• ホーム
  • ひと
  • なぜ、自分に自信がない人は粗末に扱われるんですか?

なぜ、自分に自信がない人は粗末に扱われるんですか?

レス105
(トピ主0
お気に入り762

家族・友人・人間関係

ぽんぽん

心理学が好きで、そういった類の本を読むのですが
ちょっと、腑に落ちない点があるので教えていただきたいです。

自分に自信がないと、物事がうまくいかないだけでなく
人からも粗末に扱われやすいと心理学、自己啓発本によく
書いてありますが、これってなぜですか?

正直、自信のない人が粗末に扱われるという理屈が分かりません。

たとえば、自信がないがためにゴマを擦ったり、自分を大きく見せたり
卑屈だったり、依存的であれば、人から粗末にされたり、嫌われたりするのは
分かります。

でも、ただ単に自信がないだけで、人から好かれなかったり、粗末に扱われて
しまうというのは、なぜでしょうか?

どなたか分かる人、教えてください。
&あなたなりの考えを聞かせてください。

ユーザーID:8993728013

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数105

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 自信ないサイドの人間です

    粗末に扱われると言う点で自分自身の経験と重なりましたので投稿させていただきます。

    私も自分に自信がありません。おっしゃる通り人から粗末に扱われる多くの原因は自信のなさからくる卑屈な態度、表情などであると思いますが、一番は人から舐められることに繋がるからかなと思います。

    経験例をあげますと

    自信がない→自分の意見を言いにくい→安易に他人に合わせる→自分の意見がない人と思われる→舐められる→粗末に扱われる
    会議などで発言せず他人に合わせていたりすると、よく発言する人たちから裏で舐められて叩かれたりしました。

    または自信のなさからくる自身の価値の軽視です。

    自信がない→自身の価値を軽視する→人によっては、自分の欠点をネタにしいじられキャラになる/女性の場合は男性に自分を安売りすることに繋がり、安易にセフレになってしまうこともあります。(自分に自信があれば、自分を安売りせず自分の価値をわかってくれる人とおつきあいし手に入れようとするでしょう)


    いじられキャラもセフレも人からの扱われ方はお粗末で、(合意の上なら良いのですが)不本意になってしまうような人は、自分に自信がない人が多いように思います。
    偏った経験例でしたが、私はこういう仕組みなのかなと思っています。

    ユーザーID:8047840875

  • 私なりの考えですが

    自分に自信が無いのも度が過ぎれば
    自分で自分を粗末に扱う事になるんだと思います。

    自信がない人は自己主張が下手な事が多いです。
    どこまでが親切でどこまでが余計なお世話なのか、
    失礼と親しい間だから言える冗談などの線引が下手だから、
    他人の余計なお世話や失礼を受け入れてしまう。

    自信のなさから必要以上に謙虚に振る舞い、気を使い、
    サービス精神を発揮してしまう。
    適度であれば良い人だけど、やり過ぎれば周りの人を疲れさせてしまう。

    気が付けばまともな人は段々と離れていって、
    モラハラ気質、支配欲、依存が強い人が寄ってくるって悪循環はあると思います。

    ユーザーID:3460898397

  • ん?

    主さんのトピにある
    >自信がないためにゴマを擦ったり、自分を大きく見せたり
    >卑屈だったり、依存的であれば
    これがその原因だと思いますよ?

    「自信がない」と自分で思っている人は、大体ネガティブです。
    ネガティブで、上記のようなことをする、他人から見ると「面倒臭い」性格です。

    面倒臭い性格の人が、他人から好かれるとは思えませんし、
    大切に扱われるとは思えません。

    もしくは、他人から見れば大切に扱われているのにも関わらず、自信がないと思い込んでいるせいで、「粗末に扱われている」とネガティブにねじ曲げる人もいます。

    逆に主さんにお聞きしますが、
    「自信がない」と言いつつ、
    実際はバリバリ仕事をして、失敗も少なく、環境に恵まれ、楽しく生きている人が、この世に存在すると思いますか?

    ユーザーID:8465556049

  • 自信がない=依存的です。

    他人に依存してるかどうか、自立してるかどうかだと思います。
    精神、経済、身体的に自立してるかどうかです。
    経済的に自立してても精神的に依存していなければ、金がなくなるまで
    奪われます。

    労働者も経済的に他人に依存しているので、残業やりたくないですとはいえないのです。

    ユーザーID:9871101447

  • 私も気になったことがあります。

    ただ単に自信がないと言っても、自信がない人って周りの空気に敏感過ぎるのかと思いました。
    ・周りに合わせる。
    ・人一倍気を遣う。
    人をある意味見てる人はいるとは思います。
    悪意のある人は、「この人は使える」と思うんだと思う。見下してもいい。周りにも友達らしい人はいないから仕返しもないだろう。パシリ扱いにしてしまう。
    様子を見ていた人たちは、この人、見下しても何とも言わないので雑に扱ってもいいになる人はなる。
    たった一人の心無い人が、自信のない人に飴と鞭を与えて親切そうに振る舞い裏では。。。など。

    オドオドしてるのが気に入らない人はいるし、自信がないと確認しまくるということにもなります。

    大人なら、ちょっかい出さず、流してるとは思うんですが、職場だとかなり迷惑な存在に思ってしまう人もいるし、上司からすると「新人さんだから」と宥めても、足枷と言われて、みんなから嫌がらせされます

    ユーザーID:9315333045

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • それは

    一番弱いものがスケープゴートにされるからではないでしょうか。反抗心や対抗心がなさそうな自分に自信が無いような人はうってつけだと思います。 ニワトリもストレスが溜まると全員で一番弱いニワトリを虐め、そのニワトリが死ぬと二番目に弱いニワトリが虐めの対象になると聞いています。

    ユーザーID:9957879869

  • 私見ですが

    私が思うに

    自信のない人は、自分のポジションを主張しないから、自分の居場所が確保が出来ない様に思います。居場所の無い人間はやはり軽く扱われますよね

    ユーザーID:6186487217

  • 思うに

    ただ単に自信がないだけと言いますが、言葉や態度に滲み出ているのです。

    トピで書かれている卑屈だったりなどは、パッと見では見えなくても付き合っていると見えてくるのです。
    付き合っていく中で「最初は分からなかったけどこの人ちょっと・・・(卑屈だな〜自分を大きく見せるとこあるな〜)」となってくるのです。

    気づいてしまうとイラッときたり不信感を感じたり負担になってきたりして、この人嫌いだわ〜付き合いたくないわ〜となります。

    ユーザーID:2596300563

  • いじめっこの心理でしょうね

    私が若い頃、「自信のない人」でした。
    人の意見に反対意見を述べられない、いやなことをされても飲み込んでしまう。
    すると、誰かをいじめたくて、うずうずしている人の標的になりました。
    はむかってこないとわかっているので、
    適当にザツに粗末に扱っても平気な相手にされてしまいました。
    悲しいことに、人をストレスのはけ口にしたい人って、本当に多いんですよ。

    ユーザーID:9055330658

  • うんうん

    私も自己啓発本など、昔によく読みましたが、おそらく、直接的なことではなく、間接的な要因だと思います。
    自信があれば、態度、振る舞い、表情、声色、言葉などに出るのはお分かりだと思いますが、発言は、どのような発言というより、「誰が言うか」が言霊となるのです。
    自信の背景に努力や経験、想いなどがあり、そうした人が言うことと、何も考えてない人が言うことが同じであっても、受け止める側は同じではないと思います。それが、自信が無いことが影響している「粗末」ではないでしょうか。
    また、自信の無い人はその裏側に根拠が乏しいことが多く、おのずと相手に伝播し相手が見抜き、それなりの扱いになると思いますよ。

    ユーザーID:9507164494

  • 私が思うに

    オドオドしていて、何か言われても言い返せないだろうと思われているから。
    見下されてるというような。
    これしかないと思いますが。

    ユーザーID:0687616826

  • 粗末に扱う方が問題なんだけど

    自分に自信がない私。というか、自信満々な人になりたいわけでもないですが、考えを書いてみますね。
    自信がないと、人に意見しない&存在感がない。結果的に影響力が無いから、軽くみられちゃう。そんな感じではないでしょうか。
    自信のない人と物静かな人は似ているけど、全然違うなあ…と感じる今日この頃です。

    ユーザーID:6637556389

  • 『悪名は無名に勝る』って話かな?

    今風にいうと『炎上タレント』っているでしょ?
    または『売名行為』なんて非難を受けるタレントさんもいるわけです。

    最も粗末に扱われるのは嫌われることではないのです。
    それは存在そのものを認めて貰えないことじゃないですか?

    つまりはいてもいなくても誰にも気づかれない存在。
    他人から関心を持たれない存在が最も粗末なんですよ。

    好きでも嫌いでも相手が思うということは、その人の存在が認められている証。
    関心を持たれない、眼中にない、空気にされてしまったら何にも得られないのです。

    自信が無いということは、自己アピールで色々の人の前に出ないでしょう。
    その結果は存在することを認識してもらえないだけになるんです。
    周りは無意識であっても、当人からすれば沢山の人から無視されている状態です。

    これほど粗末な扱いって無いんじゃない?

    ユーザーID:1832238440

  • 私見ですが

    自分すら、自分の事を好きでないのに、他人が好きになってくれるはずないのではないかと。

    自分が食べてみてまずいと思ったお菓子を、人にあげたりしないですよね。もらった人だって、まずいと思うに決まってます。

    ユーザーID:3011138703

  • なぜって

    >たとえば、自信がないがためにゴマを擦ったり、自分を大きく見せたり
    卑屈だったり、依存的であれば、人から粗末にされたり、嫌われたりするのは
    分かります。

    たとえば、ゴマを擦らず、自分を大きく見せることもなく、卑屈でもなく、依存的でもない。

    物事が行かなくなったり他人に嫌われたりするほど重度に自分に自信がない人にはできないことのように思いますが、いかがでしょうか。

    ユーザーID:3295340544

  • 老婆心のまなざし

    自信とは有るとか無いとかいう性質のものではありません。自分の心の中に生まれて来る性質のものです。それが自分の心に生まれて来るためには、自分が体験してきた苦労を通して、それまで解らなかったことが、自分の中ではっきり解るようにることです。

    例えば、あなたが努力して(自分が輝くのではなくて)、自分以外の他の何かを輝かせることが出来たとしましょう。そこに達成感を感じたり感謝されたりすることがあるかと思います。それを自ら実感できた時に、自分の心の中に何かが生まれてきます。そういう自分が信じることが出来ることを、自信が生まれるというのです。

    自信のある人は、何らかの経験を通して、自分というものを確立しているのです。逆に、自信がない人は、そういう経験をしていません。していなければ、自分というものが確立されておらず、人ときちんと向き合うことが難しいと思われます。人と上手く向き合うことができなければ、人から好かれることなどあるはずがありません。人から好かれることが無ければ、粗末に扱われてしまうことにもなりかねません。

    おそらく今のあなたは、自分の心の中に生まれて来るという感覚を経験していないのでしょう。もっと言えば、今のあなたには、自分が信じているものが何であるのかを、自分自身で知ることが出来ていないのではないでしょうか。それを知るためには、人が嫌がることを自ら引き受けていくことです。自分が行動した結果が、自分の心の中に自信が生まれさせるのです。

    今のあなたには、心理学の本を読むだけでなく、行動することが不足しているように思います。自ら行動した結果が、自分に教えれてくれることがあるのです。それを自分が信じることが出来ることを、自信というのです。もっと言えば、体が、頭で考えていることを追い抜いて行くことがあり、それを信じることを自信というのです。それが解った時、自信が解るるのでしょう。

    ユーザーID:4764581717

  • つけ込まれ易い

    自分に自信が無い人(極端に無い、という意味ですが)は、
    根本的に自分を信用していません。
    自分がちゃんとやってるとか、真っ当に生きてるとか、優しいとか…
    自分が普通に持っている美点美徳を否定しがちです。。
    これでいい、今の自分でいいとは思えていないという事です。

    自分が自然体で健全に生きてる人はそういう事を思いませんが、
    自信の無い人は自分を信じていないので、ダメな自分を絶えずチェックします。

    間違った事してないか?悪い事してないか?、
    人に思いやりを持って接しているか?迷惑かけてないか?……沢山の事を心配しています。

    そうすると…押しの強い人、依頼心の強い人に強く出られた時、
    自分の考えや感覚に自信が無いため、押し切られてしまいます。

    「あなたのやり方は違うよ」「君って要領悪いよね」「もうちょっと上手く出来ない?」

    こう言われて…「私ってそうかも…」と、普通より容易に同意してしまいます。
    こういう風な人の内面に入ってくる言い方や行動を簡単に相手に許してしまうのです。

    その結果、これに味を占めた悪い人がどんどん自信の無い人を利用するようになります。
    (健全な精神の人は他者を自分のラクに使ったりしません)
    こうして自信の無い人は悪い他人に祖末に扱われます。

    自信の無い人はそもそも、自分が自分を大切にしていないのですから、
    (自分の価値観や感受性を否定しているから)
    他人が自分を大切にしなくても(苦痛はあっても)当然だと思ってしまいます。
    そして…支配されて行くのです。

    普通の人達も、余りにも自信の無い人物と接していると、
    当人が「私なんて取るに足りない」的な態度を取り続けるので、
    ああこの人には気を使う必要ない」となって行きます。
    そして…雑にその人に接するようになって行きます。

    以上が私の経験から思った事です。

    ユーザーID:0840816640

  • 自分に自信がないとは

    おそらく物事に対して自分なりの確固たる信念を持っていない人だと思います。
    そのような人は、何を言われても反論することができないのではないでしょうか。

    したがって、粗末に扱われると言うよりは、バカにされているのだと思います。
    「あなたはこうすべき」だと助言しても聞こうとせず、何も行動しないとしたら、相手にするのを諦めますね。
    それが嫌われているという結果になるのだと思います。

    心理学者一人の意見を鵜呑みにするのではなくて、自分なりに疑問を持ち考えることが必要です。

    ユーザーID:6649482359

  • 自信の無さからの不安感

    本人が自信の無さからの不安感が雰囲気として外に出ていると思うし、言葉や態度にも出ます。元気オーラの無い人に人はあまり近寄りたくないからです、粗末にするとは違うと思うけど、元気オーラの無い人とは仕事も仲間としてもやりたくないでしょう。そう言う事だと思います。
    負のオーラが出るから、人はそれを感じ取るのです。気が合わない相性が悪いとなり自然的に人が寄り付かなくなるのだと思います。
    独りぼっち的になる存在になりませんか。

    要するにつき詰めれば負のオーラが出る人は(自信のない人はひ弱い印象です)ネガティブな人だと私は思っています。

    ユーザーID:9185276897

  • 粗末に扱われるとは

    粗末に扱われるとは、つまり利用されるんじゃないですか。

    「ゴミ箱が汚いね」「誰かきれいにしてよ」「あいつにやらせればいいよ」
    自信がなさげ →  反抗しないだろう

    一度、ずるい人に(こいつは言いなりになる)という印象を与えてしまうと、相手は散々その人を顎でこき使います。

    ずるい人を見分けること、その人の言いなりならない為に相手を見据えて断ることが自分を守ることになります。

    また、自信がない人は何を考えているか分からない人と映ります。発信が少ないから。
    そのような人は好かれません。

    ユーザーID:2228512691

  • 多分

    自信のなさが態度に出ていて、それが人をイラつかせるんじゃないでしょうか?
    自分に自信が持てないと、自然におどおどしたり卑屈だったり、依存してしまったりするとか・・・。
    私は自分に自信が持てない事はないので、あくまで想像ですが。
    小町のトピでも時々ありますよね。
    そこまでされて何で友達やめないの?何で言いなりになって我慢してるの?っての。
    そういう人ってだいたい「でもでもだって」ちゃんな事多いですしね。

    ユーザーID:9755905758

  • 自分自身を大切に扱っていないから

    自分に自信の無い人って、自分自身を信じていないんですよ。
    そういうのは、人に伝わるんですよ。

    当の本人が自分を大切にしていないんだから、他人が雑に扱っても大した事ではないと思わせてしまう。
    自分を大切にしないのに、他人から大切にされるわけがない。

    ユーザーID:5595619143

  • 自信がないから、相手の言うことが正しいと思っちゃう。

    自分に自信がないと、
    何が正解か分からなくなります。
    だから、相手が理不尽なことを言ってきても、相手が正しいと思ってしまい、
    理不尽なことを頑張ってやろうとしてしまいます。
    これが、粗末に扱われるということです。
    自信がないと、言動がおどおどしていますから、
    おどおどする人には偉そうに出来ると思う人もいるでしょう。
    結果、偉そうに言われて、粗末に扱われてしまいます。

    ユーザーID:2342813765

  • えっ

    トピ主さんがお書きになったトピ文にその理由が簡潔に書いてあると思いますが・・・・?自信のない人はトピ主さんが書いたような行動を取る人が多いからだと思いますよ。逆に自信が無い人でも自信たっぷりな行動をすれば他人に粗末に扱われる事は無いと思います。でも現実自信のない人は自信たっぷりに行動する事は無いですよね?

    ユーザーID:8555035709

  • 自分の意志、意見がないからじゃ?

    友人関係でもそうですが
    例えば仕事でも
    自分に自信がない人は、
    自分がないというか、自分の意見、意志がないですね。
    相手に従っちゃいます。
    声の大きい自信のある人が強いです。
    「あなたのいうとおり」だけじゃ仕事は前に進みません。
    みなさん…「これがいい、こうすれば大丈夫」って人に
    やってもらってほしいし、自分で責任とりそうな人に
    任せたいものだと思います。
    「これで大丈夫」って言えない人は頼りにならないし、
    人にしたがってばかりで
    ないがしろにされやすいと思います。

    ユーザーID:9582116673

  • 魅力が無いから!

    自信って、それまでしてきていることの裏打ちだと私は思う。

    物事がうまくいかないのは、そこにいたるまでの努力と準備が足りていないから。
    自信って、反復練習による結果だと思うので。

    何に対しての自信にもよるけれど、見た目の問題は別として。
    たとえば仕事や趣味、勉強なんかは、努力と準備が自信につながる。
    結果が出ていたら自然と自信もついてくるもの。

    おどおどしていると、何もできない。
    意見も言えない。
    また、コミュニケーションが成立できず他人をいらつかせたりする。
    だから、人から粗末に扱われやすいんだと私は思う。

    だから、自信は無くとも、ある程度どうどうと胸さえ張ってたら、粗末に扱われることは少ないよ。
    あと、見た目も同じ。
    きちんとしているのと、ずぼらなのでは、違う。
    後者は粗末に扱われたりするよ。

    自信のない人は、正道が貫ける人は少ない。
    自己否定が強いのに、正しいことができるとは思えないしね。
    自己否定が強いって段階で、卑屈だけど。

    たとえば洋服が似合っていて、きちんとしている人がいる。
    洋服があっていなくてだらしがない人がいる。
    どちらが粗末に扱われると思う?

    それと同じで、自信って自分を守る外装みたいなものだと思う。
    人の目を時々見ながら話せない人は、アイコンタクトによる信頼を得にくいと思うし、人の目が怖いと思っている段階で負けてるんだよ。

    人間も動物なので、自然と自分より強いもの弱いものをかぎわけながら生きてる。
    自信がない人は弱い人なので、粗末に扱われる。
    そういうことだと思うよ。

    あと、自己啓発本は当たり前のことしか書いていないので、自分で考える力を系統立てて養ったほうがいいと思うよ。
    こういうのはプロファイルに通じるものがあるので。

    ユーザーID:2757024475

  • 自信がないと

    自信がないと卑屈になると思ってました。

    卑屈になると、自分の自分自身への扱いが雑になり、他人もそれを見て同じように自分を扱うようになるから だと思ってました。

    自信のない自分をもニュートラルに受け止められるようになれば、自信が持てない自分でも大切に扱われる価値があると信じられれば、他人からの扱いが軽くなることもないかもしれません。

    ユーザーID:0532943982

  • どうでもいい、の心理。

    自分に自信がないということは、周囲に対してもその人は「自分は瑣末な存在です(どうでもいい存在です」って言っているようなものだから、ということじゃないのかな。

    例えばボロ布ってほどでもない普通の布だったとしても、「この布はどうでもいい(どう使ったっていい)布ですよ」と言われて渡されたらどうするでしょう。
    どうでもいいよと言われてもまぁそこそこその人の気にいる柄でも入っていれば何か身の回りのものに使ってもらえるかもしれないけど。私だったら雑巾にするかもしれない。

    でももし、ぱっと見普通の布に見えたとしても「これは私の大事にしていた布ですがあなたにさしあげますよ」とか言われたら、そうか、その人が大事にするほどの何かしらの価値のあるものなのか、という先入観でその布を見ます。新品じゃないにしてもアンティークみたいな可愛い雰囲気あるなぁとか思うかもしれません。

    虚栄をはれ、とは思いませんが必要以上に自分を卑下したり自信がないと周囲にもらして回ったり、また声に出さずともそのように考えて行動していると、どんどん悪循環になるように思うのは、そういうことでまた「自信がなくなるような出来事(雑巾にされちゃった!みたいなこと)」が重なって行くからなんだと思います。自信がない人こそ、こじつけでもいいからちょっと自信があるようなフリをしたほうが、いいように思う。

    …というのは、心理学とか難しいことはわかりませんが、私の個人的な考え方です。

    ユーザーID:9025904543

  • のび太くん

    >自分に自信がないと、物事がうまくいかないだけでなく
    >人からも粗末に扱われやすいと心理学、自己啓発本によく
    >書いてありますが、これってなぜですか?

    トピ主さんの隣にオドオドした人がいると想像してみてください。

    あくまでイメージですが、オドオドした人って
    のび太君みたいに、からかわれたりいじめられたリ、特に学生時代はなんだか軽く扱われてませんでしたか?
    オドオドして人は自分から他人に声をかけれず、友達もできにくい気がします。
    自信満々〜普通の人がチャレンジすることにも消極的になりやすいのでは。
    大事な仕事を任せたいけど、自信がなさそうな人に頼むのは…なんか不安になりませんか?

    >自信がないがためにゴマを擦ったり、自分を大きく見せたり
    卑屈だったり、依存的であれば、人から粗末にされたり、嫌われたりするのは
    分かります。

    これもあると思います。

    ユーザーID:8656532530

  • 人間、理屈じゃ付き合えない

    >自信のない人が粗末に扱われるという理屈が分かりません。

    理屈で理解しようとするその理屈がわかりません(笑)


    自分に自信のない人といると疲れます。

    自分に自信がない人は
    おおむね自分の意見を言わないです。
    モゴモゴモゴモゴ。
    声も小さいから何言ってるかわかりません。

    人の後ろについてきます。
    なので常にノロノロ動きます。
    他人を見ているからキョロキョロもしてます。

    人の意見を聞くのはいいが、
    コピーして自分の意見にしてしまいます。
    なのでその人の意見なんか聞いても仕方ありません。
    話しかけてもびっくりされるだけだし。

    意見もだけど、持ち物もコピーします。
    なので見た目もパッとしません。
    服もくちゃくちゃ、手入れもしてない人が多いです。
    自分に自信が無さ過ぎて
    自分を「見せる」事をしないのです。

    アレもやりたいコレもやりたいと相談はしに来ますが
    何事も思うだけ、口だけ、実行しません。
    調べてあげたこちらが馬鹿みたいです。

    こんな人と一緒にいても楽しくない。

    自分の意見を持っている人と話すと
    新しい提案もあるし刺激もある
    着ているものひとつとっても
    そういう人には「自分自身」が出ています。
    話していて刺激的でありながら
    それでいて安らぎもあります。
    自信がある人は他人を受け止める事もできるのです。

    自信のない人からは
    何も与えられることがありません。

    自信のない人は、自身のない人。
    立っているだけで歩くだけで
    すでに卑屈さがにじんでいることを知りましょう。

    ユーザーID:3924403211

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧