母の死から立ち直れません。

レス9
(トピ主0
お気に入り64

家族・友人・人間関係

やとう

今年の1月に膵臓ガンで母が亡くなりました。昨年の6月に末期ガンでなす術のない状態で発覚し、12月の半ばに入院するまでは病気がわかる前と同じように過ごしたいという本人の希望でいつも通り、主婦業をして生活をしていました。
急な入院からの最期の1ヶ月は会社にワガママを言って、休職し、病院に寝泊まりし続けました。最期を一緒に居られて良かったと思います。

ワガママを許してくれた会社の為にも、そして、今まで通りの生活を取り戻す為にも、普通に生活をしようと思いますが、なかなか思うようになりません。

母と似たような人をみると突然涙が出てきたり、何気ない会話の中で出てくる親の話を聞くと「なぜ母はいないのか?」とかわかりきった事を考えてしまい、前に進みたい想いとは真逆の思考が働いてしまいます。

一体この悲しみはいつなくなるんでしょうか?

去年の母の日のささやかなプレゼントとして、バラの展覧会を見に行きました。プレゼントを受け取るのは好きではない母にギリギリまで隠して一緒に行き、「来年も一緒に行こうね!」と約束したのに…、1年前はあんなに幸せだったのに…と色々考えてしまいます。ちなみに、この約束については、余命がわかった昨年の6月に「約束が果たせなくてごめんね。」と言われました。

約束を果たさなかった母を恨んでいるとかは全くありません。
上手くは言えませんが、やるせない想いと母のいない日々に涙が出てきてしんどいです。
とにかくもっと一緒に居たかったという想いがこみ上げて仕方がありません。

皆さんはどんな風に乗り越えていったのでしょうか?

もしよければ、教えて頂けたらと思います。
宜しくお願いします。

ユーザーID:3653499307

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 無理をなさらず

    私は中学二年の時に母を亡くした者です。
    もう母が亡くなってからだいぶ長い年月が経ちました。今でもよく夢に出てきます。でももう母の声も顔も仕草も殆ど思い出せません。
    どうしようもない虚無感や喪失感。ほんとうにやるせないですよね。私も母にもう一生会えないなんて信じられませんでした。高校や大学への進学、結婚、出産、この先私の人生に起こるだろうことを、母は知る由もないのだということが悲しくてたまりませんでした。

    私は当時、自立しなければならないという責任を感じたり、普段通りに生活しなければ周りに心配をかけてしまうと気を張っていました。でも、私の感覚としては、「頑張らなきゃ」と思っているうちは、つらくてたまりませんでしたし、悲しみを忘れられませんでした。無理に無理を重ねて、結果的に、「母を亡くして苦しい思いをしたんだから、今は頑張らなくていいや」と思える時が来たのですが、そこからとても生きるのが楽になりました。母との思い出にも明るく向き合えるようになりました。
    頑張らなきゃいけない状況にトピ主さんは置かれているのかもしれませんが、たまには頑張らなくていいやと、楽をしてもいいんじゃないでしょうか?トピ主さんにはトピ主さんの人生があり、私が当時感じた苦しみや悲しみと全く同じものをトピ主さんが抱いてらっしゃるわけではないと思います。でも、子供だからとか大人だからとか関係なく、悲しい時や苦しい時は誰だって、少しくらい楽をしたっていいと思います。そして、悲しみを乗り越える努力なんてのもする必要ないと私は思います。頑張らなきゃと思ってるうちはどうしたって苦しいのですから。
    どうか無理をなさらず、ご自愛ください。

    ユーザーID:3315444893

  • ときぐすり

    トピ主さん、心よりお悔み申し上げます。
    おつらいですよね。お気持ちお察しいたします。

    私は2年前に実母を癌で亡くしました。
    数か月という余命宣告を受け、1年近く頑張って生きてくれました。

    やはり、元気なうちにと温泉旅行をプレゼントしたりして、普通の生活が送れるうちは出来るだけのことをしたつもりですが、やはり亡くなった後で、あれもしてあげたかった、これも一緒にしたかった、と悔やまれます。

    母の死を事実として認識していても、気持ちが受け入れられないのか、私はある時期、母が出てくる様々なパターンの夢(どちらかというと悪夢)をみました。

    トピ主さん、無理に悲しみを乗り越えようとしなくて良いと思いますよ。感情を抑え込むとトピ主さんの精神と身体に悪い影響が出てしまうと思います。
    こういう悲しみは、薄まっていくのに個人差があるし、時間が薬としか言いようがありません。そして涙を流すことも。

    私の場合は、最近ようやく、母はあちらでゆっくり、いろんなものから解放されて今は健やかにしていて、自分や家族のことを見守っていてくれている、と思えるようになりました。生前、妻として、母として、いつもとても頑張ってくれていたのだから、もう本当にゆっくりしてもらっていい、と。

    縁あって母の娘として生まれたのだから、その縁はとても強いもの。いつかまたどこかで逢える、と思いながら過ごしています。

    トピ主さんも、少しずつでいいので、前向きになることができるよう、お祈りしています。

    ユーザーID:4475608907

  • お坊さんのお話し

    お母さまのこと、お悔やみ申し上げます。

    トピ主さんの文面から、とてもすてきな親子関係を築かれてきたのだろうなと思いました。お母さまのせいではないのに、バラの展覧会に行けないことをあやまるなんて、お母さまの心情を思うと切なくなりました・・・。
    そんなお母さまが比較的短い期間で、病気がわかり、入院し、そしてご逝去されたのですからなかなか悲しみが癒えないのは当然です。


    数年前に家族が亡くなったとき、悲しみの中にいる私たち家族に
    式をあげてくださった、お坊さんがこうおっしゃってくれました。

    「亡くなった方のために、一緒にすごした楽しかった時間をたくさん思い出してあげてください。ずっと思い出してあげて、故人を知る人同士で故人のことをたくさん話題にしてあげてください。
    それが亡くなった方への何よりも一番の供養になりますよ」と。

    悲しかった最後の時間より、故人の好きなだったことや面白かったエピソードなどを折につけ話しては、(この番組好きだったよね、とか、結構ミーハーはところあったよね、とかたわいもないことですが)笑いあったり、泣きあったりして、私たちも少しずつ前に進んできました。

    きっとすぐには無理だと思います。
    どんな慰めの言葉もトピ主さんの心がそれを受け入れるにはまだ早すぎるでしょう。
    でも一番つらい時が少し過ぎたら、最後まで普通に生活をされることを望んだお母さまの、普通の生活の中での明るく楽しいエピソードを思い出してあげてください。

    ユーザーID:9024535241

  • 時間をかけて乗り越えるしかない

    子供の頃に母を亡くしました。
    やりたかったこと今でもたくさんあります。大人になってから親孝行で色々したかったなって今でも思いますよ。
    でも、母については30年は過ぎてますので、時間をかけて悲しみはあれど、暗い気持ちで悩むことはありません。

    一方昨年妹を亡くしました。
    これについてはまだ半年も経っていないので、涙が出たり、なぜそんなに若くで亡くならなければならなかったのか、これ一緒に食べたかったなぁ、などよく考えます。
    やとうさんと同じです。

    私の場合は母の経験がありますので、おそらく時間をかけて緩やかに、深い悲しみからは解放されていくのだろうなと考えています。現に泣く時間は減り、崩していた体調ももどりつつあります。

    回忌などの節目に気持ちが少しずつ整理されていくのかなとも思います。
    私は今の気持ちに抗ってもどうしようもないので、時間に委ねていきますよ。

    ユーザーID:7986717263

  • 本当に残念でしたね

    トピ主さんは、お母さんとの想い出を沢山お持ちの筈です。
    その想い出を忘れないように、時々思い出すことです。

    お母さんとの想い出の中で、沢山の有り難うと感謝がある
    のではありませんか。

    人は感謝を想うことで幸せになれます。トピ主さんが大人
    になるまで頑張られたお母さんは、幸せだったのではあり
    ませんか。

    トピ主さんもご自身が成人するまで、お母さんとの温かい
    関係があったのですから、幸せだったと考える事はできま
    せんか。

    ユーザーID:6401485354

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 私も同じでした

    やとう様、大変でしたね。本当にお辛いと思います。

    私はショックが大きすぎて涙も出ませんでした。泣けるようになったのは数ヶ月後です。その後は、仕事中や通勤途中でも涙が止まらなくなったり、同じ境遇の人と話したり、体調不良で会社を休んだり…早くこの辛さから逃れたくてジタバタしました。

    あれから三年経ちました。悲しみは変わりませんが、上記のようなことは少しずつ無くなりました。
    三年経っても悲しいのです。辛いのです。まだ日の浅い、やとう様ならなおさらのこと。

    時間薬といいます。
    少しずつ、少しずつ、でいいのです。

    ユーザーID:8540942758

  • 私も

    私もトピ主さんと同じ26歳です。私は今年の1月に若くして母を、失っています。
    私も乗り越え方について知りたいです。
    周りからは時間が解決してくれると、背中を
    押してもらっているのですが、そんな日が
    くるとは思えません。

    まだ信じられなくて、お母さんは長期旅行に
    行ってるような感じです。

    すみません。同感したり気持ちに寄り添うことはできてもいい言葉が見つかりません。
    お母さんが残してくれた命です。
    お母さんの分まで生きましょう。

    ユーザーID:7190793260

  • 今もまだ悲しいです

    昨年の秋に母が亡くなり半年経ちましたが、まだ母を思うだけで
    涙が出ます。
    亡くなった直後は毎日泣いていました。
    アラフィフなのに、こんなにも母を恋しいと思うのだなぁと自分でも
    びっくりでした。

    テレビを見ていても、前に母と一緒に訪れた場所が映れば思い出し、
    母が好きだった花、好きだった食べ物、何を見ても聞いても思い出して
    辛くなります。
    だからトピ主さんの気持ち、よくわかりますよ。

    でもここまで母を失って悲しいという事は、自分は母にたっぷりの愛情を
    もらいながら、大切に育ててもらった事の証なのではないか?
    仲良く楽しく暮らした思い出がたくさんあるから、こんなにも母を思う
    気持ちがあるのではないか?と気づき、温かい気持ちになりました。

    幸せだったんだなぁ私と、最近しみじみ思っています。

    無理して立ち直ろう、元気なふりをしようと思わなくていいと思いますよ。
    時間がもっと過ぎるのを静かに待ちましょう、お互いに。

    ユーザーID:8100353133

  • お察しします

    こんばんは。
    今、質問者様がどれだけ辛い気持ちでいるか、考えるだけでもいたたまれません。
    私の場合はまだ亡くなってはいませんが、入退院を繰り返し、現在も入院中で医師からいつどうなるかもうわからないと言われている祖父がいます。
    生まれた時から一緒に暮らしてきた祖父は、家族同然です。

    頻繁に病院に顔をだして話をしていますが、弱っていく祖父を見るのが本当に本当に辛くてこれを書いてる今も涙がぽろぽろこぼれてます。

    毎日毎日、大好きな祖父が居なくなったらどうやって生きていけばいいのか、どうなってしまうのか考えては泣いています。
    祖父の死後残された祖母や母のことを思うと、更に辛くて辛くて...

    最近では、祖父が死ぬなら、その時は私も一緒に連れて行って欲しいとまで思うようになりました。
    しかし同時に、いや、ちゃんと生きていかなきゃ、私が家族を支えなきゃ、本当に、頑張って生きていくんだという気持ちも、少しずつ、湧いてきています。

    ただ、もし亡くなったあと、自分がどうなってしまうのかとても怖いです。

    何が言いたいのか自分でもわかりません。
    ただ、質問者様は、今を大事に生きて欲しいです。
    時間が忘れさせてくれるとみんなが言うだろうけど、そんな事言われても、今はもうどうしようもない悲しみしかないと思います。
    それでも、生きていってください。
    死ぬわけには行かないんだから生きるしかないんです。

    人間は例外なくいつか死にます。
    私も、あなたも死にます。

    その時がきたら、天国で亡くなったお母様にこれまで踏ん張って、頑張って生きてきたことを報告しましょうよ。

    ユーザーID:9769364568

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧