• ホーム
  • ひと
  • 冷凍したミートソースが食べられない(駄)

冷凍したミートソースが食べられない(駄)

レス36
(トピ主1
お気に入り110

家族・友人・人間関係

さんみ

母が作ったミートソースが冷凍室にあります。
もう1年も冷凍したままです。母は、本当に料理が上手でその中でもミートソースは絶品でした。先日、パスタを茹で、ミートソースを解凍しようと一度だしましたが、すぐ思い直して冷凍室に戻してしまいました。密閉してさらに保存容器に入れてありますが、少しずつ味が落ちているのはわかっています。だけど、まだ食べてなくしてしまうことができません。
このまま劣化していくのだろうなぁと思っていますが、、。
母がこの世を去って半年。これを消化するのが、どうにも寂しい。父が急逝した時ほどの悲しさはないと思うけれど、この寂しさから抜けられません。
時間が経つのを待つしかないとわかっていますが、どうにも先が見えません。

これを書いたら、自分の中で少しは消化できるかなと思って書きました。
お付き合いいただいたみなさまに感謝します。

ユーザーID:5514222348

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数36

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お早めに

    お早めに食べるた方が、お母様は喜ぶと思います。

    ユーザーID:4743299196

  • 写真に撮っておきましょう

    家庭用冷蔵庫の冷凍室は、市販の冷凍食品を保存する場所です。
    冷凍食品は急速冷凍し、ー18度以下で冷凍保存される事を期待されてます。
    しかし、家庭の冷蔵庫の冷凍室は開け閉めしたり、冷凍してない食品を入れるので温度が高まります。
    家庭で作った料理を、家庭用の冷凍室で冷凍しても凍ってるだけです。
    美味しい状態で長期間保存できません。
    冷凍室の開け閉めがあるからー18度以下を維持できない。
    トピ主さん、お母様のミートソースを数枚の写真に撮っておきましょう。

    ユーザーID:6880397411

  • いつまでもとおっておけば?

    うちの冷蔵庫の中には、17年前になくなった祖母がつけた梅干しがまだあります


    その梅干をもらったのは20年以上前で、4回引っ越してます

    夫は、まだあるんだぁ、と驚きなのかあきれてなのかはわかりませんけど、たまに言います
    でも捨てろと言われたことはないです

    納得いくまで、入れておけばよいのではないですか?

    その時は、もう食べられないかもしれませんけど

    ユーザーID:4847960112

  • それは食べれないね

    はじめは1年も冷凍なんて、まだ食べれる?と思ってました。
    冷凍でも劣化したりしますから。冷凍臭くなるし。

    でもトピを読むにつれ、確かにそれなら食べれない。

    お母様の手作りだからね。

    でもトピ主さんお母様の味を引き継げばいいと思うよ。
    お母様の味はお母様しか出せないかもしれないが近い味は出せると思います。

    気持ちが落ち着いたらお母様の味を思い出しながら作ってみたらいかがでしょうか?

    私の母はまだ存命ですが、昔は料理は良く作ってました。
    お肉を紅茶で煮たりとか工夫をしてくれました。

    しかし最近は物忘れがきつくなり料理も少々疎かになってます。
    一応私の帰りが少し遅いので、親達が待てないから先に夕食を食べてもらう為に温めるだけとか、炒めるだけの食材を用意しました。
    これは母の味じゃないですが、一応食べれるだろうと思って用意
    おかげですっかり母は簡単料理しか作らなくなりました。
    昔みたいに料理を作ってくれないかな〜と願っております。

    ユーザーID:6797868543

  • フェイント

    (駄)とありましたしとても軽い気持ちで読み始めて読み終わったら泣いてました。
    もう、、すごいフェイントだ。。

    ええと、、少しだけ食べずにとっておいたら。三分の二は食べる。三分の一はとっておく。

    お母さんの味をしっかり味わって、残す分はそのままずーっととっておいてもいいと思う。
    きっとお母さんも「早く食べなさいよ」って笑っていらっしゃるんじゃないかな。
    トピ主さんの寂しさが少しずつ癒えていきますように。

    ユーザーID:5248489006

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 時間が必要

    お母様がお亡くなりになってショックですよね・・・。

    探偵ナイトスクープにも似ている依頼がありました。
    5年前に母が作った豚の角煮を食べたいという依頼です。
    お母さんが5年前にお亡くなりになって、
    そのときにお母さんが作ってくれていた夕食の角煮がずっと
    食べられなかったけれど、
    心に区切りがついたので食べたいという内容でした。

    心の中で整理がつく期間は人それぞれですが、
    誰でも時間がかかると思います。

    ユーザーID:8528169421

  • お気持ち察します

    お母様がお亡くなりになったとの事、ご愁傷様です。

    多分同様のレスがつくと思いますが、比較的最近、TVで(○○ナイトスクープ)「亡くなった母が作った(冷凍庫内の)豚の角煮が食べたい」という依頼がありました。状況は全く同じですね。
    ただこの豚の角煮は、そうこうしているうちに5年が過ぎてしまっていたので、簡単に解凍して食べられるものなのかという疑問もありました。バクテリアの有無を調べて、プロの料理人の方に慎重に解凍してもらって、最後の角煮を堪能されていました。

    お母様のミートソースを食べてしまっても、心と舌にきっと、ずっととどまっています。ご兄弟はおられますか?もしおられるのなら
    その方たちとお母さまの思い出話をしながら、ゆっくり味わって
    みたらどうでしょうか。

    ユーザーID:6309679933

  • 全く同じです

    母の手作り味噌が冷蔵庫にあります。
    やはり思い切ってなかなか使えません。
    亡くなってもうすぐ1年になるのですが、
    今だに電話が鳴ると母からではないかと錯覚してしまいます。
    受話器を取ると母の声が聞こえるような気がして、、
    この世からいなくなったのに納得出来ない自分がいます。
    私の場合、飛行機での移動距離と遠かったので尚更後悔で一杯です。
    もっと傍にいて一緒の時間を作れば良かった、、

    お互いまだまだ寂しいですが頑張りましょうね。
    亡くなった大切な人達は、
    きっと何処かで見守ってくれていると私は信じています。

    ユーザーID:6687314449

  • 三十年たっても…

    母を亡くして三十年。

    母はまだ四十代、私も学生でした。

    料理の上手な母でした。
    母のミートソース、私も好きでした。

    今でもミートソースを作ると母を思い出します。
    そして少し悲しくなります。

    ユーザーID:7320685623

  • 父の味噌

    我が家の冷凍庫にもあります。

    3年前に亡くなった父手作りの即席味噌汁用味噌。
    急逝したので作り方もわかりません。
    借り上げ社宅に住んでいるので、いつか引っ越しをする日まで
    とっておきたいと思います。

    ユーザーID:2609221587

  • せっかくなのでいただきませんか

     お寂しいですね。お気持ちお察しいたします。
    でも、お母様がせっかく作られたミートソースですからおいしいうちにいただきませんか。
    そしてお母様を思い出しながらじっくり味わい、あなたがその味に追いつけるよう作ってみてはいかがでしょう。
    そのほうがきっとお母様もよろこばれると思いますよ。

    「よくできたわね! わたしの味とおんなじだわ」って。

    ユーザーID:4552813596

  • 私も母の梅干しが食べられなかった

    私も母が私の為に作ってくれた梅干しを食べられなかったです。

    全部で250粒から300粒くらいあったのかなあ。

    梅の品種が、母の綺麗な筆文字で包み紙に書いてあって、一粒ずつ綺麗にジッパー付きの袋に並べられた梅干し。

    瓶詰めのもありました。

    「平成13年漬け込み 自宅の庭の梅(S)1キログラム」

    とか

    「平成13年 漬け込み 越の梅(S)1キログラム」

    とか、たくさん‥。

    母が亡くなって4年半、なかなか食べらなかったけど、でも、勿体無いと思いながら少しずつ食べてきました。


    あなたのトピを読んで、まだ梅干しがあっただろうかと、台所を探したところ、「平成23年 ○○○へ」
    (○○○は私の名前)

    ともう一袋あったのを見つけました。

    嬉しいです。

    本当にこれが最後の一袋になってしまうけど、でもやっぱり食べようと思います。

    梅も食べて欲しいと思っていると思うし、なんかね、保存食だったとしても、やっぱり早めに食べた方が、美味しかったよ。

    私はいつか母の梅干しを真似て、作ってみようかと思います。
    母が愛読していた、梅干しの作り方の本も手元にあります。

    あなたのトピのおかげで、久しぶりに母の梅干しのことをしっかり思い出したし、今度は自分が梅干しを作ろうって言う気持ちになりました。

    ありがとう。

    あなたのお母さまも、あなたに美味しいうちに、ミートソースを食べて欲しいって思ってるんじゃないかなあ。

    食べられないと言うお気持ち、とても良く分かります。

    けど、いつかは美味しく召し上がって下さいね。

    あなたの心が安らかでありますように。

    ユーザーID:0716939283

  • 私も同じような冷凍があります。

    私は、恩師から「これ、冷凍しておくと、お味噌汁にいれたりして美味しいのよ」と
    あさりの冷凍を頂きました。3年前です。

    まもなく、恩師は亡くなりました。

    どうしても、食べられないんですよね。
    恩師の形見でもあり、お守りでもあり。

    あさりの冷凍は今も冷凍庫にあります。
    もう、古くて食べられないと思います。

    不衛生と思われるかもしれませんが、
    たぶん、一生、冷凍庫の片隅に
    おいておくと思います。

    トピ主様のお母様のミートソース。
    食べられないお気持ち、わかります。

    ユーザーID:8554017674

  • どうか頑張ってください

    ミートソースがお守りになっているんですね。
    大事にして良いともいますよ。
    私も父を亡くしましたが、トピ主さんのようなお守りがありません。
    強いて言えば、父が最後に流した涙を拭いたティッシュくらいでしょうか。

    こんなに悲しい思いを世の中の多くの人も経験していて
    辛いのは自分だけじゃないと思うと、少し楽になれませんか?
    良いご両親だったのですね。
    どうか、いつか元気を出してください。
    頑張りましょうよ。
    私も頑張ります。

    ユーザーID:7050519773

  • この前

    探偵ナイトスクープ で同じような状況をみました。(角煮だったかな。)


    探偵に相談するのもおすすめですが、傷んでしまう前に
    味の記憶がしっかりあるうちに食べてあげたほうが、
    いい思い出になるのではないでしょうか。

    同じ味を再現するよう、頑張るのもきっと楽しいですよ。

    ユーザーID:4929264217

  • 気持ちの赴くままに

    寂しいですよね、もう食べられない味だと思うと。
    腐るまで取っておく方が気持ちが落ち着くのか、腐り切る前に食して味わう方が心が楽なのかは、トピ主さんが悩み抜いて出した結論が正解だと思います。
    食べられないけれどあるのが安心なのか、最後に食べた方が満たされるのか。
    大部分を食べて最後の一滴を永久保存する方法を考えるのもいいかもしれませんね。

    私だったら、1年待ったし食べるかな。
    母が父(私の祖父)を亡くした時、最後に貰った花束をドライフラワーにして大切に保存していましたが、震災の時に一部破損したり、また引越しの時にバラバラになったりで。結局人や物は永久にはこの世には存在しないのだなとつくづく思わされます。いつか全て形なくなるものなら、最後の思い出作りに食べるという決心をしてしまうかもしれません。冷凍庫もいつ壊れるか分からないし。でも、気が済むまで冷凍庫に安心材料として置いといてもいいと思いますよ。

    そのミートソースの行く末がなんであれ、作ってくれたお母さんの思い出が色馳せることなくトピ主さんの心にいつまでも残ります様に。

    ユーザーID:6317611177

  • 以前

    以前、テレビで見たそのケースの人は、美味しく食べられるうちに味わって感謝してました。

    記憶と同じ味のうちに味わってはどうですか?

    ユーザーID:7688533958

  • ナイトスクープにありましたね。

    娘さんの好物を用意されてたお母様が、急な病で亡くなられて以降ずーっと冷凍したままの料理。涙無しには見られない回でした。冷凍やけや、匂いうつりしない様に厳重に密封して当分保管したままで良いのでは?

    ユーザーID:2096142895

  • わかります

    私も最愛の父を亡くした後、父の好物が食べられなくなりました。

    自分も好きだったのに・・どうしても 私は食べられるのに亡くなった父は食べられないのだ・・って罪悪感が湧いて。
    私は母には幼少期から愛されてなかったので余計に。

    でもね 5年くらいした時に少し口に入れることが出来ました。
    今でもあまり食べなくなりましたが。

    母がいなくなったらどうだろう。。
    やっぱり そんな母でも母手作りのものは簡単に捨てることはできないだろうし
    そうそうふっ切れるモノじゃないと思います。

    ユーザーID:5059132416

  • トピ主さんの投稿を見て

    少し前にナイトスクープで「亡き母が作った5年前の角煮を食べたい 」という依頼を見たことを思い出しました。
    亡くなったこの方の母がくも膜下出血で倒れた日の晩御飯がこの角煮でそれをずっと冷凍していたんだそうです。

    主さんがどんな形でも消化できるのであれば書き込んだりなんだりして全然いいと思います。
    たとえ食べてしまっても、ものはなくなってしまうけれど、思い出の味はずっと心のなかに残っていると思います。
    少しでも気持ちが軽くなりますように。

    ユーザーID:4763185373

  • わかります!

    私も祖母に貰った梅干しが食べられずにおりました。
    転勤族なので、何度も引っ越す度に冷蔵庫から出したりしていたので
    さすがの梅干しも傷むだろうなぁと思い、食べることに。

    スマホの無い時でしたので、デジカメで写真を撮って思い出にしました。

    心の思い出だけでは、なんとなく踏ん切りがつかなくて、
    写真という形(!?)に残しました。

    お母様のミートソース、美味しいのでしょうね!
    そろそろ味の思い出をしっかり舌に焼き付けておく時になったのかもしれません。

    写真に残すと味の記憶が鮮明によみがえり、
    また食べたくなって悲しくなったりもしますが、
    写真を撮っておいて良かったと思っています。

    ユーザーID:0719755766

  • うちの母も

    ミートソースが絶品。
    世界一うまいし、マネしようとすら思わない。

    今は喧嘩しているけど、仲直りしよう、と思った、このトピで。
    ありがとうございます。


    本当に劣化して食べられなくなるほうが、悲しい気がするから。
    でも、食べる時も泣いちゃうだろうけど・・・

    血となり肉と成る…と思って、どうか召し上がって。
    悲しいかもしれないから、お子さんとか、旦那様が、
    お近くにいる時に。

    ユーザーID:9509850813

  • ジャスミン

    先日テレビ番組で、何年か前に亡くなったお母様の作った「豚の角煮」を食べたいというのがありました。
    食べることでこれからは前向きに、というお話だったと思います。
    そのご家族はお母様が亡くなって何年も経っていましたが、トピ主さんはまだ半年。
    食べてしまうのが淋しいと思われるのなら、しばらくそのままにしておいて良いと思います。

    ユーザーID:9136468270

  • 想い出は命ある限り消えない

    夫と二人暮らしの72歳です。

    母が90歳を迎えたのを機に我が家に来てもらいました。
    以来見送るまでの日々のあれこれが、今も私の元気の素の一端になっています。

    母と暮らした5年間、母の好物を作り続けました。
    「美味しいねぇ」と目を細めて平らげてくれる母を見るのが嬉しかったから。

    ちなみに母の好物はマグロの刺身・レンコンやゴボウのキンピラ・イカにこんにゃくと里芋の煮つけ・大根の味噌汁等など。。

    特に母が絶品と褒めてくれた甘辛に煎りつけたレンコンのキンピラは、私自身も好物なのに、この夏にはもう丸5年になるのに、未だに作れないでいます。

    で、僭越ながら主さんのお母様のミートソースですが、どうか召し上がっていただきたいと思いました。

    私の場合は手作りとかではないですが、母の遺品の中で母のお気に入りだった服装品・宝飾品の幾つかを手元に残したものの、結局殆ど死蔵となっています。
    私もそろそろ身の回りの整理をしなければという齢ですので、今後も使わないと思うものは処分の決断を下さねばと解っているのです。
    実行したら、後悔が残るのかもしれないけれど、どこかで区切りを付けなければですね。

    さんみさん
    せっかくトピをたてられたこの機に、思い切って召し上がってみませんか。
    多分ですが、泣きながら食べたミートソースは格別なミートソースになりそうな。。

    私も頑張ります。処分しても思い出は消えないですものね。

    ユーザーID:6145937084

  • お悔やみ申し上げます。

    私の母も、私と似ず料理が上手です。新幹線の距離ですので母の手料理を食べる機会もあまりなくなってしまいましたが、会えばお母さんのごはんが食べたいと言って作ってもらっています。つい先日も久しぶりに会う事になり母が私の家に来てくれたのですが、母が残していった料理を前に(もし母が帰りの高速道路で何かあったら、これ(気持ち的に)食べれなくなるかな)とか縁起でもない事を考えていました。母も気づくと60代。もう若くはないですからね…。
    冷凍料理、どれぐらいならもつのでしょうね…。本当に食べれなくなるぎりぎりには食べてほしいかな…。トピ主さんの人生はまだまだ長いと思います。(あの時あれを食べれば良かった)と後悔する時間もすごくすごく長いと思うから…。もう少しはおいておいても、本当に無理になる前には頑張って食べてもらいたいです…。

    ユーザーID:0997336030

  • テレビでやってました。

    亡くなったお母さんが作りおきしていた料理を食べたいと云う依頼。たしか五年位前の豚の角煮を解凍して調理し直して食べてましたよ。

    思い出にほんの少しだけ置いておいて後は頂いたらどうでしょう?

    ユーザーID:7110329597

  • 食べなくてもいいというかもう食べられないのでは?

    肉などは冷凍しても何週間かしか持たないと聞いたことがあります。
    自分の場合調理して2週間も経てば廃棄するようにしてます。
    といってもそのような事情があるものは捨てられませんよね。
    ずっと持っていていいと思いますよ。
    無理に捨てて後悔するよりいいですよ。

    ユーザーID:4164784287

  • 世紀をまたいだこしあん

    父はあんこを練るのがとても上手でした。
    丁寧にさらし、漉して練り上げたこしあんで、夏は水ようかん、冬はぜんざいと最中を作ってくれました。
    これはもう絶品で、どんな名店の、行列が途切れない店のものよりも、私は大好きでした。
    その父が、1990年代半ばに、急逝しました。
    その年最初の水ようかんを作った、その残りのこしあん。
    告別式のあとで見つけたそれを、私は即座に容器ごと、冷凍庫に入れました。
    それから8年以上経って。
    その間に、引っ越しを2回しました。ドライアイスを入れて運びました。
    世紀も変わり、21世紀になってオリンピックも開かれました。
    解凍して食べることができる気持ちになれたのは、そのあとです。
    足かけ2世紀冷凍されていたこしあんは、記憶しているものよりもだいぶ水分が飛んで、ぱさぱさもそもそしていました。
    でも、甘みの加減は、父のこしあん。
    最後のこしあんを、そのまま大切に食べました。
    十回忌のあとです。

    トピ主さん、そのくらいは、かかります。
    私は死んだ親の年を、まだ数えています。
    生きていれば90代なので、そろそろあきらめが付くかもしれないと思いながら、今でもね。

    ユーザーID:3477096364

  • じゃあ、こういうのはどう?

    できるだけおいしいうちに、ミートソースを解凍する。

    そして一口分だけ残して、あとはいただく。

    その一口分はずっと冷凍してとっておくのです。そうしたら、いつでもお母様のミートソースも手元に残るし、天国のお母様に、トピ主さんがおいしくミートソースをいただいている顔も見せられるでしょ?

    ですが、なかなか食べられないトピ主さんの気持ち、よくわかります。

    解凍するのは何か節目の時でもいいかもしれませんね。お盆とか。

    ユーザーID:3448341744

  • とりあえずそのまま

    思い出として、そのままでいいと思います。

    冷蔵庫を買い替える機会があれば、
    その時にまた考えましょう。

    ユーザーID:9614417896

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧