• ホーム
  • 話題
  • 皆様の体験したちょっと怖かったこと教えてください(駄)

皆様の体験したちょっと怖かったこと教えてください(駄)

レス16
(トピ主0
お気に入り203

生活・身近な話題

アップル

こんにちは。海外小町のアップルと申します。

トピのタイトル通りですが、皆様の普段の生活で体験したちょっと怖かったこと教えてください。


皆様にお伺いしたいのは、たまたま遭遇した怖い体験談や、心霊体験、ヒヤッととしたことなんでもよろしくお願いします。

まず主から。
まだ若かりし頃(笑)主は米国の日本人観光客が多いとある州の博物館でパートタイムの仕事をしていました。主のシフトは夜の数時間、博物館が閉鎖した後に行われるイベントの通訳でした。
博物館の閉館後はセキュリティのオジサン一人とイベントの責任者(男性)そしてそのイベントの専門家の科学者(男性)の計4人(主含む)でした。お客様は専用のバスのみでお越しになられます。イベントではユニフォーム(シャツのみ)があり、主は控室を使用するように言われていましたがめんどくさがりな性格のため、イベント会場近くの女子トイレで個室にも入らず着替えていました。館内には主を含め4名しかいない状態であり3名は男性なのでお客様が到着するまでだれも女子トイレには入りません。ある日いつものように女子トイレの鏡の前でユニフォームに着替えていると、個室のドアがユラユラと揺れているのが見えました。おもわず「しまった。残業で残っていたスタッフがいたんだ。こんなことしちゃいけなかったのに・・・」と思い。「すみません。ズボラをしてしまいました。イベント通訳のものです。」と少し笑いを誘うように問いかけそのドアの方をむくと誰もしませんでした。えっ?たしかに一つの個室だけまるで人がいたかのようにドアがユラユラしていたのに・・・怖くなり慌ててセキュリティのオジサンの所に行きそのことを話しました。
オジサンは「ああ、初めて見た?よく出てくるよここは」とのこと。
もちろんその後はきちんと控室にて着替えをしましたよ。でも怖かった〜。

では、皆様の体験談お待ちしております。

ユーザーID:5212462206

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • あの白いワンピースの女性はどこへ?

    5〜6年前の夏のことだったと思います。
    いつものように飼い犬と夜の散歩に出かけました。
    その日は少し遅くなり夜の10時ころに家を出たと思います。
    いつものコースで竹林と住宅の塀に挟まれた狭い道を進んでいたとき、
    前から白いワンピースの女性がこちらに向かって歩いてきました。
    おしゃれな帽子もかぶっていたので、フォーマルな催しか何かの帰りかなと感じました。
    飼い犬は小型犬ですが、リードを少し引き寄せ迷惑にならないようにし、
    犬もすれ違いのときにその女性の方を見ながらもちゃんと避けて通りました。
    道幅も狭いので、人とすれ違えば普通は軽くフワッと風を感じるものですが、
    そのときは全く感じなかったので(ちょっと期待はずれ?当方は男性です)、
    不思議に思って振り返るとその女性の姿はありませんでした。ほんの数秒後です。
    道の両側は、竹林側の網のフェンスと住宅の塀がしばらく続いています。
    横にそれる道はなくあの姿で塀を乗り越えたとも思えません。

    家に帰ってから家族にその話をしましたが、誰も信じてくれませんでした。
    こうなったら飼い犬だけが証人(証犬?)ですが、
    お前も見たよな?ちゃんと避けてたよな!?と聞いても、???と話になりません。

    いつもてきとうなレスをしている私ですが、
    この体験ばかりは皆様に信じていただきたいと思います。

    ユーザーID:9541643517

  • 夜はね〜、出やすいですよ〜

    警備員をしています。
    夜の見回りの祭、誰もいない真っ暗な事務所から、カタカタとタイプする音をよく聞きます。どなたかが働いていらっしゃるんでしょうね、亡くなった今でも…
    うす気味悪い雰囲気の部屋で、入るのも嫌だったのですが、ある日突然、その部屋で働いている方が無くなりました。翌日からその部屋の雰囲気が変わりました。お若かったのに…ご冥福をお祈りいたします。
    会議室から、会議をしている声が聞こえることもあります。誰もいないのに扉が開く音、物が落ちる音、人影が通るなど、日常茶飯事ですよ。

    この世には、科学で証明できないことが、たくさんあるんですよね。

    ユーザーID:9258719191

  • まぁこれが一番って事はないけど。

    ある日、延ばし延ばしにしていた仕事がある場所を見に行くと・・・
    あり得ないほどの書類の束が置いてあった・・(書類整理の仕事です)。
    これが一番怖かったなー。

    主さんのトピの趣旨的な例での怖かったことは。

    うちは廊下に人が歩くとセンサーで電気が付くライトを設置しているのです。
    それで私の部屋は開けっ放しで寝ているのですが、
    夫(別部屋)も部屋で寝ていて、私はなんとなく起きててドアのあたりを見ていると・・

    ん?センサーが灯った?!

    もうまるで映画の「残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋」の世界。
    私はそっと夫に電話をかけて見に来てもらったとさ。
    (しかし何もないのです・・)

    これが、もう何回もありますが、
    今は猫を飼っているので、センサーが灯ったら「また猫が部屋を出てるなー」と自分をごまかしております。

    その他、怖っと思ったのは
    寝てて起きたら(昼間)、リビングに知らないおっさんが立ってた事。
    しかもこっちを見ていない!全く私を無視。
    もう現実だったら私の人生、ここまでか・・と思ったら
    すーっと消えていきました。

    まぁ上記のおっさんの家で一番怖かったのは
    30cmくらいあるムカデが風呂場をささっと歩いて?いた事かも。
    ここ、東京なんだけど。
    真っ裸だったので滅茶苦茶恐怖を感じました。。

    ユーザーID:1083654568

  • 本当だったら怖すぎる

    私は残念ながら霊感などは一切無く、
    心霊体験などの経験がありません。

    もし主さんの様な場面に遭遇したら
    「私終わった」と
    思ってしまうでしょう。怖いですね。

    そんな私ですが、1度だけこんな事がありました。

    我が子が1才の頃です。ある日の夜中、私はトイレに行きたくなりました。
    ですが子供と夫が眠っているため、
    部屋の豆電球以外の電灯は付けずに暗闇の中トイレに行きました。

    そして用を済ませ部屋に帰ろうとトイレを出ると、
    その先の廊下に小さな子供がゆらゆらと立っているのがぼんやりと見えました。

    そうです。1才の我が子です。
    暗闇の中、物音も立てず無意識に後追いをしていたのです。

    私は一瞬、見えてはいけない物が見えてしまったかと思いました。
    あまりの恐怖に悲鳴さえ出なかったです。
    悲鳴より口から魂が飛び出したかと思うほどビビりました。

    今でも思い出すとゾッとします。

    ユーザーID:1265785042

  • 感じる体質です

    セントポール市の街中にある、古い建物が図書館になった所へ、トイレに寄った時のこと。一階は、ホームレスとかもいて結構混んでまして、最上階のトイレに行ったのです。流石に人もまばらで、トイレもガラ空き。で、手を洗うときにセンサーで水が出て洗いまして、そのあと、横にずれて娘が出るのを待っていたら、誰も前に立っていない蛇口から水が流れました。センサー感知の蛇口で、ああ、この建物古いから、と思いましたが、夜間は絶対に立ち寄りたく無い、と思いました。

    ユーザーID:7028778972

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • そう言えば、

    今から随分と前の東京では珍しい雪の夜でした。

    住んでいるのは静かな住宅街で深夜にもなると車も人も通りません。
    雪が降ると家の前と近所は一面の雪景色になります。

    そういった景色を写真に撮るのが好きで雪が降ると必ず写真を撮ってました。

    そんな雪の降る夜、家の前にでて写真を撮ってました。
    ”おぉきれいだ!”と思い、大通りの手前まで出てシャッターをパチリ。
    夜ですから当然ストロボが光りますよね。
    それでデジカメですから、撮影した画像が一瞬、プレビューで表示されますよね。

    何枚か撮り進んでいって、角を曲がったところでまたパチリ。
    プレビューに”あれ!?”っと思い、もう一度パチリ。
    プレビューには真っ白に雪が積もっている道と両側の建物。

    家にかえってPCにメモリーカードを差し、”さてどんな写真が撮れたかな?”と思って見ていると、
    ”…?”
    一枚に何かモヤモヤって言うか、尾を引く丸い光が写ってました。
    ”カメラがボケたかな?”とは思いましたが、なんとなく”何か”が写ってしまったと思ってました。

    翌日、その写真が撮れてしまった場所の傍に有る行きつけの居酒屋さんで呑んでいる時に、件の写真の話をしました。
    するとお店のマスターや常連さん達が真っ青になり、”そ、その写真、何時頃撮れたの?”と聞かれました。
    ”あぁ、○時頃ですよ”と答えたろ頃、マスターから、

    ”お隣の○○さんの死亡推定時刻だよ”との事。

    更に聞くと、お隣の御主人がソファーで亡くなっているのが発見され、
    検死の結果私が写真を撮った時刻がお亡くなりになった時間だったそうです。

    その時のカメラはもう手元には有りませんが、メモリーカードは処分できずにいまだに手元にあります。
    ひょっとしたら、お亡くなりになった方の魂を閉じ込めてしまったのかもしれません。

    ユーザーID:1124532553

  • ドアの建てつけが悪かっただけの話。

    どこが怖いのかさっぱりわかりません。

    ドアの修理したら済む話です。

    ユーザーID:2403835889

  • 心霊現象ではありませんが

    動物モノでも良いですか?
    日本では朝のゴミ出しで、猫やカラスが家庭ゴミをあさって散らかす事が問題になり、我が家地域は集積所に出したゴミ袋にネットを被すようになりました。
    ある朝、ゴミ出しをしていたらネットの被せ方が甘かったのか、カラスがゴミ袋を引き出して中の残飯を食い散らかしていました。
    人間が来たので、さすがにカラスも去り、近くの塀から散らかった残飯を片付け、しっかりネットを被せた私の姿を眺めていました。
    ご近所さんがいらして、少し立ち話をしている私をさり気なく見つめるカラス。
    話しながら歩く私たちをさり気なく追いかけてきたカラス。
    ご近所さんが先に家に入ったとたん、カラスが私めがけて低空飛行して来ました。
    もともと鳥類が苦手な私には、恐怖の体験でした。

    ユーザーID:5403226662

  • 子供の頃の話

    子供の頃に電車で帰省したときの話です。

    大きな橋を渡った後、駅でもないのに電車が停まりました。
    しばらくして動き出したのですが、私の乗った電車が橋を渡ってすぐ、橋が壊れたそうです。


    もう少し遅く橋を渡っていたら・・・。
    ちょっとゾッとします。


    子供の頃お盆に帰省したときの話です。

    夜中にふと目が覚めると、蚊帳の外に座ってる人影が。
    隣を見ると父と母と兄の寝てる姿。
    足元には祖父母の寝てる姿が。

    あれ?一人多い・・・。

    とりあえず見なかったことにして寝ました。

    あれはいったいなんだったんだろう??

    ユーザーID:9170463256

  • 夜中にけたたましい音で驚きました。

    以前に実際にあった話なんですけど、
    真夜中に突然、ドアをガチャガチャと壊れるほど開けようとするような音が
    して驚きました。鍵はかかっていて開きませんが1分くらいガチャガチャと
    開けようとする音が続きます。その後数日おきに何度も続きました。

    泥棒かと思いましたが、そのわりには騒がしすぎますし、
    空き巣の七つ道具のようなものも持たずに、ただ力ずくで開けようとする
    だけです。

    その後、分かったのですが、その人は同じ建物に住んでいて
    他の階の同じ位置にいるようです。
    ボケなのか酔っ払いなのかわかりませんが、自分の部屋と間違えて
    来てしまい、違うカギで必死にドアを開けようとするようでした。

    一言、間違えていることを教えてあげればいいのですが、
    危なそうなので言っていません。
    それが何度も続いた後、自分で気づいたのか来なくなりました。

    ユーザーID:5360059525

  • 携帯をいじっていた若者

    週に何度か朝早く走りに出かけています。

    いつもの道、いつもの曲がり角、曲がろうとふっと脇道を見ると
    軽自動車に背中をくっつけてる20代後半の男性、
    メールを打っている様子が携帯の光でハッキリと見えました。
    新聞配達のおじさんの自転車の遭遇は頻繁にあっても
    こんな時間に外でメールしている人は今までに見たことがない。
    あ〜曲がるのよそうかなと一瞬思ったのですが、そのまま曲がって
    男性の前を通り越して数歩進み振り返ると、その人は消えてました。

    その男性を見た事が引き金になって、その後見るは見るは…今は見たくないので
    心のシャッター下ろしてます。

    ユーザーID:6798077597

  • まっくろくろすけ巨大版

    非常口のマークみたいな大型の黒い影を見ました。
    大雪の降った明け方、トイレに行ったついでにどのくらい降ったかを確かめようと、台所の窓を開けると玄関に付けているセンサーライトが反応し、雪の地面を「ズンズン」進むアニメのような真っ黒い人影を見ました。
    新聞配達の人影かな?と最初は思いましたが、人の実態はなく動きも大げさなコマ送りのようでした。
    そーっと窓を閉めました。

    色々なものを見ましたが、人と分かるものはそう怖くありません。
    人じゃないのは怖いです。

    ユーザーID:5557154573

  • 某湖の畔の宿

     友人らと4人で自殺の名所として有名な某湖のほとりにある宿に宿泊した時のこと。深夜1時にAが突然「誰だ!」と大声を上げ目が覚め、話を聞くと何かしらの不安で眠れずにいると廊下を濡れた足音が部屋に近づいてきて、しばらくするとベッドのカーテン越しに人影があったとのことでした。

     夢でも見たのだろうとAをなだめて寝かしつけた後、私もベッドに戻り眠りにつくと30分後に生まれて初めての金縛りにあいました。身体は動かないけど耳だけは正常に機能し、その直後Aの話と同様に廊下を誰かが歩いて近づく音が・・・・。もがいた後に金縛りが解けてカーテンを開けると、裏の雑木林に面した窓に女性の顔がボーっと見えました。大声で皆を起こして一緒にトイレに行ってから再度眠りにつくと、またまた金縛りにあいました。

     朝になって宿のスタッフに夕べの出来事を話すと、「あなた方の部屋は何号ですか?」と訊かれ答えると「不思議なことにその部屋は多くの方が同じような体験をします」と驚くこともなく言いました。

     やはり何かあるのでしょうね

    ユーザーID:8259804094

  • 先日見た夢

    関東在住です。
    この地域で大地震が発生し、津波警報が発表されました。
    私を含め、周りの人達は高台へ逃げようと右往左往。
    そんな中、何故だか私は高層ビルを登り始めます。
    といってもスパイダーマンのようではなく、窓や壁の凹凸に指や足を掛けながら必死で登っていました。

    30階建てくらいのビルの屋上近くまでやっと登ったところで「助かった!」と思い、
    ふと後ろを振り返ると、遠く離れた同じ高さのビルが真っ黒な津波に飲み込まれる瞬間が目に飛び込んできました。
    ああ、私死ぬんだな、泳げないし津波が到達する前に死ぬ方法はないのかな、と絶望的な気持ちになったところで目が覚めました。

    目が覚めた時、3.11の大災害を思いだいました。
    不謹慎かもしれませんが、あの時被害に遭った方々の思いや気持ち、無念さが重く胸に迫ってきて、しばらく泣きました。

    こういった夢をカラー&映画のような映像で定期的に見ます。
    夫に話すと???といった顔をされるのですが、私が少数派なのでしょうか。
    ちなみ一昨日見た夢は、私の体が砂のようにサラサラと崩れていって「無」になるといったものでした。
    「待って!まだやり残したことがある!」と抗いながら崩れていく自分を見て意識が遠のいていくという。

    妹はさらに恐ろしい夢を見るので家系なのかもしれません。
    ちなみに心霊体験は父をはじめ、姉妹全員にあります。

    ユーザーID:3228955953

  • 今思い出すだけでも

    冷や汗が出ます。
    本当に無事で良かった出来事です。

    十数年前、上の子が3歳位、下の子がまだ0歳位の時、当時住んでいた中部地方から近畿地方へ旅行に行きました。

    その帰り道、高速道路に乗っていると主人が急に「クラッチが効かない!」と叫びました。(その頃は主人が独身の頃から乗っているマニュアル車でした。)
    まだ我が家には携帯電話も無く、おまけに3車線の内の真ん中の車線。

    幼い二人の子を抱えて、どう避難しようかと思いましたが、止まった所の近くに非常電話があったのと、インターの近くであったので比較的早く救助に来て頂けました。

    救助に来て頂くまで、車内で本当に生きた心地がしませんでした。車がビュンビュン走る道路を全速で走らなくてはならなかった主人はもっと大変だったと思います。

    あの時に助けて頂いた方々には、本当に感謝しかありません。

    ユーザーID:4312924100

  • 昼間に帰宅した時、自宅の玄関を開けたら・・・。

    玄関のたたきに、イタチがいました。
    「ぎゃあああああ!」と叫び声をあげたら
    イタチもびっくりしたのでしょう。
    おしっこをたたきにもらして、一目散に玄関の外へ飛び出して行きました。

    その後、おしっこの臭いが独特の強烈な臭さで、
    水洗い、石鹸、色々試してもなかなか取れず・・・。
    一か月間ぐらい、玄関が臭かった。

    可愛い顔なのに、おしっこはこんなに臭いんだと、思い知らされました。

    ユーザーID:3426698374

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧