イクメンと呼ばれたくない

レス39
お気に入り36

父親

男性発

3児の父をしていますが、良くイクメンと言われます。
良い意味で言ってくれているのは分かるのですが、言われるたびに内心モヤっとします。なんか流行を追ってるみたいな・・・私はイクメンと呼ばれたくて育児に精を出しているのではないのです。単純に子供が大好きなのです。
自分が親世代のときに、「イクメン」と言う言葉が出来てしまったことが悔しいくらいです。
とはいえ、この言葉の恩恵を受けていることも理解しています。周り(主に職場)の理解が得られやすいですから。
(比較対象は持っていませんが、恐らく一昔前は子供が熱を出したから休みますといっても理解されなかっただろうことは想像できます。)

「子煩悩だ」と言われるのは嬉しいです。本当に子供が大好きですから。
保育園に子供を送って行くと、よその子が寄ってきてくれるのですが、それが本当に嬉しいです。

男性の皆さん、イクメンと呼ばれてモヤっとしませんか?

ユーザーID:9003987045

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数39

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • わかる

    気持ちが分かります。
    「僕、イクメンなんですよ」なんて間違っても言いたくない。
    父親のトレンドのスタイルを追ってるみたい。
    「ただ子供が可愛いだけです」と言いたい。

    ユーザーID:1450996792

  • 心配無用

    イクメン自意識過剰な人ほど、対して育児してないから大丈夫です。

    あなたが思ってるほど、実際イクメンでもないんでしょ?

    モヤモヤする必要なし!

    ユーザーID:5960621220

  • しません

    しません。

    自分が好きでやっている事で、評価者は家族であり、子供たちなので。

    無関係の人が何と呼ぼうが右から左です。
    虐待とか不審者とかなら否定しますが、イクメンは流します。

    ユーザーID:0254802667

  • 同感です。

    ですがトピ主さんとは理由が違いますが・・。

    私の場合、家事育児を頑張るのは妻や周りからいい夫、いい父親と思われたからです。
    実際に評判は上々です。
    が、イクメンと呼ばれたらどうでしょう?
    イクメンならその程度は出来て当たり前になってしまい評価のハ−ドルが上がってしまいます。

    ですから呼ばれたくないです(笑)

    ユーザーID:8243294515

  • くだらない言葉「イクメン」

    何故なら、イクメンなどという男性に対しての褒め(?)言葉があるのは、日本語だけでは?英語ではそんな言葉ありません。何故なら欧米では育児をするのは父親も母親も当然だからです(両親の義務です)。日本だけです、未だ育児は女性がするものと思っているのは、だから「イクメン」とか訳分からない言葉が生まれるんです。女性に対してそのような言葉ないでしょ?

    主さんの感情は当然だと思います。私は「イクメン」という言葉を使用したことありません。男性が育児しているのを見ても当たり前の光景だと思っているので。

    ユーザーID:8625536762

  • 男性じゃないですが

    何となくわかります。
    私は理系専門職ですが、一時ブームを巻き起こした「リケジョ」扱いはいい気分ではありません。
    こちらの興味適性や真剣に取り組んでいることを軽ーいノリで一時の流行りもの扱いされるようでぞわっとします。
    育児に向き合われている父親の皆さんを尊敬はしますが、イクメンという語はやっぱり軽薄すぎて使えないですね。

    ユーザーID:9106833004

  • 子だけじゃないと

    男性ではないですが。

    イクメンといわれる都度、「いえ、もちろん子どもは可愛いですが一番大事なのは妻ですから」と笑顔で答えては?

    ユーザーID:5006738135

  • イクウーマン

    女性は育児をするもの。男は外で仕事。なのに、「育児に積極的に参加している男」として、イクメンという表現が生まれたんでしょうね。イクウーマンとは決して、言いませんから。

    イクメンという言葉を使うこと自体が、「女性は育児をするもの。男は外で仕事。」という価値観を肯定しているようで、私(男)も好きではありません。

    野生動物は明らかに、オスとメスの分業(子育て、狩りなど)があります。

    しかし、文明が発達した人間は、分業である必要性がとても低くなった結果、「女性は育児をするもの。男は外で仕事。」があたりまえでなくなったのです。

    まだそんな価値感が完全に定着せず、また実情も定着していない過渡期なんだと思います。

    将来、イクメンが死語になる価値観、実情になるんだと思います。

    ユーザーID:3819236962

  • 別にモヤっとしません

    賢い女性が「育児をしない男の批判」をしても効果がないので「育児をする男を褒める」ことで逆説的に男性の育児参加を促しているのだろうと思っています。

    だからイクメンという言葉は褒め言葉ではありません。
    当たり前のことを当たり前にやっているだけの話なのですから。
    イクメンという言葉の裏には育児をしない男性への批判が込められています。

    イクメンですねと発する言葉と同時に、横目で隣の男を見て「あなたはなんで育児参加しないんだよ!」と言っているに過ぎないのです。

    繰り返しになりますが、イクメンは褒め言葉ではありません。
    育児参加しない男性への批判の言葉です。
    普通のことができないの?って批判です。

    女性でもいますよね。
    なんで普通のことをしているのに、男性はイクメンって褒められるのってムカついてる。
    ちがいますがな(笑)
    逆説的な批判の言葉ですって。

    なぜそんな言葉が生まれてきたか、その由来にまで遡れば、本当の意味が見えてきます。
    だからイクメンと言われてもモヤっとする必要はありません。
    あなた以外の誰かへの批判に、あなたの行動が利用されているだけなんです。

    ユーザーID:3452842913

  • そうですね

    「イクメン」という言葉が流行っている今の時代に親世代の私ですが…。

    女性が男性と同じように働き、収入があったとしても、子育てはやっても当たり前。
    保育園の送り迎え、役員の担当など…。

    でも、男性が女性と同じ、もしくはそれ以下の仕事量や収入であっても、「男性」であるだけでイクメンと言われる。

    意識レベルで、「男性は育児をすることは、イレギュラーである」と言ってると同じですね。

    ユーザーID:4756872424

  • 死語

    イクメンは もう死語感ありますよね 
    あんまり誉め言葉にもなってない気がします
    主さんのように呼ばれたくないって人もいるのわかりますよ



    私はこのあいだ
    あることで 女子力高〜いといわれて・・・微妙な感じを覚えました
    そりゃそれなりにあってあたりまえ
    出来て当然のことでいわれたのでモヤ
    人生後半戦 それなりに生きてきたおばさん主婦ですから・・・

    ま でもいちいちモヤっとする自分もアレなんですけどね(苦笑)

    ユーザーID:3559972858

  • 誰が何と言おうと

    本当に好きなら、誰が何と言おうと関係ないです。
    私も習っている楽器の話をすると、ある有名なアーティストの名前を出され「あんな風に弾きたいの?」と言われます。
    なじみのない人には、イメージが掴みやすいのでしょう。
    一応、笑顔で「そうそう」と返しますが、別にそのアーティストを好きではありません。
    でも途中で止めてしまったら、やっぱりあのアーティストのブームに乗っていたのね、となるでしょう。
    「イクメン」と言う言葉もブームですよね。ご自分達の子どもの世話なんか当たり前なのに、何か偉そうに聞こえる。
    ブームに乗ってるだけではないなら、今後ずっと継続して、トピ主さんが行動で証明して下さい。

    ユーザーID:2326795308

  • するする!

    30代男性会社員。
    自分も周りから「よくできた旦那さん」とか「イクメン」と言われます。
    しかし、どうもしっくりきません。

    確かに、朝からトイレ掃除、風呂掃除、ワイパーシート、朝食作り、
    夕食の下ごしらえをして19時には帰宅して夕食作り、娘のお風呂、
    お着替え、絵本の読み聞かせ、遊び相手等とフル回転しています。

    しかし、よくよく考えてみれば風呂もトイレも私は独身時代から毎朝掃除して
    いたし、朝食も夕食も自炊していたのだから大して負担が増えたわけじゃない。

    むしろ、洗濯と洗い物を妻が担当してくれる分楽になったのではないかと
    すら思うわけです。

    子供の世話にしてもこれから成長し、思春期を迎えれば父親なんて
    寂しいものでうっとうしがられるにきまっています。

    だからこそ、幼いこの時期の一瞬、一瞬を大切にしたいのです。
    また、この時期に濃密にコミュニケーションをとっておけば、将来の反抗期が軽くなるとも言われていますし。それに何より子供が好きですから。

    ですので自分は別に苦痛でもなんでもないし別に頑張っているつもりもないのに
    周りからほめられるとモヤっとします。

    完全分業制で夫は仕事。妻は家事育児というスタイルを否定する気はありません。
    当事者がそれで納得しているならそれで良いと思います。

    ただ、私にはどうも理解できないといいますか、
    良い年した大人が家事一つできないのも、やってもらうのも、
    月に20万程度のお金すら稼いで来れないのも、どちらもおかしいいうか、
    親の教育が失敗しているように思います。

    ですので私はきちんと手に職をもった妻と、共に働き、共に家事、
    共に育児をするというスタイルを選んでおります。

    ユーザーID:3609066456

  • 同じ意味合い

    すみません、男性ではありませんが…。

    イクメンも子煩悩も同じ意味合いだと思いますが?
    子煩悩を今風に言い換えただけでしょう。

    まあ確かに親なんだから育児するのは当然でイクメンと持ち上げられてるのもおかしな話だと思いますが。
    だって母親が育児してたら誰もイクママですね!子煩悩ですね!なんて言わないですしね〜。
    私からしたらイクメンも子煩悩もほぼ同じです。どちらの言葉も好きではありませんが、目くじらたてる程気になりません。

    ユーザーID:1723686243

  • よく分かります

    2児の父をしています。私の場合、妻と義母(妻の母)のやりとりを聞いている時によくモヤっとしています。
    義母「最近は旦那さんも子育てに参加してくれて…イクメンっていいわね。私の時代なんて一人で育ててきたようなものよ。」
    妻「今の時代イクメンが当たり前なの。二人で子育てしないとやっていけないから!」
    私「…(モヤっと)」

    決してブームや流行、時代がそうだから子育てをしているわけではありません。自分がしたいからそうしているだけ。それより何より、妻からそういった言葉が放たれたことがショックである、ということに最近やっと気が付きました。妻も悪気があって言っているわけではないので、折りを見て話をしようとは思っていますが…。

    トピ主さんのように「イクメン」という言葉で恩恵を受けていると感じることもあります。それはやはり職場で有休を取る際、事情を話せば理解してもらえる、そういった環境になってきていると感じます。

    一昔前、確実に父親が育児・家事に参加しない風潮があった(もちろんそうでない家庭もありますが)日本が前提なので、そこと比べれば全体の総数として育児・家事に参加する男性は増えたのだと思います。そう考えればブームや流行の一部として捉えられてしまうことも無理ないことなのかもしれません。
    しかし元々そういった気質を持っていた人間からすると「イクメン」という言葉は毒以外の何物でもありませんね…

    ユーザーID:4495259696

  • 育児が楽しいうちは気まぐれでしかない。それが「イクメン」

    成人した3人の子の母ですが、おそらくは大変素直でまじめな主さんに老婆心ながらご注意申し上げます。主さんを「イクメン」と呼ぶ周囲の方々のうちいくらかは、いい意味でそう呼んでいるのではないかもしれません。特に女性は。

    主さんは「イクウィメン」と呼ばれる母親を見たことがありますか? ないでしょう。「育児する父親」という言葉があっても「育児する母親」という言葉が無いというのは、どういうことなのか考えたことがありますか? 母親は育児して当たり前だから、育児ごときで褒められないのです。
    ところが父親が育児をするとそれはすごーく珍しいこと。「いまどき珍しい良いお父さんですね!」という賞賛の気持ちももちろんあるでしょうが、それに加え、

    「どうせ一時的な気まぐれで、飽きたらやめるんでしょう」
    「育児はお父さんにとって本業の義務じゃないから、やらなくても誰からも責められないでしょう。結構なご身分ですね」

    という皮肉も込められているのです。

    子供が好きだから育児に精を出しておられるという主さん。
    どんなに疲れていてもご飯を作って食べさせねばならない。イヤイヤして食べないときもあるがそれでも食べさせねばならない。でないと後でおなかすいた!といってギャン泣きされて誰も助けてくれませんから。スーパーでも駅のホームでもバス停でもところかまわず兄弟げんかが始まり、周囲のお客さんに迷惑がかかり、親は生きた心地がしない。
    そんな修羅場をご存知ですか。

    本気で毎日育児をしていれば、毎日修羅場なので決して楽しくないはずです。育児に精を出している、と言えるうちは、育児を「義務」としてではなく「気まぐれ」「気晴らし」でしているのではないですか。その軽い気持ちが透けて見えるから「イクメン」呼ばわりされるのではないですか。
    そう考えると、モヤモヤしている場合ではないように思います。

    ユーザーID:7244940796

  • 褒められてないよ

    どこかで読んだのですけど、イクメンって別に褒め言葉じゃないそうですよ。

    イクメンと呼ばれない父親への無言の批判なんだそうです。

    イクメンと呼ばれたら、ああ、俺は普通と認識されたんだなっと思えば良いそうですよ。

    ユーザーID:8555795189

  • みーままさんの捕らえ方がまさにそれ!です

    私自身イクメンという言葉にみーままさんのレスのようなイメージがあるんです。
    イクメンという言葉は子供が好きな訳ではないが、頑張ってるアピールをしたい人のためにこそあると思っています。

    私はイクメンではありませんから、育児に関することはすべて主体的にやってます。主体的といっても独断という意味ではありませんよ。

    ユーザーID:9003987045

  • 「育児は母親が担当」を前提とした言葉

    本音さんのレスに付け加えれば、
    欧米では
    普通「父親が子育てを“手伝う”」とは言いませんし、
    育児は「権利」だと考える父親もいます。

    ユーザーID:5186954777

  • ウチの夫

    ウチの子が小さかった時はイクメンという言葉はなかったのですが、夫が職場の方に「家族サービス」と言われることを「なんか不快」って言ってたのを思い出しました。

    休みの日に家族で公園とか動物園などに行った話をすると「家族サービスも大変だねー」と言われるらしく、「サービスじゃないよ。家族で楽しく過ごしたいだけだよ」って思ったって。「そういうことを言ってくる人って、たいてい家に居場所がないんだよな」とも。

    ま、いつの時代もいるんですよ、そういういう人。

    ユーザーID:4344706925

  • 親は子育てをして当たり前

    男性であれ、自分の家庭の家事も育児もするのが当然だと思います。女性が外で働くことが当然のことなように。その方にとって必要な役割なら、性別の違いは意識しなくていいはずなのに、日本は価値観が画一的なのですぐにこういう言葉を作ります。

    こんな造語は無視で。

    ユーザーID:4054282662

  • 我が家は子煩悩、親バカ と言われています笑

    我が家はまだ1人っ子なのですが、
    とにかく夫が子どもにデレデレです。

    元々、全然子どもに興味がない人で
    妊娠してもどんな父親になるか全く
    想像がつかない程だったのですが、
    生まれた瞬間に父性本能?があるか
    分かりませんが、180度変わって
    しまいました。

    オムツ替えもミルクをあげるのも夜中でも
    私より先に目が覚めてお世話をするし
    とにかく子ども一辺倒です。
    匿名のここでも言えないくらい私的には
    顔から火が出るという言葉はここで使う
    のかと思うほど、恥ずかしい体験もした
    程の可愛がり様と、イクメンぶりを発揮
    しております。

    でも夫の場合はイクメンではなく
    タイトルの言葉で評価されています。
    多分、人前でもデレデレさを隠さないし
    子どもを褒めまくるし、お世辞もお世辞と
    取らずに『そうでしょー』と言わんばかり
    のドヤ顔をするので、イクメン通り越して
    良くて子煩悩、大抵は親バカとの評価に
    なっているんだと思います。

    でも夫は周りからの評価なんてへっちゃら
    な様ですよ。
    『だって本当に可愛いんだもん。仕方ないじゃん』
    とどこ吹く風ですから。。。

    トピ主さんも思い切って開き直ってしまうのは
    どうですか?

    ユーザーID:8655033191

  • 皆様、レスありがとうございます。

    おれんじさん
    共感して頂きありがとうございます。
    言葉こそ違いますが私が言いたいことは、おれんじさんの感じている違和感と同じものだと思います。

    ユーザーID:9003987045

  • イクメンの逆

    イクウーマンとは言われませんが、、、

    働けばキャリアウーマンと呼ばれます。
    男性が働いてもキャリアマンとは言われません。

    結局、女は子育て、男は仕事。
    男が子育てすればイクメン。
    女が働けばキャリアウーマン。

    古い価値感が払拭しきれていないということなのでしょう。
    それが良かったのか悪かったのか、100年後の評論家が評してくれるでしょう。

    今を一生懸命生きるしかありませんね。

    ユーザーID:1114781991

  • 確かにくだらない言葉ですよね

    何が「イクメン」なんだか…(呆)
    だって「父親」である以上は 「子育て」するのは「当り前」だし 「当然」だからです
    「子育て」は何も母親「1人」がする事では無く
    「父親」も行なう事ですよ

    なので「イクメン」と言う言葉は 何故今更乍ら「特別」かの如く出て来たのやら…
    当然相談者様も 御子様が居る以上 母親「以上」に「親」を行なっているのよね??
    当然ですよね??

    ユーザーID:4364319974

  • いや・;・

    もやっとするのも自意識過剰じゃないですか?

    特別な事じゃない。
    普通の事。
    そんなの男より女性の方が心底思ってる事だと思いますよ。

    あら、イクメンね〜

    なんて、話しかける言葉もないから言ってる社交辞令みたいなもので。

    心から褒めてるわけじゃないから。

    イクメンね〜(そんなのやって当然だけどね)

    女性の方がそう思ってますよ。
    だからご心配なく、特別に褒めてるつもりもないですから。

    ユーザーID:8493146697

  • 当たり前のことに名称は要らない

    >だって「父親」である以上は 「子育て」するのは「当り前」だし 「当然」だからです

    同意です。当たり前のことをしているだけなのに、まるで特別なことをしているかのような名称をつけるのは無意味だと思います。

    同様に、「ワーキングマザー」という言葉も無意味だと思います。「母親」である以上は子供を養うために「働く」のは「当り前」だし 「当然」です。

    むしろ特別な名称が必要なのは、当たり前のことをしていない「非イクメン」「非ワーキングマザー」であって、「育児をしない父親」「無職の母親」と称するべきだと思います。

    世間の風潮として、男性にとっては育児参加が、女性にとっては働くことがまだまだ「特別なこと」という意識が強い証拠なのでしょう。

    ユーザーID:4095481275

  • 軽々しい

    ですよね。
    私の知ってる人は、子供6人育てている
    人がいますが

    子煩悩、イクメンを通りこして
    なにもかもが、神っていて
    育児セミナーでも開いてくれないかなって
    おもう人がいます。なんていうか
    まとめ方が斬新すぎて、チームワークが
    きちっととれていて感心するの
    確か6人とも男の子すごくしっかりしていて
    まねできない。

    しかし
    私もイクメンっていうのキライ。

    ユーザーID:7797713200

  • いやみを込めたレスについて

    ここでも言葉の裏に嫌味を込めたレスが付いていますが、「イクメン」と言う方の中にも一定数いるでしょうね。そういう使い方がされているであろうと私自身も思っています。

    私自身がどの程度育児をしているのかを実際に書くことは、そんな事自慢することじゃない、当たり前のことをしているだけと言われると言う思いから書きませんでした。
    結局どの程度が当たり前のラインなのかは人それぞれでしょうから、全員が納得と言うのは難しいとは思います。
    それでも私自身は父親として出来ることはしていると胸をはれます。

    子供の面倒は私が8で妻が2です(時間ベース)。
    妻の収入は私の10%以下です(勤務時間も半分程度です)。
    家事は妻が8で私が2です。

    新生児の頃から母乳以外はすべてやっていますし、夜間の3時間おきの授乳だってほぼ私がやってましたよ(勿論フルタイム勤務で)。

    家のことは何もやらない旦那さんを持つ兼業主婦よりは楽だと思いますがね。


    私は本気で育児に取り組んでいると自負しているからこそ、「イクメン」と呼ばれたくないのです。

    ユーザーID:9003987045

  • 名称がつくのは仕方がない

    そういうのが好きな国民性なんだから。
    ゆとり世代だの団塊世代だのバブル世代なの、生まれ年でさえなんらかの名称をつけちゃうんだから。

    そして草食男子に肉食女子。
    ほんのちょっと前には珍しかった現象にはすぐ通り名がついちゃう。

    わずか1世代、多く見積もっても僅か2世代前までは専業主婦が当たり前で、ようやく共働きが当たり前になってきた。
    今だって子供が小さい内は専業化してしまうことはさほど珍しくない。
    そんな中での子育てのあり方。
    名称をつけるなって方が無理があるだろう。


    カテゴリーには名称がないと呼び辛いよ。
    だってカテゴライズするのが大好きな国民性なんだから。

    ユーザーID:4935867848

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧