旅行・国内外の地域情報

ヨーロッパに旅行に行きます

レス54
お気に入り104

トピ子

口コミ

 ゴールデンウィーク後半から10日間ほどイタリアのベニスとドイツ(ロマンチック街道)を旅行します

私は海外旅行自体あまり経験がなくヨーロッパは初めてで一緒に行く子供達も初の海外旅行です
主人が若い頃プライベートで何度か、最近では仕事でアメリカやヨーロッパに数回行っています

行くのは私と夫と中学生の息子2人の計4人です
個人で行くので添乗員はいません
恥ずかしながら持ち合わせもあまりありません
なので節約しながら楽しい旅行にしたいと思っています

向こうで乗る電車(特急)の予約やレンタカーの手配は済んでいます

こちらでお尋ねしたいのはあちらでのマナーやタブーな事
持って行ったら役に立つものや服装、お土産など教えていただければと思っています
それと安くて美味しい食べ物だったり日本のファミレスみたいなチェーン店があれば教えて貰いたいです

色々調べていますが『美しい思い出』を語ったものが多くこれから旅行に行く私たちの役に立ちそうな情報はあまりにも少ないです
私の勉強不足が一番問題なんですけどね

長期旅行に便利なグッズ、洗濯はこうすれば早く乾く等
何でも構いませんのでお知恵をお貸しください

宜しくお願いします

ユーザーID:7425443682

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数54

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 食事の量が多い記憶がある

    ドイツって、一皿が結構ボリュームあったような・・・・・

    おかず系も量が多いし
    デザート・ケーキ類もでっかい印象があります。

    注文し過ぎるとお腹いっぱい過ぎて大変だと思う。

    ユーザーID:1717144901

  • ケバブ屋は安いですよー

    英語表記有りのお店は大抵観光客向けなので
    味や値段はあまり期待しないほうがいいと思います
    そらよりケバブ屋、日本でいうファストフードなのですが
    安いし大抵は写真もあるので
    セットなんかも頼みやすいです

    あと店員が白人系ではないので
    差別もうけづらいかと。
    気づかなければいいのですが
    ヨーロッパのローカルでは
    割とアジア人は差別受けます
    先にまっていたのに、後らに並んでる白人の注文を先に聞いたり、とかね。

    イタリアはあまりなかったですが
    ドイツは主要駅でもありました
    私はハーフなのでなかったのですが
    友人達がそういう扱いされてので
    嫌味いって文句いいましたけどね

    ユーザーID:0482380236

  • 節約のレベルによるとしか言いようが無い

    EU圏内は、外食がお高いです。

    チップ文化でもあるし。
    日本の外食と同じ予算、感覚でいくと難しいかもしれませんね。

    朝食は、スーパーで買ったパンやジャムで済ます。
    湯沸し、簡易クッカー程度は持参か、ホテルも、ミニキッチン付きのコンドがベストです。

    節約アイデアは、ネットで実際に旅した人のブログや、情報サイトで入手しましょう。

    ユーザーID:5031247952

  • 最近ベネチアに行ってきました!

    1月に5度目のベネチアに3日間滞在しました。
    現地在住のガイドさん曰く「ベネチアはイタリアではなく世界のベネチアだ」そうです。それだけ観光客が増加しているということです。
    先日もぼったくり被害にあった日本人の記事がありましたが、サンマルコ広場やリアルト橋付近のレストランで、ベネチア人が経営しているレストランは1%程度だそうです。食事はサンポーロ地区やヴァポレットに乗ってデュデッカまで足を延ばした方が安くて美味しいです。

    主さんの質問にお答えすると、
    ■マナー→お店やレストランに入る時は挨拶すること。いらないもの、嫌なことは、はっきりNOと言う。愛想笑いはしない。後は日本と同じ。

    ■旅行に便利なグッズ→S字フック(ホテルのクローゼットにかけたり、洗面所にかけたり何かと便利)、クロックスみたいなサンダル(室内履きや朝食時、ちょっとそこまでの時に)ウェットティッシュ(定番ですが、おしぼり代わりに)。10日間だったら洗濯しません。その時間がもったいない。

    ■服装→事前に天気予報と気温をチェック。カーディガンなどの重ね着で調整できるように。いつも観光は着古したヨレヨレの服で、現地の人のようにスキニーを履きます。ベネチアは徒歩が基本なので、履きなれた歩きやすい靴は絶対!

    ■土産→Venchiのチョコレート(日本にはまだショップができていません。美味しい!)

    リアルト橋のたもとにある旧ドイツ人商館を改装したデパートのテラスからの眺めが美しいそうです。
    予約制になっており、現地のタブレットやホームページからも予約ができるそうです。
    私は時間の関係でテラスに行けなかったのですが、デパートはトイレも無料で使えて便利でした。

    特急列車で「その席は私たちの席だと思う」と声を掛けてきたスリに遭遇しました。
    病気とケガとすりに気を付けて楽しいご旅行を☆

    ユーザーID:9343051911

  • いいですねえ

    ゴールデンウィークの後半から10日間ということは、中学生のお子さん達二人は学校を休んで行くんですね。
    うちの子をそういう旅に誘っても、学校を休んでまで行きたくないと言われます。
    そういうのを聞くとちゃんとした子に育ってくれたなあと思うのですが、どういった事情で学校を休んでまでいくのでしょうか?

    子供達にいろいろな経験をさせたいというのなら、こんなところで聞かずに、子供達に調べさせたらいかがですか?

    ユーザーID:2113754131

  • ちょっとアドバイスを

     余計なことかと思いましたが・・・。本来なら、1箇所か2箇所の滞在型の旅をお勧めしたいところです。どうしても荷解きや、撤収は奥さんに負担がかかる。それに洗濯物も乾く。私達は殆どの場合、ホテルに3〜4泊します。

     さて、海外用のコンセントアダプターはもちろん持っていくと思いますが、役に立つのは、3口程度の、延長コードですね。私は夜充電するものが、夫婦のスマホ、カメラの充電、ipadの充電・・・たくさんありますので、これはお役立ち。ホテルのコンセントって意外と使いにくいところにある。
     それと、100円ショップなどで売っている、簡易シャワーカーテン(海外はカーテンが無いのですよ)、浴室で洗濯を干すための、洗濯ロープ。百均なので、最終日に捨ててきます。
     それと、薄手のタオルかな。向こうのは無駄に分厚くて、体を洗えない。厚手のバスタオルは、洗濯物の干す前の水分抜きに使えますけどね。

     それと我が家の必殺は、トイレットペーパー。向こうのは分厚くておしりが悲鳴(笑)帰国時は消えますのでお土産スペース。

     食事ですが、ドイツでは、いたるところにカリーヴルスト(フランクフルトとポテト)や、サンドイッチ屋さんがあります。買って、天気が良ければ公園などで食べと良いです。私はこのとき缶ビール(笑)このような旅こそ、本物の旅です。地元の人と同じものを食べるのです。

     さて、ベニスですが、ここは残念ながら物価が高い。そこで、コンビニを見つけましょう。SPAなどが結構あるはず。ビールもワインもジュースもここで仕入れる。簡単な食べ物も売っています。あとはやっぱりピザですね。パスタなら、イカスミ。テイクアウトのお店は安いです。Fried Land 検索して下さい。では楽しんできてね。

    ユーザーID:0168351620

  • 持ち合わせが少ないというのが気になる

    トピ主さんのお金の感覚がわかりませんが、
    特にヨーロッパはお金の心配をしながら旅してもあまり楽しくないんじゃないかと。
    まずできるだけ自由に使えるお金の準備をされた方がいいと思います。

    若い子がする貧乏旅行も別の楽しさがあるかもしれないけど、
    ある程度の年になっての家族旅行なら、十分な余裕を持って、
    好きなものを食べて欲しいものが買える旅の方が良いと思います。
    特にしょっちゅうヨーロッパに行くご家族じゃないのなら、尚更に。
    節約は日本の日常でやって、たまの旅行にはパッと使うのが楽しいんじゃないですか。

    気をつけるマナーは店に入ったら堂々とにっこり挨拶、でしょうか。
    無言の日本人多いですよね。

    楽しい旅行になりますように!

    ユーザーID:3677344346

  • ドイツなら

    元在独の旅行バカです。

    Nordsee(北海)という名前のチェーンのレストラン。
    海産料理の安いお店です。
    ちゃんとした料理ではないですが
    連れて行った日本人は全員結構喜んでくれました。
    基本的に、メインの料理と、Beilage(付け合わせ)を頼みます。
    Bratkartoffel (ジャガイモを炒めた料理で何故かかなりおいしい)などがあります。
    Nordseeなら、飲み物込みで10ユーロしないと思います。

    Kaufhofというお店(ちょっと大きめの街に大体あり、
    店によって違うが5階ぐらいの割と大きな店)の最上階にはレストランがあり、
    色々な料理を量り売りで売っています。

    あと、Reweというスーパーではサラダバーがあって、
    100グラム100円ぐらいで、野菜も多いので、
    旅行中重宝します。

    お肉屋さんで、ソーセージと一緒にパン (ロマンチック街道=南ドイツ語圏ならゼンメルという)を頼んで
    パンにソーセージを挟んだものもおいしいです。
    多分せいぜい2ユーロぐらいかな。

    マナーですが、飲み物を必ず頼むことでしょうか。
    あと、食べ物を食べる時は音をたてないとか。
    お肉料理を、いきなり全部細かく切らないとか。

    教会では、肌を露出しない、帽子をかぶらない。
    ケルンのドームでは、帽子は結構注意されていました。

    洗濯は、乾燥してるのでよく乾きます。

    ロマンチック街道なら、
    ヴュルツブルクのKupschというスーパーには
    値段の割においしいフランケンワインがそろっています。
    Gschwendnerというお茶屋さんは、色々種類があるし、
    日本のお茶屋さんに比べると非常に安いので、お勧めです。
    ヴュルツブルクは、そこそこ大きな街で(ドイツでは大都市)
    普通の街を体験するのにいいと思います。

    個人的には、
    マイン川沿い辺り等をサイクリングすることをお勧めします。

    ユーザーID:6764674104

  • 旅の醍醐味

    先進国を旅するのですから、なんとでもなります。
    ご主人がなんとかするスキルを身に着けてらっしゃるでしょう。
    トラブルがあっても笑い飛ばして良い思い出に変えてください。

    ただ、日本のように清潔できっちりした国は世界には存在しないことだけを頭に叩き込んで。
    先進国である西欧でも、日本人には信じがたい適当さがまかり通っていますし、温水洗浄便座なんて存在することも知らない人々がほとんど。

    マナーやタブーについては、周囲の現地人達をよく観察しましょう。
    日本的倫理観を発揮すれば通常は問題はありません。

    ユーザーID:8878182811

  • 追伸

     ホテルのトイレは良いのですが、まちなかの公衆トイレや、カフェのトイレは汚いです。それに便座がありません。妻はいつも大量のポケットティッシュと、アルコール除菌を持って歩いています。あのへんの女性は立って用をたすのでしょうね。妻は小柄なのでとても無理。
     とにかくトイレ事情は最悪です。そもそもコンビニやスーパーなどトイレは貸してくれませんので。それだけは覚悟して行って下さい。

    ユーザーID:0168351620

  • レスします。

    旦那さんが英語などが堪能なのでしょうが子供達が
    初めての旅行で、10日で個人旅行とか凄いですね。
    待ち合わせ少ないってことですが
    個人旅行の方が割高になると思いますが。

    ツアーしか行ったことないですが20回ほど
    海外旅行しています。
    ヨーロッパは三回行きました。

    ヨーロッパは物価がとにかく高いです。
    イタリアで缶コーラ500円ぐらいしました。
    水も有料です。
    日本から水、お茶、ジュース、ビールなど
    持って行くといいですよ。
    私は毎回、預けの荷物に入れて行きます。

    洗濯は少なくするために捨てていいような下着、
    服、寝巻きなどを持って行ってます。

    洗濯時は、バスタオルで巻いて水分を取って
    干すようにしています。ロープと小物干しがあるといいです。

    子供らの体調が崩れやすいので気をつけて下さい。
    非常時の薬は、必ず持っていくことです。
    ポカリスエットの粉末や味噌汁、カップ麺もあれば
    いいです。
    裁縫セット、ハサミなどもあると便利です。

    待ち合わせないといっても4人の個人旅行は、かなり
    お金がかかると思います。
    ケチるところはケチって楽しい旅行にして
    下さい。

    ユーザーID:1897150960

  • ノイシュヴァンシュタイン城

    事前予約か現地でのツアー予約を。
    行き当たりばったりで着いても時間制なので都合よく入城できるかわかりません。
    せっかくなのに数時間も待ちなんて時間のロスです。

    建物の中に入るには団体入場のほうが効率がいいです。どこでもそう。
    個人の場合は長蛇の列というのを目撃してます。
    日本で行列のできる店などは気になりませんが、せっかく大枚をはたいて来ているのに
    行列に並んで数時間というのは勿体ない気がします。
    つり橋ではスリに注意。

    ローテンブルクは城壁内に宿泊がおすすめ。
    外壁・夜の散策もいいです。

    行かれるところがそうかどうかはわかりませんが、ナップサックはNGなところもありました。
    そういう場合は後ろに背負うのじゃなく前に抱きかかえるように。

    混んでいるところほどスリに注意。
    ひったくりも。

    ユーザーID:1500130583

  • ホテルは予約されましたか

    私も現在旅行計画中です。
    GWにドイツは何度も行ったことがありますが、案外雪やみぞれが降って寒いことが多いです。
    厚手のレインコート(フード付き)のような物があるといいと思います。
    ホテルの部屋にはポットと共に紅茶やコーヒーが用意してあると思いますが、日本から緑茶のティーパッグを持参して疲れた時に飲まれてはいかかでしょう。
    事前にホテルに問い合わせてポットのある無しも確かめた方がいいかもしれませんね。
    その場合は日本からポットを持参されると、お部屋でスープやカップ麺を作ったりできますし。

    私は今回2週間ちょっと滞在予定なので3,4泊ずつアパートホテルを予約するつもりです。
    個人のお部屋ではなくて世界的ホテルチェーン系列のアパートがドイツ等にあることを最近知ったからです。
    節約になるかどうかはやり方次第かもしれませんが、ドイツはデパ地下でお惣菜も買えますし、お湯を沸かしたり温めたりができると便利かなと思いました。
    10数日間ドイツ料理でも全く平気な質ですが、健康面を考えると脂質を抑えたリ野菜タップリのさっぱりしたものも食べたいですから。
    電子レンジがあるので赤飯のパックご飯をもっていきます。
    (現地でも買えますが)カップスープや和風のスープ等も便利ですよ。
    アパートホテルだと洗濯機も付いているので、毎日洗濯できますし。

    お尻が痛い方のお話で思い出しましたが、携帯シャワートイレはいつも持参しています。
    うちは3台目ですが昔より改良されているのでお勧めします。

    ケバブなどのトルコ料理もお勧めです。
    今はどこの街にもあります。
    屋台から普通のレストランまでありますが、通りすがりさんのおっしゃるようにどこのお店も愛想が良くて親切です。
    初めて行ったときは注文の仕方が分からなくて色々聞きながら作ってもらいました。
    ドイツ人は友好的な人の方が断然多いので安心してお出かけください。

    ユーザーID:6667033585

  • ドイツです

    帰りの空港はどちらですか?
    お土産を帰りの空港の免税店で購入するとかなり節約になるかと思えば、
    全く正反対です。
    チョコレートやワインなど最終日のスーパーで買った方が絶対安いです。
    普通に海外のチョコなんか売ってますからね。
    ビールに至っては、500mlで1ユーロ以下のもあります。
    少々重いですが若者二人に持たせましょう。
    注意点:スーパーマーケットを含めほとんどのお店は日曜日は閉店しています。
    免税店以外で購入した液体物は必ず受託手荷物に入れてください。
    機内持ち込みはできません。

    ほとんどのデパートが有料ですが、ここだけの話フランクフルトのショッピング通りにあるモダンな建物の『マイ ツァイル』はトイレが無料です。

    宿泊はアパートメントスタイルの所を選べば、キッチンも付いているので、
    朝食など前日に近くのスーパーで材料を買い込めばずいぶん安上がりです。
    以前ドイツのホテルはほとんど朝食付きだったのですが、近年別会計のホテルが増えています。それが1000円から2000円とかするので少々高過ぎ。
    家族4人分は厳しいです。
    アパートメントスタイルの宿はbooking.comなどのサイトで紹介されています。
    是非探してください。

    ユーザーID:0027961558

  • Deutsche Bahn

    親に同行する15歳未満の子供はDBでは無料です。ドイツからイタリアに列車移動するとして、通過するスイス、オーストリアも子供は無料です。(イタリアは有料) DBのウェブからKind 6-14jを選び、その後、生年月日を入力すれば、自動的に計算してくれます。

    洗濯、困りものですよね。スポーツ系の機能性製品を選べば早く乾きます。第一,かさばりません。

    欧州旅行、ご家族でお楽しみください。

    ユーザーID:0780171426

  • レスありがとうございます

    早速のレスありがとうございます

    旅行の役に立つ情報がたくさんあって凄く助かります

    先に皆さんが気になられている私の「持ち合わせがない」に関してですがそのまんまです・・・

    航空券ですが主人のマイレージのポイントで手配しました
    なので出発日も帰国日も4席取れる日を探したら10日という長旅になりました
    ホテルもポイントでの宿泊です

    今年旅行に行くのは子供が来年3年生でこれから受験が続く事と5月だと気候が良いからだそうです

    旅行先では主人がお金を出す予定ですが主人の育った環境では人にお土産を買うという事をしません(主人は子供や私には買ってくるようになりましたけど)
    しかし、近居の私実家にペットの世話や家の事等お願いする事がありますので私実家にお土産を私のお金で買って帰ろうと思っています
    後、主人は出張先で外食する事がなく日本から持参した物や出張先のスーパーで買った物で済ませる事が多いのでこの旅行でもそうなるのではと思っていて『なら、私が何食分かは出そうかな』と思っているしだいです
    ただ、私の貯金は家を建てる時の頭金に全て使ったのと今は専業主婦で手元に20万ほどしかないのが現状です

    それと子供にはまだこの旅行の事は話していません
    「学校を休んでまで・・・」そう言われるのがわかっているからです。
    我が家はパスポートセンターから近いのですぐに入手可能なのでギリギリまで言わない予定です
    学校には相談済で先生からは「机の上で本を読むだけが勉強じゃない、良い機会だから色々経験してほしい」と言っていただいています

    家族で海外旅行に家族で行くのは主人の夢だからです
    なので子供たちの為ではなく主人の為ですね
     

    ユーザーID:7425443682

  • レスありがとうございます 2

    >さばんなさん ありがとうございます
    ボリュームのある食事は口に合えばなんとかなりそうだけど口に合わない時は残すのも悪いし困りますよね

    周りの方の注文したお皿の料理の量を見て気を付けて注文したいと思います


    >通りすがりさん ありがとうございます
    ケバブって美味しそうですね 私はまだ食べたことがないのですが姪がよく「ケバブ食べに行ってきた(繁華街のお店)」と言うので興味はあったんです。見つけたら絶対食べます!!
    ドイツの差別はなんか怖そうですね
    主人は「ドイツ語は普通に喋っていても怒っているように聞こえる」と言っていたのでドキドキです


    >ゆゆさん ありがとうございます
    そうですね 節約と漠然とした言い方でしたので答えようがなかったですね
    チップも予算に入れておかないといけなし・・・習慣が違うので何か見落としていそうで落ち着きません
    もっと沢山の方のブログを読んでみます


    >ボス子さん ありがとうございます
    ベネチアに5度も行ったんですね
    きっと素敵な所なんでしょうね
     >食事はサンポーロ地区やヴァポレットに乗ってデュデッカまで 足を延ばした方が安くて美味しいです。
    そうなんですね!ベネチアには2日滞在するので行ってみます
    美味しい食事に当たるといいな

    マナーも失礼の無いよう振る舞いあやふやな態度をとらないよう気をつけますね

    洗濯はしないのですね 気候によったら半袖でも大丈夫かもしれないので薄い服を複数持って行ったり工夫しようと思います
    後、便利グッズは全て持って行くようにします

    ユーザーID:7425443682

  • レスありがとうございます 3

    トピ主レスを3通も書いてあれですがトピ主表示されているのか不安になってます

    >匿名さん ありがとうございます
    匿名さんは度々長期の旅行に行かれることがあるのですか?
    お子さんが断るという事はご夫婦二人で行かれるか旅行を断念されるのですね 
    お子さんに断られるのに慣れるまで大変だったでしょうね
    私は長期で家を空けるのが初めてなので凄く緊張しています

    学校を休むことですが学校を休んで旅行に行っても私は「ちゃんと育っていない」と思わないのですがそうで無い人もいるのですね
    学校を休んでまで行くのはそうしないと行けないからです
    旅行先は私が行きたかった所(ベネチアとドイツ)と主人が私たちを連れて行きたかった所(ドイツ)なので子供たちはついて来るだけになります
    私たち夫婦は子育てそのものが親のエゴだと思っているような人間なのでこのようになったんだと思います


    >じいじいさん ありがとうございます
    沢山の情報をありがとうございます
    ご夫婦で旅行に行かれるのですね ステキですね私もそんな年の取り方をしたいです

    ホテルの件お気遣いありがとうございます
    初めの主人の予定はほぼ1泊ずつで移動の繰り返しだったのを観光先を見直してなんとか2泊ずつになったしだいです

    公園でのランチは良い思い出になりそう〜ぜひ実行したいです
    トイレットペーパーですが全く頭に無かったです
    トイレに流せてゴミにもなりませんし色々使えるので持って行きます
    トイレ事情は大変そうですね
    >便座がありません
    何を書かれているのか理解するのに時間がかかりました 
    ビックリです 水分は控えめにした方が良さそうですね

    ユーザーID:7425443682

  • レスありがとうございます 4

    レス ありがとうございます トピ主のトピ子です

    >mimiさん ありがとうございます
    mimiさんがおっしゃる通りだと思います
    言い訳になりますが準備期間があまりなかったのです
    旅行の件は最近聞いてその時すでに手配済でした
    主人は普段倹約家なので旅行先でもそうであればちょっと残念な事になると思ったので少しでも良い思い出になるように私のへそくり(たった20万円ですが)を使って食事をしたりお土産を買いたいと思っています
    ただ、特急列車はファーストクラスを予約しているらしいので列車移動の間は贅沢な雰囲気に浸れそうです

    >店に入ったら堂々とにっこり挨拶
    これは今から習慣つけてもいいですね 
    頑張ります


    >volkachさん ありがとうございます
    細かいドイツの情報をありがとうございます
    ドイツは一番行きたかった国で凄く楽しみにしてるんです
    飲み物を必ず頼むと失礼にならないのですね
    水も料金が発生すると聞いているので頼まないといけないなとは思っていましたがアルコールでなくても大丈夫ですよね
    帽子は建物に入る時は取るようにします!

    サイクリングはいいですね!
    自分のペースで景色を観ながら移動出来るので楽しそう 
    調べてみますね


    >ヨセミテさん ありがとうございます
    肩の力が抜けるようなレスありがとうございます
    新婚当時、主人と2人で行ったアメリカでは飛行機がダブルブッキング、ホテルの予約が取れていない、パスポートと財布の入ったカバンを置き忘れる(危険物として取り扱われていて叱られました)等のとんでもないトラブル、ドジばかりで珍道中だったのですが主人が英語を話せたのでなんとかなりました
    今ではいい思い出というか笑い話です

    私や子供たちはいかに自分たちが恵まれた環境に住んでいるか知る事になるんでしょうね
    それも良い経験かも(ちょっとイヤだけど)

    ユーザーID:7425443682

  • 宿はお決まりなのでしょうね?

    もしまだならアパートメントを検討されてはいかがでしょうか?

    キッチン、洗濯機(場合によっては乾燥機も)付ですので自炊で安価にあげられますし高いホテルのランドリーサービスも使わなくて済みます。

    2ベッドルームの物件もあるのでホテル2部屋分と比べると宿泊費自体も安価にあがるかと思います。

    食事なんてソーセージ茹でてパンとかパスタでも良いでしょうし、日本から乾麺とか持ち込んでも良いと思います。
    山道具屋に行けばお湯注ぐだけで食べられるアルファ米食品も結構充実してます。

    ユーザーID:5729200381

  • 在独です

    5月のヨーロッパ、良い季節ですよ。お天気が安定しないこともありますが、日は長いし、1日を存分に楽しめます。

    在独10年以上になります。以下は私自身の経験による情報なので、同じことでも受け取り方によって感想が違うかもしれませんが、ドイツのことで判ることをお知らせします。

    1。食事について
    ドイツでは、日本にあるような比較的安価なファミレスや定食屋さんのチェーンはないように思います。チェーンのレストランはありますが、特に安くはありません。そして外食は高いです。家族4人、レストランで夕食を取ったら、飲み物込みで最低100ユーロは掛かると思います。

    食費で節約するには、朝食はホテルだと高いので、ローカルのパン屋さんでパンとコーヒーなど。店先にイートインスペースがあるお店も多いです。焼き立てのハード系のパンは美味しいです。その場でハムやチーズ、レタスなどを挟んでもらうこともできます。
    前日にスーパーでパンと果物、ヨーグルトなどを買って朝食を済ませれば、さらに安上がりです。

    昼食は他の方も書いていらっしゃいますが、トルコ系のファストフード店が一押しです。ポケット型のパンにお肉と野菜、ソースをたっぷり挟んだケバブは、1つ3、4ユーロで、中学生男子でもお腹が一杯になるボリュームです。他にフライドポテトや焼ソーセージも一緒に売っているところもあります。

    あと、レストランは昼と夜ではメニューが違うところもあり、お昼はMittagsmenuというランチセットを10ユーロ前後で提供していることが多いです。
    時々はお昼を1日のメインの食事にして、夜はライ麦パンにハムやサラミ、サラダ、燻製の魚などをスーパーやデパ地下で買って、ビールやワインと一緒にホテルのお部屋で取るのもアリかもしれませんね。ドイツ人の夕食は、冷たいものだけで済ませるのが伝統なんですよ。

    ユーザーID:2511197739

  • 在独です 2

    続きです。

    2.買い物について
    スーパーとドラッグストアを活用すれば、相当リーズナブルに色々なものを調達できます。

    水や日用品は、Aldi、Netto、Lidlなどディスカウント系のスーパーで。水は一番安いものなら500ml6本パックで1ユーロ以下です。安いと言っても水質はコントロールされているので、何も問題ありません。エヴィアンやヴォルヴィックなどのブランド水ではないというだけです。コーラやジュースは1リットルが1ユーロ前後。

    ドイツではほとんどのペットボトルとアルミニウム缶にデポジット25セントが掛かります。飲み物を買う時に一緒に請求され、ボトルを返せば返金されます。デポジットが掛かるかどうかは、ボトルにリサイクルのマーク(ボトルと缶、矢印がデザインされたマーク)が付いているかどうかで判ります。このマークがついているものは、デポジットの対象です。

    返す時は、スーパーの入り口近くに、大きなボトル回収用の機械があるので、投入口にボトルの底を先に投入します。返却する全部のボトルや缶を入れたら、ボタンを押すとレシートが出てくるので、これをレジで渡せば返金されます。買い物もする場合は、合計金額からデポジット返金分が差し引かれます。買ったお店でなくても、同じチェーンのスーパーでなくても、どこでも返却できるので便利です。

    チョコレートやワイン、お茶などはEdeka、Reweなどのスーパーが便利です。ディスカウント系は安いのはいいのですが、マイナーなメーカーのものが多かったり、品揃えが少ない場合があるのです。EdekaやReweはナショナルブランドが主で、PBでもちょっとお洒落なパッケージのものや、やや高級なものがあります。

    お土産のお勧めは、ネットで検索すると詳しい説明のあるサイトやブログがたくさん見つかると思いますよ。

    ユーザーID:2511197739

  • 在独です 3

    スーパーにあるショッピングカートは、1ユーロ硬貨を入れて、チェーンを外して使うようになっています。最近は50セントや2ユーロ硬貨も使えるものもあります。使い終わったらカート置き場に戻して、チェーンを刺せば硬貨が戻ってきます。

    3.トイレ事情
    ドイツのトイレは、レストランやカフェでは無料ですが、その他は基本有料です。駅でも、ショッピングセンターでも、アウトバーンのサービスエリアでも、50セントから1ユーロの使用料が掛かります。

    日本のように便座シートが備え付けられているところはありませんが、消毒用のスプレーが個室の壁に取り付けられていて、適当な多きに切ったトイレットペーペーに消毒液をスプレーして、便座を軽く拭いて使うようになっているところが多いです。

    トイレ事情は最悪というレスがありましたが、有料トイレに関しては、ピカピカとまではいかなくても、それなりに衛生的に保たれていて、私は使用を躊躇するような惨状のトイレには遭遇したことはありません。
    便座がないトイレというのも、過去10年ぐらいの記憶を遡っても、アウトバーンで、売店やガソリンスタンドのない、ただの駐車場状態のところにあったトイレと、某サッカースタジアムで見たことがあるぐらいです。

    4.ドライブ事情
    日本から来る知人が戸惑うことが多いのが、「右側から来た車が優先」というルールです。一般道で、信号のない交差点。どちら方向の車線にも優先車線の表示がない場合は、右側から来た車に優先権があります。これは1つの道路の幅が明らかに他より広い場合でも適用されます。
    ロマンチック街道沿いの小さな町の中や近郊など、信号のない交差点が結構ありそうです。ご注意ください。

    アウトバーンの制限速度のない区間は、200キロを超える猛スピードで走る車も少なくないので、くれぐれもご注意を!

    ユーザーID:2511197739

  • 在独です 最後です

    長々とスミマセン。

    豪勢にお金を使わなくても、掛けるところは掛ける、無理なく節約できるところは節約するというスタイルで、楽しくドイツを旅行することは十分できると思います。

    ただ個人旅行をする以上、パン屋さんでの朝食にしても、ケバブを買うにしても、スーパーで水を買うにしても(水の種類もガス入り、微炭酸、ガス無しなど何種類もあります)、それなりにコミュニケーション力、状況を読む力などが求められるように思います。そして私が一番大切だと思うのは、多少失敗しても、ちょっと馬鹿にされたように感じても、予定通りに行かないことが起きても、落ち込まない力だと思うのです。

    語学力だけでなく、身振り手振りも含めて、自分の気持ちを伝えようと頑張ったり、相手の言っていることを理解しようとしたりすることで、旅はいくらでも面白くなります。旅慣れたご主人さま任せではなく、中学生の息子さん達も一緒に、ぜひ楽しい旅にしていただきたいと思います。

    あ、スリや置き引き、車上荒らしなどには十分お気をつけくださいね。

    ユーザーID:2511197739

  • 私が持っていって便利だったもの

    私も旅行に行くときは10日前後になることが多いので、便利だったことなど。
    お洗濯は、洗濯用にロープや折りたたみ式の小さなピンチハンガー、粉の洗剤を持っていくと便利です。洗剤は必要な分だけジッパー付きの袋等に入れてスーツケースに入れてます。宿は夜になると暖房が入っていて乾燥しているので、乾くと思います。ただ、厚みのある洋服は乾きにくいので、移動日前日のお洗濯は気をつけてください。洗濯するのを前提で私は3組程度しか着替えは持っていきません。

    お部屋でのお食事用にお箸を人数分持っていくと便利です。レストランでの夕飯に飽きたとき、スーパーなどでお惣菜を買って部屋で食べてました。トマトとかは朝市で買ったこともあります。現地の人の気分になれて楽しかったですよ。プラスチックか紙のお皿を浅いのと深めのを持っていくと便利かもしれません。部屋で食べるとき、取り皿が無くて困りました。

    コンセントの口の変換用プラグの他に、延長コードを持っていくと便利です。デジカメ、スマホ等、充電が必要なものが多いので、2人でもコンセントの奪い合いでした。電圧は、最近の充電器は大抵ヨーロッパの電圧に対応しているので、私は変圧器は持っていったことがありません。

    楽しんできてくださいね!

    ユーザーID:9866680892

  • レスありがとうございます 5

    >サツマイモさん ありがとうございます
    飛行機とホテル代はほぼ無料なのでツアーよりは安くなるのですが全て自分達でしなければならないので不安です
    飲み物(特に水)は持って行こうと思います。子供たちの体調も気遣わないといけませんね・・・
    薬も頭痛薬と腹痛の時に飲む薬、風邪薬を用意しようと思います
    裁縫セットもあれば便利そうですね 忘れずに持って行こうと思います


    >白鳥さん ありがとうございます
    ノイシュヴァンシュタイン城は行く予定なので早速調べてみます
    主人が何度も行っているので予約してくれているといいのですが…
    ローテンブルクは1泊する予定みたいです
    お勧めの所で泊まれるなんてラッキーです!
    他の方の仰ってましたがスリは多いんですかね 気をつけます


    >計画中さん ありがとうございます
    ドイツは寒い事があるのですね ちょっと厚手の服も用意していこうと思います。ポットは小さいですがすぐに沸かせるのがあるので
    カバンに余裕があれば持って行きたいです 部屋で暖かいお茶を頂きたいですからね
    後、携帯用のシャワートイレがあるんですね 探してみます!


    >親父さん ありがとうございます
    帰りはミュンヘン空港からです。
    お土産は空港で買うよりスーパー等で買う方がいいのですね
    それと、おトイレ情報ありがとうございます
    子供がいるのでトイレが一番困ると思うので助かります
    大人用オシメを持って行こうか悩んでるくらいです
    『マイ ツァイル』しっかりメモして持って行きます!

    ホテルの朝食は日本もそうですが高いですよね
    ブランチで頂くなら格安なのかな?

    ユーザーID:7425443682

  • レスありがとうございます 6

    >さくらさん ありがとうございます
    子供は列車代が無料だったりするんですね
    主人は子供を連れての海外旅行は今回が初めてですので知らないと思うので早速調べたいと思います
    後、スポーツ系の衣類は速乾性のモノが多いですよね
    普段に着るイメージが無かったので頭にありませんでした
    何枚か持っていきたいと思います

    >黒猫さん ありがとうございます
    アパートメント凄く気になります
    ドイツの人たちが普通に暮らしているような造りですよね
    今回はホテルなんですが2度目の旅行があるなら利用したいです
    山道具屋も何か役立つものがありそうですね週末にでも見に行ってきます


    >はるひさん ありがとうございます
    在独の方なのですね 主人が撮って来る写真はどれもおとぎ話に出て来るような石畳の小道や路地、窓辺にこんもりと咲く花やアイアンの看板…どれもステキでそんな場所(もしくは近く)に住んでいるなんて本当に羨ましいです

    ドイツではオーガニックのモノがスーパーでも買えるようなのでお土産や食事を買うのにガンガン利用しようと思います
    ボトルの事もそうですがどれもこれもすぐに役に立ちそうな情報ばかりありがとうございました


    今は楽しみより不安の方が大きくて落ち着きません
    子供に黙っているせいで何の準備もしてませんしね
    時間ぎりぎりに慌てないように皆さんのアドバイスを手帳にメモして気持ちに余裕のある旅行にしたいと思います

    ユーザーID:7425443682

  • スマホと足元事情

    こんにちは。

    ご家族でヨーロッパ良いですね。

    しかも、マイルで!!
    私もマイルだけで旅行するのが夢です!!

    毎年夏に夫婦2人で外国に旅しています。
    でも、本当になんにも知らないで行先だけ決めて
    小町の皆さんに色々教えて頂いて毎年良い旅になっています。

    ここで、私からのご案内ですが、
    スマホ事情です。
    以前はWiFiとWiFiの充電器を一万円超かけて空港で借り
    重い機材をバッグに入れてうろうろしていました。
    これにこりて、昨年は格安SIMを購入し、(確か二千円台だったと思います)
    普通に日本で使っているように使用できました。
    通話ができないかもしれませんがライン通話で乗り切れるかな?と思います。
    日本からのメールは重かったのか中々上手く届きませんでしたが
    ラインはオンタイムで連絡できました。

    ちなみに私が使ったのはUSIM.Cheapという会社のものでした。
    他によいSIMがあるかもしれませんので、ご自信でご確認ください。

    あと、ベニスは小さい橋があちこちに掛かっていて
    足元が悪いのでキャリーバッグは邪魔になると思います。
    あと、沢山歩かれるなら、出来れば底がゴム等のクッションの効いた靴で
    靴下も厚いものが良いと思います。
    (夫は運動靴でしたが、薄い靴下だった為足を痛めたそうです)
    ただ、歩くのに疲れたら船で周遊も出来ますし、
    ベネチア映画祭が行われるリド島やカラフルな家で有名なブラーノ島も
    訪れる事ができますよ。

    楽しいご旅行になりますよう。

    ユーザーID:6350293444

  • 楽しい旅行になりますように

    トピ文だけ読んだ時には、折角の旅行なのに節約ばっかりなんて・・・と思いましたが、トピ主さんのその後のレスを読んで、少し印象が変わりました。
    主さんが行きたかった旅行で、子供さんが同行するだけ・・・なんですね。

    それなら、主さんが思うような旅でいいと思います。
    子供さんはまだ中学生。今回の旅が良い刺激になり、今後自分たちでヨーロッパだけではなく、様々な国へ出ていくきっかけになるかもしれませんね。
    学校の先生が仰る通り、机上の勉強だけではなく、体中で違った空気に触れるのはとても良い刺激になると思います。

    私事ですが、私たちもよく子供をつれて(学校を休んで)長期(休暇を含めて3−4週間)の海外旅行をします。同級生のお母さんで元学校の先生という方がいらっしゃるのですが、「大きな声では言えないけど、学校に来るより世界中を体験させるほうがよほど様々な勉強になるし、実際そういう家庭の子供のほうが学校の勉強もよく出来る。」と常々言っています(笑)
    勿論、だからと言って学校を休ませることを奨励するわけではないですが、考え方は人それぞれです。学校が許可を出しているなら、周囲の人の言うことは気にしなくて良いと思います。

    安全で楽しい旅になりますように。

    ユーザーID:4663859880

  • イタリアの食について

    イタリアで安くて美味しい食べ物と言えば、ピザ!

    レストランで普通に一人二品頼むと20ユーロ以上はしますが、ピッツェリアなら一人で大きなピザ一枚にドリンクで10ユーロぐらい。イタリア人たちの間でも、夜に家族や仲間内の気軽な集まりでピザは定番です。

    ちなみに大人はピザをナイフとフォークで食べることが多いですが、子どもはよく手で食べてますし、気にしなくて大丈夫。

    通常レストランでも平日ランチで10ユーロぐらいからのセットメニューがあります。ただ、ベニスのような観光地にはあまりないかもしれません。

    それと、旅行者の多いところに行くほどレストランのトイレに便座がないので、できるだけホテルで済ませておいた方がいいと思います(特に大きい方)。中腰って慣れても慣れなくても面倒なので。

    ホテルで朝食込みでないなら、スーパーでパンやジャム、飲み物を買うのがいちばん安上がり。イタリア人のバジェット旅行者もよくやってます。

    それと、ご存知かと思いますが念のため。
    イタリアの都会や観光地はとにかくスリが多いので、荷物から絶対目を(できれば手も)離さないようご注意ください。ショルダーバッグなら体の前にくるように。

    それではお気をつけて、めいっぱい楽しんできてくださいね!

    ユーザーID:7470322461

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧