• ホーム
  • ひと
  • 『好かれたい』に囚われるのをやめたいです。

『好かれたい』に囚われるのをやめたいです。

レス15
(トピ主1
お気に入り51

家族・友人・人間関係

20代の女です。
昔から、人に好かれたくて空気を読んだり、浮かないように過ごしていました。購入するものは本当に欲しいか分からないけど、同世代で流行っているもの。
友人や周囲の人との会話は、深い話はひかれるのではないかと思い、当たり障りのない会話しかしてきませんでした。
人と深い付き合いになるのが怖くて男性とお付き合いしたこともありません。
また、社交的な母親は暗い人・大人しい人が苦手なので、明るく友達が多い子供の方が嬉しいだろうと思って、昔から学校や職場でうまくやっている感じを出していました。

そんな風に生きてきた私は本当に自分がやりたいこと、好きな事が分からず、趣味もありません。
常に周囲の顔色を見ながら愛想笑いや空元気で接する人間関係に疲れてしまって、対人恐怖症になり病院に通い始めました。
「自分の好きなことを始めてみたらどうですか」と言われたのですが
自分の好きなことが分からないし、判断基準も人目を気にした「好かれたい」という思考になってしまいます。
ただ自分の好きなものに夢中になれるオタクと呼ばれる方々のようになりたいです。
どうすれば染み付いた好かれたいという思考の囚われを消せるでしょうか。ご意見をお願いします。

ユーザーID:6859942168

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ある程度、諦める

    トピ主さんは「人の目を気にせず、我が道を行きたい」という意味合いで
    オタクになってみたいとおっしゃってるんだとは思うのですが

    仮にオタクになったとしても、人付き合いそのものをやめない限りは
    仲間内や周囲に合わせたり、空気読んだりは続きますよね。

    オタク同士でも、やっぱり人付き合いという意味では、そう大差ないからです。


    人の目など気にせず、周囲の反応にもほぼ無頓着、何かに夢中になれる人は
    そもそもがちょっと変わってるんだと思います。良くも悪くも。

    精神的にタフ、対象への執着がある、他人にはあまり関心がない、など。

    それを見習ってみようと思っても、ちょっと難しいと思うんです。

    なので、特別すごく好きになれるものを見つけられなくても
    「人に合わせる」以外の部分で、ちょっといいな〜位に思えるものを探してみると
    いいんんじゃないでしょうか。

    それも無理なら「好きなものなんか特にないのが私の個性だよ」と開き直るとか。


    周りに合わせてれば好かれるかというと、そうではないと思いますし
    じゃあ好かれるってなんだろう?と考えていくと
    考えても無駄というか、気にしすぎたところで…と思える気がします。

    ユーザーID:3144587639

  • いつもとちがうこと

    食べたことの無い食べ物が好物になりますか?
    趣味だって何だって同じなんですよ。
    興味が無くても手を出してみなきゃ分からないんです。

    徒労に終わることだってあるでしょう。
    痛い目見ることだってありますよ。
    それもまた人生の肥やしです。
    傷が癒えたら良い笑い話のネタになります。

    いきなり全力で突っ走れなんて言いません。
    先ずは普段と違うことをしてみては?
    コンビニで新商品のお菓子を買ってみるとか、
    DVDを借りる時にマイナーなオススメ作品を借りるとか、
    そんなところからでいいですよ。

    そうやって得られた小さな失敗や成功が、
    少しずつ空っぽのトピ主さんの中身を埋めていってくれるでしょう。

    ユーザーID:5757328684

  • 応援したい

    アニメだとか興味ありますか?
    少しの興味でもいいです。そうしたらそういう人たちが集うツイッターを覗いてみたら。
    彼らの日々のつぶやきを読んでいったらラクになれないかなあ。

    彼らはある意味強いですよ。
    全てではありませんが、割と多くの皆さんが、社会では浮いた存在であるとか、コミュニケーションが苦手であるとか、みんなすみません的な思考を根底に持ちつつ、自分の好きなことをとても大切にしていて、そこで繋がった仲間と時間を共有し、生きている。

    世間では常に鎧を着て本当の自分を出さず、独りぼっちだったという可愛い女の子が、その好きなアニメのツイッター仲間の中に親友を見つけ、今が幸せって言っているようなのもよくあります。最近のオタクは容姿もいい子が多いよね。

    その世界に逃げろというんじゃなくて、外で頑張り続けて疲れてしまっているのなら、まずはそういったあなたと似た感じ(社会に生きづらさを感じている)の人たちがいるコミュニティーでノンビリしてみて、そこで自分らしくいられる感覚を知ったらそれをゆっくり一般社会でも出していけばたのしくなるんじゃないかなと。

    それと人間、好かれている人だってそんな大したことないですよ。
    あなたは好きな人いる?明るくて面白くて? でもその人のこと好きだから何?って感じじゃないですか。それに好かれている人だってその人を嫌いな人は必ずいる。
    そういうもんです。全ての人に好かれるなんて無理。

    その程度のものなんだから、あなたも「好かれなきゃ駄目だ」という呪縛に囚われてるのは本当にもったいない。仮に嫌われたって、ああそういう人もいるのね、程度に受けとめればいい。
    「あの人私のこと好きじゃないみたい」って軽くあしらっておけば。みんなありますから。

    少しずつ、ラクな道を見つけて下さい。人はみんな基本、ひとりです。

    ユーザーID:4192778485

  • レスします。

    40代のおばちゃんです。
    かつての自分の話かと思いました。

    あなたが好きなことを見つけられないのは、あなたが他人の評価を軸に生きているからだと思います。
    他人の評価を軸にしているから、何をしても楽しめいないし、他人から好かれたい(高評価を得たい)という気持ちが強くなってしまうんだと思います。
    10代、20代の頃の私がそうでした。

    いきなり「他人の評価を気にするな」「人に嫌われてもかまわないじゃないか」とどんなに自分に言い聞かせても、おそらく今のあなたの中で無理があると思います。
    私は自分で自分を評価することから始めました。
    例えば、「今日は○○を頑張った。GJ、自分!!」とか。
    「早起きした」とかそんな些細な事から始めました。少しずつ、少しずつ「自分っていいやつじゃん」って思える事実を積み重ねていくように努力しました。
    もちろん手を抜くことも気を抜くこともあったけど、そんな時も「自分で自分をどう思うか」に照準を置いて考えるように心がけました。
    好きな事がわからない、というの、私もそうでした。
    随分時間がかかりましたが、毎日自己評価を積み重ねていくうちに自然と「やってみようかな」というものも出てきました。
    大切なことは「好きな事見つけること」ではなく、「やりたくなったことをやってみる」ということです。
    やってみて楽しくなければやめればいいです。後片付けさえちゃんとできていれば問題なし、と考えて。
    「やってみようかな」と思うことがなければ別に何もしなくてもいいんです。

    自分にしっかり向き合って自分のことを自分で評価してみてください。
    そうして、少しずつでいいから「自分で自分のことを好きだと言える自分」を積み重ねてみてください。
    自分で自分のことが好きだと言えるようになってくれは自然に他人の高評価を追いかけて生きる必要がなくなってくると思います。

    ユーザーID:3187566737

  • 役に立つこと

    誰だって、人に好かれたいですよ。
    でもね、人に好かれる、だけじゃなく、普通はその為に「人の役に立ちたい」んですよ。
    そう考えると、会社の雑談で好かれるよりは、得意分野で腕を上げれば同僚のフォローが出来て役に立てば、より強固に好かれますよ。
    アイドルオタクと呼ばれる人達だって、役に立ちたい、と思ってるからCDを買ったりコンサートに通ったりするわけですよ。
    「好かれたい」を「役に立ちたい」に変えたら、もっと自分を客観的に見る事が出来、生産的な事を具体化していき原動力になるんです。
    会社、って、人の役に立つ事が使命ですよ。
    好かれたい、って思ってたって、じゃあどうやって好かれよう?って考えなければ、会社は潰れます。
    社会も個人も、成り立ちってそういうものです。
    ただ座っておしゃべりしてるだけで好かれる訳ないでしょ。
    具体的にその先を考えてますよ、みんな。

    ユーザーID:8414785282

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 才能

    今までの生き方を否定する事は全くありません。
    あるものが大好きで突き進んでいく人は、そういう才能がある人なんです。
    誰にでも与えられているものではありません。
    自分の持ってる才能を、多くの人は自分で探すしかないのです。
    なければ、今までのように人に合わせて生きていく方が楽ではないですか?
    別に、それでもいいと思いますよ。
    リスクを取らず、安全な人生を選んできたのすから。

    ユーザーID:5199057550

  • 普通は無いよ

    やりたい事がなくても、それはそれで良いのでは?
    ぼーっとしてるのが好きなら、それでいいじゃないですか。
    徹底的にぼーっと昼寝したり、カフェ行ったりして、周り眺めてたりしたらいいんですよ。
    なんで、人に言われたからといって、無理に探さなきゃならないのかさっばりわかりません。
    オタクが羨ましい、って、どういう状況の人をオタクと言ってるのか知らないけど、例えば化学者だって自動車整備士だって、自分の「好き」を極めた人達ばかりですよ。
    どんな職業にでもです。
    なぜ、そういう人ではなく、あえて「オタクが羨ましい」のですか。
    見え隠れする、見下し感が、あなたを生きづらくしてると思います。

    ユーザーID:5379047124

  • 師匠によると

    私の、経営に関する師匠である、とある会社の社長さんの話です。
    あなたに、好きな人がいるとする。好きな友人でも恋人でも、アイドルでもいい。
    今、好きだ好きだ、と言葉に出してラブレターを送ったり、コンサートに通い続けるのもいい。
    だけど、好きなら、その人の役に立つ事を考えてみないか?
    今、数千円を払って、一瞬喜ばせるより、何年かかかったとしても、友人が喜ぶようなカフェを開いたり、アイドルのスポンサーになれるくらいの企業をこしらえる方がよほど、相手を喜ばせる事が出来るんじゃないか?

    まあ、極端な例かもしれませんが、ちょっと腑に落ちる部分がありましたので、書いてみました。

    ユーザーID:0175390671

  • 考え

    〇〇を喜ばせるために、とか、〇〇を不快にさせないために、とか、恩着せがましい考えを捨てる事ですね。
    実際、ただ雑談に話を合わせただけで、人がそんなに喜ぶ訳ないんですよ。
    本当に、周りの人が喜ぶ事を心の底から考えた事ありますか?
    それ、実行してますか?

    ユーザーID:4977291357

  • もし人目が無いとしたら


    深い付き合いが出来るようになる人なんて、限られてると思います。
    もし、この人合うなとか仲良くなれそうだなと思った人が現われたときだけ、少しずつ深い話もするようにしたらいいと思います。

    トピヌシさんは、人に合わせすぎてしまうんですね。
    だけど、今のまま人に合わせて嫌われないようにしても、絶対に嫌われないかと言うと違います。
    人に合わせすぎる人が嫌いと思う人もいるからです。
    結局、今のままでも、自分を出してもそんなに違わない気がします。

    トピヌシさんは、反抗期はありましたか?
    お母さんから精神的に自立できていますか? 未だにお母さんの理想に縛られているような感じがしました。
    本当の姿では、お母さんに認められないと思うようなことがあったんでしょうか。

    時間はかかるかもしれないけど、そこから自由になる必要があるのではないかと思います。
    親の価値観だけが正しいと言うことはありえません。

    自分の価値基準をしっかり持つようになると、世界の全ての人から認められたり、好かれるなんてありえない
    事がもっとはっきりしてくると思います。
    どんな人にでも支持者とアンチがいるんですから。

    最初は、「もし人目がないとしたら、何を選ぼう」と常に考えるように習慣を付けてみるとかはどうですか?
    持ち物や服、趣味とか。
    実行するかどうかは別として。

    ユーザーID:7083317486

  • ありがとうございます。

    にに様、もっさん様、お天気様、温泉気分様、ゆう様、リラ様、かなめ様、本棚様、ワーグ様、レスを下さり有難うございます。
    読み返してみると乱文で突然オタクになりたいと書いていたり、分かりづらい文章だったと思います。すみません。自分の生きてきた道は批判されそうだなと思っていたので、あたたかいレスを頂けて驚きました。温泉気分さんのレスに自分の話かと思ったとあるのを見て嬉しかったです。

    レスを読んでハッとしたのは、私は好かれたいと思いながらも、誰かの役に立つことを率先してやってこなかったなあということです。好かれたいじゃなくて嫌われたくない一心で生きてきたのかなと思いました。嫌われないように馴染むのに必死だったので。。

    お天気さんのレスと同じく、私もオタクの方はぶれずに好きなものを探究できて凄いという気持ちです。ただ、今まで真逆の人生を送ってきた自分には難しいですよね。皆さんのアドバイスを参考にできることから…ですね。

    また、何かありましたらご意見頂ければ幸いです。

    ユーザーID:6859942168

  • トビ主さんと真逆の人生を歩みました。

    私は昭和の人間ですからねえ。流行に流されないのには力がいりましたよ。
    価値基準は「私が好きかどうか」。
    日本中が同じ髪型、同じ服装、同じ物を買う時に、好きじゃ無ければ絶対乗りませんでした。態度に出す人には「協調性がない!」「間違ってる!」とか怒られました。
    その代わり好きな物にはとことんのめりこみ、趣味は今でも継続中、そのうちの一つが仕事になってます。
    自然に好きになったものもあるし、色んなものに挑戦して見つけたものもあります。仕事は後者かな。

    他人の評価で(好かれたい)満足できますか。できないから悩んでるんですよね。他人の好き嫌いはあやふやで不確かですから。
    自分で目標を設定して達成したら嬉しいですよ。特に仕事だとね。
    ただし敵もできるかもしれません。でもそんなことも忘れられるくらいの達成感は得られます。

    今流行の物、親や彼氏が好きな物がトビ主さんの好みに合うとは限りません。他人は顔をしかめるようなものだってありえます。
    いいんです。トビ主さんさえ好きだったら。そしてそれらはトビ主さんの支えになってくれますよ。
    色んなものに挑戦して吸収してください。見つけたらまたトビ立ててね。

    ユーザーID:4694747651

  • 内緒で始める

    私の古い友人に、露悪趣味と言うか偽悪者と言うか
    わざわざ人に嫌われるようなことを言い、行動する人がいます。
    でも私は知っています。
    その人は人に嫌われたくてそういう振る舞いをしているのではないことを。
    その人は場の空気を読むのにたけている人で
    嫌われるぎりぎりの線でそういう振る舞いをします。
    それが読めないで嫌う人は嫌ってもいいという態度です。
    つまり、本当の本心は「人に好かれたい」のです。
    印象のインパクトのためのお芝居なのです。

    トピ主さんにはお勧めできる方法ではありません。

    トピ主さん、人目のないところで誰にも黙って
    自分の興味のあること、好きなことを始めて見てはいかがですか。
    ずっと内緒ですよ。
    そうすれば見つかるものがあります。
    それは自分です。
    誰も知らない、自分も知らなかった自分が見つかります。

    そうなれば
    今度誰かに会ったとき、こう言えると思います。
    「あなたはそうかもしれないけど、私はこう思う」と。

    ユーザーID:6740976599

  • なんか分かる

    気持ち分かりますよ。
    私はネグレクトの母親で、関心を持ってもらえず構ってもらえず、社会不適合のような親だったんです。
    寂しいって気持ちを我慢して、世間を気にして学校ではいい子を演じてきました。
    思春期の頃は愛情不足で、相手の事をよく分からず好きだと言われたら好きになる。
    今は結婚してますが、若い頃は大変でした。
    なんで付き合ってたんだろ?
    なんで友達だったのか?
    合わせていれば嫌われないし、どこかで心の寂しさを埋めてましたね。
    最近は自分探しやってます。
    一人でふら〜っと出掛けたり、本を読んだり、芸能人は誰が好きか?とかね(笑)
    頭であれこれ考えず、自然な気持ちにフォーカスさせて日々自分探しです。
    さすがにこれではだめだ、いい加減優柔不断を直したいと思っていたのです。
    それと自分を責めない事ですかね。
    世の中皆どこか変わってます。
    安心して下さい、変人だらけですよ(笑)

    ユーザーID:0103101329

  • 自分の一番の味方は自分

    なぜ駒さんは、他人の目を気にしてばかりの他者基準で生きているのか?
    それは、やはり親との関係に原因があるのでは?と思います。

    辛い作業だと思いますが、まずはあなたが他者基準になってしまった原因と向き合うことが大切です。
    もう20代で世間的には大人の女性なのですから、親を客観的に見てみること。
    「親と自分は別の人間なのだ」と意識する必要があると思います。

    世界中の人から好かれている人なんていません。
    あなたの一番の味方はあなた自身です。

    他者基準から自分基準にシフトし、自分の気持ちを大切に生きること。
    それを意識していくことで、自分の好きなことやりたいことが見えてくると思います。

    それと同時に、あなたの嫌いな相手やりたくないことに対して「ノー」と言えること。
    拒否をする自分を受け入れることが、結局はあなた自身を守ることに繋がると思うのです。

    ユーザーID:4073984232

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧