• ホーム
  • 学ぶ
  • 飼っていたインコの最期を看取れなかった

飼っていたインコの最期を看取れなかった

レス34
(トピ主0
お気に入り89

趣味・教育・教養

かすみ草

先日飼っていたインコを亡くしました。

仕事が忙しく休みの少ない日々の中で
友達や家族に会える時間も取れず彼が唯一の癒しと話し相手でした。
最近体重の減少で病院に通い始め毎日体重を記録し出来るだけ早く仕事を切り上げ看病をしてきました。
その日いつも通り仕事から帰ってきて玄関を開けると呼び鳴きが聞こえず急いで駆け寄るとそこには元気だった愛鳥の姿はもうありませんでした。

最期を看取ることが出来なかったことに申し訳なく一人で逝かせてしまったこと。朝元気に行ってきますの挨拶に応えていた姿を見て安心していた自分の甘さを愚かに感じます。
花壇を作りそこに亡骸を埋め、毎日水やりをしながら話しかけていますが毎夜苦しくて苦しくておかしくなりそうになり過呼吸を起こしてしまいます。
食事も喉を通らず、朝方まで寝つけず、仕事も手につきません。

彼は私より苦しみ一人で寂しくてつらくてそんな状況で生き絶えたのに自分が強くなれず、愛情をろくに与えることも出来ず後悔と自責の念から抜け出せないでいます。

放鳥の時間も自由に飛ぶことより私の首元や手の中にいることを好みトイレに行くにも着いてくる健気で暖かい子でした。

知り合いはたかだか鳥だろうと 鳥さんの愛情深さを知らない人が多く無理解に悩んでもおります。
克服しなければと思うほど辛く
次の子をお迎えしようと考えると誤魔化しているような感覚になり自身が醜く感じます。

自分の気持ちのコントロールもわからなくなってしまいどうこの状況を克服したら良いのか、、ご意見お聞かせ願いたいです。

ユーザーID:0524258186

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数34

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 分かります分かります

    今、コザクラインコのおすを飼ってます。
    この子の前の子、、、父が遊んでいたので、
    見てくれてると思っていたんですが、私
    が携帯見ながら階段に座った時に踏んで、
    、、、しまい、、、。何がなんだかもう
    わからず、怖くて一瞬しか見れず、いい
    年した私が号泣。私が悪いんです。
    まだ、半年、、、。可愛い子でした。
    メスだったので、結構、反抗期が来て、
    噛みついてはきてましたが、かなり懐い
    てました、、、もう、飼わない。そう
    思いました。ですが、やはり毎日辛く、
    コザクラインコを検索ばかりしてました。
    次の子直ぐに飼ってしまいました。
    だいぶん、正直悪いと思いつつ、罪悪感も
    少なくなり、前の子、思い出す時辛くなく
    なってしまってます。
    次の子飼って傷を癒す事は悪いことでは
    ないとおもいます。
    毎日、笑顔で過ごしても良いのでは?と。

    ユーザーID:6070787834

  • インコちゃんは、あなたとの楽しい思い出を胸に旅立ちました。

    今は天国に居る我が家のセキセイインコ達に、「かすみ草さんちのインコちゃんと
    天国で遊んであげてね」と伝えました!

    我が家のインコは3年前に6歳で亡くなりました。副鼻腔炎が原因でした。
    かなり長く通院し毎日の投薬は私が担当でしたが、嫌がって逃げ回る子を捕まえての
    投薬は本当に辛かったです。

    食欲も段々落ちて行きました。鳥は飼い主にさえ弱っているところを見せないそうで、
    けなげに気丈に振る舞っていましたね。

    いつもなら投薬後はひと鳴きした後に部屋を飛び回ってから肩に乗るのですが、
    亡くなる前日は力なく床に着地してしまいました。
    内心お別れが近い事を察しましたが、我が子同然のこの子とのお別れなんて、精神的に
    どうにかなってしまうのではと恐怖でしたね。

    夜、暗幕をかぶせて様子を伺っていたところ、赤粟をつつく音が聞こえ内心ほっとし
    ました。しかし、朝バイバイをして仕事に出かけ昼過ぎに帰宅したら息子が
    泣きながら鳥かごの傍らにいました。息子は朝寝坊したため、お別れには間に合わな
    かったのです。
    「投薬の後に、私がそのまま優しく鳥かごに戻していたら亡くなる事はなかったのに!」
    とずーっと後悔して泣いてばかり。スーパーの菜っ葉売り場では「もう買ってあげられ
    ないんだな」って泣いたり…。

    細かく書いてしまいましたが、よけいに辛くなってしまったらごめんなさい。
    立ち直るきっかけは、愛鳥家さんの情報サイト内の「愛鳥を無くした方」の様なコーナー
    でした。辛いのは自分だけじゃない、いつかは立ち直れるんだ!って希望が見えました。
    でも今でもやはり、次の子をお迎えする自信はありません。

    実家の庭に先代のセキセイインコと共に眠っています。「いつか自分がこの世を去る時には
    絶対にお迎えに来てね!」と伝えています。
    今はつらいけど、ほんわかと暖かな気持ちになれる日がきっと訪れますよ!

    ユーザーID:2657622594

  • 良い姿だけ見せたかったのでは

    たかがペット・・・そう言う人は一定数います。人間誰しも自分が経験してきたことで物事を図りますから、そう言う人は大切なペットと家族として暮らした事がないのでしょう。




    一人で死んでしまったのではないですよ。飛び出ったのです。トピ主さんの眼の前で逝ってしまったっら、その姿が一番記憶に残ってしまうでしょう?それが嫌だったのだと思います。
    元気な頃の姿だけ残したかったのだと思います。

    眼をつぶればあの姿が蘇るでしょう??

    ユーザーID:4051067702

  • 幸せなとりさんですね。

    そんなに愛情深く育ててもらったんです。
    とりさんは幸せだった筈ですよ。
    絶対です。


    とりさんは、トピ主さんの辛い顔は見たくないと思います。
    勿論、お別れは悲しいし泣いて良いけど、 トピ主さんが悔やんで苦しんでいたら、とりさんは、トピ主さんが心配で成仏できません。

    安心させて成仏させるのが、今、唯一トピ主さんができる最後のプレゼントです。

    ペットロスは、もう新しいペットは飼えなくなる人と、新しいペットを飼う人で分かれるって聞きました。

    もし、トピ主さんが新しいとりさんで癒されるなら、それで良いんだと思いますよ。素直な気持ちで、新しいとりさんを迎えいれて良いと思います。

    亡くなったとりさんの変わりではなく、新しい家族として迎えいれてトピ主さんに笑顔が戻るなら、
    とりさんだって、きっと安心して旅立てると思います。

    ユーザーID:6479454067

  • もう少ししてから

    かすみ草さん、お悔やみ申し上げます。

    私は猫と一緒に住んでいますが、最近、動画サイトのおかげで、鳥さんにも、一羽一羽他とは違う個性があって、愛情・感情があって、知性があって、一見同じように見えても(スミマセン)、実は一羽一羽がかけがえのない存在であるということを知りました。

    いまはじっくり弔いとして、悲しくてつらい時期をすごして、もう少ししてから次の子をお迎えされてはいかがですか。

    お仕事が忙しいかもしれませんが、何か手を使う作業をして見てはどうでしょうか。たとえば、鳥のイラストを書いたり、鳥のデザインのアクセサリー作りとか。別に鳥関連でなくてもいいんですが。それと、食事だけはちゃんとしてくださいね。

    ユーザーID:0458319477

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 似た経験

    あるお医者さんの言葉なんですが。
    生きているものって逝きたい時に逝くんだそうですよ。
    数えきれないほどのお見送りを経験し、自らペットとも生活していて心底感じたことだそうです。

    つまりあなたのインコちゃんはあなたを待って帰ってこなくて寂しく力尽きたのではなく、自ら「もう逝こう」って思って天使になったんだと思います。
    それはそれで寂しい?
    でもあなたの傍をいつも離れないような子だったんですよね? 当然あなたも溺愛していた事でしょう。それをインコちゃんは十分理解していた。

    そして自分が逝くことになったらきっと泣いて縋ってくるだろうな、それはして欲しくないなという本能があったのでは。
    そういう本能を持つものは人間も動物もいるそうなので。

    >彼は私より苦しみ一人で寂しくてつらくてそんな状況で生き絶えたのに

    何故そう決めつけるのかな。そう想像したら辛いに決まってます。違うんじゃない?
    実は私も似た経験があるんです。
    1年は辛かったですよ、自分を責めて責めて。

    新しい子を迎えました。そしてその子を抱いて亡くなった子に約束しました。
    しっかり育てるからね、毎日見ていてねって。今も毎朝お話しています。一緒にいる感じもします。姿は見えないけれど一緒にいるんだと感じられれば、ごめんごめんと謝ってばかりの日常からは卒業できると思う。
    それには次の子を迎えて子育てし、それを報告できる日々にしていくのがいいんじゃないかな、その子に。

    また会える日までしょうがないです。
    こんな事を言いながら、私がいつか死んで亡くした子に会えたらまずは土下座かな、、なんて思ってますよ。
    頑張りましょう。

    ユーザーID:6712412489

  • わかりますよ

    私も先日 愛猫を亡くしました。
    わかります。 悲しいですよね。
    ですが、今は乗り越えるしかないですよね…。
    我が家では火葬をして返骨し、骨壺をリビングに置き、毎日いってきますやおやすみと声をかけています。
    もちろん写真なども飾って。

    その子が愛用していた物や写真を飾って、
    見守っていてくれてありがとうという気持ちで毎日話しかけたりしてはどうですか?

    その子がいてくれたから豊かな毎日を過ごせたのでしょうから感謝して乗り越えましょう。
    今はツラいですが、いつか懐かしんで微笑むことができます。

    インコちゃんもあなたの涙ではなく笑顔が見たいはずですよ◎

    ユーザーID:4731427066

  • お気持ちはわかりますが

    最期をみとるために無職になって睡眠もとらないとか無理でしょう。
    ペットだろうが親だろうが、居合わせることができるかどうかはただの運です。

    トピ主さんは彼がトピ主さんがペットロスの苦しみで壊れていくことを望んでいると思うのでしょうか。
    でしたらそのままでいいと思います。

    そんなことはないと思うなら、トピ主さんにはペットに対する責任以上に、自分に対する責任があることを思い出してください。

    ユーザーID:5468836411

  • わかります

    昔、飼っていた鳥も肩のりが好きで、いつも私の側にいました。
    子供の時の話ですが。
    親戚の集まりに行くから、連れて行くと母に主張しましたがみっともない鳥だからと却下されました。
    まだ独りで餌を食べられない中雛でした。
    泣いて頼みましたが、母は認めず父が柔らかい餌を多目に止まり木につけました。
    三日後、帰ると餌を独りで食べられなかった私の鳥は餌を全部食べ尽くして落鳥していました。
    号泣していた姿が今でも忘れられないと兄妹がいいます。あなたの鳥さんは最後は独りだったかもしれないけど、幸せな鳥生を歩めたと思いますよ。
    元気を出して下さい。

    ユーザーID:1530125741

  • おもいっきり泣いてあげて下さい

    たかが鳥なんて思いません。
    その子の為におもいっきり泣いてもいいです。
    愛鳥を時には思い出してあげているだけでいいですよ。気がすむ迄泣いた方がいいと思います。
    新しい子を飼う事に裏切りを感じているようですが、そんなことないです。
    その子の事忘れない限り決して裏切りではないですよ。

    私も過去、愛鳥を亡くしました。
    泊まりでスキーの帰りの車で訃報を聞いて車内で号泣しました。信じられなくて。
    病気ひとつしてなくて、行くときも元気に飛び回って挨拶をしていたので、どうして…って。
    おそらく老衰だったと思います。

    ペットの最期を看取るのは難しいです。
    私は他に時期は違いますが犬と猫も飼っていました。
    あんなに絶対最期を看取ると決意していてもどうしようもないんです。
    寝てる間、仕事してる間。
    愛鳥2羽と愛犬、初代愛猫は間に合いませんでした。
    2代目愛猫だけ待っていてくれたかのようにギリギリ間に合いました。
    でも精神的に弱っていく姿を見るのがきつかったです。病気だったので何日か前に覚悟はしていたけれども。

    時折思い出してます。一生わすれません。

    それでいいと思います。
    生き物を飼う以上避けられない事です。
    動物は絶対に先に逝きます。
    その覚悟がないのなら新しい子を受け入れたりしない方がいいです。(ペットを飼わない方がいいです)

    ユーザーID:1580440867

  • 鳥は愛が深いときく

    知人でインコを亡くした人がいます。
    家族のことでもう、ボロボロに疲れていて、ただただ、癒しがそのインコだったそうです。
    私は知らなかったのですが、彼女によれば、鳥は愛が半端ないそうですね。
    熱烈に慕い、強く愛を求める、そんな生き物だと。
    インコが病気になってからの必死に看病しているのも聞いていました。
    亡くなってからの辛さも。
    前後の辛さで、その知人は心療内科にも通ってましたね。

    その後、たまたま縁あって、また飼い始めたそうです。
    やはり、かなり救われたみたいですよ。

    新しい鳥を大事に思うようになっても、以前愛した鳥を忘れることにはなりません。
    それは、家族のことでボロボロだった友人がそのインコの存在あってこそ、子どもへの愛情を変わらずに持ち続けられたように。

    どうぞ、お元気になられますように。

    ユーザーID:7793276565

  • 愛してあげた

    最期に会えなかったのは後悔が残るでしょう。
    けれど主さんは遊びに行っていたのではないのです。
    仕事なら仕方のないことです。
    こんなに悲しんでいるのは
    インコちゃんをたくさん愛していたからです。
    きっと天国で感謝していると思いますよ。
    あまりに辛くて寂しいのなら次の子を迎えていいと思います。
    もちろん、前の子のことは永遠に忘れずに・・・

    ユーザーID:7715948581

  • 幸せだったと思います

    かすみ草さん
    愛鳥を亡くされさぞ悲しんでおられることと思います。
    私も17年間一緒にいてくれた小鳥を、1昨年私が不在の時に亡くしました。
    暗くて寒くて動けなくて見えなくて・・・さぞ苦しんで死んだのではないかと想像し大泣きしましたし後悔の念も大きかったです。
    インコなどの小鳥ってとても頭がいいですよね。感受性も鋭く愛情深いです。

    今でもその時のことを思い出すと涙が出ますが、それよりも一緒に過ごした楽しい時間の方を思い出すことにしています。そして自分が死んだら、虹の橋でまたきっと逢えると信じています。

    かすみ草さんも今は辛いと思いますが、かすみ草さんがいつまでも悲しんでいるのを見て、インコちゃんも心配して悲しんでいると思いますよ。
    インコちゃんも亡くなる時はちょっとだけ苦しんだかもしれませんが、今は苦しみもなく自由に空を飛び回っているはずです。

    かすみ草さんもインコちゃんとの楽しい思い出を心に残して、いつか会えると気を楽しみにして歩んでください。

    ユーザーID:8306289907

  • 幸せだったと思います

    私もセキセイインコを昨年の2月に亡くしました。
    手術をしても小さい身体でそれに耐えられるかわからないと言われ、よく食べ元気だったので、今の時間を大切にしようと思い手術は断念し、それから2か月後に天国に旅立ちました。
    それからは「手術してあげればよかったのかな」「手術していればもっと長生きできたかな」と後悔ばかりしてきましたが、旅立つ前日まで食欲大せいで、放鳥でも飛び回り、肩に乗り甘えてくれた姿を思い出すと、今はあの時間があって幸せだったな、とようやく思えるようになりました。
    私はもう、次の子を迎えることはありませんが、ヒナから過ごした時間はずっとずっと大切な宝物です。
    かすみ草さんが愛情不足だったなんてことは、全くありません。
    そこまで愛されたインコちゃんは本当に幸せだったと思います。
    自分を責める気持ちは痛いほどわかります。でも、後悔するより、あの愛しい時間を思い出してあげることの方が、インコちゃんは嬉しいんじゃないかな、と思います。1年以上経ち、ようやくそう思えるようになりました。
    今は本当にお辛いですよね。かすみ草さんに笑顔が戻りますように…

    ユーザーID:8513354868

  • わかります


    私も愛鳥家ですのでトピ主さんのお気持ちがよくわかります。

    今は何をしていても辛いと思います。

    でも、かわいかった愛鳥さんは虹橋の向こうでトピ主さんを

    見守ってくれています。

    きっとそんなに泣かないで、元気だして、僕はここでまってるよ、って。


    少しだけでいいから元気出してくださいね。

    そして雛の時期ですからお迎えもよいと思いますよ

    ユーザーID:2391789447

  • 読んでて泣きそうになった

    私もセキセイインコをこれまでに4羽見送りました。
    皆夜間や不在中でしたよ。
    最後まで思いやってくれたんだな、と思います。
    犬猫よりも寿命が短いので、どうしても見送ることは避けられません。
    私もそもそも望んで飼い始めたわけではありませんでした。
    独身の親戚が急死して、その人の飼っていたインコがうちにやって来たのです。
    そのインコたちは数年後にそれぞれ亡くなり、その後ヒナから子供が世話して飼い始めました。
    うちも放鳥して、家族の頭にずっと止まっているような子です。
    もしお別れの時が来たら、山ほどある写真や動画をたくさん見て幸せな暮らしだったんだな、と
    思いたいです。
    多分主さんの鳥さんは辛い状況で亡くなったわけではないと思いますよ。
    うちの子には出血したりで医者通いしつつ亡くなった子もいます。
    写真を飾って、花や好きな餌を置いてやってはいかがでしょう、ご自身のために。

    ユーザーID:2508232008

  • とってもわかります

    こんにちは。私も4才になるインコさん(雄)を飼っていてます。彼とふれあっている時はとても幸せな気分に浸っていて、その彼がと想像しただけでも辛くなります。
    今トピ主さんは本当に辛くて悲しくて苦しくて何も手に付かない状況なのですね。
    わかります。本当に。インコさんも可愛い家族ですから。

    今は無理にしなくていいと思います。時間が薬よく言いますが本当です。
    ただ、落ち着いたら考えてみてください。トピ主さんの首元や手の中を好んでトイレまで一緒に行く子が今のトピ主さんを見たら悲しいと思います。インコさんは人間の感情がわかると思うから。
    だから前を向いてください。克服するために次の子をお迎えいいじゃないですか。(私もたまに次はなんて考えちゃいます。でも今はやっぱり彼が一番ですが)次の子には虹の国に行った彼に出来なかったことをしてあげてください。いっぱい愛情をあげてください。

    後、愛情をろくに与えることが出来なかったて書いてあるけどそんな子が首元や手の中トイレまでついて行くことはないと思います。トピ主さんはちゃんと愛情を与えていたと思いますよ。多分彼はトピ主さんのことが大好きだったんですね。だから元気な姿でいってらっしゃいをしたと思います。

    時間が経って元気なトピ主さんを見れば彼は安心すると思いますよ。

    ユーザーID:5793548678

  • お気持ちお察しします

    私もインコを飼っています。
    主様の辛いお気持ち、手に取るようにわかります。
    トピを拝読して涙がでました。

    主様のインコちゃん、いつものように主様を送り出して安心していたのではないでしょうか。
    最期の瞬間に立ち会えなかったこと、後悔されるお気持ちもわかります。
    でも、それまで主様とインコちゃんが一緒に過ごせた幸せに感謝してはどうでしょう。

    それほどまでに一緒にいたがってくれた愛情深いインコちゃんなら、今でもきっと主様を見守ってくれていると思います。

    あまりに辛く、日常生活に支障が出るようでしたら、心療内科でお薬をもらうと良いと思います。
    体も気分も少しは楽になりますよ。

    主様が、悲しみと後悔に溺れることなく、幸せだった時間を温かく思い出せるようになりますように。

    ユーザーID:8151998044

  • いってらっしゃい

    トピ主さんが悲しまないように、朝元気にお別れを言ってくれたんじゃないでしょうか。

    『いつもの僕を覚えていてね、じゃあ、いってらっしゃい』
    だったのでは。

    楽しかった日々の思いとともに、これからも生きていってほしいという、インコさんからの最後のお願いならば、トピ主さんも前を向かなきゃね。

    ユーザーID:4529478320

  • あたりまえにそこに居たからこそ寂しくて辛い

    トピ主さんの気持ち、痛いほど分かります。
    自分の気持ちをどう整理したらいいのか?とにかくグシャグシャなんですよね。
    今年に入ってから私もすごく大事にしてきたうさちゃんを亡くして、1ヶ月落ち込んでいました。最初の一週間は泣いてばかりで何も手に付かず、ぼーっとしてました。夜もつらくて眠れなかったり。

    最後を迎えていた時、うさちゃんは私の腕から離れようとせず、ぴたっとくっついていました。でも、出来ることは全てしての結果だったので、どうすることも出来ず、とにかくあとは撫でてあげるしか出来ませんでした。そんな事から、亡くなった後もまだ本当は何か出来たのではないかと、自責の念にかられていました。

    でも、数ヶ月経って、時間が解決してくれました。徐々に冷静になって、うさちゃんの死をようやく正面から受け止められる様になりました。

    トピ主さんもきっと、鳥さんのことを愛情もって接してきたのでしょうね。その思いは鳥さんにも通じていたはずです。動物ってよく知ってますよ。だから、きっとしあわせだった気持ちを持ったまま天国へ旅立ったことと思います。

    あまりご自分を責めないで下さいね。

    ユーザーID:7457256599

  • 頑張ってください

    人生はそういう後悔の積み重ねですよね。
    取り返しのつかない事も、当然起こります。
    私は亡くした父と猫に、自分の人生を終え天国でまた会った時、
    色々な事を謝ろうと決めています。
    いくら考えたって、悩んだって、許してくれているかなんてわからないのだし
    同じ過ちを繰り返さない事にエネルギーをつぎ込んだ方が建設的でしょう?

    ユーザーID:4664898369

  • 幸せなインこちゃん

    あなたのように愛情深い飼い主に出会えたインコちゃんはどんなに幸せだったか、あまり悲しまずに笑顔を取り戻さないとインコちゃんも悲しいと思いますよ。
    私もツバメのヒナを保護した際に最後を見とれずに後悔しました、もっと甘えさせてあげれば良かった、エサを工夫すれば良かったと考えだすと本当にきりがありません。
    でも、大事に思っていたのは事実だし自分の力ではどうにも出来なかったと今は思っています。人も動物も寿命がありどうにもならない部分です。
    最後は看取れなくとも沢山の愛情をもらって生きられたインコちゃん本当に幸せだと思います。亡くなったインコちゃんのためにもどうか自分を責めずに元気に生きてください
    さもないと、インコちゃん天国で悲しんでしまうと思う。

    ユーザーID:1760807218

  • 鳥は静かにパタッと逝くようです

    トピ主さん、どうぞご自分を責めないでください。
    私は、合計20羽以上の小鳥(文長やインコ等)を飼いましたが、ほぼ全部が気づいたら(朝起きたら)、死んでいた、という最期でした。苦しみもがく、音をたてる、ということも(ほぼ全部)なかったです。

    犬や猫と違い、腕の中、手の中で逝かせるのは本当に難しいと思います。トピ文から様がどんなにそのインコちゃんを可愛がっていたかわかります。きっと感謝していると思いますよ。そして「そんなに悔やまないでね。姿はないけど、いつも見てるよ。いつも一緒で本当に嬉しかった。ママの笑顔が好きだから、元気だしてね。またいつか会おうね。」とお空で言っていると思います。

    ユーザーID:7113907763

  • ことり

    インコは、三匹、文鳥は、増やした小鳥も含めて五匹、亡くしています。家が古くて寒く、どうしても長生きさせられないようで諦め、その後、飼っていません。環境が良いなら、新しい小鳥をお迎えになったら良いのでは?誤魔化しではないと思います。「犬も四匹看取りましたが、いまは、新しい犬がいます」

    ユーザーID:3192250038

  • 克服しなくても良いですよ

    悲しみを克服しなくても良いのです。
    我慢せずに、たくさん涙をながして良いのですよ。
    後悔もあるでしょうし、今が一番つらい時です。
    もう少し時間が経てば、亡小鳥さんに思い出話が出来ますよ。

    ユーザーID:3062466445

  • うちの子は

    寝たきりになって、お医者さんにはもういつ逝ってもおかしくないって言われて・・・
    安楽死させてあげた方がちゃんと看取れるから良い場合もありますよって。

    そんな勇気無くて、おうちに連れて帰って片時も離れないぞって決意したつもりでした。
    それでも腹も減れば風呂にも入る。
    お風呂に入っている20分か30分の間に逝ってしまいました。
    胸の中で逝かせてあげたいってあれほど思ったのに。。。
    安楽死を選べば抱っこしたまま逝かせてあげらたのかな?
    なんであと30分後にお風呂にしなかったのかなって、いろいろ思いました。
    もう3年前の話です。

    克服ですか。。。
    今でも思い出すと涙が溢れます。
    思い出しては泣く。
    それでいいとも思う。。
    新しい子を迎えると、思い出す間隔が大きくなります。
    それでも思い出すと泣けてくる。
    新しい子が「ママ泣かないで」と涙を舐めてくれる。
    余計泣けてくるからやめてと思うけど、ありがとうって思う。
    克服しつつあるのかな?
    別に克服しなくてもいいじゃないかと最近は思っています。
    忘れてしまうくらいなら克服できなくてもいいや。

    ユーザーID:1087072019

  • ペットを亡くした時

    どの子の時も忘れられません。
    そして、少しの間、ペットを迎えることも躊躇してしまっていました。
    哀しい時は哀しんでいいと思います。
    無理やり、平常心を持たなくていいんですよ。
    夜は特に色々考えてしまいますよね。

    ペットの命は短いので、避けて通れないことです。
    寂しいけれど。
    ペットを飼ったことのない人、動物嫌いな人もいます。
    色々な人がいるので、理解を求めない方がいいですよ。
    私は現在、犬3匹、オカメインコを飼っていますが
    皆に理解を求めようとは思いません。
    我が家に遊びに来ておいて、犬は汚いなんて言う人もいますから。

    ユーザーID:0997671863

  • 最愛の人に負担をかけないように

    動物の常識と人の常識は違うので、今回のケースはおそらく
    インコさんが飼い主との最後を望んでいなかったと思います。
    特に小型の鳥の場合、生きる為に群れでいるので
    病気の鳥は群れの負担になりますので
    最後の最後まで、自分の不調を隠します。つまり元気な姿を最後の最後まで
    好きな人に見せることが、鳥本人の意向なんです。
    朝、元気な姿を飼い主に見せることが出来たのが本望だったと思いますよ。
    だからご自分を責めないで欲しいです。
    これは鳥だけでなく猫も同じ行動をします。病気を隠すんですよね。
    今回をきっかけに野生の動物の生態に興味を持って欲しいです。

    ユーザーID:8362958449

  • 自分を責めないで

    お気持ち良く分かります。私は犬ですが12年近く一緒にいた愛犬をちょうど一年前に亡くしました。
    私も仕事で最期を看取れなかったので、しばらくはかなり自分を責めました。具合が悪かったにも関わらず、どうして仕事を休んでそばにいてあげなかったのかと。
    でも考えました。あのこは、私の前で息を引き取るような事をしたら、私が(へたれなだけに)、一生立ち直れなくなると思い、私の帰宅前にお星様になったのだと。ものすごく強引なこじつけですが、救われた思いがしました。何より私が愛情いっぱいに育てていた事、ちゃんと分かってくれていると信じています。
    かすみ草さんのインコ君も、ちゃんといっぱい愛されていた事分かっていますよ!

    ユーザーID:0642025770

  • 同じでした

    こんにちは。

    私も今年1月に溺愛していたインコが天に羽ばたいていき、

    とても辛い思いをしました。

    今でも悲しいです。

    私の場合、昨年の秋から病院に通っていました。

    体重が増えず、一応安定していたのですが、

    今年初め、病院へ行き、注射をしてもらい、少しホッとして

    一旦病院から帰り、そして再び出かけ、その帰宅後に天に羽ばたいて行ってました。


    病院から帰った時には、久しぶりにチリチリと大きな声で鳴いてました。

    他のインコたちもそれに応えて鳴いており、ホッとしたのも束の間でした。

    病院へ行って処置してもらったから一安心みたいなことで

    気が緩んだ自分がとても許せなくて、

    今でも何か他にできたのではという思いに駆られます。


    でも、私の心の中では永遠に生き続けます。

    忘れることはありませんよ。

    トピさんもいい出会いでしたね。

    悲しい時は思いっきり悲しんでください。

    そのインコちゃんはとても幸せだったとおもいます。

    ユーザーID:2494467151

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧