ここは思いっきり旅行をしてみる。
    飛行機をファーストクラスで取り、良いホテルを予約すれば100万なんてすぐに飛びます。
    ちょっとここで息抜きはいかがですか?

    ユーザーID:7698837730

  • 自分にお金をかける

    上手にお金を活用できていると思えているならいまのままでもいいと思います。

    そうでなければ、自分を大切にするために自分にお金をかけてあげると考えてみるのもいいかもしれません。自分への投資をケチケチせず、自分にはこれだけのお金をかける価値があると自分自身を扱うのです。

    ユーザーID:4228472831

  • もったいない

    50代半ば・海外在住・既婚です。この年齢になって、やっとある程度お金を”使いたいものや事(体験)”に使えるようになりました。

    私も過去金融関係で仕事をしており、尚且つ海外に20年以上在住しているせいか他の人がもっているからとかブランドで有名だからとかで物を購入したり、皆が行っているから海外旅行をするということはありません。それを悪い事ともケチとも思いません。それが私の価値観だから。

    ですが、トピ主さんにお伝えしたいです。35歳ならその年でしか経験できない、味わえない瞬間や事ってあるんですよ〜と。

    思ってみないことが重なり、5年前、いえ去年よりも身体の調子が良くない中で胃腸もだいぶ弱ってしまい。食べたいものがあんまり食べられない、飲みたいものがほとんど飲めない状態です。こんなことになるとは30代、40代の自分は全く想像していませんでした。

    今、毎日感謝の思いで生活していますが、お金を必死に貯めていたあの日々の私に声をかけることができるなら言ってあげたいですよ、行きたい所に行って美味しい食事やお酒を楽しむのも大事な人生の一コマですよ、と。

    FPとかに老後資金等の計算をしてもらい、ご本人が納得できたら余剰資金を自分の今までの頑張りのご褒美として使ってもいいんじゃないでしょうか。是非、そうして頂きたいです。

    海外在住の友人は60歳で退職、それまで爪に火を灯すように生活してきましたが、退職後スタジオタイプの部屋に小さめのグランドピアノを買って悠々自適のシングルライフを謳歌。ですが、直後乳がんが発覚。数年闘病をしていましたが手術後腕に支障が残りピアノは置物に・・・かなり預金があったのにシングルであったために不安があり、自分の楽しみは後回ししていた生活の結果でした。

    30代の今にしか感じられない事、できない事てっあると思いますよ、本当に。

    ユーザーID:5432839822

  • 価値を見いだせない物に使う必要は無い

    主さんにとって価値を見いだせないなら、周囲がどんなに価値があるといっても主さんはそれにお金を使う必要はありません。
    周りが楽しんでいる趣味が主さんにとっても楽しいとは限りません。
    断捨離が趣味として楽しいならそれでいいと思いますよ。
    楽しくもないのに楽しもうとお金を使うと無駄な物にお金を使っていることがストレスになりますから。

    ただ、主さんの言うこともわかります。
    貯金が趣味というのであればドンドン貯めればいいですが、主さんはその趣味に少し飽きている状態なんだと思います。
    なので、次の趣味を見つけてはいかがでしょうか?
    別にお金をかける趣味である必要はありませんよ。
    極端な話、折り紙にはまって家でずっと色々作る、というのでもいいんです。

    人生がつまらない、と思うのは自分が熱中できることを見つけられていないからです。
    熱中できることはお金がかかることである必要なんてありません。
    例えば、仕事が楽しくて仕事が趣味、でもいいんです。
    あるいは、只ひたすらに資格を取る(役に立つかどうかではなく、資格の数を増やすことを楽しむ)なんていうのを趣味にしている人だっています。

    主さんの場合、お金を無駄に使ってしまうとそれにストレスを感じるタイプのようですから、まずは色んな無料体験教室に行ってみる、っていうのも良いかもしれません。
    面白いな、と思ったらまずは3ヶ月やってみる。
    面白いなら続けて、つまらないと思ったら辞める。

    何が面白いかは主さんしか知りません。
    まずは色々やってみるといいですよ。
    意外な所が面白いとハマることがあるもんですよ。
    私は学生の頃からず〜っとインドア派でしたが、30超えてキャンプにはまりましたから。

    ユーザーID:8918766958

  • わかります

    私も同じような感じなんです。
    アラフォーで給与天引きで貯めた貯金がいい金額になって
    図書館では節約とかマネーに関する本を借り、
    スーパーで買うものは食べたいものというより
    安かったりその時お買い得のもの。。

    なんだかさもしい人生だなぁ
    周りもつまらない人だと思ってるのだろうなと
    思ってますが
    仕方ないんです、性格ですから。

    若いころは海外旅行によく行ってたし
    それなりに使ってました。
    ケチではありませんよ。
    堅実なんです。
    無意味な出費が嫌なんです。笑
    お金を使うばかりが人生を楽しんでるわけではないと思います。

    何かをしたいとき、
    お金がなくて我慢するより

    何かをしたいとき、
    さっとお金を出せる余力のある今の生き方もいいと思いますよ。

    私も模索中です。
    でも自分は自分でいいと思いますよ。

    ユーザーID:1835984925

  • 貯金が趣味ってのも立派な趣味ですよ。

    わたしには全然つまらない人生だとは読み取れませんでした。
    貯金が趣味でもいいじゃない。
    そんな悲観的になることかなぁ?

    どんどん貯めて、通帳を見てニンマリするのもいいと思いますよ。
    私は、今のままの貴方でいいと思います。
    頑張ってください。

    ユーザーID:2217311821

  • それで....

    トピ主さんは普段、余暇をどう過ごされているのですか。お金がかからない散歩とかですか。

    ユーザーID:6451695523

  • 貯め時

    トピを拝見し、主さんとは価値観がよく似てるなー、と出てまいりました。
    私も30代はそこそこ貯金はあるのに無駄と思う事には1円も払いたくない性格で、つまらない人間なのかとちょっと悩んでいたような・・・。
    でも50代になった今、しっかりお金を貯めたおかげで早期リタイア人生を楽しんでいます。
    長年の習慣で普段の生活はケチケチなのですが、世界一周したり、一生使うだろう家具を特注したり、一度はやってみたい贅沢のいくつかは実際に体験できました。
    1000万円なんて使えばすぐになくなります。
    使いたいときに使えるように、今はしっかり貯めておいても良いと思いますよ。

    ユーザーID:9668884821

  • それが楽しみなのでは?

    堅実だし、自分なりの楽しみ方を極められてはいかがですか?
    私は旅行が趣味なので、羨ましいです。

    ユーザーID:6045415121

  • うちもケチケチ

    夫退職者60代、ワタシパートの50代です。
    うちも貧乏性。
    でも、年1回、ビジネスクラスでヨーロッパ旅行するの。
    その日のためにケチケチケチケチ。

    金融機関なら、一週間連続休みあるよね。
    年に一度、独りで楽しむゴージャスはいかか?
    パック旅行添乗員付きなら寂しくないよ。

    ユーザーID:5144126292

  • いやいや…

    トピ主さんは節約や貯金が趣味なんでしょ。

    悪くないと思うけどなぁ〜

    誰に迷惑を掛けることもなく。

    でももし少しでも変えたいなら、使えるお金の上限を決めて、パーっと遣ってみては?

    それで気分が良くなったら、定期的に続ける。

    気分が浮かなかったら、今後は止める。

    趣味って無理に続ける物でもないし、第一、気分悪かったら続かないです。

    お金を使う事だけが楽しいわけでは無いですよ。

    私も断捨離とかして、「片付ける!今後はこのお片付けの時間を他に有効的に使う!」って思ってました。でも気が付いたんです。この永遠に続かないお片付けが結構好きだって(笑)

    以前より俄然家は綺麗になってますが、それでも自分の趣味のため、少し片付ける所を残してます。

    まぁ、こういう考えもあるってことで…。

    ユーザーID:4405450276

  • お金の事を忘れるほど、打ち込める趣味を見つけてはどうですか

    コスメやファッション、グルメや旅行というありきたりなものでなく、少しマイナーな、でも自分が心から好きで打ち込めるもの。
    楽器演奏でも、スポーツでも、テーマを絞った旅(ローカル電車とか、文豪の跡をたどる旅とか、登山で百名山踏破とか、色々考えられます)でも、裁縫でも日曜大工でも何でもいいから、一つ自分が本当に興味をそそられるものを見つけて、とことん追求してみる。
    特殊な趣味はそれなりにお金もかかりますし(楽器やダンスを習うにしても、専門の装備が必要なスポーツをするにしても)、その時に今までの貯金が生きてくるでしょう。
    仕事以外に打ち込める物のある人は魅力的です。出会いも広がりますよ。(男女問わず)

    子供の頃に好きだった事は何ですか?
    将来夢見ていた職業はありませんか?
    中学生位の頃、打ち込んでいた趣味はありませんか?
    今からでも専門的に勉強したい、仕事にはつながらなくても昔から興味のある分野はありませんか?

    お金も時間も度外視してやりたい事は本当にないのか、よく考えてみて。

    パーッと遊んで散財するのは反対です。それこそお金がもったいない!
    普段は質素で、でもここぞという所にはお金をかける、それが素敵なお金の使い方だと思います。

    ユーザーID:6623183615

  • いいじゃないですか

    すばらしいと思います。でもは伴侶も同じ志を持つ人じゃなければいけませんね。

    貯め込むだけでなく、少しメリハリをつけると良いです。記念日には
    温泉旅行していい宿に泊まるとか。 

    ユーザーID:9880325867

  • 節約は良いこと ケチはダメ

    トピ主様の、「お金を出すほどの価値がなければ、購入しなかったり、行動しなかったりします」ってとても良いことだと思いますよ。
    さて、お金を出す価値のあることって何か考えてみましょう。
    まず、自分の心身の健康のために、食事は大事ですし、リラックスできる環境、住まいや、寝具は、価値がありますよね。
    それから、大切な家族や友人、職場の人達が喜ぶこと、心遣いにお金を使うのは、自分の喜びになりますよ。(人に感謝される、好かれる)
    歳取った私が実感しているのは、幸福な人生には、「お金、健康、良い人間関係」の三つが必要不可欠だということです。
    そのためには、自分の日常生活を疎かにしないこと、交際費を惜しまないこと。
    そして、リタイアしてからの時間はとても長く、お金があると楽しみが沢山。
    幾らでも使い道がありますから、心配ありません。(笑)
    もっと、頑張って資産を増やしましょう。
    一人より、二人の方が増えますよ。結婚されるのも良いかも?

    ユーザーID:6045036458

  • ケチの定義

    以前の職場は制服着用でしたが、先輩Aさんは、自分の私服や化粧品にはお金を惜しまない方でした。
    私含め、私服がファストファッションの後輩には
    「大人になっても、それって勇気あるよね。地味」
    と、薄笑い。

    そんなAさん、私が帰省すると知ると、その地方の有名なお菓子をお土産に指定する。
    指定通り購入して渡しても、自分がどこかに行った時のお土産は無い。
    (先輩と言っても、Aさんとは、席が近いだけで業務内容は全く異なり、仕事でお世話になった事は殆ど無し。
    むしろ、パソコンが苦手なAさんにコッソリ頼まれて、入力など代わりにしていた位なので、
    日頃お世話になっている先輩にお土産をお渡しする、と言うニュアンスはゼロの関係)

    奢ってもらうの大好き。
    飲食店で、ちょっとサービスされると、テンションMAX。


    以上を簡単にまとめると。
    ケチとは、「人から吸い取るの大好きスピリット」の持ち主だと思っています。

    トピ本文では、こういう気配感じられませんでした。

    ユーザーID:9619160235

  • 凄い!

    初めまして。

    35歳でそこまで貯金があるなんて凄いですね。
    しっかりお仕事を頑張られたからの結果との事で尊敬します。
    思考が貯金に繋がっていて偉いなぁと思います。
    あまりご自分をつまらない、なんて思わないでほしいです。

    私は専業主婦で三人の子を育ててますが、いくらお金があっても足りません(泣)。
    美容室なんて数年は行けてません…。

    時々、私はつまんない人間だなぁ等と思いますが…
    子供達は健康だし、
    主人は頑張って働いてくれているし、
    何より子供の頃から夢だった家庭を優先出来る生活を送れているから、
    幸せだと思わないと罰があたると自分に言い聞かせてます。
    洗濯物を子供達と畳んでいると楽しいですしね。

    トピ主さんが、一番幸せだと思う事は何ですか?
    こんなに頑張っておられる方ですから幸せを感じてほしいです。

    ユーザーID:9673502341

  • 節約家の方が老後楽しいです

    トピ主さんは独身ですか?しっかり貯金できて羨ましいです。
    私はバツいちで子ども二人です。
    子どもは独立し、家はありますが貯金も年金も少ないのでとても節約して暮らしています。
    幸い65歳の現在医療費はあまりかかっていませんが、先行きのことを考えると不安になります。日々節約を考えて買い物をしています。

    現在3500万円なら定年時には倍くらいになるでしょう。それだけの貯金ができる収入があるのですから年金も多いでしょうね。きっと豊かな老後になります。

    健康であればいくつになっても楽しいことに出会えます。人との出会いもあります。でも、お金がないとそういう場に行くこともできません。

    「終わりよければすべてよし」って言います。私は末広がりの人生が素敵な一生を終わらせる秘訣だと思います。世界一周の船旅だってできますよ。
    ケチなんかじゃありません。素敵な節約家です。

    ユーザーID:9625408989

  • レスします

    自分の事をケチという人は、周りが思うほどケチではないと思います。
    節約家かな。
    お金を貯めるのも、働くモチベーション。
    この先、人生どうなるかわかりませんよ。
    無理に使うことないと思います。

    もし、大金持ってむなしいなら
    どこかの国の子供の支援や
    1年に何度かお手紙が来る、国内の子供の支援に
    少し出してみてはどうでしょうか?

    誰かのためになる「生きたお金」
    そういう使い道もありますよ。

    ユーザーID:3212170733

  • 順番が逆

    ぱーとお金を使ってみたい
    が最初にあるから混乱するんです。
    使いたいというのが希望ですが、だからと言って無駄使いはしたくないんですよね?
    趣味がないとのことですが、最初に何かやりたい!って言うのが無いからお金を使えないんでしょう。
    旅行とかどうです?北海道、沖縄、全国巡ってみるとか、お遍路とか、いっそ海外とか。
    高級ホテルに泊まってみるとか。

    音楽を初めて、最初にちょっとした値段の楽器を買ってみるとか。

    エステにお金かけてみるとか

    外食にお金をかけてみるとか。

    まず、トピ主さんの興味のあることは何でしょう?
    何が楽しいのでしょう?

    もしお金を使うことに抵抗感が強いなら。
    トピ主さんはお金を使わないこと、お金を貯めることが楽しいことなんでしょう。

    ユーザーID:1832358794

  • ケチでも節約でもないですよ

    トピ主様はケチでも節約ばかりでもないです。

    「不必要な物」にお金を使わないだけです。
    そして、まともな金銭感覚をお持ちです。

    3500万円どまりで安心(?)せず、
    ここは5000万円を目指しましょう。

    はっきり言って、お金を使うのは誰だって簡単。
    でもお金をこつこつ貯めるのは、誰にでも
    できることじゃないです。

    世の中、金銭感覚がない人は驚くほど多いし、
    そんな人に限って「いざとなりゃ、生活保護受けられる」
    と思って開きなって浪費し、その日暮らしを続けて恥じないのです。

    そんな連中に比べれば、トピ主様はあっぱれです。
    でもまあ、たまには贅沢しましょう。


    と言う私も、ケチケチしてて、納得できない物には
    お金を出せず、節約が身についているので、
    スーパーの見切り品とかついつい買ってしまうのですけどね。
    年齢はトピ主さんの二倍で、貯蓄高は数倍です。

    ユーザーID:9159432924

  • 無題。

    ケチや節約家な部分もあると思いますが、趣味がないからではありませんか?

    月々、楽しい事をするための金額を設定して、その中から人生を楽しんでみてはどうでしょうか?
    (そのお金に関しては、価値などを考えずに思いっきり遊ぶことが目標!とする)

    人生、楽しんで下さい。

    ユーザーID:5459518364

  • お金を使う=豊かで充実した暮らしではない

    トピ主さんの金銭感覚は、それはそれで良いと思います。

    問題は、感性が鈍いことです。

    美しいものに共感したり、心の底の深いところで自分なりの感受性を通して世の中と繋がることができていれば、何も力んで「楽しむぞ!パーっと遊ぶぞ!」と気合を入れたりする必要もなく、ごく自然に「あそこに行きたいな」という場所ができて自分なりの旅行のプランが湧いたり、趣味が見つかったりして自然に生活が楽しめるはずなんですがね。

    どうも自分の感受性の部分を切り詰める節約で本当に感性を失ってしまった今があるようです。
    例えば、パーっとお金を使って遊ばなくたって、自分だけの居心地の良いこじんまりとした部屋を作るとか、それも人生の豊かさです。
    ミニマリストでも良い。そこに1000円でも500円でも良いから、自分が好きだな、と思う花を飾ってみる。

    想像ですが、多分トピ主さんは洋服とかのセンスも悪いような気もします。そういう人が急に「よーし、オシャレしてやる。金はあるし!」といきなり高級店に行って買い物しても、ほぼ間違いなく失敗=無駄遣いという結果になります。
    だから小さな自分のお気に入りのコーナーを作るとか、素敵な美術館のカフェに行ってみるとか、そういう感性を磨くところからやっていくと良いです。

    好きな本を選んでじっくり読むのも良いです。自分の好きな音楽を知ってますか?何度も何度も聴いても飽きず、隅から隅まで覚えているCDやアルバムはありますか?1日本屋や図書館で自分の興味のある分野の本に夢中になって過ごすなど、お金を使わなきゃ!と勇む前に自分と向き合って、自分が何をしたい人なのか、自分の心が欲しているのは何かに静かに耳を傾けることです。

    お金を無駄に使わないのは良いんです。ただ、感性をケチる人がケチ、ということです。
    あなたの場合は、いま無理してお金を使う必要はないので、感性を使って下さい。

    ユーザーID:5815942925

  • お金はあの世に持って行けない!

     35歳で3500万の貯金があるとはすごいですね。
     でも、いくら貯めこんでもタイトルのように「お金はあの世に持ってはいけない」ので、せっかくの人生を楽しむためにもある程度は使った方がいいと思います。
     結婚の予定もない?のなら、ある程度老後の資金を蓄えておくことは必要ですが、その年で3500万も貯められたのなら、定年までには1億ぐらいは貯められるのではないでしょうか?
     それなら、若くて元気なうちに少しは自分のために使ってもいいと思いますよ。
     旅行でも趣味でも今しかできないことに使うことも考えた方がいいと思います。
     ちなみに私は年金世代のオッサンですが、50歳過ぎに今住んでいるマンションを購入するときにはトピ主ほどの貯えもありませんでしたが、その後、退職金や遺産相続などで何となく老後の心配がないぐらいの蓄えは出来ました。
     私も妻もまだ仕事もしており「お金はあの世に持って行けない」という考えは一致しているので、それほど贅沢をしているわけではありませんが必要なものには出し惜しみしないようにしています。

    ユーザーID:4871289297

  • それは

    通帳の残高が増えることが楽しみであり趣味なのではないですか?
    もっとお金貯めたいって思うようになって実際に残高を増やしてこれたのですから
    それなりに楽しんで充実しているのでは?
    ケチケチせずに楽しみたいと言うけど、トピ主さんにとって何が楽しいのですか?
    お高いレストランに行っても特にどうということもない人もいるし、
    旅行に興味持てない人もいます、スポーツや習い事なんかしたくない人も。
    トピ主さんにとって楽しいことがお金を貯めることなのではないですか?

    ユーザーID:3482893363

  • ケチと節約は明らかに違います

    節約は誰にも迷惑をかけませんが、ケチは周囲を不愉快にさせます。誰にも迷惑をかけないのなら問題はないと思います。
    しかしお金を貯めるだけでお終いでは寂しいですよね。
    毎年予算を付けたらいかがでしょうか。自分のための予算です。50万円くらいの予算から始めたらいかがですか。そのお金で旅行したり、本を買ったり、おしゃれをしたり、美味しいものを調べて食べに行ったりするのです。あえてしてみてください。
    年を取ると食べたいものも無くなり、行きたい所にも行けず、友達も亡くなっているので楽しくなくなると言ったのは私の母です。着る物も今ある物で沢山だそうです。
    しかし母は日本中を歩き、あらゆるものを食べ、宝石も着るものも贅沢をしてきました。楽しい時も知っています。
    貴女に贅沢を勧めているわけではなく、少しはお金を使って世のなかを知って欲しいと思います。少しのお金でいいのですよ。試してください。

    ユーザーID:8506941333

  • 私のトピかと思いました!

    私も全く同じです!
    私は外資系の金融会社で勤めてます。
    年齢は32才だから同世代ですよね。

    私も投資してます。もともと給料も一般の女性よりかなり高めなので、預貯金プラス投資金など含めると1億円近くあります。パーっと使いたいけど、なかなか思うようには使えません・・・。
    ただ、ミニマリストとか断捨離まではいかないので、トピ主さんよりお金は使ってる方かな?
    外車を新車で買ったり、毎年海外旅行したり、ブランド物もちょこちょこ買うし、そこそこのマンションにも住んでるし・・・。
    でも、社会人になったばかりのころ、1000万貯めたらもっと派手に散財したいって願望があったのに、それは叶いませんね(笑)20代後半の頃はそれでも結構散財していたけど、今は散財が楽しいとは思えません。数年前は一人で高級フレンチや料亭、寿司とか毎日のように行ってたけど、飽きました。今は殆ど家で自炊して食べてます。お金を使っても、楽しくないんで。

    ただ、最近猫を二匹飼い始めたんですが、この子達のためにお金を使うのは楽しいです。
    キャットタワーを買ったり、部屋を猫仕様にリフォームしたり。
    キャットフードも海外の高額なものを買ってます。新鮮な刺身とか高級地鶏とか、無農薬の有機野菜で手作りご飯を作って与えることも多いし、医療費にもお金はかけています。猫のオモチャも衝動買いしちゃいます。
    2匹とも雑種の捨て猫&野良猫なので猫自体はタダだったのに、猫にかけるお金はかなりになります。
    それでも所詮猫なので、大した金額にはなりません・・・。

    自分のためにお金を使うのはつまらないけど、自分の大切な猫のためなら楽しいですよ。
    トピ主さんもケチケチが嫌なら、ペットを買ってみてはどうですか?
    デメリットは大好きな旅行には行けなくなることですが(ペットシッター嫌いなので)

    ユーザーID:4855115025

  • 買わないことをやめる

    川畑のぶこさんのコミックエッセイだったかな?

    断捨離に成功した人が、今度は何も買えなくなってしまったという相談の結論だったと思います。


    個人的には、コツコツとケチケチは異なると考えてます。
    「今日はちょっと単価の高いお肉!」から始めてもいいのでは?

    ユーザーID:4706434252

  • お金は癖です

    >すぐにお金とリンクさせて考えてしまう癖があります

    普段からそうなら当然です。
    お金の使い方は癖になります。
    いつも右手を使ってるから無意識に右手を使うなどと同じく癖なのです。

    だから浪費家はなかなか節約できません。
    それはダイエットが成功しない人と似ています。
    消費も食欲も癖なのです。
    いつも食べているお菓子を辞められないのと同じく、お金の使い方も浪費であれ節約であれ癖になっているものはなかなか変えられないのです。

    変えたいなら新たな癖を作ることです。
    例えば日曜日は財布に1万円入れて外出し消費するとパターンを決めるのです。
    毎週使っていればそのうちそれが癖になり、使う習慣ができます。

    日曜のランチは必ず外食でもいいですし、日曜は必ず映画や美術館などお金を使う遊びをするでもいいです。

    ジムや習い事に入会して強制的に毎月月謝を支払う方法もあります。

    又は定期的に(年1回とか2回とか)現金を金券に変えておく方法もあります。
    デパートのお買い物券でも店舗の商品券でも何でもいいので現金以外の物に買えておく。
    現金なら使いにくくても金券なら気楽に使えるかもしれません。

    ユーザーID:5122714829

  • のんびり…‥『ペット』と。

    アレルギーが、無ければ、『ペット』を、飼いましょう…‥
    『ペット可』に、住み替えて…‥
    『猫』って、可愛いですよ〜
    心が癒され、『暢んびり』気分に。。『マンチカン』は、甘えん坊の、甘え上手。。
    『ペット、グッズ』にもハマるでしょう(汗)…‥浪費?

    『この子の為に、今日も頑張って働こ!』って一日が、始まり、『あの子が、待ってる』と、帰宅の愉しみ。
    『この子の為に、まず私が健康で!』って身体に良い食べ物に、目がいくでしょう。

    是非…‥『マンチカン』を。
    適度な大きさ。体重管理すれば、4.7〜8キロ。
    愛嬌バツグン。
    毛色、ブルー系グレーが、綺麗。
    『マンチカンmix。ブリティッシュショートヘア』なのに、少し毛長の、もふもふ…
    ‥なんてのに出逢うと、得した気分で…
    ‥成猫になると『しんなり、艶やか〜』な、毛並みにうっとりしますよ。

    家も『マンチカンmixの?異種?遺伝子?』オスで。生後2カ月の頃、尻尾ピン!。
    成猫の今は、首、胸辺りは、スカーフの様にふさふさ〜。
    尻尾は、ふわふわん しなやか優雅〜な、歩き方をします。
    短い脚なのに、『駿速』です。

    ユーザーID:0632718859

  • お金を貯めるのが趣味でも、良いんじゃない?

    主さんはケチといっても、冠婚葬祭や交際費をケチっているわけではないですよね?(確認)

    人生を楽しみたいといっても、それは本当に人それぞれ。
    趣味なんて、無理に見つける必要もない。
    自分が楽しいと思うことが趣味なんだから。

    主さんの場合、お金を貯めるのが面白くなったのなら、ほぼそれが趣味なんじゃないでしょうか?
    それならそれでも、良いと思います。
    ただし、冠婚葬祭や交際費など、本当に出すべき時に出し渋らなければね。

    ユーザーID:8537790911

  • 持って生まれた性格がです。

    変わらないと思います。
    通帳を見て満足する性格ですから、それで幸せだからいいのでは!

    もし、変えるとするなら金額を(100万)決めて洋服、バッグ等々を
    購入してみる。
    何の為に働いているのか考えてみるといいです。

    ユーザーID:9973750939

  • 別にいいと思うんですけど・・・

    というか、
    節約が楽しみなんだから今のままでいいんじゃないんですか?
    既にトピ主さんなりの人生を楽しんでるように思います

    仮に何か他の事をしても「これで○万使った」とか思ったら、
    結局それがストレスになって楽しめなくって、
    さらに損した気分になって。。。って悪循環になりそう

    きっと自分が意図しない時に欲しい物とか何かをしたいとか、
    何かしら見つかりますよ

    ユーザーID:4824985292

  • ケチではない!

    貴女は賢い方ですね
    興味無いことにはお金使わないのは普通でしょう
    ばっちり貯めてあるのでこの先、惹かれる事に出会ったときに、お金かかるから出来ない…と諦めずに挑戦することができますよ
    ムリして使う事ありません
    ケチというのは必要な時に、必要なだけ使えない人の事を言うのです

    ユーザーID:9587607072

  • わかります。私も同じです。

    45才独身女性です。私も初任給からコツコツと貯めてきました。その中でも結構海外旅行にはいったり,投資などには手を出していないのですが,10年分プラスした金額くらい貯まっています。
    車や家を購入していないし,ペットもおらずなので,人生最大にお金を使ったのが,前に骨折で3週間ほど入院したときの治療費113万円也。
    (ただ130万くらい保険で戻ってきた)
    買い物となると,28万円の飛行機チケットに。

    人生後半分かぁと思うと,貯めないとという気持ちもあるけど,なにかに使いたいとも思う,
    でも使えないんですよね。。

    自分へのご褒美とかで,お金を使える人が羨ましく思います。
    何を乗り越えたら自分のご褒美を買うようになるんだろう?
    自分では結構頑張って働いてるんですけどね。。

    ユーザーID:4429775204

  • 趣味が貯金なら良いのでは?

    それにしても、本当日本人は貯金好きですよね。良いこととは思うけど、楽しまずお金ばかり貯めて(いつか起こる’かも’しれないお金のかかる出来事の為に)、病気が見つかったり、事故で亡くなったら死ぬに死ねないだろうなと思います。自分の人生は貯金で終わったと。。その貯金を使うことなくと(そして、必死で貯めたお金は誰かの物になる)。。
    もう少し考えを緩めたらどうですか?何事もバランスが大切ですよ。

    ユーザーID:8646755865

  • 立派ですよーー

    私も買うときこれは絶対必要かと考えて買います。無駄な物に金掛けたくないです。おかげで老後の金もなんとかあります。老後金が無きゃ惨めですよ。病院で隣り合った人と話をしてびっくり!お金が無くて真夜中弁当作りにいってると。。76でだよー事故が怖いやん。もう一人はガードマン72歳とか言ってました。朝5時起きとか言ってたよ。老いたら膝も痛くなるのに。何も無理して金使う事無いですよ。お金があれば心に余裕が出来ますよ。

    ユーザーID:4841752424

  • 見栄で浪費してもねぇ

    必要がない物事、価値も興味も見いだせない物事、好きでもない人物には、現状通りにお金を掛けなくても良いと思うよ。また、他人からケチだと思われている訳でもなさそうですね。それとも思われているの?

    人生や生活を楽しめないことを、貯金高と消費支出額に絡めて言い訳にしているだけみたい。
    夢中になれる物事、何かや誰かの為に持ち得る気持ちやそれに必要な行動があると充実感が得られます。それが何かは、好みもありますので、自分でみっけてね。

    ユーザーID:5708561973

  • いつ死ぬかなんて誰にもわからない

    身近な人たちが、病気になり、健康がお金よりも大切だと思うようになりました。
    お金で買える健康のレベルを越えて、病気になると、お金ではどうにもならないことが判りました。
    健康であれば、お金はいくらでも稼げます。でも病気になるとそうもいきません。
    交通事故などに巻き込まれて死ぬ場合もあります。
    いつ死んでも後悔しないような生き方をしたいと思うようになりました。
    35歳だと死や病気は身近に感じないかもしれませんが、一度明日死んでも後悔しないか(お金を貯めただけで使わないで死んでいく)自分に問うてみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:7563445779

  • 生き甲斐予算

    トピ主様程の財産持ちではありませんが、私も節約してます。

    私も同じ様な悩みを持った時に「生き甲斐予算」を組むことにしました。

    毎月「これなら何に使っても許せる」という額を決めて、この金額は楽しむために使い切ります。

    飲んでもいいし、趣味の本を買ってもいいし、楽しいなと思えることに自由に使います。

    私が私としてイキイキ生きていくためには必要なんだ!と思うことにして、気持ちよく使います。

    ユーザーID:2146975834

  • お金を貯めるのは何の為?

    金融機関にお勤めのあなたが、お金を貯めるのはごく普通の事かも知れません。
    決して悪い事では有りません。
    但し、何の為に必要以上にお金を貯める事に執着するのかを考えた方が良いかもしれません。

    私の昔の仕事仲間でお金を全く使わない人が居ました。
    兎に角、独身で自分のお金は出さない、使わない、お昼も食べず。
    見ていても異常な程お金に執着した人でした。

    その彼は50歳になった頃には1億以上のお金を貯めていたそうです。
    でも、脳腫瘍で亡くなったと風の噂で聞きました。
    北米では身寄りの無い人の場合、遺言が無い場合を省いて州政府に財産を没収されます。

    私があなたに言いたいのは、ケチケチしてお金を貯めても使わずに死んでしまったら
    貯める意味が無いという事を言いたいのです。
    人生は自分が思っているより短いのです。

    美味しい物を食べたり、どこか旅行したり、観劇したり、コンサートに行ったりと自分の好きな事や趣味に
    お金を使ってあげないと。

    まだあなたも「貯金命ち」みたいにお金に振り回されず、
    お金を振り回す様な使い方や生き方をされると良いかなと思いますよ。

    人生をお金を使って楽しむ。
    それが本当にお金を貯める意味です。

    ユーザーID:7784319672

  • ケチじゃなくて、蟻さん

    人間にはいろんなタイプがあって、主さんは蟻型なのでしょう。
    キリギリスでなくて良かったじゃないですか、それで良いんですよ。

    自分に自信の無い人ほど、心の隙間を埋めるために散財するものです。
    結婚したり、家を建てたりすると多額のお金が必要になります。
    その時の為に必要のないお金は使わない事、それが一番です。

    ユーザーID:5340946373

レス求!トピ一覧