一攫千金を狙う父【駄】

レス9
(トピ主1
お気に入り48

生活・身近な話題

まき

現在70代後半の私の父の話です

本業は建設関係(自営)一人親方でした
自宅は田舎で、土地は広いです
その環境を利用して父は副業をしていました

父30代後半 
私が物心ついたころ
自宅には牛が数頭いました
食肉用です
60歳くらいまで常に数頭飼っていました
ブランド牛の地域ではないのですが、高く売れたことが1度だけあり、今でも思い出しては自慢しています
      
また、この30代後半の時期に、黒いシェパードを飼っていました
私は小さい頃でよく覚えていませんが、警察犬訓練学校(一般家庭も利用できる)に通わせ、何かの大会で準優勝もしていました
しかしその犬は病気か何かで短命でした
以降、犬は2度ほど飼いましたが、訓練までしたのはそのシェパードだけです
なにか父の思惑があり飼っていたんじゃないかと思います

60代半ば  
牛を飼わなくなった父は、カブトムシ繁殖を始めました
始めた翌年には父の思惑通り大量のカブトムシが発生したのですが、虫買取店に持ち込んでも大した額にならなかったようで売りませんでした
近くの児童館に持っていき、子供たちに上げていました
数年間は放っておいてもカブトムシが大量発生していました

70代前半  
クリスマスローズを繁殖させました
私にネット販売してと言いましたが、面倒で断りました
自宅周辺はクリスマスローズだらけです

一攫千金は得られませんでしたが、散財もしておらず、常に何かをしていることで健康維持ができているように見えます
この数年は何か新しいことを始める様子はなくちょっと寂しいです

ユーザーID:5536976665

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • カブトムシ・・喜ばれたでしょうね

    カブトムシ・・お子さん達に喜ばれたでしょうねぇ。
    売らずに子供達に持って行くとは,なんてステキな男性だろうと思いました!
    粋ですねぇ。
    クリスマスローズもきっとご近所の方々の目を楽しませていることと思います。
    70代でクリスマスローズをどうやって思いついたんだろう。

    ちょっとお年を召されて,一人で何もかもするのはしんどくなったかな?
    次はこれをしてみて〜と企画案を出してあげたらいかがでしょう?
    トピ主さんとの共通の話題も出来て,張りが出るのではないかしら。

    私の実家付近も田舎で,学校の周りは田畑に囲まれてましたが,このところ住宅地にどんどん変わっています。
    私が小学生の頃,学年ごとに芋掘りをして,そのあとみんなでたき火をして,焼き芋作ったの楽しくて良い思い出なんですが,それも出来なくなったと聞きました。
    そんな,コミュニケーションが拡がるような使い方が出来たらステキだなって思います。

    ユーザーID:7943216701

  • 一攫千金ではないけど義父母が似た感じでした。

    愚痴ネタかと思ったら年齢もあるのか気力が少しずつ無くなって行っているお父様に何となく寂しさを感じていると言うトピなのですね。

    私の義父母が似た感じです。
    定年後に広い庭(田舎です)を活用しようとしたのでしょう。
    ミツバチを飼いだし蜂蜜を作りマーケットで売り始めました。
    鶏を飼い卵をこれもマーケットで売り始めました。
    ジャム作りが得意な義母さんがでジャムを作りこれもマーケットで売った。云々どれもプロと言う程本格的では無く趣味の一環でトピ主さんのお父様とは比べられないのですが、あわよくばと言うのもあったかも?しれません。

    仕舞にどれも止めて義父は自分用のパターゴルフ場を作り遊んでいましたが、そのうち義母が倒れホームに入ってからは義父は憑き物が落ちたかの様に何もしなくなり10年ほど経ちました。趣味とは言え定年後も忙しくしていた義父母でした。

    好きなことしている内は何やってるんだかと見ていましたが、今は荒れた広い庭と背中がかなり丸くなってしまった義父と家族を認知出来なくなった義母を見ていると寂しいものがあります。

    ユーザーID:1681933956

  • わはは

    こち亀の両津みたいなお父さんですね。

    ユーザーID:3500697397

  • トピ主のまきです

    たくさんのポチをありがとうございます
    本文の締めで「新しいことを〜〜」と書きましたが、父は何もせず無気力でいるわけではないので付け足しておきます

    自営を引退した後も今までずっと、短時間ではありますがパートで働いています
    また、昨年秋には「タブレットがほしい」と言い出したのでプレゼントしました
    父希望の脳トレやテーブルゲームのアプリを入れたので、ちょこちょこ遊んでいるようです
    ガラケーを持っていますがメール機能を使わないので文字入力ができませんが、LINEの閲覧方法を説明したので私の子供(父の孫)の写真を送ったりしています
    「このタブレットで〇〇はできないのか?」と使い方を覚えるのに意欲的な父です

    ユーザーID:0899258147

  • お父様へお伝えください

    >この数年は何か新しいことを始める様子はなくちょっと寂しいです

    これをそのままお伝えしてみては?


    うちの父も同年代ですが、
    そんな面白いことは一度もしたことがありません。
    ちょっと面白そうですね。

    ユーザーID:4160336779

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 大袈裟すぎです

    >一攫千金を狙う父

    一体どれ程のことかと思ったら

    >60歳くらいまで常に数頭飼っていました
    >ブランド牛の地域ではないのですが、高く売れたことが1度だけあり、

    地道に働いたじゃないですか!

    >犬は2度ほど飼いましたが、訓練までしたのはそのシェパードだけです

    ささやかな趣味ですね

    >始めた翌年には父の思惑通り大量のカブトムシが発生したのですが、虫買取店に持ち込んでも大した額にならなかったようで売りませんでした

    >クリスマスローズを繁殖させました

    もし売れてもたかが知れてるでしょ!
    一攫千金狙いというのは大袈裟すぎで、アイデアマンで働き者のいいお父さんだと思いますよ。

    ちなみに、一攫千金とは、一掴みで千両(今だと1億数千万円に相当)もの大金を得ることなので、イメージがほとんど逆ですね。

    ユーザーID:3107739710

  • すてきなお父さんですね

    本業は建設関係とのことですが、
    趣味でされていることはもろに農学系ですね。
    そんなお父さんのもとでトピ主さんはさぞ楽しい子ども時代を過ごされたことと想像します。

    いつまでも気力を保ってほしいですよね。
    微笑ましくて、ちょっと切ないトピでした。

    ユーザーID:3387880298

  • コメントありがとうございます

    子供のころは

    「うちのお父さんはよそのお父さんと違う、はずかしいな」

    と思っていました
    同級生のお父さんはだいたいがサラリーマンだったのでそう感じていました

    カブトムシを始めたときには
    「そのうちマルチ商法にひっかかるんじゃないだろうか」
    と心配したりもしました
    でも実際はそれこそ「ささやかな趣味」程度の範囲でおさまっており、私の心配なんて無用だったのだなと思う今日この頃だったのです

    また何か新しいことを始めてくれたら、また書きますね

    ユーザーID:5536976665

  • 先日クリスマスローズを見たのですが

    このトピを思い出して笑ってしまいました。側にいた夫が?な顔をしたのでこの話をしましたよ。

    2人でにこにこして、これからこの花を見る度笑っちゃうんだろうなーと幸せな気持ちになりました。

    ユーザーID:3741805616

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧